ソーシャルレンディング

LENDEX(レンデックス)キャンペーン【2020年】最大20万円分のAmazonギフトが貰える!

LENDEX(レンデックス)キャンペーン【2019年最新】最大20万円分のAmazonギフトが貰える!

ソーシャルレンディング事業者の「LENDEX(レンデックス)」でお得なキャンペーンが開始されました。投資額に応じて最大20万円相当のAmazonギフト券がプレゼントされる内容です。

LENDEXは、数ヶ月の短期や中長期の高利回り不動産案件が魅力的なソーシャルレンディングの事業者ですが、本キャンペーンでさらにお得に、高水準の利回り案件に投資が行えます。

そこで、本記事では、LENDEXのキャンペーンの詳細やAmazonギフト券を貰う方法、またLENDEXの詳細やお得な案件などについて詳しく解説して行きます。

LENDEX キャンペーン【公式】

LENDEX

Amazonギフト!LENDEX(レンデックス)のお得なキャンペーン

早速、LENDEXのキャンペーンについて、概要や対象期間、条件などを詳しく解説して行きます。

キャンペーン概要

本キャンペーンの大まかな内容は、下表にまとめたようになっています。キャンペーンの対象期間中に、投資を行なった金額に対して、Amazonギフトが1,000円〜20万円分プレゼントされます。

項目 内容
対象期間 3月29日(金)まで
対象条件 対象期間中の投資申請金額の合計が50万円以上の方
(複数案件申請の場合、全ての案件の申請金額を合算)
特典 投資金額の合計が応じて、Amazonギフト券が貰える

  • 50万円以上100万円未満:1,000円分
  • 100万円以上500万円未満:2,000円分
  • 500万円以上1,000万円未満:1万円分
  • 1,000万円以上5,000万円未満:2万円分
  • 5,000万円以上1億円未満:10万円分
  • 1億円以上:20万円分
プレゼント時期 4月下旬(予定)

以下、対象期間や条件、プレゼント内容などを詳しく見て行きます。

対象期間・条件

本キャンペーンの対象期間は、2019年3月29日(木)までに、LENDEXの口座開設を行い、50万円以上投資を行なった方に、もれなくAmazonギフト券がプレゼントされます。

50万円は投資合計金額であるため、対象期間中の投資であれば、全てのファンドの購入額が合算されます。例えば、Aファンドに20万円、Bファンドに25万円、Cファンドに5万円という場合でも、A・B・Cファンドの合算が50万円となるため、キャンペーンの対象となります。

特典・プレゼント内容

上記の対象条件を満たした方に、対象期間中の合計買付額に応じて、最大20万円相当のAmazonギフト券がプレゼントされます。購入額と貰えるAmazonギフト券の金額は、下表のようになります。

金額 Amazonギフト券
50万円以上100万円未満 1,000円相当
100万円以上500万円未満 2,000円相当
500万円以上1,000万円未満 10,000円相当
1,000万円以上5,000万円未満 2万円相当
5,000万円以上1億円未満 10万円相当
1億円以上 20万円相当

最大20万円分のアマゾンギフト券を貰うためには、1億円以上の投資必要とまりますが、投資合計金額が50万円の場合でも、1,000円相当のAmazonギフト券が貰えます。

還元率は0.2%と、同様のキャンペーンを行っているクラウドバンクよりも還元率が2倍高いため、ぜひ参加したいキャンペーンと言えます。

ちなみに、Amazonギフト券のプレゼント時期は、4月下旬となっています。4月下旬頃に、口座開設時に登録したメールアドレスに送られてきます。

注意点

本キャンペーンに参加する場合は、「キャンペーン期間中の投資キャンセルは、キャンセル時期に関わらず、対象期間中であろうと、期間終了後であろうと、キャンセルした投資申請額はキャンペーンの対象外」となる点に、注意しましょう。

一度、投資申請したファンド・案件は、キャンセルしないのが無難です。キャンセルする場合でも、そのキャンセル額が、キャンペーンの対象金額と比較してどうか?確認しておきましょう。

例えば、Aファンド5万円、Bファンド40万円、Cファンド5万円の合計金額50万円を申請した場合でも、Aファンドをキャンセルした場合、合計金額は45万円となり、キャンペーン対象から外れてしまいます。

まとめ|Amazonギフトを貰う手順・流れ

ここまで解説してきたように、LENDEXのキャンペーンを利用することで、お得に高利回りのファンドに投資を行うことができます。

最大20万円相当のアマゾンギフト券は、かなりお得なので、この機会にLENDEXを利用して、ソーシャルレンディング投資をスタートしてみると良いでしょう。

キャンペーンでギフト券を貰う手順【まとめ】
  1. 投資家申請&口座開設(口座開設していない方)
  2. 投資申請合計金額が50万円以上になるようにする
  3. Amazonギフト券がメールで送付される(4月下旬)

その他のお得なキャンペーン

ソーシャルレンディングの事業者では、LENDEX以外にもお得なキャンペーンを行っています。現在、クラウドバンクとLENDEX(レンデックス)の2社がキャンペーンを行っており、いずれのキャンペーンでもAmazonギフト券がプレゼントされます。

事業者 内容 期限
クラウドバンク 50万円以上の投資で最大11万円のAmazonギフト券
還元率0.1%(最大)
3/27(水)まで
詳細
レンデックス 50万円以上の投資で最大20万円のAmazonギフト券
還元率0.2%(最大)
3/29(金)まで
詳細

アマゾンギフト券の還元率は、LENDEXの方が高い内容となっています。

ただし、LENDEXの投資案件は不動産中心となっているので、クラウドバンクで再生可能エネルギーや中小企業支援ファンドに投資を行いつつ、分散投資の一環として、LENDEXとクラウドバンクに分散投資を行うのも良い選択肢となります。

二つの事業者を利用することで、投資案件やテーマだけでなく、事業者の分散も行うことができます。また、Amazonギフト券も両取りすることができるので、かなりお得です。

LENDEX(レンデックス)とは?

次に、LENDEXについて、特徴やメリット、デメリットなどについて解説して行きますので、口座開設を迷っている方は、ご参考ください。

ソーシャルレンディングの一種

LENDEXは、近年人気急上昇のソーシャルレンディングの一種です。

ソーシャルレンディングとは、お金を借りたい企業(借り手)とお金を運用したい個人(投資家)をマッチングする仲介サービスです。

我々、投資家は、FundsやLENDEX、クラウドバンク等のソーシャルレンディング運営企業(SL事業社)を通して、企業や事業に投資・融資を行うことができます。

本記事で紹介したLENDEXも、他のソーシャルレンディングと同様に、投資期間を選んで、高い金利収入り(分配金)を得ることができます。

また、株やFXなどと違い必要な知識も比較的少なく、1万円など少額から投資できるため、初心者にオススメの投資サービスと言えます。

ソーシャルレンディングの魅力・メリット
  • 利回りが高い
  • 少額から投資可能
  • 価格変動がない
  • 短期投資が可能
  • 投資・資産運用の予備知識が不要

ソーシャルレンディングの仕組みやメリット・デメリット等に関しては、以下をご参考ください。

https://money-laboratory-ryoma.net/social-lending/#for-biginners

特徴・投資メリットは?

LENDEX(レンデックス)の特徴・メリットには、以下のようなものがあります。不動産案件を得意としており、7%以上の高利回りが案件が多く、手数料無料で2万円から少額投資が行えます。

また、他のソーシャルレンディングと比べて短期案件が多く、中長期の投資資金だけでなく、短期的な余裕資金の運用も可能な点が魅力的です。

LENDEX(レンデックス)の魅力・メリット
  • 利回りが高い(8~10%程度)
  • 運用期間が短いファンドも
    ⇒ 短期資金も効率的に運用できる
  • 東急リバブルと業務提携
  • 遅延や貸倒れが無い
  • 全案件不動産担保付き
  • 手数料無料で2万円から少額投資が可能

本サイトでのLENDEXの詳しい解説は、以下の記事をご参考ください。

LENDEX(レンデックス)の評判は?メリットやデメリット、口コミ、おすすめ案件など解説
LENDEX(レンデックス)の評判は?メリットやデメリット、口コミ、おすすめ案件など解説 LENDEX(レンデックス)は、手数料無料で少額(最低2万円)から、短期間の高利回り(約8~10%)案件に投資が行えるソ...

LENDEXの始め方|投資家申請・口座開設

【図解】レンデックス(LENDEX)の始め方|口座開設や登録の流れ、投資の仕方・手順を解説【図解】レンデックス(LENDEX)の始め方|口座開設や登録の流れ、投資の仕方・手順を解説

LENDEXで資産運用を始めるためには、まず口座開設が必要になります。口座開設を行うには、会員登録を行い、口座開設申し込みための必要事項の記入、そして本人確認書類などを送付・アップロードする流れになっています。

LENDEX(レンデックス)の口座開設の流れ
  1. 投資家申請(仮登録)
  2. 口座開設申込み(本登録)
  3. 本人確認書類などアップロード

以下、会員登録や口座開設の申込み方法などを画像付きで解説して行きます。

レンデックスの投資家申請・仮登録

さっそく、LENDEX(レンデックス)の投資家申請の方法から解説して行きます。

レンデックスで会員登録するために、まずはLENDEXの公式ページへ移動しましょう。以下のリンクをクリックすることで、公式ページへ移動できます。

LENDEX 公式ページ

上記のリンクをクリックしてすると、下図のような画面へ遷移します。ここで、画面の右上にある「口座開設」というボタンをクリックすることで、会員登録、および口座開設申し込みを開始できます。

LENDEXの公式ページ|画面右上の「口座開設」をクリックするLENDEXの公式ページ|画面右上の「口座開設」をクリックする


「口座開設」をクリックすると、以下のような画面へ移動します。口座開設完了までの流れや手順を確認し、画面下部へと移動しましょう。必要であれば、口座開設マニュアルをダウンロードもできます。

LENDEXの口座開設|口座開設完了までの流れを確認して、画面下部へLENDEXの口座開設|口座開設完了までの流れを確認して、画面下部へ


画面下部へ移動すると、「規約の確認および同意事項」という項目が出てきますので、書類をダウンロードして投資家申請を行います。書類を全てダウンロードしないと、投資家申請できない仕組みになっている点にご注意ください。

LENDEX会員登録画面|各種書類を確認してから投資家申請を行うLENDEX会員登録画面|各種書類を確認してから投資家申請を行う


書類を全てダウンロードすると、以下の図のように「上記規約同意の上、投資家申請を行う」というボタンがクリック・タップできるようになります。

LENDEXの同意事項・規約をダウンロードしてから「投資家申請を行う」LENDEXの同意事項・規約をダウンロードしてから「投資家申請を行う」


先ほどの画面の「投資家申請を行う」をクリックすると、以下の図のように、確認事項と資産状況の入力欄が出てきますので、確認事項にチェックを入れ、必要事項を入力しましょう。

資産状況の入力は「選択してください」という部分をクリックすることで選択肢が出てきますので、そちらから選びましょう。

LENDEX会員登録画面|確認事項のチェックと資産状況を入力するLENDEX会員登録画面|確認事項のチェックと資産状況を入力する


資産状況の入力が終わると、次に「お客様の投資経験」を聞かれますので、株式、債券、投資信託などの項目の中の選択肢から自分に当てはまるものを選び、入力し終わったら、画面下部の「次へ」をクリックし先に進みましょう。

LENDEX口座開設|投資経験について答えるLENDEX口座開設|投資経験について答える


「次へ」をクリックすると、下図のように、ユーザー名とパスワードを設定する画面へ移動します。この画面でユーザー名とパスワードを登録し「次へ」をクリックしましょう。

ユーザー名とパスワードを設定して「次へ」|レンデックス口座開設画面ユーザー名とパスワードを設定して「次へ」|レンデックス口座開設画面


ユーザー名とパスワードの設定を行うと、以下のような確認画面へ移動します。この画面で、これまで入力した資産状況や投資経験、ユーザー名などを確認しましょう。

資産状況・投資経験・ユーザー名などの入力内容を確認|LENDEX投資家登録画面資産状況・投資経験・ユーザー名などの入力内容を確認|LENDEX投資家登録画面


入力事項の確認が終わったら、ページの下部にある「確認メールを送信する」をクリックし、仮登録を完成させましょう。

入力事項を確認したら「確認メールを送信」をクリック|レンデックス投資家登録入力事項を確認したら「確認メールを送信」をクリック|レンデックス投資家登録


「確認メールを送信する」をクリックすると、以下のような画面へ移動します。ここまでで、LENDEXの投資家申請が完了しました。次は、送られてくるメールの確認アドレスをクリックし、LENDEXの口座開設・本登録を行って行きます。

投資家申請完了画面投資家申請完了画面


LENDEXの口座開設(本登録)

ここまでの投資家申請(仮登録)が完了すると、下図のような内容のメールが、投資家申請時に登録したメールアドレスに送られてきます。

確認URLからLENDEXの口座開設(本登録)を行う|LENDEXの投資家申請完了メール確認URLからLENDEXの口座開設(本登録)を行う|LENDEXの投資家申請完了メール


メール内のURLをクリックすると、以下のような画面へ移動します。これで、仮登録時に申請したメールアドレスが確認でき「基本情報の登録」をクリックすることで、口座開設申し込み用の氏名や住所などの入力が行えます。

LENDEXのメールアドレス確認画面|基本情報の登録画面へ進むLENDEXのメールアドレス確認画面|基本情報の登録画面へ進む


「基本情報の登録」をクリックすると、以下のような画面へ移動しますので、ここでは、氏名や生年月日、また口座開設で必要な個人番号(マイナンバー)の入力を行います。

氏名や生年月日、個人番号(マイナンバー)の入力を行う|LENDEX基本情報入力画面氏名や生年月日、個人番号(マイナンバー)の入力を行う|LENDEX基本情報入力画面


生年月日を入力し、さらに画面下部へ進むと、住所や連絡先の入力が必要となります。秘密の質問と答えも入力して「次へ」をクリックし、先に進みましょう。

住所や連絡先、秘密の質問と答えの入力が完了したら「次へ」|LENDEX口座開設申込み画面住所や連絡先、秘密の質問と答えの入力が完了したら「次へ」|LENDEX口座開設申込み画面


上の画面で「次へ」をクリックすると、職業や勤務先の入力画面へ移動しますので、これらの情報を入力し「次へ」をクリックして、先に進みましょう。

職業・勤務先情報を入力|LENDEX口座開設申込み画面職業・勤務先情報を入力|LENDEX口座開設申込み画面


最後に、銀行口座など金融機関の登録画面が出てくるので、金融機関の支店名や口座番号などを記入し「次へ」をクリックし先に進みましょう。

金融機関(銀行口座)を登録する|LENDEX登録画面金融機関(銀行口座)を登録する|LENDEX登録画面


金融機関を入力し「次へ」をクリックすると、以下のような入力事項の確認画面が表示されます。

入力事項の確認画面入力事項の確認画面


入力事項に誤りが無いかを確認し、修正がなければ「投資家申請」ボタンをクリックしましょう。

入力事項を確認し「投資家申請」をクリック|LENDEX口座開設申込み画面入力事項を確認し「投資家申請」をクリック|LENDEX口座開設申込み画面


「投資家申請」を行うと、以下のような確認メールが数秒以内に送られてきます。メール内の確認URLをクリックし、アドレスの確認を行って、口座開設申込みの続きを行いましょう。

確認URLをクリック|LENDEX投資家申請の確認メール確認URLをクリック|LENDEX投資家申請の確認メール


マイページにログインして確認書類をアップロード

確認メール内のURLをクリックすると、以下のような画面へ移動します。ユーザー名とパスワードの登録が完了しているので、それを使って「ログイン」し、ログイン後のマイページから、本人確認書類などを送付またはアップロードして行きます。

ユーザー名・パスワードを入力してログインする|LENDEX口座開設申込み画面ユーザー名・パスワードを入力してログインする|LENDEX口座開設申込み画面


以下の図は、LENDEXログイン後のマイページになります。画面左側に「確認書類を送付」というボタンがありますので、こちらをクリックし、免許証などの本人確認書類、また銀行口座やマイナンバーの確認書類を提出することで、口座開設・本登録が完了します。

本人確認書類の送付を行う|LENDEXログイン後のマイページ本人確認書類の送付を行う|LENDEXログイン後のマイページ


「確認書類を送付」をクリックすると、以下の図のような画面が現れますので、免許証やパスワード、個人番号カードなどの中から、本人確認として利用するものを選び、「本人確認画像の送付」をクリックして、先に進みます。

本人確認書類を選んで画像を添付|LENDEX口座開設申請本人確認書類を選んで画像を添付|LENDEX口座開設申請


「本人確認画像の送付」をクリックすると、以下のような画面へ移動するので、先ほど選んだ本人確認書類を「ファイルを選択」からアップロードし「送信」をクリックしましょう。表・裏面の両方を忘れずに添付しましょう。

本人確認用の画像ファイルをアップロードして「送信」|LENDEX口座開設本人確認用の画像ファイルをアップロードして「送信」|LENDEX口座開設


本人確認書類の提出が終わると、以下のような画面が出てきますので「他の書類を送信」をクリックして、マイナンバーや銀行口座(申し込み時に登録したもの)の確認画像を送信しましょう。

他の確認書類(マイナンバー・銀行口座)を提出する|LENDEX他の確認書類(マイナンバー・銀行口座)を提出する|LENDEX


「他の書類を送信」をクリックすると、以下のような画面へ移動しますので、ここで「マイナンバー確認画像の送付」「口座確認画像の送付」などをクリックすると、本人確認書類の時のような画面になり、それぞれの画像のアップロードが行えます。

マイナンバー確認画像・銀行口座確認画像のアップロード画面|LENDEX口座開設マイナンバー確認画像・銀行口座確認画像のアップロード画面|LENDEX口座開設


本人確認書類・マイナンバー・銀行口座の全ての確認画像の送信が終わると、以下の画像のように、左側の本登録手続きの箇所が「提出していただいた書類の確認中」となりますので、確認が完了するまで待ちましょう。

全ての確認画像を送信すると「確認中」となる|LENDEX口座開設全ての確認画像を送信すると「確認中」となる|LENDEX口座開設


今回、サイト管理人が口座開設を行なった際、画像送信後、数時間で、以下のようなメールが届きました。画像の確認が完了し、認証コードが発行される旨を伝えるメールです。

画像の確認作業が終わると認証コード発行の旨を伝えるメールが届く|LENDEX口座開設画像の確認作業が終わると認証コード発行の旨を伝えるメールが届く|LENDEX口座開設


ログインして認証コードを入力

認証コード発行の通知メールが来た翌営業日(最短の場合)、以下のような簡易書留がLENDEXから届きます。

LENDEXから封筒が届くLENDEXから封筒が届く


封筒を開けると、以下のような認証コードが記載された用紙が出て来ますので、LENDEXにログインして、以下の認証コードを入力しましょう。

認証コードをログイン時に入力する|LENDEX口座開設認証コードをログイン時に入力する|LENDEX口座開設


LENDEXのログインページへ移動すると、始めに、下図のような画面になりますので、登録時に設定したユーザー名・パスワードを入力してログインしましょう。

ユーザー名とパスワードを入力してログイン|レンデックスユーザー名とパスワードを入力してログイン|レンデックス


認証コード発行後、初めの手のログインの場合は、下図のような認証コード入力欄が表示されますので、先ほどの用紙に書いてある認証コードを入力しましょう。

ログイン時に認証コードを入力|LENDEX口座開設ログイン時に認証コードを入力|LENDEX口座開設


無事、認証コードが承認されると、以下のような画面となり、口座開設が完了します。お疲れ様でした。

LENDEXの認証コード承認画面|入金を行なうとファンドへ投資ができるLENDEXの認証コード承認画面|入金を行なうとファンドへ投資ができる


ここから、投資を行う手順としては、(1)始めに、上図の左側にある銀行口座へ投資資金の入金を行います。(2)次に投資案件・ファンドをチェックして、投資・出資を行う流れとなります。

関連記事

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です