最大「5万円分」プレゼント!

SBI証券と楽天証券の使い分けは?両方使うメリットやデメリット・注意点は?どっちかなら?

sbi証券 楽天証券 使い分け

投資において、SBI証券と楽天証券の使い分けはメリットがあると言われていますが、具体的にどのような点が異なるのでしょうか?

本記事では、SBI証券と楽天証券の使い分けのポイントやそれぞれのメリット、デメリット、注意点について詳しく解説します。

投資スタイルや目的によって、どちらの証券会社を選ぶべきかを考えるための情報を提供します。

SBI証券の豊富な銘柄数や長期投資に向いた特徴、楽天証券のキャンペーンやポイント還元率が高い利点など、両社の特徴や魅力を比較していきます。

投資の効率化や収益の最大化を目指すためにも、ぜひご参考にしていただければ幸いです。

目次

SBI証券と楽天証券の使い分けは?

sbi証券 楽天証券 使い分け

SBI証券と楽天証券は、日本の証券会社の中で非常に人気があります。

しかし、どちらを使えばいいのか迷っている方も多いのではないでしょうか。

本記事では、SBI証券と楽天証券の使い分け方について詳しく解説します。

一般NISAやつみたてNISA、iDeCo、特定口座など、さまざまな投資方法を考慮して、どちらの証券会社が適しているのかをご紹介します。

さらに、それぞれの会社の特徴や料金体系、サービス内容なども比較しますので、投資家にとって適切な選択をするための参考としてご活用ください。

SBI証券と楽天証券の使い分け例①:NISAやiDeCoはメインのSBI証券で、キャンペーンなどでのポイント稼ぎはサブの楽天証券で行う!

まず、NISAやiDeCoといった長期的な投資のメイン口座としてSBI証券を利用することをおすすめします。

SBI証券は銘柄数が豊富であり、特に長期保有を考える場合には、多様な選択肢を持つことが重要です。

一方、楽天証券はキャンペーンやポイントの還元率が高いため、ポイントを稼ぎたい方には向いています。

特に、楽天市場や楽天モバイルを利用している方は、楽天ポイントとの相互利用ができるため、効率的にポイントを使いたいというニーズに応えることができます。

そのため、SBI証券をメインにして、ポイントの稼ぎには楽天証券をサブで利用するという使い分けが考えられます。

SBI証券と楽天証券の使い分け例②:楽天ユーザーのメイン口座として楽天証券を利用しつつ、SBI証券で外国株やIPO投資を行う!

もうひとつの使い分け例としては、楽天ユーザーの方には、楽天証券をメインの口座として利用することをおすすめします。

楽天証券は楽天グループの一員であり、楽天ポイントの利用や相互利用がスムーズに行えます。

しかし、海外の株式やIPO投資などを考える場合には、SBI証券の方がより充実したサービスを提供しています。

SBI証券は独自の取り扱い銘柄や投資ツールが多く、外国株式への投資を考える場合には強い味方となることでしょう。

そのため、楽天証券をメインにして、外国株やIPO投資などを行う際には、SBI証券をサブで利用するという使い分けをすることができます。

SBI証券と楽天証券の使い分け例③:三井住友カード決済でSBI証券の積立、楽天カード決済で楽天証券の投信積立を行いVポイントや楽天ポイントを貯める!

さらに、SBI証券と楽天証券の使い分けとして、クレジットカード決済に着目する方法があります。

SBI証券では、三井住友カードと提携しており、SBI証券の積立投資に三井住友カードを利用することで、Vポイントを貯めることができます。

一方、楽天証券では、楽天カードと提携しており、楽天証券の投信積立に楽天カードを利用することで、楽天ポイントを貯めることができます。

このように、クレジットカードのポイント還元を活用しながら、SBI証券と楽天証券を使い分けることで、より効果的にポイントを貯めることができます。

以上、SBI証券と楽天証券の使い分けについてご紹介しました。

投資方法やポイントの活用など、自身のニーズに合わせて使い分けることが重要です。

どちらの証券会社も投資家にとって魅力的な特徴を持っていますので、自分に合った選択をするために、しっかりと比較検討してみてください。

SBI証券と楽天証券の使い分けは?両方使うメリットは?

sbi証券 楽天証券 使い分け

SBI証券と楽天証券は、いずれも投資家にとって魅力的な条件を提供している証券会社です。

しかし、初心者の方にとっては、どちらを選ぶべきか悩むこともあるかもしれません。

そこで、本記事ではSBI証券と楽天証券の使い分け方や各社のメリット、デメリット、注意点について詳しく解説します。

また、両社の取り扱い銘柄数やポイントサービス、銀行との連携などを比較し、あなたに合った証券会社の選び方についても考えていきます。

投資における初めての一歩を踏み出す際には、ぜひ本記事を参考にしていただきたいです。

SBI証券と楽天証券を両方使うメリット①:二つの証券会社のお得度・利便性の良いとこどりができる!

SBI証券と楽天証券はそれぞれ独自のメリットを持っています。

SBI証券は手数料が安く、投資信託の選択肢も豊富です。

一方、楽天証券は中国株などの取り扱いがあり、手数料もSBI証券と比べて安いです。

両方の証券会社を利用することで、お得度や利便性の良いところを取り入れることができます。

例えば、日本株はSBI証券で取引し、中国株は楽天証券で取引するという使い分けができます。

市場ごとに最適な証券会社を選ぶことができるので、投資の幅を広げることができます。

SBI証券と楽天証券を両方使うメリット②:IPOを2つの証券会社から申し込みできるので、当選確率(期待値)を上げることができる!

IPO(新規公開株)への申し込みは、人気のある銘柄では当選が困難なこともあります。

しかし、SBI証券と楽天証券を両方使うことで、当選確率を上げることができます。

なぜなら、両社は取り扱う銘柄に一部重複があるものの、独自の銘柄も持っているからです。

一つの証券会社だけでなく、両方の証券会社から申し込みをすることで、当選のチャンスを広げることができます。

IPOへの参加を検討している方にとっては、両社を併用することで期待値の向上が見込めるメリットと言えるでしょう。

SBI証券と楽天証券を両方使うメリット③:SBI証券での四季報や楽天証券の日経新聞など、無料で幅広い投資情報を入手できる!

SBI証券と楽天証券はそれぞれ独自の投資情報を提供しています。

SBI証券では四季報を無料で閲覧することができます。

四季報は企業の業績や財務情報などを詳細に分析したものであり、投資家にとって重要な情報源です。

一方、楽天証券では日経新聞を無料で閲覧することができます。

日経新聞は最新の経済ニュースや市況を把握するための貴重な情報です。

両社を併用することで、幅広い情報を無料で入手することができます。

情報の収集力を高めることは、投資の成功につながる重要な要素と言えるでしょう。

SBI証券と楽天証券を両方使うメリット④:クレカ積立の利用枠を最大20万円までアップできる!

SBI証券では三井住友カードを利用した投信積立をすると、最大20万円までクレジットカードの利用枠をアップすることができます。

楽天証券でも同様に、クレジットカードを利用した積立が可能です。

クレジットカードを利用することで、ポイント還元の対象になるだけでなく、クレジットカードの利用限度額を上げることができます。

これにより、投資に充てることができる資金の範囲が広がります。

両社を併用することで、最大限のポイント還元とクレジットカードの利用枠の活用が可能となります。

SBI証券と楽天証券は、それぞれ独自のメリットを持つ証券会社です。

使い分けることで、お得度や利便性の良いところを最大限に活用することができます。

両社を併用するメリットとしては、二つの証券会社からIPOに申し込むことで当選確率を上げることや、無料で入手できる幅広い投資情報を活用することが挙げられます。

また、クレジットカードを利用した積立をすることでポイント還元やクレジットカードの利用枠の活用も可能です。

投資を始める際には、自分に合った証券会社を選ぶことが大切です。

初心者の方にも分かりやすく解説してきた本記事を参考にして、あなたに最適な証券会社を見つけてください。

SBI証券と楽天証券の使い分けは?両方使うデメリット・注意点は?

sbi証券 楽天証券 使い分け

SBI証券と楽天証券は、国内株手数料が無料化されたことで注目を集めています。

初心者の方にとって、どちらがより適切な証券会社なのかを比較し解説します。

両社とも申し分のない兼ね揃えた証券会社ですが、使い分けることでさらなるメリットを得ることができます。

本記事では、SBI証券と楽天証券の使い分けのメリットやデメリット、注意点について詳しくご紹介します。

自身の投資スタイルやニーズに合わせて、どちらを選ぶべきかを考慮していきましょう。

SBI証券と楽天証券の両方使うデメリット①:二つの証券会社を跨ぐ損益通算をするには確定申告が必要!

SBI証券と楽天証券の両方で取引を行う場合、売買の損益を通算するには確定申告が必要となります。

投資家が確定申告を行わない場合、各証券会社ごとに損益の計算・申告をしなければなりません。

このため、手間や負担が増えることが考えられます。

また、確定申告には細かいルールや決まりがあり、専門知識や経験が必要です。

慣れていない方にとっては、二つの証券会社を跨ぐ損益通算は苦労が伴うかもしれません。

SBI証券と楽天証券の両方使うデメリット②:取引の回数や資産額が分散すると大口優待などのお得な特典が受けられない!

SBI証券や楽天証券では、取引回数や資産額に応じて優待制度を提供しています。

例えば、取引の回数や資産額が一定以上の場合には手数料の割引や特典が受けられることがあります。

しかし、二つの証券会社を使うことで取引回数や資産額が分散してしまうため、これらのお得な特典を享受することができない可能性があります。

もちろん、取引回数や資産額が十分にある場合や特典に関心がない場合は影響が少ないかもしれませんが、注意が必要です。

SBI証券と楽天証券の両方使うデメリット③:二つの口座を管理する手間が増える!

SBI証券と楽天証券の両方を使う場合、二つの証券会社の口座を管理する必要があります。

口座開設やログイン、取引履歴の確認など、二つの証券会社の手続きや作業が増えることが想定されます。

特に初心者の方や忙しい方にとっては、二つの口座を管理する手間が負担に感じる場合があります。

また、投資している銘柄やポートフォリオの管理も煩雑になる可能性があります。

このため、時間や手間を節約したい方には、一つの証券会社を選ぶ方が効率的かもしれません。

SBI証券と楽天証券は、どちらも優れた証券会社です。

しかし、両方を使うことで生じるデメリットや注意点も存在します。

二つの証券会社を跨ぐ損益通算には確定申告が必要となり、手間や負担が増える可能性があります。

また、取引の回数や資産額が分散してしまうとお得な特典が受けられない場合もあります。

さらに、二つの口座を管理することで手間や煩雑さが増えることにも注意が必要です。

自身の投資スタイルやニーズに合わせて、SBI証券と楽天証券の使い分けを考えてみましょう。

特に、投資目的や取引スタイルが異なる場合には使い分けることでメリットを享受することができるかもしれません。

最終的な選択は自身の判断に委ねられますが、素早い約定を重視する場合はSBI証券、手数料や優待にこだわる場合は楽天証券というように、自身のニーズに合った証券会社を選ぶことが大切です。

投資のリスクやメリットを考慮しながら、賢い投資を行いましょう。

SBI証券と楽天証券の使い分け・どっちかなら?

sbi証券 楽天証券 使い分け

投資の世界では、SBI証券と楽天証券という2つの人気証券会社が存在します。

どちらを選ぶべきか迷ってしまう方も多いのではないでしょうか。

本記事では、SBI証券と楽天証券の使い分け方について解説します。

一般NISAやつみたてNISA、特定口座など、異なる投資方法ごとにどちらが適しているのかを考えていきましょう。

また、ポイントサービスや銀行との連携など、便利な機能にも目を向けながら、両証券会社のメリットとデメリットを比較していきます。

投資における使い分けのポイントをつかみ、自身の投資スタイルに合った選択を行いましょう。

SBI証券と楽天証券の使い分け①:クレカ積立のポイント還元率で選ぶなら最大5%還元の「SBI証券」がおすすめ!

まずはクレジットカードを利用したiDecoやつみたてNISAの積立投資に着目してみましょう。

SBI証券では、投資信託の積立に対するクレジットカードのポイント還元率が最大5%もあります。

これは非常に魅力的ですね。一方、楽天証券ではポイント還元率は設定されていません。

クレジットカードのポイント還元率が気になる方にとっては、SBI証券がおすすめと言えるでしょう。

ポイントを積極的にためていきたい方やクレジットカードの利用を積極的に行う方にとっては、SBI証券は魅力的な選択肢となります。

SBI証券と楽天証券の使い分け②:楽天カードや楽天銀行など楽天経済圏のユーザーなら「楽天証券」がおすすめ!

次に、楽天グループに所属している方にとっては、楽天証券が使いやすいでしょう。

楽天カードや楽天銀行などと経済圏が連携しているため、口座の連携や残高の確認がスムーズに行えます。

また、楽天証券では楽天ポイントの利用が可能です。ポイントを積極的に活用したい方には楽天証券がおすすめです。

日常の楽天ポイントを投資に活かすことができるので、賢いポイント活用ができるでしょう。

SBI証券と楽天証券の使い分け③:投資信託の購入・保有でポイントを貯めたいなら投信マイレージがお得な「SBI証券」がおすすめ!

最後に、投資信託の購入や保有においてポイントを貯めたい場合、SBI証券がおすすめです。

SBI証券では、「投信マイレージ」というサービスがあり、投資信託の購入や保有でポイントを貯めることができます。

このポイントは、SBI証券での投資信託の手数料として利用することができます。

投資信託を積極的に活用する方にとって、ポイントを貯めるチャンスがあるSBI証券は魅力的な選択肢となるでしょう。

以上のように、SBI証券と楽天証券はそれぞれ特徴があります。

クレジットカードのポイント還元率や楽天ポイントの利用、投資信託でのポイント貯めなど、自分の投資スタイルや利用したいサービスによって使い分けが必要です。

どちらの証券会社も豊富な取扱銘柄や手数料の安さ、使いやすいツールなど、投資を始めるには十分なサービスを提供しています。

自身の投資スタイルや優先するポイントに合わせて、最適な証券会社を選ぶことが大切です。

しっかりと比較・検討し、賢く投資をスタートさせましょう。

SBI証券と楽天証券の使い分け【まとめ】両方使うメリットは?

SBI証券と楽天証券の使い分けについて、メリットやデメリット、注意点についてご紹介しました。

両方の証券会社を使うことによって、それぞれの特徴を最大限に活かすことができます。

まず、SBI証券のメリットとしては、豊富な商品ラインナップや割安な手数料が挙げられます。

国内株式や単元未満株の取引においてはSBI証券がおすすめです。

また、IPO投資をしたい方や、TポイントやVポイントなどのポイントを貯めている方にも利用価値があります。

一方、楽天証券のメリットは、楽天グループのサービスを利用できることや、お得に投信積立をすることができる点です。

また、リアルタイムで単元未満株取引や中国株への投資をしたい方にも適しています。

両方の証券会社を使うことによるデメリットや注意点としては、手続きや口座管理が煩雑になる可能性があります。

また、口座数によるコストの増加や、投資の分散が難しくなることも考慮すべき点です。

どちらかを選ぶ場合には、自身の投資スタイルやニーズに合わせて選ぶことが重要です。

SBI証券は日本株や単元未満株の取引に強みがありますが、楽天証券はポイントサービスや外国株への投資に長けています。

自分の投資目的や利用するサービスに応じて、使い分けることがおすすめです。

最後に、注意点としては、NISAの口座開設には1人1口座の制限があるため、どちらか一方をメイン口座として選ぶ必要があります。

また、口座管理や手数料の確認、投資先の分散など、注意深く管理することが大切です。

SBI証券と楽天証券の使い分けは、自身の投資スタイルやニーズに合わせて行うことが重要です。

メリットやデメリット、注意点を理解し、賢く活用して効率的な投資を実践しましょう。

関連ページ:SBI新生銀行と住信SBIネット銀行の違いは?どっち?SBI証券NISA(つみたて)なら?

SBI証券と楽天証券の使い分け「よくある質問」

SBI証券と楽天証券を比較

投資を考える際に重要な要素の一つが証券会社の選択ですが、その中でもSBI証券と楽天証券は多くの人に利用されています。

しかし、どちらを選ぶべきかは迷う部分もありますよね。

この関連ページでは、NISAやiDeCoなどの金融商品やポイント還元、国内株式などの視点から、SBI証券と楽天証券の比較を行います。

両社の特徴やサービスの充実度を解説し、それぞれのメリットや選び方のポイントをご紹介します。

投資を考えている方は、ぜひ本記事を参考にして、自分に合った証券会社を選んでみてください。

関連ページ:SBI証券と楽天証券を比較!どっちがおすすめ?NISAやiDeCo、ポイント還元・国内株式なら?

iDeCoは楽天証券とSBI証券どっち?

iDeCo(個人型確定拠出年金)は、将来の老後資金を準備するための制度として注目を浴びています。

楽天証券とSBI証券は、そのiDeCo口座を提供する大手証券会社として知られていますが、どちらを選ぶべきかは迷うところです。

しかし、どちらを選んでもメリットを享受することができますので、選び方に迷っている方も安心してください。

この関連ページでは、楽天証券とSBI証券のiDeCoについて詳しく比較し、選ぶポイントやメリットについて解説していきます。

自分に合ったiDeCoを選ぶための情報を探している方は、ぜひ参考にしてください。

関連ページ:iDeCoは楽天証券とSBI証券どっちがおすすめ?選ぶポイントやメリットを比較!

sbi証券 楽天証券 使い分け

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

橘 龍馬のアバター 橘 龍馬 サイト管理人

投資歴7年、30代3児の父。理学博士。
投資・節約の専門メディア「マネーの研究室」のサイト管理人。
インスタ・Twitterも更新!

【サイト利用時の注意点・免責事項】

 

掲載の情報は、信頼するに足ると信じる情報に基づいて作成したものですが、当サイトのデータの正確性は保証されていませんので、ご注意下さい。

本サイトの情報等を用いて行う行為に関して、その責任は全て利用者自身に帰属します。万一、利用者が何らかの損害を被った場合、その損害に関して当サイト管理者および情報を提供している第三者は一切の責任を負うものではありません。

本サイトは投資家・金融サービス利用者への情報提供を目的としており、証券・FXに関する契約締結の代理、媒介、斡旋、売買推奨、投資勧誘等を行うものではありません。

また、当ブログに記載の仮想通貨は暗号資産のことを指します。

目次