最大「5万円分」プレゼント!

【投資信託】100万円を放置するメリットやデメリット、おすすめ銘柄や新NISAは?

投資信託 100万 放置

本記事では、投資信託「100万円」を一括投資し、放置することのメリットやデメリット、そしておすすめの銘柄や新NISA制度について、詳しく解説していきます。

100万円を投資信託に放置することで得られるメリットとは、一体何でしょうか?自動的に資産が運用されるため、手軽さと効率性が魅力のポイントですが、その裏側にあるリスクも忘れてはなりません。

また、おすすめの銘柄や新NISA制度によるメリットなどもご紹介します。

サイト管理人

投資をする上での注意点やポイントを押さえながら、100万円の放置「ほったらかし投資」について、詳しく解説していきましょう。

目次

投資信託で100万円放置/メリット・デメリット

投資信託 100万 放置

投資信託を活用すれば、専門のファンドマネージャーが様々な金融商品に分散投資を行い、時間をかけて資産を増やすことができます。

しかし、この方法はメリットとデメリットが共存しています。

メリットは、少額から様々な資産に投資できる手軽さや、専門家による運用による時間の節約です。

一方で、手数料や市場の変動リスクなどのデメリットも考慮する必要があります。

そもそも投資信託とは?特徴やメリットは?

投資信託は、多くの投資家から資金を集め、その資金を株式や債券など様々な資産に投資し運用する金融商品の一つです。

メリットは、個人投資家が単独で投資するよりも多様な資産に分散して投資できる点や、プロによる運用管理の下で時間や知識を割くことなく投資が行える点にあります。

さらに、少額から投資することが可能で、積立投資も利用できるため、継続的な資産形成が可能です。

投資信託で100万円放置する場合の注意点①:信託報酬などの手数料が安いファンドを選ぶ

投資信託で100万円を放置する際には、信託報酬などの手数料が低いファンドを選びましょう。

手数料が高いファンドでは、長期間保有するほどに、それだけ利益の大きな部分が手数料として差し引かれることになりうるためです。

特にインデックス型ファンドは手数料が低めに設定されていることが多く、コストを抑えて運用することが可能です。

投資信託で100万円放置する場合の注意点②:分配金が出ていないものを選ぶ!分配金がファンド内で再投資されている方が効率的な運用になる!

分配金が発生する投資信託は税金がかかり、また手元に戻ってくる現金を再投資する際には手間や追加の手数料が必要になることもあります。

そのため、利益をファンド内で再投資するタイプの投資信託を選ぶことで、税金対策と手間を省いた効率的な運用を実現することができます。

特に長期にわたって放置する場合は、こうした累積型の投資信託が有効です。

投資信託で100万円放置する場合の注意点③:信託期間に注意する!できれば信託期間が無期限のもが良い

投資信託の中には、一定の期限を設けているものもあるため、投資期間には注意が必要です。

期限が来ると解約が必要になったり、期間内の市場状況によっては想定以下のリターンとなるリスクがあります。

目的に合わせた投資が可能な無期限のものを選び、市場の好機を長期に渡って待つことができる投資信託を選択することが望ましいでしょう。

投資信託で100万円を放置するといくらになる?

投資信託 100万 放置

投資信託は、専門家が株式や債券に分散投資を行い、資産運用を代行する金融商品です。

100万円を投資信託に預け、長期間放置する場合、その運用成果は利回りに大きく左右されます。

20年間という長期にわたる運用であれば、複利の効果も期待できるため、当初の投資額がいかほどに増加するかは利回りと運用期間、そして経済の変動など様々な要因に依存します。

利回り3%で20年運用した場合のシミュレーション結果は?

利回り3%での運用を想定すると、単純計算では(100万円 ×(1 + 0.03)^{20})と表されます。

これにより、おおよそ100万円は約1.806倍になり、約180万6000円に増えると予想されます。

ただし、この計算は税金や運用に伴う費用を考慮していないため、実際の手取り額はこれより減少する可能性があります。

また、市場の変動やインフレ率の変化も運用結果に影響を与える要素です。

利回り5%で20年運用した場合のシミュレーション結果は?

利回り5%の場合、算出式は(100万円 × (1 + 0.05)^{20})です。

これにより初期の100万円は約2.653倍となり、約265万3000円に成長することが期待できます。

やはり税金や運用コストが存在するため、実際の受け取り額はこの額より少なくなります。

経済状況の変化も収益に影響を及ぼす要因であり、常にリスクは存在しますが、複利の力で長期間にわたり資産が増大することが見込まれます。

全世界株式に100万円投資して放置した場合は?

全世界株式への投資は、多様な経済や市場環境に分散投資することでリスクを低減する戦略です。

100万円を全世界株式に投資し放置することで、長期的には世界経済の成長に伴い資産の増加が期待できます。

しかし、特定の地域や国が直面する経済危機など、地政学リスクの影響を受けやすい点には注意が必要です。

過去の実績では、長期的に見た場合平均的なリターンはプラスとなる傾向がありますが、どれほどの成果が出るかは運用時の市場状況に強く依存します。

米国株式(S&P500)に100万円投資して放置した場合は?

米国株式、特にS&P500指数への投資は、世界最大の経済圏である米国の主要企業に対する投資を意味します。

長期にわたりS&P500指数に投資した場合、過去の傾向を見ると高いリターンが得られる可能性が高いとされます。

しかし、これまでの実績が未来の成果を保証するものではありません。

米国経済の動向や政策変更、世界的な経済状況の変動などにより、実際の成果は変わる可能性があるため、投資は慎重に行う必要があります。

運用期間が長ければ長いほど、資産価値の増大を望むことが可能ですが、投資には常にリスクが伴います。

投資信託を100万円放置するのは新NISAが良い?

投資信託 100万 放置

新NISAが開始され、運用機会を広げたい方は注意を払うべきである。

特に100万円を投資信託に放置する場合、新NISAの非課税枠を活用することで、将来的なリターンを大きく増加させる可能性がある。

長期的な資産形成を目指す際には新NISAを有効に活用し、賢明な選択を行うことが推奨される。

新NISA(つみたて投資枠)で投資信託の積立が可能!

新NISAの「つみたて投資枠」利用により、投資信託の積立投資が可能となった。

この制度は、特定の運用商品に対して毎月一定額を自動的に投資する仕組みであり、時間をかけてゆっくりと資産を築く「コツコツ投資」をサポートしている。

利用者は、一般的な投資信託の中から選択し、給料の一部を積立てることで、長期間にわたって安定した資産形成を行う計画を立てられる。

リスクを分散し、利益を非課税で得られるメリットもあるので、新しい投資家にもお勧めできる選択肢である。

新NISA(成長投資枠)では投資信託のスポット・一括購入が可能!

新NISAの「成長投資枠」を利用することで、投資信託をスポット購入、つまり一回で一括して購入することができる。

これは、自身で市場の状況を見極め、適したタイミングで資金を投じたい投資家に適した選択肢である。

タイミングを計って大きな利益を狙うことが可能だが、市場の変動リスクも高いため資産運用経験とある程度の知識が求められる。

非課税メリットを享受しつつ、よりアクティブな投資を目指すなら、この枠の活用に注目したい。

新NISAやiDeCoでは非課税メリットを最大限活かすため期待リターンが高い投信を選ぶ!

新NISAおよびiDeCoの非課税メリットを享受するためには、期待リターンが高い投資信託を選択することが鍵となる。

非課税枠の効果を最大化するためにも、成長性が期待できる市場やセクターを狙った投資信託、例えばテクノロジー関連や新興国市場などが注目されている。

ただし、高いリターンはそれに比例したリスクを伴うため、自身の投資スタンスやリスク許容度に適した選択を行うべきだ。

適切な情報収集と運用商品の選定が、資産運用成功の秘訣と言えるだろう。

投資信託を100万円分放置する場合の投資先・おすすめ銘柄は?

投資信託 100万 放置

投資信託は多様な投資先から選ぶことができるため、100万円を長期間放置するプランを考える際には、リスクとリターンのバランスを考慮することが大切です。

世界経済の動向や市場の変動を利用し、分散投資を行うことでリスクの低減を図りながら運用することをおすすめします。

具体的な銘柄については次の節で詳細を述べます。

リスク許容度の範囲内なら非課税枠は全世界などの外国株式が有効

リスク許容度を考慮した投資先の中で、特に全世界に投資するファンドが有望です。

世界中の経済動向に影響されるため波はありますが、個別の国や地域に集中して投資するよりも長期的な視点で安定した成長が期待できるでしょう。

非課税枠を利用することで税負担を軽減しながら、幅広い地域の成長に資することが可能です。

世界経済の拡大に伴い、しっかりとリスク管理を行いながら資産を増やしていく戦略が鍵となります。

おすすめ投資信託・銘柄①:全世界株式ならeMAXIS Slim全世界株式(オール・カントリー)

eMAXIS Slim全世界株式(オール・カントリー)は、世界中の多様な市場に投資することを目的とした投資信託です。

大手から新興企業まで幅広い銘柄に分散投資を行い、地域に偏らないポートフォリオを実現しています。

長期的な視野に立てば、地政学リスクや経済の変動にも強い、一定のリターンを狙うことができる銘柄です。

比較的低い信託報酬で運用されているため、コストを抑えたい投資家にとっても魅力的です。

おすすめ投資信託・銘柄②:先進国株式ならeMAXIS Slim先進国株式インデックス

先進国株式への投資を考える場合、eMAXIS Slim先進国株式インデックスは価値が高まります。

安定した経済を持つ先進国の市場は、市場の落ち着きや優良企業の安定感などを求める投資家にとって魅力的です。

一方で新興国への投資と比較すると成長率は低めですが、その分リスクも抑えられる傾向にあります。

投資信託を選ぶ際は、将来の経済環境や通貨の安定性などを見極めた上で選定することが肝心です。

おすすめ投資信託・銘柄③:米国株式ならeMAXIS Slim米国株式やSBI・V・S&P500インデックス

米国株式への投資を検討するなら、eMAXIS Slim米国株式やSBI・V・S&P500インデックスが候補に挙がります。

これらはいずれも米国株式市場の幅広い銘柄に分散投資を行う投資信託で、特にS&P500インデックスを対象とするものは米国の代表的な500社のパフォーマンスに基づき運用されており、アメリカ経済の動きをダイレクトに反映します。

長期的な視点で米国経済の成長を見込めば、資産の増加が期待できる選択です。

おすすめ投資信託・銘柄④:日本株を個別で買うならeMAXIS Slim 全世界株式(除く日本)

日本株への投資も検討する価値がありますが、もし日本株を個別で購入して国際分散を図りたい場合は、eMAXIS Slim全世界株式(除く日本)を組み合わせる方法が効果的です。

日本国内の市場における株式選択に自信がある場合は、より高いパフォーマンスが期待できる日本株をピックアップして、残りの投資を全世界株式(除く日本)でカバーすることで、地域特有のリスクを減らしポートフォリオの多様性を確保できます。

日本経済に強い見通しを持つ投資家には特におすすめの手法です。

投資信託で100万円放置【まとめ】新NISAのおすすめ銘柄やデメリットは?

以上、投資信託で100万円を放置するメリットやデメリット、おすすめ銘柄や新NISAについて解説しました。

結論として、投資信託は長期的な運用により資金を増やす可能性がありますが、リスクも存在することを忘れてはいけません。

投資信託のメリットとしては、プロの運用により分散投資が行われるため、リスクを抑えながら資産を成長させることができます。

また、証券会社によっては積立投資のサービスも提供されており、少額からコツコツと資産形成をすることができます。

一方で、投資信託のデメリットとしては、手数料がかかることや元本保証がないことが挙げられます。

また、運用結果によっては損失を被る可能性もあるため、自分のリスク許容度に合わせた運用を心掛ける必要があります。

100万円を放置した場合の運用先として、年利3%で運用すると約110万円程度、年利5%で運用すると約127万円程度になると考えられます。

ただし、過去の運用成績は将来の運用成績を保証するものではないため、目安として捉えてください。

さらに、100万円を放置する場合におすすめの銘柄として、eMAXIS Slim 全世界株式(オール・カントリー)やSBI・V・S&P500インデックス・ファンドなどが挙げられます。

これらは投資先の分散効果を高めつつ、安定した運用成績を残していると言えます。

最後に、100万円を放置する際には新NISAの活用も考えてみてください。新NISAでは、投資上限額や非課税保有限度額が大幅にアップし、より多くの資金を非課税で運用することができます。

投資信託は将来の資産形成に向けて有効な手段ですが、リスクを理解し、自分に合った運用スタイルを選択することが重要です。

また、投資信託を始める際には信頼できる証券会社を選ぶことも重要です。

関連ページ:SBI新生銀行と住信SBIネット銀行の違いは?どっち?SBI証券NISA(つみたて)なら?

投資信託で100万放置「よくある質問」

S&P500に100万円の10年後は?

資産運用の方法は多種多様ですが、中でも株式投資は魅力的な選択肢の一つです。

アメリカの株式市場を代表する指数であるS&P500は、幅広い企業の株価の動きを示すとともに、安定性と成長性を兼ね備えた投資対象として注目を浴びています。

そこで、以下の関連ページでは、S&P500に100万円を投資した場合、10年後にどのような資産形成が期待できるのかについて、積立投資と一括投資のシミュレーションを用いて解説します。

投資を始める前の参考となる情報を提供するとともに、異なる投資方法のリターンの違いを考察します。

将来の資産形成に向けて、具体的な目標を持つ際の参考にしていただければ幸いです。

関連ページ:S&P500に100万円投資したら10年後いくらになる?積立・一括投資のシミュレーション

投資信託 100万 放置

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

橘 龍馬のアバター 橘 龍馬 サイト管理人

投資歴7年、30代3児の父。理学博士。
投資・節約の専門メディア「マネーの研究室」のサイト管理人。
インスタ・Twitterも更新!

【サイト利用時の注意点・免責事項】

 

掲載の情報は、信頼するに足ると信じる情報に基づいて作成したものですが、当サイトのデータの正確性は保証されていませんので、ご注意下さい。

本サイトの情報等を用いて行う行為に関して、その責任は全て利用者自身に帰属します。万一、利用者が何らかの損害を被った場合、その損害に関して当サイト管理者および情報を提供している第三者は一切の責任を負うものではありません。

本サイトは投資家・金融サービス利用者への情報提供を目的としており、証券・FXに関する契約締結の代理、媒介、斡旋、売買推奨、投資勧誘等を行うものではありません。

また、当ブログに記載の仮想通貨は暗号資産のことを指します。

目次