最大「5万円分」プレゼント!

【社会人・新卒】銀行口座でおすすめは?選び方やオススメ、デメリットは?

社会人 銀行口座 おすすめ
目次

社会人・新卒におすすめの銀行口座は?選び方は?

社会人 銀行口座 おすすめ

新生活をスタートする社会人や新卒者にとって、資金管理は重要なポイントです。

適切な銀行口座を選ぶことは、貯蓄や日々の支出管理にも影響を与えます。

利便性やコスト、サービス内容を総合的に見て、自分のライフスタイルにフィットする銀行口座を選択することが大切です。

社会人向きの銀行口座を選ぶポイント①:普通預金の金利の高さ

普通預金の金利が高い銀行口座は、長期にわたって余剰資金を預けておく場合に少しでも多くの収益を得ることができます。

日本では一般的に低金利のため、金利の違いによる影響は限定的かもしれませんが、将来の大きな買い物やライフイベントに備えて貯蓄をしていくうえでは、金利の高さが一つの重要なポイントになります。

金利優遇条件がついている場合にはそれらを満たすことで、より効果的に資金を増やすことが可能です。

社会人向きの銀行口座を選ぶポイント②:ATMや振込時の手数料の安さ/無料で使える回数の多さ

会社人にとっての大きな出費といえばATMの利用手数料や振込手数料です。

多くの銀行では、一定条件下で無料で利用できたり、手数料が安く設定されています。例えば給料振込口座にする、定期的な入金があることで無料になる場合があります。

特定の時間帯や曜日に手数料が無料になるプランも存在します。

毎月の固定的な支出を抑えることは、長期にわたって貯金を増やす上で有効な方法と言えるでしょう。

社会人向きの銀行口座を選ぶポイント③:取引時間やATM、ネット利用などの利便性

銀行口座を選ぶ際には、営業時間の長さやATMの利用可能時間、ネットバンキングの充実度などが重要です。

例えば、深夜や早朝でも振込みが可能なインターネットバンキングの機能が整っている銀行や、土日祝日でも利用できるATMが多い金融機関は、急な支払いが発生した際にも安心です。

仕事が忙しい社会人ほど、取引時間の長さやATMの数、ネットバンキングの操作性は日々の利便性に直結します。

社会人向きの銀行口座を選ぶポイント④:給与振込先に指定できるかどうか/勤務先に要確認

多くの企業では、給与振込みの際に指定された銀行口座を使用することが多いです。

このため、就職先から指定された銀行があれば、そこに口座を開設する必要があります。

給与振込み指定口座とすることで、手数料無料のサービスを受けられるケースもあるため、就職先の人事や経理部門に確認することが大切です。

また、将来的に転職する際にも、全国規模でATMが広く設置されている銀行や、ネットバンキングサービスが充実している銀行を選ぶと、口座を新たに変更する手間を省くことができます。

社会人・新卒の銀行口座はネット銀行がおすすめ!

社会人 銀行口座 おすすめ

近年、銀行口座の選択肢として注目を集めているのがネット銀行です。

特に社会人として新たなスタートを切る新卒者には、その手軽さとコストパフォーマンスの高さからおすすめの選択肢と言えるでしょう。

伝統的なメガバンクも安定感がありますが、新しい生活スタイルにマッチしたサービスを提供しているネット銀行が多くのメリットを提供しています。

ネット銀行のメリット①:メガバンクよりも預金金利が高い!

ネット銀行は実店舗を持たないため、その分のコストカットを預金金利に還元する傾向にあります。

結果、多くのネット銀行では、メガバンクに比べて高い金利を提供している場合が少なくありません。

節約を考える新社会人や資産形成を目指す方にとっては、長期間の預金による利息の差が大きな魅力となるでしょう。

また、定期預金だけでなく、普通預金においても優遇金利を設定していることが多いです。

このように、預け入れたお金がほんの少しでも多く成長する環境は、賢いお金の管理を助けてくれるはずです。

ネット銀行のメリット②:ATMの入出金や振込の手数料が安い!無料で使える回数も多い!

ネット銀行を利用する一つの大きなメリットは、ATM取引や振込手数料の低廉化です。

各ネット銀行は提携しているATMネットワークを広げ、手数料が無料になる取引の回数を増やしています。

これは資金移動が頻繁な社会人には特に嬉しい特典であり、支払いや急な出費が生じた際にコストを意識せずに済ますために役立つでしょう。

また、送金や振込では、一定条件を満たせば手数料がかからないケースも多く、友人への少額の返金や家賃の支払いなど日常的な金銭のやり取りにも大きなメリットがあります。

ネット銀行のメリット③:スマホやパソコンなどでどこにいても取引ができる!

現代社会において、スマートフォンやパソコンを使ったオンラインでの取引は必要不可欠です。

ネット銀行の最大の特徴の一つは、それらのデバイスを通じていつでもどこでも銀行業務が可能なことです。

パソコンやスマートフォンがあれば、通勤の途中、旅行先、さらには自宅でリラックスしているときでも、残高の確認、入出金の操作、振込みといった銀行取引が完結します。

時間的制約を受けないこの便利性は、忙しい社会人の時間を有効に使いたいと考える新卒者にとって大きな利点になります。

ネット銀行のメリット④:コンビニや駅などATMが利用できる場所が多い!

ネット銀行は、コンビニエンスストアや駅といった日常生活で頻繁に利用する施設内のATMと提携していることが多いです。

これにより、利用者は幅広い場所で入出金ができるようになり、非常に便利です。

例えば、お昼休みに近くのコンビニでATMを利用したり、帰宅途中の駅構内で手軽に現金を引き出すことができます。

さらに、提携しているATMが全国的に広範囲にわたっており、地域を問わず柔軟な現金管理が可能となっていますので、出張や旅行先でも安心して利用できるでしょう。

社会人・新卒の銀行口座にネット銀行を選ぶ場合のデメリット・注意点は?

社会人 銀行口座 おすすめ

近年、便利で手数料の安いネット銀行の利用者が増えていますが、特に社会人や新卒においてはデメリットや注意点もいくつか存在します。

ここではそれらのポイントについて解説しましょう。

銀行選びにおいてはメリットだけでなく、知っておくべきリスクや制約の理解も重要です。

ネット銀行のデメリット①:実店舗がない/店頭で取引や相談はできない!

店舗を持たないネット銀行では、対面でのサービスが提供されていません。

これにより、具体的な問題が生じる可能性があります。

たとえば、金融商品の相談や複雑な取引など、直接的なコミュニケーションを必要とする場合、スムーズな対応が難しいことが挙げられます。

また、急ぎの資金調達が必要な時や、通帳やカードの紛失時に迅速な解決を希望する場合も、実店舗がないことがネックになることがあります。

オンラインでの問い合わせは解決までに時間がかかることもあるため、ストレスを感じることもあります。

これらを避けるためにも、日常生活で頻纍する口座選びには慎重さが求められるでしょう。

ネット銀行のデメリット②:家賃の引き落としや給与振込ができない場合がある!

ネット銀行は全ての金融取引に対応しているわけではありません。

過去には対応していない事例があった給与振込みや公共料金の自動引き落としなど、取引先によっては従来の実店舗銀行を求めることがあり、それらをネット銀行が利用できないケースも見られます。

たとえば不動産会社によっては、家賃の自動引き落としに対応している金融機関が限られていることも少なくありません。

社会人や新卒者が初めて独立する際には、こうした局面で煩わしさを感じる場合があるため、用途に応じた口座選びが重要となります。

ネット銀行のデメリット③:ネットからログインする際に必要なIDやパスワードを覚えておく・管理する必要がある!

ネット銀行の利用には、インターネット経由のログインが不可欠です。

IDやパスワードなどの秘密情報を管理する責任は利用者にあり、これらを忘れたり、他人に知られてしまうとセキュリティリスクが生じます。

もしIDやパスワードを忘れた場合、アカウントの回復に時間がかかる可能性があり、その間に取引ができない事態に陥ることもあります。

また、多くのサイトやサービスで複数のアカウントを持つ現代では、これらの情報を安全かつ効率的に管理することが求められます。

セキュリティと利便性のバランスを取るためにも、適切な手法やツールを活用することが大切です。

ネット銀行のデメリット④:システム障害やネット環境の不具合、銀行のメンテナンスで急に利用できなくなる場合もある!

ネット銀行はオンラインでのサービスが基本ですが、これがデメリットになる場面もあります。

システム障害やインターネット接続の問題が発生した際、口座にアクセスできなくなるリスクがあるのです。

たとえば、給料日や支払いの期限が差し迫っているタイミングで銀行側のメンテナンスやトラブルが起こり、その影響で取引が行えない状況が発生すると、大きな不便を被る可能性があります。

日頃からバックアップの用意をしておくこと、また他の銀行との併用を検討するなどの対策が考えられますが、ネット銀行を主たる口座として使用する際はこうしたリスクを認識しておく必要があります。

社会人・新卒におすすめの銀行口座【5選】

社会人 銀行口座 おすすめ

社会人や新卒者が押さえておくべき銀行口座を厳選し5つご紹介します。

用途やライフスタイルに合った選定が重要です。

手数料の安さ、ネットバンキングの使い勝手、支店網の広さなど各行の特徴を踏まえた選択をしましょう。

新卒・社会人におすすめの銀行口座①:住信SBIネット銀行

住信SBIネット銀行は、オンライン専用のサービスを提供する銀行として高い評価を受けています。

スマートフォンやPCからの振込手数料が無料である回数が多く、また利用頻度に応じて還元されるTポイントサービスも魅力的です。低コストで運営されているため、貯金利率が比較的高めに設定されています。

また、株式投資やFX取引など資産運用を行う方にもうれしいサービスを提供しているため、金融商品に興味がある新卒や社会人におすすめの銀行口座です。

新卒・社会人におすすめの銀行口座②:楽天銀行

楽天銀行は、使いやすいインターフェースと楽天市場や楽天カードとの連携が魅力です。

楽天グループのサービスを多用する人にとっては、楽天スーパーポイントの積立や利用がより一層有効になります。

振込手数料の無料回数も月に何度かあり、コストを抑えつつスムーズな資金のやり取りが可能です。

さらには、全国のコンビニATMでの入出金手数料が無料もしくは割引されることもあり、日常的な利用に便利です。

新卒・社会人におすすめの銀行口座③:三井住友銀行(Olive)

三井住友銀行のOliveは、デジタルバンキングサービスとして新たに始まったサービスで、若年層に注目されています。

おしゃれで見やすいユーザーインターフェースが特徴で、アプリを通じた手軽な取引が可能です。

他行宛の手数料無料条件も利用しやすく、実績あるメガバンクの安心感を持ちながら、最新のネットバンキングの利便性を享受できます。

店舗網も広いため、地方に住む人々にも利用しやすい口座と言えるでしょう。

新卒・社会人におすすめの銀行口座④:auじぶん銀行

auじぶん銀行は、KDDIと三菱UFJ銀行が提供するオンライン銀行で、特にauユーザーには多くの優待があります。

スマートフォンを使った取引が中心で、キャッシュレス決済との連携も進んでいます。

また、じぶん銀行独自の住宅ローンやカードローンなど金融商品も豊富に揃えられており、将来に向けた資金計画を立てる際に有利です。

生活スタイルに応じて選べるプランが多く、多様なニーズに応える口座です。

新卒・社会人におすすめの銀行口座⑤:イオン銀行

イオン銀行は、全国のイオンモールやイオンスーパー内にATMを配置し、買い物と同時に銀行業務ができるという利便性が人気です。

また、イオン銀行口座からのイオンでの買い物時のキャッシュバックサービスや、独自の割引クーポンの利用が魅力的です。

取扱商品も預金だけではなく、住宅ローンや保険商品など幅広いラインナップがあり、ワンストップでの金融サービスを利用したい人に適しています。

また、ATMの時間外手数料が無料または割引となることもあり、休日や夜間の利用にも便利です。

社会人や新卒向けの銀行口座おすすめ【まとめ】選び方は?

まとめると、社会人や新卒の方におすすめの銀行口座はネット銀行です。

ネット銀行は手数料が安く、24時間いつでも利用できる便利さがあります。

また、口座開設もオンラインで簡単に行えます。

特に、住信SBIネット銀行は給与受け取りや投資用に便利な口座です。

ただし、ネット銀行を選ぶ際にはいくつかのデメリットや注意点もあります。

まず、ネット銀行はATMが限られているため、生活圏内に利用できるATMがあるか確認することが重要です。

また、ネット銀行は対面での相談や手続きが難しい場合がありますので、自分での取引や問題解決が求められます。

さらに、社会人や新卒におすすめの銀行口座として、都市銀行も選択肢の一つです。

都市銀行は生活費の支出や生活防衛のために利用することができます。

特に、自宅や職場近くに支店があることが利便性の面でメリットです。

最後に、銀行口座を選ぶ際のポイントとしては、使えるATMの有無や手数料、口座開設の簡単さ、利用目的に合ったサービスの提供などが重要です。

自分の生活スタイルやニーズに合わせて、最適な銀行口座を選ぶことが大切です。

以上、社会人や新卒の方におすすめの銀行口座について解説しました。

自分のライフスタイルや利用目的に合わせて、最適な銀行口座を選び、お金の管理をしっかり行いましょう。

関連ページ:SBI新生銀行と住信SBIネット銀行の違いは?どっち?SBI証券NISA(つみたて)なら?

社会人・新卒の銀行口座でおすすめは?よくある質問

楽天銀行へ給与振込するデメリットは?

給与振込口座を楽天銀行にすることは、一部の方にとってメリットがある一方で、いくつかのデメリットも存在します。

例えば、他行振込手数料やATMの入出金手数料の無料条件が厳しめであったり、特に地方において使えるATMが限定的であることが挙げられます。

しかしながら、最大3回まで手数料無料で使えるというメリットや、楽天銀行間の振込手数料が常に無料であるという魅力もあります。

以下の関連ページでは、楽天銀行へ給与振込する際のデメリットや注意点に加え、メリットについても詳しく解説します。

おすすめの人や必要な手続きについても考察していきましょう。

関連ページ:楽天銀行へ給与振込するデメリットは?注意点やメリット、おすすめできる人は?

給与口座のおすすめは?

給与を受け取るための口座選びは、個人のお金の管理にとって非常に重要な要素です。

給与口座を選ぶポイントを把握することで、少しでも利益を得ることができるかもしれません。

下記の関連ページでは、給与口座の選び方について詳しく解説します。

まず、普通預金の金利の高さや振込やATM利用時の手数料の安さなど、給与口座を選ぶ際に注目すべきポイントを紹介します。

さらに、ネット銀行を給与口座に選ぶ場合のデメリットや注意点にも触れます。

給与を適切に管理し、自身の財務状況を向上させるために、給与口座の選択について理解を深めましょう。

関連ページ:給与口座のおすすめは?選ぶポイントやデメリット・注意点は?

お金を預けるなら銀行?郵便局?

お金を預ける際、銀行や郵便局、ネット銀行、証券会社、ゆうちょ銀行など、多くの選択肢が存在します。

しかし、それぞれのサービスや利点、適用される金利などには違いがあります。

以下の関連ページでは、「お金を預けるなら銀行?」といった疑問について解説します。

銀行と郵便局のメリットやデメリット、さらに新興のネット銀行や証券会社、ゆうちょ銀行の特徴についても紹介します。

お金を預ける場所を選ぶ際に考慮すべきポイントや自分に最適な貯蓄用口座の選び方について詳しく考察していきます。

関連ページ:お金を預けるなら銀行? 郵便局?貯蓄用口座はネット銀行?証券会社やゆうちょ銀行は?

ゆうちょ銀行へ給与振込するデメリットは?

ゆうちょ銀行を給与振込の口座にする際には、注意が必要です。

一部では、他行宛の振り込みに手数料がかかることやコンビニATMの利用に制限があることなどから、ゆうちょ銀行を選ぶことに否定的な意見もあります。

ただし、ゆうちょ銀行には利点もあります。

全国に広がるATMネットワークや便利なサービスなど、特徴的なメリットが存在します。

以下の関連ページでは、ゆうちょ銀行を給与振込の口座にすることに伴うデメリットや注意点、そしてメリットについて詳しく解説していきます。

これらの要素を考慮し、自身のニーズに合った給与振込口座の選択をする際の参考にしていただければ幸いです。

関連ページ:ゆうちょ銀行を給与振込にするデメリット・注意点は?メリットもある?

ネット銀行で給与振込できない理由は?

ネット銀行は便利で利用しやすいですが、一部の企業ではなぜか給与振込の口座としてネット銀行を認めていません。

その理由を知ることは、ネット銀行を利用したいと考えている人にとって重要なポイントとなるでしょう。

まず、一つの理由として、企業自身が給与振込に契約している金融機関にネット銀行が存在しないことが考えられます。

ネット銀行は比較的新しいサービスであり、すべての金融機関が対応しているわけではありません。

そのため、契約銀行内でしか給与振込ができない状況が生じることがあります。

また、ネット銀行を利用する際には、実店舗が存在しないというデメリットもあります。

そのため、一部の企業ではネット銀行を給与振込の対象外としているのかもしれません。

以下の関連ページでは、ネット銀行で給与振込ができない理由の一部ケースや、その際のメリットとデメリットについて解説していきます。

関連ページ:ネット銀行で給与振込できない理由・ケースは?メリットやデメリットは?

社会人 銀行口座 おすすめ

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

橘 龍馬のアバター 橘 龍馬 サイト管理人

投資歴7年、30代3児の父。理学博士。
投資・節約の専門メディア「マネーの研究室」のサイト管理人。
インスタ・Twitterも更新!

【サイト利用時の注意点・免責事項】

 

掲載の情報は、信頼するに足ると信じる情報に基づいて作成したものですが、当サイトのデータの正確性は保証されていませんので、ご注意下さい。

本サイトの情報等を用いて行う行為に関して、その責任は全て利用者自身に帰属します。万一、利用者が何らかの損害を被った場合、その損害に関して当サイト管理者および情報を提供している第三者は一切の責任を負うものではありません。

本サイトは投資家・金融サービス利用者への情報提供を目的としており、証券・FXに関する契約締結の代理、媒介、斡旋、売買推奨、投資勧誘等を行うものではありません。

また、当ブログに記載の仮想通貨は暗号資産のことを指します。

目次