最大「5万円分」プレゼント!

証券口座を放置・解約するデメリットは?解約しないとどうなる?

証券口座 放置 デメリット
証券口座 放置 解約 デメリット
目次

証券口座を放置・解約するデメリットについて

証券口座 放置 解約 デメリット

証券口座を開設したものの、放置してしまっている方も多いのではないでしょうか。

しかし、証券口座を放置することには様々なデメリットが存在します。放置している間に発生する手数料や解約に関する問題がその一つです。

放置することによって、資金が減少していく可能性もあるのです。

また、解約する際には手続きが必要で、その手続きを忘れてしまうと解約ができないというリスクもあります。

このパートでは、証券口座を放置するデメリットについて詳しく解説していきます。

証券口座を放置してしまうことで考えられるデメリットは、以下の4つがあげれます。

証券口座を放置するデメリット
  • 不正ログインされる可能性 
  • 資産管理がしづらい
  • 休眠口座となり指定の手続きをしないと再度利用できない
  • 口座管理に関する情報が古くなる
サイト管理人

以下、各デメリットについて詳しく解説していきます。

証券口座を放置するデメリット①不正ログインがあっても気づけない!

定期的に証券口座のログイン履歴をチェックしない場合、不正ログインに気づかない可能性があります。

ハッカーによる不正ログインによって、自分の資産が勝手に操作されるリスクがあります。

証券口座にアクセスできるのは自分だけであるべきですから、定期的なログイン履歴のチェックは非常に重要です。

また、証券会社で、ログインを通知してくれるメール送付サービスなどがあったら、積極的に活用しましょう。

私も、あまり利用していない証券会社に関しては、このログイン通知機能で、身に覚えのないものがないか確認しています。

サイト管理人

たまに、家計管理アプリなどの同期と間違えますが、対策しておくと安心ですね!

証券口座を放置するデメリット②個人情報が古くなり重要書類が届かない可能性

証券口座の個人情報が古くなると、重要書類が受け取れない可能性があります。

例えば、株主総会の招集通知や重要なお知らせなどが届かないことで、情報の取りこぼしが生じる恐れがあります。

定期的に個人情報の更新や郵便物の届き具合を確認することは重要な対策です。

私の場合、投資を始めてから一度引越しを経験しているので、住所の変更には、かなり気をつかいました。

住所以外にも、家族構成や職業や会社での役職、貯蓄や投資の目的など、変更が必要な部分が出てきた際は、最新の情報に更新しておきましょう。

個人情報で注意すべき点・変更ポイント
  • 住所
  • 家族構成
  • 職業/勤め先
  • 勤め先での役職
  • 貯蓄額/投資の目的など

証券口座を放置するデメリット③休眠口座・休眠預金になり再利用が面倒になる場合も

長期間証券口座を放置してしまうと、休眠口座となる可能性があります。

休眠口座となると、再利用するための手続きや手数料が必要になる場合があります。

証券口座を活用しない場合は、定期的にログインしたり、少額の取引を行うなどして休眠口座化を防ぐことが重要です。

そもそも休眠口座・休眠預金とは?

休眠口座とは、10年以上取引がない預金口座のことです。

2018年1月に全面施行された「休眠預金等活用法」より、休眠預金という名称でも、よく使われるようになりました。

休眠預金等活用法(以下「本制度」と呼びます。)における「休眠預金等」とは、10年以上、入出金等のお取引(「異動」と呼びます。Q6をご覧下さい。)がない預金等をいいます。

2009年1月以降に最後の異動があった預金等が原則として対象になります。

引用元:金融庁-休眠預金等活用法

休眠預金(休眠口座)は、普通預金だけが対象と勘違いされている方も多いですが、定期預金、貯金、定期積立、当座預金、別段預金なども対象になっています。

一方、外資預金、譲渡性預金、財形年金・住宅などは、休眠預金(休眠口座)の対象外。

休眠預金・休眠口座になる条件

休眠預金・休眠口座になるかどうかの条件は、預金口座の残高によって変動します。

預金残高条件
1万円以上金融機関からの郵便や電子メールの通知を受け取れば、
休眠預金にならない。
1万円未満口座を放置すると休眠預金・休眠口座になる。
預金残高別の休眠預金・休眠口座になる条件

預金残高が1万円以上ある方で、該当の銀行から通知などを受け取っていれば、休眠預金になる心配はありませんが、預金残高が1万円未満の方は、注意が必要です。

自分の口座が休眠口座・休眠預金になっているかどうか不安な方は、対象となっていそうな金融機関に確かめて見ると良いでしょう。

金融機関に確認する際には、通帳や証書、口座番号が分かる書類などを用意しておきましょう。

休眠口座・休眠預金になるとお金が引き出せない?手続きが面倒?

実際に、休眠口座になってしまうと、どんな弊害があるのかなぁ。。。

サイト管理人

お金自体は引き出せますが、通常よりも手間がかかります。

休眠口座になった場合でも、普段通り口座から預金を引き出せますが、通帳やキャッシュカード、本人確認の書類などを持っていく手間が増えます。

ただし、金融機関によって、対応が変わってくるので、休眠口座がある方は金融機関に問い合わせましょう。

ちなみに、休眠口座になってしまった場合、預金保険機構に移管され、民間公益活動(子どもたち・生活困難者の支援や地域活性化の支援)のために活用されるようです。

証券口座を放置するデメリット④取引や入金忘れなどで資産管理が面倒になる場合も

証券口座を放置していくと、取引や入金の管理が面倒になる可能性があります。

証券口座を活用しないまま時間が経つと、自分の資産の状況を把握することが難しくなります。

また、証券口座での運用を放置することで、資産が減少していく可能性もあります。

定期的な資産チェックや取引の確認は、証券口座を放置しないためにも大切な要素です。

証券口座を放置・解約するデメリット!手数料は?

証券口座 放置 解約 デメリット
サイト管理人

次に、証券口座を放置する際にデメリットになり得る「手数料」に関してみていきます。

証券口座を放置する際に、手数料に関して気をつけるポイントとしては、以下の3点が挙げられます。

証券口座を放置する際の手数料
  • 口座維持手数料
  • 2年以上の放置で口座管理手数料が取られるケースも
  • 楽天証券やSBI証券は口座維持費はかからないが休眠口座になる場合がある
サイト管理人

以下、各手数料について詳しく解説していきます。

証券口座を放置するデメリット・手数料①:口座管理費・維持費は?

基本的に、証券口座の開設費・口座管理/維持費は、無料です。

そのため、以下のネット証券では、証券口座を放置しておいても、余分な手数料を支払う心配はありません。

口座管理費・維持費が無料な主な証券会社
  • 楽天証券
  • SBI証券
  • マネックス証券
  • 松井証券
  • auカブコム証券
  • GMOクリック証券
  • 大和証券
  • SMBC日興証券
  • 岡三証券
  • みずほ証券
  • 野村證券
  • 東海東京証券
  • 三菱UFJモルガン・スタンレー証券

証券口座を放置するデメリット・手数料②:口座管理手数料が取られる金融機関も!

ただし、金融機関によっては、口座管理手数料が取られることもあるので注意しましょう。

該当するのは、三井住友銀行です。

三井住友銀行や三井住友銀行の新サービス「Olive」を利用していれば問題ないですが、2年以上、未利用になった場合、1,100円(税込)の未利用口座管理手数料が取られます。

ただし、利息の入金や、未利用口座管理手数料の引落しは、入出金としてカウントされません。

三井住友銀行の未利用口座管理手数料が発生する条件

未利用口座管理手数料がかかるのは、2年間、三井住友銀行の口座に入出金がなく、以下のどの条件にも該当しない場合です。

手数料免除の条件
  1. 口座残高が10,000円以上の場合
  2. 口座保有者が18歳未満のお客さまである場合
  3. 同一支店内に、定期預金口座、財形預金口座、外貨預金口座、投資信託保護預り口座、証券仲介口座、公共債保護預り口座等がある場合
  4. 借り入れがある場合
サイト管理人

上記の免除条件に一つでも当てはまれば、入出金がなくても、未利用口座管理手数料を支払わずにすみます。

例えば、2年間、入出金がなくても、口座残高が1万円以上となっていれば、免除条件「1.」を満たすため、未利用口座管理手数料は回避できます。

ちなみに、未利用口座管理手数料は、三井住友銀行の預金残高から自動で引き落とされますが、口座残高が手数料の1,100円(税込)より少ない場合、預金口座の残高没収の上、自動解約される点に、注意しましょう。

未利用口座管理手数料が発生する対象者の方は、手数料引落しの約3ヵ月前に、事前メールが送付されてくるので、その案内後に、入出金などの取引を行えば、この手数料を回避することができます。

証券口座 放置 解約 デメリット
引用元:三井住友銀行-未利用口座管理手数料について
項目内容
手数料1口座につき1,100円(税込)
対象2年間入出金がない口座
*利息の入金、本手数料の引落しは入出金に含まれません。
免除条件以下のどれか一つの条件をクリアすれば、手数料は発生しません。
・口座残高が10,000円以上
・口座保有者が18歳未満の方の場合
・同一支店内に、定期預金口座、財形預金口座、外貨預金口座、
 投資信託保護預り口座、証券仲介口座、公共債保護預り口座等がある場合
・借り入れがある場合
支払い方法未利用期間が2年に到達した後、対象口座から自動で引落し
その他・
注意点
・口座の残高が手数料額に満たない場合、残高を全て引落しのうえ、口座は解約。
・本手数料の対象候補となった場合、引落し約3ヵ月前に、事前にメール通知が来る。
・メール通知後、期日までに新たな取引がない場合、手数料が確定となり、
 口座から手数料が引落される。
未利用口座管理手数料【まとめ】
引用元:三井住友銀行「未利用口座管理手数料」に関して
サイト管理人

私も、三井住友銀行のOliveを調べている際に、この口座管理手数料について知りました。。。

証券口座を放置するデメリット・手数料③:楽天証券やSBI証券は口座維持費はかからないが休眠口座になる場合がある

2大ネット証券としてユーザーが多い楽天証券やSBI証券は、口座管理費・維持費は発生しません。

ただし、平成25年以前に、特定口座みなし廃止制度が適用されている方は、特定口座が一般口座に切り替わっている可能性があるので注意しましょう。

平成25年までの特定口座の制度では、特定口座に上場株式および信用取引の残高がなくなった日以後2年を経過する日の属する年の12月31日までの間に残高が生じなかったときは、その年の翌年の1月1日に特定口座が廃止(みなし廃止)されます。

みなし廃止の対象になられたお客様で、再度、特定口座を開設されたい場合には「特定口座申込書」と「本人確認書類」・「マイナンバー」の提出が必要となります。
特定みなし廃止規定に基づく廃止手続きについて
※平成25年度税制改正により、平成26年以降は特定口座みなし廃止制度は廃止となりました。

引用元:SBI証券-特定口座が一般口座になった理由を教えてください

再度、特定口座を開設したい方は、以下の3つの書類を準備して、再度申し込む必要があります。

特定口座の再申請に必要な書類
  • マイナンバー
  • 本人確認書類
  • 特定口座申込書

また、楽天証券であれば「楽天銀行」、SBI証券であれば「住信SBIネット銀行」のように、各証券口座で、連携先の銀行口座がある場合、その連携口座が休眠口座となる場合がある点に注意しましょう。

証券会社連携銀行連携口座名
SBI証券住信SBIネット銀行SBIハイブリッド預金
楽天証券楽天銀行楽天マネーブリッジ
auカブコム証券auじぶん銀行 auマネーコネクト
各ネット証券の連携銀行および連携口座の名称

10年以上、楽天銀行や住信SBIネット銀行、auじぶん銀行などを放置した場合、「証券口座を放置するデメリット③休眠口座・休眠預金になり再利用が面倒になる場合も(###kyumin-yokin)」で解説した休眠口座の原則により、連携口座のSBIハイブリッド預金や楽天マネーブリッジ、auマネーコネクトなどが休眠預金扱いとなってしまいます。

証券口座を放置するデメリット/解約する時の注意点

証券口座 放置 解約 デメリット

ここまで、証券口座を放置するデメリットについて解説してきましたが、証券口座の解約を行う方は、以下の5点に注意しましょう。

証券口座を解約する時の注意点
  • 保有資産があれば、売却・移管を検討する
  • 手数料や費用がかからないか把握する
    *未決済の取引がある場合は手数料が発生する可能性
  • 損失や利益などを含む課税対象の確認
  • タイミングリスクの考慮
  • 金融機関ごとのルールや手続きの違い
サイト管理人

以下、各注意点について詳しく解説していきます。

証券口座を解約する時の注意点①:保有資産があれば、売却・移管を検討する

証券口座を解約する前に、口座内に保有している資産(株式、債券、投資信託など)について考えることが重要です。以下のステップに従って検討してみましょう。

STEP
資産の評価

まず、口座内の保有資産の現在の価値を確認します。

サイト管理人

各資産の現在の市場価格や評価額を調べましょう。

STEP
売却可能性の検討

保有資産がある場合、それらを解約する際の選択肢を考えます。

保有資産が将来的に価値が上昇する可能性がある場合や、投資戦略に合致する場合は、売却を検討することもあります。

ただし、売却には税金や手数料がかかることに注意が必要。

STEP
税金と手数料の見積もり

売却する際に発生する税金や手数料を見積もります。

キャピタルゲイン税や売買手数料などがかかる場合がありますので、これらの費用を考慮して、売却による収益を見積もりましょう。

STEP
移管の可能性

別の証券口座に資産を移管することも検討できます。

他の金融機関の口座に移管する場合、手続きや必要な書類、費用などを確認しましょう。

STEP
投資目標とリスク許容度の再評価

保有資産を売却する場合、解約後の投資戦略を考える必要があります。

リスク許容度や投資目標を再評価し、新たなプランを練ることが大切です。

証券口座内の保有資産についての検討は、解約の際に大きな影響を与える要素です。

将来的なリターンやリスク、税金や手数料を総合的に考慮し、最適な選択をするために時間をかけることが重要です。

証券口座を解約する時の注意点②:手数料や費用がかからないか把握する

証券口座の管理費・維持費は無料ですが、解約するに際して、以下のような手数料や費用が発生する可能性があるので注意しましょう。

解約手数料

一部の金融機関では、証券口座を解約する際に手数料を請求する場合があります。

解約手数料は金額や条件によって異なります。

事前に金融機関の公式ウェブサイトや契約書類を確認し、どのくらいの手数料がかかるかを調べましょう。

未処理の取引手数料

証券口座内に未処理の取引(未約定の注文など)がある場合、それに関連する手数料がかかることがあります。

これらの手数料も解約に伴って支払う必要がある場合があります。

オープンポジションのコスト

もし口座内に保有している投資がオープンポジション(保有ポジション)である場合、そのポジションを解消するために取引手数料やスプレッド(買値と売値の差)が発生する可能性があります。

移管手数料

もし証券口座内の資産を他の金融機関の口座に移管する場合、移管手数料がかかることがあります。

新たな金融機関への移管手続きに伴う費用を考慮してください。

これらの手数料や費用は、証券口座を解約する際に支払う必要があるものです。

ただし、金融機関や国によって異なるため、具体的な情報は自身の口座を管理している金融機関のルールを確認することが大切です。

解約前に手数料や費用についてしっかりと調査し、予め計画を立てておくことが重要です。

証券口座を解約する時の注意点③:損失や利益などを含む課税対象の確認

証券口座を解約する際には、売却益(利益)や売却損失(損失)が発生する可能性があります。

これらの取引には税金が関わることがあるため、以下のポイントに注意してください。

譲渡益(キャピタルゲイン税)

証券口座内の資産を売却して利益を得る場合、その利益はキャピタルゲインとして課税されることがあります。

利益を確定する前に、その税率や課税条件を確認しておきましょう。

税率については、次のとおりです。

区 分税 率
上場株式等に係る譲渡所得等(譲渡益)20%(所得税15%、住民税5%)
一般株式等に係る譲渡所得等(譲渡益)20%(所得税15%、住民税5%)

(注) 平成25年から令和19年までは、復興特別所得税として各年分の基準所得税額に2.1パーセントを乗じた額を所得税と併せて申告・納付することになります。

引用元:国税庁-No.1463 株式等を譲渡したときの課税(申告分離課税)

売却損失の利用

資産を売却して損失を被る場合、売却損失をキャピタルゲインから差し引くことで税金を節約できることがあります。

ただし、売却損失を利用するためには、その損失を確定申告などで報告する必要。

確定申告の適用

利益や損失が一定の金額を超える場合、あるいはキャピタルゲイン税や売却損失の利用を行う場合、確定申告が必要になることがあります。

税金の計算と支払い

利益が発生した場合、その金額に基づいて税金を計算し、適切な期限までに支払う必要があります。

必要な情報を整理し、計算ツールを利用して適切な税額を把握することが大切です。

証券口座を解約する際には、売却益や売却損失などの課税対象をきちんと理解し、適切に対処することが重要です。

証券口座を解約する時の注意点④:タイミングリスクの考慮

市場の状況や経済状況によっては、特定のタイミングで資産を売却することが不利になる場合があります。

証券口座の解約によって、良いタイミングで売却できない可能性があるため、慎重に検討する必要があります。

タイミングリスクとは、資産を売却する際に市場の状況や経済状況によって、最適なタイミングで売却できない可能性があるリスクです。

証券口座を解約する際には以下のようなタイミングリスクが考えられます。

市場価格の変動

証券市場は常に変動しており、資産の価格は日々変動します。

証券口座を解約するタイミングによって、資産の価値が上がって利益を得られる可能性もありますが、逆に価値が下がって損失を被る可能性もあります。

経済状況の影響

経済や政治の状況が資産価格に影響を与えることがあります。

不安定な経済状況や政治的な出来事が発生すると、市場は揺れ動く可能性があります。

そのような時に資産を売却することで、不利な価格で売却せざるを得ないかもしれません。

業界やセクターの変動

特定の業界やセクターに投資している場合、その業績や需要供給の変化によって価格が影響を受けることがあります。

業界のトレンドやニュースに注意を払い、タイミングを見極める必要があります。

個別の企業要因

株式などの場合、企業の業績やニュースによって価格が大きく変動することがあります。

良い業績を出している企業は価格が上昇する可能性がありますが、逆に悪い業績が出た場合には価格が下落することもあります。

タイミングリスクを最小限にするためには、市場のトレンドや経済の動向を注意深く観察し、投資家情報や専門家の意見を参考にすることが重要です。

証券口座を解約する際には、タイミングリスクを踏まえて慎重に判断し、最適な決定をするよう心掛けましょう。

証券口座を解約する時の注意点⑤:金融機関ごとのルールや手続きの違い

証券口座の解約手続きは金融機関ごとに異なる場合があります。

解約手続きや必要な書類、期間などを理解し、スムーズに解約するためには事前に確認することが重要です。

証券口座を解約するデメリットは?放置でどうなる?対処方法は?

証券口座 放置 解約 デメリット


証券口座を放置してしまった場合でも、以下のような対処方法を行いましょう。

証券口座を放置してしまわないようにする対処法
  • 定期的にログインする
  • 更新のお知らせには注意する
  • 証券口座の解約手続きを忘れない

以下、各対象方法について一つずつ解説していきます。

証券口座を放置しないようにする対処方法①:定期的にログインする

証券口座に定期的にログインし、資産の状況や取引の記録を確認しましょう。

ログインするだけでも不正ログインのリスクを抑えることができます。

証券口座を放置しないようにする対処方法②:更新のお知らせに注意する

証券口座からの更新のお知らせが届いたら、早めに対応しましょう。個人情報の更新や重要な書類の受け取りを怠らないようにしましょう。

証券口座を放置しないようにする対処方法③:証券口座の解約手続きを忘れない

証券口座を解約する場合には手続きが必要です。解約を忘れてしまうと、手数料の発生や休眠口座化のリスクが生じます。

証券口座を使わなくなった場合は、早めに解約手続きを行いましょう。

証券口座を放置することには様々なデメリットがあります。

放置している間に発生する手数料や不正ログインのリスク、個人情報の古化など、注意すべきポイントが多いです。

証券口座を活用する際には、定期的なチェックや更新、解約手続きを怠らないようにしましょう。

証券口座を放置せず、適切に管理することで、自分の資産を守ることができます。

証券口座を放置・解約するデメリット【まとめ】どうなる?

今回の記事では、証券口座を放置することによるデメリットについてご紹介しました。

結論として、証券口座を放置すると様々な問題が発生する可能性があるため、注意が必要です。

まず、証券口座を放置することによる最大のデメリットは、手数料の負担です。

証券会社では、口座の残高や取引の頻度に応じて手数料が発生します。証券口座を放置している場合、取引が行われないために余分な手数料がかかる可能性があります。

このため、定期的に証券口座の状況を確認し、必要な取引を行うことが重要です。 また、証券口座を放置していると、解約する際にも注意が必要です。

証券口座を解約する場合、手続きや手数料が発生することがあります。

また、一部の証券口座では、解約手続きが煩雑な場合もあります。証券口座を放置する前に、解約についての条件や手続きについて確認し、必要な場合は早めに解約することを検討しましょう。

証券口座を放置するデメリットに対する対処方法としては、定期的な口座の確認や取引の実施が挙げられます。

口座の状況や手数料の発生状況を把握し、必要な取引を行うことで、無駄な手数料を防ぐことができます。

また、証券口座を解約する場合は、解約手続きや手数料について事前に確認し、スムーズに解約するようにしましょう。

証券口座を放置することによるデメリットは避けることが重要です。

定期的な確認や取引の実施、解約についての適切な対応を行うことで、証券口座を有効に活用し、自身の資産を守ることができます。

日々の金融管理において、証券口座の状況を見逃さずに、適切な対策を行ってください。

関連ページ:SBI新生銀行と住信SBIネット銀行の違いは?どっち?SBI証券NISA(つみたて)なら?

証券口座を放置・解約するデメリット「よくある質問」

楽天証券と楽天銀行を同時開設するデメリットは?

楽天証券と楽天銀行を同時に開設することで、投資と資金管理を一括して行うことができる便利さがありますが、同時開設にはいくつかのデメリットが存在します。

以下の関連ページでは、楽天証券と楽天銀行を同時に開設する際のデメリットを5つピックアップし、詳しく解説していきます。

同時開設の順番や手続きの流れについても触れながら、注意すべきポイントをまとめてご紹介します。

楽天証券と楽天銀行を同時に開設する際に気を付けたい方は、ぜひ本記事を参考にしてください。

注意点やデメリットを把握し、よりスムーズな手続きを行いましょう。

関連ページ:楽天証券と楽天銀行を同時開設するデメリット【5選】注意点や順番・流れは?

楽天証券口座作るだけは?

安全で使いやすいオンライン証券口座が、ますます人気を集めています。

その中でも「楽天証券口座」は多くの人々に愛されており、そのメリットが注目されています。

しかし、一方で口座開設に際して気になるデメリットや手数料なども気になるところです。

関連ページでは、楽天証券口座を作るだけのメリットやデメリット、そしてマネーブリッジなどの特典について詳しく解説します。

口座開設にかかる費用や手続き、そしてその後の使い勝手についてもわかりやすくまとめています。

楽天証券口座の利用を検討している方や、まだ詳細を知りたい方にとって、必見の記事です。

関連ページ:【楽天証券口座作るだけ】デメリットや手数料は?マネーブリッジなどメリットは?

マネーブリッジのデメリットは?

楽天証券のマネーブリッジは、リスク分散や資産形成を目指す投資家にとって、魅力的なオプションとして注目されています。

しかし、一部の人々は、マネーブリッジにはデメリットや登録手続きのリスクがあるのではないかと懸念しているかもしれません。

そこで、下記の関連ページでは、マネーブリッジのデメリットや登録手続きのリスクについて詳しく取り上げます。

さらに、つみたてNISAとは何なのか、どのように活用できるのかについても解説します。

楽天証券でマネーブリッジを利用する際のポイントや注意点についてもお伝えいたしますので、ぜひ参考にしていただければ幸いです。

関連ページ:【楽天証券】マネーブリッジのデメリットは?登録だけは怖い?つみたてNISAは?

楽天銀行のメリット・デメリットは?

ネットバンキングの人気が高まる中、楽天銀行は多くの人々に利用されているインターネット銀行の一つです。

楽天グループの品質と信頼性を背景に、顧客に利便性と安心感を提供していますが、ネット上での取引に対する不安やメリットやデメリットについての疑問もあるかもしれません。

関連ページでは、楽天銀行のメリットとデメリットについて幅広く評価していきます。

また、楽天銀行を利用された方々の評判や口コミも併せてご紹介します。

楽天銀行に興味のある方や、ネットバンキングを検討している方にとって、参考になる内容をお届けできるよう心掛けました。

関連ページ:楽天銀行の評判は?メリットやデメリット、口コミを11年の体験で評価!

複数の証券会社で同じ銘柄を買うメリットは?

証券会社で投資を行う際、同じ銘柄を複数の証券会社で取引することはよくあることです。

しかし、このような取引方法には何らかのメリットがあるのでしょうか?

また、一方でデメリットも存在するのでしょうか?

関連ページでは、複数の証券会社で同じ銘柄を取引することの利点や注意点について考察します。

さらに、投資信託や優待・配当など、投資家にとって重要な要素についても探求していきます。

自身の投資スタイルや目的に合った取引方法を見つけるために、この記事を参考にしてみてください。

関連ページ:複数の証券会社で同じ銘柄のメリットは?投資信託や優待・配当、デメリットは?

証券口座 放置 デメリット

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

橘 龍馬のアバター 橘 龍馬 サイト管理人

投資歴7年、30代3児の父。理学博士。
投資・節約の専門メディア「マネーの研究室」のサイト管理人。
インスタ・Twitterも更新!

【サイト利用時の注意点・免責事項】

 

掲載の情報は、信頼するに足ると信じる情報に基づいて作成したものですが、当サイトのデータの正確性は保証されていませんので、ご注意下さい。

本サイトの情報等を用いて行う行為に関して、その責任は全て利用者自身に帰属します。万一、利用者が何らかの損害を被った場合、その損害に関して当サイト管理者および情報を提供している第三者は一切の責任を負うものではありません。

本サイトは投資家・金融サービス利用者への情報提供を目的としており、証券・FXに関する契約締結の代理、媒介、斡旋、売買推奨、投資勧誘等を行うものではありません。

また、当ブログに記載の仮想通貨は暗号資産のことを指します。

目次