最大「5万円分」プレゼント!

証券会社と銀行の違いは?安心なのは?投資商品や直接金融と間接金融の違い、使い分けは?

証券会社 銀行 違い
目次

証券会社と銀行の違いは?直接金融と間接金融

証券会社 銀行 違い

証券会社と銀行、これらは私たちの経済活動に不可欠な金融機関です。

しかし、それぞれが担う役割には大きな違いがあります。

証券会社は直接金融の場として企業や政府の資金調達をサポートする一方で、銀行は間接金融の中核として個人や企業の貯蓄を元手に融資を行っています。

これらの機能によって、資金の流れがスムーズになり、経済が健全に機能していくのです。

直接金融とは?証券会社は直接金融

直接金融とは、資金を必要とする個人または組織が、証券市場を介して直接に資金提供者から資金を調達する仕組みです。

証券会社はここで中心的な役割を果たし、株式や債券などの証券を通じて、投資家と資金需要者を結びつけます。

投資家は購入した証券を通じて、企業や政府の事業に対する出資者となり、利益の一部を期待できると同時に、投資リスクを負うことになります。

この過程において、証券会社は発行支援、取引執行、投資アドバイスなど多岐に渡るサービスを提供し、健全な証券市場の構築に貢献しています。

間接金融とは?銀行は間接金融

間接金融は、資金を必要とする個人や企業が直接市場からではなく、金融機関を介して資金を調達する仕組みのことです。

銀行はこの間接金融の代表的な役割を持ち、貯金や預金を受け入れてそのお金を他の個人や企業に貸し出します。

貸出を通じて資金需要者は必要な資金を得ることができる一方で、銀行は貸出による利息収入を得ます。

また、預金者には利息が支払われるため、安全にお金を預けることができます。

銀行はお金の流れを制御し、経済の安定を支える中核的な存在であると言えるでしょう。

証券会社は直接金融・銀行間接金融【まとめ】証券会社は幅広い投資商品を扱う/銀行は生活に密接した金融機関

まとめると、証券会社は市場を通じた直接金融を行い、様々な投資商品を提供しています。

投資家は証券会社を利用することで、企業や政府の資金調達に参加し、利益を得るチャンスを持つことができます。

一方銀行は間接金融の担い手として、預貯金や融資を通じて個人や企業の資金ニーズに応え、経済活動を支えています。

投資にはリスクが伴いますが、銀行の預金は保証制度もあるため安全性が高いとされています。

証券会社と銀行、それぞれの特色を理解し、金融ニーズに応じた利用が重要です。

証券会社と銀行の違いは?安心なのはどっち?

証券会社 銀行 違い

証券会社と銀行、どちらもお金を扱う機関ではありますが、その役割や保護のしくみには大きな違いがあります。

投資と貯蓄という異なるニーズを満たすためにどちらを利用するかは、その人のライフスタイルや目的によって変わるでしょう。

一般に安全性に注目した場合、それぞれの機関が備える保護の仕組みを理解しておくと、安心感が増します。

証券会社は投資家のお金・資産を分けて管理する「分別管理」がある!

証券会社には「分別管理」というシステムがあり、これは投資家の資産を会社の資産とは別に保管するしくみです。

例えば、株式投資をする際、投資家から預かったお金や株券は会社の資産としてではなく、投資家ごとに分けて管理されます。

これにより、万が一証券会社に経営破綻などの問題が生じたとしても、投資家の資産は保護されることが一つの大きなメリットです。

証券会社とは違い、銀行では顧客の預金を使って融資活動などを行っており、その資金運用による利益で運営されています。

万が一証券会社お金を返せない場合でも日本投資者保護基金ほほが1,000万円まで補償

日本で証券口座を持つ投資家には、日本投資者保護基金の制度が存在します。

これは万が一証券会社が破綻した場合に、投資家の持つ株や投資信託などの金融商品を、最大1,000万円まで補償するものです。

これによって、大きな安心を得ることができます。

ただし、この保護は投資のリスク、つまり株価の変動リスク等から守るものではなく、証券会社自体の信用リスクから守るためのものですので、投資そのものの安全性を保証するものではありません。

銀行は預金保険制度で安心

銀行の大きな安全な特徴は預金保険制度にあります。

これは銀行が倒産した場合に、顧客の預金を最大1,000万円まで保護する国の制度です。

このおかげで、銀行にお金を預けることが非常に安全であると言えます。

ただし、この制度はあくまで円預金についての保護であり、株式や外貨預金、投資信託などの金融商品については対象外です。

投資目的で銀行を利用する場合は、その点を十分に理解する必要があります。

生活に密着しているのは証券会社よりも銀行!

日々の生活において頻繁に利用するのは銀行です。

給与の振込み、公共料金の支払い、ローンの返済など、私たちの日常生活は銀行との密接な関係にあります。

対して証券会社は、資産の運用という目的で利用されることが多く、日常的に接する機会は銀行と比べると少ないでしょう。

それぞれの特性を理解し、自分の資産を効果的に運用するためのパートナーとして、銀行と証券会社を使い分けることが大切です。

証券会社と銀行の違い/投資商品を比較

証券会社 銀行 違い

証券会社と銀行は金融機関として共通する点も多い一方で、提供するサービスと金融商品には明確な違いが存在します。

証券会社は株式や債券、投資信託といった投資関連の商品を扱い、利益を求める投資活動を主要な業務としています。

一方で、銀行は預金の受け入れと融資が主な業務で、この二つの業務を通じて社会の資金循環に貢献しています。

投資について考える際は、これらの金融機関の特色を理解し、自身のニーズに合致したサービス選びが重要となります。

証券口座では株式や投資信託、債券など幅広い金融商品に投資が可能!

証券口座を開設することで、個人投資家は株式や投資信託、債券といった多岐にわたる金融商品への投資が可能になります。

株式投資では個別の会社の成長に賭け、価値上昇を狙います。

投資信託は複数の資産をプロが運用することによってリスク分散を図ることができる一方、手数料がかかる場合があります。

債券は一定期間後に元本と利息を受け取る商品であり、比較的低リスクとされています。

さまざまなリスク耐性や投資目的に応じて、証券会社は投資家がポートフォリオを構築するための手助けをしてくれます。

銀行の金融商品は普通預金・定期預金・投資信託などに限られる!

銀行の提供する金融商品は普通預金、定期預金、そして一部の銀行が提供する投資信託に限定されることが多いです。

普通預金は日常的な財務活動に利用され、いつでも預け入れや引き出しが可能です。

一方、定期預金はある一定期間、預金を固定することで、普通預金よりも高い金利を得ることができる商品です。

銀行が扱う投資信託は種類が限定されている場合が多く、証券会社のような豊富な選択肢は期待できません。

しかし、安全性を重視する利用者にとっては、比較的リスクが低く、保守的な投資を希望する場合に銀行の金融商品は適していると言えるでしょう。

銀行ではローンや保険など幅広いニーズに対応

銀行は証券会社と異なり、ローンや各種保険といった多様な金融ニーズに応えるサービスを展開しています。

例えば住宅ローン、教育ローン、自動車ローンなど、生活のさまざまなシーンで資金援助の手段を提供します。

また、保険商品の中には定期預金に保険機能が付加されたものもあり、貯蓄と保障を同時に考えることが可能です。

これらは証券会社が特化している投資面からは提供できない、銀行ならではのサービスであり、顧客のライフステージに応じた総合的なサポートを可能にしています。

証券会社と銀行の違い・使い分けは?

証券会社 銀行 違い

証券会社と銀行は金融機関の中でも主要な存在ですが、提供するサービスの内容は異なります。

証券会社は株式や債券の売買を通じて投資をサポートし、資産増加を目指します。

一方、銀行は預金サービスや振込み、ローンといった日々の金融取引を担い、資金の安全性を重視します。

自身のライフスタイルや資産運用の目的に応じてこれらを使い分けることが賢明です。

投資や資産運用でお金を増やすことが主目的なら証券会社

多くの人が資産を増やしたいと考える際、株式や投資信託などの金融商品は魅力的な選択肢です。

そのための適切な場として、証券会社の利用が挙げられます。

証券会社は金融商品の幅広いラインナップを提供し、投資戦略に基づいた購入や売却を支援します。

また、リアルタイムな市況情報の提供や専門家によるアドバイスも得られるため、投資経験が少ない方でも安心して利用できます。

投資の知識を深め、収益を目指す動きを考える場合に証券会社は欠かせない存在でしょう。

生活費や貯蓄用など目的別にお金を管理・預け入れするなら銀行

日常生活での取引には銀行が中心となります。

給料の受け取り、公共料金の支払い、緊急時の資金確保など生活を支えるさまざまな場面において、銀行口座の存在は不可欠です。

また、目的別に資金を管理したい際にも、定期預金や積立預金など種々の預金プランが銀行には用意されており、リスクを抑えた安全性の高い資産形成が可能です。

予測可能な将来への備えや計画的な貯蓄を実行するにあたり、銀行の利用が適しています。

証券会社でお金を預けたいならMRFを使う手も

もし証券会社にて現金を管理したい場合、マネー・リザーブ・ファンド(MRF)が有効な手段です。

MRFは元本が保証されており、さらに普通預金以上の金利を期待できる場合が多いです。

証券口座内で余剰資金を効率的に運用しながら、いつでも株式など他の投資先に振り向けられる柔軟性を持っています。

投資と資金管理の双方を同時にこなしたい際に、証券会社を通じたMRFの活用が推奨されます。

一般的にリスクをともなう資産は証券会社!無リスク資産は銀行を利用するのがおすすめ!

資産運用において、リスク許容度は非常に重要な要素です。

高いリターンを望み、それに見合ったリスクを受け入れることができるのであれば証券会社を通じた投資が適しています。

一方で、確実に資産を守りつつ着実な成長を求めるのであれば、銀行が提供する定期預金や国債が無リスクで理想的です。

生活資金や退職後の資産など、失うわけにはいかない大切な資金は銀行で管理し、リスクを取りつつ資産増加を目指す資金は証券会社に委ねるのが一般的な選択といえるでしょう。

証券会社と銀行の違い【まとめ】投資商品の違いや使い分けは?

今回の記事では、証券会社と銀行の違いについて解説しました。

証券会社は直接金融を行い、投資商品の取扱いが特徴です。

一方、銀行は間接金融を行い、生活に関連するサービスを提供しています。

どちらの選択が安心なのかについては、個人のニーズや目的によって異なります。

証券会社は多種多様な投資商品を取り扱っており、資産運用や株式投資などに特化しています。

一方、銀行は預金や送金など生活に根ざしたサービスを提供しています。

銀行口座では株式投資はできませんが、証券会社を介して投資商品を取得することができます。

投資商品の選択や取引手数料など、証券会社と銀行の使い分けについても重要なポイントです。

証券会社は投資商品の仲介を行うため、取引手数料が発生する場合があります。

一方、銀行は代理店としての役割を果たし、投資商品の販売手数料が高くなることもあります。

最後に、積立NISAのおすすめ証券会社についても触れました。

SBI証券、楽天証券、松井証券、マネックス証券、auカブコム証券が候補として挙げられましたが、各証券会社の公式ホームページで最新の情報を確認することをおすすめします。

証券会社と銀行の違いや使い分けについて理解することで、自身の目的やニーズに合った選択ができるでしょう。

投資や資産運用に取り組む際は、適切な情報収集や相談を行い、慎重な判断をすることをお勧めします。

関連ページ:SBI新生銀行と住信SBIネット銀行の違いは?どっち?SBI証券NISA(つみたて)なら?

証券会社と銀行の違い「よくある質問」

積立・NISAはどこでも一緒?

積立・NISA(少額投資非課税制度)の人気が高まる中、多くの人々が積立・NISAを始める際に重要な問題となるのが、どの証券会社を選ぶかです。

しかし、日本では積立・NISAを取り扱う証券会社が数多く存在し、その取り扱い本数は各社で異なることが分かっています。

以下の関連ページでは、積立・NISAにおける取り扱い本数の違いや手数料の銀行、証券会社の選び方について詳しく解説します。

また、おすすめの証券会社についてもご紹介いたします。

積立・NISAを始める前に、適切な証券会社の選び方について知識を深めましょう。

関連ページ:積立・NISAはどこでも一緒?取り扱い本数が違う?手数料や選び方、おすすめ証券会社は?

投資信託の手数料を比較!銀行は?

投資をする際には、手数料が重要な要素となります。

特に投資信託では、手数料の差がパフォーマンスに大きく影響を及ぼすことがあります。

そこで、銀行と証券会社の手数料を比較してみましょう。

銀行では一般的に手数料がかかり、さらに信託報酬のレートが高く設定されていることもあります。

一方、証券会社では手数料が無料の場合が多く、手数料の安い投信も多く取り扱われています。

以下の関連ページでは、投資信託の手数料や銀行と証券会社の取り扱い商品の特徴などを詳しく解説し、銀行での投資信託購入に関するリスクや証券会社のメリットについて考察します。

関連ページ:投資信託の手数料を比較!銀行で買わない方がいい?証券会社がおすすめ?

証券口座にお金入れっぱなしで大丈夫?

証券口座にお金を入れっぱなしにすることに対して、心配なのは証券会社が破綻した場合のリスクです。

しかし、日本の証券口座は「信託財産」として法的に保護されています。

つまり、証券会社が破綻した場合でも、お金は別途管理されており、全額返金される仕組みとなっています。

そのため、安心して証券口座にお金を預けることができます。

では、証券口座にお金を入れっぱなしにすることによるデメリットはあるのでしょうか?

実際には、証券会社によっては特定の金額以上の預金を要求されたり、手数料を請求されることもあります。

この関連ページでは、証券口座にお金を預ける際のリスクやデメリットについて詳しく解説します。

関連ページ:証券口座にお金を入れっぱなしで大丈夫?手数料や破綻した場合は?

信託銀行と証券会社の違いは?

資産運用を考える際には、信託銀行と証券会社の違いを理解することが重要です。

一般的に、信託銀行はクライアントの資産を運用する際に法的な枠組みを提供し、適切なリスク管理を行います。

一方、証券会社は市場での投資商品の売買や情報提供を行います。

この関連ページでは、信託銀行と証券会社の定義や役割について詳しく解説し、両者の違いやそれぞれのメリット・デメリット、選び方や注意点についても解説します。

信託銀行と証券会社の違いを把握することで、資産運用の方針を明確にする手助けとなるでしょう。

関連ページ:信託銀行と証券会社の違いは?メリットやデメリット、選び方や注意点は?

証券会社 銀行 違い

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

橘 龍馬のアバター 橘 龍馬 サイト管理人

投資歴7年、30代3児の父。理学博士。
投資・節約の専門メディア「マネーの研究室」のサイト管理人。
インスタ・Twitterも更新!

【サイト利用時の注意点・免責事項】

 

掲載の情報は、信頼するに足ると信じる情報に基づいて作成したものですが、当サイトのデータの正確性は保証されていませんので、ご注意下さい。

本サイトの情報等を用いて行う行為に関して、その責任は全て利用者自身に帰属します。万一、利用者が何らかの損害を被った場合、その損害に関して当サイト管理者および情報を提供している第三者は一切の責任を負うものではありません。

本サイトは投資家・金融サービス利用者への情報提供を目的としており、証券・FXに関する契約締結の代理、媒介、斡旋、売買推奨、投資勧誘等を行うものではありません。

また、当ブログに記載の仮想通貨は暗号資産のことを指します。

目次