最大「5万円分」プレゼント!

投資信託の手数料を比較!銀行で買わない方がいい?証券会社がおすすめ?

投資信託 手数料 比較 銀行
目次

投資信託の手数料を比較!銀行で買わない方がいいと言われる理由は?

投資信託 手数料 比較 銀行

投資信託を売買する際の手数料は、銀行と証券会社で異なると言われています。

本パートでは、投資信託の手数料について比較検討し、銀行での購入を避ける理由を探りたいと思います。

銀行で投資信託を購入する場合、手数料の高さが懸念材料とされていますが、どのような要因がそれを引き起こしているのでしょうか。

また、証券会社がなぜ投資信託の購入においておすすめされるのかも考察していきたいと思います。

投資家としては、適切な手数料で購入できる方法を選択することが重要です。

本記事を通じて、そのポイントについて詳しく考えていきましょう。

銀行で買わない方がいいと言われる理由①:勧められる投資信託は手数料が高い場合も!

銀行で投資信託を購入すると、証券会社とは異なる手数料体系が採用されていることがあります。

銀行の場合、一般的には購入時手数料がかかりますが、証券会社ではこの手数料が無料の場合が多いのです。

また、銀行では信託報酬のレートが高く設定されているケースも見受けられます。

そのため、同じ投資対象の商品を銀行で購入すると、手数料が高いことになり、投資成果に悪影響を及ぼす可能性があります。

銀行で買わない方がいいと言われる理由②:銀行よりも証券会社の方が手数料の安い投信が多い!

銀行と証券会社を比較すると、証券会社の方が手数料が安い投資信託が多い傾向があります。

証券会社は投資信託の専門知識を持ったスタッフや専用のシステムを有しており、効率的な運営が可能です。

そのため、証券会社は低コストな運用が可能であり、その分、手数料を抑えた投資信託を提供することができるのです。

銀行で購入すると、同じ商品であっても証券会社に比べて手数料が高くなってしまう可能性があります。

銀行で買わない方がいいと言われる理由③:銀行よりも証券会社の方が低コストファンドの品揃えが豊富!

証券会社は、多くの投資信託を取り扱っています。

そのため、投資家は幅広い品揃えから選ぶことができます。

一方、銀行では一部の特定商品を中心に取り扱っていることが多く、選択肢が限られている場合があります。

証券会社の品揃えの豊富さにより、投資家は低コストファンドを選ぶことができます。

銀行で購入する場合、低コストファンドの選択肢が限られているため、投資成果が振るわない可能性があります。

以上の理由から、銀行よりも証券会社で投資信託を購入する方が良いと言われています。

手数料の高さや選択肢の少なさは、投資成果に直結する重要な要素です。

投資家としては、手数料が適切であり、銘柄選びにおいても自分のニーズに合った商品を選択することが大切です。

個々の投資目標やリスク許容度に応じて、最適な投資先を選ぶことをおすすめします。

投資信託の手数料を比較!銀行では買えない低コストインデックスファンド【3選】

投資信託 手数料 比較 銀行

投資信託を選ぶ際には、手数料が非常に重要な要素となります。

特に銀行で投資信託を購入する場合、手数料の高さが課題となることがあります。

しかし、証券会社では銀行よりも低コストの投資信託やインデックスファンドが提供されています。

本記事では、投資信託の手数料を比較し、銀行で購入するよりも証券会社がおすすめな理由について解説します。

さらに、低コストなインデックスファンドの特徴や選び方についても詳しくご紹介します。

投資信託を購入する際には、手数料をしっかりと比較して選ぶことが重要です。

銀行では買えない低コスト投信①:超低コストで世界中の株式市場に分散投資できる「eMAXIS Slim 全世界株式(オール・カントリー)」

まず、銀行では購入できない低コストな投資信託の1つとして、「eMAXIS Slim 全世界株式(オール・カントリー)」があります。

このファンドは、世界中の株式市場に広く分散投資することができます。

この投資信託は超低コストで運用されており、手数料が非常に安いことが特徴です。

そのため、長期的な利益を追求する個人投資家にとって魅力的な選択肢となります。

銀行では買えない低コスト投信②:超低コストで世界経済を牽引する米国市場に分散投資できる「eMAXIS Slim米国株式(S&P500)」

次に、超低コストな投資信託の中でも、世界経済を牽引する米国市場に分散投資することができる「eMAXIS Slim米国株式(S&P500)」を紹介します。

このファンドは、米国株式市場の指数であるS&P500に連動するように運用されています。

この投資信託も非常に低コストで運用されており、手数料が銀行よりも格段に安いことが特徴です。

米国市場の成長に期待する個人投資家にとって、銀行の手数料よりも低コストな選択肢となります。

銀行では買えない低コスト投信③:日本の株式市場に手数料を抑えて分散投資するなら「eMAXIS Slim 国内株式(TOPIX)」

最後に紹介するのは、日本の株式市場に手数料を抑えて分散投資することができる「eMAXIS Slim 国内株式(TOPIX)」です。

このファンドは、TOPIX指数に連動するように運用されています。

この投資信託も他のeMAXIS Slimシリーズと同様に、非常に低コストで運用されています。

日本の株式市場に投資をする個人投資家にとっては、銀行よりも手数料が抑えられているため、魅力的な選択肢となります。

投資信託の手数料は、投資家にとって重要な要素となります。

銀行で投資信託を購入する場合には、手数料の高さが課題となることがあります。

しかし、証券会社では銀行よりも低コストで運用される投資信託やインデックスファンドが提供されています。

本パートでは、超低コストな3つのインデックスファンドを紹介し、銀行よりも証券会社がおすすめな理由について解説しました。

投資信託を選ぶ際には、手数料を比較して選ぶことが重要です。

おすすめの投資信託を選ぶ際には、証券会社の提供する低コストな投資信託を検討してみてください。

きっと長期的な資産形成や資産運用に役立つことでしょう。

投資信託の手数料を比較!銀行より証券会社?

投資信託 手数料 比較 銀行

投資信託を購入する際には、その手数料が重要なポイントとなります。

一般的には銀行での投資信託の購入が一般的ではありますが、実は証券会社での購入の方がおすすめです。

なぜなら、証券会社は銀行よりも取扱銘柄が豊富であり、より運用成果の良いものや低コストの投資信託を見つけることができるからです。

さらに、証券会社は外貨建て商品のラインアップが豊富であったり、投資信託の品揃えが充実していたりと、さまざまな選択肢を提供しています。

本パートでは、投資信託の手数料を比較し、銀行と証券会社の取り扱い商品の特徴や、どちらが投資に適しているのかについて解説していきます。

銀行より証券会社が良い理由①:手数料の安いインデックスファンドの品揃えが豊富!

一般的な銀行での投資信託の購入では、高い手数料が課されることが多いです。

一方、証券会社では、取り扱っている投資信託の中には手数料が非常に安いインデックスファンドが豊富にあります。

インデックスファンドは、特定の市場指数を再現する運用方法であり、手数料の削減や長期的な運用成果への期待が高まっています。

証券会社の取り扱っているインデックスファンドの中には、手数料が0.1%以下と非常に低いものもあります。

低い手数料のインデックスファンドを選ぶことで、長期的な運用成果をより享受することができます。

銀行より証券会社が良い理由②:銀行員の勧誘を気にせず自分で手数料の安い投資信託を選べる!

銀行で投資信託を購入する際には、銀行員からの勧誘やアドバイスを受けることが一般的です。

しかし、銀行は自社の商品を優先して勧める傾向にあります。

一方、証券会社では、自分自身で選んだ投資信託に投資することができます。

証券会社は中立的な立場であり、個々の投資家のニーズに合わせた投資信託を提案することが可能です。

自分の投資目標やリスク許容度に合った投資信託を選ぶことで、より効果的な資産運用が可能となります。

銀行より証券会社が良い理由③: クレジットカード積立などお得なポイント還元を受けながら投資信託の運用が行える!

証券会社では、クレジットカードを利用した投資信託の積立が可能です。

クレジットカード積立を行うことで、通常のクレジットカード利用によるポイント還元だけでなく、投資信託への投資額に応じた特典を受けることもできます。

例えば、クレジットカード会社や証券会社と提携している場合、投資信託の積立額に応じたポイント還元やマイル付与などの特典を受けることができます。

これにより、資産形成と同時にお得なポイントを貯めることができます。

証券会社での投資信託の購入を考える際には、手数料の比較や取り扱い商品の充実度、クレジットカード積立などのメリットも考慮してみましょう。

資産運用の方法や目標に合わせて、最適な投資先を選ぶことが重要です。

銀行だけでなく、証券会社も視野に入れて検討してみると、より効果的な資産運用が可能となるでしょう。

是非、自分に合った投資信託を選んで資産形成に取り組んでみてください。

投資信託の手数料を比較!銀行以外のおすすめは?

投資信託 手数料 比較 銀行

投資信託を購入する際には、手数料がかかることがあります。

特に銀行で投資信託を購入する場合、手数料が高いことが多いため、他の選択肢を検討することが重要です。

本パートでは、銀行と証券会社の手数料を比較し、銀行以外でおすすめの証券会社を紹介いたします。

銀行での投資信託の手数料は主に2つあります。まず、購入時手数料が挙げられます。

これは、投資信託を購入する際に支払う手数料で、一定の金額が投資額から引かれる形で発生します。

また、信託報酬も手数料の一つで、運用会社に支払う管理料です。

これは、運用額に応じた一定の割合が毎年引かれます。

一方、証券会社では銀行と比較して手数料が安いことが特徴です。

証券会社での投資信託の手数料は、購入時手数料がほとんどかかりません。

また、信託報酬についても、銀行よりも低い水準で設定されていることが多いです。

銀行以外でおすすめの証券会社①:手数料が安い投資信託の品揃えが豊富でクレカ積立もできる「SBI証券」

銀行以外でおすすめの証券会社として、まずはSBI証券をご紹介いたします。

SBI証券は手数料が安く、投資信託の品揃えが豊富なことが特徴です。

さらに、クレジットカードでの積立投資も可能で、ポイントをためることができます。

銀行以外でおすすめの証券会社②:楽天ユーザーの方なら楽天ポイントで手数料を実質的に下げられる「楽天証券」もおすすめ!

次に、楽天証券もおすすめです。楽天ユーザーの方なら、楽天ポイントで手数料を実質的に下げることができます。

楽天証券は手数料が低く、利用しやすいインターフェースも魅力です。

銀行以外でおすすめの証券会社③:au経済圏の方ならPontaポイントで実質コストを下げられことが可能な「auカブコム証券」もあり!

また、au経済圏の方ならauカブコム証券もおすすめです。auカブコム証券では、Pontaポイントを利用して実質的なコストを下げることが可能です。

手数料が低いだけでなく、ポイントを有効活用することができるので、経済的にも優れた選択肢となります。

銀行に比べて手数料が安く、資産運用においてメリットがある証券会社が存在します。

ぜひ、銀行以外の選択肢も検討してみてください。

手数料負担を抑えることで、長期的な運用成果を最大化することができます。

投資信託の選び方において、手数料の面も重要なポイントとなりますので、ぜひ参考にしていただきたい内容です。

投資信託の手数料を比較【まとめ】銀行より証券会社がおすすめ!

投資信託の手数料を比較すると、銀行で購入するよりも証券会社がおすすめされる理由があります。

まず、銀行で投資信託を購入する場合、手数料が高くなる傾向があります。

一方、証券会社では手数料が抑えられていることが多く、低コストで投資ができるメリットがあります。

また、銀行よりも証券会社では取扱銘柄が豊富なため、より運用成果の良いものや低コストの投資信託が見つかる可能性があります。

特にネット証券は品ぞろえが充実しており、手数料も抑えて投資ができる点が魅力です。

さらに、証券会社では金融商品の選択肢が多く、外貨建て商品のラインアップも豊富です。

投資信託の品ぞろえも充実しており、自分の投資スタイルやリスク許容度に合わせた商品を選ぶことができます。

しかし、銀行で投資信託を購入する場合も一概には否定できません。

一部の銀行では信頼性の高い投資信託を提供しており、アドバイザーのサポートも受けることができます。

また、銀行との取引が既にある場合は手続きが簡単であるなどのメリットもあります。

最終的な判断は個々の投資家のニーズや状況によって異なるため、自身の目的やリスク許容度に合わせて選択することが重要です。

投資信託を購入する際には、実績やコスト、取り扱い商品の特徴などを比較し、自分に最適な投資先を選ぶことが大切です。

銀行でおすすめされた投資信託を購入する場合も、自身で情報を収集し検討することが重要です。

投資はリスクを伴うため、自分自身の判断で行動することが大切です。

最終的な投資判断には慎重に考え、専門家の意見やアドバイスも参考にすることをおすすめします。

関連ページ:SBI新生銀行と住信SBIネット銀行の違いは?どっち?SBI証券NISA(つみたて)なら?

投資信託の手数料を比較「よくある質問」

積立・NISAは銀行と証券会社どっち?

新NISA制度を利用した積立投資は、銀行と証券会社のどちらがより効果的なのでしょうか?

この関連ページでは、その違いやデメリットを比較しながら、おすすめの選択肢をご紹介します。

銀行は投資信託の取り扱い数が限られているため、選ぶことができる商品のバリエーションが比較的少ないとされています。

一方、証券会社では幅広い投資信託が取り扱われており、自分の投資目標やリスク許容度に合わせた商品を選ぶことができます。

特にネット証券では、数百の投資信託が提供されており、初心者から上級者まで幅広いニーズに対応できる環境が整っています。

以下の関連ページでは、新NISAにおける積立投資の銀行と証券会社の違いやデメリットに焦点を当て、投資家の皆さまに適切な選択をサポートします。

関連ページ:新NISAでの積立は銀行と証券会社どっち?違いやデメリットを比較!おすすめは?

積立nisa 銀行 やめたほうがいい

新NISA(ニーサ)とは、積立投資による税制優遇措置を受けることができる制度ですが、この新NISAを銀行で利用することは本当におすすめなのでしょうか?

銀行での積立にはデメリットや制約がある一方で、証券会社との比較ではどのような違いがあるのか、投資家にとってのメリットやリスクを詳しく解説します。

自身の投資スタイルや目的に合わせて最適な選択をするために、銀行利用におけるデメリットや証券会社との比較をしっかりと把握しましょう。

この関連ページでは、【積立】新NISAの銀行利用に関する情報を提供し、読者の皆さんがより良い投資判断を行えるようサポートします。

関連ページ:【積立】新NISAは銀行でやめたほうがいい?デメリットやメリット、証券会社とどっちがおすすめ?

証券会社と銀行の違いは?

日常生活やビジネスにおいて、証券会社と銀行は私たちにとって身近な存在です。

しかし、その役割や提供するサービスには重要な違いがあります。

証券会社は主に企業や政府の資金調達を支援する直接金融の場として活躍しており、銀行は個人や企業の貯蓄を基にした融資による間接金融を中心に展開しています。

下記の関連ページでは、証券会社と銀行の基本的な区別から始まり、投資商品や利用する際のメリット・デメリット、さらには直接金融と間接金融の違いについても踏まえながら、それぞれの特徴や使い分けについて探求します。

証券会社と銀行の違いを明確にし、自身のニーズに合わせた利用方法を見つけるための一助となることでしょう。

関連ページ:証券会社と銀行の違いは?安心なのは?投資商品や直接金融と間接金融の違い、使い分けは?

積立・NISAどこでも一緒?

積立・NISA(少額投資非課税制度)を始める際に重要なのは、どの証券会社を選ぶかです。

しかし、日本では多くの証券会社が積立・NISAを取り扱っており、その数は72社にも上ります。

したがって、どの証券会社を選べばいいのか迷ってしまう方も多いでしょう。

下の関連ページでは、積立・NISAの口座の取り扱い本数の違いや、手数料・選び方のポイント、おすすめの証券会社などについて詳しく説明します。

自分に合った証券会社を選び、効果的に積立・NISAを活用しましょう。

関連ページ:積立・NISAはどこでも一緒?取り扱い本数が違う?手数料や選び方、おすすめ証券会社は?

投資信託 手数料 比較 銀行

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

橘 龍馬のアバター 橘 龍馬 サイト管理人

投資歴7年、30代3児の父。理学博士。
投資・節約の専門メディア「マネーの研究室」のサイト管理人。
インスタ・Twitterも更新!

【サイト利用時の注意点・免責事項】

 

掲載の情報は、信頼するに足ると信じる情報に基づいて作成したものですが、当サイトのデータの正確性は保証されていませんので、ご注意下さい。

本サイトの情報等を用いて行う行為に関して、その責任は全て利用者自身に帰属します。万一、利用者が何らかの損害を被った場合、その損害に関して当サイト管理者および情報を提供している第三者は一切の責任を負うものではありません。

本サイトは投資家・金融サービス利用者への情報提供を目的としており、証券・FXに関する契約締結の代理、媒介、斡旋、売買推奨、投資勧誘等を行うものではありません。

また、当ブログに記載の仮想通貨は暗号資産のことを指します。

目次