FUNDINNO(ファンディーノ)のメリットは?デメリットや注意点、評判・口コミなど解説

FUNDINNO(ファンディーノ)とは?メリット・デメリットや評判・口コミなど解説

FUNDINNO(ファンディーノ)とは、株式投資型クラウドファンディングの一つで、未上場企業に少額投資ができる金融サービスです。

未上場企業への投資は、情報が少なく一般的な個人投資家には縁遠い投資でしたが、FUNDINNOを利用することで、IPO(新規上場株)やバイアウト前のフレッシュな企業に、少額投資が行えるようになりました。

そこで、本記事では、FUNDINNO(ファンディーノ)の仕組みや特徴を解説すると共に、メリットやデメリットを評価・解説して行きます。

FUNDINNO 公式ページ

FUNDINNO(ファンディーノ)とは?

国内初の株式型のクラウドファンディングサービス「FUNDINNO」の特徴や仕組み、またメリット・デメリットなどを解説して行きます。

仕組み・特徴

FUNDINNO(読み方:ファンディーノ)とは、資金調達を行いたいベンチャー企業などの未上場企業と投資家を結ぶサービスです。国内初の株式型クラウドファンディングサービスとして注目を集めており、株式会社日本クラウドキャピタルが運営しています。

ベンチャー等の未上場企業は、上場企業のように株式市場から資金調達ができませんが、FUNDINNOを利用することで、多くの投資家から少額ずつ資金を集めることができます。

ここまでのポイント
  • 投資家:FUNDINNOを利用して未上場企業に少額から投資が可能
  • 起業家:FUNDINNOを利用して多くの投資家から資金調達が可能

これらの特徴を踏まえて、FUNDINNOのメリット、利用する上で注意すべき点やデメリットなどを解説しながら、FUNDINNOの理解を深めて行きます。

メリット

投資家サイドから見た場合、FUNDINNOのメリット・魅力は、以下の4点が挙げられます。

FUNDINNOのメリット
  • 未公開株特有のハイリターンが狙える
  • 少額から投資できる
  • エンジェル税制の対象となる場合もある
  • 株式の購入手数料が無料

以下、それぞれの魅力・メリットについて詳しく解説して行きます。

未上場株でハイリターンが狙える

ベンチャーなど未上場企業が大きく成長した場合、株式市場への新規上場(IPO)や大企業からの買収などにより、未上場企業の株価は大きく値上がりする場合があります。

全ての未上場企業がこのようなシンデレラストーリーを駆け上がる訳ではありませんが、投資した企業がIPOなどに成功すれば、上場企業への投資では得られないような大きなリターンをあげることができます。

少額投資も可能

通常、未上場企業の場合、数百万円などそれなりの金額を用意しないと投資ができません。しかし、FUNDINNOを利用すれば、数十万円の投資資金で、案件によっては1万円など超小資金で投資が行えます。

エンジェル税制の対象となる場合も

FUNDINNOで投資を行う場合、資金調達を希望する企業へ投資することで「エンジェル税制」の対象となることがあります。

エンジェル税制とは、ベンチャー企業への投資を促進するためにベンチャー企業へ投資を行った個人投資家に対して税制上の優遇措置を行う制度です。ベンチャー企業に対して、個人投資家が投資を行った場合、投資時点と、売却時点のいずれの時点でも税制上の優遇措置を受けることができます。

引用:中小企業庁

上記の中小企業庁のホームページにもあるように、エンジェル税制により、FUNDINNOの案件の中で、エンジェル税制に対応するものは、投資した金額に応じて、投資した年に受けられる所得税の優遇措置が受けられます。

そのため、事前に、エンジェル税制に妥当するかを調べておくと良いでしょう。

FUNDINNO 公式ページ

エンジェル税制の優遇を受ける場合には、投資先の企業からエンジェル税制の適格企業である確認書の交付を受け、確定申告をする必要がある点を抑えておきましょう。

株式購入による手数料が無料

FUNDINNOを利用しての未上場株への投資は、IPO株(新規公開株)と同様に、株式の購入手数料が無料になります。

株式投資型クラウドファンディング業務により募集株式の取得のお申込みをする場合は、株式の発行価格(購入対価)のみをお支払いただきます。お客様の手数料はかかりません。なお、購入代金の銀行振込手数料は、お客様にご負担頂きます。(当社からお客様への振込が発生した際の振込手数料は、当社が負担いたします。)

引用:手数料など諸費用について|FUNDINNO

公式ページには、上のように明記されており、株式自体を購入するための金額が必要な他、銀行の振込手数料がかかる場合は、お客様(我々・個人投資家)の負担となります。

FUNDINNO 公式ページ

デメリット・注意点は?

FUNDINNOを利用して未上場企業へ投資する場合、未上場企業への投資特有のリスクやデメリットの他に、FUNDINNOにおける注意点があります。

FUNDINNOで非上場株に投資するデメリット・注意点
  • 未上場株はリスク:元本割れや企業倒産のリスクも
  • 流動性が低い
  • 1社あたり50万円が上限
  • 口座開設の審査が厳しめ

以下、各注意点やデメリットについて解説して行きます。

未上場株のリスク:元本割れや企業倒産の可能性も

未上場株への投資で、最も注意したい点が企業の倒産リスクです。

未上場企業は、上場企業よりも規模が小さく、社会的信頼が低いことが一般的です。そのため、業績不振による元本割れや倒産のリスクがある点に、ご注意ください。

応援したい企業、株価がゼロになっても良いと思える企業以外は、投資を行なわないのが良いでしょう。

流動性が低い

未上場株は、上場している株式と違い、取引所で即座に売買できるものではありません。そのため、換金したくなった場合でも、売却までかなり時間がかかる場合もあります。

1社あたり50万円が上限

FUNDINNOを利用した投資の場合、1社あたり1年間で50万円が投資金額の上限となっています。そのため、それなりのまとまった資金で投資したい方は、物足りなさを感じてしまうかもしれません。

個人的には、未上場のベンチャー企業への投資は、それなりのリスクも伴うため、強制的に上限額が決められているのは、投資家保護のため、良いことであるとも感じています。

口座開設の審査が厳しめ

FUNDINNOの口座開設の審査は、ネット証券などよりも、金融資産などの面で若干厳しめとなっています。実際、FUNDINNOの取引約款(投資家)を読むと、以下のような条件が記されています。

  • 1年以上の有価証券の売買等の投資経験がない方
  • 金融資産を300万円以上保有していない方
  • 満20歳未満の方および満80歳以上の方
  • 投資資金の性格が借入金の方

ネット証券の口座開設などの場合、投資未経験の方でも開設できますが、FUNDINNOの場合、1年以上の投資経験や300万円以上の金融資産の保有などの条件があります。

まとめ|評判や口コミ・個人的な評価は?

ここまで解説してきたように、FUNDINNOは、未上場企業への投資ハードルを引き下げ、個人投資家でも少額から投資が行えることを可能したサービスです。

未上場企業はリスクこそありますが、ハイリターンが狙える側面もあります。また、エンジェル税制の対象となる案件もあるため、お金に余裕があり、節税やベンチャー企業を応援したい方には、オススメの金融サービスと言えそうです。

FUNDINNO 公式ページ

FUNDINNOに関する好意的な口コミ

FUNDINNOには、ポジティブ・ネガティブの両面でたくさんの口コミがあるので、いくつかピックアップして行きます。

注意点を指摘する口コミ

fundinnoへの懸念点を指摘する口コミもあります。。あくまで投資は自己責任ですが、これらの意見も投資する際に頭に入れておくと良いでしょう