最大「5万円分」プレゼント!

日本株高配当ETFのランキングは?メリットやデメリット、米国ETF・おすすめ証券会社は?

日本株 高配当 etf ランキング
目次

日本株の高配当ETFランキング「5選」

日本株 高配当 etf ランキング

日本株の高配当ETFは、投資家にとって魅力的な選択肢です。

その中でも、どのETFが優れた収益性を持つのか気になるところです。

本パートでは、日本株高配当ETFのランキングをご紹介します。これらのETFは、高配当株を中心に投資をしており、リスクを抑えながら分配金を受け取ることができます。

さらに、米国ETFの情報も一緒にご紹介することで、投資家の選択肢を広げるお手伝いをいたします。

また、日本株高配当ETFのメリットやデメリット、おすすめの証券会社についても詳しく解説していきます。

高配当ETFへの投資に興味のある方や、投資戦略を考えている方にとって、貴重な情報となることでしょう。

日本株の高配当ETF①:NEXT FUNDS 日経平均高配当株50指数連動型上場投信(1489)

NEXT FUNDS 日経平均高配当株50指数連動型上場投信(1489)は、日経平均株価の高配当株を中心に投資しています。

このETFは、日本株市場での安定的な収益を追求するため、厳選された株式を保有しています。

また、分配金の安定性も特徴であり、投資家にとって魅力的な選択肢です。

証券会社の選択にもよりますが、低いコストで投資することができます。

日本株の高配当ETF②:NEXT FUNDS 野村日本株高配当70連動型上場投信(1577)

次にご紹介するのは、NEXT FUNDS 野村日本株高配当70連動型上場投信(1577)です。

このETFは、野村證券が提供する高配当株70銘柄に連動しています。

高配当株の安定的な収益を追求することができます。

また、米国ETFと同様に、日本株の高配当ETFも手数料が低いため、コスト効率の良い投資が可能です。

日本株の高配当ETF③:iシェアーズ MSCIジャパン高配当利回り ETF(1478)

続いてご紹介するのは、iシェアーズ MSCIジャパン高配当利回り ETF(1478)です。

このETFは、MSCIジャパン高配当利回り指数に連動しています。

高配当株のポートフォリオを保有することで、リスクを抑えつつ高い配当を得ることができます。

さらに、このETFは米国ETFと同じく流動性が高いため、売買が容易です。

日本株の高配当ETF④:上場インデックスファンド日本高配当(東証配当フォーカス100)(1698)

次にご紹介するのは、上場インデックスファンド日本高配当(東証配当フォーカス100)(1698)です。

このETFは、東証配当フォーカス100指数に連動しています。

100銘柄からなる高配当株のポートフォリオを保有しています。

投資家は、分散投資することでリスクを抑えながら高い配当を受け取ることができます。

日本株の高配当ETF⑤:グローバルX MSCIスーパーディビィデンド-日本株式 ETF(2564)

最後にご紹介するのは、グローバルX MSCIスーパーディビィデンド-日本株式 ETF(2564)です。

このETFは、MSCIジャパンインデックスをベンチマークとしています。

高配当株への投資に特化しており、日本の企業の売上高の一部を配当として還元する企業を保有しています。

分配金の安定性とリスク管理に優れているため、投資家にとって魅力的な選択肢です。

以上が、日本株の高配当ETFのランキングです。

これらのETFは、それぞれ特徴やメリットがありますので、自分の投資目的やリスク許容度に合わせて選ぶことが重要です。

また、おすすめの証券会社としては、SBI証券や楽天証券などがあります。

是非、これらの情報を参考にして、高配当株への投資を検討してみてください。

成功した投資につながる可能性があります。

日本株より高い利回り?米国株の高配当ETFランキング「5選」

日本株 高配当 etf ランキング

日本株投資において、収益性を重視する投資家にとって、高配当株への投資は魅力的な選択肢となります。

一方で、個別銘柄の選定にはリスクが伴うことも事実です。そこで、日本株高配当ETFが注目を集めています。

本パートでは、日本株高配当ETFのランキングやそのメリット・デメリットについて詳しく解説します。

さらに、米国株の高配当ETFランキング「5選」もご紹介し、国内外の高配当ETFの情報を網羅的にご紹介します。

高い利回りを求める投資家にとって、日本株高配当ETFは一考の価値があるかもしれません。

高配当の米国ETF①:バンガード・米国高配当株式ETF(VYM)

バンガード 米国高配当株式ETF(VYM)は、米国株式市場における高配当銘柄に幅広く投資するためのETFです。

構成銘柄数はおよそ400銘柄以上であり、多くの産業分野をカバーしています。

また、米国大手資産運用会社であるバンガードが信託財産を管理しているため、信頼性も高いです。

ただし、利回りが高い反面、株価の上昇が期待できない場合もあるため、キャピタルゲインについてはあまり期待できません。

高配当の米国ETF②:iシェアーズ・コア 米国高配当株 ETF(HDV)

iシェアーズ・コア 米国高配当株 ETF(HDV)は、高い配当利回りを追求するために、米国の大型株高配当銘柄に投資しています。

このETFは、株価の安定性やディフェンシブ性を重視しており、リスク回避志向の投資家に適しています。

また、分散投資が図られているため、投資リスクを分散させることができます。

ただし、株価の上昇率には限定的なものがありますので、キャピタルゲインを期待する場合には注意が必要です。

高配当の米国ETF③:SPDR ポートフォリオS&P 500 高配当株式ETF(SPYD)

SPDR ポートフォリオS&P 500 高配当株式ETF(SPYD)は、S&P 500に含まれる一定の要件を満たす高配当銘柄に投資しています。

このETFは、米国大型株式市場における高配当銘柄に重点を置いているため、安定した収益を追求することができます。

また、分散投資の観点からも多くの銘柄に投資するため、リスク分散が可能です。

ただし、米国の株式市場全体の動向に依存するため、景気変動に影響を受けることもあります。

高配当の米国ETF④:グローバルX 高配当・優良・米国株 ETF(QDIV)

グローバルX 高配当・優良・米国株 ETF(QDIV)は、米国の高配当銘柄および業績の安定した銘柄に投資しています。

このETFは、選定基準に最低利益を持つ銘柄を絞り込むため、収益性を重視する投資家に適しています。

また、優良な企業に投資するため、株価の上昇率も期待できると言えます。

ただし、投資対象が限定されるため、分散投資の観点からは注意が必要です。

高配当の米国ETF⑤:ウィズダムツリー 米国株 高配当ファンド(DHS)

ウィズダムツリー 米国株 高配当ファンド(DHS)は、米国株を中心とした先進国や新興国の株式に幅広く投資できるETFです。

構成銘柄数は多く、多様な企業や国に分散投資が行われています。

また、配当利回りも高いため、利回り重視の投資家に適しています。

ただし、米国市場全体の動向に依存するため、景気変動や為替リスクにも注意が必要です。

以上が、高配当の米国株ETF「5選」です。

これらのETFはそれぞれ独自の特徴を持ち、投資家のニーズに応じて選ぶことができます。

高い利回りを得たいと考える投資家にとって、これらのETFは検討に値するでしょう。

ただし、投資にはリスクが伴うため、自身の投資目標やリスク許容度を考慮した上で、資産運用を行うことが重要です。

日本株の高配当ETFランキング/高配当ETFの特徴・メリットは?

日本株 高配当 etf ランキング

日本株の高配当ETFは、収益性を追求する投資家にとって注目の的となっています。

しかし、多くの選択肢が存在するため、ランキングや比較データを参考にすることが重要です。

本パートでは、日本株高配当ETFのランキングを示し、各ETFの特徴やメリットについて詳しく解説します。

さらに、米国ETFとの比較やおすすめの証券会社についても紹介します。

高配当ETFへの投資を検討している方や、より収益性の高い投資商品を選びたい方にとって、貴重な情報となることでしょう。

高配当ETFのメリット①:高配当銘柄に分散投資ができる!

高配当ETFの大きなメリットの一つは、高配当銘柄に分散投資ができるという点です。

通常の株式投資では、個別銘柄の選定が難しく、高配当銘柄のリスク分散が難しいことがあります。

しかし、高配当ETFを利用することで、複数の高配当銘柄に一度に投資することができます。

これにより、リスクの分散が図れるだけでなく、銘柄の選定や経済動向に関する深い知識を持つことが難しい初心者の投資家にも利便性が高いと言えます。

高配当ETFのメリット②:成長株などと比較して値動きが安定している!

もう一つのメリットは、成長株など他の投資先と比較して値動きが安定しているという点です。

高配当銘柄は、一定の配当を出すことが求められるため、通常の成長株に比べて価格変動が少なく、リスクが低いとされています。

これにより、投資家は安定した収益を期待することができます。

特に、長期的な投資を考える場合は、値動きが安定している高配当ETFは魅力的な選択肢となるでしょう。

高配当ETFのメリット③:定期的に安定した分配金がもらえる!

さらに、高配当ETFのメリットとして、定期的に安定した分配金を受け取ることが挙げられます。

高配当銘柄は一般的に株主還元政策に力を入れており、定期的な配当を行うことが特徴です。

投資家は、この分配金を受け取ることで、安定的なキャッシュフローを確保することができます。

特に、年金生活を考える方や収入の安定を求める方にとっては魅力的な特徴と言えるでしょう。

以上が、日本株高配当ETFのメリットの一部です。

これらのメリットを享受するためには、適切な高配当ETFの選定が重要になります。

ランキングや比較データを参考にし、自身の投資目的やリスク許容度に合わせて最適なETFを選ぶことが大切です。

また、米国ETFと比較する際には、通貨リスクや税制面での違いに注意が必要です。

一部の日本株高配当ETFは、米ドル建てで上場しているため、為替変動リスクが存在します。

また、配当所得に対する課税方法も異なるため、投資家はこれらの要素を考慮しながら適切な選択をする必要があります。

最後に、おすすめの証券会社としては、信頼性の高い大手証券会社やオンライン証券会社を選ぶことをおすすめします。

手数料やサービス内容、利便性など、自身のニーズに合った証券会社を選ぶことが重要です。

日本株の高配当ETFは、収益性を追求する投資家にとって魅力的な選択肢です。

高配当銘柄に分散投資できることや、値動きの安定性、定期的な分配金の受け取りなど、数多くのメリットがあります。

しかし、適切なETFの選定や米国ETFとの比較、証券会社の選択など、慎重な判断が重要です。

自身の投資目的やリスク許容度に合わせて、最適な高配当ETFを選び、収益性の高い投資を実現しましょう。

日本株の高配当ETFランキング/高配当ETFのデメリット・注意点は?

日本株 高配当 etf ランキング

日本株高配当ETFは、安定した分配金を求める投資家にとって非常に魅力的な商品です。

高配当株式に分散投資できるため、リスクを最小限に抑えながら収益を追求することができます。

しかし、高配当ETFにはいくつかのデメリットや注意点も存在します。

以下では、高配当ETFのデメリットとその詳細をご説明します。

高配当ETFのデメリット①:ETFの分配金を自分で再投資しないといけない!

高配当ETFの大きなデメリットの一つは、分配金を再投資しなければならないという点です。

通常の株式投資では、分配金は自動的に再投資されるため、手間をかけることなく成長していくことができます。

しかし、高配当ETFでは、分配金が現金として支払われるため、投資家自身が手動で再投資する必要があります。

このデメリットは、投資家が定期的に分配金を受け取りたい場合には逆にメリットとなりますが、長期的な成長を目指す場合には手続きが煩雑になる可能性があります。

再投資手続きには手数料や手間がかかることもあるため、投資家は自身の投資目的に合わせて再投資の必要性を考える必要があります。

高配当ETFのデメリット②:高配当株は成熟企業が多いため成長株のような大きな値上がりは期待できない

もう一つのデメリットは、高配当株が多くの場合、成熟した企業であるため、成長株のような大きな値上がりを期待することが難しいという点です。

高配当を実現している企業は、安定した収益を生み出すことが求められます。

そのため、新興企業や急成長を遂げている企業よりも、安定感があるものが選ばれる傾向にあります。

投資家が高い収益を得るためには、成長株への投資や他の投資手法との組み合わせが必要になることもあります。

高配当ETFは、安定した収益を目指す投資家に適していますが、大きな値上がりを期待する場合には他の投資商品も検討する必要があります。

高配当ETFのデメリット③:米国ETFや米国株の場合、配当金・分配金の課税が多くなる

もう一つのデメリットは、米国ETFや米国株の場合、配当金や分配金に対する課税が多くなることです。

米国の投資商品は、一部の配当金や分配金に対して源泉徴収税が行われるため、実際に受け取る金額は減少します。

投資家は、米国ETFや米国株の高配当ETFを選ぶ際には、課税に関する情報を事前に確認し、税金の計算を正確に行う必要があります。

特に、日本との税制の違いがあるため、税理士や専門家の助言を受けることも重要です。

高配当ETFのデメリット④:減配時には株価が大きく下落する可能性も

最後のデメリットは、高配当ETFにおいて減配が行われた場合、株価が大きく下落する可能性があるという点です。

高配当株は、分配金を安定して支払うことが求められますが、経済状況や企業の業績の変化によっては減配が行われることもあります。

減配が発表された場合、投資家の期待が下がり、株価が大きく下落することがあります。

これを防ぐためには、投資家自身が銘柄選定や信託報酬率などのポイントに注意を払うことが重要です。

適切な分散投資や十分な情報収集を行うことで、減配リスクを最小限に抑えることができます。

高配当ETFには魅力的な特徴がありますが、デメリットや注意点も存在します。

投資家は自身の投資目的やリスク許容度を考慮し、高配当ETFを選ぶ際には慎重に検討することが重要です。

また、日本株高配当ETFのランキングやおすすめの証券会社についても調べ、最適な選択肢を見つけることが肝要です。

日本株の高配当ETFランキング/おすすめ証券会社は?

###

日本株の高配当ETF(上場投信)は、投資家にとって魅力的な選択肢となっています。

このパートでは、日本株高配当ETFのランキングや投資のメリット・デメリットについて探求します。

日本株市場における高配当株の銘柄を分散投資することで、安定した配当収入を得ることが期待できます。

さらに、低リスクで長期的な資産形成を目指す投資家にとっても魅力的な商品です。

また、米国ETFの比較やおすすめの証券会社についても取り上げます。

投資における情報を得るための一助となる本記事を通じて、投資家の皆様が適切な判断をするための手助けをしたいと考えています。

日本株の高配当ETFのおすすめ証券会社①:日本株が無料で売買できる「SBI証券」

SBI証券は、日本株が無料で売買できる証券会社として知られています。

SBI証券の高配当ETFランキングでは、グローバルXMSCIスーパーディビィデンド-日本株式ETFが上位にランクインしています。

このETFは、高配当銘柄を中心に取り扱っており、安定的な配当収入を得ることができます。

また、SBI証券は手数料が安価であり、初心者の方でも簡単に取引ができる点も魅力的です。

日本株の高配当ETFのおすすめ証券会社②:楽天ユーザーなら「楽天証券」

楽天証券は、楽天グループの会社であり、楽天ユーザーにとって便利な証券会社です。

楽天証券の高配当ETFランキングでは、グローバルXMSCIガバナンス・クオリティ-日本株式ETFが注目されています。

このETFは、高いガバナンス品質を持つ銘柄を中心に投資されており、長期的な資産形成に適しています。

また、楽天証券は口座開設が簡単で、楽天ポイントの貯まる特典もあります。

日本株の高配当ETFのおすすめ証券会社③:米国ETFの種類が豊富な「マネックス証券」

マネックス証券は、米国ETFの種類が豊富な証券会社として知られています。

マネックス証券の高配当ETFランキングでは、NEXTFUNDS日経平均高配当株50指数連動型上場投信が人気です。

このETFは、日経平均株価に連動しており、高配当銘柄を重視して選ばれています。

また、マネックス証券は手数料が競争力があり、投資家にとって魅力的な選択肢です。

これらのおすすめ証券会社では、日本株の高配当ETFを手軽に取引することができます。

投資家は自身の投資目的やリスク許容度に応じて、適切な証券会社を選ぶことが重要です。

また、投資はリスクを伴うものであり、慎重な調査や情報収集が必要です。

本記事を通じて、投資家の皆様がより良い投資判断を行う一助になれば幸いです。

日本株の高配当ETFランキング【まとめ】デメリットやおすすめは?

今回の記事では、日本株高配当ETFのランキングやメリット・デメリット、米国ETFの高配当ランキング、おすすめ証券会社についてご紹介しました。

まず、日本株高配当ETFのランキングでは、NEXT FUNDS日経平均高配当株50指数連動型上場投信(コード:1489)やNEXT FUNDS野村日本株高配当70連動型上場投信(コード:1577)などが人気となっています。

これらのETFは、日本の代表的な指数である日経平均株価の中でも高配当株に特化して選ばれた銘柄を投資対象としており、高い利回りと安定した分配金が期待できます。

一方、米国ETFの高配当ランキングでは、ウィズダムツリー 新興国株高配当ファンドやウィズダムツリー 世界株高配当ファンド、ウィズダムツリー 米国株高配当ファンドなどが挙げられます。

これらのETFは、世界の株式市場や新興国市場、米国市場において高い配当を受け取れる銘柄に投資しています。

高配当ETFのメリットとしては、一つの金融商品で複数の高配当株式に分散投資ができるため、リスクを抑えながら多額の分配金を受け取ることができます。

また、投資家の収益性向上を念頭に置いて運用されているため、高い信頼性があります。

一方、デメリットとしては、値動きが小さい傾向があるため、売買差益による収益は望みにくいことが挙げられます。

おすすめの証券会社としては、楽天証券やSBI証券が挙げられます。

これらの証券会社は、手数料の低さや使いやすい取引ツールなどが評価されています。

日本株高配当ETFのランキングや特徴、メリット・デメリット、米国ETFの高配当ランキング、おすすめ証券会社についてご紹介しました。

これらの情報を参考にして、自身の投資スタイルや目標に合ったETFを選び、効果的な資産運用を行ってください。

関連ページ:SBI新生銀行と住信SBIネット銀行の違いは?どっち?SBI証券NISA(つみたて)なら?

日本株の高配当ETFランキング「よくある質問」

S&P500ETFのおすすめは?国内・東証上場の米国ETFは?

投資したい方にとって、S&P500ETF(米国ETF)は良い選択肢となることがあります。

しかしながら、国内上場のS&P500ETFと米国上場のS&P500ETFとでは取引時間や取引通貨が異なりますので、注意が必要です。

この関連ページでは、国内・東証上場の米国ETFを選ぶ際のポイントや注意点について詳しく解説していきます。

また、信託報酬や売買単位、分配金支払頻度などの基本情報もチェックしながら、あなたに最適なS&P500ETFを見つけるお手伝いを致します。

関連ページ:S&P500ETFのおすすめは?国内・東証上場の米国ETFの選び方・注意点は?

高配当ETF(日本)の比較は?

近年、高配当ETF(日本)への投資が注目を集めています。

高配当ETFは、投資家にとって魅力的な配当利回りを追求する選択肢として、その存在感を増しています。

本記事では、高配当ETF(日本)の比較やおすすめの銘柄について詳しく解説します。

また、高配当ETFへの投資にはどのようなメリットがあるのか、一方でどのようなデメリットがあるのかも探求していきます。

さらに、投資家が高配当ETFを選ぶ際に注意すべきポイントや選び方についても詳細にご紹介します。

高配当ETFへの投資を検討している方や、将来の投資戦略に役立てたい方にとって、必見の情報です。

関連ページ:高配当ETF(日本) の比較・おすすめは?メリットやデメリット、選び方は?

グローバルXのETFはおすすめ?

投資の世界において、グローバルXのETFは注目を浴びていますが、果たしておすすめの投資対象なのでしょうか?

以下の関連ページでは、グローバルXのETFの評判や人気ランキング、さらにはそのメリットについて徹底的に調査していきます。

グローバルXのETFは、高配当・インカム型の銘柄など、さまざまな選択肢がありますが、投資家にとって魅力的な特徴や利点は何なのでしょうか?

特におすすめの銘柄や過去の実績も検証しながら、グローバルXのETFの魅力をご紹介します。

投資に関心のある方は、ぜひご一読ください。

関連ページ:グローバルXのETFはおすすめ?評判や人気ランキング、メリットは?

日本株 高配当 etf ランキング

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

橘 龍馬のアバター 橘 龍馬 サイト管理人

投資歴7年、30代3児の父。理学博士。
投資・節約の専門メディア「マネーの研究室」のサイト管理人。
インスタ・Twitterも更新!

【サイト利用時の注意点・免責事項】

 

掲載の情報は、信頼するに足ると信じる情報に基づいて作成したものですが、当サイトのデータの正確性は保証されていませんので、ご注意下さい。

本サイトの情報等を用いて行う行為に関して、その責任は全て利用者自身に帰属します。万一、利用者が何らかの損害を被った場合、その損害に関して当サイト管理者および情報を提供している第三者は一切の責任を負うものではありません。

本サイトは投資家・金融サービス利用者への情報提供を目的としており、証券・FXに関する契約締結の代理、媒介、斡旋、売買推奨、投資勧誘等を行うものではありません。

また、当ブログに記載の仮想通貨は暗号資産のことを指します。

目次