最大「5万円分」プレゼント!

マネーフォワード【改悪】対策や乗り換え先の家計簿アプリは?

マネーフォワード 改悪

マネーフォワード、多くの人にとっておなじみの家計簿アプリですが、最近の改悪によって利用者たちは困惑しています。

連携可能な口座やサービスの制限があるなどの変更により、多くのユーザーが乗り換えを検討しています。

この記事では、マネーフォワードの改悪の内容やその対策、さらには乗り換え先の家計簿アプリについても紹介します。

サイト管理人

マネーフォワードを利用している方やこれから利用を考えている方にとって、価値ある情報が提供できれば幸いです。

目次

マネーフォワードの改悪について

マネーフォワード 改悪

家計簿アプリ市場で高いシェアを誇る「マネーフォワードME」に変更があり、改悪と捉える声が上がっている。

ユーザーフレンドリーな機能が削減されたり、利用料金の変更が行われたりと、利便性の低下やコスト増に頭を悩ませるユーザーが続出している様子だ。

家計簿アプリ「マネーフォワードME」とは?特徴・メリット

「マネーフォワードME」は、家計簿管理が容易に行えるアプリとして多くのユーザーに利用されています。

複数の銀行口座やクレジットカード情報を一元管理でき、自動で収支が分類される便利さが特徴です。

また、グラフィカルに財務状況を確認できるため、視覚的にも分かりやすいとされています。

マネーフォワードMEの改悪・詳細

マネーフォワードMEの改悪とされる内容には、機能制限の導入やサブスクリプションプランの価格変更が含まれます。

特定の機能へのアクセスが制限され、以前は無料で利用できたサービスが有料化されたり、既存の有料プランの価格が上がったりしています。

定期的なアップデートがユーザーフィードバックと乖離しているとの指摘もあります。

マネーフォワードMEの改悪に関するユーザーの口コミ・評判

マネーフォワードMEの改悪に対するユーザーからの評価は厳しいものが目立ちます。

多くのレビューでは、改悪によって利便性が損なわれたとの意見が見受けられます。

特に、無料で提供されていた機能が制約されたことや、価格変更によって利用を見合わせるユーザーも少なくありません。

一方で、サービスの継続的な品質保持を理由に、変更を受容する声もあることを見落とせません。

マネーフォワードME改悪後の対策【5選】

マネーフォワード 改悪

マネーフォワードMEが提供するサービス内容の変更に伴い、多くのユーザーが運用に悩むことが増えました。

ここでは、改悪後も快適にマネーフォワードMEを使用するための対策を5つ提案します。

利便性を維持しつつ、コストを抑える方法から、別のツールへの移行についても検討します。

ユーザーの状況に応じて最適な選択肢を見つけるためのヒントを提供いたします。

マネーフォワード改悪後の対策①:口座やサービス連携数を4件までに絞る

改悪に伴いマネーフォワードMEの無料プランでは連携可能な口座やサービス数が制限されました。

対策として、重要かつ頻繁に使う銀行口座やクレジットカードなどを厳選し、連携数を4件に絞ることをおすすめします。

それにより、必要なデータの管理を続けつつ、無駄なコストを抑えることが可能です。

効率的な選択をするためには、過去の支出傾向や頻度を分析し、最も情報価値の高いアカウントを選定しましょう。

マネーフォワード改悪後の対策②:他の家計簿アプリに乗り換えるか併用する

マネーフォワードMEが以前の機能を提供しなくなったことで、他の家計簿アプリへの乗り換えや併用を検討するのも一つの手段です。

現在市場にはさまざまな家計簿アプリが存在し、豊富な機能を持つものも多くあります。

独自の分析ツールやシンプルなインターフェース、AI自動仕訳などの特徴がユーザーのニーズに合致しているかを検討し、実際にいくつか試してみることをお勧めします。

また、マネーフォワードMEの持つ特定の機能に対しては併用することで、全体としてバランスの取れた金融管理が実現できるでしょう。

マネーフォワード改悪後の対策③:思い切って有料プランに変更する/プレミアム会員になる

無料プランの制限が厳しくなったマネーフォワードMEですが、有料プランへの変更を検討する価値はあります。

有料プラン、特にプレミアム会員になることで、より多くの口座やカードの連携が可能となり、詳細な資産管理を行えるようになります。

コストが発生するものの、節約の最適化や資産形成への影響を考えると、投資としての側面もあります。

利用パターンに応じて、料金プランの中で最適なものを選択してください。

マネーフォワード改悪後の対策④:現金管理(財布)の機能を活用する

多くの家計簿アプリの機能変更で見落とされがちなのが、現金管理の利用です。マネーフォワードMEにおいても、「財布」機能を活用することで、現金仕訳の管理が容易になります。

現金での支出が多いユーザーは、この機能を駆使することで、口座やカードの連携数が限られていても、きちんとした金銭管理を行うことができます。

財布機能を使って日々の現金流出を記録し、無駄遣いを減らす工夫をしましょう。

マネーフォワード改悪後の対策⑤:リンククロス家計簿を利用する

マネーフォワードMEと同様に、リンククロス家計簿を利用することも一つの戦略です。

このサービスは複数アカウントのデータを一元管理し、使いやすいインターフェースを提供しています。

連携口座が豊富で、分析ツールやレポート作成の機能が充実している点も魅力的です。

マネーフォワードMEでカバーしきれない部分を補完する目的で使用することで、より総合的な財務管理が可能となるでしょう。

自分のライフスタイルに合わせた家計簿管理を実現するために、このようなサービスの活用を考慮に入れると良いでしょう。

マネーフォワードME改悪後の対策:プレミアム会員になる

マネーフォワード 改悪

マネーフォワードMEが改悪とされる変更後も、サービスを充実させるにはプレミアム会員の利用が有効です。

有料であるものの、プレミアム会員には多くのメリットがあり、家計簿管理や資産運用の見直しに役立ちます。

自らの金融管理をよりきめ細かく行いたい方は、プレミアム会員への登録を検討してみてはいかがでしょうか。

マネーフォワードMEの無料・有料会員(プレミアム会員)の違い

無料会員とプレミアム会員の違いは、利用できる機能の幅に大きく表れます。

無料会員では基本的な家計簿管理が可能ですが、プレミアム会員は銀行口座やクレジットカードを無制限に登録することができ、詳細なレポート作成機能を活用できます。

さらに、リアルタイムでの通知サービスも充実しており、自動での節約提案など独自の機能が多数用意されています。

プレミアム会員ならではの分析機能で、より細かい資金管理が期待でき、将来の資産形成へと繋がります。

マネーフォワードMEのプレミアム会員を有効に使うには?

プレミアム会員にアップグレードしたからといって、ただ放置しておくだけではその価値は十分に発揮されません。

まずは、すべての金融口座を登録し、あなたの資産状況をリアルタイムで把握しましょう。

さらに節約提示機能で無駄遣いを見直し、予算管理機能で支出の計画性を高めることが大切です。

また、プレミアム会員限定の資産運用レポートは、投資の判断材料として役立ちます。

適切な情報をもとに、手堅い運用計画を立てることが可能になります。

これらの機能を組み合わせ、賢く利活用することで、より充実した資産管理が行えるのです。

マネーフォワード for 住信SBIネット銀行などの提携先を使うのもあり!

マネーフォワードMEは多くの金融機関と提携し、特定の銀行やサービスを利用することで追加のメリットを得ることも可能です。

特に住信SBIネット銀行のような提携先では、通常よりも有利な条件でサービスを受けることができます。

たとえば、住信SBIネット銀行の口座をマネーフォワードMEに連携すると手数料の優遇があったり、特典が付いたりします。

提携先を積極的に活用することで、マネーフォワードMEでの資金管理をさらに効率的にし、金融生活をもっと便利に進めることができるでしょう。

マネーフォワードME改悪後の乗り換え先は?おすすめ家計簿アプリは?

マネーフォワード 改悪

マネーフォワードMEの機能変更により、多くのユーザーが新たな家計簿アプリを探しています。

豊富な機能やインターフェースの使いやすさ、銀行やクレジットカードとの連携の良さなど、それぞれにフィットするアプリ選びが肝心です。

ここでは、現在注目されている乗り換え先候補となるアプリをいくつか紹介し、比較するポイントを明らかにします。

乗り換え先候補①:Moneytree

Moneytreeはシンプルな操作性と見やすいインターフェースが特長です。

自動での入出金データの取得に加え、複数の金融機関との連携が可能であり、資産管理を一元化できる点が魅力。

セキュリティ面でも高評価を受けており、金融機関と同等のセキュリティ対策をしているため、安心して利用できます。

また、レシート撮影機能もあり、細かな支出も記録しやすい。

プレミアムサービスではさらなる詳細なレポートが利用可能です。

乗り換え先候補②:Zaim

Zaimはレシート撮影機能に加え、手入力による細かなカスタマイズが可能な家計簿アプリです。

オートインポート機能により、支出データは自動的にカテゴリ分けされ、レシートを撮影すれば、OCR技術により金額や店名を自動認識してくれます。

グラフやチャートでの視覚的にもわかりやすいレポート生成がこのアプリの強み。

無料版でも十分な機能がありますが、有料版では広告の非表示や家計簿の共有など、便利な機能が追加されます。

乗り換え先候補③:おかねのコンパス

「おかねのコンパス」は、日本国内外の複数の金融機関に対応している家計簿アプリです。

直感的な操作で支出の入力が可能であり、タグ付けやメモの追加で詳細な管理が行えます。

レポート機能も豊富で、支出傾向を把握しやすくなっています。独特のアドバイス機能が含まれており、支出の見直しに役立つポイントを提示してくれるため、節約にもつながるアプリです。

デザインが洗練されており、使い心地にこだわりたいユーザーにおすすめです。

マネーフォワードME乗り換え先アプリの比較・一覧

各家計簿アプリは独自の特長を持っており、ユーザーのニーズに応じた選択が必要です。

自動取得機能の優れているMoneytree、高度なカスタマイズを可能にするZaim、直感的な操作性と節約支援の「おかねのコンパス」と、それぞれ特色が異なります。

重視する機能やインターフェースの好み、セキュリティの強度、無料版と有料版の機能の違いなどを比較し、自分に合ったアプリを選ぶことが重要です。

次では、より詳細な比較ポイントを挙げ、各アプリの利点と難点について深く分析していきます。

関連ページ:SBI新生銀行と住信SBIネット銀行の違いは?どっち?SBI証券NISA(つみたて)なら?

マネーフォワードの改悪【まとめ】対策や乗り換え先は?

まとめると、マネーフォワードMEの改悪に対する対策として、以下の5つの選択肢があります。

まず、まずは現状のマネーフォワードMEを継続して利用する方法です。

改悪によって一部機能が制限されましたが、それでも利用価値のある機能や特典があるかもしれません。

自分の利用スタイルやニーズに合っているのであれば、継続して利用することも一つの選択肢です。

次に、マネーフォワードMEの改悪に対抗するためにプレミアム会員になる方法があります。

プレミアム会員になることで、制限された機能が解除されたり、より充実したサービスを利用することができるかもしれません。

ただし、有料となるため、コスト面や自分の利用頻度に合わせて判断する必要があります。

さらに、乗り換え先としては、Zaim(ザイム)やMoneytree(マネーツリー)、おかねのコンパスなどがおすすめです。

これらのアプリは、マネーフォワードMEと同様に家計簿や資産管理を行うことができます。

各アプリの特徴や使い勝手を比較検討し、自分に合ったアプリを選ぶことが重要です。

また、金融機関や特定サービス向けに提供されているマネーフォワードも乗り換え先の選択肢として考えられます。

自分が利用している金融機関やサービスが提供している家計簿機能を活用することで、より便利に管理することができるかもしれません。

最後に、マネーフォワードMEの改悪によって不満が生じた場合でも、家計簿アプリを利用する意義やメリットを考えることも重要です。

お金の流れを把握し、賢くお金を管理するために家計簿アプリを利用することは依然として有用です。

改悪による影響を最小限に抑えつつ、自分の利用スタイルに合った選択肢を見つけることが重要です。

関連ページ:SBI新生銀行と住信SBIネット銀行の違いは?どっち?SBI証券NISA(つみたて)なら?

マネーフォワードの改悪「よくある質問」

マネーフォワードMEの評判は?

マネーフォワードMEは、スマホやパソコンで銀行や電子マネー、証券会社などを一括管理できる便利な家計簿アプリとして知られています。

その使い勝手の良さから多くの人々に支持されていますが、一方で使いにくいという声やデメリットも存在します。

そこで、以下の関連ページでは、実際に8年間にわたり利用してきた私の経験を元に、マネーフォワードMEの評判や使いにくさについて詳しく解説します。

無料版と有料版の違いや、便利な機能を活用するためのポイントもご紹介します。

マネーフォワードMEの利用を検討されている方はぜひ参考にしてください。

関連ページ:【マネーフォワードMEの評判】使いにくい口コミやデメリット、メリットは?8年の利用体験もレビュー

マネーフォワード for 住信sbiネット銀行 違い

金融サービスの進化に伴い、マネーフォワード for 住信SBIネット銀行の存在が注目を集めています。

下の関連ページでは、マネーフォワードと住信SBIネット銀行の違いについて探求します。

マネーフォワードは、銀行口座や証券会社、クレジットカードなどの資産状況を一元管理できる便利なツールであり、多くの利用者に支持されています。

しかし、なぜ住信SBIネット銀行を利用すべきなのか、どのようなメリットや注意点があるのか、さらにはデメリットについても詳しく解説します。

マネーフォワードからの乗り換えを検討している方にとって、参考になる情報をお届けします。

関連ページ:マネーフォワード for 住信sbiネット銀行の違いは?本家から乗り換えるメリットや注意点、デメリットは?

マネーフォワード 改悪

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

橘 龍馬のアバター 橘 龍馬 サイト管理人

投資歴7年、30代3児の父。理学博士。
投資・節約の専門メディア「マネーの研究室」のサイト管理人。
インスタ・Twitterも更新!

【サイト利用時の注意点・免責事項】

 

掲載の情報は、信頼するに足ると信じる情報に基づいて作成したものですが、当サイトのデータの正確性は保証されていませんので、ご注意下さい。

本サイトの情報等を用いて行う行為に関して、その責任は全て利用者自身に帰属します。万一、利用者が何らかの損害を被った場合、その損害に関して当サイト管理者および情報を提供している第三者は一切の責任を負うものではありません。

本サイトは投資家・金融サービス利用者への情報提供を目的としており、証券・FXに関する契約締結の代理、媒介、斡旋、売買推奨、投資勧誘等を行うものではありません。

また、当ブログに記載の仮想通貨は暗号資産のことを指します。

目次