最大「5万円分」プレゼント!

楽天銀行は危ない?格付けやセキュリティ対策、安全性は大丈夫?

楽天銀行 危ない

「楽天銀行は潰れない?危ない?」「セキュリティ面や安全性は?」など様々な角度から、楽天銀行の危険性を心配する声があります。

しかし、楽天銀行の格付けは「A評価(日本格付研究所:JCR)」となっており、他の銀行と同様に、万が一潰れる事態に陥ってもペイオフの対象で、1,000万円まで保証されます。

  • 楽天銀行の格付けは「A」評価!
  • 万が一、潰れても1,000万円まで保証される!
  • セキュリティ面も様々な認証方法の設定で安心!
サイト管理人

ワンタイムパスワードやアクセス制限などの設定で、セキュリティ対策もバッチリです。

また、楽天銀行は、他の楽天経済圏のサービスとの連携で、普通預金金利が最大0.1%にアップしたり、楽天ポイントが貯まるなど、他のネット銀行にはない、多くのメリットがあります。

楽天銀行のメリット
  • 楽天証券との連携で普通預金金利が最大0.1%!
  • 楽天市場や楽天カードとの組み合わせで、お得に楽天ポイントが貯まる!
  • 楽天銀行のハッピープログラムで、
    • ATMや振込手数料の無料回数が増える!
    • 取引ごとに楽天ポイントが貯まる!

そのため、ネット銀行自体に抵抗がない方は、楽天銀行を利用して、日々の暮らしをお得で便利にしましょう!

サイト管理人

私自身も、社会人1年目から、10年以上「楽天銀行」を利用しています!

今なら、楽天証券と楽天銀行の同時開設や連携で、お得に現金(最大3,000円)やポイントがもらえるので、この機会に楽天証券と合わせて、楽天銀行の口座開設を行うとお得です!

\ キャンペーン参加はコチラ /

※口座開設費・維持費無料

※最短5分で口座開設完了

【楽天証券で3,000円もらえるキャンペーン】

楽天証券 楽天銀行 同時開設 デメリット

今なら、楽天証券・楽天銀行のキャンペーンで、最大現金3,000円がもらえます!

口座開設後の連携登録などで、無料(ノーリスク)で最大3,000円がもらえるので、かなりお得です。(2/29まで)

▶︎ キャンペーン詳細を見る

(予算の関係上)予告なく終了する場合もあるので、お早めにどうぞ!

目次

楽天銀行は危ない?格付けは?

楽天銀行 危ない

近年のネットバンクの台頭によって、楽天銀行の経営状況に注目が集まっています。

一部では「楽天銀行は危ないのでは?」との憶測が飛び交っていますが、実際のところはどうなのでしょうか。

金融機関の信頼性を左右する様々な指標を基に、楽天銀行の現状を評価し、楽天銀行の格付けについて考察します。

楽天銀行の格付けは?日本格付研究所(JCR)はA評価!

楽天銀行の信用状況を評価する上で、日本格付研究所(JCR)による格付けが重要な手がかりとなります。

JCRは楽天銀行に対し「A評価」という高い信用度を付与しています。

この格付けは、楽天銀行が安定した財務基盤を有し、中長期にわたってその責務を果たす能力があることを示しています。

評価の背景には、楽天銀行の健全な経営体制や、親会社である楽天グループのサポート体制などが考慮されているでしょう。

ただし、経済環境の変動や市場の変化によって格付けが下降する可能性もゼロではないため、楽天銀行が将来にわたってA評価を維持できるかは経営戦略次第と言えます。

楽天銀行の健全性は?自己資本比率などは大丈夫?

銀行の安全性を判断する上で、自己資本比率は鍵を握る指標の一つです。

この比率が高いほど、銀行は健全であると見なされ、金融危機などのリスクに対する耐久力が強いと評価されます。

楽天銀行の場合、自己資本比率は健全水準を維持しており、金融庁の定める基準をクリアしています。

加えて、楽天銀行は多様なビジネスモデルを展開しており、主要業務のみならず幅広いサービスを提供している点もポジティブに評価できます。

しかし、景気後退や金融市場の不安定化が生じれば、経営への影響を受ける可能性は否定できません。

それゆえ楽天銀行は、継続的な経営効率化やリスク管理体制の強化に努めています。

楽天銀行が潰れたらどうなるの?1,000万円まで保証される?

万が一、楽天銀行が経営破綻した場合のデポジット保険制度について解説します。

日本においては、一定の条件のもとで預金が保護されるデポジット保険制度があります。

これにより、保護対象となる普通預金、定期預金などの金融商品については、それぞれの金融機関で保険される限度額までが補償されます。

楽天銀行においても同様で、預金者の一人あたりの保保険金額は原則1,000万円とその利息までです。

仮に楽天銀行が破綻しても、預金者は保証範囲内であれば資金を回収可能です。

それを超える金額については回収できないリスクがあるため、多額の資産を預ける場合は分散投資の観点からも他行への預金分散を考えることが賢明です。

楽天銀行は危ない?銀行が破綻する要因は?やばい?

楽天銀行 危ない

近年、銀行の経営安定性が注目されるなか、楽天銀行のようなネットバンキングサービスも関心の対象に。

銀行が破綻する要因は多岐にわたりますが、一般の顧客にはその兆候や影響が見えにくいことも事実です。

破綻の可能性があるのか、どのようなサインに注意すべきなのかを理解するため、銀行破綻のメカニズムを紐解いてみましょう。

銀行が潰れる原因①:取り付け騒ぎが起きる/シリコンバレー銀行の破綻が記憶に新しい!

一つ目の原因は取り付け騒ぎです。

これは、預金者が同時に大量の預金を引き出そうとする現象を指し、これが発生すると銀行は流動性の危機に陥ります。

特に昨今のシリコンバレー銀行の破綻は多くの人たちに衝撃を与えました。

この銀行はスタートアップ企業などの預金を多く抱えており、一部の企業が資金繰り悪化の兆候を見せ始めたことから、連鎖的に他の顧客も預金の引き出しに走り、最終的に破綻に至りました。

このような事態は、信頼が損なわれるだけでなく、金融システム全体の不安定化を引き起こす可能性があり、大きな社会問題となります。

銀行が潰れる原因②:資金繰りに行き詰まる/無担保コール市場で資金調達ができなくなると破綻のきっかけに

銀行の資金調達は様々な手段がありますが、その中の一つに無担保コール市場での資金調達が存在します。

銀行は日常的に資金の貸借取引を行い、短期的な資金の不足を補います。

しかし、銀行の信用状態が悪化すると、他の金融機関からの資金調達が難しくなり、コール市場で必要な資金を集められなくなることがあります。

この状況に陥ると、支払い不可能となり資金繰りが行き詰まり、最悪の場合は破綻につながるのです。

破綻を避けるためには、常に健全な財務状況の維持が必要不可欠であり、金融市場での信頼獲得が鍵を握っています。

銀行が潰れる原因③:準備預金が用意できない

銀行は、預金者から預かった資金の一部を中央銀行に準備預金として保持することが法律で義務付けられています。

この準備預金の比率を準備預金率といい、銀行の信用創造活動を安定させるために重要な役割を果たしています。

準備預金が不足すると、銀行は新たな融資を受け入れることができず、最悪の場合は中央銀行からのペナルティを受けることになります。

準備預金の不足は外部からの信用不安を引き起こし、預金の引き出し圧力が高まることで破綻に至る可能性があります。

安定した経営を続けるためにも、適切な準備預金の維持が金融機関には求められています。

楽天銀行は危ない?危険性と安全対策は?大丈夫?

楽天銀行 危ない

インターネットを通じて便利に利用できる楽天銀行ですが、オンライン環境特有の危険性も存在します。

個人情報の悪用やセキュリティの脅威から自身を守るための安全策を抜かりなく実行することが重要です。

ここでは、楽天銀行を含むネット銀行の潜在的リスクについて説明し、個人の安全を確保するための方法について検討していきます。

楽天銀行などネット銀行の危険性①:登録した情報が他のサイトで流出した場合、悪用されることも!

楽天銀行をはじめとするネット銀行では、利用者の個人情報がデジタルデータとして管理されています。

このため、他のウェブサイトから情報が流出し、それが悪用される恐れがあります。

例えば、同じメールアドレスやパスワードを利用することで、一か所からの情報漏えいが他のアカウントへの不正アクセスへと繋がってしまう可能性が存在します。

こうしたリスクを回避するためにも、異なるサービスでは固有のログイン情報を設定し、定期的なパスワード変更を行うことが推奨されます。

セキュリティ対策として、二段階認証の利用などが有効です。

楽天銀行などネット銀行の危険性②:ウィルス感染の危険性も!

ネット銀行を利用する際には、不正なプログラムによって引き起こされるウィルス感染の危険性にも注意が必要です。

利用者が知らぬ間にマルウェアに感染すると、個人情報が盗まれることや、銀行口座の不正利用に繋がる場合があります。

これを防ぐためには、システムやアプリケーションの定期的なアップデートが欠かせません。

また、不審なメールの添付ファイルやリンクを開かない、信頼できるセキュリティソフトを導入するなど、ユーザー自身が警戒心を持って行動することが大切です。

公共のWi-Fiなど安全性が確認できないネットワークを利用する際には、特に注意を払いましょう。

楽天銀行のパスワードを他のサイトのパスワードからの使い回ししない!

楽天銀行でのオンラインバンキングを安全に行うためには、パスワードの管理が肝心です。

他のウェブサイトで利用しているパスワードと同じものを使い回すことは、セキュリティ上非常に危険です。

一箇所での情報漏洩が、他のアカウントへの不正アクセスを招きかねません。

楽天銀行のパスワードは、他のどのサイトでも使用しない、複雑かつ長いものに設定し、さらに定期的に更新を行う習慣をつけることが望ましいです。

個人情報を保護する強固なパスワードを設定し、楽天銀行を含むネット銀行の利用を安全に行いましょう。

楽天銀行は危ない?セキュリティ対策・安全な設定【5選】

楽天銀行 危ない

インターネットバンキングを利用する際、セキュリティは重要な課題です。

楽天銀行も例外ではなく、様々なセキュリティ対策を講じており、ユーザーにはそれらをきちんと設定することが推奨されています。

以下では、楽天銀行の安全性を高めるための5つのセキュリティ対策について解説します。

楽天銀行のセキュリティ対策①:合言葉認証の設定/ログインIDとパスワードが盗み出されても安心!

楽天銀行ではログインIDとパスワードだけでなく、「合言葉」を用いた認証システムを実装しています。

他人にログイン情報を盗まれた場合でも、合言葉を知られていなければ不正なログインを防ぐことが可能です。

この合言葉はお客様ご自身で設定でき、ログイン時に求められるため、セキュリティ強化に大きく寄与します。

選べる合言葉は数が限られており、覚えやすいようになっているため日々の操作に大きな負担とはなりません。

慣れないと少し面倒に感じるかもしれませんが、この一手間が大切な資産を守る鍵となります。

楽天銀行のセキュリティ対策②:暗証番号の設定/取引画面にログインされても不正な取引を防止できる!

楽天銀行ユーザーが利用すべきセキュリティ機能に、取引に必要な暗証番号の設定があります。

この暗証番号を設けることで、もしもの時にログインされても不正な取引を未然に防ぐことができます。

取引画面での送金や支払いにはこの暗証番号が必須で、一層のセキュリティを提供します。

暗証番号は個人情報と無関係な数字を使い、定期的に変更することが重要です。

他のどのアカウントにも使用していない独自の番号を選択することで、安全なオンラインバンキングが実現します。

楽天銀行のセキュリティ対策③:ワンタイム認証の設定/万が一暗証番号が盗まれても取引されない!

ワンタイムパスワードは、取引の都度生成される一回限りのパスワードで、楽天銀行でも利用することができます。

これにより、例えば暗証番号が第三者に知られたとしても、ワンタイムパスワードを知られなければ不正な取引を行うことはできません。

ワンタイムパスワードは専用のトークンまたはスマートフォンにて生成されるため、常に新鮮なセキュリティを保つことができます。

取引の度に新しいパスワードが求められるため、銀行システム内での安心した操作が可能となります。

楽天銀行のセキュリティ対策④:楽天銀行へログインする場所が決まっているなら利用できる場所の制限「ログイン制限」もあり!

特定の環境下でのみ楽天銀行にアクセスするという場合は、「ログイン制限」設定を活用することをお勧めします。

この設定により、事前に登録した場所、例えば自宅や職場のIPアドレスからのみログインが可能になるため、勝手にアカウントが使われるリスクを格段に低減します。

不慣れな環境や公共のWi-Fiなどからの不正アクセスを防ぐ効果があり、利用者がコントロールしやすくなります。

楽天銀行のセキュリティ対策⑤:普段モバイルを利用するならモバイルアクセスの制限も!

スマートフォンやタブレットから楽天銀行を利用しているユーザーは、モバイルアクセスの制限を設けることが重要です。

これにより、登録している機器からしか取引ができなくなるため、他の機器を使用した不正アクセスを阻むことができます。

例えば、紛失や盗難に遭った際でも、セキュリティ対策によって不正利用が抑えられるようになります。

また、モバイル端末専用のパスワードを設定することで、二重の安全を確保することもできます。

常にセキュリティを意識した設定を行い、安全なモバイルバンキングを実現しましょう。

楽天銀行は危ない?【まとめ】格付け・セキュリティ対策は?

以上の情報を総合すると、楽天銀行は信用できる銀行であり、安全性にも配慮していると言えます。

楽天銀行は格付けや運営の健全性についての指標を満たしており、信頼性が高いと評価されています。

また、楽天銀行はセキュリティ面でもメガバンクよりも優れた対策を導入しており、WEBサービスやATMのセキュリティシステムの充実度も高いです。

ただし、楽天銀行には改善すべき点もあります。

例えば、パスワード生成機の導入やワンタイムパスワードの利便性の強化など、さらなるセキュリティ対策の改善が求められています。

楽天銀行の危険性についての噂や手数料の高さについては、実際のところは事実ではありません。

楽天銀行は大手であり、楽天グループのサービスとして信頼性があります。

また、手数料に関しても、他の銀行と比較して高額というわけではありません。

つまり、楽天銀行は信用できる銀行であり、安全性にも優れた対策を講じています。

楽天銀行を利用する際には、セキュリティ対策にも注意しながら安心して利用することができます。

関連ページ:SBI新生銀行と住信SBIネット銀行の違いは?どっち?SBI証券NISA(つみたて)なら?

楽天銀行危ない?よくある質問

楽天銀行やめた方がいい?

楽天銀行は、その連携サービスやポイント制度などで利便性を提供するネット銀行として知られています。

しかし、すべてのユーザーにとって楽天銀行が最適な選択肢とは限りません。

そこで、以下の関連ページでは、楽天銀行をやめた方がいいケースに焦点を当て、その理由やデメリット、口コミなどについて考察していきます。

楽天市場や楽天カードをほとんど利用しない方や、インターネットに不慣れな方にとっては、他の銀行を選ぶことが適切な選択肢となるかもしれません。

楽天銀行のメリットとデメリットを比較しながら、利用者が自身のニーズに合った最適な選択をするための情報を提供します。

関連ページ:楽天銀行やめた方がいい?おすすめしない理由やデメリット、口コミやメリットは?

楽天銀行 危ない

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

橘 龍馬のアバター 橘 龍馬 サイト管理人

投資歴7年、30代3児の父。理学博士。
投資・節約の専門メディア「マネーの研究室」のサイト管理人。
インスタ・Twitterも更新!

【サイト利用時の注意点・免責事項】

 

掲載の情報は、信頼するに足ると信じる情報に基づいて作成したものですが、当サイトのデータの正確性は保証されていませんので、ご注意下さい。

本サイトの情報等を用いて行う行為に関して、その責任は全て利用者自身に帰属します。万一、利用者が何らかの損害を被った場合、その損害に関して当サイト管理者および情報を提供している第三者は一切の責任を負うものではありません。

本サイトは投資家・金融サービス利用者への情報提供を目的としており、証券・FXに関する契約締結の代理、媒介、斡旋、売買推奨、投資勧誘等を行うものではありません。

また、当ブログに記載の仮想通貨は暗号資産のことを指します。

目次