最大「5万円分」プレゼント!

楽天銀行やめた方がいい?おすすめしない理由やデメリット、口コミやメリットは?

楽天銀行やめた方がいい

楽天銀行は、メインバンクとして利用する予定がない人やネット取引に慣れていない方は、やめたほうがいい!という意見があります。

楽天銀行はやめたほうがいいと場合
  • ATMの入出金が多い!
  • 楽天銀行をメインバンクとして使う予定がない!
  • インターネットに慣れてない!
  • 店頭店舗での対面取引を望んでいる!
  • 楽天市場や楽天カードなど楽天経済圏のサービスを利用しない

ただし、楽天銀行は、おすすめしない!という意見がある一方で、

  • 楽天市場や楽天カードなど他の楽天経済圏のサービスで、お得にポイントがもらえる!
  • 楽天証券との連携で普通預金金利が最大0.1%(年率)になる!
  • ハッピープログラムで、手数料無料やポイント付与!

など、高金利やポイント還元、手数料など多くのメリットがあります。

そのため、ネット銀行に抵抗がない方は、楽天銀行を利用すると、日々の生活がお得で便利になります!

サイト管理人

私も社会人1年目から、楽天銀行を利用しています!

今なら、楽天証券と楽天銀行の同時開設や連携で、お得に現金(最大3,000円)やポイントがもらえるので、この機会に楽天証券と合わせて、楽天銀行の口座開設を行うとお得です!

\ キャンペーン参加はコチラ /

※口座開設費・維持費無料

※最短5分で口座開設完了

【楽天証券で3,000円もらえるキャンペーン】

楽天証券 楽天銀行 同時開設 デメリット

今なら、楽天証券・楽天銀行のキャンペーンで、最大現金3,000円がもらえます!

口座開設後の連携登録などで、無料(ノーリスク)で最大3,000円がもらえるので、かなりお得です。(2/29まで)

▶︎ キャンペーン詳細を見る

(予算の関係上)予告なく終了する場合もあるので、お早めにどうぞ!

目次

楽天銀行はやめたほうがいい?おすすめしない5つの理由・ケースは?

楽天銀行やめた方がいい

楽天銀行は便利な機能が多く、特に楽天グループのサービス利用者にはメリットが多い銀行ですが、一方で、利用者の状況やニーズによっては向いていない場合もあります。

楽天銀行をおすすめできないケースを考慮して、自身のライフスタイルと照らし合わせることが重要です。

以下で、おすすめしない主な理由を探ります。

楽天銀行はやめたほうがいいケース①:楽天市場や楽天カードなど楽天経済圏のサービスを利用しない

楽天銀行の最大の強みは、楽天市場や楽天カードなどの楽天経済圏との連携にあります。

これらのサービスを活用しない場合、特典やポイント制度の恩恵を受けられません。

例えば楽天市場でのショッピング時に加算されるポイントは、楽天銀行口座を持つことで増量される場合があるため、これらの利点を享受できないユーザーは楽天銀行のメリットを感じにくいでしょう。

楽天銀行はやめたほうがいいケース②:インターネットに慣れてない!ネット銀行での取引・手続きが不安!

楽天銀行はネット専業銀行であり、その取引のおおかたはインターネットを介して行われます。

オンラインバンキングに不慣れ、或いはインターネット環境が安定しない方、セキュリティ上の不安を抱える方にとっては利用が難しいかもしれません。

また、緊急時のサポートを対面で受けたいと思う人にも不向きです。

楽天銀行はやめたほうがいいケース③:店頭店舗での対面取引を望んでいる

対面での取引を好む人にとっては、店舗を持たないネット銀行は不便を感じることがあります。

お金に関することは特に、直接担当者と話をしたいというニーズが強い人にとって、楽天銀行は利用が難しいかもしれません。

銀行窓口での丁寧なガイダンスや直接の相談を重視する場合、店舗網を持つ従来の銀行が適しているでしょう。

楽天銀行はやめたほうがいいケース④:楽天銀行をメインバンクとして使う予定がない!

楽天銀行を積極的に使うことで得られるメリットが多く、多くのサービスに連携させて初めてその価値が高まります。

日常の金融活動に楽天銀行をメインで使用する意向がなければ、特定のサービスや機能を活かしづらいです。

他の銀行と同じく定期的な手数料がかかる場合もあり、利用頻度が低い場合は総合的なコストを考慮する必要があります。

楽天銀行はやめたほうがいいケース⑤:ATMの入出金が多い

楽天銀行はコンビニATMなどでの取り扱いが可能ですが、一定回数を超える入出金や時間帯によっては手数料が発生することがあります。

頻繁にATMを利用する方にとっては、その手数料が負担になり得ます。

無料での取引条件を満たしにくい、或いは手数料無料のATMが近隣にない場合には、他行の利用を検討した方が良いかもしれません。

楽天銀行はやめたほうがいいケース⑥:楽天経済圏のポイント還元率の低下・サービス改悪が多い

楽天経済圏内でのポイント還元率が実は低下することがあり、期待したほどのメリットが得られない場合が生じます。

また、利用者にとって不利な方向でのサービス改定が行われる可能性も否定できません。

こうした点を敏感に感じる方にとっては、安定したサービスを提供する他の金融機関の方が望ましいかもしれません。

楽天銀行はやめたほうがいい?おすすめなケースは?

楽天銀行やめた方がいい

楽天銀行は、特定の条件下や利用スタイルだと大変魅力的な銀行です。

そのメリットをいかに活かせるかによりますが、楽天経済圏でのショッピングや投資活動を頻繁に行う方にとっては、特におすすめの金融機関となっています。

次に、その利用がおすすめなケースについて具体的に解説します。

楽天銀行がおすすめできるケース①:楽天ポイントを貯めている方/楽天ハッピープログラムでさらにポイントが貯まる!

楽天銀行は、楽天ポイントを活用している人にとって非常にメリットが大きいです。

楽天ハッピープログラムに参加することで、銀行取引だけではなく、他の楽天サービスを利用する際のポイント還元率が向上します。

具体的には、楽天市場でのお買い物に応じてポイント還元を受けられ、楽天カードを併用すればさらにポイントが加算されます。

これにより、日常的な取引や消費行動を楽天銀行経由で行うだけで、徐々に大量のポイントを貯めることが可能になるため、賢い選択と言えるでしょう。

楽天銀行がおすすめできるケース②:楽天市場など楽天経済圏の他のサービスを使っている方/連携・設定でポイント還元率アップ!

楽天経済圏の中で生活をする場合、楽天銀行はその中心とも言える存在です。

楽天市場をはじめ、楽天ブックスや楽天トラベルなどのサービスとの連携が提供されており、これらを使用することでポイントの還元率を高めることができます。

ポイントを賢く貯めるための各種キャンペーンやサービスに簡単にアクセスできますし、楽天経済圏でのショッピングが日常的に行われる方にとっては、ポイントを最大限に利用するためにも楽天銀行の口座は不可欠です。

楽天銀行がおすすめできるケース③:普通預金金利を高くしたい方/楽天証券との連携(マネーブリッジ)で最大0.1%!

現在の銀行の普通預金金利は非常に低い水準ですが、楽天銀行なら楽天証券とのサービス連携「マネーブリッジ」を利用することで0.1%という高い金利を実現可能です。

このサービスを利用すると、証券口座の余力金が普通預金にスムーズに移動し、高金利を受け取ることができます。

そのため、投資を行いつつ効率的に資金管理をしたい方には格好の仕組みと言えるでしょう。

楽天銀行がおすすめできるケース④:楽天銀行との取引が多い方/楽天銀行同士なら振込手数料無料!

楽天銀行ユーザー間での振込は手数料が無料となります。

この特典は、個人間での送金やグループ内の資金のやり取りが頻繁にある場合に大変便利です。

特定の業務やプロジェクトで、楽天銀行の口座を持っているパートナーと多くの取引を予定している場合、手数料を気にせずに済むためコスト削減にも繋がります。

楽天銀行がおすすめできるケース⑤:他行宛ての振込やATMの入出金をそこまで多く使わない!

楽天銀行の振込手数料は他行宛てに行う場合や、提携外ATMでの入出金に一定の手数料がかかりますが、これをあまり利用しない方であれば、手数料負担をほとんど感じることなくサービスを利用することができます。

オンラインバンキング中心の利用であれば特に問題はありませんし、むしろ様々なサービスによるメリットを享受できるでしょう。

楽天銀行はやめたほうがいい?楽天銀行の口コミ・評判は?

楽天銀行やめた方がいい

楽天銀行を利用することのメリットとデメリットについては、利用者の間で様々な口コミや評判が存在します。

高金利や楽天経済圏での便利さなどが好評価の一方で、取引停止や対応の悪さに苦言を呈する声も散見されます。

実際のところ、楽天銀行はどうなのでしょうか?その真相に迫っていきます。

楽天銀行の良い口コミ・評判①:普通預金金利が高い!

楽天銀行の最大の魅力の一つは、業界平均をはるかに上回る普通預金の金利です。

https://twitter.com/pyonpyon45815/status/1726900785966194752

楽天銀行の金利は他の多くの銀行に比べて高設定されているため、預金を保有するだけで有利な金融活動が可能になります。

その結果、資産を効率よく増やしたいと考えるユーザーからの高評価が多く見られます。

貯蓄に重きを置く方にとっては、楽天銀行が注目される理由は明白でしょう。

楽天銀行の良い口コミ・評判②:楽天経済圏の他のサービスと合わせてお得!

楽天銀行は楽天市場や楽天カードなど、楽天経済圏内のサービスとの連携が密です。

これにより、楽天ポイントの獲得や使用が非常に便利となっており、消費者から肯定的な意見が多く聞かれます。

楽天銀行を使えば、購入時のポイント還元率の向上や手数料無料のATM利用など、多面的なメリットを享受することができるのです。

楽天銀行のイマイチな口コミ・評判①:急な取引停止・口座凍結の可能性がある!?

一方で、いくつかの口コミでは、突然の取引停止や口座凍結に遭遇したという声が挙げられています。

これらの措置はしばしば金融機関のセキュリティの一環として行われますが、誤解を招くことがあり、不便さを感じる顧客がいるようです。

急ぎの支払いが必要な時にアクセスできないことは、楽天銀行の利用者にとって非常に不安な状況になりえます。

楽天銀行のイマイチな口コミ・評判②:トラブルの対応が悪いという意見も!

楽天銀行を取り巻く様々なトラブルに関する顧客サポートが十分でないとの指摘もあります。

問い合わせに時間がかかりすぎる、適切な解決策を提示されないなど、サポート体制への不満は利用者の間で共有されており、サービス改善への要望が強くなっています。

楽天銀行のイマイチな口コミ・評判③:楽天全体でポイント還元率の低下・サービスの改悪が多い

楽天グループ全体におけるポイント還元率の低下やサービスの改悪に関する批判も存在します。

これは楽天銀行に限らず、楽天市場や楽天カードなどのサービスでも言及されており、もたらされる特典が以前に比べて減少していると感じるユーザーは少なくありません。

顧客満足度を維持するためには、こうしたネガティブなフィードバックにも敏感に反応することが必要と言えるでしょう。

楽天銀行の口コミ・評判【まとめ】楽天銀行やめた方がいい?

以上が、楽天銀行の口コミや評判の一部です。

楽天銀行を利用するか否かは個人の好みや利用目的によって異なるため、メリットとデメリットをよく考慮して判断する必要があります。

項目内容
良い評判
・口コミ
普通預金金利が高い!
楽天経済圏の他のサービスと合わせてお得!
イマイチな評判
・口コミ
急な取引停止・口座凍結の可能性がある!?
トラブルの対応が悪いという意見も!
楽天全体でポイント還元率の低下・サービスの改悪が多い
楽天銀行の口コミ・評判【まとめ】

安定した金利と楽天経済圏との連携のメリットを享受しつつ、トラブルの可能性や対応の悪さに備えることが大切です。

ご自身の利用スタイルやニーズに合った銀行を選ぶようにしましょう。

楽天銀行はやめたほうがいい?楽天銀行の特徴・メリットは?

楽天銀行やめた方がいい

金融サービスを提供する際、顧客が最も重視するのは信頼性と便利さです。

楽天銀行はインターネットバンキングの先駆けとして知られ、多くの利点がありますが、一方でデメリットも考慮する必要があります。

本文では、楽天銀行を利用する際の特徴やメリットを解説し、利用を考える際の参考にしていただければと思います。

楽天銀行とは?

楽天銀行は、インターネット専業の銀行として幅広いサービスを提供しています。

口座の開設から管理、送金、ローンの申込みまで、全てオンラインで完結する手軽さが魅力です。

低コスト運営を実現しているため、利用者には有利な金利で貯金や融資を受けられる場合もあります。

楽天グループの一員として、他の楽天のサービスと連携することでポイントが貯まりやすいのも大きな利点です。

楽天銀行の特徴・メリットは?

楽天銀行の最大の特徴は、24時間365日利用可能である点です。

従来の銀行が店舗の営業時間に限られていたのに対し、ユーザーはいつでも自由に取引を行うことができます。

また、手数料が低いことも大きなメリットであり、特に提携ATMならば無料で利用できる回数が設けられており、コスト削減につながります。

さらに先述したように楽天スーパーポイントが貯まりやすく、楽天市場でのお買い物など他の楽天サービスとのシナジー効果を享受できるのも大きな魅力です。

楽天カードや楽天証券など楽天の他の金融サービスを使う人にはオススメ!

楽天銀行は、楽天カードや楽天証券といった他の楽天系サービスを使う顧客にとって非常に便利です。

例えば楽天カードで支払った際の引き落とし口座を楽天銀行にすることでポイントが追加で貯まるなど、銀行との連携によって特典を受けることができます。

また、証券口座との資金移動もスムーズで、投資と日々の金融活動を効率良く行えるため、楽天グループのサービスをフル活用しているユーザーには特に推奨される選択肢です。

楽天銀行やめたほうがいい?【まとめ】おすすめしない人・おすすめできる人の違いは?

この記事では、楽天銀行について「やめた方がいいのか」という点に焦点を当て、その理由や口コミ、おすすめのケースなどを紹介しました。

結論として、楽天銀行は利用者によってメリットやデメリットが異なるため、一概に「やめた方がいい」とは言い切れません。

楽天銀行をやめたほうがいいと考える理由としては、まずサポート体制の不安定さが挙げられます。

電話サポートが充実していないため、問題や疑問が発生した際にスムーズに解決できない可能性があります。

また、楽天銀行の手数料が他の銀行に比べて高いという点もデメリットの一つです。

特にキャッシングや振込手数料など、利用頻度の高いサービスで負担が大きくなる可能性があります。

一方で、楽天銀行をおすすめするケースも存在します。まず、楽天グループの一員であるため、楽天ポイントの利用や楽天証券との連携など、総合的なサービスを利用する場合に便利です。

また、預金金利やATM利用料が他の銀行に比べてお得な点も魅力です。

特に楽天証券と銀行口座を一緒に作ることで貯金が増えるスピードが100倍になるという特典もあります。

口コミや評判については、利用者の意見が分かれています。

一部の利用者はサポート体制や手数料の高さに不満を持っている一方で、預金金利や便利なサービスに満足している声もあります。

楽天銀行を利用する際には、自身の利用目的や優先するポイントに合わせて判断することが重要です。

結論として、楽天銀行は利用者によって評価が分かれるサービスです。デメリットや不安要素がある一方で、お得な特典や便利なサービスも充実しています。

楽天銀行を利用するかどうかは、自身のニーズや優先順位によって判断し、よく考える必要があります。

関連ページ:SBI新生銀行と住信SBIネット銀行の違いは?どっち?SBI証券NISA(つみたて)なら?

楽天銀行やめた方がいい?よくある質問

楽天銀行のデメリットとメリット、口コミは?

楽天銀行は、その特徴的なサービスや利点から広く知られていますが、実際のところ、どのような評判なのでしょうか?

以下の関連ページでは、筆者が自身の11年の楽天銀行利用経験をもとに、そのデメリットやメリット、口コミを評価します。

普通預金口座の金利が高いことや手数料が安いことなど、楽天銀行の魅力は多岐にわたりますが、一方で実店舗の不在や手数料無料に条件があることなど、注意点も存在します。

これから楽天銀行を利用を考えている方や既に利用している方にとって、本記事は貴重な情報源となるでしょう。

関連ページ:楽天銀行の評判は?デメリットやメリット、口コミを13年の体験で評価!

楽天銀行へ給与振込するデメリットは?

最近では、楽天銀行を給与振込先に選択する人が増えていますが、一方でそのデメリットにも注目が集まっています。

楽天銀行を給与振込先にする場合、他行への振込手数料やATMの入出金手数料が無料になる条件を満たす必要があります。

しかし、条件をクリアするためには一定の入金額や楽天関連サービスの利用が必要であり、それが負担に感じられることもあります。

この記事では、楽天銀行へ給与振込する際のデメリットや注意点、そしておすすめできる人について考察します。

自分にとってのメリットとデメリットを十分に比較し、給与振込先としての選択肢を検討しましょう。

関連ページ:楽天銀行へ給与振込するデメリットは?注意点やメリット、おすすめできる人は?

楽天銀行は危ない?

楽天銀行をはじめとするネット銀行は、店舗をもつ銀行に比べて、どの程度信用できるのか気になる方もいるでしょう。

この関連ページでは「楽天銀行って危ないのでは?」と不安な方に向けて、格付けや運営の健全性を確認するための指標について紹介します。

信頼性や安全性の観点から楽天銀行の経営状況を評価し、潰れる可能性やセキュリティ対策について考察していきます。

楽天銀行の信頼性について明確に理解するための情報を提供しますので、ぜひご参考にしてください。

関連ページ:楽天銀行は危ない?潰れる可能性やセキュリティ対策、安全性は?

楽天銀行を解約するデメリットは?

楽天銀行は、多くの人々にとって便利な銀行ですが、解約を考える場合にはどのようなデメリットがあるのでしょうか?

解約には手続きや手数料がかかる場合があり、それによって利用者にとって不都合が生じることもあります。

また、楽天銀行の特典やサービスも解約することで失われる可能性があります。

では、解約はどのような場合に考えるべきなのでしょうか?

以下の関連ページでは、楽天銀行を解約するデメリットや解約方法について詳しく解説します。

解約の是非を判断するための情報を提供し、読者の皆さんが最善の選択ができるようにお手伝いします。

関連ページ:楽天銀行を解約するデメリットは?解約方法・解約しない方がいい人は?

楽天銀行やめた方がいい

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

橘 龍馬のアバター 橘 龍馬 サイト管理人

投資歴7年、30代3児の父。理学博士。
投資・節約の専門メディア「マネーの研究室」のサイト管理人。
インスタ・Twitterも更新!

【サイト利用時の注意点・免責事項】

 

掲載の情報は、信頼するに足ると信じる情報に基づいて作成したものですが、当サイトのデータの正確性は保証されていませんので、ご注意下さい。

本サイトの情報等を用いて行う行為に関して、その責任は全て利用者自身に帰属します。万一、利用者が何らかの損害を被った場合、その損害に関して当サイト管理者および情報を提供している第三者は一切の責任を負うものではありません。

本サイトは投資家・金融サービス利用者への情報提供を目的としており、証券・FXに関する契約締結の代理、媒介、斡旋、売買推奨、投資勧誘等を行うものではありません。

また、当ブログに記載の仮想通貨は暗号資産のことを指します。

目次