最大「5万円分」プレゼント!

【SBI証券】クレジットカードおすすめ「5選」三井住友以外の積立対象やキャンペーンは?

sbi証券 クレジットカード おすすめ
目次

【SBI証券】クレジットカードおすすめ「5選」

sbi証券 クレジットカード おすすめ

SBI証券は、クレジットカードを用いた資産形成を容易にするクレジットカード積立サービスを提供しています。

この記事では、SBI証券でクレジットカード積立を始めるためにおすすめのクレジットカードについてご紹介します。

特に、SBI証券との相性が良く、ポイントや特典が魅力的なクレジットカードを厳選しました。

クレジットカード積立を利用することで、効率的に資産を形成することができます。

この記事を通じて、クレジットカード積立の魅力やメリットをご紹介し、投資に興味のある方々の参考になれば幸いです。

【SBI証券】クレジットカードおすすめ①:三井住友カード ゴールド(NL)

まず最初のおすすめは、三井住友カード ゴールド(NL)です。

このカードは、SBI証券との提携カードであり、クレジットカード積立サービスを利用する際に最適です。

ポイント付与率は最大1.0%と非常に高く、資産形成に役立てることができます。

また、初年度年会費無料で、翌年以降も条件を満たせば年会費が免除されるため、経済的にも魅力的です。

【SBI証券】クレジットカードおすすめ②:Oliveフレキシブルペイゴールド

2つ目のおすすめは、Oliveフレキシブルペイゴールドです。

このカードもSBI証券との提携カードであり、クレジットカード積立サービスに適しています。

ポイント付与率は最大1.0%で、貯めたポイントを資産形成に活用することができます。

さらに、基準年会費が無料であるため、経済的な負担も軽減されます。

【SBI証券】クレジットカードおすすめ③:三井住友カードプラチナプリファード

次にご紹介するのは、三井住友カードプラチナプリファードです。

このカードもSBI証券との提携カードであり、クレジットカード積立に最適です。

ポイント付与率は最大5.0%であり、充実した特典も魅力の一つです。

さらに、24時間対応のコンシェルジュサービスが利用できるため、便利さも特筆すべき点です。

【SBI証券】クレジットカードおすすめ④:Oliveフレキシブルペイプラチナプリファード

4つ目のおすすめは、Oliveフレキシブルペイプラチナプリファードです。

このカードもSBI証券との提携カードであり、クレジットカード積立に便利です。

ポイント付与率は最大5.0%で、積立したポイントを有効活用することができます。

また、国内外の空港ラウンジの利用ができるなど、優れた特典も魅力的です。

【SBI証券】クレジットカードおすすめ⑤:三井住友カード(NL)

最後にご紹介するのは、三井住友カード(NL)です。

このカードもSBI証券との提携カードであり、クレジットカード積立に最適です。

ポイント付与率は最大0.5%となっており、積立したポイントを資産運用に活用することができます。

また、年会費無料であるなど、経済的な利点もあります。

以上、SBI証券でおすすめのクレジットカードを5つご紹介しました。

クレジットカード積立を活用することで、効率的に資産を形成することができます。

ぜひ、自身の投資スタイルやニーズに合ったクレジットカードを選び、資産形成に役立ててください。

投資に興味のある方々にとって、この記事が参考になれば幸いです。

【SBI証券クレジットカード積立】三井住友以外の対象は?楽天カード払いは?

sbi証券 クレジットカード おすすめ

SBI証券では、三井住友カードをはじめとするさまざまなクレジットカードを利用して、投資信託の積立が行えるサービスが提供されています。

投資信託をクレジットカードで積立投資することで、便利に資産を増やすことができます。

しかし、気になるのは、三井住友カード以外のクレジットカードはどのようなものが対象となっているのか、そして楽天カードを利用したクレジットカード積立も可能なのかという点です。

まず、SBI証券のクレジットカード積立の対象となるカードとしては、以下のようなものがあります。

三井住友カード以外のSBI証券クレカ積立の対象カード①:高島屋カード

タカシマヤの百貨店やグループ内の店舗でのお買い物がさらに魅力的になる、そんなショッピングサポーターが「高島屋カード」です。

このカードを使って商品を購入するたびに、ご利用金額に応じたポイントが加算され、貯めたポイントはお得な特典と交換できます。

さらに特筆すべきは、このカードが単なるショッピングでのリワードに留まらない点です。

なんとSBI証券が提供するクレジットカードでの投資信託積立サービスにも対応しており、カード利用で積み上げるポイントとともに、資産形成へ向けた一歩を踏み出すことが可能です。

このように、買い物での快適さを追求しただけでなく、ユーザーの将来的な豊かさにも寄与するよう設計された高島屋カードは、日常生活の中でのさまざまな支出を賢く、そして質の高い投資に繋げる橋渡し役を果たします。

ポイント制度を利用して得た割引の利益を、さらに投資信託の積み立てという形で成長させることもできるため、消費行動そのものが投資の種となり得るのです。

精巧かつ総合的なメリットを提供する高島屋カードは、賢い消費者にとって、ただのお買い物だけでなく、将来の安定した資産形成にも資する重要なツールとなることでしょう。

三井住友カード以外のSBI証券クレカ積立の対象カード②:TOKYUカード

TOKYUカードは、東急グループが提供する多様な店舗やサービスを利用する際に非常に魅力的な特典を受けられるクレジットカードです。

このカード一枚あれば、ショッピングやエンターテイメント、ダイニングから旅行まで、東急グループ内で幅広いシーンでの使用が思いのままに。

特に、東急百貨店やBunkamuraといったファッション、文化の発信地での優待サービスは魅力的で、ユーザーには日常的な買い物から特別な日のプランまで、豊かな体験をもたらします。

投資に興味がある方にとっても、TOKYUカードは魅力的な選択肢です。

なぜなら、SBI証券が提供するクレジットカード積立サービスに対応しているため、定期的な積立投資をスムーズに行えるからです。

このシステムを利用すれば、毎月一定額を投資することができ、将来の資産形成に向けた地道な一歩を踏み出す手助けになります。

市場の変動に左右されずにコツコツと積み上げることで、長期的な視点での資産増加を目指せる点は、賢明な資金管理を望むユーザーにとって心強い特徴と言えるでしょう。

以上のことから、日々の生活における買い物の便利さだけでなく、将来への資産形成の手段としても、TOKYUカードは理想的な一枚と言えます。

ショッピングでのポイント還元や割引、賢い投資戦略をサポートする機能を一手に担う、それがこのカードの大きなメリットです。

東急グループの持つ幅広いビジネスネットワークを背景にした信頼性とサービスの利便性を兼ね備えており、暮らしを豊かに彩るパートナーとして重宝することでしょう。

三井住友カード以外のSBI証券クレカ積立の対象カード③:アプラスカード

アプラスカードを手にすると、全国のANAのフライトや星野リゾートといった一流のパートナー企業で受けられる数々の恩恵に出会えます。

飛行機のマイルを始め、宿泊施設での優待など、旅の満足度を高める魅力が詰まっています。

加えて、このクレジットカードは賢明な資産運用を支援する機能も秘めており、SBI証券が提供するクレジットカード積立サービスへの対応がその一例です。

投資の初心者も、コンスタントに資金を積み上げることで、資産形成を目指すことが可能になっています。

アプラスカードは、日々の消費を支払い、その度に特典を享受するという利点も備えています。

ポイントが貯まるスピードや、使い道の幅広さにおいて、カードユーザーの間で高く評価されている点も見逃せません。

ショッピングやレストランでの利用はもちろんのこと、定期的な支払いにも適应し、生活の質の向上を具体的にサポートしてくれる存在なのです。

そして、利便性だけでなく、セキュリティ面においても安心を提供。

不正利用防止策が徹底しており、万が一の場合にはサポート体制が整っているため、利用者は安心してカードを日常的に利用することができるでしょう。

生活の様々なシーンでのパートナーとして、アプラスカードは金融の面から豊かさと便利さを提供しています。

三井住友カード以外のSBI証券クレカ積立の対象カード④:UCSカード

UCSカードは、生活に欠かせないサービスと密接に関わるクレジットカードです。

このカードは、東京ガスが発行する提携カードとしての役割を担い、毎月のガス料金の決済手段として便利に使える特性があります。

利用者はカードを通じてガスの支払いを行うことで、日々の生活の中で無理なく支出管理が可能となります。

ただ、UCSカードの利用価値はガス料金の決済にとどまりません。

投資の世界においてもこのカードは有用で、SBI証券によるクレジットカードを使った投資信託の積立サービスに対応している点が魅力です。

カードでの決済を継続的に行うことにより、積立投資を効率良く行うことができ、資産形成への一歩を踏み出せます。

積み立てることにより、長期的な資産増加を目指し、将来に向けての備えを行うことが可能です。

さらに、UCSカードはポイント還元率も良好であり、日常的なショッピングや旅行、ダイニングなどの様々な支払いでポイントが貯まります。

貯まったポイントは、次回の支払いに活用したり、さまざまな商品やサービスとの交換が望めるため、ユーザーにとっては非常に魅力的な特典となります。

つまり、UCSカードは日常生活に根ざしながら、長期の金融計画にも役立つ多面的な利用価値を持つカードなのです。

以上のようにUCSカードは、生活経済の安定させるサポートから資産増加のチャンスまで、カード一枚で実現することのできる便利かつ多機能なツールであり、賢明な金融戦略を支える存在です。

三井住友カード以外のSBI証券クレカ積立の対象カード⑤:オリコカード

オリコカードは、オリエントコーポレーションが発行する多機能なクレジットカードです。

このカードの魅力は、日常生活の購買活動はもちろん、多彩なサービス利用時にもポイントが積み重なっていく仕組みにあります。

これにより、ユーザーは普段の支出をポイント還元という形で実質的な節約に繋げることができます。

その上、オリコカードは賢い投資戦略をサポートするツールとしても一役買っており、SBI証券が提供するクレジットカード積立サービスへの対応を実現しています。

これによりカード利用によって蓄えたポイントを、さらなる資産形成に役立てることが可能です。

幅広いポイントプログラムや投資先としても活用できることから、オリコカードは財布の中の賢いパートナーと言えるでしょう。

さまざまな消費シーンでのお得感を実現しつつ、将来の財産増加にも貢献するこのカードは、経済的な利益を追求するユーザーにとって、非常に魅力的な選択肢となるはずです。

三井住友カード以外のSBI証券クレカ積立の対象カード⑥:大丸松坂屋カード

大丸松坂屋カードは、ショッピングをもっと豊かな体験に変えるための一枚です。

特に大丸や松坂屋といった百貨店のイベントやセール時には、このカードがあなたの購入効率を格段に高めます。

幅広いジャンルの商品購入でポイントが加算されるため、利用者にとっては非常に充実したリワードを享受することが可能です。

また、そのポイントは次回のお買い物で使える割引としても利用でき、財布に優しいメリットを提供し続けています。

さらに大丸松坂屋カードの優位性は、ただのショッピングに留まらず、資産形成にも役立つ機能を備えている点にもあります。

このカードを使用すれば、SBI証券が提供するクレジットカードによる投資積立サービスに参加でき、毎月一定額を自動的に投資に回すことができます。

これにより、カードの利用を通じて日常の消費活動が、着実な資産形成へと繋がる仕組みになっているのです。

買い物をするごとに、将来のための蓄えも同時に増えていくことで、より計画的な資金管理が実現します。

このカードは、ポイント還元率の高さに加えて、投資にも利用できる多機能さが魅力。

経済的な利益だけでなく、時間の節約や効率化といった非金銭的な価値も提供するため、日々の生活をより豊かなものに変えてくれる貴重なツールと言えるでしょう。

より多くのお客様のニーズに応えるため、大丸松坂屋カードは常に新しいサービスの検討と提供を続けており、ユーザーにとって長く愛用できるカードとなっています。

以上が、SBI証券のクレジットカード積立の対象となる主なカードです。

これらのクレジットカードを利用することで、投資信託を積み立てることができ、効率的に資産を増やすことができます。

SBI証券のクレジットカードで積立で楽天カード払いは対象外!

投資信託の積立を考えている方にとって、クレジットカードを通じた自動積立は非常に便利なオプションです。

しかしながら、楽天カードを所有している方がSBI証券でこのサービスを利用しようとすると、対象外という壁に直面することになります。

この場合、楽天カード以外の別のクレジットカードを選び、そのカードに紐付ける形で自動的に資金が投資信託に振り向けられるシステムを設定する必要があります。

クレジットカード積立とは、毎月一定額をクレジットカードで支払うことで、指定した投資信託への投資が完了する仕組みです。

普段のショッピング等で使用するクレジットカードから直接、積立投資が行えるため、個別で振込を行う手間が省けるだけでなく、忘れがちな積立も自動化することができます。

SBI証券は多くのクレジットカードを使用した投資信託の積立を受け付けているものの、楽天カードはその選択肢に含まれていません。

したがって、楽天カードユーザーは投資家として別の手段を検討する必要があります。

例えば、三井住友カードやYahoo! JAPANカードなど、SBI証券がサポートする他のクレジットカードを選び直し、そのカードを通じて積立を行なうことが求められます。

投資信託は長期的な資産形成に向けた手段の一つとして人気がありますが、その手軽さを享受するためには、使えるツールや方法を知っておくことが大切です。

楽天カードを利用できないことを早期に認識し、他のカード会社から積立用のクレジットカードを選び、その利点を最大限に活用しながら資産を増やしていく過程が重要となります。

NISAも対応!SBI証券クレジットカード積立のメリットと注意点

sbi証券 クレジットカード おすすめ

SBI証券では、クレジットカードを利用しての投資信託積立が可能となっており、このパートではそのメリットと注意点について詳しくご紹介します。

クレジットカード積立は、手軽な方法で投資を始めることができ、さらにSBI証券ならではの特典も受けられます。

また、つみたてNISAにも対応しており、税金面でも優遇措置が受けられることから、多くの投資家に注目されています。

しかしその一方で、クレジットカードを利用する際には注意点もありますので、しっかりと把握しておきましょう。

SBI証券のクレジットカード積立の魅力と、投資を成功させるために押さえておくべきポイントについて解説していきます。

SBI証券クレジットカード積立の特徴・メリット【厳選5選】

サイト管理人

始めに、SBI証券のクレジットカード積立が、どのようなサービスなのか、簡単に解説していきます。

SBI証券の三井住友カード投信積立は、SBI証券の毎月自動積立の決済時に、三井住友カードが利用できる積立サービスです。

SBI証券にお金を入金する手間が省けるうえ、三井住友カードのVポイント還元が受けられる点が特徴です。

sbi証券 クレジットカード おすすめ
サイト管理人

SBI証券クレカ積立の大まかな内容が分かったところで、特徴やメリットを詳しく解説していきます。

SBI証券クレジットカード積立(三井住友カード投信積立)のメリットは、主に、以下の5点があります。

SBI証券クレジットカード積立のメリット
  • 最大5.0%のVポイント付与が受けられる!
  • 新NISA/つみたてNISAに対応!
  • 対象の投資信託が豊富!
  • 毎月自動積立ができる!
  • Vポイントの使い道が多い!

お得度・利便性の両面でメリットが大きく、投資信託の積立を行うのであれば、SBI証券のクレカ積立を使うのが、お得で便利です!

サイト管理人

以下、各メリットについて一つずつ詳しく解説していきます。

SBI証券クレジットカード積立のメリット①:最大5.0%のVポイント付与が受けられる!

始めに、SBI証券の投信積立に三井住友カードを利用する1つ目のメリット、最大5%のVポイント付与が受けられる点について解説していきます。

SBI証券のクレカ積立では、投信積立の決済に利用する三井住友カードの券種によって、Vポイントの還元率が変わります。

sbi証券 クレジットカード おすすめ
券種付与率
三井住友カード(NL)0.5%
三井住友カード
ゴールド(NL)
1.0%
三井住友カード
プラチナプリファード
5.0%
SBI証券三井住友カード投信積立のVポイント付与率

三井住友カード(NL)などの通常カードであれば、0.5%還元。

また、三井住友カード ゴールド(NL)等のゴールドステータスのカードで1%還元。

そして、三井住友カードプラチナプリファードの利用で、5%還元が受けられます。

sbi証券 クレジットカード おすすめ

ここで、毎月5万円を積立する場合を考えると、三井住友カード(NL)などの通常カードであれば、年間3,000円分のポイント。

また、三井住友カード ゴールド(NL)などのゴールドカードで、年間6,000ポイントがもらえるますが、三井住友カードプラチナプリファードの場合、なんと、年間3万円分のポイントがもらえます!

サイト管理人

投資において、確実なプラスリターンを生み出すことは不可能なので、最大5%分のポイントは、かなり大きなメリットと言えます。

SBI証券クレジットカード積立のメリット②:新NISA・つみたてNISAも対応している!

サイト管理人

次に、2つ目のメリットについて解説していきます。

SBI証券の三井住友カード投信積立は、ジュニアNISAやiDeCo口座などでは利用できませんが、つみたてNISAや一般NISA口座、特定口座、一般口座では、利用可能です。

sbi証券 クレジットカード おすすめ

SBI証券は、この記事で解説する「クレジットカード積立」以外にも、投信マイレージというサービスで、毎月ポイントが貯まったり、貯めたポイントを1P=1円で投資に回せる等、多くのメリットがあります。

そのため、SBI証券は、積立NISAや新NISA口座での積立に、おすすめの証券会社と言えます。

つみたてNISAは、毎年最大40万円までの投資が非課税となる制度であり、将来の資産形成において大きなメリットとなります。

クレジットカード積立なら、毎月コツコツと資産を積み上げることができます。

SBI証券クレジットカード積立のメリット③:クレカ積立に対応している投資信託の数が豊富!

sbi証券 クレジットカード おすすめ
サイト管理人

次に、3つのメリット、手数料が安い投資信託が充実している点について解説していきます。

SBI証券のクレカ積立は、SBI証券が取り扱っている2,000本以上の全ての投資信託で対応しています。

そのため、こちらの表にあるような、超低コストインデックスファンドの積立にも利用できます。

順位銘柄名管理コスト
(信託報酬)
1位eMAXIS Slim全世界株式
(オールカントリー)
0.05775%
2位SBI・V・S&P500
インデックスファンド
0.0938%
3位eMAXIS Slim米国株式
(S&P500)
0.0968%
4位SBI・V・全米株式
インデックスファンド
0.0938%
5位SBI・V・全世界株式
インデックスファンド
0.1338%
【SBI証券】積立件数ランキング(つみたてNISA口座)
サイト管理人

特に、SBI・Vシリーズのファンドは、楽天証券で取り扱っていないので、SBI証券に大きなメリットがあります。

SBI証券では、クレジットカード積立に対応している投資信託の数が豊富です。

さまざまなジャンルの投資信託から自分に適したものを選ぶことができ、投資の幅を広げることができます。

さらに、ポイント還元率の高いクレジットカードを利用すれば、よりお得に投資を進めることができるでしょう。

SBI証券クレジットカード積立のメリット④:毎月自動で積立ができる!ほったらかし投資が手軽にできる!

そして、三井住友カード積立の4つ目のメリットが、毎月1日に自動積立が設定できる点です。

一度、クレカ積立を設定してしまえば、SBI証券に積立資金を入金する手間を省き、自動で毎月積立ができます。

クレカ積立のスケジュールは、こちらのようになっています。

sbi証券 クレジットカード おすすめ

10日までに積立申込・設定が完了すれば、14日にカード決済が行われ、翌月1日に積立が行われます。

カードの引き落とし日は、他のカードショッピングと同様に、三井住友カードを発行した際に選んだ「10日または26日」になります。

サイト管理人

クレジットカード積立の具体的な始め方・方法は、本記事の後半部分で詳しく解説していきます。

一度設定してしまえば、毎月継続して積立が行われるため、手間もかかりません。

これにより、忙しい日常生活の中でも手軽に投資を続けることができますので、ほったらかし投資を実践したい方には特におすすめです。

SBI証券クレジットカード積立のメリット⑤:クレカ積立で貯まるVポイントの使い道が豊富!

sbi証券 クレジットカード おすすめ
サイト管理人

最後に、三井住友カードの積立決済で貯まる「Vポイント」の使い道が豊富な点について解説していきます。

三井住友カードの利用で貯まるVポイントは、街での買い物や三井住友系の各種サービス、さらにポイント交換など様々な用途で利用できます。

Vポイントの主な使い道
  • 三井住友カードの支払いへの充当
  • SBI証券で投資信託の購入に使える!
  • Visaタッチ決済に利用できる!
  • 提携ポイントに交換可能!
  • ギフトカードなどにも交換可能!

キャッシュバック:三井住友カードの支払いへの充当

いくつかの使い道を紹介しておくと、まず一つ目の使い道が、「キャッシュバック」と呼ばれる三井住友カードの支払いへの充当です。

1P=1円として、カードの支払いに利用できるので、私もよく利用しています。

Vポイント投資:SBI証券での投資信託の購入に使える!

二つ目の使い道が、SBI証券での投資信託の購入です。

こちらのサービスでも、1P=1円として、投資信託の買付金額に充てることができます。

その他のVポイントの使い道

また、Visaタッチ決済の利用も、1P=1円でポイントを利用できる使い道の一つです。

また、提携先のマイレージとの交換や楽天ポイントなど、提携ポイントとの交換にも利用できます。

以上がSBI証券のクレジットカード積立のメリットですが、注意点もあります。

まず、クレジットカードの利用には借金リスクが伴いますので、返済能力をしっかりと考慮する必要があります。

また、ポイント還元率や投資信託のリターンなど、利益を最大化するためには慎重な選択が必要です。

投資のリスクについても十分に理解し、適切な投資を心がけましょう。

まとめると、SBI証券のクレジットカード積立は手軽な方法であり、さまざまな特典を受けることができます。

NISAにも対応しており、税金面でも優遇措置があるため、将来の資産形成を考える上でも魅力的です。

しかし、慎重な選択と適切なリスク管理が必要ですので、注意点も押さえておきましょう。

クレジットカードを活用して賢く投資を進めましょう。

積立やNISAでクレジットカードを使うデメリットは?

積立投資やNISAへの取り組みを始める際に、クレジットカードで支払う選択肢が考えられることは珍しくありません。

この選択の背後には、ポイントを獲得するなどのインセンティブが存在することも確かです。

しかしながら、無知な判断は将来の資産形成に損失をもたらすリスクを抱えています。

証券会社の間では珍しいクレジットカードによる支払いを提供しているオプションを見つけたとしても、それは高額な手数料になる可能性が高いです。

つまり、手数料が増大し、長期にわたる資産運用の収益を大幅に圧迫します。

実際に投資を行う際には、これらの費用は運用成果を直接的に減少させ、長期的な投資戦略を損なう要因となるかもしれません。

クレジットカードの特典は魅力的に感じるかもしれませんが、長期的な責任を持った投資を行う上で、ごくわずかなメリットが投資の質を低下させる結果になる可能性もあります。

小さなポイントやキャッシュバックは一時的な利益として魅力的に映るかもしれませんが、それによって経済的な自由や安定への道を妨げる可能性も念頭に置かなければなりません。

また、クレジットカードの利便性は支出のコントロールを難しくしてしまう側面もあります。

無意識のうちに投資額を増やし、キャッシュフローの管理が複雑になってしまいます。

消費者金融の罠に陥ることなく、現金や銀行口座からの直接支払いがより計画的かつ合理的な選択とされています。

金融情報の安全性にも目を向けると、クレジットカードを使用した取引はデータ漏洩や不正利用のリスクを増加させます。

セキュリティが最優先されるべき資産管理の世界では、これらのリスクを軽視することはできません。

実際に、本人確認の徹底が要求され、通信の暗号化やセキュリティ対策の行き届いた銀行を通じた取引が、不正アクセスから資産を守るための堅牢な方法とされています。

クレジットカードを使った支出は魅力的な側面を持ちますが、手数料の高さや不合理な支出、セキュリティ上の脆弱性などの多面的なデメリットを総合的に評価すると、明らかな教訓があります。

貯金や直接引き落としによる支払い方法が、健全な財政管理と投資の最適化を実現する上で一般的に推奨されています。

賢明な投資家は将来の運用成果を阻害する潜在的なリスクに警戒し、自己の資産を守るために、より慎重な選択をすることが求められます。

また、投資家は資産を長期にわたって育てるために、市場変動や経済の波乱に対して冷静な判断を下す必要があります。

さらに、資産運用の計画を立てる際には、リスクとリターンのバランスを考慮し、適切なポートフォリオを構築することも重要です。

信頼できる情報源からの情報収集や専門家の助言を活用し、効果的な資産運用を行いましょう。

また、NISAやSBI証券クレジットカード積立などの新たな投資手法も利用しながら、資産を適切に運用することで、将来の経済的安定を図ることが可能です。

【SBI証券】クレジットカードのおすすめキャンペーン

sbi証券 クレジットカード おすすめ

お得なクレジットカードキャンペーン情報をお求めの方に朗報です!

SBI証券では、おすすめのクレジットカードキャンペーン情報をご紹介いたします。

クレジットカードを選ぶ際には、ポイントの貯まりやすさや使い道が重要なポイントとなりますよね。

このパートでは、SBI証券がご提供するクレジットカードの魅力的なキャンペーン情報について詳細にご紹介します。

特典やポイント還元率など、お得な情報が盛りだくさんですので、クレジットカードをお考えの方は必見です!

ぜひ参考にして、お得なクレジットカードを選びましょう!

【SBI証券】クレジットカードのおすすめキャンペーン①:三井住友カード新規入会で最大10,000円相当のVポイントがもらえる!

まずは、三井住友カードのおすすめキャンペーンからご紹介します。

三井住友カードを新規入会すると、最大10,000円相当のVポイントがもらえる特典があります。

Vポイントは、さまざまな商品への交換やそのまま利用することができる便利なポイントです。

クレジットカードを使っている方にとって、このキャンペーンは大変魅力的ですね。

【SBI証券】クレジットカードのおすすめキャンペーン②:口座開設や証券取引キャンペーンで最大15,000円相当がもらえる!

次にご紹介するのは、SBI証券に口座を開設したり、証券取引をすることでもらえるキャンペーンです。

口座開設や証券取引をすると最大で15,000円相当の特典がもらえます。

この特典は、SBI証券のサービスを利用することで得ることができるので、株式や投資信託などに興味のある方にはおすすめです。

【SBI証券】クレジットカードのおすすめキャンペーン③:Oliveの新規開設と各種取引で最大26,000円相当がもらえる!

最後にご紹介するのは、Oliveのおすすめキャンペーンです。

Oliveは、電子マネーやポイントがまとめて管理できる便利なアプリです。

Oliveの新規開設や各種取引をすることで最大26,000円相当の特典がもらえます。

さまざまな交換先で利用できるポイントやキャッシュバックが魅力的で、普段から電子マネーを利用している方にはおすすめです。

以上、【SBI証券】が提供するお得なクレジットカードキャンペーン情報をご紹介しました。

特典やポイント還元率など、魅力的なキャンペーンが盛りだくさんですので、ぜひ参考にしてください。

クレジットカードを選ぶ際には、自身の利用シーンやポイントの使い道を考慮しながら、最もお得なキャンペーンを選びましょう!

SBI証券のクレジットカード積立のおすすめ【まとめ】

この記事では、SBI証券のクレジットカード積立についてご紹介しました。

結論として、SBI証券のクレジットカード積立は教育費の準備に便利な方法であり、特に三井住友カードのゴールドランクがおすすめです。

三井住友カードのポイント付与率が高いため、積立投資を通じて効率的にポイントを貯めることができます。

ただし、SBI証券のクレジットカード積立には三井住友カード以外のクレジットカードは利用できません。

そのため、対応カードを持っていない方は、年会費無料のカードなどを検討することをおすすめします。

また、SBI証券のクレジットカード積立はキャンペーン活用のチャンスでもあります。

口座開設やクレジットカード作成時にはキャンペーンを確認し、お得な特典を活用することができます。

この記事は投資収益の保証や特定の商品の勧誘、売買の推奨を目的としたものではありません。

最終的な投資や契約の決定はご自身でご判断ください。

SBI証券のクレジットカード積立には、三井住友カードのゴールドランクをおすすめします。

高いポイント付与率とキャンペーン活用のチャンスを活かして、効率的な教育費の準備を行いましょう。

積立投資を通じて将来の教育資金を着実に増やすことができます。

是非、SBI証券のクレジットカード積立を活用して、教育費の準備を始めてみてください!

【SBI証券】クレジットカードのおすすめ「よくある質問」

SBI証券を三井住友カード経由するデメリットは?

SBI証券といえば、その充実したサービスと多彩なキャンペーンが人気のネット証券会社です。

しかし、その口座開設において、三井住友カード経由で行うという選択肢もあります。

そこで、下記の関連ページでは、SBI証券を三井住友カード経由で開設する際のデメリットについて詳しく解説します。

Vポイントの制限や特典の違いなど、これまで知られていなかった情報を掘り下げ、本家SBI証券との違いについて考察します。

投資を考えている方や既に利用している方にとって、SBI証券を三井住友カード経由で開設するメリットとデメリットを明確にすることで、より良い選択をする参考になるでしょう。

関連ページ:【SBI証券】三井住友カード経由のデメリット「3選」仲介口座とSBI経済圏

SBI証券はTポイントとVポイントどっちが得?おすすめポイントは?

SBI証券では、投資をすることで貯めることができる複数のポイントサービスがありますが、その中でも特に注目されるのはVポイントとTポイントです。

しかし、どちらがお得なのか、どのような使い方ができるのか、また併用することは可能なのかという疑問を持つ方も多いのではないでしょうか。

そこで、以下の関連記事では、SBI証券のポイントサービスを徹底的に比較し、どちらのポイントがお得であるかを明確にしていきます。

さらに、ポイントを有効活用するためのヒントやおすすめの使い道についてもご紹介します。

SBI証券のポイントを最大限に活かすための情報をお届けします。

関連ページ:SBI証券のポイントでオススメは?VポイントやTポイントどっちがお得?dポイントや併用は?

sbi証券 クレジットカード おすすめ

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

橘 龍馬のアバター 橘 龍馬 サイト管理人

投資歴7年、30代3児の父。理学博士。
投資・節約の専門メディア「マネーの研究室」のサイト管理人。
インスタ・Twitterも更新!

【サイト利用時の注意点・免責事項】

 

掲載の情報は、信頼するに足ると信じる情報に基づいて作成したものですが、当サイトのデータの正確性は保証されていませんので、ご注意下さい。

本サイトの情報等を用いて行う行為に関して、その責任は全て利用者自身に帰属します。万一、利用者が何らかの損害を被った場合、その損害に関して当サイト管理者および情報を提供している第三者は一切の責任を負うものではありません。

本サイトは投資家・金融サービス利用者への情報提供を目的としており、証券・FXに関する契約締結の代理、媒介、斡旋、売買推奨、投資勧誘等を行うものではありません。

また、当ブログに記載の仮想通貨は暗号資産のことを指します。

目次