最大「5万円分」プレゼント!

8資産均等がダメな理由は?4資産均等や全世界株式(オールカントリー)との比較・組み合わせ、最強の銘柄は?

8資産均等がダメな理由
目次

8資産均等がダメな理由は?デメリットはある?

8資産均等がダメな理由

投資という言葉を聞けば誰もが一度は思うことでしょう。

「一体何に投資すれば良いのか」。一般的には複数のアセットクラスに分散投資する戦略が有効とされています。

言い換えれば、自分の資産を色々な投資先に分けて投資することで、リスクを分散させ、投資の安定性を求めるという戦略です。

しかし、それらのアセットクラスに均等に投資をすること、すなわち「8資産均等」という方法が必ずしも効果的であるとは限りません。

では、具体的に「8資産均等」がダメな理由とは何なのでしょう。

その核心に迫っていきましょう。

8資産均等がダメな理由①:国内債券など安定した資産クラスが少ない

まず、8資産均等の戦略において問題点とされる第一点は、国内債券など安定した資産クラスの選択肢が少ないという点です。

国内債券というのは安定性が高く、リスクの低い投資対象とされています。

しかし、このような安定した資産クラスを選ぶ余地が無いため、結果的にリスクを避けることが難しくなるという問題が生じます。

では、具体的に何が問題なのでしょうか。

例えば、ある100万円の資産を8つに均等に分けるとしましょう。

この場合、1つの資産クラスにつき12.5万円が割り当てられます。国内債券のような安定したクラスに投資したい場合、12.5万円の全額を投入できます。

しかし、投資先が限られているため、一つの資産クラスにどれだけの金額を投じることが出来るのかは限定的となります。

また、8つ全ての分類に投資を行うためには、一部のリスクの大きな資産も選択せざるを得ません。

その結果、全体の投資リスクは高まることとなり、複数の異なるアセットクラスに投資を行うという、分散投資の本来の目的が損なわれてしまいます。

8資産均等がダメな理由②:REITや新興国債券など規模が小さい市場への投資割合が大きくなってしまう

次に注目すべきは、REITや新興国債券といった規模が比較的小さい市場への投資割合が大きくなってしまうという問題です。

REITや新興国債券といったアセットクラスは市場規模が小さいため、投資金額が増えれば増えるほど、価格の動きに大きく影響を与える可能性があります。

8資産均等の戦略では、各アセットクラスへの投資金額が均等になるため、規模の小さな市場でも同じ金額を投資します。

その結果、投資の影響を受けやすい市場においては、価格の変動が大きくなる可能性があります。

要するに、市場規模の小さなアセットクラスに大きな金額を投入することで、投資リスクが増加してしまうのです。

そこで問題になるのが、市場の流動性です。

流動性の低い市場に投資するとき、その市場が大きな変動を経験した時には、売却に時間がかかることや価格が大きく下落するリスクがあります。

8資産均等戦略を採用することは、これら流動性リスクを拡大させる可能性があるというわけです。

8資産均等がダメな理由③:日本国内の株式や債券・リートとの比率が高くなってしまう

8資産均等による投資戦略の問題点の一つとして、日本国内の株式や債券・リートといった国内資産への投資比率が高まってしまうことが挙げられます。

これがなぜ問題かと言えば、投資先が日本国内に偏ってしまうことで、地政学的なリスクや経済状況の変動リスクを十分にカバーできなくなるからです。

8資産均等という投資戦略では、それぞれの資産クラスに一定の比率で投資を行いますが、ある地域・国に注力した投資を行うと、その地域・国の経済状況の影響を直接的に受けやすくなります。

たとえば、日本の経済状況が不安定になった場合、日本国内の資産に投資を行っているとその影響を大きく受けてしまうのです。

このことは、分散投資の理念とは逆行します。本来であれば、投資リスクを減らすため、色々な国や地域、業界に投資を分散させるべきです。

しかし、8資産均等戦略ではこれが難しくなります。その結果、投資リスクが高まる可能性があると考えられます。

8資産均等がダメな理由④:株式などの比率が低く、リスクを取れる若い世代の資産運用には不向き

さらに、「8資産均等」戦略が効果的でない理由の一つとして、株式などの比率が低くなってしまうということが挙げられます。

株式には価格変動のリスクがありますが、それは同時に高いリターンを期待できる可能性も示しています。

一方で、8資産均等戦略では株式投資の比率が高くなることはありません。

これは、特に若い世代の投資家にとって大きな問題をはらんでいます。

若い世代は、リスクをとる余裕があるとされています。

その理由は、投資期間が長いため、短期間の価格変動による損失を長期的に見て回復することができるからです。

しかし、8資産均等戦略では、株式投資の比率が低くなるため、その可能性が制限されてしまいます。

投資の目的は、お金を増やすことです。

そして、そのためにはある程度のリスクを取ることが求められます。

特に若い世代にとっては、リスクを取ってでも大きなリターンを狙うことが可能なはずです。

しかし、8資産均等戦略によりそのチャンスを逃しがちになってしまう、その制約が問題なのです。

8資産均等がダメな理由⑤:全てのアセットクラスの割合が均等かつ固定される

最後に、「8資産均等」が効果的でない理由として、全てのアセットクラスに対する投資比率が均等になるという点を挙げます。

この投資戦略は、その名の通り各アセットクラスに等しく投資を行います。

そのため、好景気期でも不景気期でもその比率は一定となります。

しかし、投資とは常に変動する市場環境に対応するものであり、その為には柔軟な投資戦略が求められます。

例えば、経済が好調な時は株式などのリターンが見込める資産クラスに投資を集中させ、逆に経済が悪化している時は安定性の高い国債などにシフトするなど、状況に応じて投資の比率を変えるという戦略が一般的です。

しかし、8資産均等戦略ではそれが許されません。

この戦略を採用すると、株式や債券など各アセットクラスへの投資比率が固定されてしまい、その結果、市場環境の変動に対応することが難しくなります。

以上の理由より、必ずしも8資産均等戦略が良いとは限らないと言えます。

金額を等しく分ける手法は分かりやすく、手軽ですが、それが最善の手法であるとは限らないのです。

投資は一概にリスクを避けるべき、とは言い切れません。

自身の年齢やライフスタイル、リスク許容度によって最適な投資戦略は異なるはずです。

割り勘投資をするのであれば、そのリスクを理解し、賢い投資選択をすることが大切と言えるでしょう。

8資産均等はダメ?最強な理由や銘柄は?

8資産均等がダメな理由

投資信託の中でも特にバランスの良さが評価されている8資産均等型の魅力について考えてみましょう。

しかしながら、8資産均等型は必ずしも全ての投資家に適しているわけではありません。

このパートでは、8資産均等型がダメな理由について詳しく解説します。

また、4資産均等型や全世界株式(オールカントリー)などの他の投資信託との比較によって、リスクとリターンをどのように見極めるべきかも考察していきます。

さらに、8資産均等型投資信託の中で最強とされる銘柄についても紹介します。

投資における選択肢を幅広く知り、賢い投資の選択をするための参考にしていただければ幸いです。

8資産均等は最強とも言われる理由①:低コストで国内外の資産に分散投資できる!

8資産均等型投資信託は、そのバランスの良さが評価され、多くの投資家に支持されています。

その魅力の一つとして、低コストで国内外の資産に分散投資ができるという点が挙げられます。

多くの投資家が資産を分散させることの重要性を認識していますが、自分で複数の銘柄を選び購入するのは手間や費用がかかるため、敬遠されがちです。

しかし、8資産均等型投資信託ならば、一つのファンドにまとめて投資するだけで、低コストで国内外の複数の資産に分散投資を行うことができます。

これは、投資家が手間や費用をかけずに、リスクを分散させることができるという利点があります。

また、国内外の資産に分散投資することによって、地域や産業のリスクを分散させることができるため、より安定したリターンを期待することができます。

例えば、8資産均等型投資信託では、国内外の株式、債券、REIT(不動産投資信託)など、さまざまな資産クラスに投資をすることができます。

これによって、国内景気や外国為替リスク、不動産市況などのリスクを少なくすることができます。

低コストで国内外の資産に分散投資ができる8資産均等型投資信託は、投資家にとって魅力的な選択肢です。

8資産均等は最強とも言われる理由②:リスクを軽減しつつリターンもしっかり!

8資産均等型投資信託が最強とも言われる理由の一つは、リスクを軽減しつつリターンもしっかりと得られることです。

8資産均等型投資信託では、複数の資産クラスに分散投資することによって、リスクを分散させることができます。

具体的には、株式市場のリスクを債券市場の安定性によって軽減したり、不動産投資信託によってリスクを分散させたりすることができます。

また、資産クラスのバランスを調整することによって、リターンもしっかりと得ることができます。

例えば、株式市場が好調な時には株式への投資を増やし、債券市場が安定している時には債券への投資を増やすことによって、リターンを最大化することができます。

さらに、8資産均等型投資信託は、投資家が自己判断や市場の状況を考えずに、自動的にリバランス(資産のバランスを調整)してくれる仕組みが備わっています。

これによって、市場の変動によって資産のバランスが崩れることを防ぎ、リスクをコントロールすることができます。

8資産均等型投資信託は、リスクを軽減しつつリターンを得ることができるため、投資家にとって魅力的な選択肢となっています。

8資産均等の最強ファンドは?8資産均等型のバランスファンド一覧

8資産均等型投資信託の中でも特に優れた銘柄について紹介します。

これらのバランスファンドは、投資家にとって最強とされています。

ファンド名信託報酬
年率・税込
実質コスト
eMAXIS Slimバランス(8資産均等型)0.1430%0.195%
たわらノーロード バランス(8資産均等型)0.1430%0.273%
<購入・換金手数料なし>ニッセイ・
インデックスバランスファンド(8資産均等型)
0.1749%0.248%
iFree 8資産バランス0.2420%0.314%
つみたて8資産均等バランス0.2420%0.297%
eMAXIS バランス(8資産均等型)0.5500%0.601%
SMT 8資産インデックスバランス・オープン0.5500%0.618%
8資産均等型のバランスファンドの手数料比較

8資産均等の最強は「emaxis slim バランス(8資産均等型)」

まず、代表的なバランスファンドとして「emaxis slim バランス(8資産均等型)」が挙げられます。

このファンドは、低コストで国内外の複数の資産に分散投資することができます。

また、リバランス機能も備えており、投資家の手間を省いてくれます。

8資産均等型のバランスファンド一覧を参考に、自分に合った最強の銘柄を選ぶことが大切です。

投資におけるリスクとリターンをしっかり考慮し、賢い投資の選択をすることが重要です。

8資産均等型投資信託は、低コストで国内外の資産に分散投資することができるため、多くの投資家にとって魅力的な選択肢となっています。

さらに、8資産均等型のバランスファンドは、リスクを軽減しつつリターンを得ることができる最強の投資手段として注目されています。

投資家は、8資産均等型投資信託の中で最強とされる銘柄を選ぶことで、賢い投資の選択をすることができます。

低コストでの分散投資やリスクの軽減によって、安定したリターンを期待することができます。

投資における選択肢を幅広く知り、賢い投資の選択をするために、8資産均等型投資信託を積極的に検討してみてはいかがでしょうか。

eMAXIS Slimバランス(8資産均等型)の評価・評判は、以下の関連ページをご参考ください。

関連ページ:eMAXIS Slimバランス(8資産均等型)をブログ評価!

8資産均等がダメな理由?全世界株式(オールカントリー)と比較・組み合わせ

8資産均等がダメな理由

資産運用において、アセットアロケーションが重要になる。

その方法の1つとして8資産均等の考え方がありますが、全世界株式(オールカントリー)と比べた場合、どのような違いや利点、欠点があるのでしょうか。

それにより8資産均等がダメとされる理由に迫ります。

さらに、2つの投資方法を組み合わせた場合、どのような投資成果が期待できるのでしょうか。

8 資産均等型と全世界株式ファンドの比較①:資産配分の違い

8資産均等型では、投資先を約束手形、国内株式、外国株式、REIT、海外REIT、金、新興国株式、新興国債券に均等に分け、一定のバランスをキープして運用する方法が主流となっています。

世界経済の動きに左右されず安定した投資成果を期待できる一方で、いずれかの資産が大きく伸びるチャンスを逃す危険性も秘めています。

一方、全世界株式ファンドは、全世界の企業の株式に投資するという方法です。

その投資先は数千にも上るため、資産の分散が可能であり、世界中の成長を取り入れた運用が可能です。

ただし、すべての投資先が株式となるため、株式市場の動きに強く影響を受けるというリスクがあります。

このように、8資産均等型と全世界株式ファンドは、投資対象やその意味するリスク、リターンが全く異なります。

投資の目的やリスク許容度によって選ぶべき投資方法が変わるでしょう。

8 資産均等型と全世界株式ファンドの比較②:リスクとリターンは?

8資産均等型の投資法は、様々な資産に均等に分散投資することでリスクを最小化する狙いがあります。

しかし、全資産が同じ割合でバランスを保つため、一部の資産が急伸する際にはその恩恵を十分に享受できないという欠点もあります。

このため、高いリターンを求める投資家には不向きと言えます。

一方の全世界株式ファンドでは、株式市場全体の動きと連動するため、株価の上昇トレンドに乗ることで高いリターンを狙うことが可能です。

すなわち、経済の好調な時期には大きな利益を得られる可能性がある一方で、市場が下落した場合、その影響をダイレクトに受けるため、リスクも高まります。

これらから見て、リスクとリターンの関係性を理解し、自身の投資目的やリスク許容度に合わせた投資法を選ぶことが重要と言えます。

8資産均等型のバランスファンドと全世界株式(オールカントリー)との組み合わせ

8資産均等型と全世界株式を組み合わせることで、リスク分散とリターンの最大化の両方を狙うことが可能になります。

8資産均等型の安定性と全世界株式の大きな成長力をバランス良く活かすことで、厳しい市場環境下でも一定のパフォーマンスを発揮することが期待できます。

しかし、この組み合わせは、資産情報の収集・分析やタイミングの見極めなど高度な知識と経験が求められるため、初心者投資家には難易度が高いと言えます。

また、両方法ともに長期投資が原則であるため、短期的なリターンを求めるのであれば、適した投資方法ではないでしょう。

このように、8資産均等型と全世界株式、そしてそれらの組み合わせには、それぞれの投資法の特性とリスクがあります。

投資家はそれぞれの特性とリスクを理解し、自身の投資目的やリスク許容度に合った投資法を選択することが求められます。

8資産均等がダメな理由は?4資産均等型と比較

8資産均等がダメな理由

8資産均等型と4資産均等型は、投資信託市場において人気のあるバランスファンドです。

これらのファンドは、投資家が簡単に多様な資産クラスに分散投資することができるため、ポートフォリオのバランスをとる上で有益です。

しかし、どちらのファンドを選ぶべきか迷う方も多いことでしょう。

このパートでは、8資産均等型と4資産均等型の主な特徴や違いについて詳しく解説します。

さらに、過去のパフォーマンスや信託報酬にも着目し、投資家の皆さんにとって有益な情報を提供します。

自身の投資スタイルやリスク許容度に合わせた最適なファンドの選択に役立ててください。

8 資産均等型と4資産均等型ファンドの比較①:資産配分やベンチマークの違いは?

8資産均等型ファンドは、8つの異なる資産クラスに分散投資するためのファンドです。

これに対して、4資産均等型ファンドは、4つの主要な資産クラスに分散投資するためのファンドです。

資産配分の違いにより、ファンドのリスクとリターンにも違いが生じます。

8資産均等型ファンドは、株式、債券、不動産投資信託(REIT)、商品(コモディティ)、外国債券、国内債券、国内貸付、外国貸付の8つの資産クラスに投資します。

これに対して、4資産均等型ファンドは、株式、債券、REIT、商品の4つの資産クラスに分散投資します。

また、8資産均等型ファンドは、MSCI ACWI(世界株式)、Citi WGBI(世界債券)、JREIT、ウェイトド・オヴァンズ(商品指数)など、幅広いベンチマークを使用しています。

一方、4資産均等型ファンドは、JPX日経レバレッジ指数(株式)、短期国際債券、S&P/TSXグローバルゴールドインデックスなど、より具体的なベンチマークを使用しています。

8 資産均等型と4資産均等型ファンドの比較②:リスクとリターンは?

8資産均等型ファンドと4資産均等型ファンドのリスクとリターンには、資産配分の違いによる影響があります。

8資産均等型ファンドは、8つの異なる資産クラスに分散投資するため、ポートフォリオのリスクは比較的低い傾向があります。しかし、優れたパフォーマンスを示すこともあります。

一方、4資産均等型ファンドは、4つの主要な資産クラスに分散投資するため、リスクとリターンのバランスが取れています。

過去3年間のデータによると、8資産均等型ファンドは、年平均リターンが約7.5%でした。

一方、4資産均等型ファンドは、年平均リターンが約4%でした。

また、8資産均等型ファンドのリスク(標準偏差)は約7.5%であり、4資産均等型ファンドのリスクは約5%でした。

4資産均等型の特徴と代表的なバランスファンド

4資産均等型ファンドは、比較的シンプルでありながら十分な分散効果を持つため、初心者の投資家にも人気があります。

代表的な4資産均等型ファンドとしては、「三菱UFJキャピタル投信-eMAXIS Slim バランス(4資産均等型)」などがあります。

このファンドは、低コストで運用されており、一定の安定性と利益を追求しています。

また、4資産均等型ファンドは、過去のパフォーマンスにおいても優れた成績を残しています。

しかし、過去のパフォーマンスは将来の成績を保証するものではありませんので、投資判断を行う際には注意が必要です。

8資産均等型と4資産均等型ファンドの比較【まとめ】

8資産均等型ファンドと4資産均等型ファンドは、それぞれ異なる特徴やリスク、リターンを持っています。

8資産均等型ファンドは、より広範な資産クラスに分散投資するため、リスクを抑えながらも高いリターンを追求できる可能性があります。

一方、4資産均等型ファンドは、シンプルな構成でありながら効果的な分散効果を持っており、初心者の投資家にもおすすめです。

投資家は、自身の投資スタイルやリスク許容度に応じて最適なファンドを選択する必要があります。

過去のパフォーマンスや信託報酬などの情報を参考にしながら、慎重な判断を行いましょう。

8資産均等がダメな理由【まとめ】最強は?4資産均等や全世界株式と比較

本記事では、8資産均等のダメな理由について考察しました。

まず、8資産均等がダメな理由の1つは、規模の小さい資産の投資割合が大きいことです。

新興国債券やリートなど、株式や債券に比べて取り扱い規模が極めて小さい資産でも、8資産均等では割合が12.5%と同じになってしまいます。

これにより、投資全体のパフォーマンスが低下する可能性があります。

また、8資産均等は他のバランス型投資信託と比較しても成績が劣っていることが指摘されています。

例えば、4資産均等型や全世界株式(オールカントリー)に比べて、運用成績が低い傾向があるとされています。

これは、資産の組み合わせや分散度の違いによるものと考えられます。

一方で、8資産均等の最強な理由や銘柄についても検討しました。8資産均等は、バランスの取れた投資信託としての利点があります。

異なる資産クラスへの投資を均等に分散することで、リスクを分散し、安定した運用を目指すことができます。

また、適切な銘柄の選択や組み合わせにより、8資産均等のパフォーマンスを向上させることも可能です。

最後に、8資産均等の利用方法についても触れました。

8資産均等型投資信託を上手に活用するためには、自身の投資目標やリスク許容度を考慮し、適切な資産配分やリバランスのタイミングを見極めることが重要です。

また、定期的なファンドの見直しや市場動向の把握も欠かせません。

以上、8資産均等のダメな理由や最強な理由、銘柄の選定、利用方法について考察しました。

投資においては、自身の投資目標やリスク許容度に基づき、慎重かつ適切な選択をしましょう。

関連ページ:【SBI証券】三井住友カード経由のデメリット「3選」仲介口座とSBI経済圏

8資産均等がダメな理由「よくある質問」

4資産均等がダメな理由は?

投資信託の中で人気の高い4資産均等型ファンドは、バランスの取れたポートフォリオを提供することで多くの投資家から支持されています。

しかし、なぜ一部の専門家や投資家からは「ダメ」と言われているのでしょうか。

関連ページでは、4資産均等型ファンドが抱える問題点やデメリットについて解説します。

その中には、リスクの適正評価の難しさや、運用成績の限定性などが挙げられます。

投資を考えている方や既に4資産均等型ファンドに投資している方は、ぜひ本記事でその理由を詳しく知り、投資戦略に反映させていただければと思います。

つみたて8資産均等バランスの評判は?

最近、つみたてNISAを活用した投資が注目を浴びています。

その中でも、注目の一つが「つみたて8資産均等バランス」という投資信託です。

この商品は、組み込まれた8つの資産クラスを均等に配分して投資することで、安定したリターンを追求することを目指しています。

その評判はどのようなものなのでしょうか?

以下の関連ページでは、つみたて8資産均等バランスの特徴やメリットを詳しく解説し、他の大手金融機関が提供するインデックスファンドとの違いをブログ評価という形で分析していきます。

積み立て投資に興味のある方や投資信託についての情報を探している方にとって、参考になる内容となることでしょう。

関連ページ:つみたて8資産均等バランスの評判は?野村やeMAXISとの違いをブログ評価

バランス型ファンドはおすすめしない?

投資を始めようと考える際、バランス型ファンドは一つの選択肢として頻繁に挙げられますが、本記事ではそのデメリットを考察していきます。

バランス型ファンドは、株式や債券など複数の資産にバランスよく投資することで、リスクを分散させることを目指します。

しかし、一方でバランス型ファンドに投資することで、自分自身の投資レベルが上がらなくなる可能性もあります。

本記事では、バランス型ファンドを選ぶ際に考慮すべきポイントや注意すべきデメリットについて詳しく解説し、より自己の資産運用について考えるヒントを提供します。

8資産均等がダメな理由

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

橘 龍馬のアバター 橘 龍馬 サイト管理人

投資歴7年、30代3児の父。理学博士。
投資・節約の専門メディア「マネーの研究室」のサイト管理人。
インスタ・Twitterも更新!

【サイト利用時の注意点・免責事項】

 

掲載の情報は、信頼するに足ると信じる情報に基づいて作成したものですが、当サイトのデータの正確性は保証されていませんので、ご注意下さい。

本サイトの情報等を用いて行う行為に関して、その責任は全て利用者自身に帰属します。万一、利用者が何らかの損害を被った場合、その損害に関して当サイト管理者および情報を提供している第三者は一切の責任を負うものではありません。

本サイトは投資家・金融サービス利用者への情報提供を目的としており、証券・FXに関する契約締結の代理、媒介、斡旋、売買推奨、投資勧誘等を行うものではありません。

また、当ブログに記載の仮想通貨は暗号資産のことを指します。

目次