最大「5万円分」プレゼント!

全世界株式ETFのおすすめは?人気のインデックスファンドや選び方、おすすめ証券会社は?

全世界株式 etf おすすめ
目次

全世界株式ETFのおすすめは?3つの人気銘柄

全世界株式 etf おすすめ

投資家の中で注目を浴びている「全世界株式ETF」について、おすすめの銘柄や選び方について詳しくご紹介します。

全世界株式ETFは、多くの投資家にとって魅力的な商品であり、一つのファンドを保有するだけで、世界中の株式市場に幅広く分散投資ができるという利点があります。

本パートでは、特に人気の高いインデックスファンドやその選び方のポイントについて解説します。

さらに、おすすめの証券会社もご紹介いたしますので、全世界株式ETFに興味を持っている方はぜひ参考にしてください。

全世界株式ETFのおすすめ①:超低コストで分散投資が可能な「バンガード・トータル・ワールド・ストックETF(VT)」

バンガード・トータル・ワールド・ストックETF(VT)は、超低コストで全世界の株式に分散投資ができる人気の銘柄です。

このETFは、全世界の大型企業・中小企業を幅広くカバーしており、幅広い業界や地域に分散して投資することができます。

さらに、運用費用が非常に低いため、コスト効率の面でも優れています。

バンガードは世界的に有名な投資信託会社であり、信頼性も高いです。

全世界株式ETFを選ぶ際には、コストや運用会社の信頼性にも注目しましょう。

全世界株式ETFのおすすめ②:国内上場の低コストETFなら「MAXIS全世界株式(オール・カントリー)上場投信(2559)」

MAXIS全世界株式(オール・カントリー)上場投信(2559)は、国内上場の低コストな全世界株式ETFです。

このETFは、主に日本の証券市場で取引が行われ、日本の投資家にとって手軽な商品となっています。

投資対象は、先進国や新興国を含む世界中の株式市場であり、幅広い分散投資を実現することができます。

また、運用会社である三菱UFJ国際投信の信頼性も高く、安心して投資することができます。

全世界株式ETFのおすすめ③:日本を除く全世界株式に投資したいなら「上場インデックスファンド世界株式(MSCI ACWI)除く日本(1554)」

上場インデックスファンド世界株式(MSCI ACWI)除く日本(1554)は、日本を除く全世界の株式市場に投資することができるETFです。

この商品は、最新の国際基準であるMSCI ACWIインデックスをベンチマークとしています。

これにより、日本国内の株式市場に関わらず、グローバルな分散投資が実現できます。

運用費用も低く、コストパフォーマンスが高いため、十分に検討に値する銘柄です。

以上が、全世界株式ETFのおすすめ3つの人気銘柄です。

これらの銘柄はいずれも分散投資を実現しやすく、コスト効率も高いという特徴があります。

投資を始める際には、自身の投資目的やリスク許容度に合わせて適切な銘柄を選ぶことが重要です。

また、信頼性の高い証券会社での取引を行うことも大切です。

全世界株式ETFに興味を持っている方は、ぜひこの記事を参考にして、自身に合った銘柄を見つけてみてください。

全世界株式ETFよりインデックスファンドの方がおすすめは?

全世界株式 etf おすすめ

投資家の間で話題となっている「全世界株式ETF」と「インデックスファンド」。

両方は全世界の株式市場への分散投資を実現する優れた選択肢ですが、その中でインデックスファンドがよりおすすめされる理由も存在します。

低コストで運用ができることや、リスクを分散する効果が高いことなどが挙げられます。

本パートでは、なぜ全世界株式ETFよりもインデックスファンドがおすすめされるのか、その理由について詳しく解説します。

また、おすすめの証券会社や選び方についてもご紹介しますので、投資を検討している方は必見です。

全世界株式インデックスファンドのおすすめ①:eMAXIS Slim全世界株式(オールカントリー)

まず、おすすめの全世界株式インデックスファンドの一つ目は「eMAXIS Slim全世界株式(オールカントリー)」です。

このファンドは、外国株式の中でも日本株式以外の株式に分散投資することができます。

つまり、世界中の様々な国の株式に投資することが可能です。また、低コストで運用できる点も魅力的です。

全世界株式インデックスファンドのおすすめ②:楽天・オールカントリー株式インデックス・ファンド

次におすすめのファンドは、「楽天・オールカントリー株式インデックス・ファンド」です。

このファンドも、世界中の株式に分散投資ができるため、リスクを分散させる効果があります。

さらに、低コストで運用ができるため、初心者の方でも手軽に始めることができます。

全世界株式インデックスファンドのおすすめ③:バンガード・トータル・ワールド・ストックETF(VT)に連動するSBI・V・全世界株式

最後のおすすめのファンドは、「バンガード・トータル・ワールド・ストックETF(VT)に連動するSBI・V・全世界株式」です。

このファンドは、世界中の株式に分散投資することができるだけでなく、バンガードという世界有数の資産運用会社と連動しているため、信頼性も高いです。

また、低コストながらも高い運用成果が期待できる点も魅力的です。

以上が、全世界株式インデックスファンドのおすすめの3つです。

どのファンドも低コストで運用ができるため、初心者の方でも手軽に始めることができます。

また、リスク分散効果も高いため、将来の安定した資産形成を目指す方にもおすすめです。

証券会社選びのポイント

全世界株式インデックスファンドを選ぶ際には、適切な証券会社の選択も重要です。

以下に、おすすめの証券会社選びのポイントをまとめました。

  1. 手数料の比較:
    各証券会社の手数料を比較し、低コストな運用ができる会社を選びましょう。
  2. サポートの充実度:
    初心者の方や投資に不安を抱えている方には、サポート体制の充実した証券会社がおすすめです。
  3. 取扱商品の幅広さ:
    将来的な投資先の拡大や、他の投資商品との組み合わせを考える場合には、取扱商品の幅広さも重要なポイントとなります。

おすすめの証券会社としては、SBI証券や楽天証券、auカブコム証券などが挙げられます。

各社の特徴や手数料などを比較し、自身に合った証券会社を選ぶことが大切です。

全世界株式インデックスファンドは、投資家におすすめの選択肢です。

低コストで運用ができるため、初心者の方でも手軽に始めることができます。

さらに、リスク分散効果も高いため、将来の安定した資産形成を目指す方にも適しています。

証券会社選びのポイントも押さえながら、自身の投資スタイルや目的に合った全世界株式インデックスファンドを選びましょう。

全世界株式ETFのおすすめ・選び方は?

全世界株式 etf おすすめ

投資家にとって、全世界株式ETFは幅広い投資オプションを提供する魅力的な選択肢となっています。

このパートでは、全世界株式ETFのおすすめや選び方について解説します。

さまざまなインデックスファンドの中から、信頼性の高いETFを選び出すためのポイントや注意点について詳しくご紹介します。

また、おすすめ証券会社もご紹介することで、初めての投資にも役立つ情報を提供します。

全世界株式ETFの魅力と選び方を知り、賢い投資の一環として活用しましょう。

全世界株式ETFのおすすめの選び方①:手数料の安いETFまたはインデックスファンドを選ぶ

全世界株式ETFを選ぶ際に重要なポイントの一つが、手数料です。

投資家にとっては、長期的な視点で運用することを考えると、手数料の低いETFを選ぶことが重要となります。

手数料が低いETFを選ぶことで、運用コストを抑えることができるため、長期的なパフォーマンスにも影響を及ぼします。

そのため、全世界株式ETFを選ぶ際は、手数料の水準に注意することが必要です。

一般的には、米国市場において人気の高いETFや大手証券会社が提供しているETFは手数料が比較的低い傾向にあります。

しかし、手数料だけでなく、資産規模や信託報酬率なども考慮することが重要です。

全世界株式ETFのおすすめの選び方②:MSCIかFTSEか?ベンチマークを見て選ぶ

全世界株式ETFを選ぶ際には、ETFのベンチマークとなる指数にも注目しましょう。

一般的に、MSCIとFTSEが代表的な指数プロバイダーとして知られています。

これらの指数は、世界の主要な株式市場を対象にした幅広いカバレッジを持っています。

しかし、MSCIとFTSEの指数には微妙な差異がありますので、投資家は自身の投資目的や地域の株式市場に適した指数を選ぶことが重要です。

例えば、米国市場への適正なカバレッジを持つETFを選ぶならば、MSCI WorldやS&P500に連動するETFがおすすめです。

全世界株式ETFのおすすめの選び方③:純資産総額などETFの安定性を重視する

全世界株式ETFを選ぶ際には、ETFの安定性も考慮することが重要です。

純資産総額や取引の流動性などが、ETFの安定性を示す指標となります。

純資産総額が大きいETFは、運用の安定性が高いと言えます。

また、取引の流動性も重要なポイントです。

取引の流動性が高いETFは、売買の際に円滑に取引が行えるため、投資家のニーズに合わせた柔軟な資金運用が可能となります。

全世界株式ETFは、幅広い投資オプションを提供し、長期的な資産運用に適した魅力的な投資先と言えます。

手数料、ベンチマーク、ETFの安定性などを考慮して適切なETFを選ぶことが重要です。

また、初めての投資を検討している方には、使いやすい取引画面や情報提供サービスの充実した証券会社を選ぶことをおすすめします。

投資にはリスクが伴いますので、自身の投資目的やリスク許容度に応じた資産運用を行いましょう。

全世界株式ETF・インデックスファンドのおすすめ証券会社は?

全世界株式 etf おすすめ

投資家にとって、全世界株式ETF・インデックスファンドは、グローバルな分散投資を簡単に実現する手段となっています。

資金を一つのファンドに投じるだけで、世界中の企業に多様化されたポートフォリオを持つことができる魅力があります。

しかし、適切なファンドを選ぶことは重要です。

本パートでは、全世界株式ETF・インデックスファンドのおすすめとなる人気のインデックスファンドや選び方について解説します。

さらに、おすすめの証券会社も紹介することで、投資家の皆さんがよりスムーズに投資を始めることができるようになります。

全世界株式ETF・インデックスファンドのおすすめ証券会社①:お得度・利便性の高い「SBI証券」

SBI証券は、投資初心者から上級者まで幅広いニーズに合わせたサービスを提供している証券会社です。

全世界株式ETF・インデックスファンドに特化した投資信託商品を豊富に取り揃えており、投資家は自分に合ったファンドを選びやすくなっています。

また、SBI証券の特徴として、低コストでの投資が可能です。

手数料が安く、運用コストも抑えられているため、長期的な投資においてもコスト面でメリットがあります。

さらに、取引画面やアプリの使いやすさも評価されています。

初心者でも直感的に操作できるため、始めたばかりの投資家にもおすすめです。

全世界株式ETF・インデックスファンドのおすすめ証券会社②:楽天ユーザーの方なら「楽天証券」もあり!

楽天証券は、楽天グループの一員として、幅広い金融商品を提供している証券会社です。

全世界株式ETF・インデックスファンドにおいても、多くの商品を取り扱っており、投資家のニーズに合わせた選択肢を提供しています。

楽天証券の特徴は、楽天ユーザーならではのメリットがあります。

ポイント付与や特典など、楽天会員であれば投資によってさらなるお得感を享受することができます。

また、楽天証券は高いセキュリティ対策を行っており、投資家の資産の安全を確保しています。

安心して投資を行いたい方におすすめの証券会社です。

全世界株式ETF・インデックスファンドのおすすめ証券会社③:iDeCoで全世界株式(オールカントリー)に投資したいなら「松井証券」

iDeCo(個人型確定拠出年金)を利用して全世界株式ETF・インデックスファンドに投資したい方には松井証券がおすすめです。

松井証券は、iDeCoに特化したサービスを提供しており、証券会社として人気があります。

松井証券の特徴は、iDeCoでの投資に適したファンドを豊富に取り揃えていることです。

全世界株式ETF・インデックスファンドだけでなく、他の投資商品も幅広く取り扱っているため、個々のニーズに合わせた投資が可能です。

さらに、松井証券はiDeCoの手続きをスムーズに行えるノウハウを持っています。

iDeCoを利用する際には、手続きが煩雑でわかりにくいこともありますが、松井証券なら安心して投資を始めることができます。

全世界株式ETF・インデックスファンドのおすすめ証券会社として、SBI証券、楽天証券、松井証券を紹介しました。

それぞれの証券会社には特徴があり、投資家のニーズに合わせた選択が可能です。

投資を始める際には、証券会社のサービス内容や手数料、セキュリティ対策などをよく比較し、自分に合った証券会社を選ぶことが重要です。

また、自分の投資スタイルや目的に合わせて、適切な全世界株式ETF・インデックスファンドを選ぶことも大切です。

投資にはリスクが伴いますので、事前に投資に関する情報をしっかりと収集し、適切な判断を行いましょう。

全世界株式ETF・インデックスファンドを通じて、グローバルな分散投資を実現し、資産形成を目指しましょう。

全世界株式ETFのおすすめ【まとめ】人気のインデックスファンドは?

本記事では、全世界株式ETFのおすすめや選び方、おすすめの証券会社についてご紹介しました。

まず、全世界株式ETFの中でも3つの人気銘柄を紹介しました。

これらの銘柄は、幅広い地域や業種に分散投資ができるため、リスク分散に優れています。

また、全世界株式ETFとインデックスファンドの違いについても触れました。

一般的には、インデックスファンドの方が低コストであることが多く、長期的な運用を考える場合にはおすすめです。

一方、ETFは日中の取引が可能であるため、短期的な売買を目的とする場合に適しています。

さらに、全世界株式ETFの選び方についても解説しました。重要なポイントとしては、信託報酬の低さや取引手数料の安さ、指数の選定基準などが挙げられます。

これらの要素を考慮しながら、自身の投資目的やリスク許容度に合ったETFを選ぶことが重要です。

最後に、全世界株式ETFやインデックスファンドを購入する際には、おすすめの証券会社を活用することも重要です。

証券会社によって手数料やサービス内容が異なるため、自身の投資スタイルやニーズに合った会社を選ぶことが大切です。

複数の証券会社を比較検討し、最適な条件で取引を行いましょう。

全世界株式ETFのおすすめや選び方、おすすめの証券会社についてご紹介しました。

これらの情報を参考にしながら、自身の投資スタイルや目的に合った全世界株式ETFを選び、効果的な投資を行いましょう。

投資にはリスクが伴いますので、充分な情報収集や検討を行った上で、資産運用を行うことをおすすめします。

関連ページ:SBI新生銀行と住信SBIネット銀行の違いは?どっち?SBI証券NISA(つみたて)なら?

全世界株式ETFのおすすめ「よくある質問」

ETFのおすすめは?

ETF(上場投資信託)は、個別の株式や債券などの複数の資産を効率的に組み合わせた投資商品です。

さまざまな市場やテーマに特化したETFが存在し、投資家は自身のニーズやリスク許容度に合わせて選択することが求められます。

以下の関連ページでは、特に米国ETFと国内ETFについて重点的に解説していきます。

米国ETFは、アメリカの株式市場に投資することで世界最大の経済に連動するチャンスを提供します。

一方、国内ETFは、日本の株式市場に特化しており、地元の経済成長に投資できます。

どちらのETFを選ぶべきか、選び方やメリット、デメリットについて分かりやすく解説します。

投資の基本情報をしっかりと把握し、自身の投資スタイルに合ったETFを見つけましょう。

関連ページ:ETFのおすすめは?米国ETFや国内ETF、選び方、メリットやデメリットは?

全世界株式インデックスファンドのおすすめは?

全世界株式インデックスファンドは、投資家にとって便利でリスク分散効果のある選択肢ですが、その中でもベストなファンドを選び出すためには、手数料やベンチマーク、ネット証券などの比較ポイントを押さえる必要があります。

以下の関連ページでは、全世界株式インデックスファンドの手数料体系や運用成績、投資信託の特徴やメリット、さらにはネット証券を利用する際の注意点など、様々な観点から解説していきます。

私たちの投資に役立つ有益な情報を提供し、資産形成の一助となれば幸いです。

関連ページ:全世界株式インデックスファンドのおすすめは?手数料やベンチマーク、ネット証券も比較!

全世界株式 etf おすすめ

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

橘 龍馬のアバター 橘 龍馬 サイト管理人

投資歴7年、30代3児の父。理学博士。
投資・節約の専門メディア「マネーの研究室」のサイト管理人。
インスタ・Twitterも更新!

【サイト利用時の注意点・免責事項】

 

掲載の情報は、信頼するに足ると信じる情報に基づいて作成したものですが、当サイトのデータの正確性は保証されていませんので、ご注意下さい。

本サイトの情報等を用いて行う行為に関して、その責任は全て利用者自身に帰属します。万一、利用者が何らかの損害を被った場合、その損害に関して当サイト管理者および情報を提供している第三者は一切の責任を負うものではありません。

本サイトは投資家・金融サービス利用者への情報提供を目的としており、証券・FXに関する契約締結の代理、媒介、斡旋、売買推奨、投資勧誘等を行うものではありません。

また、当ブログに記載の仮想通貨は暗号資産のことを指します。

目次