最大「5万円分」プレゼント!

【評判悪い?】Gtax(ジータックス)の口コミは?使い方と合わせて解説

【評判悪い?】Gtax(ジータックス)の口コミは?使い方と合わせて解説

本記事では、Gtaxの評判・使い方を料金やメリット・デメリットと合わせて解説していきます。

サイト管理人

画像付きで「無料登録」の方法なども解説するので、利用を迷っている方は、ぜひご参考ください。

Gtax(ジータックス)は、暗号資産(仮想通貨)投資での損益計算や確定申告に便利なサービスです。

手間がかかり、初心者の方にはハードな「ビットコイン等の仮想通貨の売買」を、一瞬で損益計算してくれます。

Gtaxの特徴・メリット
  • 損益通算が可能!
    →煩雑な確定申告の準備が捗る!
  • 50以上の取引所に対応!
  • 無料で利用できる!
    *有料版にアップグレードも可能!

このように、多くのメリットがあるGtax(ジータックス)ですが、

  • 口コミ・評判は良い?
  • 無料で使う方法は?
  • 確定申告に本当に便利?

など、様々な疑問・質問があると思います。

そこで、本記事では、Gtaxの特徴や料金プラン(無料・有料版の違い)、メリット・デメリットを、実際に利用している方の評判・口コミを合わせて比較・解説していきます。

サイト管理人

具体的な無料登録の方法や使い方も画像付きで解説していきますので、利用をぜひご覧ください。

▼ 気になるところまで読み飛ばす ▼

目次

Gtax(ジータックス)とは?特徴・メリット

Gtax(ジータックス)とは?特徴・メリット
サイト管理人

はじめに、Gtax(読み方:ジータックス)の特徴・メリットを解説していきます。

ジータックスとは?

Gtaxとは、無料で利用できる暗号資産(仮想通貨)の利益計算サービス(ツール)です。

項目内容
運営会社株式会社Aerial Partners
(エアリアル・パートナーズ)
対応取引所50カ所以上
料金体系年間取引100件未満:無料
以上:有料(4種のプラン)
データデータファイルの
アップロード等
対応取引現物取引・証拠金取引、貸付、
レバレッジ取引、レンディング等
Gtax(ジータックス)の概要・特徴
サイト管理人

コインチェック・ビットフライヤー等の国内の販売所やそこで取引できる通貨は全て対応しています!

Gtax(ジータックス)のメリット
  • 取引所を跨いだ損益計算が可能!
  • 50カ所の取引所・販売所に対応!
  • 無料で利用できる!

メリット①:損益通算が可能!

サイト管理人

Gtaxを利用すれば、面倒な暗号資産(仮想通貨)取引の損益計算が一瞬でできます!

暗号資産(仮想通貨)の取引は、株式や投資信託の取引のように、証券会社が投資家に代わって取引の記録や損益通算を行なってくれる「特定口座」が存在しません。

そのため、仮想通貨投資では、大前提として、投資家自身が損益計算を行った上で確定申告をする必要があります

ジータックスを利用することで、登録した取引所・販売所の取引を一括管理することができます。

サイト管理人

個人的には、仮想通貨取引を行う際の必須ツールの一つと感じます!

メリット②:登録・利用料金が無料!

仮想通貨取引の一括管理や損益計算ができるGtax(ジータックス)ですが、一定の取引まで「無料」で利用できます。

無料プラン内でできる事
  • 年間100件までの取引登録
  • 国内取引所・販売所のデータ
  • DeFiデータは不可
    →有料プランで可能
サイト管理人

ビットフライヤーやCoincheck等の国内の取引所で、たまに購入・積立する程度であれば、無料で利用できます!

また、暗号資産(仮想通貨)の取引量が多い方でも、税込み「年額8,250円〜」利用できます。

Gtaxの料金プランや無料・有料の違いは、以下をご参考ください。

Gtax(ジータックス)の料金は?無料・有料の違い

メリット③:対応取引所が50以上!

国内外の50を超える取引所・販売所に対応しているので、基本的には「自分の取引が対応できない」ということはありません。

Gtaxの対応サービス・取引所

など多数

メリット④:様々な取引に対応!

対応通貨・取引も多く、私が利用する限り、自分の仮想通貨取引の損益計算に困ったことはありません。

項目内容
対応取引現物、証拠金取引含(レバレッジ含む)、
貸付(レンディング)、マイニング、
ハードフォーク、エアドロップ、ICOへの参加、
レンディング、ボロウィングなど多数
対応通貨ビットコイン(BTC)、イーサリアム(ETH)、
バイナンスコイン(BNB)、ライトコイン、
ビットコインキャッシュ、テザー、バイナンスUSD
など、10,0000通貨以上
Gtax(ジータックス)の対応通貨・取引

標準対応外の取引所やマイニング、ハードフォーク、エアドロップ、ICOでも、共通フォーマットを使えば、かんたんに計算できます。

Gtax(ジータックス)の特徴【まとめ】仮想通貨取引の必須ツール

ここまで解説してきたように、ジータックスは、

  • 取引所を跨いだ損益計算が可能!
  • 50カ所の取引所・販売所に対応!
  • 無料で利用できる!

などのメリットがあり、暗号資産(仮想通貨)取引を行う個人投資家に必須のツールと言えます。

サイト管理人

100件の取引まで「無料」利用できるので、お試しで使ってみることをオススメします!
損益計算の早さ・便利さに圧倒されると思います!

\ 無料登録はコチラ /

Gtaxの無料登録の方法や使い方(図解)は、以下をご参考ください。

【図解】Gtax(ジータックス)の使い方・無料登録の方法

Gtax(ジータックス)の料金プランは?無料・有料の違い

次に、ジータックスの手数料・料金プランについて解説していきます。

Gtaxは、無料で使い始められますが、

  • 取引件数が多い方(年間100件以上)
  • 海外取引所を利用する方
  • DeFiデータを取り込みたい方

などは、下表のような有料プラン(年間8,250円〜)を選択する必要があります。

スクロールできます
プラン基本料金
*税込・年間
年間
取引件数
海外取引所
ファイル
DeFiデータ対応法人評価
損益対応
取引履歴
データ保持
無料0円100件まで不可×不可×不可×不可×
お試し8,250円300件まで不可×可能◎不可×可能◎
ライト16,500円1,000件まで可能◎可能◎不可×可能◎
スタンダード33,000円3万件まで可能◎可能◎可能◎可能◎
アドバンス55,000円50万件まで可能◎可能◎可能◎可能◎
Gtax(ジータックス)の料金体系・手数料プラン

ただし、海外取引所を利用されている方やDeFiデータを取り込みたい方は「ライトプラン」以上が必須になります!

年間50万件以上の取引は計算できなくなる点に注意!
→取引件数が多い方は「Cryptact(クリプタクト)」を利用しましょう。

サイト管理人

私も、最初は「無料プラン」を試しましたが、取引量の増加に伴い、「ライトプラン」にアップグレードしました。

まずは、無料内で使ってみて必要に応じて、料金プランをアップグレードして行けば良いと思います。

\ 無料登録はコチラ /

Gtax(ジータックス)の注意点・デメリットは?

Gtax(ジータックス)の注意点・デメリットは?
Gtax(ジータックス)の注意点・デメリットは?

Gtax(ジータックス)良さそうなんだけど、使用上の注意点・デメリットは無いのかな?

サイト管理人

人によっては有料プランが必須である事などを覚えておきましょう!

注意点・デメリット
  • 有料プランが必須の場合も!
  • スマホアプリは無い!
  • 設定に時間がかかる場合も

以下、各デメリット・注意点について詳しく解説していきます。

デメリット・注意点①:無料枠で収まらず「有料」になる場合も

ジータックスの料金は?無料・有料の違い」で解説したように、

  • 取引件数が多い方
  • 海外取引所を利用している方
  • DeFiデータを取り込みたい方

などは、有料プランを利用する必要がある点を頭に入れおきましょう。

デメリット・注意点②:スマホアプリは無い!

Gtaxは、スマホアプリは無く、基本的にウェブ・ブラウザーを利用して使うことになります。

デメリット・注意点③:設定に時間がかかる場合も

通信状況や取引量が多い場合、取引ファイルをアップロードした際に、取引が反映時間が遅くなる場合があります。

サイト管理人

私自身は、そこまで、時間が気になったことはありません。

デメリット・注意点【まとめ】

ここまで解説してきたGtax(ジータックス)のメリット・デメリットをまとめると、以下のようになります。

メリット

  • 取引所を跨いだ損益計算が可能!
  • 40カ所の取引所・販売所に対応!
  • 無料で利用できる!

注意点・デメリット

  • 有料プランが必須の場合も!
  • スマホアプリは無い!
  • 設定に時間がかかる場合も

取引件数などによっては、有料プラン(年間8,250円〜)が必要になりますが、複数の販売・取引所を跨いだ多くの取引を一括で、損益計算できるのは、かなり大きなメリットです。

そのため、ビットコイン等の暗号資産への投資を行っている方は、確定申告に必要な取引管理や損益計算の必須アイテムとして「ジータックス」を登録しておくと良いでしょう。

\ 無料登録はコチラ /

Gtaxの無料登録の方法や具体的な使い方は、以下をご参考ください。

【図解】ジータックスの使い方|無料登録から損益計算まで

ジータックス(Gtax)の評判・口コミは?

ジータックス(Gtax)の評判・口コミは?
ジータックス(Gtax)の評判・口コミは?

次に、私の感想を含め、利用している方の悪い口コミ・良い口コミをピックアップしていきます。

サイト管理人

Gtaxを利用するか迷った際に、ご参考ください。

悪い評判・口コミ①:有料版が8,250円〜

取引件数に応じて有料版が必要になりますが、高いと感じる評価も掲載されていました。

https://twitter.com/nozenkazurahime/status/1489170559074447361
サイト管理人

ただし、個人的には、面倒な損益計算が一瞬で片付くので、有料版でもコストパフォーマンスは高いと感じます。

良い評判・口コミ①:有料でも便利で利用!

利便性の高さから、有料版も利用している方は多いようです。

https://twitter.com/sinsin3910/status/1500101372846301184
サイト管理人

確定申告へ向けた「損益計算」の不安や手間がなくなるので、私も有料版を継続利用しています!

良い評判・口コミ②:便利すぎる!

「とにかく便利!」という口コミが多く集まっています。

https://twitter.com/tori3des/status/1488355245445238784

Gtax(ジータックス)の評判・口コミ【まとめ】

ここまで紹介してきた評判・口コミをまとめると、下表のようになります。

項目内容
悪い評判
・口コミ
・簡単すぎて逆に不安になる!
・有料版は8,000円〜
良い評判
・口コミ
・有料もコスパが高い!
・便利すぎる!
Gtax(ジータックス)の評判・口コミ

有料プランの料金が高いという方もいますが、暗号資産取引の損益計算が一瞬でできる利便性が好評で、多くの方が利用しているようです。

\ 無料登録はコチラ /

【図解】Gtax(ジータックス)の使い方・無料登録の方法

【図解】Gtax(ジータックス)の使い方・無料登録の方法
【図解】Gtax(ジータックス)の使い方・無料登録の方法
サイト管理人

次に、Gtaxの具体的な使い方・登録方法を、実際の画面を用いながら解説していきます。

STEP
Gtaxのアカウント作成(無料)

はじめに、以下のリンクから「Gtax(ジータックス)」の無料アカウントを作成します。

Gtaxアカウント作成(無料)

上記のリンクをタップ・クリックすると、以下のような画像が表示されるので「無料ではじめる」をタップ・クリックして、登録を開始します。

無料アカウント作成|Gtax(ジータックス)
「無料ではじめる」をタップしてGtax(ジータックス)のアカウント作成

「無料ではじめる」をクリックすると、下図のような画面に遷移します。

ここで、メールアドレス・パスワードの設定を行います。

メールアドレス・パスワードを入力|Gtaxアカウント作成
メールアドレス・パスワードを入力|Gtaxアカウント作成

同意事項を確認し、「Gtaxを無料で始める」をクリックすると、以下のような仮登録完了画面に移動します。

会員用URLの送付画面|Gtax(ジータックス)

メールを確認して、本登録を完成させましょう。

STEP
本登録を行う

ステップ1が完了すると、以下のようなメールが送付されてきます。

URLをクリックしてアクティベイト|Gtax(ジータックス)
URLをクリックしてアクティベイト

メール内のURLをクリックして、本登録(アカウントをアクティベイト)しましょう。

本登録が完了すると、メールが届くとともに、以下のような画面に遷移します。

本登録の完了通知メール|Gtax(ジータックス)
本登録の完了通知メール
会員登録の完了画面|Gtax(ジータックス)
会員登録の完了画面
STEP
ログインして取引所の登録

ステップ2で、Gtax(ジータックス)の会員登録が完了したら、設定したメールアドレス、およびパスワードでログインしましょう。

設定したメールアドレス・パスワードでログイン|Gtax(ジータックス)
設定したメールアドレス・パスワードでログイン

初回ログインが無事成功すると、以下のような画面が表示されます。

暗号資産・仮想通貨の取引所を登録する
暗号資産・仮想通貨の取引所を登録する

初期設定として、お使いの暗号資産(仮想通貨)取引所を登録するために「取引所を選択する」をクリックしましょう。

「取引所を選択する」をクリックすると、下図のような画面に移動します。

暗号資産(仮想通貨)取引所を選択する|Gtax(ジータックス)
暗号資産(仮想通貨)取引所を選択する

bitbankやbybit、ビットフライヤーやコインチェックなど、ご自身がお使いの取引所をクリックして登録しましょう。

複数の販売所・取引所が一度に登録できます。

暗号資産(仮想通貨)取引所の登録|Gtax(ジータックス)
暗号資産(仮想通貨)取引所の登録

「登録する」をタップし、暗号資産(仮想通貨)取引所の登録します。

STEP
取引履歴を登録・アップロード

ステップ3が完了したら、選んだ「各取引所・販売所」の取引履歴をアップロードして、損益計算をしてもらいます。

取引所の登録が完了したら取引履歴をアップロード|Gtax(ジータックス)
取引所の登録が完了したら取引履歴をアップロード

登録した取引所が自動で表示されているので、インストラクションに従って、取引履歴をアップロードします。

各取引所の履歴(CSVファイルなど)をアップロード|Gtax(ジータックス)
各取引所の履歴(CSVファイルなど)をアップロード

Coincheckの取引履歴のダウンロード方法

ログイン後、「取引履歴」をクリック・タップ。

その後、ダウンロードしたい月を選択することで、ダウンロードができます。

取引履歴のダウンロード|Coincheck(コインチェック)
取引履歴のダウンロード|Coincheck(コインチェック)

取引履歴がダウンロードできたら、ファイル(zipも対応)を選択、または「ドラッグ・アンド・ドロップ」して、アップロードしましょう。

取引履歴をアップロード|Cryptact(クリプタクト)
取引履歴をアップロード|Cryptact
サイト管理人

これで完了です!
該当年の全ての取引をアップロードすることで、自動で損益通算してくれます!

Cryptact(クリプタクト)とどっちがオススメ?他の税金計算ツールと比較

暗号資産(仮想通貨)取引の損益計算ツールとして、Gtaxと比較されるのが「クリプタクト(Cryptact)」です。

クリプタクトとGtax、どっちを利用するのが良いんだろう??

サイト管理人

暗号資産の取引頻度が少なければ「Gtax」、多ければ「クリプタクト」を使うのがオススメです!

結論から言うと、年間取引件数によって、どちらの仮想通貨「税金計算」ツールが良いか、が変わります。

  • 年間取引が100件以内なら→無料で使える「Gtax
  • 年間取引が100件以上なら→有料プランが割安な「クリプタクト
項目クリプタクトGtax
総合評価
(個人的)
料金「無料」で
使える範囲

取引50件まで

取引100件まで
料金(有料部分)
使いやすさ
API対応
→データ取り込み不要

APIに未対応×
→要データ取り込み
見やすさ(主観)
対応取引所
対応取引所:58カ所
対応通貨:8,600種以上

対応取引所:52カ所
対応通貨:非公表
クリプタクト・Gtaxの比較
サイト管理人

私自身は、年間の取引件数が多いため、クリプタクトを利用しています。

GtaxとCryptactの詳しい比較・詳細は、以下のページをご参考下さい。

【Gtax vs クリプタクト】仮想通貨の税金計算ツールはどっちがオススメ?

Gtax【まとめ】確定申告・仮想通貨の投資に必須?

ここまで解説してきたように「Gtax(ジータックス)」は、面倒で手間がかかる「仮想通貨取引の損益計算」に便利なツールです。

必要に応じて、有料プランにアップグレードする必要がありますが、

  • 取引所を跨いだ損益計算が可能!
  • 50カ所の取引所・販売所に対応!
  • 無料で利用できる!

などのメリットは魅力的で、仮想通貨取引を行う個人投資家に必須のツールと言えます。

\ 無料登録はコチラ /

サイト管理人

最後まで、本記事をご覧いただき、ありがとうございました!

以下は「おまけ」ですので、気が向いた時にご覧いただき、お得にビットコインをゲットしてみてください!

【必見!】無料で高額ビットコインをもらう「3つ」の方法

将来的に大きな資産になり得る「ビットコイン」ですが、なんと!無料でもらえる方法があります。

無料で高額のビットコインをもらう方法
  • キャンペーンでビットコインをもらう
  • ポイントサイトでビットコインをもらう
  • ビットフライヤー経由でネットショッピングを行う

それぞれの方法について詳しく解説していきます。

ビットコインをもらう方法①:キャンペーンを利用

まず、最初に利用したのが、暗号資産(仮想通貨)取引所で行われているキャンペーン。
無料の口座開設や積立投資などで、もれなく高額のビットコインがもらえます!

取引所プレゼント金額条件
ビットフライヤーもれなく「2,000円分」
のビットコイン
3ヶ月間の積立継続
コインチェックもれなく「1,000円分」
のビットコイン
3ヶ月間の積立継続
ビットコインがもらえるキャンペーン
サイト管理人

私も、仮想通貨の投資スタート時に、多くの口座開設・積立キャンペーンに参加しました!

ちなみに、仮想通貨の積立は、ビットフライヤーの「かんたん積立」を利用しています。

【ブログ解説】ビットフライヤーかんたん積立のデメリットは?やり方・設定方法も解説

ビットコインをもらう方法②:ポイントサイトを利用

次に活用したいのが、ビットコインを無料で貯められるサービスです。

下図は、bitFlyer「ビットコインをもらう」の例ですが、無料の会員登録やカードの発券など、各種案件をこなすことで、高額のビットコインがもらえます。

ビットフライヤー「ビットコインをもらう」
ビットフライヤー「ビットコインをもらう」
サイト管理人

ポイントサイトのような感覚で、ビットコインがゲットできます。

この手のサービスには、ビットフライヤーの他に、ビッコレビットスタート等の多くのサイト・サービスがありますが、
出金の手間や手数料を考慮すると、ビットフライヤーを利用するのが最適です。

ビットコインを無料で貯められるサービス
  • ビットフライヤー
  • ビッコレ
  • ビットスタート

など多数

サイト管理人

余計なコスト・手間がかからない「ビットフライヤー」がオススメです。

ビッコレやビットスタートは、貯めたビットコインをそのまま利用することができず、ビットフライヤー等のウォレット(財布)付きの口座に送金する必要があります。

ビッコレ・ビットスタートの場合、貯めたビットコインを利用する際に、手間・コストがかかります。

一方、bitFlyerでは、ビットフライヤーの口座さえ持っておけば、

  • ビットコインを貯める
  • ビットコインを使う
  • 投資・取引を行う

など、全てのことが「1つの口座」で完結します。

そのため、無料でビットコインを貯めるサービスは、bitFlyer(ビットフライヤー)がオススメです。

\ 最短「即日」利用可能 /

*口座開設費・維持費「無料」

ビットフライヤーの口座開設・利用方法は、以下のページをご参考ください。

【図解】ビットフライヤーの口座開設・登録の具体的な方法

ビットコインをもらう方法③:ビットフライヤー経由で買い物・サービスを利用

また、ビットフライヤーでは「ビットコインをもらう方法②:ポイントサイトを利用」で紹介した「ビットコインをもらう」経由した、買い物・サービスの利用でもビットコインがもらえます。

ビットフライヤー経由の買い物・サービス利用でポイントが貯まる
ビットフライヤー経由の買い物・サービス利用でポイントが貯まる

上の図は、一部のサービス例ですが、楽天市場やYahoo!ショッビングなどの買い物、楽天トラベル・JTBなどの旅行サイト、ふるさと納税など、多くのサービスで、ビットコインを貯めることができます。

サイト管理人

ビットフライヤーは、ビットコインを貯めたり、使ったり、投資したり、と多くの機能が利用できるので、暗号資産(仮想通貨)にある方は、口座開設しておきましょう。

\ 最短「即日」利用可能 /

*口座開設費・維持費「無料」

ビットフライヤーの評判やメリット・デメリット等の詳細は、以下のページをご参考ください。

【評判悪い?】ビットフライヤーのデメリットや始め方、メリット・口コミを徹底解説

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

橘 龍馬のアバター 橘 龍馬 サイト管理人

投資歴7年、30代3児の父。理学博士。
投資・節約の専門メディア「マネーの研究室」のサイト管理人。
インスタ・Twitterも更新!

【サイト利用時の注意点・免責事項】

 

掲載の情報は、信頼するに足ると信じる情報に基づいて作成したものですが、当サイトのデータの正確性は保証されていませんので、ご注意下さい。

本サイトの情報等を用いて行う行為に関して、その責任は全て利用者自身に帰属します。万一、利用者が何らかの損害を被った場合、その損害に関して当サイト管理者および情報を提供している第三者は一切の責任を負うものではありません。

本サイトは投資家・金融サービス利用者への情報提供を目的としており、証券・FXに関する契約締結の代理、媒介、斡旋、売買推奨、投資勧誘等を行うものではありません。

また、当ブログに記載の仮想通貨は暗号資産のことを指します。

目次
閉じる