むさし証券

むさし証券(トレジャーネット)口座開設のメリットは?手数料の安さや他社との比較、IPOなど解説

むさし証券(トレジャーネット)口座開設のメリットは?手数料の安さ(現物・定額・信用取引プラン)やIPOなど解説
むさし証券(トレジャーネット)口座開設のメリットは?手数料の安さ(現物・定額・信用取引プラン)やIPOなど解説むさし証券(トレジャーネット)口座開設のメリットは?手数料の安さ(現物・定額・信用取引プラン)やIPOなど解説


むさし証券のネット口座「トレジャーネット」は、手数料の安さが魅力的なネット証券です。2016年11月の手数料引き下げにより、それまで最安水準だったライブスター証券を抜いて、国内最安水準の手数料となりました。

本ページでは、むさし証券のネット口座「トレジャーネット」の手数料(現物・信用取引)プランの特徴や他社との手数料比較、またIPO(新規公開株)など、トレジャーネットのメリット・デメリットなどについて解説していきます。

参考 トレジャーネットの詳細確認・口座開設(無料)は、以下の公式ページからも行えます。

>>> むさし証券トレジャーネットの詳細確認・口座開設(無料)

むさし証券トレジャーネットの手数料プラン

むさし証券トレジャーネットの最大の魅力は手数料の安さです。トレジャーネットの株式手数料の料金体系(プラン)は、以下の2つがあります。

むさし証券トレジャーネットの手数料プラン:

  • トレジャースタンダード:1回の注文毎に手数料が決まる。一般の方・中長期投資家向け
  • トレジャーボックス:1日の約定代金の合計金額で手数料が決まる。デイトレーダー向け

以下、二つの料金プランについて、他の低コストネット証券の手数料との比較を交えながら解説していきます。

トレジャースタンダード:1回の注文毎に手数料が決定

一般ユーザー向けの手数料プランが「トレジャースタンダード」です。1回の約定毎に手数料が決まる料金体系です。現物・信用取引の区別はなく、いずれも約定代金毎に、下表のような手数料となっています。

トレジャースタンダードの料金(約定代金毎):

1注文の約定金額 手数料(税抜) 手数料(税込)
10万円以下 75円 81円
10万円超~20万円 95円 102円
20万円超~50万円 175円 189円
50万円超~100万円 320円 345円
100万円超~150万円 380円 410円
150万円超~300万円 440円 475円
300万円超~600万円 750円 810円
600万円超~900万円 1,320円 1,425円
900万円超~1,200万円 1,760円 1,900円
1,200万円超~1,500万円 2,200円 2,376円
1,500万円超~1,800万円 2,640円 2,851円
1,800万円超~2,100万円 3,080円 3,326円
2,100万円超~3億円 3,520円 3,801円

トレジャーネット公式ページ

約定金額毎に、細かく手数料が決まっている点が良いですね。それでは以下、ライブスター証券GMOクリック証券SBI証券など手数料の安い新興ネット証券や大手ネット証券と手数料を比較してみます。

他ネット証券との手数料比較

結論から言うと、2016年11月の大幅な手数料引き下げにより、トレジャーネットの売買手数料が業界最安の水準となりました。それまで、マイナーだったトレジャーネットですが、手数料引き下げを期に、注目が集まっています。

実際の手数料比較(1回の注文毎)は、下表のようになります。これまで最安であったライブスター証券を抜き、むさし証券「トレジャーネット」が最安となりました。

主要ネット証券との手数料比較(100万円以下):

証券会社 \ 約定代金 ~10万円 〜20万円 〜50万円 〜100万円
トレジャーネット 75円 95円 175円 320円
岡三オンライン証券 無料 無料 350円 600円
SBI証券 無料 185円 272円 487円
楽天証券 無料 185円 341円 609円
GMOクリック証券
株主優待で実質無料
88円 98円 241円 436円
ライブスター証券 80円 97円 180円 340円
マネックス証券 100円 180円 450円 1500円
カブドットコム証券 90円 180円 250円 990円
SMBC日興証券 125円 180円 400円 800円

表中の手数料は全て税抜き表示

証券会社の株式売買手数料を比較!NISAや株主優待で無料にする方法も解説

主要ネット証券との手数料比較(1,000万円以下):

証券会社 \ 約定代金 200万円 300万円 500万円 1,000万円
トレジャーネット 440円 440円 750円 1760円
ライブスター証券 600円 800円 800円 800円
GMOクリック証券
株主優待で実質無料
833円 833円 833円 833円
SBI証券 921円 921円 921円 921円
マネックス証券
()内はPC指値
200円
(300円)
300円
(450円)
500円
(750円)
1000円
(1,500円)
楽天証券 921円 921円 921円 921円
SMBC日興証券 1,500円 2,000円 3,000円 4,500円
カブドットコム証券 1,890円 1,890円 3,690円 3,690円

1回の約定金額が1,000万円以上の場合は、まだライブスター証券が最安ですが、その他の価格帯では、むさし証券「トレジャーネット」が最安手数料となっています。

一般の方の場合、1回の約定金額が1,000万円になることはほとんどないので、ほとんどの場合、トレジャーネットでの株式売買がお得になりそうです。

参考 トレジャーネットの詳細確認・口座開設(無料)は、以下の公式ページからも行えます。

>>> むさし証券トレジャーネットの詳細確認・口座開設(無料)

また、株式売買手数料の比較・詳細は、以下もご参照ください。

トレジャーボックス:1日の約定代金の合計金額で手数料が決定

デイトレーダーの方など一日にたくさんの取引を行うヘビーユーザー向けの料金プランとして「トレジャーボックス」があります。1日の約定代金の合計金額毎に、以下のような手数料となっています。

トレジャーボックスの料金体系:

手数料(税抜) 手数料(税込)
300万円以下 1,200円 1,296円
300万円超〜600万円 2,400円 2,592円
600万円超〜900万円 3,600円 3,888円
900万円超〜1,200万円 4,800円 5,184円
1,200万円超〜1,500万円 6,000円 6,480円
1,500万円超〜1,800万円 7,200円 7,776円
1,800万円超〜2,100万円 8,400円 9,072円
2,100万円超〜2,400万円 9,600円 10,368円
2,400万円超〜2,700万円 10,800円 11,664円
2,700万円超 12,000円 12,960円

こちらの料金体系も国内最安水準となっています。金額によってはライブスター証券がお得になることもあります。

参考 ライブスター証券の詳細確認・無料口座開設は、以下の公式ページから行えます。今なら口座開設キャンペーンで、最大2ヶ月間売買手数料無料になります

ライブスター証券の詳細確認・口座開設(無料)

また、本サイトでのライブスター証券の料金体系や特徴の解説は、以下をご参照ください。

トレジャーネットのその他のメリット

トレジャーネットの手数料の安さ以外の魅力、メリットについて見ていきます。

IPO(新規公開株)の取り扱いがある

当選すれば利益を出せる可能性のあるIPOですが、むさし証券(トレジャーネット)もIPOを取り扱っています。手数料で競合しているライブスター証券ではIPOの取り扱いがないので、大きなアドバンテージと言えそうです。

2016年のIPO実績を見ても、九州旅客鉄道(9142)などの有名どころや、パフォーマンスのよかったリタリコ、バリューゴルフなどを扱っていました。株式の売却手数料も安いので、IPO売却時にもこのメリットを受けることができます。

ただし、取扱銘柄数は少ないので、IPOチャレンジポイントのあるSBI証券SMBC日興証券などの取扱銘柄が多い低コストネット証券を抑えておくことも重要です。

参考 IPO投資の証券会社選びは、以下をご参照ください。

NISA口座ができる

むさし証券(トレジャーネット)では、2014年から始まったNISA口座を作ることができます。NISA口座を使うと、譲渡益や配当金・分配金に対する税金が非課税になるのでおトクです。

ただし、むさし証券では、SBI証券のNISA口座で行われているような、株式売買手数料の無料化などは行われていないので、あまりNISA口座を開設するメリットはありません。

参考 SBI証券の詳細確認・無料口座開設は、以下の公式ページから行えます。今なら口座開設キャンペーンで、最大10万円がもらえます(3月31日まで)

SBI証券の詳細確認・口座開設(無料)

また、SBI証券NISA口座の特徴やサービスは、以下をご参照ください。

むさし証券「トレジャーネット」のデメリット

手数料の安さが魅力的なむさし証券「トレジャーネット」ですが、投資信託の品揃えが悪く、また外国株式や海外ETFの売買ができません。そのため、国内株式・ETFを売買する場合に限り、むさし証券(トレジャーネット)を利用するのが良いでしょう。

投資信託の品揃えが少ない

投資信託は、45銘柄程の取り扱いしかありません。EXE-iシリーズなど低コストのインデックスファンドなどもありますが、SBI証券や楽天証券などの2,000銘柄を超えるラインナップと比べると、かなり少ない印象です。

投資信託を購入する場合、SBI証券・楽天証券・マネックス証券カブドットコム証券などが候補となります。4社の中では投信マイレージによるポイント還元で、お得に投資信託の購入・保有ができるSBI証券がオススメです。

参考 SBI証券の投資信託に関する解説は、以下をご参照ください。

海外ETF・株式は購入できない

むさし証券(トレジャーネット)では、アメリカ(米国)などに上場する株式やETFの売買ができません。米国など海外株式の売買ができるネット証券は、SBI証券・マネックス証券・楽天証券の3社です。特に、SBI証券は米国株式の取引にかかるコストが最も安いためオススメです。

参考 SBI証券の詳細確認・無料口座開設は、以下の公式ページから行えます。今なら口座開設キャンペーンで、最大10万円がもらえます(3月31日まで)

SBI証券の詳細確認・口座開設(無料)

また、SBI証券での外国株・海外ETF売買に関する特徴や詳細は、以下をご参照ください。

むさし証券「トレジャーネット」まとめ

ここまで紹介してきたように、むさし証券「トレジャーネット」は株式の売買手数料が国内最安水準である点が最大の特徴です。私自身は、株式売買にはSBI証券と株主優待で売買手数料が実質無料になるGMOクリック証券の2つを利用していますが、「トレジャーネット」も中々手数料が安く良いでしょう。

株主優待でGMOクリック証券の売買手数料を実質無料(0円)にする方法

コストは投資家への確実なマイナスリターンとなり投資パフォーマンスを悪化させるので、ライブスター証券を利用し売買手数料手数料を安くすることで、相対的に投資パフォーマンスを向上させることができます。

参考 トレジャーネットの詳細確認・口座開設(無料)は、以下の公式ページからも行えます。

>>> むさし証券トレジャーネットの詳細確認・口座開設(無料)

ただし、投資信託の品揃えが極端に悪く、海外株式・ETFが買えない点にはご注意ください。インデックスファンドなどの投資信託や外国株式・海外ETFなどの購入は、本文中で解説したように、SBI証券での売買がオススメです。売買手数料も安く独自サービスでお得です。

SBI証券の詳細確認・口座開設(無料)は、コチラから行えます。

参考 今なら口座開設キャンペーンで最大10万円がもらえます(3月31日まで)

SBI証券は、投資信託や国内・海外株式、ETFの品揃え等も良くコストも業界最安水準です。また、IPOチャレンジポイントPTSなど、様々な独自のメリットがあります。口座開設費・維持費は無料ですので、口座を持っていない方は、この機会に口座を開設してみると良いかもしれません。

SBI証券の特徴

SBI証券
  • 2018年オリコン:ネット証券部門で第1位(3年連続)
  • 投資信託の保有中に高還元ポイントバック!
  • 海外ETF・株式が最安手数料
  • 個人向け国債の購入で現金がもらえる!
  • PTS(夜間取引)など国内株式も充実!
  • 独自のIPO当選システム!(IPOチャレンジポイント)

参考 SBI証券の詳細確認・無料口座開設は、以下の公式ページから行えます。今なら口座開設キャンペーンで、最大10万円がもらえます(3月31日まで)

SBI証券の詳細確認・口座開設(無料)

また、本ブログでのSBI証券の評価・解説は、以下をご参照ください。