最大「5万円分」プレゼント!

【要注意】auマネーコネクトのデメリットは?設定方法・メリットと合わせて解説

今なら、auマネーコネクト設定で5,000円がもらえるキャンペーン開催中!

▶︎ キャンペーン内容を確認

【要注意】auマネーコネクトのデメリットは?設定方法・メリットと合わせて解説

本記事では、auマネーコネクトのデメリットや注意点、またメリットの整理・比較、具体的な「設定方法」を徹底解説していきます。

サイト管理人

キャンペーンで「お得に」口座開設する方法・流れも解説するので、auカブコム証券・auじぶん銀行を口座開設するか?迷っている方は、ご参考ください!

auカブコム証券・auじぶん銀行は、それぞれ単体でも多くのメリットがありますが、真の力を発揮するのは「両方の口座を開設行い、連携(auマネーコネクト)した時」です。

同時開設・auマネーコネクトすることで、普通預金金利が年率0.1%になったり、銀行・証券口座同士の入出金が便利になるなど、おトク度・利便性の両面で大きなメリットがあります。

auマネーコネクトの特徴・メリット
  • 優遇プログラムで普通預金金利が年率0.1%
    *auじぶん銀行(通常時)の100倍
  • オートスイープ(自動入出金)が便利
  • 投信積立の資金も銀行口座から自動振替
  • キャンペーンで全員に10,000円

→ キャンペーン内容を確認

このように、メリットの多いauカブコム証券とauじぶん銀行の同時口座開設&連携(auマネーコネクト)ですが、

  • デメリット・注意点は?
  • auマネーコネクトの設定方法は?
  • 口コミ・評判は?

など、様々な疑問があると思います。

そこで、本記事では、auカブコム証券・auじぶん銀行の同時開設&連携(auマネーコネクト)する方法や手順、また連携した際のメリット・デメリットを徹底解説していきます。

▼ 気になるところまで読み飛ばし ▼

目次

auマネーコネクトとは?特徴・メリット

auマネーコネクトとは?特徴・メリット
サイト管理人

auカブコム証券・auじぶん銀行ユーザーにお得な「auマネーコネクト」の仕組み・メリットを解説していきます。

auマネーコネクトとは?

auマネーコネクトとは、auカブコム証券とauじぶん銀行を連携することで、お得度と利便性が劇的にアップするau経済圏のサービスです。

auマネーコネクトとは?特徴・メリット

auカブコム証券とauじぶん銀行を口座開設し、連携(auマネーコネクト)することで、以下のような特典・メリットが生まれます。

auマネーコネクトのメリット
  • 優遇プログラムで普通預金金利が年率0.1%
    *auじぶん銀行(通常時)の100倍
  • オートスイープ(自動入出金)が便利
  • 投資信託の積立資金も銀行口座から自動振替
  • お得なキャンペーン開催中!
サイト管理人

優遇プログラムで、普通預金金利が100倍(0.1%)になる点が大きなメリットですね!

以下、それぞれのメリットについて詳しく解説していきます。

メリット①優遇プログラムで普通預金金利が「0.1%」に!

メリット①優遇プログラムで普通預金金利が「0.1%」に!

通常、auじぶん銀行の普通円預金口座の金利は「年率0.001%」ですが、auカブコム証券と連携(auマネーコネクト)を行うことで、auじぶん銀行の普通預金金利を100倍の「年率0.1%」にできます。

以下の表は、メガバンクやゆうちょ銀行など他行の普通預金金利を比較したものです。
auマネーコネクト設定後のauじぶん銀行の金利が、高水準であることがわかります。

銀行名普通預金金利(年率)
()は証券口座との連携時
auじぶん銀行
(auマネーコネクト)
0.001%
(0.10%)
楽天銀行
(楽天マネーブリッジ)
0.02%
(0.10%)
SBJ銀行0.02%
東京スター銀行0.02%
オリックス銀行0.02%
住信SBIネット銀行
(SBIハイブリッド預金)
0.001%
(0.01%)
じぶん銀行0.001%
ソニー銀行0.001%
セブン銀行0.001%
ゆうちょ銀行0.001%
三菱東京UFJ銀行0.001%
三井住友銀行0.001%
みずほ銀行0.001%
日本の銀行「普通預金金利」の比較

日銀の金融緩和以降、ゆうちょ銀行・大手メガバンク等の普通預金金利が0.001%となる中、普通預金金利0.1%で運用できる銀行は、かなり貴重です。

サイト管理人

私自身は、楽天ユーザーなので楽天銀行を利用していますが、auユーザーの方には「auじぶん銀行(auマネーコネクト)」がオススメです!

メリット②auカブコム証券との連携(オートスイープ機能)が便利

メリット②auカブコム証券との連携(オートスイープ機能)が便利

auじぶん銀行とauカブコム証券の口座で自動入出金(オートスイープ機能)の設定を行うと、あたかもauカブコム証券とauじぶん銀行でお金を共有しているイメージで、投資や資産運用が行えます。

オートスイープの特徴・メリット
  • 投資資金でありながら優遇金利(0.1%)が受けられる
  • 入金の手数料無料
  • 入出金の手間がかからない

一般的に、証券会社で投資を行いたい場合、銀行からお金を入金する必要があります。
auマネーコネクト(オートスイープ)設定後は、auじぶん銀行にお金が入っていれば、わざわざ入金しなくても、auカブコム証券で投資資金として利用できます

他の証券会社の場合、銀行から出金して証券口座に入金するため、銀行での普通預金金利は適用外となってしまいます。

それに対し、auマネーコネクトの場合、auじぶん銀行にお金を残したまま、auカブコム証券の投資余力に反映しつつ、さらに、auじぶん銀行の普通預金金利0.1%の特典も同時受けることができます。

メリット③投資信託の積立金額を自動で振替できる!

毎月の投資信託の積立購入資金や株取引などで発生した不足金は、いつでも「リアルタイム入金(不足金自動振替サービス)」できます

もちろん、「不足金自動振替サービス」もメリット②で解説した「オートスイープ」も手数料0円(無料)で利用できます。

メリット④お得なキャンペーン開催中!

auマネーコネクトキャンペーン

\ キャンペーン参加はコチラ /

今なら、auカブコム証券の「無料」口座開設&連携(auマネーコネクト)で、もれなく現金5,000円がもらえます。

サイト管理人

ノーリスクで、5,000円が貰えるお得なキャンペーンなので、この機会に口座開設しましょう!

auカブコム証券 口座開設(無料)

スクロールできます
項目内容
期間2021年11月1日(火)〜
対象者・
対象条件
①auカブコム証券の口座開設
②auマネーコネクト設定
③auカブコム証券に5万円以上入金
内容上記条件を達成した方に、
もれなく現金5,000円
プレゼント時期条件達成月の翌月下旬
キャンペーン概要

口座開設費や管理費、auマネーコネクトの設定などは全て無料なので、ノーリスクで「現金5,000円」が貰える、かなりお得なキャンペーンです。

キャンペーン情報の確認やauカブコム証券・auじぶん銀行の同時開設は、以下の公式ページから行えます。

▶︎ auカブコム証券【公式ページ】を確認

また、キャンペーンを利用して、auカブコム証券・auじぶん銀行を同時開設する方法・手順は、以下をご参考ください。

【図解】失敗しない!auカブコム証券・auじぶん銀行を同時口座開設する方法・手順

auマネーコネクトのデメリット・注意点は?

auマネーコネクトのデメリット・注意点は?

auマネーコネクトのメリットが豊富すぎて、逆に心配になるんだけど「デメリット」は無いんですか?

サイト管理人

メリットと比較すると、そこまで大きなものは無いのだけど、考えられるデメリット・注意点を解説していきますね!

ここまで解説してきたように、auマネーコネクトには様々なメリットがあります。
口座開設や各種設定は無料なので、基本的にデメリットはありませんが、考えうるデメリット・注意点として、以下のような点があげられます。

注意点・デメリット
  • スイープ・不足金自動振替に注意!
  • 将来的な改悪の可能性も!
  • 口座開設時に注意!

以下、各項目・デメリットについて詳しく解説していきます。

デメリット①オートスイープ・不足金自動振替に注意

オートスイープ・不足金自動振替は、auカブコム証券・auじぶん銀行間の入出金を自動で素早く行ってくれるサービスです。

これ自体は、かなり便利な機能なのですが、auじぶん銀行の普通預金口座に生活費を預け入れしている場合、うっかり、投資資金として使ってしまわないように注意しましょう。

auカブコム証券での株購入などで、不足金が発生した場合、auじぶん銀行から自動で振替されてしまう。

サイト管理人

auカブコム証券の口座内にある金額のみで投資を行い、不足金が発生しないように注意しましょう。

デメリット②優遇プログラムの金利の変更・改悪に注意

デメリット②優遇プログラムの金利の変更・改悪に注意

auマネーコネクトに限らず、全てのお得なサービスに共通のデメリットとして、サービスの改悪があります。

auマネーコネクトの金利優遇プログラムも将来的には、金利低下の可能性もゼロではありません。

楽天経済圏など割と老舗の経済圏では、徐々に制度変更(改悪)が発生しています。

デメリット③証券・銀行口座開設の順番に注意

デメリット③証券・銀行口座開設の順番に注意

デメリットというよりも「手間」の問題ですが、auカブコム証券・auじぶん銀行の口座開設の手順を間違うと、銀行口座と証券口座を同時に開設できず、面倒になる点に注意しましょう。

サイト管理人

auカブコム証券・auじぶん銀行、どちらも口座開設していない方は、同時開設が便利です!

auカブコム証券・auじぶん銀行口座の同時開設の正しい手順は、以下をご参考ください。

【図解】auカブコム証券・auじぶん銀行の口座開設を同時にする流れ・手順

デメリット④IPO購入の代金には使えない

auマネーコネクト内のお金は、国内株や投資信託の買付余力には反映されますが、IPO(新規公開株)の買付代金には充てることができない点に注意しましょう。

auマネーコネクト口座内の資金で、IPO抽選に参加したい場合、一旦「auじぶん銀行」の普通預金に振替して、その後、auカブコム証券に「即時入金」しましょう。

auカブコム証券のIPOに関する詳細は、以下をご参考ください。

auカブコム証券IPO(新規公開株)ルールは?他の証券会社と比較

デメリット【まとめ】メリットの方が大きい!

auマネーコネクトのデメリット【まとめ】

ここまで解説してきたように、いくつか注意点がある「auマネーコネクト」ですが、デメリットと言うほどのものでは無く、メリットの方が圧倒的に多いことがわかります。

メリット

  • 優遇プログラムで普通預金金利が年率0.1%
  • *auじぶん銀行(通常時)の100倍
  • オートスイープ(自動入出金)が便利
  • 投資信託の積立資金も銀行口座から自動振替
  • お得なキャンペーン開催中!

デメリット

  • スイープ・不足金自動振替に注意!
  • 将来的な改悪の可能性も!
  • 口座開設時に注意!

auカブコム証券・auじぶん銀行の口座開設や連携(auマネーコネクト)の初期費用・維持費は全て無料なので、普通預金金利を0.1%にするだけでも、かなりのメリットがあります。

サイト管理人

ゼロ金利時代に、普通預金金利0.1%は破格です!

auカブコム証券の口座開設や「auマネーコネクト」の設定方法は、以下をご参考ください。

【図解】auマネーコネクトの設定方法・口座開設の手順・流れ

【図解】auマネーコネクト優遇プログラムの設定方法|3つのやり方

auマネーコネクトの設定方法
サイト管理人

auマネーコネクトの具体的な設定方法を3つのケースに分けて解説していきます。

3種類のauマネーコネクトの設定方法

以下、それぞれの設定方法・やり方に分けて紹介していきます。

設定方法・やり方①:auカブコム証券・auじぶん銀行どちらの口座も持ってない!

はじめに、auカブコム証券・auじぶん銀行、どちらの口座も保有していない場合の「auマネーコネクト優遇プログラム」の設定方法・やり方を解説していきます。

STEP
auカブコム証券の口座開設をする

auカブコム証券・auじぶん銀行の同時口座開設は、auカブコム証券の口座開設ページから行えます。

 → auカブコム証券 口座開設【公式ページ】

STEP
口座開設の申し込み

ステップ1のリンクをクリック・タップすると、以下のような画面へ遷移します。
ここで、画面右上の「口座開設」をクリック・タップして、先に進みましょう。

auカブコム証券の口座開設ページ
画面右上の「口座開設」をクリック・タップ

「口座開設」をクリック、またはタップすると、下図のような画面に移ります。
すべて同意して次へすすむ」を押して、次へ進みましょう。

同意事項を確認して口座開設申し込み|auカブコム証券の口座開設
同意事項を確認して口座開設申し込み
STEP
必要事項の入力

STEP2で「すべて同意して次へすすむ」をクリック・タップすると、以下のような画面に移動します。

ここから、住所や氏名、メールアドレス、電話番号などの必要事項を入力していきます。

住所や氏名、メールアドレス、電話番号などの必要事項の入力|auカブコム証券の口座開設
住所や氏名、メールアドレス、電話番号などの必要事項の入力

住所などを入力していくと(画面下部へスクロールしていくと)、下図のような画面が表示されます。

ここで、居住国や国籍、米国永住権(グリーンカード)などの項目を選択して、「次へすすむ」をクリック・タップしましょう。

国籍などを入力して「次へすすむ」|auカブコム証券の口座開設
国籍などを入力して「次へすすむ」

上の画面で「次へすすむ」を選ぶと、以下のような画面へ移動しますので、ここで「勤務先・内部者情報の入力」を行います。

勤務先内容の入力|auカブコム証券の口座開設申し込み
勤務先内容の入力

勤務先内容の入力が完了したら、次に「お取引内容の入力」を行います。

取引種類・重視する取引方針・投資期間に関しては、空欄をクリックすると、選択肢が表示されます。

取引内容・納税方法の入力と選択|auカブコム証券の口座開設申し込み
取引内容・納税方法の入力と選択

納税方法に関しては、投資初心者の方は特に「カブコムにおまかせ(特定口座・源泉徴収あり)」がオススメです。

特定口座とは、株式・投資信託などの金融商品の売買内容の記録・損益の計算を証券会社が、我々投資家に代わって行ってくれる口座のことです。

また、「源泉徴収あり」にすれば、証券会社が納税し、我々得て口座を使う投資家は確定申告不要とすることも可能です。

サイト管理人

特定口座・源泉徴収ありを選択することで、我々にとって面倒な損益通算や税金の計算、納税をauカブコム証券が全て行ってくれます。

納税方法の選択が終わったら、次にNISA・つみたてNISA口座の申し込みの選択を行います。

NISA・つみたてNISA口座の申し込み|auカブコム証券の口座開設
NISA・つみたてNISA口座の申し込み

NISA(ニーサ)口座とは年間120万円まで非課税で投資が行える口座のことです。
通常20%程度かかる税金を非課税にできます。

また、つみたてNISAは、年間40万円の非課税枠で、20年間利用できます。

参考:【ブログ解説】NISA・つみたてNISAの始め方|特徴・違い、おすすめ商品など徹底解説

NISA口座の開設を迷っている方は、後から口座開設も行えますので、「開設を希望しない・今後検討する」を選択して、先に進みましょう。

STEP
auじぶん銀行の同時開設を選ぶ

auマネーコネクトを設定する場合、auカブコム証券の口座開設時に、auじぶん銀行を口座開設するのが便利です。

auじぶん銀行の同時開設をする場合、以下の画面で「同意して申し込む」を選択しましょう。

auじぶん銀行の同時口座開設を申し込む|auカブコム証券口座開設
auじぶん銀行の同時口座開設を申し込む

全ての内容が選択し終わったら、入力内容の確認を行い、口座開設を申し込みましょう。

入力事項の確認|auカブコム証券
入力事項の確認
サイト管理人

ここまでで、auカブコム証券・auじぶん銀行の口座開設は完了ですので、次に連携(auマネーコネクト)方法について解説していきます。

設定方法・やり方②:auカブコム証券・auじぶん銀行も口座がある

次に、auカブコム証券・auじぶん銀行、どちらの口座も保有している方、
または「設定方法①:手間がかからない同時開設の方法」で、auカブコム証券・auじぶん銀行の口座開設が完了した方が、auマネーコネクトを設定する方法を解説していきます。

STEP
auカブコム証券マイページにログイン

はじめに、auカブコム証券に、口座番号・パスワードを入れて、ログインしてください。

auカブコム証券にログインする|auマネーコネクト設定方法③
auカブコム証券にログインする
STEP
「設定・申込>電子契約」をクリック・タップ

マイページにログインしたら、画面上部の「設定・申込」タブをクリックし、その後「電子契約」をクリック・タップします。

「設定・申込」タブ→「電子契約」の順にクリック・タップ|auマネーコネクト設定方法③
「設定・申込」タブ→「電子契約」の順にクリック・タップ

画面を下部の方へスクロールしましょう。

STEP
auじぶん銀行口座開設(銀行代理業)のWEB申込・変更

ステップ2の画面で、

下方へスクロールすると、「auじぶん銀行口座開設(銀行代理業)※リアル版」という項目があります。

auじぶん銀行口座開設(銀行代理業)のWEB申込・変更|auマネーコネクト設定方法③
auじぶん銀行口座開設(銀行代理業)のWEB申込・変更

ここで、「WEB申込・変更」をクリック・タップします。

そうすると、以下のような画面へ遷移しますので、パスワードを入力して「申込」をクリック・タップしましょう。

パスワードを入力して「申込」|auマネーコネクト設定方法④
パスワードを入力して「申込」
STEP
auじぶん銀行にログインして連携

ステップ3が完了すると、以下のように、auじぶん銀行のログイン画面に自動で移動します。

ここで、ログインして、auカブコム証券との連携・認証を行います。

auじぶん銀行のログイン画面|auマネーコネクトの設定
auじぶん銀行のログイン画面

ログインをタップ・クリックすると、下図のような「auカブコム証券 口座振替」画面へ遷移しますので、画面下方へ移動(スクロール)しましょう。

auカブコム証券「口座振替」の認証|auマネーコネクト設定方法
auカブコム証券「口座振替」の認証

画面下部へ進むと、口座振替先(auカブコム証券株式会社)と同意事項(チェックボックス)が現れますので、確認(チェック)しましょう。

同意事項の確認|auマネーコネクト設定
同意事項の確認

次に、以下のような画面が表示されますので、auじぶん銀行、およびauカブコム証券の連携口座の情報を確認します。

auマネーコネクト(auじぶん銀行・auカブコム証券)の連携口座の確認
auマネーコネクト(auじぶん銀行・auカブコム証券)の連携口座の確認
連携内容の確認事項
  • 支店名
  • 預金科目
  • 預金口座番号
  • 口座名義
  • 口座振替先名

連携内容を確認したら、暗証番号認証を行い「申込む(auカブコム証券に進む)」をクリック・タップします。

暗証番号を入力して申し込む|auマネーコネクト設定
暗証番号を入力して申し込む
STEP
auマネーコネクトの連携確認

ステップ4で、申し込みが完了して、以下のような画面に遷移すれば、無事auマネーコネクトの設定が完了です。

auマネーコネクトの設定完了画面
auマネーコネクトの設定完了画面

ここで、申し込みの初期段階で見た「設定・申込>電子契約>auじぶん銀行口座開設(銀行代理業)※リアル版」を確認すると、ステータスが「お申込済」に変わっています。

auじぶん銀行口座開設(銀行代理業)※リアル版の表示内容が変わる|auマネーコネクトの確認
auじぶん銀行口座開設(銀行代理業)※リアル版の表示内容が変わる|auマネーコネクトの確認
サイト管理人

長丁場のauマネーコネクトの設定、お疲れ様でした!

よくある質問

楽天証券など他の金融機関でNISA口座開設後、auカブコム証券でNISA口座を開設したい場合は?

既に、NISA・つみたてNISAの口座を開設している金融機関と、auカブコム証券の両方で手続きを行う必要があります。

楽天証券→auカブコム証券NISA・つみたてNISA口座の変更
楽天証券→auカブコム証券NISA・つみたてNISA口座の変更の手順・流れ

まずは、auカブコム証券の口座開設手続きを進めつつ、他の金融機関で勘定廃止通知書の申し込みを行い、

その後、auカブコム証券で「金融機関変更用」のつみたてNISA申込書を提出する流れになります!

auカブコム証券の口座開設のメリットは?

auカブコム証券は、三菱UFJフィナンシャル・グループのインターネット専業の証券会社です。
国内株式や投資信託の他、ETFやFX、CFDなど幅広い金融商品を取り扱っています。

項目内容
会社名auカブコム証券株式会社
登録番号金融商品取引業者 関東財務局長(金商)第61号
銀行代理業 関東財務局長(銀代)第8号 2006年(平成18年)12月22日
電子決済等代行業 関東財務局長(電代)第18号 2019年(平成31年)1月16日
設立年月日1999年(平成11年)11月19日
所在地(住所)〒100-0004 
東京都千代田区大手町1-3-2 経団連会館6F
役員代表取締役社長 石月 貴史
取締役会長 二宮 明雄
代表取締役副社長 藤田 隆
代表取締役専務執行役員 上原 恒久
代表取締役専務執行役員伊勢谷 直樹
代表取締役専務執行役員鶴我 明憲
専務執行役員 塚田 正泰
資本金約72億円
加入団体日本投資者保護基金
加入協会日本証券業協会
一般社団法人 金融先物取引業協会
一般社団法人 日本投資顧問業協会
一般社団法人 日本STO協会
会社HPhttps://kabu.com/
auカブコム証券株式会社の企業データ・概要
auカブコム証券の魅力・メリット
  • 投資信託の購入でPontaポイントが貯まる!
  • Pontaポイントで投信が買える!現金化!
  • 売買手数料無料のETF(フリーETF)
  • 100%平等抽選のIPO抽選ルール
  • 株主優待を株価下落リスクを抑えて取引できる(つなぎ売り・クロス取引)

auカブコム証券のメリット・デメリット、口コミ・評判などの詳細は、以下のページをご参考ください。

【要確認】auカブコム証券の評判は?メリット・デメリットと合わせて解説

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

橘 龍馬のアバター 橘 龍馬 サイト管理人

投資歴7年、30代3児の父。理学博士。
投資・節約の専門メディア「マネーの研究室」のサイト管理人。
インスタ・Twitterも更新!

【サイト利用時の注意点・免責事項】

 

掲載の情報は、信頼するに足ると信じる情報に基づいて作成したものですが、当サイトのデータの正確性は保証されていませんので、ご注意下さい。

本サイトの情報等を用いて行う行為に関して、その責任は全て利用者自身に帰属します。万一、利用者が何らかの損害を被った場合、その損害に関して当サイト管理者および情報を提供している第三者は一切の責任を負うものではありません。

本サイトは投資家・金融サービス利用者への情報提供を目的としており、証券・FXに関する契約締結の代理、媒介、斡旋、売買推奨、投資勧誘等を行うものではありません。

また、当ブログに記載の仮想通貨は暗号資産のことを指します。

目次
閉じる