最大「5万円分」プレゼント!

【評判悪い?】楽天ポイントでビットコインの口コミは?やり方・積立もブログ解説

【評判悪い?】楽天ポイントでビットコインの口コミは?やり方もブログ解説

本記事では、楽天ポイントでのビットコイン投資「楽天ウォレット」「ポイントビットコインby楽天PointClub」の特徴、メリット・デメリットの解説、また違いを徹底比較していきます。

サイト管理人

口コミや評判、やり方も解説していきますので、始めようか?迷っている方・気になっている方は、ぜひご参考ください!

楽天ポイントは、ポイントビットコインby楽天PointClub楽天ウォレットを利用して、ビットコイン(暗号資産・仮想通貨)の運用・投資が行えます。

楽天のビットコイン運用
  • ポイントビットコインby楽天PointClub
    →ビットコインの値動きに連動したポイント運用
  • 楽天ウォレット
    →ポイントでビットコインの購入ができる!
  • 現金を使わず、気軽にビットコイン投資ができる!
サイト管理人

現金が減る心配がないので、私も、余った楽天ポイントでビットコインを購入しています!

このように多くのメリットがある楽天ポイントでのビットコイン運用ですが、

  • 二つのサービスの違いは?
  • どっちがオススメ?
  • 具体的な始め方・やり方は?
  • 口コミ・評判は?

など、様々な疑問があると思います。

そこで、本記事では、楽天ウォレット・ポイントビットコインby楽天PointClubの違いを徹底比較していきます。
また、口コミや評判の紹介、やり方も画像付きで解説していきます。

▼ 気になるところまで読み飛ばし ▼

目次

【結論】楽天ポイント「ビットコイン投資」

結論から言うと、「楽天ウォレット」や「ポイントビットコインby楽天PointClub」を利用した、楽天ポイントでのビットコインへ投資は、暗号資産(仮想通貨)の初心者の方向けのサービスです。

【結論】楽天ポイント「ビットコイン投資」
  • ビットコイン投資のスタートに最適。
  • ビットコインの現物購入ができるのは、楽天ウォレット!
    *ポイントビットコインby楽天PointClubはポイントのまま運用
  • ただし、初心者以上の方は、他の暗号資産取引所がオススメ!
    → ビットフライヤーやコインチェックの自動積立がおすすめ!

参考:【ビットコイン積立の始め方】おすすめ仮想通貨取引所やデメリットをブログ解説

ビットコイン等の暗号資産(仮想通貨)は、他の資産クラス(金融商品)と比較して、価格変動が大きいのが特徴です。
そのため、自動積立をで「コツコツ」時間分散を行って投資するのが最適です。

暗号資産の積立サービスは、bitFlyerやCoincheck、GMOコインの3社が提供しています。

スクロールできます
取引所名サービス名手数料積立頻度最小積立金額入金方法取引通貨数
Coincheckコインチェック
つみたて
無料毎日、毎月1万円銀行から自動引き落とし17種類
bitFlyerかんたん積立販売所:無料
取引所:0.01%〜0.15%
毎日、毎週、
月二回、月一回
1円取引口座から15種類
GMOコインつみたて暗号資産販売所:無料
取引所:Maker -0.01%, Taker 0.05%
毎日、毎月500円取引口座から14種類
ビットコイン積立ができる取引所の比較

オススメは、bitFlyer(ビットフライヤー)。
「最低1円から積立が始めらる」ほか、積立頻度が自由度が高く、「手続きが短くスグに始められる」など、多くのメリットがあります。

サイト管理人

私は、bitFlyer(ビットフライヤー)で積立投資を行っています!

ビットフライヤーの詳細やメリット・デメリット、積立の始め方・やり方などの詳細は、以下をご参考ください。

【ブログ解説】ビットフライヤー積立は初心者にオススメ?デメリット・やり方を解説

楽天ポイントでビットコインを購入できる2種類のサービス

楽天ポイントを使ってビットコインを購入できるサービスは2種類あります。

楽天ポイントでビットコイン2種類サービス
  • ポイントビットコインby楽天PointClub
  • 楽天ウォレット

まずは、2つのサービスの概要を以下にて、まとめてみました。

スクロールできます
項目ポイントビットコイン
by楽天PointClub
楽天ウォレット
取引手法ポイント運用
(疑似体験)
現物取引
証拠金取引
最低ポイント数100P〜100P〜
ポイントの価値1P=1円1P=1円
口座開設不要必須
利用可能
ポイント
通常ポイントのみ通常ポイントのみ
取引通貨ビットコイン
(擬似投資)
ビットコイン
イーサリアム
ビットコインキャッシュ
ライトコイン(証拠金取引のみ)
リップル(証拠金取引のみ)
2つのサービスの違い・比較一覧

2つのサービスの違いは、実際にビットコインを取引するかどうかにあります。

楽天ウォレットは、楽天ポイントでビットコインなどの暗号資産の取引ができますが、ポイントビットコインby楽天PointClubは、実際に取引するわけではなくポイントを使った擬似体験のサービスとなっています。

サイト管理人

以下、各サービスの特徴、メリット・デメリットを解説していきます。

ポイントビットコインby楽天PointClub

ポイントビットコインby楽天PointClubは、楽天会員が利用できる暗号資産投資の疑似体験サービスです。

楽天ウォレットが提示する取引価格の値動きに連動して増減する仕組みとなっています。
実際にビットコインなどの暗号資産を購入するわけではないので、リスクがほとんどありません。
(損失が出てもポイントが減るだけ)

ポイントビットコインby楽天PointClubは気軽に投資体験ができるサービスなので、投資初心者の方にとてもおすすめです。

サイト管理人

以下、ポイントビットコインby楽天PointClubの特徴など解説していきます!

ポイントビットコインby楽天PointClubの特徴・メリット

ポイントビットコイン メリット
ポイントビットコイン メリット

まずは、ポイントビットコインby楽天PointClubの特徴・メリットをまとめました。

特徴・メリット
  • 口座開設が不要
  • ポイント投資でリスクが少ない
  • 最低100ポイントから体験可能
  • いつでも1ポイントから引き出し可能
サイト管理人

以下、各項目・メリットについて詳しく解説していきます。

メリット①:口座開設が不要

通常、ビットコインなど暗号資産への投資をしたい場合は、取引所の口座開設が必要になります。
しかし、ポイントビットコインby楽天PointClubはポイントを使った擬似投資サービスのため、楽天会員であれば口座開設不要でだれでも利用可能です。

サービス口座開設の必要性
ポイントビットコイン
by楽天PointClub
不要
(楽天会員ならOK)
楽天ウォレット必須
2種類のポイントビットコインサービスの違い
サイト管理人

楽天PointClubアプリから、ポイントビットコインへ移動するだけで始められます!

メリット②:ポイント投資(擬似運用)でリスクが少ない

ポイントビットコインby楽天PointClubは、ポイントを利用した擬似投資となっているので、損するリスクが少ないです。

損することがあるとすれば、ポイントが減ってしまうことだけです。
実際の現金が減ってしまうなどはありませんので、より気軽に利用できますね。

サイト管理人

ポイント投資なら、投資に詳しくなくても気軽に利用できますよ!

メリット③:最低100ポイントから体験可能

ポイントビットコインby楽天PointClubは、楽天ポイント(通常)を最低100ポイント持っていれば始められます。

他の投資サービスと比べても遜色ありません。

サービス名最低利用可能
ポイント数
ポイントビットコイン
by楽天PointClub
100P〜
dポイント運用100P〜
au PAY運用100P〜
PayPayボーナス運用1円〜
他の投資擬似体験サービスとの比較

他の投資の擬似投資体験サービス同様にポイントビットコインby楽天PointClubでは、100Pから投資できますよ!

サイト管理人

暗号資産のポイント擬似投資サービスは珍しいので、是非参加してみてください!

メリット④:いつでも1ポイントから引き出し可能

ポイントビットコインby楽天PointClubは、いつでも引き出し可能です。
しかも1ポイント単位での引き出しができます。

サイト管理人

いつでもポイントの引き出しができるというのは、大きなメリットですね。

手数料・コストは高い?

ポイントビットコインby楽天PointClubの手数料は公式サイトでは明記されていません。

ただし、追加時には楽天ウォレットが提示するビットコインの取引価格を考慮したポイント数が差し引かれます。
その後も楽天ウォレットが提示する取引価格に応じてポイントが増減します。

サイト管理人

とはいえ、擬似投資サービスなので、あまり手数料・コストのことは考える必要ありません!

デメリット・注意点は?

ポイントビットコイン デメリット
ポイントビットコイン デメリット

ポイントビットコインby楽天PointClubのデメリット・注意点を紹介していきます。

まずは、デメリット・注意点をまとめました。

デメリット・注意点
  • 楽天会員しか使えない
  • 楽天ポイント(期間限定)が使えない
  • 100P以上持ってないと使えない
  • 現物(暗号資産)が購入不可
サイト管理人

以下、各項目・デメリットについて詳しく解説していきます。

デメリット①:楽天会員しか使えない

ポイントビットコインby楽天PointClubは、楽天ポイントを使うサービスのため、楽天会員しか利用できません。

始めたい場合は、楽天会員になってポイントを貯める必要があります。

サイト管理人

楽天ポイント以外での投資はできません!

デメリット②:楽天ポイント(期間限定)が使えない

ポイントビットコインby楽天PointClubの運用に利用できるポイントは、通常ポイントのみです。

ポイントビットコインで使えるポイント

通常ポイント→利用可能
期間限定ポイント→利用不可

楽天ポイント(期間限定)は利用できませんので、ご注意ください。

サイト管理人

キャンペーンで貰えるポイントは期間限定ポイントが多いですよ!

デメリット③:100P以上持ってないと使えない

ポイントビットコインby楽天PointClubは、開始時に楽天の通常ポイントが100ポイント必要です。

通常ポイントはキャンペーンなどではもらえないので、楽天グループのサービスを利用する必要があります。
とはいえ、楽天カードを使っていればカード利用に対して1%のポイント還元があるので、すぐに貯められますよ。

サイト管理人

開始後は、1ポイント単位で追加ができるので、安心してくださいね!

デメリット④:実際に暗号資産を購入・運用できるわけではない

ポイントビットコインby楽天PointClubは、実際に暗号資産を購入・運用するサービスではありません。

あくまで楽天ポイントを使った擬似投資になるため、ビットコインを買ってみたい!という方は、次に紹介する楽天ウォレットを利用しましょう。

サイト管理人

ポイントの現金化もできないので注意しましょう。

【まとめ】初心者の方にオススメ!

ポイントビットコインby楽天PointClubは、実際にビットコイン等の暗号資産を買うわけではないため、リスクが抑えられます。

楽天ポイントを使って、暗号資産を肌で感じることができるので、投資初心者/暗号資産初心者の方におすすめです。

また、楽天PointClubアプリから数タップで簡単に始めることができますよ。

サイト管理人

口座開設も不要なので、気軽に使ってみましょう!

楽天ウォレット

サイト管理人

続いて、2つ目のサービスを紹介していきます!

楽天ウォレットは、楽天が持つ仮想通貨の取引所です。

以下、運営会社情報です。

スクロールできます
項目詳細
名称楽天ウォレット
運営会社楽天ウォレット株式会社
設立2016年12月15日
所在地東京都世田谷区玉川一丁目14番1号
楽天クリムゾンハウス25階
資本金1,380百万円
代表者山田 達也
楽天ウォレットの概要

楽天ウォレットは、ポイントビットコインby楽天PointClubと違い、実際に暗号資産の取引ができるという違いがあります。

サイト管理人

以下で、楽天ウォレットについて具体的に解説します。

楽天ウォレットの特徴・メリット

楽天ウォレット メリット
楽天ウォレット メリット

まずは、楽天ウォレットの特徴・メリットをまとめました。

特徴・メリット
  • 証拠金取引に対応
  • 楽天ポイントが利用可能
  • 楽天キャッシュ連携で現金同様に利用可能
  • 楽天銀行なら土日祝日もリアルタイム入出金
サイト管理人

以下、各項目・メリットについて詳しく解説していきます。

メリット①:証拠金取引(レバレッジ取引)ができる

楽天ウォレットでは、証拠金取引に対応しています。

証拠金取引(レバレッジ取引)とは?
証拠金を担保にすることで、元金以上の取引をすることができる取引方法です。
少ない資金でも、ハイリターンな投資ができることがメリットとなります。

楽天ウォレットの証拠金取引では、元金の2倍までの取引ができます。

暗号資産の取引所は多数存在していますが、他に証拠金取引に対応する取引所は以下のみです。

証拠金取引に対応する取引所
  • 楽天ウォレット
  • bitFlyer
  • DMMビットコイン
  • GMOコイン
  • BITPOINT
サイト管理人

ただし、現物取引に慣れてからチャレンジするのがおすすめです!

メリット②:楽天ポイントが利用できる(最低100P〜)

楽天ウォレットでは、楽天ポイント(通常)が利用できます。

楽天ポイントで暗号資産を購入すれば、リスクを減らすこともできますね。

サイト管理人

最低100Pから利用できるのもメリットです!

楽天ウォレットで使えるポイント

通常ポイント→利用可能
期間限定ポイント→利用不可

ただし、こちらもポイントビットコイン同様に利用できるのは通常ポイントのみ。
期間限定ポイントは使えないので注意しましょう。

メリット③:楽天キャッシュと連携で現金同様に利用できる

楽天ウォレットは楽天のオンライン電子マネー「楽天キャッシュ」と連携できます。

楽天ウォレットと楽天キャッシュでできること
引用元:楽天ウォレット公式サイト

楽天ウォレットと連携すると、楽天グループのサービスはもちろん、楽天ペイなどを介して街のお店でも利用できます。

サイト管理人

楽天キャッシュへの出金手数料は無料なので、どんどん使っていきたいですね!

メリット④:楽天銀行利用で土日祝日もリアルタイム入出金できる

楽天銀行を利用している人は、楽天ウォレットへ口座登録すれば、土日祝日関係なしで いつでもリアルタイム入出金ができます。

入出金のタイミングを考えることなく利用できるのは、ストレスがなくなりますね。

サイト管理人

楽天銀行は高金利でポイントも貯まるので、持ってない方も新規口座開設してみてはいかがでしょうか。

手数料・コストは高い?

楽天ウォレットでは、出金手数料・出庫手数料のみやや高めの設定となっています。

サイト管理人

以下、手数料をまとめてみました。

スクロールできます
項目手数料
口座開設手数料無料
口座管理手数料無料
入金手数料無料
出金手数料300円(税込)/回
※楽天キャッシュへの出金は無料
暗号資産入庫手数料無料
暗号資産出庫手数料0.001 BTC(6455円相当)
0.01 ETH(5100円相当)
0.001 BCH(637円相当)
※2021年12月2日時点
解約手数料無料
楽天ウォレットの手数料

基本的に楽天ウォレット利用でかかる手数料は、出金手数料と暗号資産の出庫手数料の2種類です。

出金手数料は楽天キャッシュへ出金すれば無料にできます。
できるだけ楽天キャッシュを利用しましょう。

暗号資産の出庫手数料は、暗号資産によって変動します。
2021年12月現在のレートで計算すると、ビットコインでは6000円以上の手数料がかかります。
入庫する際には、出庫手数料を考えてから行うようにしましょう。

サイト管理人

その他の手数料は安いので、初心者の方でも利用しやすいサービスとなっています!

デメリット・注意点は?

楽天ウォレット デメリット
楽天ウォレット デメリット

楽天ウォレットのメリットを紹介してきましたが、もちろんデメリットも存在します。

まずは、楽天ウォレットのデメリット・注意点をまとめました。

デメリット・注意点
  • 取扱銘柄が5種類のみで少ない
  • 取引がアプリしかできない
  • 取引所取引に未対応でコストがかかる
  • 現金の出金時に出金手数料がかかる
サイト管理人

以下、各項目・デメリットについて詳しく解説していきます。

デメリット①:取扱銘柄が5種類のみで少ない

楽天ウォレットで取引できる銘柄は、最大5種類と少ないです。

種別取引銘柄
現物取引ビットコイン
イーサリアム
ビットコインキャッシュ
証拠金取引ビットコイン
イーサリアム
ビットコインキャッシュ
ライトコイン
リップル
楽天ウォレットで取引できる銘柄

現物取引では3種類、証拠金取引では5種類となっています。

取引所取引銘柄数
楽天ウォレット5種類
コインチェック17種類
GMOコイン14種類
bitFlyer15種類
取引所の取扱銘柄数

有名な仮想通貨の取引所では、10種類以上の通貨が取引できます。
これに対して楽天ウォレットでは5種類しか取引できないため、発展途上と言えるでしょう。

サイト管理人

ただし、取引したい銘柄が多くなければ気にしなくてもOKです!

デメリット②:取引がアプリしかできない

楽天ウォレットは、取引が専用アプリからしか行えません。

WEBブラウザからできないのは、ややデメリットですね。

サイト管理人

とはいえ、アプリからの取引はストレスなくスムーズです!

デメリット③:取引所取引に未対応でコストがかかる

楽天ウォレットは、取引所取引に対応してないため、スプレッド(コスト)がかかります。

暗号資産の取引方法は「取引所取引」と「販売所取引」の2種類があります。
2つの取引方法の違いは以下のようです。

暗号資産の2つの取引方法
暗号資産の2つの取引方法

取引所取引では、ユーザー同士が売買を行う場を提供しているような取引方法です。
対して販売所取引は、ユーザーが取引所に売買をしにいくような取引方法となっています。

販売所取引は、販売所が自らの利益を差し引いた値で通過を販売しているので、購入時の相場と実際の購入金額に差額が生まれます。
この時の差額がスプレッドとなります。

楽天ウォレットでは、販売所取引となっているため、スプレッドがかかります。(平均4%

スプレッドとは?
スプレッドは販売所取引の場合にかかる手数料のようなもの。
暗号資産におけるスプレッドは、販売所取引の場合のみに存在します。

サイト管理人

販売所取引における大きなデメリットですね。

ただし、楽天ウォレットのような販売所取引の場合、初心者にもわかりやすい設計になっていることがメリットです。

デメリット④:出金手数料がかかる

楽天ウォレットでは、出金手数料が毎回300円(税込)かかります。

以下のように、出金手数料が無料になっている取引所もありますので、デメリットと言えるでしょう。

取引所出金手数料
DMMビットコイン無料
GMOコイン無料
コインチェック407円
bitFlyer220~770円
取引所別の出金手数料

ただし、コインチェックやbitFlyerに比べると安いです。
また、楽天ウォレットは楽天キャッシュへ出金する場合には手数料無料にすることができます。

サイト管理人

まとまった金額を一気に引き出すか、
楽天キャッシュへ出金するかのどちらかで手数料を抑えていきましょう!

【まとめ】初心者の方にオススメ!

楽天ウォレットは、楽天ポイントを使って実際にビットコインなどの暗号資産を購入できる取引所サービスです。

暗号資産は、急激な取引価格の変動が魅力ですが、一方で初心者の方にはリスクが大きい投資手法です。
楽天ウォレットなら、ポイントでの購入が可能なため、低リスクで暗号資産に触れることができますので、初心者の方にはおすすめです!

サイト管理人

慣れるまではポイント投資のみでも良いと思います!

【図解】楽天ポイントでビットコインを購入する方法・やり方

サイト管理人

次に、楽天ポイントでビットコインを購入する方法を、図解付きで解説していきます。

やり方①ポイントビットコインby楽天PointClub

STEP
楽天PointClubアプリからポイントビットコインへ

まずは、楽天PointClubアプリを開いて、ポイントビットコインのページへいきましょう。

ポイントビットコイン やり方①

ポイントビットコインのページは、上記画像のようにバナーで表示されています。

STEP
追加するをタップしてポイント追加

初めての場合は、チュートリアルを閲覧してから、ポイント追加できるようになります。

ポイントビットコイン やり方②

ポイント追加は、100Pからとなります。

100P以上のポイントを指定して、追加をタップしましょう。

STEP
ポイント運用がスタート

ポイントを追加すると運用がスタートします。

ポイントビットコイン やり方③

本当に簡単にスタートできます。

STEP
好きなタイミングで引き出しや追加

運用開始後は、楽天ウォレットの定めた指標に基づいてポイント数が増減します。

好きなタイミングで、追加や引き出しをおこないましょう。

引き出した時に、追加したポイントよりも増えていれば運用益となります。

引き出した後は再び、楽天ポイント(通常)として1P=1円で利用できます。

やり方②楽天ウォレット

STEP
公式サイトから楽天ウォレットの口座開設

初めに、楽天ウォレットの口座開設を行います。

以下のリンクから申し込みが行えます。

楽天ウォレット【公式サイト】

上記のリンクをタップ・クリックすると、下図のような画面に移動します。
ここで「口座開設はコチラ」をタップして先に進みます。

口座開設はコチラをタップ|楽天ウォレット公式ページ

「口座開設はこちら」をタップすると、以下のような画面へ遷移します。

楽天会員かどうかを選ぶ|楽天ウォレット口座開設
楽天会員かどうかを選択

ここでは、「楽天会員の方はこちら」または「楽天会員でない方はこちら」を選択します。

STEP
規約の同意と楽天会員ログイン

「楽天会員の方はこちら」をタップすると、下図のように連携する「楽天会員」の情報が表示されます。
ここで、楽天会員の方は楽天会員情報の紐付けが行われます。

楽天ID(会員情報)と楽天ウォレットを紐付け

会員でない方は「楽天会員ではない方はこちら」をクリックして、会員情報の入力を行いましょう。

STEP
必要事項の入力

ステップ2が完了したら、利用規約の同意・口座開設に必要な情報を入力を行います。

利用規約等に同意|楽天ウォレットの始め方
利用規約の同意

上図で、利用規約などの確認が完了し「同意して次へ」をタップすると、以下のような画面に遷移します。

必要事項の入力|楽天ウォレット口座開設
必要事項の入力

以下のような情報入力を求められます。

口座開設申込時の入力情報
  • メールアドレス(ID)
  • パスワード
  • 氏名
  • 生年月日
  • 国籍
  • 住所
  • 出金先銀行口座
  • 勤務先情報確認(インサイダー確認)
  • 収入や資産状況の確認 など
投資や取引の目的をチェック|楽天ウォレット口座開設
投資や取引の目的をチェック

現物や証拠金取引の目的なども入力・チェックします。

必要事項を全て入力したら、画面下部の「次へ」をタップしましょう。

入力が終わったら「次へ」|楽天ウォレット口座開設
入力が終わったら「次へ」

下図のような画面で「次へ」をタップすると、以下のような確認画面が表示されます。

ここでは、入力事項に誤りがないか?確認しましょう。

入力事項を確認して「次へ」|楽天ウォレット口座開設
入力事項を確認して「次へ」

入力事項を確認したら「次へ」をタップしましょう。

この時点で、口座開設の申し込みは完了し、登録アドレスに以下のような「申込受付メール」が送付されます。

楽天ウォレットの申し込み完了メール
楽天ウォレットの申し込み受付メール
STEP
楽天銀行口座との接続

ステップ3が完了したら、「本人確認」も済ませましょう。

楽天銀行をお持ちの方は、銀行へログインすることで本人確認がお行えます。

楽天銀行の口座を保有している方は「お持ちの方」をタップしましょう。

本人確認|楽天ウォレット口座開設
本人確認|楽天ウォレット口座開設
サイト管理人

私は、楽天銀行の口座を保有しているので「お持ちの方」を選びました!

楽天銀行を選択した方は、楽天銀行口座との接続が行われます。

楽天銀行にログインして本人確認
楽天銀行にログインして本人確認
内容を確認して「登録」|楽天銀行で本人確認
内容を確認して「登録」|楽天銀行で本人確認

上のような画面で「登録」をタップしたら、楽天銀行のページに遷移し、

  • ワンタイムキー
  • 暗証番号

を入力することで、本人確認が行えます。

また、本人確認とは別に、楽天ウォレットとの入出金用口座として「楽天銀行」の登録(口座振替設定)も必要となります。

楽天ウォレット入出金口座の設定
楽天ウォレット入出金口座の設定
STEP
楽天ウォレットの口座開設審査

ステップ4まで、すべての申し込み・登録が完了すると、以下のような画面に遷移します。

楽天ウォレットの審査がスタートし、「現物取引口座の開設審査中です。」となります。

楽天ウォレットの口座開設状況
楽天ウォレットの口座開設状況

審査が完了すると、以下のようなメールが届きます。

サイト管理人

私の場合、申し込みから数時間に審査完了のメールが届きました。

最短で即日取引開始ができます!

STEP
ポイントを使って購入

よくある質問

仮想通貨取引の損益計算(確定申告の準備)はどうやってますか?

CRYPTACT(クリプタクト)」というサービスを利用しています。

各取引所・販売所からダウンロードできる「取引履歴ファイル」をアップロードすることで、取引の損益通算ができます。

サイト管理人

全てのコインの一括管理や資産の推移が記録できるなど、暗号資産版「マネーフォワード」的な便利ツールです!

bitFlyerやCoincheckなど、他の取引所・販売所と合わせて、損益計算ができます!

クリプタクトの詳細や使い方・無料登録の方法は、以下のページをご参考ください。

クリプタクト(Cryptact)のメリット・デメリットは?使い方・確定申告と合わせて解説

楽天ポイントでビットコインの評判・口コミは?

ポイントビットコイン 口コミ・評判
ポイントビットコイン 口コミ・評判

ここまで紹介してきた楽天ポイントでビットコインですが、実際に利用する人の評判・口コミは、気になりますよね。

サイト管理人

以下、実際の利用者の評判や口コミをTwitterからピックアップして紹介していきますので、是非参考にしてみてください!

悪い評判・口コミ1(ポイントビットコインby 楽天PointClub):手数料が4%取られている!

ポイントビットコインby 楽天PointClubでは、4%の手数料が取れられているとの口コミがありました。

https://twitter.com/room843359679/status/1374904618535153667

悪い評判・口コミ2(楽天ウォレット):出庫手数料や出金手数料が高い!

楽天ウォレットの口コミはとにかく手数料が高いというものが多く出ています。

https://twitter.com/moririn_fukugyo/status/1426917759267442690

出金手数料の300円も、少額投資の場合は高いと感じてしまうという口コミもありました。

サイト管理人

暗号資産の出庫手数料は大きなネックになっているようです。

良い評判・口コミ1(ポイントビットコインby 楽天PointClub):税金引かれることなく運用体験が可能!

ポイントビットコインby 楽天PointClubは、ポイントをつかった運用の擬似体験サービスなので、プラスになっても税金がかかりません。

https://twitter.com/8jKflGim78Stty3/status/1451084416248266753
サイト管理人

ポイントを使った擬似投資体験なので、リスクが少ないのは嬉しいですね!

良い評判・口コミ2(ポイントビットコインby 楽天PointClub):本当にポイントが増える!

本当にポイントが増えたという口コミが多く出ていました!

https://twitter.com/mikkochan_s/status/1404410273499291656?s=20
https://twitter.com/zuboraaa_chaaan/status/1446384032212684806?s=20
サイト管理人

ポイントも1P=1円の価値があるので、増えたら増えた分だけお得です!

良い評判・口コミ1(楽天ウォレット):ポイントで投資できるのがありがたい

楽天ウォレットは、楽天ポイントから投資できることが良い!という口コミが上がっていました。

https://twitter.com/shirooo_25/status/1438487344265392133?s=20

資金がないのでまずポイント投資を始めたという方もいらっしゃいました。

https://twitter.com/NFTxxsa/status/1464042797393010689?s=20
サイト管理人

やはりポイント投資はメリットが大きそうですね!

良い評判・口コミ2(楽天ウォレット):レバレッジがかけられるのが嬉しい!

楽天ウォレットの口コミの中に、レバレッジ(証拠金取引)がかけられるのが嬉しいというものがありました。

https://twitter.com/settuko/status/1363269703305736198?s=20
サイト管理人

少ない資金でも大きく投資が楽しめるのは嬉しいですね!

資金は少なくても、同様にリスクは伴うので利用の際には十分理解した上で取り組みましょう。

楽天ポイントでビットコインの評判・口コミまとめ

楽天ポイントでビットコインの2つのサービスの口コミ・評判をまとめると、以下のようになります。

スクロールできます
項目ポイントビットコイン
by楽天PointClub
楽天ウォレット
悪い評判・口コミ・手数料が4%取られている・出庫手数料や出金手数料が高い
良い評判・口コミ・税金引かれずに運用体験できる
・本当にポイントが増える
・ポイントで投資できるのがありがたい
・レバレッジがかけられるのが嬉しい
口コミや評判まとめ

多くの方が、ポイントで投資できる点について、メリットに感じているようです。
ポイントで投資すれば、投資の元金がタダのようなものですから、お得な感じがしますね。

2つのサービスの使い分けとしては、以下をおすすめします!

2つのサービスの使い分け

税金を考えずポイントのまま投資したい
→ ポイントビットコインby楽天PointClub

実際の暗号資産を購入してみたい方
→ 楽天ウォレット

一方で、どちらのサービスも手数料が高いという口コミが多く上がっていました。
いくら投資がうまくいっていても手数料で負けてしまうこともあるため、今後のサービス改善に期待したいですね。

サイト管理人

初心者の方はまずポイントビットコインby楽天PointClubの利用から始めるのがおすすめです!

【必見!】無料で高額ビットコインをもらう「3つ」の方法

将来的に大きな資産になり得る「ビットコイン」ですが、なんと!無料でもらえる方法があります。

無料で高額のビットコインをもらう方法
  • キャンペーンでビットコインをもらう
  • ポイントサイトでビットコインをもらう
  • ビットフライヤー経由でネットショッピングを行う

それぞれの方法について詳しく解説していきます。

ビットコインをもらう方法①:キャンペーンを利用

まず、最初に利用したのが、暗号資産(仮想通貨)取引所で行われているキャンペーン。
無料の口座開設や積立投資などで、もれなく高額のビットコインがもらえます!

取引所プレゼント金額条件
ビットフライヤーもれなく「2,000円分」
のビットコイン
3ヶ月間の積立継続
コインチェックもれなく「1,000円分」
のビットコイン
3ヶ月間の積立継続
ビットコインがもらえるキャンペーン
サイト管理人

私も、仮想通貨の投資スタート時に、多くの口座開設・積立キャンペーンに参加しました!

ちなみに、仮想通貨の積立は、ビットフライヤーの「かんたん積立」を利用しています。

【ブログ解説】ビットフライヤーかんたん積立のデメリットは?やり方・設定方法も解説

ビットコインをもらう方法②:ポイントサイトを利用

次に活用したいのが、ビットコインを無料で貯められるサービスです。

下図は、bitFlyer「ビットコインをもらう」の例ですが、無料の会員登録やカードの発券など、各種案件をこなすことで、高額のビットコインがもらえます。

ビットフライヤー「ビットコインをもらう」
ビットフライヤー「ビットコインをもらう」
サイト管理人

ポイントサイトのような感覚で、ビットコインがゲットできます。

この手のサービスには、ビットフライヤーの他に、ビッコレビットスタート等の多くのサイト・サービスがありますが、
出金の手間や手数料を考慮すると、ビットフライヤーを利用するのが最適です。

ビットコインを無料で貯められるサービス
  • ビットフライヤー
  • ビッコレ
  • ビットスタート

など多数

サイト管理人

余計なコスト・手間がかからない「ビットフライヤー」がオススメです。

ビッコレやビットスタートは、貯めたビットコインをそのまま利用することができず、ビットフライヤー等のウォレット(財布)付きの口座に送金する必要があります。

ビッコレ・ビットスタートの場合、貯めたビットコインを利用する際に、手間・コストがかかります。

一方、bitFlyerでは、ビットフライヤーの口座さえ持っておけば、

  • ビットコインを貯める
  • ビットコインを使う
  • 投資・取引を行う

など、全てのことが「1つの口座」で完結します。

そのため、無料でビットコインを貯めるサービスは、bitFlyer(ビットフライヤー)がオススメです。

\ 最短「即日」利用可能 /

*口座開設費・維持費「無料」

ビットフライヤーの口座開設・利用方法は、以下のページをご参考ください。

【図解】ビットフライヤーの口座開設・登録の具体的な方法

ビットコインをもらう方法③:ビットフライヤー経由で買い物・サービスを利用

また、ビットフライヤーでは「ビットコインをもらう方法②:ポイントサイトを利用」で紹介した「ビットコインをもらう」経由した、買い物・サービスの利用でもビットコインがもらえます。

ビットフライヤー経由の買い物・サービス利用でポイントが貯まる
ビットフライヤー経由の買い物・サービス利用でポイントが貯まる

上の図は、一部のサービス例ですが、楽天市場やYahoo!ショッビングなどの買い物、楽天トラベル・JTBなどの旅行サイト、ふるさと納税など、多くのサービスで、ビットコインを貯めることができます。

サイト管理人

ビットフライヤーは、ビットコインを貯めたり、使ったり、投資したり、と多くの機能が利用できるので、暗号資産(仮想通貨)にある方は、口座開設しておきましょう。

\ 最短「即日」利用可能 /

*口座開設費・維持費「無料」

ビットフライヤーの評判やメリット・デメリット等の詳細は、以下のページをご参考ください。

【評判悪い?】ビットフライヤーのデメリットや始め方、メリット・口コミを徹底解説

【評判悪い?】楽天ポイントでビットコインの口コミは?やり方もブログ解説

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

橘 龍馬のアバター 橘 龍馬 サイト管理人

投資歴7年、30代3児の父。理学博士。
投資・節約の専門メディア「マネーの研究室」のサイト管理人。
インスタ・Twitterも更新!

【サイト利用時の注意点・免責事項】

 

掲載の情報は、信頼するに足ると信じる情報に基づいて作成したものですが、当サイトのデータの正確性は保証されていませんので、ご注意下さい。

本サイトの情報等を用いて行う行為に関して、その責任は全て利用者自身に帰属します。万一、利用者が何らかの損害を被った場合、その損害に関して当サイト管理者および情報を提供している第三者は一切の責任を負うものではありません。

本サイトは投資家・金融サービス利用者への情報提供を目的としており、証券・FXに関する契約締結の代理、媒介、斡旋、売買推奨、投資勧誘等を行うものではありません。

また、当ブログに記載の仮想通貨は暗号資産のことを指します。

目次