最大「5万円分」プレゼント!

楽天証券で楽天キャッシュをやめる・クレジットカードに変更する方法は?理由やメリットは?

楽天証券 楽天キャッシュからクレジットカードに変更

楽天証券での投資活動において、楽天キャッシュを利用することで手軽に投資信託を積み立てることが可能です。

しかし、クレジットカードを使用することでさらに便利で効率的な支払い方法が注目されています。

楽天キャッシュからクレジットカードに移行するメリットや理由、手続きについて正しく理解しておくことで、投資活動をよりスムーズに進めることができるでしょう。

本記事では、楽天証券で楽天キャッシュをやめてクレジットカードに切り替える方法に焦点を当て、投資家の皆様がより効果的に資産運用を行うための情報を提供します。

目次

楽天証券で楽天キャッシュをやめる・クレジットカード決済に変更する方法は?

楽天証券 楽天キャッシュやめる 楽天キャッシュからクレジットカードに変更

楽天証券での取引において、楽天キャッシュ決済は便利な支払い手段として多くの利用者に支持されています。

しかし、一部の方々は楽天キャッシュからのクレジットカード決済への変更を考える場合もあるでしょう。

本パートでは、楽天証券で楽天キャッシュからクレジットカードに変更する方法やその理由、両者のメリットについて詳しくご紹介します。

具体的な手続きや切り替えの手順を説明するとともに、クレジットカード決済が提供する利点や便益についても解説します。

サイト管理人

クレジットカード決済の利点を知り、より便利でスムーズな取引環境を実現しましょう。

楽天キャッシュからクレジットカード決済に変更する方法①:楽天キャッシュ決済で積立中の投資信託の積立設定を解除する

まず、楽天証券の投資信託ページから、現在の積立設定一覧を確認するページに移動しましょう。

そこには積立している投資信託が一覧で表示されます。楽天キャッシュ決済で買い付けている投資信託も一覧に含まれています。

楽天キャッシュ決済で積立中の投資信託の積立設定を解除するためには、該当の投資信託を選択し、解除手続きを行う必要があります。

設定解除後、楽天証券のトップページにアクセスし、再度投資信託の積立設定を行うことができます。

楽天キャッシュからクレジットカード決済に変更する方法②:改めて定期購入した投資信託の積立設定を行う

楽天キャッシュの決済方法をクレジットカードに変更するためには、再度定期購入を行う必要があります。

定期購入手続き画面で、クレジットカードを決済手段として選択しましょう。

楽天カードをお持ちでない場合は、事前に楽天カードの発行手続きを行ってください。

定期購入手続き画面では、クレジットカードの支払方法や金額、積立期間などの詳細な設定が可能です。

慎重に入力し、変更を確定させましょう。

楽天キャッシュからクレジットカード決済に変更する方法③:新たに積立設定する際の決済方法をクレジットカード(楽天カード)にする

新たに積立設定を行う際に、決済方法をクレジットカード(楽天カード)に設定することも可能です。

楽天証券のトップページから投資信託ページに移動し、新たに積立設定を行いましょう。

積立設定画面では、クレジットカードを選択して決済手段として設定することができます。

楽天カードをお持ちでない場合は、設定前に楽天カードの発行手続きを行ってください。

クレジットカード決済の利点や便益について

クレジットカード決済は、楽天キャッシュ決済と比較して以下のような利点や便益をもたらします。

  1. ポイント還元率の向上:
    クレジットカード決済では、楽天カードや他のクレジットカードが提供するポイント還元を受けることができます。
    投資信託の積立金額に応じたポイントを貯めることができるため、よりお得に利用することができます。
  2. 支払いの簡略化:
    楽天キャッシュでは、あらかじめチャージしておく必要がありますが、クレジットカード決済では即座に支払いが行われるため、手間が省けます。
  3. 利用限度額の活用:
    楽天キャッシュでは個別にチャージを行う必要がありますが、クレジットカードでは利用限度額に応じて決済することができます。
    資金の使い方に制約がないため、より柔軟な取引が可能です。

以上のように、楽天証券で楽天キャッシュからクレジットカードに変更する方法やそのメリットについてご紹介しました。

サイト管理人

クレジットカード決済の利点を活用し、便利でスムーズな取引環境を実現してください。

楽天証券で楽天キャッシュ決済をやめる・クレジットカードに変更する理由は?

楽天証券 楽天キャッシュやめる 楽天キャッシュからクレジットカードに変更

楽天証券の利用者の中でも、楽天キャッシュとクレジットカードの支払い方法について迷っている方も多いのではないでしょうか。

楽天キャッシュは楽天グループの電子マネーサービスであり、ポイントの還元率も魅力的ですが、クレジットカードは広く普及しており、様々な特典やサービスが付いています。

本パートでは、楽天キャッシュからクレジットカードへの変更を検討する理由やそのメリットについて詳しく解説します。

利用シーンやポイント還元率、さらにはクレジットカードの便利な機能など、具体的な情報を提供することで、利用者の皆さんがより良い選択ができるようサポートします。

楽天キャッシュからクレジットカードに変更する理由①:楽天カード決済時のポイント付与率が0.2%から最大1.0%に改善されたため

楽天証券では、クレジットカードでの支払いに楽天カードを利用することができます。

以前は、楽天カードを利用して楽天証券で投資信託を積立てする場合、付与される楽天ポイントの還元率が0.2%でした。

しかし、最近では、楽天カードでの楽天証券の取引において、ポイント付与率の改善が行われ、最大で1.0%のポイント還元が受けられるようになりました。

そのため、楽天ポイントを効率的にためたい方にとっては、楽天キャッシュからクレジットカードへの変更が魅力的な選択肢となっています。

楽天キャッシュからクレジットカードに変更する理由②:今後の楽天カード決済の上限金額が10万円になる可能性があるため

現在、楽天キャッシュを利用して楽天証券での投資信託を積立てる場合、1回の取引にかかる上限金額は50万円です。

しかし、楽天証券では、将来的に上限金額を10万円に引き下げる可能性があることが予測されています。

その際には、楽天キャッシュの利用では1回の取引に制限がかかってしまうため、大きな金額の取引を行う場合には、クレジットカードの利用が便利です。

上限金額が10万円に引き下げられた場合でも、クレジットカードを利用すれば、より自由に大きな金額の取引が可能です。

楽天キャッシュからクレジットカードに変更する理由③:積立決済を楽天カードに一本化して管理の手間を減らすため

楽天証券での投資信託の積立てを楽しんでいる方々にとって、管理の手間を減らすことは大きなメリットです。

楽天キャッシュとは別に、楽天カードを利用している場合、楽天証券での積立ても楽天カードで行うことで、支払いの運用やチェックを一つにまとめることができます。

これにより、支出の把握やポイントの管理がスムーズになり、効率的に資産形成を進めることができます。

以上のように、楽天キャッシュからクレジットカードへの変更には、ポイントの還元率の改善や上限金額の制限緩和、管理の手間の削減といったメリットがあります。

しかし、クレジットカードの利用には、利用条件や金利、借金のリスクなどにも注意が必要です。

自分自身の投資目的や資金計画に合わせて、慎重に選択することが重要です。

楽天証券の公式サイトや専門のファイナンシャルプランナーに相談しながら、最適な支払い方法を選びましょう。

楽天証券で楽天キャッシュをやめる・クレジットカードに変更?メリットは?

楽天証券 楽天キャッシュやめる 楽天キャッシュからクレジットカードに変更

楽天証券で楽天キャッシュからクレジットカードに変更することは可能なのでしょうか?

そして、その変更によって得られるメリットは何でしょうか?

本パートでは、楽天証券の投資信託積立における楽天キャッシュとクレジットカードの違いやメリットについて、詳しく解説します。

楽天証券の楽天キャッシュ決済とは?どんな投資信託の積立サービス?

まず、楽天証券では投資信託の積立買付に楽天キャッシュを利用することができます。

楽天キャッシュは電子マネーの一種であり、楽天ポイントを利用してチャージすることができます。

楽天キャッシュを利用することで、ポイント還元率が高くなるメリットがあります。

しかし、楽天証券ではクレジットカードによる決済も可能です。

特に、楽天ゴールドカードや楽天プレミアムカードを利用している場合は、月5万円以内であればクレジットカードの方がポイント還元率が高くなるため、おすすめです。

楽天キャッシュ決済のメリット①:楽天カードのオートチャージで常時0.5%の楽天ポイント付与が受けられる!

楽天カードを利用している場合、楽天キャッシュにオートチャージを設定することができます。

オートチャージを設定すると、楽天キャッシュの残高が一定額以下になった時に、自動的に楽天カードから楽天キャッシュにチャージされます。

この際、楽天ポイントが常時0.5%付与されるため、投資信託の積立による投資額の一部をポイントとして利用することができます。

楽天キャッシュ決済のメリット②:楽天カード決済と楽天キャッシュ決済の積立上限額を合わせて月に最大10万円までお得に投信積立ができる!

楽天証券では、楽天キャッシュと楽天カードの積立上限額を合わせることで、月に最大10万円の投資信託を積立することができます。

つまり、楽天キャッシュでの一部の積立と楽天カードでの積立を組み合わせることで、より多くのポイントを獲得しながら投資を行うことができるのです。

楽天キャッシュ決済のメリット③:au PAYなどを経由してミニストップで楽天ギフトカードを調達することでお得に楽天キャッシュ積立が行える!

楽天ギフトカードは、楽天キャッシュにチャージすることができるカードです。

この楽天ギフトカードを購入する際に、au PAYなどを経由してミニストップで購入することで、ポイントやキャッシュバックを得ることができます。

つまり、購入時に得られるポイントやキャッシュバック分を考慮すると、実質的にお得な楽天キャッシュを利用することができるのです。

以上のように、楽天証券での投資信託積立において、楽天キャッシュからクレジットカードに変更することは可能です。

クレジットカードを利用することで、よりお得な投資を実現することができるかもしれません。

是非、自身の投資スタイルや利用状況を考慮して、最適な支払い方法を選んでみてください。

楽天証券で楽天キャッシュやめる?クレジットカードに変更?どっち?

楽天証券 楽天キャッシュやめる 楽天キャッシュからクレジットカードに変更

楽天証券では、投資信託の積立方法の一つとして楽天キャッシュを利用することができます。

しかし、楽天キャッシュとクレジットカードのどちらを利用すべきか迷っている方も多いのではないでしょうか。

このパートでは、楽天証券で楽天キャッシュからクレジットカードに変更する方法やその理由、そして変更することによるメリットについて解説します。

クレジットカードの利用によって得られるポイントの還元や、便利な支払い方法の活用など、どちらがよりお得であるかを考えてみましょう。

サイト管理人

楽天証券をより効果的に活用するための手段をご紹介します。

楽天キャッシュとクレジットカードの比較①:楽天キャッシュの残高キープチャージを利用する場合、楽天ゴールドカードや楽天プレミアムカード決済のポイント還元率が高くなる!

楽天証券で楽天キャッシュを利用して投資信託を積み立てる場合、一般的な楽天カードでの積立と同じく、ポイント還元率は0.5%です。

しかし、楽天ゴールドカードや楽天プレミアムカードを利用する場合は、毎月5万円以下の積立限度額の範囲内であれば、ポイント還元率が高くなります。

クレジットカードでの支払いを選ぶことによって、投資信託を積み立てながらより多くのポイントを貯めることができるのです。

楽天キャッシュとクレジットカードの比較②:年会費がかからない楽天カード決済と楽天キャッシュ決済なら楽天ポイントの付与率は同じ!

年会費がかからない楽天カードを利用してクレジットカード決済を行う場合、楽天ポイントの付与率は楽天キャッシュ決済と同じです。

つまり、どちらの方法を選んでも同じくらいのポイントを得ることができます。

この場合は、自分が使い慣れた方法や便利な方法を選ぶことができます。

クレジットカードの方が支払いが簡単だと感じる方は、楽天カードでのクレジットカード決済を選ぶと良いでしょう。

楽天キャッシュとクレジットカードの比較③:コンビニなどでお得に楽天ギフトカードを調達する場合、楽天キャッシュ決済での積立の方がお得になる!

楽天ギフトカードをコンビニなどで購入し、そのギフトカードを利用して楽天キャッシュで投資信託を積み立てる方法もあります。

この場合、ギフトカード購入時にポイントが付与されるため、積立額に応じたポイントを獲得することができます。

一方、クレジットカードを利用して直接投資信託を積み立てる場合は、ギフトカードのポイント還元はありません。

お得に楽天ギフトカードを購入し、ポイントを有効活用したい方は、楽天キャッシュでの積立がおすすめです。

楽天キャッシュとクレジットカードの比較④:設定の手間が少ないのは楽天カードでのクレジットカード決済

楽天カードでのクレジットカード決済を利用する場合、楽天キャッシュと比較して設定の手間が少なくて済みます。

楽天証券の投資信託積立において、クレジットカードを利用して積み立てたい方は、楽天カードを事前に申し込んでおくだけで簡単に手続きが完了します。

楽天キャッシュの場合は、別途楽天キャッシュへのチャージなどの手続きが必要です。

手続きの手間を省きたい方には、楽天カードでのクレジットカード決済がおすすめです。

楽天証券での投資信託積立において、楽天キャッシュからクレジットカードに変更することはメリットがあります。

楽天ゴールドカードや楽天プレミアムカードを利用すれば高いポイント還元率を得ることができますし、楽天キャッシュと比較してお得な方法もあります。

また、手続きの手間を少なくするためにも、楽天カードでのクレジットカード決済が便利です。

自分の投資スタイルや優先するポイント還元方法に合わせて、最適な方法を選択してみてください。

楽天証券で楽天キャッシュをやめる【まとめ】クレジットカードへの変更は?

本記事では、楽天証券で楽天キャッシュからクレジットカードへの変更方法や理由、そしてメリットについて解説しました。

まず、楽天証券で楽天キャッシュからクレジットカードへの変更方法ですが、以下の手順で行うことができます。

まず、楽天証券のウェブサイトにアクセスし、マイページにログインします。

次に、「設定」や「プロフィール」の項目を選択し、支払い方法の設定画面に進みます。

そこで、現在の楽天キャッシュ決済の設定を解除し、クレジットカード決済の設定を行います。

必要な情報を入力し、変更を確定させれば完了です。

次に、楽天キャッシュからクレジットカードへの変更する理由についてです。

一つの理由は、クレジットカード決済を利用することで、ポイントやマイルなどの特典を得ることができる点です。

多くのクレジットカード会社では、カード利用額に応じてポイントが貯まり、それを利用してさまざまな特典を受けることができます。

また、クレジットカードの方が利便性も高く、使い勝手が良いという点も理由の一つです。

さらに、楽天キャッシュからクレジットカードへの変更にはいくつかのメリットがあります。

まず、クレジットカードは国内外のさまざまな場所で利用できるため、より広範な範囲で投資が可能になります。

また、クレジットカードは決済手段として一般的であり、多くの人が利用しているため、取引のスムーズさや安心感も得られるでしょう。

最後に、楽天キャッシュからクレジットカードへの変更はどちらがお得かについてですが、これは個々の利用状況や好みによって異なります。

ただし、クレジットカードを利用することでポイントや特典を得ることができるため、長期的に見ればお得と言えるでしょう。

楽天証券で楽天キャッシュからクレジットカードへの変更方法や理由、そしてメリットについて解説しました。

自分の利用状況や好みに合わせて、最適な支払い方法を選択し、より便利でお得な投資を行ってください。

関連ページ:SBI新生銀行と住信SBIネット銀行の違いは?どっち?SBI証券NISA(つみたて)なら?

楽天証券で楽天キャッシュをやめる・クレジットカードに変更「よくある質問」

楽天キャッシュオートチャージ・残高キープチャージは?

楽天キャッシュを利用する際に役立つ「オートチャージ」機能は、自動的にチャージを行うことで手間を省くことができます。

しかしながら、その利便性にはデメリットも潜んでいます。

以下の関連ページでは、楽天キャッシュ「オートチャージ」のデメリットに焦点を当て、残高キープのメリットや注意すべきポイント、さらには投信積立における決済方法についても解説します。

楽天キャッシュを有効活用するために知っておくべき情報を幅広く提供し、利用者の方々の参考になる内容をご紹介します。

関連ページ:楽天キャッシュ「オートチャージ」のデメリットは?残高キープメリットや注意点、投信積立の決済は?

楽天証券の引き落とし方法でおすすめは?

楽天証券の引き落とし方法には様々な選択肢がありますが、最適な方法は何でしょうか?

マネーブリッジやカード決済など、利便性やお得さを考慮するとどちらがよいのでしょうか?

下記の関連ページでは、楽天証券の引き落とし方法に焦点を当て、マネーブリッジとカード決済の比較を通じて、どちらが投資家にとって有益な選択肢なのかを検討します。

口座連携やポイント還元率など、各方法のメリットとデメリットを明らかにし、投資家の皆さんにとってより良い選択をサポートする情報を提供いたします。

関連ページ:楽天証券の引き落とし方法でおすすめは?マネーブリッジとカード決済はどっち?

楽天キャッシュ積立のデメリットは?

楽天証券を通じて行われる楽天キャッシュを活用した投資信託積立や株式購入は、多くの利点がありますが、同時にデメリットも念頭に置いておく必要があります。

投資を検討する際には、メリットだけでなくデメリットも正しく把握することが重要です。

この関連ページでは、楽天キャッシュ積立のデメリットや株式購入の方法など、詳細に解説します。

楽天証券を通じた投資に興味を持っている読者にとって、必見の情報となるでしょう。

関連ページ:楽天キャッシュ積立のデメリットは?楽天証券でお得に投資信託の積立を行うやり方・株購入は?

クレジットカードで株を買うには?

株式市場への参入を考える際に、クレジットカードを使用することで投資を行う方法も選択肢となっています。

しかしながら、クレジットカードで株を購入するには一定の条件が必要となります。

下記の関連ページでは、クレジットカードで株を購入する際の条件やそのメリット、デメリットについて詳しく解説します。

さらに、異なる証券会社の対応状況や比較も行い、クレジットカードを活用した株式投資の可能性について探っていきます。

関連ページ:クレジットカードで株を買うことができる条件は?メリットやデメリット、証券会社を比較!

楽天証券のクレジット決済でデメリットは?

楽天証券での投資を考える際、クレジットカードを利用した決済方法も選択肢の1つとして挙げられますが、その一方でクレジット決済には何かデメリットがあるのでしょうか?

下記の関連ページでは、「楽天証券」のクレジット決済のメリットとデメリットについて詳しく解説していきます。

さらに、楽天カード投資の具体的なやり方や設定方法についても細かく説明し、投資を始める際の参考となる情報を提供していきます。

関連ページ:【楽天証券】クレジット決済のデメリットは?楽天カード投資のメリット・やり方は?

楽天証券で楽天キャッシュと楽天カードどっちがお得?

楽天証券を通じて投資を行う際、楽天キャッシュや楽天カードの利用は投資家にとって大きな影響を与える要素となります。

どちらを活用するかによって、積立額やポイント還元率などが異なるため、慎重な選択が必要です。

下記の関連ページでは、楽天証券での投資において楽天キャッシュと楽天カードの違いやそれぞれのメリット、デメリットについて詳細に探究します。

積立やクレジット決済を通じて賢く投資を行うための考察を通して、読者の皆様がより良い投資を行う手助けとなる情報を提供してまいります。

関連ページ:楽天証券で楽天キャッシュと楽天カードはどっちがお得?積立やクレジット決済のメリットやデメリットは?

楽天キャッシュでスポット購入は?

楽天証券の「ポイントが貯まる」「ポイント投資」などのワードが気になっているものの、恩恵に預かれないまま運用している方も多いのではないでしょうか?

以下の関連ページでは、スポット購入で利用できるもの、できないものをまとめました。

そのうえで利用できる支払い方法や楽天カードの活用、お得な購入方法について、詳しく解説していきます。

投資を始めたい方や楽天証券の機能に関心のある方にとって、参考になる情報を提供していきます。

関連ページ:楽天キャッシュでスポット購入はできない?楽天証券でスポット購入できる支払方法や楽天カード、お得な方法は?

楽天証券 楽天キャッシュからクレジットカードに変更

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

橘 龍馬のアバター 橘 龍馬 サイト管理人

投資歴7年、30代3児の父。理学博士。
投資・節約の専門メディア「マネーの研究室」のサイト管理人。
インスタ・Twitterも更新!

【サイト利用時の注意点・免責事項】

 

掲載の情報は、信頼するに足ると信じる情報に基づいて作成したものですが、当サイトのデータの正確性は保証されていませんので、ご注意下さい。

本サイトの情報等を用いて行う行為に関して、その責任は全て利用者自身に帰属します。万一、利用者が何らかの損害を被った場合、その損害に関して当サイト管理者および情報を提供している第三者は一切の責任を負うものではありません。

本サイトは投資家・金融サービス利用者への情報提供を目的としており、証券・FXに関する契約締結の代理、媒介、斡旋、売買推奨、投資勧誘等を行うものではありません。

また、当ブログに記載の仮想通貨は暗号資産のことを指します。

目次