最大「5万円分」プレゼント!

楽天証券の引き落とし方法でおすすめは?マネーブリッジとカード決済はどっち?

楽天証券 引き落とし方法 おすすめ

本記事では、楽天証券の引き落とし方法のおすすめとして、マネーブリッジや楽天カード決済について詳しく比較・解説していきます。

サイト管理人

それぞれの特徴やメリット、デメリットを網羅し、投資家の皆さまが自身のニーズに合った選択をする際の参考になれば幸いです。

楽天証券の新NISA(つみたて投資枠)等で、投資信託の積立を行う場合、引き落とし方法の選択は重要な決定となります。

以下の表は、楽天証券の引き落とし方法のメリットとデメリットを比較したものです。

スクロールできます
引き落とし方法内容・メリットデメリット
マネーブリッジ
*証券口座預り金
楽天銀行の預金金利が最大0.1%!
積立日の選択肢が多い!
ポイント付与はない
楽天カード決済積立金額に応じて最大1.0%ポイント付与!新規積立日は8日のみ
楽天キャッシュ楽天キャッシュの調達方法によって高還元!
積立日の選択肢が多い
オートチャージの場合、
付与率は0.5%程度。
楽天証券の積立引き落とし方法

積立金額に応じた楽天ポイントの付与を受けたいのであれば、楽天カードか、楽天キャッシュがおすすめです。

初心者の方の場合、楽天経済圏の電子マネー「楽天キャッシュ」自体の調達がやや複雑なので、楽天カード決済がおすすめになります。

ちなみに、楽天証券と楽天銀行の口座連携「マネーブリッジ」の預金金利0.1%のメリットは、楽天カード決済の場合も恩恵を受けられます

楽天マネーブリッジ後に、楽天カードの引き落とし口座として、楽天銀行を選び、引き落とし金額を普通預金口座においておけば、300万円まで金利0.1%が適用されます!

今なら、楽天証券と楽天銀行の同時開設や連携で、最大3,000円がもらえるので、この機会に口座開設を行い「マネーブリッジ」しましょう!

\ キャンペーン参加はコチラ /

※口座開設費・維持費無料

※最短5分で口座開設完了

【楽天証券で3,000円もらえるキャンペーン】

楽天証券 楽天銀行 同時開設 デメリット

今なら、楽天証券・楽天銀行のキャンペーンで、最大現金3,000円がもらえます!

口座開設後の連携登録などで、無料(ノーリスク)で最大3,000円がもらえるので、かなりお得です。(2/29まで)

▶︎ キャンペーン詳細を見る

(予算の関係上)予告なく終了する場合もあるので、お早めにどうぞ!

目次

楽天証券の引き落とし方法でおすすめは?

楽天証券 引き落とし方法 おすすめ

楽天証券での投資は多様な引き落とし方法が魅力です。

どれを選ぶかによって手数料の有無やポイントの還元率が変わるため、自分の投資スタイルや利便性に合わせた選択が重要になります。

特にお得な引き落とし方法を選び、賢く資産運用しましょう。

投資信託の積立代金の引き落としは証券や銀行口座だけでなくクレカや電子マネーも使える!

楽天証券では、従来の証券口座や銀行口座だけでなく、クレジットカードや電子マネーによる支払いも可能です。

毎月一定額を自動的に引き落とし、投資信託の積立を行うことができます。

クレジットカードを利用すれば、支払いに応じてポイントが貯まり、支出に応じた割合で実質的なリターンを得ることも可能です。

電子マネーも同様に利用が可能で、いつでもどこでもスマートフォンを通じて快適に資産運用が行えるのが魅力的です。

楽天ポイントも積立代金に充当できる!

楽天グループ内での買い物やサービス利用で貯まる楽天ポイントですが、これらを投資信託の積立代金として利用することができます。

積立購入時にポイントを使って実質的な金額を割り引くことが可能で、積極的に楽天サービスを使うほど、投資に役立つポイントが貯まります。

ポイントによる決済は現金の出費を抑えることができ、効率的な資産形成を支援します。

利便性やポイント付与率などのお得度を比較して引き落とし方法を決める!

引き落とし方法の選択に際しては、利便性やポイント付与率、手数料の有無など多角的に考慮する必要があります。

楽天銀行口座からの引き落としなら手数料が発生しない場合もあり、経済的です。

一方でクレジットカード決済ならポイントが付与されるため、お得感があります。さまざまな方法を比較し、自分にとって最適な方法を選んで積立投資をスタートさせましょう。

ポイント付与率や手数料、利用のしやすさを総合的に判断して、賢い引き落とし方法を選択することが投資成功のカギとなります。

楽天証券の引き落とし方法でおすすめ①:利便性なら楽天マネーブリッジ

楽天証券 引き落とし方法 おすすめ

投資を始める上で、資金の出し入れの手軽さは非常に大切です。

楽天証券では、楽天マネーブリッジを活用することで非常にスムーズな資金移動を実現できます。

このサービスを利用することで、楽天銀行と楽天証券の口座を連携させることが可能となり、資金の自動振替が実現します。

時間を節約し、より手間なく投資活動に専念できるようにするためのおすすめの方法です。

楽天証券と楽天銀行の連携「マネーブリッジ」で楽天証券へ入金しなくて済む!

楽天マネーブリッジを使用すると、楽天銀行と楽天証券の間で資金の自動移動を行うことができます。

楽天証券で取引をした際、必要な資金が楽天銀行の普通預金から自動で引き落とされ、さらに証券口座に余剰資金があれば普通預金口座に自動で戻ります。

つまり、インターネットバンキングにログインして手動で振込する手間が省け、取引の機会を逃さないためにはこのサービスが大変役立ちます。

また、楽天銀行口座に資金を残しておくことで、証券取引以外の急な出費にも対応しやすくなるため、日々の資金管理が更に効率的になります。

楽天マネーブリッジで預金残高300万円まで金利0.1%が適用される!

マネーブリッジを利用する大きなメリットの一つは、高めの金利が適用される点です。

楽天銀行の普通預金金利は、一般的に低いものですが、マネーブリッジを利用していると、預金残高300万円までならば年0.1%の金利が付きます。

これは銀行の普通預金に比べて高金利となっており、資金を眠らせておくだけでも利益を得られる仕組みです。

保有資金が増えることで、投資の運用資金としても活用しやすくなるため、賢く資金を運用したい方にとって非常に魅力的な条件です。

積立日を指定したいなら楽天マネーブリッジがおすすめ!

資金管理には、定期的な積立が効果的です。

楽天マネーブリッジを利用すれば、指定した日に楽天銀行の口座から自動で証券口座へと資金が移動されます。

投資信託の積立を行う場合、毎月一定額を自動的に投資することで、長期的な資産形成を進めることができます。

投資家が積立日を自由に設定することにより、給料日後など、自分のライフスタイルに合わせた管理が可能です。

忙しい中でも自動で積立が進むので、継続的な投資への取り組みが容易になります。

自己資金の有効活用に役立つこのサービスは、資産形成を始めたい方に適しています。

楽天証券の引き落とし方法でおすすめ②:お得度なら楽天カードクレジット決済

楽天証券 引き落とし方法 おすすめ

楽天証券での引き落とし方法には、さまざまな選択肢がありますが、その中でもお得度が高い方法として注目されているのが楽天カードのクレジット決済です。

このパートでは、楽天カードを使用したクレジット決済の特典やメリットについて詳しく解説します。

楽天カードを併用することで、投資をするだけでなく、楽天ポイントを貯めたり、手数料をお得にすることが可能です。

さらに、楽天銀行との組み合わせにより、より便利でスムーズな取引が実現します。

楽天証券を利用する際には、楽天カードのクレジット決済を検討してみてはいかがでしょうか。

楽天カードの券種によって積立(引き落とし額)に応じて最大1%ポイント付与!

楽天証券では、楽天カードのクレジット決済を利用することで、投資信託の積立(引き落とし額)に応じて最大1%の楽天ポイントが付与されます。

楽天ポイントは買い物や旅行などで幅広く使用することができるため、投資するだけでお得にポイントを貯めることができます。

また、楽天カードの券種によっては、ポイントの付与率が異なるため、自身の投資額に応じて最もポイントが貯まる券種を選択することが重要です。

楽天ポイントの付与率で選ぶなら楽天カードクレジット決済が一番オススメ!

楽天カードのクレジット決済を利用すると、楽天ポイントの付与率が一番高いことが特徴です。

他の決済方法ではポイントが付与されないか、付与率が低い場合がありますが、楽天カードクレジット決済なら最大1%のポイントが付与されるため、お得度が大幅に向上します。

投資信託の積立をしながらポイントを貯めることができるため、積極的に楽天カードを活用することがおすすめです。

楽天カードのクレジット決済の上限金額は月10万円で新NISA(つみたて投資枠)にもオススメ!

楽天カードのクレジット決済では、月10万円までの上限金額が設定されています。

この金額は、新NISA(つみたて投資枠)を利用する際にも活用できます。新NISAは非課税枠があり、将来の資産形成に役立つため、投資を積極的に行いたい方にはぴったりです。

楽天カードのクレジット決済を新NISAに組み合わせることで、資産形成をより効果的に進めることができます。

ポイントを貯めながら投資を行い、将来の資産を着実に築いていきましょう。

楽天カードのクレジット決済は、楽天証券を利用する際にお得度の高い引き落とし方法です。

投資を行いながらポイントを貯めたり、新NISAでの資産形成にも活用できるため、積極的に利用してみる価値があります。

楽天のサービスを組み合わせることで、より便利でお得な取引が実現します。ぜひ、楽天カードのクレジット決済を検討してみてください。

楽天証券の引き落とし方法でおすすめ③:楽天キャッシュ

楽天証券 引き落とし方法 おすすめ

楽天証券の口座から資金を引き落とす方法には複数の選択肢がありますが、中でも楽天キャッシュを使う方法が注目されています。

この方法は楽天エコシステムの一部として効果的に活用でき、手間をかけずにスムーズな資金調達が可能です。

特に楽天カードを持っている方にとって、楽天キャッシュを用いた引き落としは追加のメリットが大きいでしょう。

楽天カードから楽天キャッシュにチャージする際に0.5%ポイント還元!

楽天カードから楽天キャッシュへのチャージは、賢い資金の移動手段として重宝します。

チャージごとに0.5%のポイントが還元されるため、常にお得感を享受できるのです。

例えば、投資資金を楽天証券に預ける代わりに、楽天キャッシュにチャージすることで得られるポイントを考えると、チャージ額に応じて貯まるポイントがそのままお金として還ってくるのに等しく、投資のリターン向上にも寄与します。

さまざまな支払いでの活用も期待される楽天キャッシュは、効率的な資金管理を望むユーザーにとって魅力的な選択肢です。

楽天キャッシュの調達方法によっては2%以上の還元率も可能!

楽天キャッシュを調達する方法にはいくつか存在し、戦略的に選ぶことで還元率を大きく高めることができます。

例えば特定のキャンペーン期間中に楽天カードでチャージを行うと、通常の0.5%に加えて追加ポイントが付与されることがあります。

また、楽天市場での特定商品購入時に得られるポイントを楽天キャッシュへのチャージに充てることで、間接的に投資資金のコストを下げることも可能です。

このように適切なタイミングと方法を選ぶことで、2%以上の還元率が得られることも珍しくありません。

これは資金の増加だけでなく、将来の投資成果にも大きく影響を与える可能性があるため、節約意識の高い投資家にはうってつけの手段といえるでしょう。

楽天カードクレジット決済の上限以上に積立したい方にオススメ!

一定のクレジットカードの利用枠があり、それ以上の投資資金を楽天証券口座に積み立てたい場合には、楽天キャッシュを活用することが推奨されます。

クレジットカードの上限に到達してしまうと、それ以上のチャージができなくなりますが、楽天キャッシュならば現金を使って積み立てることができます。

これにより、計画的に多額の資金を予め用意しておくことが可能となり、投資機会を逃さないようにすることができるでしょう。

また、楽天キャッシュを経由することでポイント還元を受けながら資金を増やしていくこともできますから、積立を希望する方々には極めて有用な方法と言えます。

楽天証券のおすすめ引き落とし方法【まとめ】マネーブリッジとカード決済はどっち?

まず、楽天証券の引き落とし方法でおすすめの一つは楽天マネーブリッジです。

マネーブリッジは楽天証券と楽天銀行を連携させるサービスであり、普通預金金利の優遇や証券と銀行間の自動入出金(スイープ)などのメリットがあります。

特に、国内株式に投資したい方や積立指定日を細かく設定したい方にとっては便利な方法と言えるでしょう。

次に、楽天証券の引き落とし方法でおすすめのもう一つは楽天カードクレジット決済です。

クレジットカードでの決済を選ぶことで、つみたてNISA(投資信託)に投資したい方や楽天ポイントを貯めたい方にとっては魅力的な選択肢となります。

特に、楽天カードの新規入会&利用で5,000ポイントがもらえるなど、お得な特典もあります。

さらに、楽天証券の引き落とし方法でおすすめの一つとして楽天キャッシュも挙げられます。

楽天キャッシュは楽天の電子マネーサービスであり、楽天証券の口座にチャージすることで利用できます。

楽天ポイントでチャージすることも可能で、ポイント還元やキャンペーンなどの特典があります。

以上のように、楽天証券の引き落とし方法にはそれぞれメリットや特典があります。

マネーブリッジは利便性が高く、楽天カードクレジット決済はお得度が高い、楽天キャッシュは便利な電子マネーサービスといった具体的な特徴があります。

目的やニーズに合わせて選ぶことで、よりお得に投資を進めることができるでしょう。是非、自分に合った引き落とし方法を選んで、楽天証券での投資を楽しんでください!

関連ページ:SBI新生銀行と住信SBIネット銀行の違いは?どっち?SBI証券NISA(つみたて)なら?

楽天証券の引き落とし方法でおすすめは?よくある質問

楽天証券クレジット決済のデメリットは?

楽天証券では、クレジット決済を利用して簡単に投資を行うことができますが、クレジット決済にはデメリットも存在します。

そこで、以下の関連ページでは、楽天証券のクレジット決済のデメリットについて詳しく解説します。

例えば、手数料の増加や利子の発生といったデメリットがある一方で、楽天カードを利用することで得られるポイント還元や便利な自動入出金の仕組みについてもご紹介します。

楽天証券のクレジット決済を利用する際の注意点やおすすめの引き落とし方法についても解説していきますので、楽天証券での投資を検討している方は必見の内容です。

関連ページ:【楽天証券】クレジット決済のデメリットは?楽天カード投資のメリット・やり方は?

楽天銀行への入金はめんどくさい?

楽天銀行への入金は、銀行への立ち寄りや手続きが面倒だと感じる方もいるかもしれません。

しかし、そのような悩みを解消する方法や注意点を知ることで、楽天銀行の利用をスムーズに行うことができます。

そこで、以下の関連ページでは、楽天銀行への入金がめんどくさい場合の対処法や、ATMやネット取引を活用する際のポイントについて詳しく紹介します。

入金手続きの煩わしさを軽減し、快適な銀行利用を実現するための情報を提供します。

関連ページ:楽天銀行への入金はめんどくさい?対処法やATM・ネット取引の注意点は?

楽天キャッシュ積立のデメリットは?

楽天証券での投信積立には、「楽天キャッシュ」を使ってポイントを還元されるという魅力がありますが、一方でデメリットも存在します。

そこで、下の関連ページでは、楽天キャッシュを活用した投信積立のデメリットについて詳しく解説します。

投信積立において注意すべきポイントや、リスクを避けるための工夫についても解説します。

楽天証券を利用して投資信託の積立をお考えの方は、ぜひ本記事を参考にしてください。

効果的な投資を行うための知識を身につけ、適切な投資手法を選びましょう。

関連ページ:【楽天キャッシュ】投信積立のデメリットは?楽天証券でお得に投資信託の積立を行うやり方は?

楽天証券で楽天カード以外での積立は?

楽天証券では、楽天カード以外での新NISAや投資信託の積立が可能です。

以下に掲載した関連ページでは、楽天カードを持っていない方でも積立を行うための3つの方法についてご紹介します。

まず、楽天マネーブリッジや証券口座の預り金からの引き落としについて詳しく解説します。

また、楽天キャッシュ決済や他の金融機関からの引き落としも利用する方法としてご紹介します。

さらに、新NISAについても触れながら、楽天証券で投資を行う際のオプションをご説明します。

楽天カード以外でも、楽天証券を活用した投資を行うための方法について、詳しくご紹介していきます。

関連ページ:【楽天証券】楽天カード以外で新NISAや投資信託の積立できる?3つの方法

楽天マネーブリッジ(楽天証券自動スイープ)のデメリットは?

マネーブリッジは、楽天証券と楽天銀行の連携サービスであり、投資家にとっては非常に便利なものです。

しかし、登録する前に知っておかなければならないデメリットや注意点も存在します。

そこで、本記事(関連ページ)では、マネーブリッジのデメリットについて3つ取り上げ、詳しく解説します。

その中でも特に注意が必要なのが、「特別金利の適用範囲」と「自動入出金」です。こ

れらのポイントを押さえることで、マネーブリッジをより効果的に活用することができます。

また、マネーブリッジのメリットや登録手続きの詳細についても詳しく説明します。

投資家の皆様が安心してマネーブリッジを利用できるよう、本記事では徹底的に解説していきます。

関連ページ:マネーブリッジは怖い?3つのデメリット・登録だけ?楽天証券自動スイープのやり方

楽天キャッシュ「オートチャージ」のデメリットは?

楽天キャッシュの利用は、便利でスムーズなオンライン決済手段として広く利用されていますが、その中でも「オートチャージ」にはデメリットや注意点が存在します。

オートチャージとは、楽天キャッシュの残高が一定額以下になると自動的に指定したクレジットカードや銀行口座からチャージされる仕組みです。

しかし、この便利な機能には利用者にとって不都合な点もあります。

以下の関連ページでは、楽天キャッシュ「オートチャージ」のデメリットや注意点について詳しく解説します。

オートチャージを設定する前に知っておくべきポイントやセキュリティ上の注意点についても取り上げますので、利用者の方はぜひ参考にしてください。

関連ページ:楽天キャッシュ「オートチャージ」のデメリットは?メリットや注意点、投信積立の決済は?

楽天証券 引き落とし方法 おすすめ

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

橘 龍馬のアバター 橘 龍馬 サイト管理人

投資歴7年、30代3児の父。理学博士。
投資・節約の専門メディア「マネーの研究室」のサイト管理人。
インスタ・Twitterも更新!

【サイト利用時の注意点・免責事項】

 

掲載の情報は、信頼するに足ると信じる情報に基づいて作成したものですが、当サイトのデータの正確性は保証されていませんので、ご注意下さい。

本サイトの情報等を用いて行う行為に関して、その責任は全て利用者自身に帰属します。万一、利用者が何らかの損害を被った場合、その損害に関して当サイト管理者および情報を提供している第三者は一切の責任を負うものではありません。

本サイトは投資家・金融サービス利用者への情報提供を目的としており、証券・FXに関する契約締結の代理、媒介、斡旋、売買推奨、投資勧誘等を行うものではありません。

また、当ブログに記載の仮想通貨は暗号資産のことを指します。

目次