最大「5万円分」プレゼント!

SBI証券の口座開設のデメリット・注意点は?放置するデメリットは?

sbi証券口座開設デメリット

SBI証券は口座開設が無料であることから、多くの方に利用されているネット証券です。

しかし、口座開設だけをして放置していると、何らかのデメリットや注意点があるのでしょうか?

このパートでは、SBI証券の口座開設におけるデメリットや注意点について詳しく解説していきます。

口座を放置してしまうと取引が制限される可能性があるということを覚えておいてください。

また、関連する口座連携についても注意が必要です。

SBI証券と住信SBIネット銀行の口座連携をしている場合は、さらなる注意が必要です。

目次

SBI証券の口座開設のデメリットは?

sbi証券口座開設デメリット

SBI証券は、口座開設が無料であることから、多くの方が利用しているネット証券の一つです。

しかし、口座開設だけをして放置していた場合には、何らかのデメリットや注意点があるのでしょうか?

このパートでは、SBI証券の口座開設におけるデメリットや注意点について詳しく解説していきます。

特定の口座やSBIハイブリッド預金口座の放置による取引制限や封鎖のリスク、その他の費用や手数料などについてもご紹介します。

SBI証券をご利用されている方や、口座開設を検討されている方は、ぜひご一読ください。

SBI証券の口座開設のデメリット①:日本株や米国株、CFD、FXなど投資商品によって使えるアプリが変わる!

SBI証券では、日本株や米国株、CFD、FXなどさまざまな投資商品を取り扱っています。

しかし、それぞれの投資商品には使えるアプリが異なるため、特定の投資商品に特化したアプリしか使えないというデメリットがあります。

たとえば、日本株の取引にはSBI証券アプリを使用しますが、米国株の取引にはSBIグローバルアプリを使用する必要があります。

そのため、複数のアプリを使い分ける必要があるため、取引の煩雑さや使い勝手の悪さが生じる可能性があります。

SBI証券の口座開設のデメリット②:休日にシステムメンテナンスが多いため、ビジネスパーソンは使う時間が少なくなる!

SBI証券では、システムメンテナンスを休日に行うことが多いため、ビジネスパーソンにとっては使える時間が制限されるデメリットがあります。

休日に取引を行いたいと考えている方にとっては、この点に注意が必要です。

システムメンテナンスによって取引が制限される場合もあるため、予めスケジュールを確認し、利用可能な時間帯を把握しておくことをおすすめします。

SBI証券の口座開設のデメリット③:スマホアプリやPCツールが落ちるなど不安定なことがある!

SBI証券のスマホアプリやPCツールは一部のユーザーから不安定との声もあります。

ネット証券としては、安定性や使い勝手の良さが求められますが、一部のユーザーからはアプリの落ちる・動作が遅いなどの声もあります。

デメリットとしては、取引中にシステムが落ちてしまう可能性や取引が円滑に行えない可能性があるということです。

投資においては正確性・迅速性が求められるため、この点については注意が必要です。

SBI証券の口座開設のデメリット④:クレカ積立や投信マイレージなどのポイントサービスが複雑!

SBI証券には、クレジットカードを使用して投資信託を積立することや、投資信託の取引でポイントを貯めるサービスなどがあります。

しかし、これらのポイントサービスは複雑な仕組みを持っていることがあり、利用する際には注意が必要です。

ポイントの貯め方や使い方を正しく理解しないと、ポイントをもらえない・使えないなどの問題が生じる可能性があります。

特に初心者の方には、この点については充分に注意して利用することをおすすめします。

SBI証券の口座開設のデメリット⑤:住信SBIネット銀行やSBI新生銀行、三井住友銀行など連携銀行をどれにすればよいか迷う

SBI証券は、住信SBIネット銀行やSBI新生銀行、三井住友銀行などと提携しており、これらの銀行との連携によってスムーズな入出金を行うことができます。

しかし、どの連携銀行を選ぶかによって、利用できるサービスや手数料が異なるため、選択に悩む方も多いでしょう。

それぞれの銀行の特徴や条件を十分に比較検討し、自身に合った銀行を選ぶことが重要です。

今回は、SBI証券の口座開設のデメリットや注意点についてご紹介しました。

特定の投資商品によって使えるアプリが異なることや、休日のシステムメンテナンスによる利用制限、スマホアプリやPCツールの不安定さ、ポイントサービスの複雑さ、連携銀行の選択に迷う点などがあることを確認しました。

これらのデメリットや注意点をしっかりと把握し、自身の投資スタイルやニーズに合わせて利用することが大切です。

SBI証券をご利用されている方や、口座開設を検討されている方は、デメリットや注意点を考慮した上で、より良い投資環境を構築していきましょう。

SBI証券の口座開設のデメリット・注意点は?

sbi証券口座開設デメリット

SBI証券は多くの人が利用しているネット証券なので口座開設先の第一候補にしている人も多いでしょう。

しかし、口座開設を検討しているものの、SBI証券のネガティブな評判を見聞きして、不安に感じている人も多いのではないでしょうか。

口座を開設する前にはSBI証券のデメリットも知っておきたいですよね。

そこで今回は、SBI証券で口座開設するデメリットと注意点を解説します。

口座開設後の手数料や取引制限、放置による凍結や封鎖など、潜在的な問題について詳しくご説明します。

SBI証券を利用する際の情報収集の一助になれば幸いです。

SBI証券の注意点①:インターネット専業なので店頭・店舗で投資の相談や取引方法のレクチャーを受けられない!

SBI証券はインターネットを通じて取引が行われるネット証券です。

そのため、店頭や店舗を持っていないため、投資の相談や取引方法のレクチャーを受けることはできません。

初心者の方や投資に不慣れな方には不便な点かもしれません。

投資に関する知識や情報を自分で収集し、理解しておく必要があります。

SBI証券の注意点②:デモ取引などで投資や取引の練習はできない!

SBI証券では、残念ながらデモ取引や仮想のトレードなどで投資や取引の練習をすることはできません。

実際の取引と同じ状況をシミュレートすることが難しいため、初めての投資や取引に不安を感じる方には少し不利です。

投資に慣れるまでには実際の取引を通じて経験を積む必要があります。

SBI証券の注意点③:iDeCoの口座開設を行う場合、別途手続きが必要で時間もかかる!

iDeCo(個人型確定拠出年金)の口座開設を検討している方には注意が必要です。

SBI証券ではiDeCoの口座開設が可能ですが、通常の口座開設とは別に手続きが必要であり、時間もかかる場合があります。

iDeCoを利用したい方は、事前に手続きに必要な情報や手順を確認しておくことをおすすめします。

SBI証券の注意点④:取扱銘柄が多く初心者の方は銘柄選択に迷う

SBI証券では取扱銘柄が非常に多く、幅広い投資の選択肢があります。

しかし、初心者の方にとっては逆に銘柄選択に迷いやすい状況かもしれません。

自分に合った銘柄を選ぶためには、しっかりとリサーチや分析を行う必要があります。

投資に関する知識や情報をしっかりと身につけることが大切です。

以上、SBI証券で口座開設する際のデメリットと注意点についてご紹介しました。

ネット証券であるために店舗や相談窓口がない、デモ取引ができない、iDeCoの口座開設に時間がかかる、取扱銘柄が多く初心者には選択の難しさがあるといった注意点があります。

これらを事前に把握し、自身の投資スタイルやニーズに合った証券会社を選ぶことが大切です。

SBI証券の口座開設だけして放置するデメリットは?

sbi証券口座開設デメリット

投資の一環として、SBI証券の口座開設を検討している方も多いことでしょう。

しかしながら、口座開設後に放置することによるデメリットや注意点はあるのでしょうか?

本パートでは、SBI証券の口座開設のデメリットと注意点について解説します。

口座開設だけして放置していても、特定口座やNISA口座、SBIハイブリッド預金口座では凍結や封鎖、取引制限がある可能性もあります。

一方で、口座連携や投資活動を行うことで本来のメリットを享受することもできます。

投資を考えている方はぜひ、この記事を参考にしてください。

SBI証券を口座開設後に放置するデメリット①:SBI証券と住信SBIネット銀行を連携したSBIハイブリッド預金を10年以上放置すると休眠口座になってしまう

SBI証券では、住信SBIネット銀行と連携しているSBIハイブリッド預金口座を開設することができますが、この口座を放置すると注意が必要です。

SBIハイブリッド預金口座を10年以上放置した場合、休眠口座となってしまう可能性があります。

休眠口座になると、預金の取引や利息の受取りが制限されることがあります。

また、預金の受取手続きを行わないままに放置すると、その預金が失効する可能性もあるため注意が必要です。

SBI証券を口座開設後に放置するデメリット②:不正ログインなどに気づかない場合がある

口座を放置すると、不正ログインなどのリスクが高まることも注意が必要です。

定期的に口座にログインし、入金や取引履歴を確認することで不正な活動に気づくことができます。

しかし、放置していると不正な取引が行われていたり、不正ログインが行われていることに気づかないまま被害を受ける可能性があります。

口座を放置する際は、セキュリティ対策をしっかりと行い、不正な活動に対するリスクを最小限に抑えるようにしましょう。

SBI証券を口座開設後に放置するデメリット③:確認必要事項などを確認せずに放置すると取引が制限されることも

口座を放置していると、SBI証券からの連絡や確認事項などを見落とす可能性があります。

特に重要な案件や必要な手続きを怠ってしまうと、口座の取引が制限されることもあります。

例えば、特定口座やNISA口座では年間の取引枠などが設けられているため、必要な手続きを怠ると制限がかかる可能性があります。

口座を放置する際は、定期的にメールや通知を確認し、必要な手続きや連絡事項に対応するようにしましょう。

SBI証券を口座開設後に放置しても口座維持費などの余計な手数料を取られるデメリットはない!

SBI証券の口座開設だけをして放置していても、特に口座維持費や余計な手数料が取られるデメリットはありません。

口座を開設しただけでも、将来的に投資を始める際に便利ですし、口座連携や投資活動を行えば、本来のメリットを享受することもできます。

ただし、特定口座やNISA口座、SBIハイブリッド預金口座などを放置した場合には、前述のように凍結や封鎖、取引制限などのリスクがあるため注意が必要です。

いかがでしょうか?SBI証券の口座開設だけをして放置することによるデメリットや注意点について解説しました。

口座を放置する際は、休眠口座や不正ログイン、取引制限などに対するリスクに注意しながら、適切な対策を行っていくようにしましょう。

投資を考えている方は、この記事を参考にしてSBI証券の口座開設についてしっかりと判断しましょう。

デメリットより多い?SBI証券を口座開設するメリットは?

sbi証券口座開設デメリット

SBI証券はその利便性や幅広い投資商品の取り扱いなどから、多くの人に利用されているネット証券です。

しかし、口座開設を検討している際には、デメリットや注意点も知っておく必要があります。

本パートでは、SBI証券の口座開設のデメリットや注意点について詳しく解説します。

口座開設に伴う手数料や注意すべきポイント、口座を放置することで起こる可能性がある制限事項などについて解説しています。

一方で、SBI証券が持つメリットや利点についても紹介していますので、投資を考えている方にとっては必読の内容となっています。

SBI証券を口座開設するメリット①:国内株式の取引手数料が完全無料!

SBI証券では、国内株式の取引手数料が完全無料となっています。

他の証券会社では取引毎に手数料が発生する場合もありますが、SBI証券を利用することで手数料を節約することができます。

手数料は投資の収益に直結するため、利益を最大化するためにも重要なポイントとなります。

SBI証券を口座開設するメリット②:NISA(つみたて投資枠)対象の超低コストインデックスファンドの品揃えが豊富!

NISA(つみたて投資枠)は、非課税の特典を受けながら投資を行うことができる制度です。

SBI証券では、NISAに対応した超低コストのインデックスファンドの品揃えが豊富です。

これにより、リスクを分散しながら低コストで投資を行うことができます。

投資初心者や長期投資を考えている方にとって、魅力的な選択肢となるでしょう。

SBI証券を口座開設するメリット③:単元未満株(S株)が無料で取引できるので、少額から株式投資が始められる!

従来の株式取引では、株式の最小単位である「単元株」を買うためには一定の金額が必要でした。

しかし、SBI証券では単元未満株(S株)が無料で取引できるため、少額から株式投資を始めることができます。

これにより、初心者や資金が限られている方でも気軽に投資を始めることができます。

SBI証券を口座開設するメリット④:三井住友カード決済の投信積立で最大5%還元が受けられる!

SBI証券では、三井住友カード決済を利用して投信の積立を行うと最大5%のキャッシュバックが受けられます。

このキャッシュバックは投資に直結するため、投資額を少しでも増やすことができる大きな魅力となります。

この特典を利用することで、資産形成をより効率的に進めることができるでしょう。

SBI証券を口座開設するメリット⑤:ネット証券最大手の実績!

SBI証券はネット証券最大手の実績を持っています。

その信頼性や安定性は折り紙付きです。

多くの投資家が利用していることから、情報の共有や学びの機会も豊富です。

また、取引ツールやトレード環境も充実しており、投資を円滑に進めることができます。

以上がSBI証券を口座開設する際のメリットについての解説です。

一方で注意点として、対面証券会社と比較して取引手数料が高いことや、口座を放置することで制限がかかる可能性があることにも留意しておく必要があります。

投資をする際にはリスクもありますので、自身の投資スタイルや目的に合わせて最適な証券会社を選ぶことが大切です。

SBI証券の口座開設のデメリット【まとめ】放置する時の注意点は?

以上、SBI証券の口座開設のデメリットや注意点について解説しました。

口座開設だけをして放置している場合、特定口座やNISA口座、SBIハイブリッド預金口座では凍結や封鎖、取引制限が起こる可能性があります。

しかし、一般の口座開設の場合は特にデメリットはありません。

SBI証券は口座開設や口座管理にかかる費用が無料であり、放置していても手数料がかかることはありません。

一方、SBI証券の口座開設のメリットは多くあります。

まず、SBI証券は多くの投資家から選ばれるほど信頼性が高く、充実したサービスを提供しています。

取引手数料も競合他社と比べて比較的低く設定されており、投資のコストを抑えることができます。

また、銀行との連携も強化されており、便利なオンラインバンキングサービスを利用することができます。

さらに、SBI証券では多様な投資商品が取り扱われており、株式や投資信託、外国為替などの幅広い選択肢があります。

投資の目的やリスク許容度に合わせて自分に最適な商品を選ぶことができます。

したがって、SBI証券の口座開設は多くのメリットがあり、投資を始める上で有益な選択肢となります。

ただし、特定口座やNISA口座、SBIハイブリッド預金口座は放置することで制限がかかる可能性があるため、注意が必要です。

投資を始める際には、自身の目的やリスク許容度を考慮し、適切な口座を選択することが重要です。

関連ページ:SBI新生銀行と住信SBIネット銀行の違いは?どっち?SBI証券NISA(つみたて)なら?

SBI証券の口座開設のデメリット「よくある質問」

SBI証券を三井住友カード経由するデメリットは?

SBI証券を三井住友カード経由して利用する場合、いくつかのデメリットが発生する可能性があります。

以下の関連ページでは、そのデメリットについて詳しく考察していきます。

まず、SBI証券を三井住友カード経由すると、貯められるポイントがVポイントのみに限定されます。

さらに、貯まったポイントの使い道も投資信託にのみ限られるため、利用の幅が狭まる可能性があります。

また、三井住友カード経由での利用には、個人情報の共有が伴うこともあります。

このようなデメリットを避けるためには、まずはSBI証券の通常口座を開設し、その後に三井住友カードとの連携を行うことをオススメします。

通常口座の利用には、特にデメリットはなく、さまざまなメリットが得られることもポイントです。

この記事では、SBI証券を三井住友カード経由することによるデメリットと、通常口座の利点について、詳しく解説していきましょう。

関連ページ:【SBI証券】三井住友カード経由のデメリット「3選」仲介口座とSBI経済圏

SBI証券はやばい?

近年、SBI証券が注目を集めていますが、その評判は一様ではありません。

一部の人々からは悪い評判も聞かれる一方で、他の投資家はメリットを享受しているとされています。

下記の関連ページでは、SBI証券の評判について探求し、そのメリットとデメリットについて議論します。

また、どのような人におすすめできるのか、逆におすすめできない人についても考察します。

投資を考えている方や既にSBI証券を利用している方にとって、今後の選択に役立つ情報を提供します。

関連ページ:SBI証券やばい?悪い評判やメリット・デメリット、おすすめできる人・できない人は?

SBI証券と楽天証券の比較

証券会社を選ぶ際には、自分の投資スタイルやニーズに合った会社を選ぶことが重要です。

その中でもSBI証券と楽天証券は、日本国内で非常に人気があります。

以下の関連ページでは、SBI証券と楽天証券を比較し、どちらが自分にとっておすすめの選択肢なのかを考察します。

具体的には、NISAやiDeCoといった積立投資や、ポイント還元や国内株式に関する特典やサービスに注目して比較していきます。

自分に最も合った証券会社を選ぶために、この記事を参考にしてみてください。

関連ページ:SBI証券と楽天証券を比較!どっちがおすすめ?NISAやiDeCo、ポイント還元・国内株式なら?

証券口座を放置するデメリットは?

証券口座は、個人の資産を管理する大切なツールですが、放置してしまうことで様々なデメリットが生じます。

証券口座を放置することにより、不正ログインのリスクや資金の減少などの問題が生じる場合があります。

また、解約手続きを忘れてしまうと解約ができないというリスクもあります。

そこで、本記事では証券口座を放置・解約するデメリットについて詳しく解説します。

証券口座の放置がもたらすリスクや手数料の発生、解約手続きのポイントなど、注意すべきことについて解説していきます。

証券口座を適切に管理するために知っておくべき情報をまとめましたので、ぜひご参考にしてください。

関連ページ:証券口座を放置・解約するデメリットは?解約しないとどうなる?

SBI証券は使いにくい?

株式取引においてSBI証券は多くの投資家に利用されていますが、一部のユーザーからはその使いにくさが指摘されています。

特に、SBI証券のスマホアプリが使いにくいと感じる声が多いです。

この関連ページでは、SBI証券のスマホアプリの使いにくい理由やデメリットについて詳しく解説し、改善点や対策方法についても提示します。

また、SBI証券の特徴やメリットも紹介することで、投資家がスムーズに取引を行うための支援をします。

SBI証券を利用する上での注意点や工夫点をご紹介するので、ぜひ参考にしてみてください。

関連ページ:SBI証券は使いにくい?スマホアプリの使いにくい理由やデメリット、特徴・メリットは?

SBI証券かんたん積立アプリの評判は?

以下の関連ページでは、SBI証券が提供する「かんたん積立アプリ」をテーマに使い方、評判、口コミなどを解説します。

SBI証券は、投資信託の購入をサポートする「かんたん積立アプリ」を提供しており、初心者でも手軽に始めることができます。

投資信託の積立は資産形成の一つの方法として注目されていますが、

  • 具体的にどのように利用すれば良いのか?
  • どの程度の利益を期待できるのか?
  • 利用者の口コミや注意点はどうなっているのか?

気になる方は必見です。

SBI証券かんたん積立アプリを活用したい方に向けて、使い方や評判を詳しくご紹介しますので、ぜひ参考にしてください。

関連ページ:SBI証券かんたん積立アプリの評判は?使い方や口コミ、注意点やデメリットは?

sbi証券口座開設デメリット

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

橘 龍馬のアバター 橘 龍馬 サイト管理人

投資歴7年、30代3児の父。理学博士。
投資・節約の専門メディア「マネーの研究室」のサイト管理人。
インスタ・Twitterも更新!

【サイト利用時の注意点・免責事項】

 

掲載の情報は、信頼するに足ると信じる情報に基づいて作成したものですが、当サイトのデータの正確性は保証されていませんので、ご注意下さい。

本サイトの情報等を用いて行う行為に関して、その責任は全て利用者自身に帰属します。万一、利用者が何らかの損害を被った場合、その損害に関して当サイト管理者および情報を提供している第三者は一切の責任を負うものではありません。

本サイトは投資家・金融サービス利用者への情報提供を目的としており、証券・FXに関する契約締結の代理、媒介、斡旋、売買推奨、投資勧誘等を行うものではありません。

また、当ブログに記載の仮想通貨は暗号資産のことを指します。

目次