DMM株の口座開設メリット・評判は?手数料の比較、IPOなど徹底解説

DMM.com証券【DMM 株】口座開設のメリットは?業界最安の取引手数料を比較
DMM株の口座開設メリット・評判は?手数料の比較、IPOなど徹底解説DMM株の口座開設メリット・評判は?手数料の比較、IPOなど徹底解説


FXやビットコイン、英会話など様々な分野で規模を拡大しているDMMグループが、この度「DMM 株」と銘打って、株取引のサービスを開始しました。

そこで、本ページでは2018年4月から始まる「DMM 株」の特徴や魅力を検証していきます。業界最安水準の売買手数料やサービス面、取引ツール・アプリなど、他ネットと比較しながら解説していきます。

DMM.com証券(DMM 株)の特徴・魅力は?

さっそく、DMM 株について解説していきます。まず、DMM 株の特徴・他社と比べた時の魅力は、以下の3点があります。

DMM 株の特徴・メリット

  • 手数料が業界最安値水準!:現物最低50円(税抜)~、信用最低0円(税抜)~
  • 手数料をポイント還元
  • 充実の取引ツール・アプリが無料で使える!

目玉は、業界最安の取引手数料です。以下、詳しく他社と比較していきますが、ほとんどの売買価格帯で、SBI証券などの大手ネット証券よりも、安い手数料となっています。

業界最安水準の手数料

DMM 株の最大の特徴が「業界最安水準の手数料」です。下表は、手数料の安い他ネット証券と比較した料金表(1約定毎)ですが、全ての価格帯で最安水準の手数料となっています。

現物取引の手数料

約定代金DMM.com証券SBI証券楽天証券マネックス証券GMOクリック証券
〜5万円50円50円50円100円88円
〜10万円80円90円90円100円88円
〜20万円97円105円105円180円98円
〜50万円180円250円250円450円241円
〜100万円340円487円487円約定金額の0.1%
100万円:1,000円
150万円:1,500円
300万円:3,000円
3000万円:3万円
436円
〜150万円400円582円582円528円
〜300万円600円921円921円834円
〜3000万円800円921円921円834円
3000万円超800円973円973円889円

DMM 株と他ネット証券の株式売買手数料(税抜)比較

また、信用取引に関しても下表のように、業界最安水準の手数料体系となっています。

信用取引の手数料

約定代金DMM.com証券SBI証券楽天証券マネックス証券GMOクリック証券
〜10万円80円90円90円95円89円
〜20万円80円135円135円140円130円
〜50万円80円180円180円190円170円
〜100万円80円350円350円355円240円
〜150万円80円350円350円600円240円
〜300万円80円350円350円1,000円240円
〜3000万円0円350円350円1,000円240円
3000万円超0円350円350円1,000円240円

信用取引においても、最安水準の手数料となっています。また、以下の条件を満たし「VIPコース」に認定されれば、信用取引の売買手数料が無料になります。

VIPコースの条件

  • 1日の新規約定代金、または信用建玉残高が5,000万円以上
    → 翌営業日の手数料が無料
  • 1ヶ月の新規約定代金、または信用建玉残高が5億円以上
    → 翌月の手数料が無料

ちなみに、信用取引の金利も業界最安水準となっています。VIPコースの条件を満たすと、2.1% → 1.9%と破格の金利となります。

信用取引の金利比較

証券会社金利(買い)貸株料率(売り)
DMM.com証券2.10%1.10%
SBI証券2.80%1.15%
楽天証券2.85%1.10%
マネックス証券2.80%1.15%
GMOクリック証券2.75%1.10%

このように、DMM株は業界最安水準の手数料体系となっています。投資にかかる手数料は、投資家への確実なマイナスリターンとなり投資パフォーマンスを悪化させますので、DMM株で手数料を抑えた取引を行い、確実なパフォーマンス向上が狙いましょう。

また、DMM株は口座開設キャンペーンで、最大2ヶ月間手数料が無料になりますので、口座を開設するか悩んでいる方は、この機会に口座を開設すると良いかもしれません。

DMM.com証券【DMM 株】の詳細確認・口座開設は、こちらから行えます。

手数料の1%分をポイント還元

DMM株では、上で紹介した最安水準の手数料に加えて、手数料の1%がDMM株ポイント還元されます。貯まったDMMポイントは、1,000ポイント貯まったら、1ポイント1円として現金に替えられます。

現金は株口座に入金されるので、ポイント還元分で株式の取引が行えます。DMM株ポイントの有効期限は1年間となるので、1年のうちに1,000ポイント貯められるかが重要ですね。

NISA・ジュニアNISA口座も対応

節税対策になるNISA口座も利用可能です。NISAで株取引を行うことで、年間120万円までの投資が、値上がり益・配当が非課税になります。

また、ジュニアNISA口座の開設も可能なので、未成年のお子様がいる方は、通常のNISAと合わせて200万円分の投資に対して(ジュニアNISAは1口座、年間80万円)、値上がり益・配当が非課税になります。

NISA向け証券会社の比較ランキング!選び方やおすすめ、メリットなど解説
NISA向け証券会社の比較ランキング!選び方やおすすめ、メリットなど解説NISAは、投資益が非課税になる”使わない手は無い”お得な制度です。そこで、本ページでは、NISA口座を解説するのに適した証券会社の選び...

充実の取引ツール・アプリ

DMM 株は、取引手数料が安いだけでなく、情報提供や取引ツールも充実してます。四季報やロイター、みんかぶなどの情報が無料できる他、PC用・スマホ用の取引ツールが全て無料で利用できます。

スマホアプリ

近年、急拡大するスマホトレーダー向けにiPhoneおよびアンドロイド端末で利用できるスマホアプリが無料利用できます。日々の株価チェックや注文など、スマホ1台で行えます。

スマホアプリには、「かんたんモード」と「ノーマルモード」の2種類があります。かんたんモードは、専門用語などを利用しないなど、初心者の方にもわかりやすいような設計となっています。テーマ株から銘柄が選べる等、手軽に取引ができる工夫がなされています。

また、ノーマルモードは、チャートや板などからワンタッチで取引ができるものとなっています。テーマやキーワードだけでなく、株主優待やランキングの検索も可能です。お気に入り銘柄も登録できて、PC用のツールと連動できるのが、嬉しいです。

パソコン(PC)用ツール

パソコン用のツールには、ブラウザ型とインストール型の二種類があります。ブラウザ型「DMM株 STANDARD」は、Safari、google chrom、firefox、IEなどで動き、WindowsでもMacでも、サクサクと取引が行えます。

インストール型の「DMM株 PRO」は、他社の高機能ツールのように、様々な注文発注が行えます。ただし、Mac非対応となっているので、Macでインストール型のツールを利用したい方は、これまで通り楽天証券の「マーケットスピード」を利用するようことになりそうです。

参考 楽天証券の詳細確認・口座開設(無料)は、以下の公式ページから行えます。今なら口座開設キャンペーンで最大25,000円相当がもらえます

楽天証券の詳細確認・口座開設(無料)

また、楽天証券の特徴など解説は、以下をご参照ください。

口座開設費・維持費、入出金手数料すべて無料

DMM 株の口座開設費、また維持費は、もちろん無料です。また、口座への入金・出金は、他のネット証券同様、無料となっています。即時入金可能な「クイック入金」もあり、300以上の金融機関が提携可能です。

このように、DMM 株は業界最安水準の手数料だけでなく、中身(取引ツールや情報提供)も充実しています。入出金などの利便性も高く、メインの証券口座として、利用価値のある株取引口座と言えそうです。

参考 DMM 株の詳細確認・口座開設(無料)は、以下の公式ページから行えます。今なら口座開設キャンペーンで最大2ヶ月間手数料が無料になるうえ、抽選で50名に現金2,000円が当たります。

DMM.com証券【DMM 株】の詳細確認・口座開設(無料)

注意点・デメリットは?

ここまで、DMM株の魅力やメリットを見てきました。ここで、DMM株口座の注意点やデメリットについても見ていきます。

定額プランがない

手数料体系が1約定毎だけしかない点も気になります。1日の約定代金の合計で決まる定額プランがないので、そのような料金体系で取引を行いたい方には、不向きかもしれません。

定額プランの場合、岡三オンライン証券が1日の約定代金の合計が20万円以下の場合、手数料無料になるので、定額プランとしては岡三オンライン証券あたりがオススメとなります。

参考 岡三オンライン証券の詳細確認・口座開設は、以下の公式ページから行なえます。今なら口座開設キャンペーンで最大3ヶ月間、手数料が無料になります。

岡三オンライン証券の詳細確認・口座開設(無料)

また、岡三オンライン証券の料金体系については、以下をご参照ください。

IPO・外国株等の取り扱いがない

現在のところ、IPO(新規公開株)や立会外分売、また米国株など海外株式の取り扱いは行ってい点に注意が必要です。

IPOや外国株の取引が行いたい方は、ネット証券No.1のシェア数で、IPOチャレンジポイントが貯まり、米国株の手数料が業界最安水準の「SBI証券」の利用がオススメです。

参考 IPOや外国株向けの証券会社についての解説は、以下をご参照ください。

海外ETFのおすすめ証券会社(口座)は?選び方やメリット、比較ランキングを解説
海外ETFのおすすめ証券会社(口座)は?選び方やメリット、比較ランキングを解説 海外ETFは、超低コストと投資対象の豊富さから、中長期の資産形成を目指した低コスト分散投資向きの金融商品として注目されていま...

非上場の投資信託は購入できない

現時点では、投資信託の取り扱いは行っていません。そのため、インデックスファンドなど投資信託が対象商品となる「つみたてNISA」には対応していません。

参考 つみたてNISAと通常NISAの違い・比較は、以下をご参照ください。

ただし、ETF(上場投資信託)は普通に取引できるので、インデックス投資を行いたい方は、ETFを利用すると良いでしょう。また、通常のNISA口座は開設できます。

ちなみに、投資信託のための証券口座としては、投信マイレージでお得に投信の購入・保有ができるSBI証券がオススメです。

参考 投資信託取引向けの証券口座に関しては、以下をご参照ください。

投資信託購入のオススメ証券会社は?選ぶポイント・比較ランキングの紹介!
投資信託購入のオススメ証券会社は?選ぶポイントや比較ランキングを解説!投資を始める第一歩は、証券会社の口座開設を行うことです。しかし、証券会社毎に、取り扱い商品やサービス等に違いがあり、どの証券口座を解説す...

キャンペーンで手数料無料や現金がもらえる

キャンペーン特典も豊富

DMM.com証券(DMM株)では、現在、以下2つのキャンペーンが行っています。

2018年4月のDMM.com証券【DMM株】のキャンペーン一覧

新規の口座開設を行うことで、2ヶ月間株式取引にかかる手数料が無料になるうえ、抽選で2,000円がもらえる可能性もありますので、この機会に口座開設を行うと良いでしょう。

参考 キャンペーンの詳細は、以下をご参照ください。

評価・まとめ

DMM.com証券【DMM 株】の最大の特徴は、なんと言っても業界最安水準の株式売買手数料です。手数料は、投資家への確実なマイナスリターンとなるため、少しでも安い証券会社で取引することで、確実なパフォーマンス向上を実現できます。

DMM株の特徴【まとめ】

  • 手数料が業界最安値水準!:現物最低50円(税抜)~、信用最低0円(税抜)~
  • 手数料をポイント還元
  • 充実の取引ツール・アプリが無料で使える!
  • NISA(少額投資非課税制度)口座も対応

IPOの取り扱いが無いなどの注意点はありますが、通常の上場株式の取引には申し分なく、手数料の格安さを考えれば十分メインの証券口座として利用価値がありそうです。

参考 DMM 株の詳細確認・口座開設(無料)は、以下の公式ページから行えます。今なら口座開設キャンペーンで最大2ヶ月間手数料が無料になるうえ、抽選で50名に現金2,000円が当たります。

DMM.com証券【DMM 株】の詳細確認・口座開設(無料)

また、DMM.com証券(DMM株)の口座開設方法は、以下をご参照ください。