ロボアドバイザー

スマートフォリオ(みずほ銀行)の評判は?他ロボアドバイザーとの比較や使い方を検証

スマートフォリオ(みずほ銀行)の評判は?他ロボアドバイザーとの比較や使い方を検証

みずほ銀行「SMART FOLIO(スマートフォリオ)」は、年代や性別、投資経験などの質問に答えるだけで、その人にあった資産配分や投資信託を提示してくれるロボアドバイザーです。

スマートフォリオを利用すれば、投資を始める上で高いハードルとなる「資産配分の決定」や「投信の選別」をロボットが行ってくれ、初心者の方でも簡単に投資を始めることができます。

そこで、本記事では、スマートフォリオの特徴や使い方などを解説します。また、他のロボアドバイザーと比較し、スマートフォリオのメリット・デメリットを解説して行きます。

みずほ銀行「SMART FOLIO(スマートフォリオ)」

はじめに「スマートフォリオ」の特徴や魅力、サービスの利用方法などを解説していきます。

スマートフォリオとは?

みずほ銀行の「スマートフォリオ」は、一人一人に適した資産設計(ポートフォリオ)やオススメの投資商品(投資信託)を提供してくれる、無料の投資サービスです。

年代や性別、投資経験などの簡単な質問に答えるだけで、資産配分やおすすめの投資信託を提示してくれます。

投資信託を利用して資産運用を始める場合、リスク許容度に応じて資産配分を決めたり、その配分に合わせてファンドを選んだりしなくてはならず、投資初心者にとっては投資を始めるハードルになってします。

しかし、スマートフォリオを利用すれば、自分にあった資産配分や金融商品を、瞬時に、しかも無料で把握することができます。

利用方法・操作手順【画像付き】

次に、スマートフォリオの利用方法を、実際の画像付きで解説していきます。

はじめに、スマートフォリオ|みずほ銀行に移動します。そうすると、下図のような画面に移動するので「体験版」をクリックすると、金融商品買い付けの手前まで体験することができます。

スマートフォリオのホームページ|「体験版」をクリックスマートフォリオのホームページ|「体験版」をクリック

「体験版」をクリックすると、以下のような画面へ移動します。この画面では、投資方法を「積立投資」「一括投資」から選びます。今回の例では、積立投資を選びました。

一般的には、退職金などの運用期間が長くなく高額資金の運用を一括投資に、毎月の給料の一部を投資する場合「積立投資」を選びます。

投資方法を選ぶ|スマートフォリオ体験版投資方法を選ぶ|スマートフォリオ体験版

投資方法を選ぶ(クリック)すると、下図のような同意事項の確認画面が出てくるでの、同意して先に進みます。

投資方法を選ぶ|スマートフォリオ体験版投資方法を選ぶ|スマートフォリオ体験版

同意すると、スマートフォリオのトップ画面へ移動しますので、画面下部に移動(スクロール)してください。

スマートフォリオ体験版トップ画面スマートフォリオ体験版トップ画面

画面下方に進んでいくと「スタート」ボタンが出てきますので、ここをクリックして、スマートフォリオの無料診断を開始します。

スマートフォリオの無料診断スタートスマートフォリオの無料診断スタート

スタートボタンをクリックすると、以下のような診断画面へ移動します。スマートフォリオの診断の流れとしては、下図のように「リスク許容度診断」→「資産配分モデル」→「投資プラン決定」→「具体的な投資信託」の順になっています。

流れの確認|スマートフォリオ診断画面流れの確認|スマートフォリオ診断画面

リスク許容度診断では、以下のように、5つの質問に答えることで、各個人に合ったリスク許容度を測定してくれます。現在の年齢や年収、資産運用の目的などを、まず答えます。

リスク許容度診断による質問リスク許容度診断による質問

資産運用の目的の部分では、「老後資産」などパネルを選択することで、自動で下にある〇〇歳時点で〇〇万円の項目が記入されます。

これらの項目の記入が終わると、今度は、投資におけるリスク・リターンの個人的なイメージや、市況の悪化・急変動が起きた際に、資産をどうしたいか?など対処法を聞かれます。

リスク許容度診断の質問|リスク・リターンのイメージリスク許容度診断の質問|リスク・リターンのイメージ

最後に、100万円を1年間運用した場合の、資産の増減イメージに答えて質問は終わりです。

質問に答えたら資産モデルの確認質問に答えたら資産モデルの確認

5つの質問に答えたら「あなたの資産配分モデルを確認する」ボタンをクリックすることで、質問から導き出されたリスク許容度に合った資産配分を確認できます(下図参照)。

質問から導き出された理想の資産配分モデル質問から導き出された理想の資産配分モデル

ちなみに、提示された資産配分は、画面左の「あなたの選択」という部分を調整することで、低リスク・高リスクを調整できます。

例えば、「あなたの選択」を高リスクに移動すると、下図のように資産配分モデルが変わります。より高リスク側に動かしたため、債券の比率が下がり、株式などのリスク資産の割合が増えました。

高リスク側に調整した際の資産配分モデル高リスク側に調整した際の資産配分モデル

また、画面下部へ移動すると、SMART FOLIOが提示した資産配分モデルで、運用した際の過去10年、未来10年の資産シミュレーションが見れます。

過去10年では、2008年前後のリーマンショックが入っているため、一時的に資産が目減りしましたが、その後の着実な積立投資により、大きく資産を増やしていることがわかります。

提案された資産配分モデルでの資産推移(シミュレーションと過去の実測値)提案された資産配分モデルでの資産推移(シミュレーションと過去の実測値)

シミュレーション結果が見終わったら、次にどのような投資信託を利用して、資産配分通りの運用を行っていくかを確認していきます。

運用期間終了後の資産の増減幅運用期間終了後の資産の増減幅

上の画面で「投資信託を決定する」ボタンをクリックすると、資産配分にあった投資信託をバランスファンド、または個別のインデックスファンドから選択できる画面へ移動します。

投資信託を1本だけで運用したい方はバランスファンド、保有ファンドが多くなっても手数料を少し安くしたい方は「インデックスファンド」を選ぶと良いでしょう。初期設定(デフォルト)では、バランスファンドになっています。

具体的な投資信託の選択画面|バランスファンドか個別の低コストインデックスファンドか選べる具体的な投資信託の選択画面|バランスファンドか個別の低コストインデックスファンドか選べる

以下はバランスファンドを選んだ場合の候補になります。「たわらノーロードスマートグローバルバランス(成長)」が選ばれています。画面上部の「あなたの資産モデルとの一致度」をみると8割型一致していることがわかります。

バランスファンドを選んだ場合の提案バランスファンドを選んだ場合の提案

次に、個別のインデックスファンドを選んだ場合の候補を見て見ます。こちらも、たわらノーロードシリーズの各投資先(資産クラス)のインデックスファンドが選ばれています。

多くのファンドを保有しなくては行けなくなりますが、資産モデルとの一致度や全体的な手数料の安さが、個別インデックスファンドを選んだ場合の強み・メリットになります。

インデックスファンドを選んだ場合の提案インデックスファンドを選んだ場合の提案

最後に、この投資信託で実際の購入を行いたい方は「口座開設」、結果だけを参考にして、ほかの証券口座で投資信託を購入・積立する方は、「結果をメールで送る」を選ぶことができます。

結果をメールで送ることや、このまま口座開設ができる結果をメールで送ることや、このまま口座開設ができる

このような手順・流れで、SMART FOLIOを利用することができます。大体の使い方やサービスの特徴がわかったところで、みずほ銀行ユーザーの特典や他のロボアドバイザーとの比較などを行って行きます。

みずほダイレクトの利用者なら投資信託の一括購入も可能

みずほ銀行のネットサービス「みずほダイレクト」の利用者であれば、資産配分に合わせた金融商品(投資信託)の一括購入ができます。

資産配分に合わせて投資信託を購入・積立することは、手間がかかるので、みずほダイレクトを利用している方には、嬉しいサービスといえます。

他ロボアドバイザーとの比較

スマートフォリオの特徴がわかった所で、SMART FOLIOのメリット・デメリットを、他のロボアドバイザーと比較しながら解説して行きます。

ロボアドバイザーの比較・一覧

ロボアドバイザーには大きく分けて、資産配分と投資商品の提示・アドバイスだけを行ってくれる「アドバイス型」と購入や自動積立、リバランスなど投資の全てを行ってくれる「投資一任型」の2種類があります。

2種類のロボアドバイザー
  • 投資一任型:一般的なロボアドバイザー。資産設計から金融商品積立・管理全てが全自動
  • アドバイス型:資産設計のみ行う

参考:必須知識!投資一任型とアドバイス型の違い・比較

SMART FOLIOは「アドバイス型」に分類され、投資商品の購入・積立は口座にログインし、自分で行わなくてはいけないものの、投資一任型のような余分な手数料はかかりません。

ロボアドバイザー投資一任型とアドバイス型の違い・比較|2種類のロボアドを抑える
ロボアドバイザー投資一任型とアドバイス型の違い・比較|2種類のロボアドを抑えるロボアドバイザーには、投資一任型とアドバイス型、2つのタイプがあります。一口にロボアドバイザーと言っても、この2種類は全く違うもので、ロ...

投資一任型・アドバイス型のロボアドバイザーには、主に下表にまとめたようなものがあります。

ロボアドバイザー比較・一覧
※下表は横にスクロール(→)可能

名称 種類 手数料 自動
積立
自動税金
最適化
ウェルスナビ 投資一任型 1.0%(*1)
楽ラップ 投資一任型 0.99% ×
テオ 投資一任型 1.08% ×
ダイワ
ファンドラップ
投資一任型 1.42% ×
マネラップ 投資一任型 0.99% × ×
投信工房 アドバイス型 0.38% × ×
投信ロボ アドバイス型 × ×
スマートフォリオ アドバイス型 × ×

(*1)現金部分を除く、年率・税別

スマートフォリオは、アドバイス型としては優秀なサービスとなっていますが、口座への入金や購入・積立などを全自動で行い投資に割く時間を短くしたい方は、投資一任型のロボアドバイザーが良いでしょう。

投資一任型のロボアドバイザーとしては、自動税金最適化(DeTAX)があり、実質的な手数料が他と比べて格段に安い「ウェルスナビ」がオススメです。

ロボアドバイザーの詳しい比較や選び方、最新のランキング等は、以下の記事をご参考ください。

https://money-laboratory-ryoma.net/roboadviser/

スマートフォリオの利点・メリット

他のロボアドバイザーと比べた場合、SMART FOLIOには以下のようなメリットがあります。投資一任型のような余計な手数料が掛からない他、資産配分に合った複数の投資商品の中から自分の好みに合った投資信託が選べます。

SMART FOLIOのメリット
  • 余計な手数料が掛からない
  • NISA口座で運用できる
  • 「みずほダイレクト」なら一括購入できる

非課税メリットのあるNISAと一緒に利用できる点も、SMART FOLIOのメリットです。ウェルスナビなど投資一任型のロボアドバイザーはNISAと一緒に利用できませんが、投信ロボはNISAと一緒に利用できます。

NISA・つみたてNISAで利用できるロボアドバイザーは?
NISA・つみたてNISAで利用できるロボアドバイザーは?NISAは、運用益や配当金を非課税にできる等、税金面で大きなメリットが受けられるお得な制度です。しかし、ロボアドバイザーは利用できるもの...

また、みずほ銀行ユーザーの方は、インターネットの「みずほダイレクト」に契約していれば、SMART FOLIOが提案した資産配分通りの投資信託(インデックスファンド)を一括で購入することができます。

ただし、運用中の資産管理やリバランスを考えると、アドバイス型としては、松井証券の「投信工房」やSMBC日興証券の「fund eye」の方が優秀です。どちらもリバランスを提案してくれるため、資産配分を崩すことなく、中長期で投資が行えます。

デメリット・注意点|ウェルスナビの方が便利?

スマートフォリオのデメリット・注意点は、みずほダイレクト契約者以外は、提案されたポートフォリオ通りに投資商品の購入や積立を自分で行わなくてはいけない点です。

ウェルスナビ楽ラップなどの投資一任型であれば、金融商品の積立・購入だけでなく、リバランスなどの資産管理もロボットが全自動で行ってくれます。

そのため、手間や時間を省きたい人は、投資一任型のロボアドバイザーを選ぶと良いでしょう。ウェルスナビであれば、DeTAXシステムにより、実質コストを年率0.4%〜程度にすることが可能です。

「WealthNavi for SBI証券」の運用手数料は1%ですが、多くの場合、「DeTAX」(デタックス)の機能により年間0.4~0.6%程度の負担減となるため、事実上のコストはそれよりも少ないものになるでしょう。

引用:「WealthNavi for SBI証券」のウェルスナビ株式会社 柴山CEOへインタビュー

ウェルスナビの詳細確認・口座申し込み(無料)は、以下の公式ページから行えます。今ならキャンペーンで口座開設後の入金で最大10万円が貰えます

申し込み・手続き費用などは無料なので、この機会に、ウェルスナビを始めて見ると良いでしょう。

ウェルスナビ 公式ページ

また、ウェルスナビのキャンペーンについての詳細(特典・対象条件)や現金を貰う方法・解説は、以下の記事をご参考ください。

【ウェルスナビキャンペーン】入金で最大5万円!積立や紹介、タイアップで高額現金!
ウェルスナビキャンペーン【2020年9月】入金で最大5万円!積立や紹介、タイアップで高額現金! ウェルスナビでは、お得なキャンペーンを開催中です! 口座開設後の30万円以上の入金で「最大5万円」の現金が貰える他、積立な...

まとめ

SMART FOLIO(スマートフォリオ)は、資産配分の決定やオススメの投資商品の提案など投資初心者の方には、かなりハードルが高い部分をロボットが行ってくれる大変便利なサービスです。

また、投資一任型のロボアドバイザーとは違い、投資商品の購入や積立は自分で行わなくてはいけませんが、その分、手数料が安くなったり、NISAと一緒に利用できる点が大きなメリットです。

そのため、多少の手間よりも手数料の安さを求める方やNISAと一緒にロボアドバイザーを利用したい方に、オススメの投資サービスになります。

ただし、みずほ銀行のインターネット「みずほダイレクト」の契約者以外は、自分で投資信託の購入・積立を行わなくてはいけない点に注意が必要です。

また、運用中の資産管理やリバランスを考えると、松井証券の「投信工房」やSMBC日興証券の「fund eye」の方が高機能でオススメです。

また、自分で投資信託の購入・積立や管理の手間や時間を省きたい人は、投資一任型のロボアドバイザーが良いでしょう。

投資一任型でシェアが高い「ウェルスナビ 」であれば、DeTAXシステムにより、実質コストを年率0.4%〜程度にすることが可能なので、それほど手数料は気にならないかもしれません。

ウェルスナビの詳細確認・口座申し込み(無料)は、以下の公式ページから行えます。今ならキャンペーンで、口座開設後の入金で最大10万円が貰えます。

申し込み・手続き費用などは無料なので、この機会に、ウェルスナビを始めて見ると良いでしょう。

ウェルスナビ 公式ページ

本サイトでのウェルスナビの評価・解説は、以下の記事をご参照ください。

ウェルスナビの評判は?運用実績をブログで公開
【実績・評判】ウェルスナビのメリット・デメリットは?運用実績も公開! WealthNavi(ウェルスナビ)は、ロボットによる自動運用ができる投資サービスです。 投資資金...
関連記事

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です