最大「5万円分」プレゼント!

楽天銀行への入金はめんどくさい?対処法やATM・ネット取引の注意点は?

楽天銀行 入金 めんどくさい

楽天銀行は、インターネット専業の銀行になるため、入金や振込は、ATMやネット取引を行う必要があります。

そのため、「めんどくさい!」と感じる方もいるかもしれませんが、ネット取引の利便性はもちろん、以下のような「お得なメリット」もあります。

楽天銀行への入金などに関するメリット
  • ATMでの3万円以上の入金は、いつでも手数料無料!
  • 楽天銀行ハッピープログラムで月に最大7回ATM無料!
  • ATMやネット取引で楽天ポイントが貯まる!
  • 楽天マネーブリッジで預金金利が最大0.1%!
サイト管理人

手数料0円はもちろん、最大0.1%の普通預金金利は、かなり大きなメリットです!

特に、楽天銀行と楽天証券の連携「マネーブリッジ」で、普通預金口座のお金も最大0.1%で運用できるのは、大きなメリットです。

そのため、ATMやネット取引に慣れていない方でも、これを機会に楽天銀行を利用してみるのも良いでしょう。

今なら、楽天証券と楽天銀行の同時開設や連携(マネーブリッジ)で、最大3,000円の現金がもらえるので、この機会に楽天証券と合わせて、楽天銀行の口座開設を行いましょう!

\ キャンペーン参加はコチラ /

※口座開設費・維持費無料

※最短5分で口座開設完了

【楽天証券で3,000円もらえるキャンペーン】

楽天証券 楽天銀行 同時開設 デメリット

今なら、楽天証券・楽天銀行のキャンペーンで、最大現金3,000円がもらえます!

口座開設後の連携登録などで、無料(ノーリスク)で最大3,000円がもらえるので、かなりお得です。(2/29まで)

▶︎ キャンペーン詳細を見る

(予算の関係上)予告なく終了する場合もあるので、お早めにどうぞ!

目次

楽天銀行への入金はめんどくさい?

楽天銀行 入金 めんどくさい

楽天銀行は多くのオンラインサービスを提供しているネット銀行ですが、実際の入金が面倒だと感じる方もいらっしゃるでしょう。

特に、従来型の銀行へ慣れ親しんでいる利用者にとって、オンライン専用の取引には戸惑いもあるかもしれません。

しかし、幅広い入金方法が提供されており、それぞれの手順に慣れればスムーズな取引が可能です。

楽天銀行はネット銀行なので店舗や窓口がない!

楽天銀行は店舗や物理的な窓口を持たないネット専業銀行であるため、伝統的な銀行に比べて直接行員との対面サービスは期待できません。

しかし、24時間インターネットを通じて様々な銀行業務が行えるため、場所や時間を選ばずに手続きが可能となっています。

顔を合わせることなく、迅速な取引が行える点は、現代の利用者にとって大きな利点と言えるでしょう。

初めは不便に感じるかもしれませんが、機能性を把握し適切に活用すれば、非常に効率的な銀行サービスを享受できます。

楽天銀行への入金方法①:コンビニなどにあるATMを利用する!

楽天銀行への入金にはコンビニエンスストアや銀行のATMが利用でき、広く分布しているATMネットワークを活用することで、全国どこからでも入金が行えます。

コンビニATMは手数料が発生する場合があるものの、朝早くや夜遅くでも利用できるため、非常に便利です。

入金手順も画面の案内に従って進めるだけで簡単に行えるため、ネット銀行初心者にも優しいシステムとなっています。

これにより、ネット銀行の利用者は時間を問わず、柔軟に入金作業を行うことが可能です。

楽天銀行への入金方法②:インターネットで他行から楽天銀行に振込・入金する!

インターネットバンキングを利用して他の銀行口座から楽天銀行への入金を行う方法は、外出することなく取引が完了するため、多忙な方や外出が難しい方には特に適しています。

他行からの振込はインターネット上で手続きが行え、手数料は各金融機関の規定によりますが、タイミングによっては無料で行えることもあります。

オンライン上であれば、振込手続きも素早く完了し、即時に口座への反映が期待できるのが一般的です。

これにより、楽天銀行への入金方法として、非常に信頼性と便利さが高まっています。

楽天銀行への入金方法③:他行の銀行窓口からも振込できる!

他行の銀行窓口からでも楽天銀行への振込は可能です。

これは特にインターネット環境がない場所にいる時や、オンライン操作に不慣れな方にとって便利な選択肢でしょう。

書類に必要事項を記入し、窓口に提出するだけで対応してもらえます。

ただし、窓口での振込には手数料がかかるケースが多く、また営業時間内に行う必要があるため、時間的な制約を受ける点は考慮する必要があります。

それでありながらも、確実性が求められる場合には重宝される方法です。

楽天銀行への入金はめんどくさい?ATMからの入金と注意点は?

楽天銀行 入金 めんどくさい

楽天銀行に入金を考えているが、いちいち銀行に行くのは大変と感じている人も少なくありません。

しかし、実はATMを使えば手軽に入金作業を行うことができるのです。

ただし、ATMを使用する際には何点か注意すべきポイントがあるため、この記事ではその方法と注意点について詳しく解説しましょう。

全国の約9万台のATMが利用できる!

楽天銀行のキャッシュカードを持っていれば、全国にある約9万台ものATMで入金が可能です。

これにはコンビニエンスストアに設置されているATMも含まれ、多くの場所で楽天銀行への入金手続きができることは大きな利点です。

ただし、ATMによって使用時間や手数料が異なる場合があるため、利用前にはそれぞれの条件を確認する必要があります。

例えば、コンビニのATMは深夜や早朝も使用できる場合が多いですが、手数料が発生する時間帯も存在します。

また、地方銀行や他の金融機関のATMを使用する際にも同様の点に留意する必要があります。

利便性が高い一方で、利用時には各ATMの利用条件をきちんとチェックし、手数料を抑えつつ入金手続きを行いましょう。

楽天銀行と提携している銀行ATMからの入金も可能!

楽天銀行は他の金融機関との提携も進めており、楽天銀行と提携している銀行のATMでも入金が行えます。

この提携によって、楽天銀行専用のATMが近くにない場合でも、手間をかけずに入金ができるというメリットがあります。

ただし、提携銀行のATMを利用する際には、楽天銀行との契約状況に応じて手数料が無料になったり、割引されたりする時間帯を狙うと良いでしょう。

岡山銀行や京都銀行など地方銀行との提携も進んでいるため、地方にお住まいの方でも便利に利用することが可能です。

裏を返せば、提携していない銀行のATMでは入金ができない、もしくは高額な手数料がかかることもあるため、事前に提携先の情報を確認しておくことをおすすめします。

ATMの利用には楽天銀行のキャッシュカードが必要!

楽天銀行へのATMからの入金をするには、楽天銀行のキャッシュカードが必須です。

楽天銀行ではキャッシュカードの発行を行っており、ATM利用の際はこのカードを使って認証を行います。

カードがなければATMでの取引は行えないため、カードの保有は入金手続きにおいて最も基本となる部分です。

さらに、セキュリティ面での注意も必要です。

例えば、キャッシュカードの暗証番号は他人に知られないように管理し、カードの紛失や盗難にあった場合はすぐに楽天銀行に連絡して対応を取るべきです。

ATM操作中に周囲からの視線に注意することや、取引終了後は必ずレシートの処理を行うなど、プライバシー保護にも配慮が求められます。

入金をスムーズかつ安全に行うためにも、キャッシュカードの適切な使用とセキュリティ対策を常に心がけましょう。

楽天銀行への入金はめんどくさい?ATMの手数料は?

楽天銀行 入金 めんどくさい

楽天銀行の口座にはさまざまな方法で入金が可能ですが、その一つがATMです。

しかしATMでの入金には手数料や利用時間の制限があるため、入金手続きが煩わしいと感じる場合もあります。

便利なオンラインバンキングとは異なり、地域によるATMの分布や手数料の違いを知っておくことが重要です。

提携先のATMによって手数料が変わる!

楽天銀行でのATM入金では、提携先のATMを利用する場合、手数料が異なります。

楽天銀行はセブン銀行やローソンATM、ゆうちょ銀行など多数の金融機関と提携しており、それぞれの金融機関のATMを使用する際の手数料は異なります。

一部のコンビニATMでは時間帯によっては手数料無料で利用できることもあるため、入金手数料を節約するには、手数料の規定や時間帯を事前に把握しておく必要があります。

また入金操作手続きも機種によって微妙に異なるため、使用前に操作方法を確認することが肝心です。

入金額によって手数料が変わる/3万円以上なら無料!

楽天銀行へのATMを通じた入金においては、入金する金額によって手数料が変化します。

多くの提携先ATMでは、3万円未満の入金には手数料がかかるものの、3万円以上の場合は手数料無料となるサービスがあります。

この金額制限は、一度の取引に対して適用されるため、大きな金額を入金する際には一回で多めに入れることが賢明です。

手数料を節約しつつ効率良く入金したい場合は、この3万円という金額を意識してATMを利用すると良いでしょう。

楽天銀行のハッピープログラムのランクによって手数料無料回数が変わる!月に最大7回無料!

楽天銀行のユーザーは「ハッピープログラム」というランク制度の恩恵を受けることができます。

このランクはお客様の楽天銀行との取引状況によって決定され、ランクが高くなるほど様々な特典が受けられます。

特に、ATMの手数料無料回数はランクが高いほど多くなり、最高ランクでは月に最大7回まで手数料が不要となります。

日頃から楽天銀行のサービスを積極的に利用することでランクを上げ、手数料の節約に繋げられるため、積極的な利用がおすすめです。

楽天銀行への入金はめんどくさい場合の対処法は?

楽天銀行 入金 めんどくさい

楽天銀行の口座に入金する方法は複数存在しますが、いずれも面倒だと感じるケースがあるでしょう。

しかし、実際には入金手段を適切に選ぶことで、手続きを容易かつ効率的に行えます。

ここでは、特に便利かつ実務的な楽天銀行への入金方法をいくつかご紹介し、それらの手順や利点について詳しく解説します。

楽天銀行への入金・対処法①:他のネット銀行からインターネット経由での入金がラク!

他のネット銀行から楽天銀行へ送金するのは、インターネットを介して手軽かつ迅速に実行できる方法です。

まず、送金元のネット銀行のアカウントにログインし、振込先として楽天銀行の口座情報(口座名義、口座番号等)を入力します。

その後、送金したい金額を指定し、確認画面で情報を確認後に送金手続きを完了させます。

この方法の利点は、外出する必要がなく、PCやスマホから24時間いつでも操作が可能な点です。

手数料は銀行により異なりますが、便利な時間帯やキャンペーンを利用すれば、手数料を節約することもできます。

楽天銀行への入金・対処法②:ネット銀行に慣れていない人はお得意先の銀行窓口から振り込む手も!

インターネットバンキングが苦手な方や、セキュリティへの不安を感じる方にとっては、身近な銀行の窓口からの振り込みも一つの解決策です。

窓口であれば、銀行員が直接操作を案内やサポートをしてくれるため、誤操作のリスクを減らすことができます。

振込手続きをする際は、楽天銀行口座の情報と入金額を伝えれば、銀行員が対応し、手続きを進めてくれます。

ただし、窓口での振込手数料は一般的に高めであり、営業時間内でないと利用できないため、時間やコストの面では不便さを感じることもあるでしょう。

楽天銀行への入金・対処法③:買い物など外出のついでにATMから入金する!3万円以上の入金なら手数料無料!

楽天銀行への入金をもう一つの方法として、外出ついでにATMでの入金がございます。

楽天銀行は全国各地の提携ATMを利用することができ、特にコンビニエンスストア内のATMなど、日常生活の場で手軽に見つかります。

3万円以上の入金であれば、手数料は無料となるケースが多く、費用の節約にも連動します。

ATMの画面指示に従って操作し、現金を入金口に投入すれば処理は完了です。

利便性と時間帯の柔軟性がこの方法のポイントであり、買い物の途中や仕事帰りに簡単に入金が行えます。

楽天銀行への入金はめんどくさい?まとめ:ATMの入出金や対処法は?

以上、楽天銀行への入金についての対処法や注意点についてご紹介しました。

結論として、楽天銀行への入金はコンビニのATMを使用する方法が便利であり、手数料を無料にするためには一定の条件を満たす必要があります。

また、ネット取引を利用する際にはセキュリティに注意し、正確な情報入力とパスワードの管理を行うことが重要です。

まず、楽天銀行への入金にはコンビニのATMを利用する方法がおすすめです。

提携しているコンビニのATMを使用することで、手軽に入金が可能です。

ただし、手数料を無料にするためには楽天銀行のキャッシュカードを使用し、提携先のATMから3万円以上の入金を行う必要があります。

この条件をクリアすることで手数料を節約することができます。

また、ネット取引を利用する際にはセキュリティに注意が必要です。

楽天銀行の公式ウェブサイトやアプリを利用する際には、正確な情報入力を行うことが重要です。

また、パスワードの管理にも注意し、他人に知られないようにすることが大切です。

セキュリティを確保することで、安心してネット取引を行うことができます。

楽天銀行への入金がめんどくさい場合には、上記の対処法を活用してください。

コンビニのATMを利用することやネット取引のセキュリティに気をつけることで、スムーズに入金を行うことができます。

楽天銀行を利用する際には、これらの注意点を守りながら便利なサービスを活用しましょう。

関連ページ:SBI新生銀行と住信SBIネット銀行の違いは?どっち?SBI証券NISA(つみたて)なら?

楽天銀行への入金めんどくさい?よくある質問

楽天銀行のデメリットやメリット、口コミ・評判は?

楽天銀行は、その利便性や魅力的な特典により、多くの利用者から支持を集めています。

しかし、楽天銀行の評判を知ることは、実際に利用する上で重要な要素となります。

そこで、以下の関連ページでは筆者自身が楽天銀行を11年間利用してきた経験をもとに、楽天銀行の評判や口コミ、デメリット、メリットについて客観的に評価していきます。

普通預金金利や手数料、楽天ポイントなどの特典についても詳しく解説します。

また、他のネット銀行との比較や注意点についても述べ、読者の方々にとって有益な情報を提供します。

関連ページ:楽天銀行の評判は?デメリットやメリット、口コミを11年の体験で評価!

楽天証券の引き落とし方法でおすすめは?

楽天証券は、多くの投資家にとって魅力的な証券会社です。

その中でも、引き落とし方法の選択肢の多さが特徴的です。

以下の関連ページでは、楽天証券でおすすめの引き落とし方法について詳しく解説します。

特に注目されるのは、「マネーブリッジ」と「クレジットカード決済」という二つの方法です。

それぞれのメリットやデメリット、利便性を比較し、どちらを選ぶべきかを考察していきます。

自分の投資スタイルや目的によって、よりお得な方法を選ぶことができるでしょう。

楽天証券での資産運用をより効果的にするために、ぜひ本記事を参考にしてください。

関連ページ:楽天証券の引き落とし方法でおすすめは?マネーブリッジとカード決済はどっち?

楽天銀行へ給与振込するデメリットは?

給与振込先として楽天銀行を選ぶことには、一定のデメリットや注意点が存在します。

例えば、他行への振込手数料やATMでの入出金手数料が無料になるための条件が厳しいことが挙げられます。

楽天経済圏外の取引や、一定の入金額や楽天関連サービスの利用が必要な場合もあり、そのためにはユーザーにとって負担となることもあります。

しかし、一方で楽天銀行を給与振込先に選ぶメリットも存在し、特に一定の条件をクリアできる人にとってはおすすめの選択肢となるかもしれません。

下記の関連ページでは、楽天銀行へ給与振込する際の注意点やメリット、おすすめできる人を詳しく解説していきます。

関連ページ:楽天銀行へ給与振込するデメリットは?注意点やメリット、おすすめできる人は?

楽天銀行の入金を100万円コンビニでできる?

楽天銀行の口座に入金をする際、コンビニのATMを利用したいと考えている方も多いことでしょう。

しかし、一度に入金できる金額には制限があり、100万円といった大きな金額を入金するのは一筋縄ではいかない場合もあります。

下の関連記事では、楽天銀行の入金をコンビニで100万円する方法や、ファミリーマートやセブン銀行ATMでの振込・手数料について詳しく解説します。

さらに、楽天銀行が利用できるコンビニのATM一覧や、入金手続きのポイントについても詳細にご紹介しますので、ぜひ参考にしてください。

関連ページ:楽天銀行の入金をコンビニで100万円できる?ファミマやセブン銀行ATMの振込・手数料は?

楽天銀行 入金 めんどくさい

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

橘 龍馬のアバター 橘 龍馬 サイト管理人

投資歴7年、30代3児の父。理学博士。
投資・節約の専門メディア「マネーの研究室」のサイト管理人。
インスタ・Twitterも更新!

【サイト利用時の注意点・免責事項】

 

掲載の情報は、信頼するに足ると信じる情報に基づいて作成したものですが、当サイトのデータの正確性は保証されていませんので、ご注意下さい。

本サイトの情報等を用いて行う行為に関して、その責任は全て利用者自身に帰属します。万一、利用者が何らかの損害を被った場合、その損害に関して当サイト管理者および情報を提供している第三者は一切の責任を負うものではありません。

本サイトは投資家・金融サービス利用者への情報提供を目的としており、証券・FXに関する契約締結の代理、媒介、斡旋、売買推奨、投資勧誘等を行うものではありません。

また、当ブログに記載の仮想通貨は暗号資産のことを指します。

目次