最大「5万円分」プレゼント!

楽天証券の入金方法でおすすめは?3つの入金方法・自動引き落とし方法は?

楽天証券 入金方法 おすすめ

本記事では、楽天証券の入金方法について詳しく解説し、それぞれのメリットや手順、さらに、自動引き落とし方法についても取り上げ、便利な使い方や注意点についても解説していきます。

サイト管理人

楽天証券の入金に関する情報を総合的に把握し、スムーズな取引を実現する手助けになれば幸いです。

楽天証券を始めとする証券会社は、口座を開設しただけではまだ証券口座にお金が入っていないため、入金手続きを行う必要があります。

楽天証券の場合、主に、以下のような入金方法が提供されています。

スクロールできます
入金方法内容・メリットデメリット
らくらく入金普通預金金利が最大0.1%にアップする!
自動入出金(預り金自動スイープ)ができる!
楽天ハッピープログラムや投資あんしんサービスも利用できる!
マネーブリッジが必要
楽天銀行のみ
リアルタイム入金楽天銀行以外の提携銀行からいつでもネットで入金可能!
土日祝日も含めて原則24時間、振込手数料無料で入金可能!
提携銀行の登録に手間がかかる
振込入金全国の銀行・金融機関から入金できる!
銀行窓口やATMからでも入金できる!
金融機関ごとに振込手数料が発生する!
振込から楽天証券に反映されるまで時間がかかる!
楽天証券の積立引き落とし方法

最もおすすめの入金方法は、らくらく入金です。

楽天証券と楽天銀行の口座連携「マネーブリッジ」が必要ですが、このマネーブリッジを行うことで、楽天銀行の普通預金金利が通常の5倍「最大0.1%」になります。

サイト管理人

メガバンクの金利が0.001%に張り付く低金利時代の中、100倍の「0.1%」の金利は、かなり大きなメリットですね!

楽天マネーブリッジを行えば、楽天銀行に高金利でお金を預け入れしつつ、必要になった際に、即座に楽天証券に入金できます。

今なら、楽天証券と楽天銀行の同時開設やマネーブリッジ・入金で、最大3,000円がもらえるので、この機会に口座開設を行い「マネーブリッジ」しましょう!

\ キャンペーン参加はコチラ /

※口座開設費・維持費無料

※最短5分で口座開設完了

【楽天証券で3,000円もらえるキャンペーン】

楽天証券 楽天銀行 同時開設 デメリット

今なら、楽天証券・楽天銀行のキャンペーンで、最大現金3,000円がもらえます!

口座開設後の連携登録などで、無料(ノーリスク)で最大3,000円がもらえるので、かなりお得です。(2/29まで)

▶︎ キャンペーン詳細を見る

(予算の関係上)予告なく終了する場合もあるので、お早めにどうぞ!

目次

楽天証券の入金方法おすすめ①:らくらく入金

楽天証券 入金方法 おすすめ

楽天証券に資金を供給するための最適な方法の一つが「らくらく入金」です。

このシステムを通じて、取引口座への入金手続きが簡単かつ迅速に実施できます。

楽天証券での投資活動をよりスムーズに進めるためにも、らくらく入金の利点や操作方法について詳しく解説していきましょう。

らくらく入金の利用には楽天証券と楽天銀行の連携「マネーブリッジ」が必須!

らくらく入金を使用するためには、楽天証券と楽天銀行が提供するマネーブリッジサービスへの登録が不可欠です。

マネーブリッジを利用すると、楽天銀行の口座と楽天証券の取引口座が連動し、資金の移動が圧倒的に便利になります。

振込手数料が無料で、取引の機会を逃さずに済むだけでなく、24時間365日、リアルタイムでの入金が可能となり、投資のタイミングを優位に進めることができます。

楽天マネーブリッジのメリット①:普通預金金利が最大0.1%にアップする!

楽天マネーブリッジの大きな特典の一つは、普通預金の金利が通常よりも高くなる点です。

連携することで、金利が最大0.1%にアップし、通常の銀行口座に比べてお得に資金を運用することができます。

資産の増加に直結するこの金利アップは、投資意外の収入源としても非常に魅力的な点です。

楽天マネーブリッジのメリット②:自動入出金(預り金自動スイープ)ができる!

楽天マネーブリッジでは、預り金自動スイープ機能により、余った資金が自動的に楽天銀行口座へ移動します。

逆に、楽天証券の口座が必要としている際には、楽天銀行口座から自動で資金が補填されます。

このシステムにより、常に最適な資金状況を保持できるため、手動での資金移動の手間が省けます。

楽天マネーブリッジのメリット③:楽天ハッピープログラムや投資あんしんサービスも利用できる!

マネーブリッジの連携は、楽天ハッピープログラムや投資あんしんサービスを利用可能にします。

これらのサービスを通じて、楽天ポイントが貯まりやすくなったり、万が一の資産価値低下に対する保証制度を利用することも可能です。

投資だけでなく、日常生活における購入やサービス利用においても、より豊かなリターンが期待できるでしょう。

らくらく入金の注意点・デメリット/らくらく入金が利用できるのは楽天銀行のみ!

注意すべき点として、らくらく入金は楽天銀行でのみ利用可能なサービスです。

そのため、他の金融機関の口座を主に使用している場合は、事前に楽天銀行での口座開設が必要になります。

また、マネーブリッジの登録にも時間がかかる場合があるため、スムーズな取引を望むなら事前の準備を忘れないようにしましょう。

らくらく入金の手順・やり方

らくらく入金の手順は非常にシンプルです。まず楽天銀行へログインし、トップページから「楽天証券口座へ入金」を選択。

入金したい金額と取引口座を指定した後、リアルタイムでの入金が完了します。

24時間いつでも手軽に入金が可能なため、投資機会に迅速に対応することが可能です。

手数料無料で利用できるため、コスト面でも有利であると言えるでしょう。

楽天証券の入金方法おすすめ②:リアルタイム入金

楽天証券 入金方法 おすすめ

楽天証券のリアルタイム入金は、提携している銀行口座を利用して素早く資金を投資口座に移動させることができる方法です。

取引機会を逃がさないためにも、迅速な資金移動が求められる場合に特に便利な機能。

このサービスにより、利用者は24時間いつでも手軽に入金が行えるため、投資のチャンスを活かすことが可能になります。

楽天証券リアルタイム入金のメリット①:楽天銀行以外の提携銀行からいつでもインターネットで入金可能!

リアルタイム入金の大きな魅力は、楽天銀行の口座を持たないユーザーでも、他の提携銀行口座から容易に入金操作ができる点にあります。

利用可能な銀行は多数あり、オンラインバンキングを通じた手続きによりリアルタイムで資金が楽天証券の口座に反映されます。

平日のみならず夜間や休日に急な資金移動が必要な場合でも、手元のコンピューターやスマートフォンから数分で入金が完了。

投資判断に迅速に対応できるのが大きな利点です。

楽天証券リアルタイム入金のメリット②:土日祝日も含めて原則24時間、振込手数料無料で入金できる!

リアルタイム入金を使うと、週末や祝日も含めて24時間いつでもコストを気にせずに資金を動かせるのが優れた点です。

多くの投資家は市場が動いていない時間を利用して取引準備を行いますが、このサービスならばその準備に最適な環境が提供されます。

振込手数料が無料なので、小額入金でも追加コストが発生せず、資金の有効活用が期待できます。

投資機会が拡大するこのシステムは、特に積極的なトレードを行う人には重要な機能となるでしょう。

楽天証券のらくらく入金とリアルタイム入金の違い

「らくらく入金」と「リアルタイム入金」は楽天証券が提供する二つの入金サービスですが、その機能には明確な違いがあります。

らくらく入金は楽天銀行の口座を持つユーザーが楽天証券の口座へ資金を移す際のシステムです。

一方、リアルタイム入金は楽天銀行を含む複数の提携銀行を使用し、すぐに資金を投資口座へ送金できるサービス。

両者の違いを正しく理解し、自身のニーズに合った入金方法を選択することが重要です。

リアルタイム入金の注意点・デメリット/提携金融機関のログイン情報などの登録に手間がかかる

リアルタイム入金では提携金融機関のログイン情報の登録が必要になり、このプロセスはいくつかの手順を踏む必要があります。

初めて利用する場合、ログイン情報の設定や確認作業に時間がかかることがあり、一部ユーザーにとっては少々面倒に感じられるかもしれません。

セキュリティ確保のためにはこのステップが不可欠ですが、操作に不慣れな方はサポートを利用するなどして対応すると良いでしょう。

楽天証券リアルタイム入金の使い方・手順

リアルタイム入金を活用するための手順はシンプルです。

まず、楽天証券のウェブサイトやアプリケーションにログインし、「入出金」メニューから「リアルタイム入金」を選択します。

次に、登録済みの金融機関を選び、入金額を決定します。最後に、金融機関のオンラインバンキングにログインし、指示に従い操作を完了させれば、資金がリアルタイムで投資口座に反映されます。

初めての利用ではガイドが用意されているため、それに沿って進めれば簡単に入金が可能です。

楽天証券の入金方法おすすめ③:振込入金

楽天証券 入金方法 おすすめ

楽天証券への資金管理に振込入金は非常に便利です。

振込入金は簡単で、楽天銀行以外の金融機関を使っていても楽天証券の口座に資金を供給できます。

この方法は特に、楽天銀行の口座を持たない投資家にとっては重宝するでしょう。

振込にかかる時間や手数料、そのメリットとデメリットを理解することで、資金管理をスムーズに行えます。

振込入金のメリット①:全国の銀行・金融機関から入金できる!

振込入金の一番の利点はその普遍性にあります。全国どこからでも、どの銀行口座からでも楽天証券へ入金することが可能です。

これは特に地方銀行や信用金庫を利用している投資家にメリットが大きいです。

面倒な口座開設をせずとも、既存の銀行口座を活用して、すぐに投資を開始できるのは非常に便利な点です。

振込入金のメリット②:銀行窓口やATMからでも入金できる!

振込入金は、インターネットバンキングだけでなく、銀行の窓口やATMを利用しても行えます。

いわば24時間いつでも資金を動かせる柔軟性を備えています。

忙しい日中時間が取れない方でも、銀行が閉まった後のATMや、土日の休日でも入金手続きを行うことができます。

突然の投資チャンスにも迅速に対応可能というわけです。

振込入金の注意点・デメリット①:金融機関ごとの所定の振込手数料が発生する!

振込入金の際には、送金する金融機関によって、所定の振込手数料が必要となります。

この手数料は、毎回の入金ごとに発生するため、頻繁な取引を行う投資家にとってはコストがかさむ可能性があります。

また、手数料は金融機関によって異なり、一定額ではないため、事前に確認しておく必要があります。

振込入金の注意点・デメリット②:振込から楽天証券に反映されるまでタイムラグがある!

振込入金を行った後、実際に楽天証券の口座に反映されるまでには時間がかかります。

特に他行からの振込の場合、即時反映されないことが一般的です。

このタイムラグは投資において大きなリスクとなり得るため、入金のタイミングは慎重に選ぶべきです。

緊急の投資機会を逃さないためにも、余裕を持った資金管理が求められます。

楽天証券で振込入金を行う方法・やり方

楽天証券への振込入金は難しい手続きを必要としません。

まず、ご自身の銀行口座から楽天証券指定の口座へ送金するだけです。

具体的なステップは、楽天証券の口座番号、支店名、受取人名を確認し、それらを使って銀行で振込を行うことです。

振込完了後、トレードシステムの入金情報で確認ができるようになります。

手数料を節約するには、楽天銀行からの振込が有効です。

しかし、楽天銀行以外の口座から振込を行う際は、手数料の発生や入金までのタイムラグに注意することが肝心です。

【楽天証券の入金方法】積立なら自動引き落としもオススメ!

楽天証券 入金方法 おすすめ

楽天証券では、投資信託の積立を行う際に、さまざまな入金方法が用意されています。

特に便利なのが自動引き落としです。

確実な資産形成を目指す方にとって、毎月一定額を自動で引き落とす方法は、リッチな将来に向けて安定した投資を続ける手助けとなります。

以下に、主要な自動引き落とし方法について詳細を説明します。

投信積立の自動引き落とし①:楽天カード(クレジット決済)

楽天証券での投信積立には、楽天カードを使用したクレジット決済が可能です。

この方法では毎月指定した日に、積立額が楽天カードに登録されたクレジットカードから自動的に引き落とされます。

さらに楽天カードならば、利用金額に応じて楽天ポイントが貯まるため、お得に積立を行うことができます。

ただし、クレジット決済の利用にはカードによって設定されている利用枠内であることが必要であり、またクレジット会社によっては対応していない場合もあるため、利用前に確認が重要です。

投信積立の自動引き落とし②:楽天キャッシュ決済

楽天キャッシュを用いた決済方法も、楽天証券の投信積立において活用できます。

楽天キャッシュは、楽天市場や楽天ブックスといった楽天グループ各社で利用可能なデジタルマネーであり、楽天ポイントを楽天キャッシュに交換することで積立資金とすることができます。

楽天キャッシュを投信積立の決済方法として設定することにより、積立日に自動で楽天キャッシュが口座から引き落とされ、投資信託の購入資金として活用されます。

この方法は、ポイントを有効活用しながら資産形成を行いたい方に最適です。

投信積立の自動引き落とし③:楽天マネーブリッジで証券口座から引き落とし

楽天マネーブリッジは、楽天銀行の口座と楽天証券の口座を連携させることで、投資資金の自動移動を可能にするサービスです。

このサービスを利用して投信積立を行う場合、楽天証券の口座に事前に入金する必要がなくなり、楽天銀行口座にある資金が積立日に自動で証券口座へと移動します。

利便性が高く、銀行口座の資金を直接投資に振り向けることができるため、資金管理が一層しやすくなります。

また、楽天銀行と楽天証券間の資金移動手数料が無料なため、コストを抑えて投資継続が可能です。

楽天証券の入金方法【まとめ】おすすめは?

以上、楽天証券の入金方法についておすすめの3つの方法と自動引き落としについて紹介しました。

まず、おすすめの1つ目は「らくらく入金」です。楽天銀行とマネーブリッジをすることで、お金の入金がスムーズに行えます。

手続きも簡単で、振込手数料も無料ですので、利用者にとって便利な方法と言えます。

2つ目のおすすめは「リアルタイム入金」です。

この方法では、主要な銀行からネットを通じて24時間いつでも入金が可能です。

即時に入金が反映されるため、急な取引にも対応できます。

ただし、一部の銀行では手数料がかかる場合があるので、事前に確認しておくことが重要です。

3つ目のおすすめは「振込入金」です。全国の銀行から振込をすることで入金ができます。

他の銀行口座をお持ちの方や、郵便局の口座をお持ちの方でも利用できるので、幅広い方におすすめです。

ただし、振込手数料がかかる場合があるため、注意が必要です。

さらに、楽天証券では積立投資の場合、自動引き落としもおすすめの方法です。楽天カードや既存の銀行口座を利用することで、入金手続きをする必要がなくなります。

定期的に一定額を投資する場合や、忘れずに投資を続けたい方にとって便利な方法と言えます。

これらの入金方法や自動引き落としを上手に活用することで、楽天証券での取引がスムーズかつ効率的に行えます。

利用者のニーズや状況に合わせて最適な方法を選ぶことが重要です。

入金手続きの面倒さを解消し、気軽に投資を始めることができるでしょう。

楽天証券を活用して、資産運用を始めましょう。

関連ページ:SBI新生銀行と住信SBIネット銀行の違いは?どっち?SBI証券NISA(つみたて)なら?

楽天証券の入金方法おすすめ「よくある質問」

楽天証券のクレジット決済でデメリットは?

投資においてクレジットカード決済を利用することは、楽天証券のユーザーにとって便利な選択肢となっています。

楽天カードを使って投資を始めることで、ポイントが還元されるなどのメリットを享受することができます。

しかし、クレジットカード決済にはデメリットも存在しています。

そこで、以下の関連ページでは、楽天証券におけるクレジット決済のメリットやデメリットについて詳しく解説します。

また、クレジットカードを利用した投資の具体的なやり方についても紹介します。

投資を考えている方や既に楽天証券を利用している方にとって、参考になる情報を提供します。

関連ページ:【楽天証券】クレジット決済のデメリットは?楽天カード投資のメリット・やり方は?

楽天証券の引き落とし方法でおすすめは?

投資を始める際、楽天証券の引き落とし方法が気になりますよね。

具体的には、マネーブリッジとカード決済の2つの方法がありますが、どちらがおすすめなのでしょうか。

以下の関連ページでは、楽天証券の引き落とし方法について詳しく解説します。

マネーブリッジは自動的に指定した銀行口座から引き落としを行う方法であり、定期的な積立投資に適しています。

一方、カード決済はクレジットカードを利用しての引き落とし方法であり、手続きが簡単で即時の投資が可能です。

どちらの方法が自分にとって適しているのか、メリットとデメリットを比較しながら考えてみましょう。

関連ページ:楽天証券の引き落とし方法でおすすめは?マネーブリッジとカード決済はどっち?

楽天銀行への入金はめんどくさい?

インターネットの普及に伴い、楽天銀行などのネット銀行がますます人気を集めています。

しかし、楽天銀行への入金が手間やめんどくささを感じることがあるかもしれません。

下の関連記事では、楽天銀行への入金がめんどくさい場合の対処法や、ATMやネット取引の注意点について詳しく解説します。

楽天銀行の利用方法や手数料、入出金手続きのステップをわかりやすく解説し、楽天銀行をより便利に活用するためのヒントをお伝えします。

楽天銀行に関心を持っている方や、既に利用している方にとって役立つ情報をご紹介します。

関連ページ:楽天銀行への入金はめんどくさい?対処法やATM・ネット取引の注意点は?

楽天証券で楽天カード以外の積立は?

楽天証券での投資は、楽天カードによる決済だけでなく、他の方法でも可能です。

下記の関連ページでは、楽天カード以外での新NISAや投資信託の積立方法について探求していきます。

具体的には、楽天マネーブリッジを活用した証券口座の預り金からの引き落とし方法、楽天キャッシュ決済を利用した積立方法、そして楽天銀行以外の金融機関からの引き落とし方法の3つを解説します。

これにより、楽天カード以外の利用者でも柔軟な投資方法を選択することができるでしょう。

さらに、新NISA(つみたて投資枠)についても詳しく解説し、楽天証券での投資について理解を深めていきましょう。

関連ページ:【楽天証券】楽天カード以外で新NISAや投資信託の積立できる?3つの方法

楽天証券自動スイープ(マネーブリッジ) デメリットは?

楽天証券マネーブリッジは、預金金利が年0.1%(税引き前)であるため、多くのユーザーにとって魅力的なサービスとなっています。

しかし、利用する際にはいくつかのデメリットにも注意が必要です。

特別金利の適用範囲が限られていることや、自動入出金機能の利用には注意が必要な点が挙げられます。

それでも、マネーブリッジのメリットは大きく、預金金利や楽天ポイントの貯まり方、さらにはキャンペーンの特典も考慮すると、登録することをおすすめします。

以下の関連ページでは、楽天証券マネーブリッジのデメリットについて詳しく解説し、その登録手続きや自動スイープ機能の使い方についてもご紹介します。

関連ページ:マネーブリッジは怖い?3つのデメリット・登録だけ?楽天証券自動スイープのやり方

楽天証券 入金方法 おすすめ

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

橘 龍馬のアバター 橘 龍馬 サイト管理人

投資歴7年、30代3児の父。理学博士。
投資・節約の専門メディア「マネーの研究室」のサイト管理人。
インスタ・Twitterも更新!

【サイト利用時の注意点・免責事項】

 

掲載の情報は、信頼するに足ると信じる情報に基づいて作成したものですが、当サイトのデータの正確性は保証されていませんので、ご注意下さい。

本サイトの情報等を用いて行う行為に関して、その責任は全て利用者自身に帰属します。万一、利用者が何らかの損害を被った場合、その損害に関して当サイト管理者および情報を提供している第三者は一切の責任を負うものではありません。

本サイトは投資家・金融サービス利用者への情報提供を目的としており、証券・FXに関する契約締結の代理、媒介、斡旋、売買推奨、投資勧誘等を行うものではありません。

また、当ブログに記載の仮想通貨は暗号資産のことを指します。

目次