PayPay証券キャンペーンコード

株主優待に必須・おすすめの証券会社【厳選3選+α】手数料・利便性など毎におすすめネット証券を解説

株主優待に必須・おすすめの証券会社【厳選3選+α】手数料・利便性など毎におすすめネット証券を解説

証券会社を選ぶポイントは「株式売買の手数料の安さ」や「使いやすさ」です。また、株主優待を購入する場合、自分にあった「優待銘柄の探しやすさ」も重要なポイントとなります。

本記事では、株主優待に特化したオススメ証券会社を紹介します。株主優待銘柄の探しやすさや手数料の安さ、また「つなぎ売り・クロス取引(上級者向け)」向けのオススメ証券会社についても解説していきます。

サイト管理人

皆様の投資スタイルにあった証券会社をお選びください。

目次

株主優待・株式投資に「必須」の証券会社【3選】

最後に、株主優待投資に必須の証券会社を「手数料の安さ」「優待の探しやすさ」「優待クロス(つなぎ売り)」の3つの観点から紹介して行きます。

特に、手数料は投資家への確実なマイナスリターンとなり、投資パフォーマンスや優待・配当利回りを悪化させるので、手数料の安い(無料)の証券会社を利用しましょう。

株式投資に必須の証券会社【用途別】
サイト管理人

以下、各証券会社について詳しく解説して行きます。

株取引は手数料完全「無料」の「ストリーム」がオススメ!

スマートプラス「STREAM」の特徴・メリット

株主優待など国内株の取引は、手数料完全無料のスマートプラス社の「ストリーム」がオススメです。国内株の取引手数料がいつでも完全無料なので「使わないと損」なレベルです。

スマートプラスは、国内株式の取引に特化したSNSで、情報収集や勉強も行えるので、口座開設を行いSNSに参加するだけでも、かなりのメリットがあります。

ストリームの魅力・メリット
  • 日本初の売買手数料ゼロ(無料)
  • 無料よりもお得な!?SMART取引
  • コミュティ型株取引

スマートプラス「ストリーム」の評判やメリット・デメリットなどの詳細は、以下をご参考ください。

スマートプラス「STREAM」の評判は?手数料無料の株取引アプリのメリット・デメリットを解説

1株から優待が貰える端株優待は「SBIネオモバイル証券」が必須

Tポイントで株式投資が可能なネオモバ

優待銘柄の中には、1株の保有で金券や自社製品、割引券など、お得な優待品が貰える銘柄(端株優待)があります。

かなり、お得な端株優待ですが、100株未満の株を購入できる証券会社は限られており、証券会社を間違えると手数料が割高になってしまいます。

端株優待【2021年】単元未満株で貰える株主優待のオススメは?比較・一覧

優待株を取引する上で重要なポイントは「手数料の安さ」です。手数料は確実なマイナスリターンとなるため、手数料の安い証券会社で取引する事が重要です。

本優待など1株から優待が貰える「単元未満株(端株優待)」の取引が可能な証券会社は、SBIネオモバイル証券SBI証券マネックス証券auカブコム証券の4社です。

端株の売買が可能なネット証券

手数料・比較

各ネット証券の端株の売買手数料は、SBI証券・マネックス証券・カブドットコム証券が取引毎に手数料が発生する料金体系です。

それに対して、SBIネオモバイル証券は、月の取引金額の合計額で手数料が発生する料金体型です(詳細:ネオモバの手数料)。

  • SBI証券・マネックス証券・カブドットコム証券:取引毎に手数料発生
  • SBIネオモバイル証券:月額制

各ネット証券の手数料を比較すると、下表のようになります。ここでの注意点は、SBIネオモバの手数料は「月額制」であるのに対し、他のネット証券の手数料は取引毎に発生する手数料である点です。

証券会社〜5,000円〜1万円〜3万円〜5万円〜10万円〜50万円
SBI証券55円55円165円275円550円2,700円
マネックス証券52円55円165円275円550円2,700円
auカブコム証券52円55円165円275円550円3,564円
岡三オンライン証券220円220円330円660円660円
以降+10万円毎に+660円
3,300円
SBIネオモバイル証券
(ネオモバ)
月額制月額制月額制月額制月の取引合計金額が50万円以下なら
実質16円で取引し放題
月額制
単元未満株(端株)のおすすめ証券会社は?手数料などを比較・解説

端株取引は「SBIネオモバイル証券」が必須!

端株の取引を考えた場合、手数料が圧倒的に安いのは「SBIネオモバイル証券 」です。

毎月50万円の取引まで「216円(税込)」の手数料で売買できますし、ネオモバイル証券では毎月200円相当のTポイントが貰えるため、実質16円で国内株式が取引し放題になります。

他の3社は、取引後に百円程度の手数料がかかるため、端株(単元未満株)の取引は、SBIネオモバイル証券がオススメです。今なら口座開設完了で、Tポイント200円分が貰えます。

→ SBIネオモバイル証券 公式ページ

SBIネオモバイル証券の特徴や利用に置けるメリットは、主に以下の5つが挙げられます。

SBIネオモバイル証券のメリット
  • 1株単位(数百円〜)で株式投資ができる
    → 少額で株式に分散投資が可能
  • 手数料が安い
    → 端株優待の取引にオススメ!
  • Tポイントが毎月貰える
  • Tポイント投資が可能
  • キャンペーンでTポイントが貰える

Tポイントで投資が始められる点や1株から国内株が購入できる点、月額定額制の手数料体型などは、まさに現在のスマホ世代向けの先進的なサービス内容と言えます。

\ 無料口座開設で200円相当 /

カンタン3ステップで口座開設完了!

ネオモバの評判やメリット・デメリットなどの詳しい解説は、以下の記事をご参考ください。

【儲かる?】ネオモバの評判は?2年の運用実績とメリット・デメリットを解説【投資家インタビュー付き】

SBI証券の優待検索ツールが便利

現在、株主優待は1,200社を超える企業(銘柄)が行っています。そのため、自分にあった優待やその権利月を調べることは、非常に大変です。そこで便利なのが「SBI証券の株主優待優待検索ツール」です。

SBI証券 公式ページ

以下の図は、SBI証券の株主優待検索ツールです。優待の種類、権利確定月、最低購入価格、優待利回りなどから銘柄を探すことができます。また、こだわり検索で、PER、PBR、自己資本比率などの条件も加えることができます。

SBI証券の株主優待検索ツール画面
SBI証券の株主優待検索ツール画面

SBI証券の株主優待ツールの解説や使い方などの詳細は、以下の記事をご参考ください。

【SBI証券】優待検索ツールの特徴や操作方法を徹底解説

優待クロス(つなぎ売り)に強いオススメ証券会社

株価変動リスクを軽減し優待投資を行う裏技「優待クロス(つなぎ売り)」を行う場合は、必須の証券会社が変わります。

優待クロスとは?やり方や仕組み、注意点など解説

優待クロスを実践するには、一般信用売建の可能な証券会社が必要になりますが、この一般信用売建は各証券会社によって、取扱数に大きな差があります。

一般信用売建可能な銘柄数が多い証券会社ほど有利になります。

一般信用売建で「優待クロス」が可能なネット証券の取扱銘柄数を比較すると、下表のようになります。

証券会社銘柄数
SMBC日興証券約2,000銘柄
カブドットコム証券約2,400銘柄
SBI証券約2,000銘柄
松井証券約900銘柄
GMOクリック証券約200銘柄
マネックス証券約300銘柄
楽天証券約1,400銘柄
一般信用売りが可能な証券会社の銘柄数

上表からも分かるように、SMBC日興証券とauカブコムの取扱銘柄数がダントツで多いので「優待クロス」を行う場合、この2社は必須となります。

特に、SMBC日興証券は、信用取引の手数料が無料なので、優待投資で使わない手はありません。

SMBC日興証券の詳細確認・口座開設(無料)は、以下の公式ページから行えます。

SMBC日興証券【公式ページ】

また、優待クロス向けの証券会社の比較や選び方、おすすめ等は、以下の記事をご参考ください。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

【サイト利用時の注意点・免責事項】

 

掲載の情報は、信頼するに足ると信じる情報に基づいて作成したものですが、当サイトのデータの正確性は保証されていませんので、ご注意下さい。

本サイトの情報等を用いて行う行為に関して、その責任は全て利用者自身に帰属します。万一、利用者が何らかの損害を被った場合、その損害に関して当サイト管理者および情報を提供している第三者は一切の責任を負うものではありません。

本サイトは投資家・金融サービス利用者への情報提供を目的としており、証券・FXに関する契約締結の代理、媒介、斡旋、売買推奨、投資勧誘等を行うものではありません。

また、当ブログに記載の仮想通貨は暗号資産のことを指します。

目次
閉じる