インデックスファンド

世界経済インデックスファンドの評価は?利回りや手数料(信託報酬)など比較解説

世界経済インデックスファンドとは?利回り・手数料(信託報酬)など評価

世界経済インデックスファンドは、日本を含む全世界の株式・債券市場への投資を目的としたバランスファンドです。各地域のGDPを基に、ファンドの構成比率を決めている点がユニークです。信託報酬が、年率0.50%と低コストである点も魅力の1つです。

本ページでは、世界経済インデックスファンドの特徴や構成銘柄、手数料の評価・解説をするとともに、他のバランスファンドとの比較を行います。

世界経済インデックスファンドの購入は、保有額に応じて毎月ポイントがもらえるSBI証券がオススメです。SBI証券のポイント還元率は、他のネット証券よりも高く、お得です。

SBI証券 公式ページ

世界経済インデックスファンドとは?

世界経済インデックスファンドは、日本を含む全世界(先進国および新興国)の株式市場、また債券市場への投資を目的としたバランスファンドです。本ファンドを利用することで、1つのファンドで、全世界の株式・債券に分散投資することができます。

以下、ファンドの特徴を解説しつつ、手数料やファンド内の構成比、分配金、利回り等々を、1つずつ見ていきます。

ファンドの特徴、GDPベースの構成比

本ファンドのユニークな点は、日本、先進国、新興国の比率をGDP(国内総生産)ベースで決定している点です。セゾン・バンガード・グローバルバランスファンドなど、一般的なファンドは、市場の時価総額で構成比を決定しています。

GDPは株式市場時価総額の成長を先取りしたものとなると言われており、時価総額ウェイトで構成されているファンドよりも、成長の先取りが期待できます。実際、本ファンドは、一般的なバランスファンドと比べて、新興国市場の割合が高めになっています。

ファンドの構成比・ベンチマークなど

早速、本ファンドの基本構成を見ていきます。下表は、本ファンドの各資産の割合です。株式・債券の割合は50%ずつとなっています。

世界経済インデックスファンドの基本構成世界経済インデックスファンドの基本構成
引用:三井住友トラス・アセットマネジメント

[table id=255 column_widths="20%|15%|65%"/]

各資産クラスは、株価指数などのインデックスと同等の投資パフォーマンスを上げるように設計されています。つまり、本ファンドはバランス型のインデックスファンドとなっています。

株式や債券の比重を変えたいという方は、世界経済インデックスファンドシリーズの「株式シフト型」または「債券シフト型」を選ぶと良いでしょう。各ファンドの詳細は、以下をご参照ください。

手数料:信託報酬、購入手数料など

本ファンドの魅力の1つに、投資コストが安い点があります。ファンドの購入手数料は、基準価額の3.0%(税抜)です。しかし、SBI証券などネット証券では無料(ノーロード)になります。

また、保有期間中にかかるコスト(信託報酬)は年率0.50%(税抜)です。(その他諸経費などを含めた実質コストは年率0.65%)です。高コストになりやすい新興国の株式や債券を含んでいながら、低コストを維持しています。

また、本ファンドは、投信マイレージと呼ばれるポイント還元サービスのあるSBI証券で購入・保有することで、さらにお得にファンドを運用できます。最大0.24%(年率)のポイント還元がされるので、ファンドの実質的なコストを下げることができます。

SBI証券の詳細確認・口座開設(無料)は、以下の公式ページから行えます。今なら口座開設キャンペーンで最大10万円がもらえます。(7月31日まで)

SBI証券 公式ページ

また、SBI証券のポイント還元サービスの詳細は、以下をご参照ください。

あわせて読みたい
投信マイレージとは?SBI証券が投資信託(ファンド)を保有するのに一番おトクな秘密
投信マイレージとは?SBI証券が投資信託(ファンド)を保有するのに一番おトクな秘密SBI証券では、投資信託の保有時にポイント還元を行う「投信マイレージ」サービスがあります。投資信託の保有額に応じて毎月ポイントがもらえる...

国別構成比

次に、本ファンドの国別構成比をチェックしてみます。直近の運用会社のデータによれば、以下のような構成比となっています。アメリカや日本の比率が高いものの、南アフリカやブラジルなどの新興国も組み入れ上位となっています。

[table id=257 /]

通貨別構成比

本ファンドは、海外・外国の資産が入っています、そのため、為替リスクをとるため通貨比も把握しておきましょう。通貨別の構成比は以下のようになっています。比較的信用力の高い米ドル・ユーロなどの構成比が高くなっています。

[table id=258 /]

分配金・利回り

本ファンドの決算は年1回(1月)行われます。各決算期の1万口あたりの分配金は、以下のように推移しています。2016年は0円です。分配金が出てしまうと、分配金への課税分(約20%)投資パフォーマンスが悪化するので、今後もファンド内へ再投資してほしいですね。

[table id=256 /]

長期投資を行う場合、効率的な資産運用のため、分配金が出た場合でもファンドへ再投資することが重要です。SBI証券など証券会社の注文時に「分配金再投資コース」を選ぶことで、自動再投資ができます。

また、これまでの本ファンドのパフォーマンスは、以下のようになっています。ここ1年は円高や世界経済の減速などによりパフォーマンスを悪くなっていますが、中長期(設定以来)では+80%以上のパフォーマンスとなっています。

[table id=529 /]

月次レポート|三井住友トラスト・アセットマネジメント

また、下図は本ファンド(青)とTOPIX(緑)、またセゾン・バンガード・グローバルバランスファンド(赤)の過去10年のパフォーマンスを比較した図です。

[caption id="attachment_3741" align="aligncenter" width="1046"]世界経済インデックスファンドのパフォーマンス【10年間】 世界経済インデックスファンドのパフォーマンス【10年間】
参照:yahoo finance

世界経済インデックスファンドは、設定来10年経っていないので途中からですが、日本株式市場単体(TOPIX)、また時価総額型ファンド「セゾン・バンガード・グローバルバランス」と比べて、高いパフォーマンスとなっています。(将来も同様の結果になる保証はない)

つみたてNISAでも運用可能

世界経済インデックスファンドは、2018年1月からスタートする新たな小額非課税制度「つみたてNISA」でも運用可能です。非課税期間が現行NISAと比べて4倍の20年間となるので、積立を長期投資で行なう方には、嬉しい新制度です。

まとめ・評価

本ファンドの手数料や資産配分などをまとめると以下のようになります。全世界の株式・債券にバランスよく分散投資ができますし、手数料も安いので低コスト分散投資ために良い内容です。GDPベースで構成比が決定されている点もユニークです。

世界経済インデックスファンドのデータ・まとめ

  • 組入資産:国内株式・債券(10%)、先進国株式・債券(55%)、新興国株式・債券(35%)
  • 購入手数料:SBI証券などネット証券で無料(ノーロード)
  • 信託報酬(税抜):年率0.50%(その他諸経費を含む実質コスト:0.65%)
  • 売買単位:1万円から1円単位(SBI証券なら最低100円から積立可能。)
  • 決算:年1回(1月20日、休日の場合、翌営業日)
  • 償還日:無期限(設定日:2009年1月16日)
  • 信託財産留保額:0.1%

おトクな購入先(SBI証券?楽天証券?)

世界経済インデックスファンドは、以下の金融機関で購入可能です。

SBI証券フィデリティ証券楽天証券マネックス証券カブドットコム証券立花証券、静岡銀行、荘内銀行、ソニー銀行、髙木証券、栃木銀行、北海道銀行、みちのく銀行、三井住友信託銀行
参照元:三井住友トラスト・アセットマネジメント

購入手数料は各ネット証券とも無料なので、どこで本ファンドを購入しても差がつきません。しかし、各ネット証券で行われている「ポイント還元プログラム」の違いがあります。

ポイント還元プログラムとは、投資信託(ファンド)の保有額に応じてポイント還元されるサービスです。ポイントは、現金などに交換できるため、ポイント還元率の高いネット証券でファンドを購入することで、お得にファンドを保有することができます。

以下の表は、ネット証券のポイントプログラムの比較を行ったものです。結論から言うと、SBI証券の投信マイレージが還元率が良く利便性が高いと言えます。

証券会社 還元率 特徴
SBI証券 年率0.1%
(最大:年率0.24%)
楽天証券 残高10万円毎に月4ポイント
(最大:年率0.048%)
  • ポイント除外ファンドが少ない
  • 還元率は少ない
マネックス証券 月平均保有額の年率0.08%
(最大:年率0.08%)
  • 低コストのインデックスファンドはポイント除外
カブドットコム証券 月平均保有額100万円につき1ポイント
(最大:年率0.24%)

SBI証券であれば、最大0.24%(年率)のポイント還元が受けられます。条件を満たさない場合でも年率0.1%は確保できます。最大還元率やそれを達成するためのハードルはSBI証券が最も高くなっており、本ファンドを購入する場合、SBI証券がお得になります。

SBI証券公式ページ

SBI証券は、お得な投資信託の他にも、米国株・海外ETFの品揃えが良くコストも業界最安水準です。また、IPOチャレンジポイントPTSなど、様々な独自のメリットがあります。口座開設費・維持費は無料ですので、口座を持っていない方は、この機会に口座を開設してみると良いかもしれません。

SBI証券の特徴

SBI証券
  • 2018年オリコン:ネット証券部門で第1位(3年連続)
  • 投資信託の保有中に高還元ポイントバック!
  • 海外ETF・株式が最安手数料
  • 個人向け国債の購入で現金がもらえる!
  • PTS(夜間取引)など国内株式も充実!
  • 独自のIPO当選システム!(IPOチャレンジポイント)

SBI証券の詳細確認・口座開設(無料)は、以下の公式ページから行えます。今なら口座開設キャンペーンで最大10万円がもらえます。(6月30日まで)

SBI証券公式ページ

SBI証券の評価・解説、キャンペーン情報は、以下の記事をご参照ください。