PayPay証券キャンペーンコード

ソラチカカード(ANA To Me CARD PASMO JCB)はオススメ?メリット・デメリット等を評価・解説

ソラチカカード(ANA To Me CARD PASMO JCB)はオススメ?メリット・デメリット等を評価・解説

ソラチカカード(正式名称:ANA To Me CARD PASMO JCB)は、ANAマイルやポイントを貯めたい方、またパスモ(PASMO)を利用する方に、必見のお得なクレジットカードです。

[box06 title=”ソラチカカードの特徴”]

  • 年会費初年度無料(2年目以降2,160円)
  • マイル・メトロポイントがお得に還元・交換
  • JCBキャンペーンで20%現金還元
  • ソラチカカードキャンペーンで最大19,600マイル

参考:ソラチカカード|公式ページ
[/box06]

マイルやメトロポイントがお得に還元・交換できるだけでなく、ソラチカカードの単独キャンペーンで最大19,600マイル、さらに「JCBキャンペーン」で、利用額の20%キャッシュバックを受ける事ができます。

本記事では、このお得なソラチカカードの特徴やメリット、また利用上の注意点やデメリットについて比較・解説していきます。また、お得なキャンペーン情報についても解説していきます。

目次

ソラチカカードとは?【基礎】

ソラチカカード(正式名称:ANA To Me CARD PASMO JCB)は、JCBがANA・東京メトロと連携して発行するクレジットカードです。

ANAと東京メトロと連携しているため、ショッピングだけでなく、飛行機(ANA便)・電車(東京メトロ)で、お得にポイントが貯まる点が、本カードの特徴です。

手数料|年会費・発行費など

ソラチカカードは、入会・発行費は無料で、年会費(維持費)も初年度無料です。2年目以降は、年会費2,000円(税抜)が発生します。

[jin-fusen3 text=”手数料一覧”]

  • 年会費:初年度無料(2年目以降:2,160円)
    継続ボーナスマイルで実質無料
  • 入会・発行費:無料
  • 事務手続き:無料
  • 解約手数料:無料

2年目以降、年会費2,000円(税抜)が発生するのか!と思う方も多いと思いますが(実際私も始めは思いました)、ソラチカカードは、カードを継続する毎に、毎年1,000マイル(ANA)の継続ボーナスが貰えます。

ANAマイルを貯めると、無料で飛行機に搭乗可能な「特典航空券」が進呈されます。時期や区間にもよりますが、1マイル=2〜5円程度の価値があるため、継続ボーナスで年会費2,000円は取り戻せると考えても良いでしょう。

3種類のポイントが貯まる

ソラチカカードは3つのポイントが貯まる

ソラチカカードでは、お買い物の他に、ANAを利用して飛行機に搭乗すると「ANAマイル」、PASUMO機能で地下鉄(東京メトロ)を利用すると「メトロポイント」と、全部で3種類のポイントが貯まります。

[box06 title=”ソラチカカードで貯まるポイント”]

  • OkidDokiポイント:カードでお買い物
  • ANAマイル:飛行機(ANA便)の利用
  • メトロポイント:PASUMUで東京メトロ利用

[/box06]

さらに、これらの3つのポイントは「相互交換」が可能という特徴があり、全てのポイントを「ANAマイル」にする事もできます。そのため、陸マイラー(飛行機に乗らずにマイルを貯める方)の必須カードとも言われています。

↓↓ キャンペーンで20%還元&ポイント10倍 ↓↓

ソラチカカードのメリット

ソラチカカードの特徴が分かった所で、ソラチカカードに入会・発行するメリットを解説していきます。主に、ソラチカカードには、以下のような魅力・メリットがあります。

[box06 title=”魅力・メリット”]

  • カード継続・フライトでANAマイルがザクザク貯まる
  • ショッピングポイントをマイルに交換可
    (5マイル or 10マイルコース)
  • ANA提携カード限定サービスも
  • メトロポイントの還元率が高い
  • メトロポイントもマイルに交換可能
  • キャンペーンが豪華!
    20%現金還元・高額マイルプレゼント

参考:ソラチカカード|公式ページ
[/box06]

以下、各メリットについて詳しく解説していきます。

カード継続・フライトでANAマイルがザクザク貯まる

ソラチカカードの最大の特徴は、ANAマイルがザクザク貯まる点です。特に、ソラチカカードの継続やANA便の利用時のボーナスマイルで、ANAマイルがどんどん貯まります。

[jin-fusen3 text=”ソラチカカードで貯まる「ANAマイル」”]

カード継続 入会時に1,000マイル、
その後継続する毎に毎年1,000マイル
ボーナスマイル
(ANA便利用)
「区間基本マイレージ × クラス・運賃倍率×10%」
のボーナスマイルが加算

カードを継続する毎に「毎年1,000マイル」貰えるだけでなく、ANA利用に応じて「ボーナスマイル」が貰えるので、家族旅行やビジネス等で、飛行機を利用する方は、持ってくと「お得な」カードです。

高レートでANAマイルに交換可

ソラチカカードでは、上で解説した「継続ボーナス」や「ボーナスマイル」の他にも、カードショッピングで貯まる「OkidDokiポイント」をANAマイルに交換する事で、マイルを貯める事ができます。

[jin-fusen3 text=”交換レート”]

5マイルコース
  • 移行手数料:無料
  • OkiDokiポイント「1pt」→「5マイル」
10マイルコース
  • 移行手数料:年間5,000円(税抜)
  • OkiDokiポイント「1pt」→「10マイル」

5マイルコースは「手数料無料」でANAマイルに交換できるため、ソラチカカードのショッピン利用で貯めたポイントを効率的にANAマイルに交換する事が可能です。

また、ソラチカカードをメインに利用される方であれば、年間手数料5,000円(税抜)を払ってでも「10マイルコース」でANAマイルに交換する事で、効率的にANAマイルを貯める事ができます。

マイルの価値は、利用先や特典航空券の時期や区間によって変わりますが、おおよそ1マイル「2〜5円」の価値があります。

そのため、1マイル2円の価値と考える場合、年間50万円(月4.2万円)以上利用する方は「10マイルコース」を利用するとお得になります。また、1マイル5円の価値とする場合は、年間20万円(月1.7万円)以上利用する方は、同じく「10マイルコース」がお得になります。

[jin-fusen3 text=”1マイルの価値あたりの5・10マイルコースの分かれ目”]

1マイルの
価値
10マイルコースが
お得なカード利用額
2円年間50万円以上
(月4.2万円以上)
3円年間33.3万円以上
(月2.8万円以上)
4円年間25万円以上
(月2.1万円以上)
5円年間20万円以上
(月1.7万円以上)

このように、ソラチカカードであれば、普段のショッピングで貯まるポイントも、高いレートでANAマイルに交換できます。

ANA提携カード限定サービスも

ソラチカカードでは、ANA提携カードとして「マイル」の恩恵を受けるだけでなく、ANAカード限定のサービスを受ける事が可能です。

[box05 title=”ANAカード限定サービス”]

  • ANAカード会員専用運賃で航空券が購入可能
  • ANA国内・海外ツアーが5%割引
  • 機内販売10%割引
  • 空港内店舗「ANA FESTA」で5%割引
  • 家族でマイルを合算できる

[/box05]

特に、ANA便の航空チケットや国内・海外ツアーの割引、機内販売など、ANA便をよく利用される方は、かなりの恩恵を受ける事ができます。

メトロポイントの還元率が高い

ソラチカカードは、交通系ICカードのPASUMOの機能が一体となったクレジットカードなので、飛行機だけでなく、地下鉄(東京メトロ)を利用される方にも、大きなメリットがあります。

ソラチカカード入会後、メトロポイントPlusに申し込めば、1乗車につき5ポイント(休日は15ポイント)貯める事ができます。

さらにメトロポイントPlus加盟店で電子マネー「PASUMO」で決済すると、200円につき1メトロポイントが付与されます(自販機なら100円につき1pt)。

[jin-fusen3 text=”メトロポイントの貯まる方法”]

  • 東京メトロ(1乗車毎):平日5pt、休日15pt
  • メトロポイントPus加盟店:200円毎に1pt
  • 自販機での利用:100円毎に1pt

メトロポイントもマイルに交換可能

ソラチカカードを持っていれば、東京メトロの利用などで貯めた「メトロポイント」を「ANAマイル」にも交換可能です。しかも、90%と高レートでマイルに交換できます。

交換レート 100メトロポイント → 90ANAマイル
月の上限交換ポイント 20,000メトロポイント
(18,000ANAマイル相当)

レートが9割だと減ってしまうと思う方もいるかもしれませんが、ソラチカカードではない他のメトロカードの場合、60%の交換レートとなってしまいます。

また、発行部数が多い楽天カードの場合、楽天ポイントからマイルへの交換はレートが50%になってしまいます。TポイントからANAマイルの交換もレートは50%です。

[jin-fusen3 text=”ANAマイルの交換レート”]

ポイントANAマイルへの交換レード
メトロポイント
(ソラチカカード)
100メトロポイント→90マイル
(90%)
メトロポイント
(その他カード)
100メトロポイント→60マイル
(60%)
楽天ポイント2ポイント→1マイル
(50%)
Tポイント500ポイント→250マイル
(50%)

このように、基本的にANAマイルへの交換レートが悪い中、90%のレートでメトロポイントをマイルに交換可能な「ソラチカカード」は、通勤で東京メトロを利用する方であれば、持っておきたいカードと言えます。

↓↓ キャンペーンで20%還元&ポイント10倍 ↓↓

キャンペーンで「20%現金還元+高額マイル」プレゼント

最後に、個人的にソラチカカードで最大の魅力と感じるのが「キャンペーン」のお得さです。

現在、「新規のカード発行で最大19,600マイルが貰えるキャンペーン」と「スマホ決済(Apple Pay・Google Pay)との連動で支払額の20%がキャッシュバックされるキャンペーン」が開催されています。

どちらも、破格のお得さで、キャンペーン期間中に、カード発行・入会するのがオススメです。

本サイトでのJCB20%還元キャンペーンの詳細は、以下の記事をご参考ください。

https://money-laboratory-ryoma.net/jcb-card-w/#campaign

デメリット・注意点は?

ここまで解説してきたように、かなりお得なソラチカカードですが、何点かデメリット・注意点があります。

[box06 title=”デメリット・注意点”]

  • 年会費が有料
  • フライトボーナスが少なめ
  • 通常ショッピングの還元率が低め

[/box06]

以下、各項目について詳しく解説していきます。

年会費が有料

手数料のところで述べたように、ソラチカカードは、2年目以降、年会費「2,000円(税込)」が係ります。

ただし、継続ボーナス「1,000マイル」が毎年貰えるため、マイルを活用する方であれば、実質無料以上の価値があります。利用方法や時期にもよりますが、1マイルは「2〜5円」の価値があるためです。

フライトボーナスが低め

ソラチカカードは、ショッピング・電車(地下鉄)・飛行機の全てで「ポイント」や「マイル」が貯まる分、マイルだけに特化した他のANAカードと比較すると、フライトボーナスが低めです。

ソラチカカードのボーナスマイルは「区間基本マイレージ × クラス・運賃倍率」の10%分ですが、ANA(VISA・MasterCard)ワイドカードは「25%分」のマイルが付与されます。

ただし、私自身は、JCB20%還元キャンペーンに参加したいため「ソラチカカード」を選びました。また、飛行機にあまり乗らない方、地下鉄(東京メトロ)を利用する方も、同様にソラチカカードの方がメリットが大きいと思います。

通常のショッピング還元率は低め

ソラチカカードは、通常のショッピング還元率は0.5%は、それほど高くありません。そのため、キャンペーン用やPASUMO・飛行機などの専用カードとして利用しましょう。

単純な還元率から見た場合「JCBカードW」がオススメです。年会費無料で還元率が常に1.0%な上、スタバやAmazonなどの店舗で最大11倍のポイント還元率になります。

[box06 title=”魅力・メリット”]

  • ポイント還元率が2倍(いつでも)
  • 年会費・維持費が常に無料
  • JCB優待店でさらに高還元
  • Amazonでポイントが貯まり易い
  • ETCカードも無料

参考:JCBカード|公式ページ
[/box06]

もちろん、JCB20%還元キャンペーンの対象カードでもあります。そのため、私自身、JCBカードWとソラチカカードの両方でキャンペーンに参加予定です。

↓↓ キャンペーンで20%還元&ポイント10倍 ↓↓

JCBカードWの特徴は、以下の記事をご参考ください。

https://money-laboratory-ryoma.net/jcb-card-w/

口コミ・評判

ソラチカカードの口コミ等を調査してみましたが、2019年9月現在、JCBの20%還元キャンペーンの対象カードとして、高額のキャッシュバックを受けられる事に対する喜びのツイートが圧倒的に多くなっています。

キャンペーンによるカード発行者もかなり増えている印象です。

JCB20%還元キャンペーンや対象カードの解説は、以下の記事をご参考ください。

https://money-laboratory-ryoma.net/jcb-card-w/#campaign

まとめ・評価

ここまで解説してきたように、ソラチカカードは、ショッピング・電車(地下鉄)・飛行機(ANA)を利用する方、かなりお得な必須カードと言えます。

[box06 title=”魅力・メリット”]

  • カード継続・フライトでANAマイルがザクザク貯まる
  • ショッピングポイントをマイルに交換可
    (5マイル or 10マイルコース)
  • ANA提携カード限定サービスも
  • メトロポイントの還元率が高い
  • メトロポイントもマイルに交換可能
  • キャンペーンが豪華!
    20%現金還元・高額マイルプレゼント

参考:ソラチカカード|公式ページ
[/box06]

買い物・交通・飛行機で貯まったポイントが高レートで相互交換できる唯一のカードである上、各種お得なキャンペーンの対象カードでもあるため、消費増税分を取り返すため、かなり貢献してくれるクレジットカードと言えます。

また、新規入会キャンペーンで「最大19,600マイル」「20%現金還元」と破格の還元を行なっており、発行・利用しない手は無いキャンペーンと言えます。

実際、私もキャンペーンに参加するために、9月上旬にソラチカカードの申込みを行いました!

↓↓ キャンペーンで20%還元&最大3マイル以上 ↓↓

本サイトでのJCB20%還元キャンペーンの詳細は、以下の記事をご参考ください。

https://money-laboratory-ryoma.net/jcb-card-w/#campaign

[box04 title=”合わせて読みたい【関連記事】”]

[/box04]

ソラチカカード(ANA To Me CARD PASMO JCB)はオススメ?メリット・デメリット等を評価・解説

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

橘 龍馬のアバター 橘 龍馬 サイト管理人

投資歴7年、30代3児の父。理学博士。
投資・節約の専門メディア「マネーの研究室」のサイト管理人。

【サイト利用時の注意点・免責事項】

 

掲載の情報は、信頼するに足ると信じる情報に基づいて作成したものですが、当サイトのデータの正確性は保証されていませんので、ご注意下さい。

本サイトの情報等を用いて行う行為に関して、その責任は全て利用者自身に帰属します。万一、利用者が何らかの損害を被った場合、その損害に関して当サイト管理者および情報を提供している第三者は一切の責任を負うものではありません。

本サイトは投資家・金融サービス利用者への情報提供を目的としており、証券・FXに関する契約締結の代理、媒介、斡旋、売買推奨、投資勧誘等を行うものではありません。

また、当ブログに記載の仮想通貨は暗号資産のことを指します。

目次
閉じる