最大「5万円分」プレゼント!

投資信託の手数料【比較】最安のインデックスファンドや手数料をみるポイントは?

投資信託 手数料 比較

投資信託は、多くの個人投資家にとって長期的な資産形成や資産運用の手段として選ばれていますが、投資信託を選ぶ際には、その手数料も重要な要素となってきます。

そこで、本記事では、投資信託の手数料を比較し、最安のインデックスファンドや手数料を見るポイントについて探求します。

手数料は投資成果に直結するため、適切な選択をするためには手数料の理解が必要不可欠です。

サイト管理人

最安のインデックスファンドや手数料を見るポイントを押さえることで、より効果的な投資信託の選択ができるようになります。

目次

投資信託の手数料を比較する上で重要な5つのコスト

投資信託 手数料 比較

投資信託に関わるコストは複数存在し、それぞれが長期的な投資成果に影響を与えます。

費用比率の低い投資信託を選ぶことで、運用成果を大きく左右するコストを抑えることができるでしょう。

以下では、特に注意すべき5つのコストについて解説します。

投資信託の手数料①:買付時に発生する購入手数料/ノーロードがおすすめ!

購入時手数料は、投資信託を購入する際に一度だけ支払われる費用であり、ファンドの資産総額に一定比率を乗じた額が手数料としてかかります。

例えば、100万円を投資し、手数料率が3%であれば、3万円の購入手数料が発生します。

この手数料は、投資した金額がその分減少するため、最初からマイナススタートとなります。

反対に、ノーロードファンドは購入時手数料がかからないため、このマイナスを回避できます。

購入時手数料は運用成績に直結するため、長期的に見てノーロードファンドが有利と言えるでしょう。

投資信託の手数料②:保有中に発生する信託報酬(運用管理費用)/インデックスファンドが割安!

信託報酬は投資信託を保有している間に毎年発生するコストで、ファンドの運用に関わる費用をカバーするために必要です。

この手数料はファンドの資産総額から日割りで計算され、直接運用成果から差し引かれます。

アクティブファンドでは1%以上かかることが一般的ですが、インデックスファンドの場合は信託報酬が低い傾向にあります。

運用コストが低いほど、運用成果が減少するリスクが低くなるため、特に長期間保有する予定のある投資家には、信託報酬が低いファンド選びが肝心です。

投資信託の手数料③:売却時に係る信託財産留保額/無料のインデックスファンドが多い!

投資信託を売却する際にかかる信託財産留保額は、ファンドが保有する財産の一部を売却時に手数料として差し引くものです。

このコストは、ファンドによっては無料、つまり発生しないことも多いのですが、特に中小型のファンドや海外ファンドにおいてみられることがあります。

売却時のコストも投資のリターンに直接影響を与えるため、可能な限り留保額の少ないファンド、または無料のファンドを選択するのが適切です。

インデックスファンドは費用が低く設定されていることが多く、中でも留保額が無料のものも多いので、売却時のコストを抑えることが可能です。

投資信託の手数料④:売買委託手数料や監査報酬などを含む実質コスト

売買委託手数料は、ファンドが銘柄の売買を行う際に証券会社に支払う手数料であり、ファンドの運用に直接影響します。

監査報酬は、ファンドの財産を監査する際に外部の監査法人へ支払われる費用です。

これらの支出は運用成果から差し引かれるため、投資者の収益を直接圧迫することになります。

これ以外にも、ファンドの広告宣伝費や、運用会社への貸付金利息なども実質的なコストとして考慮する必要があります。

投資信託の選択時には、表示されている信託報酬だけでなく、これら実質コストにも着目し、総合的に判断することが重要です。

販売会社や拠点国によってもコスト構造が異なるため、商品選定に際しては慎重に情報収集を行い、隠れたコストにも注意を払うことが長期的な運用成果の向上につながるでしょう。

手数料の安い投資信託を選ぶポイントは?

投資信託 手数料 比較

手数料が安い投資信託を選ぶことは、長期的な資産形成の観点から非常に重要です。

手数料が低ければ低いほど、その分資産の運用効率が向上し、長期にわたって大きなリターンが期待できます。

しかし、手数料には様々な種類があり、注意深くチェックしなければなりません。

ここでは手数料の低い投資信託を選ぶための主なポイントについて、効率的な投資のための知見を提供します。

手数料の安い投資信託の選び方①:購入手数料0円のノーロード投信を選ぶ!

投資信託を選ぶ際にまず注目すべきは購入手数料です。購入手数料とは、投資信託を買い入れる際に支払う手数料のことで、この手数料が0円である「ノーロード投信」を選ぶことがコストを抑える第一歩です。

ノーロード投信は投信選びの初心者にも分かりやすく、コスト面で有利なため、長期投資において非常に人気があります。

しかし、購入手数料が0円であることに安心してはいけません。

中には高い運用管理費(信託報酬)を取るノーロード投信もあるため、購入手数料以外のコストにも目を配る必要があります。

また、ノーロードであっても解約時に手数料がかかるケースもあるので、購入だけでなく売却時の手数料についても確認が必要です。

手数料の安い投資信託の選び方②:信託報酬の安いインデックスファンドを選ぶ!

信託報酬とは、投資信託会社が運用を行うための管理費用であり、投資家の資産から毎年定率で引かれます。

この信託報酬が低ければ、運用にかかるコストを抑えることができます。

特に、市場の指数に連動するパフォーマンスを目指すインデックスファンドは、信託報酬が安い傾向にあり、コストを意識した投資が行えます。

信託報酬の安いインデックスファンドを選ぶことは、少ないコストで市場平均のリターンを狙う効率的な投資戦略です。

また、運用成績が良いアクティブファンドと比較しても、長期的な視点で見れば低コストなインデックスファンドが優れている場合が多いのです。

このため、信託報酬が低く抑えられたインデックスファンドは、コストを意識する投資家にとって魅力的な選択肢と言えるでしょう。

手数料の安い投資信託の選び方③:実質コストも吟味してインデックスファンドを選ぶ!

信託報酬だけではなく、実質コストも大切です。実質コストとは、信託報酬の他に運用に伴う費用のことで、中には目に見えにくいコストも含まれます。

例えば、取引コストや流動性コストがそれに該当します。これらのコストはパフォーマンスに直接影響を及ぼすため、評価時には注意が必要です。

インデックスファンドを選ぶ際、単に信託報酬が低いことだけでなく、運用経費率(TER:Total Expense Ratio)を含めた実質コストを考慮することが重要です。

TERは投資信託の実質的なコストを示す指標であり、これが低ければ長期的な運用でのコスト負担を減らすことができます。

また、投資信託の情報を公開しているデータベースや金融商品の比較サイトを活用し、実質コストを含めた全体的な投資コストを比較することで、より適切な投資信託選びを行うことができるでしょう。

投資信託の手数料比較/全世界株式や米国株式など資産クラス別に

投資信託 手数料 比較

投資信託を選ぶ際には手数料の比較が重要です。

全世界株式や米国株式をはじめとした各資産クラスにおいて、信託報酬や実質コストの低い商品を選択することで、長期的なリターンを改善する可能性が高まります。

この章では、資産クラス別に投資信託の手数料を比較し、その詳細を解説します。

全世界株式インデックスファンドの手数料(信託報酬・実質コスト)比較

多くの全世界株式インデックスファンドが提供されていますが、それぞれ信託報酬や実質コストで大きな違いがあります。

例えば、長期投資で利用される低コストのインデックスファンドでは、信託報酬が年間0.1%以下のものも存在します。

しかし、運用実績やファンドサイズ、流動性など他の要素も考慮する必要があります。

本セクションでは、複数の全世界株式インデックスファンドをピックアップし、それぞれの信託報酬と実質コストを比較し、どのように投資信託を選定すべきかを検討します。

米国株式インデックスファンドの手数料(信託報酬・実質コスト)比較

米国株式市場への投資を目的としたインデックスファンドは多数存在し、その手数料も様々です。

特に、大手アセットマネジメント会社が手掛けるファンドでは、信託報酬が非常に低い商品もあれば、より高い実質コストを抱える商品も見受けられます。

また、税金の優遇を受けることができるNISA口座やつみたてNISA口座での取扱い状況なども留意する必要があるでしょう。

このセクションでは米国株式インデックスファンドの手数料を徹底比較し、投資家が適切なファンド選択を行うための情報を提供します。

先進国株式インデックスファンドの手数料(信託報酬・実質コスト)比較

先進国株式に投資するインデックスファンドは、グローバルな分散投資を求める人々に人気です。

これらのファンドは、投資対象国の選定や組み入れる指数によっても手数料が異なってきます。

長期にわたってコストを低く抑えることは資産形成において重要であり、投資期間や目標リターンを考慮した上で、なるべく信託報酬が低いファンドを選ぶのが賢明です。

ここでは、先進国株式インデックスファンドの信託報酬と実質コストを徹底的に比較し、その選択肢について詳しく見ていきます。

新興国株式インデックスファンドの手数料(信託報酬・実質コスト)比較

新興国株式市場は、高成長を予想される分、多くの投資家にとって魅力的な投資対象です。

しかし、高いリターンを求める反面、通常先進国株式に比べて手数料が高く設定される場合が多いです。

これが長期間にわたる投資でコスト負担になるため、より低い信託報酬や実質コストのファンドを選択することが大切になります。

この章では新興国株式インデックスファンド間の手数料比較を行い、資産配分における戦略的な選択肢について考察します。

国内株式(TOPIX型)インデックスファンドの手数料(信託報酬・実質コスト)比較

日本の代表的株式指数であるTOPIXをベースにしたインデックスファンドは、国内銘柄への分散投資を求める人々にとって定番の選択肢です。

信託報酬が低い商品から多様な運用戦略に基づく商品まで幅広く存在しており、それぞれの手数料や運用成果が投資の成績に大きく影響を及ぼします。

このセクションではTOPIX型インデックスファンドの手数料を比較し、そのポイントを細かく解説します。

国内株式(日経平均型)インデックスファンドの手数料(信託報酬・実質コスト)比較

日経平均株価に連動するパフォーマンスを目指す日経平均型のインデックスファンドも、日本の個人投資家には馴染み深いものです。

しかし、同じ日経平均型ファンドであっても、手数料の差がリターンに大きく影響することがあります。

運用の効率性を最大化するためにも、信託報酬や実質コストに着目した商品選びが重要です。

本章では日経平均型インデックスファンドの手数料に焦点を当て、長期投資におけるコストパフォーマンスの良い商品を判断するための参考情報をお伝えします。

投資信託の手数料比較/最安にするポイントは?

投資信託 手数料 比較

投資信託を選ぶ際、手数料は重要な比較ポイントです。

手数料が少なければ、その分利益が増える可能性が高まります。

そのため、最安の手数料を実現するには、信託報酬の低いファンド選びや、購入・保有中も手数料を減らす方法を熟知することが欠かせません。

具体的な手数料最小化のアプローチについて、次に解説します。

eMAXIS Slimシリーズのインデックスファンドを選ぶのが無難!

インデックスファンドは、特定の指数の動きに連動するように設計されたファンドで、手数料が低い傾向にあります。

eMAXIS Slimシリーズは、特に手数料の低さで注目されるインデックスファンドの一つです。信託報酬料率が年0.1%台からと極めて低く、長期投資においてコストの低減を実現できます。

さまざまな資産クラスや地域に分散投資することでリスクを抑えつつ、マーケットリターンを享受することを目指しています。

手数料の低いインデックスファンドをポートフォリオに取り入れることで、資産運用におけるコストパフォーマンスを高め、長期的な資産形成をサポートします。

SBI証券の三井住友カードによるクレジットカード積立を活用する!

クレジットカードによる投信積立は、利便性に加えて、さまざまなメリットを有しています。

特にSBI証券と三井住友カードの提携による積立サービスは、積立手数料が無料である点が魅力です。

この積立方法を利用することで、銀行引き落としに比べて手数料を節約できる上、クレジットカードのポイントも貯めることが可能です。

結果、投資信託でコツコツと資産を積み上げる過程で、積立手数料を気にすることなく、さらにカード利用による恩恵を享受できます。

さらに、積立額に応じたポイントが還元されるため、賢く投資を進めつつ、ポイント還元率向上にも努めることができるのです。

SBI証券の投信マイレージでファンド保有中にもポイント付与を受ける!

SBI証券が展開している投信マイレージサービスを活用すれば、投資信託の保有量に応じてマイレージポイントが付与されます。

有利な点は、買い付け時に限らず、保有している期間中も絶えずポイントが発生するため、投資をしながら追加のメリットも享受できることです。

ポイントは現金や投資信託の買い付けに充てることができるため、得られたマイレージで実質的な手数料負担をさらに軽減することが可能です。

投資信託を選ぶ際は、こうした付加価値サービスの存在を把握し、積極的に活用することが重要です。

ユーザーは積極的にポイントプログラムに参加し、保有するファンドに関しても継続的なメリットを受け取ることで、運用効率を高めながら投資の喜びを追求できます。

投資信託の手数料比較【まとめ】最安のインデックスファンドは?

今回の記事では、投資信託の手数料について比較し、最安のインデックスファンドや手数料を見るポイントについて検討しました。

投資信託を選ぶ際には、手数料の重要性を理解し、コストを抑えることが大切です。

まず、手数料の比較を行う際には、5つのコストを把握することが重要です。

運用管理費用や販売手数料など、投資信託には様々な費用がかかります。

これらのコストを比較し、総合的な手数料を把握することが肝心です。

また、手数料の安い投資信託を選ぶためには、いくつかのポイントに注目する必要があります。

まず、信託報酬の水準を確認しましょう。信託報酬が低いほど、手数料の負担が軽減されます。

また、ノーロードの投資信託も手数料を抑えるための選択肢となります。

さらに、資産クラス別に手数料を比較することも重要です。

全世界株式や米国株式など、投資信託の対象とする資産クラスによって手数料は異なります。

自身の投資戦略やリスク許容度に合わせて、手数料を見極めることが必要です。

最後に、手数料を最安にするためのポイントも考えましょう。

手数料の割引や積立投資の活用など、様々な方法があります。

自身の投資スタイルや目的に合わせて、手数料を最小限に抑える工夫をすることが重要です。

投資信託を選ぶ際には、手数料の比較と把握が欠かせません。

最安のインデックスファンドを選ぶことで、コストを抑えながら効果的な資産運用が可能となります。

投資を行う際には、十分な情報収集と検討を行い、自身に最適な選択をすることをお勧めします。

関連ページ:SBI新生銀行と住信SBIネット銀行の違いは?どっち?SBI証券NISA(つみたて)なら?

投資信託の手数料比較「よくある質問」

全世界株式インデックスファンドのおすすめは?

全世界株式インデックスファンドは、投資家にとって魅力的な選択肢となっています。

しかし、数多くの製品が存在するため、どのファンドを選ぶべきか迷ってしまう方も多いのではないでしょうか。

そこで、以下の関連ページでは、全世界株式インデックスファンドのおすすめについて詳しく解説します。

手数料やベンチマークの比較だけでなく、ネット証券との提携や特典も考慮して、オススメのファンドを紹介します。

また、投資家がファンドを選ぶ際に重要となるポイントについても解説しますので、投資判断の参考にしていただければと思います。

関連ページ:全世界株式インデックスファンドのおすすめは?手数料やベンチマーク、ネット証券も比較!

たわらノーロードどれがいい?

投資家にとって信頼性とリターンの両方を追求するためには、適切な投資先を選ぶことが重要です。

その中でも、たわらノーロードは注目されるインデックスファンドシリーズです。

この関連ページでは、たわらノーロードの評判についてご紹介します。

積極的な信託報酬の引き下げや広範な取扱金融機関による信頼性の確保など、たわらノーロードが投資家から支持される理由を探求します。

また、つみたてNISAでのおすすめのファンドやデメリットも考察します。

投資においてスタート地点となる情報をしっかりと把握し、賢く投資を進めていくために、ぜひこの記事を参考にしてください。

関連ページ:【たわらノーロードの評判】どれがいい?つみたてNISAでのおすすめ/デメリットは?

MSCIコクサイとS&P500どっち?

投資信託を選ぶ際に、MSCIコクサイとS&P500は人気のある選択肢となっています。

しかし、どちらが自分に合っているのか判断するのは難しいものです。

この関連ページでは、MSCIコクサイとS&P500の特徴や違いを解説し、投資家の皆さんがより良い選択をするための情報を提供します。

それぞれのインデックスの構成やリターン、リスク、手数料などを比較し、投資戦略に合った方を選択するための手助けになることを目指しています。

投資に関心のある皆さんにとって、有益な情報が得られることを願っています。

関連ページ:MSCIコクサイとS&P500どっち?デメリットや全世界株式(オールカントリー)との違いは?

eMAXIS Slimおすすめは?

ノーロードのインデックスファンドとして人気のあるeMAXIS Slimシリーズは、低コストで信託報酬が安いという特徴から、多くの投資家に利用されています。

しかしながら、eMAXIS Slimシリーズには株式型、債券型、リート型、バランス型など11種類の異なるオプションがあり、どれを選ぶべきか決めるのは容易ではありません。

この関連ページでは、eMAXIS Slimシリーズの特徴や投資先のクオリティ、純資産残高の増加などを比較し、それぞれのオプションの違いを解説します。

eMAXIS Slimを利用しようと考えている方にとって、最適な選択をするための参考となることでしょう。

関連ページ:【eMAXIS Slimシリーズ比較】eMAXISとの違い/おすすめは?どっちが得?

ニッセイ外国株式とeMAXIS Slimはどっち?

投資信託を選ぶ際、ニッセイ外国株式とeMAXIS Slimのどちらが適しているのかお悩みの方も多いでしょう。

そこで、下記の関連ページでは、これらのインデックスファンドの特徴や運用内容を比較し、投資効果について考察していきます。

先進国株式やS&P500などのベンチマークとの関係や、信託報酬、実質コストなども詳しく検証していきます。

さらに、ニッセイ外国株式とeMAXIS Slimの運用会社の評判や取り扱いの便利さなども考慮し、どちらを選ぶべきかを見極める手助けとなるでしょう。

関連ページ:ニッセイ外国株式とeMAXIS Slimはどっち?S&P500や先進国株式インデックスファンドを比較

eMAXIS NASDAQ100とiFreeの違いは?

投資信託でナスダック100に投資する際、eMAXIS NASDAQ100とiFreeの2つが人気のある選択肢です。

しかし、どちらが自分にとってより適した投資信託なのか悩んでしまう方も多いのではないでしょうか。

この関連ページでは、eMAXIS NASDAQ100とiFreeの特徴や投資先の銘柄、手数料の違いについて詳しく解説します。

さらに、ニッセイを含む他の投資信託との比較も行い、それぞれのパフォーマンスとリスクを考慮した上で、おすすめの投資信託を提案します。

投資をより効率的かつ収益性の高いものにするために、ぜひこの記事を参考にしてみてください。

関連ページ:eMAXIS NASDAQ100とiFreeの違い/おすすめ投資信託は?ニッセイ等と比較

世界経済インデックスファンドのおすすめは?

世界経済インデックスファンドは、日本を含む全世界の株式と債券に幅広く分散投資することができる唯一のファンドです。

このファンドは、GDP比率を基に投資地域を配分することで、先進国だけでなく新興国のアセットや通貨のバランスを絶妙に取っています。

6つのインデックスをベースに、株式と債券の投資比率に応じて「通常タイプ」と「株式シフト型」、「債券シフト型」の3つのラインナップが展開されています。

そこで、以下の関連ページでは、世界経済インデックスファンドの特徴や評価、債券シフト型と株式シフト型の違いなどについて詳しく解説していきます。

関連ページ:世界経済インデックスファンドの評価・おすすめは?評判や債券シフト型・株式シフト型の違いをブログ

投資信託 手数料 比較

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

橘 龍馬のアバター 橘 龍馬 サイト管理人

投資歴7年、30代3児の父。理学博士。
投資・節約の専門メディア「マネーの研究室」のサイト管理人。
インスタ・Twitterも更新!

【サイト利用時の注意点・免責事項】

 

掲載の情報は、信頼するに足ると信じる情報に基づいて作成したものですが、当サイトのデータの正確性は保証されていませんので、ご注意下さい。

本サイトの情報等を用いて行う行為に関して、その責任は全て利用者自身に帰属します。万一、利用者が何らかの損害を被った場合、その損害に関して当サイト管理者および情報を提供している第三者は一切の責任を負うものではありません。

本サイトは投資家・金融サービス利用者への情報提供を目的としており、証券・FXに関する契約締結の代理、媒介、斡旋、売買推奨、投資勧誘等を行うものではありません。

また、当ブログに記載の仮想通貨は暗号資産のことを指します。

目次