PayPay証券キャンペーンコード

トライオートETFの評判は?デメリットや注意点、メリットを合わせて解説

サイト管理人

本記事では、トライオートETFの特徴やメリット・デメリット、口コミ・評判を徹底解説していきます。

トライオートETFは、手数料の安さや取引の利便性が特徴的な投資サービスです。

通常のETFと異なり、少額で自動積立ができたり、売買手数料が無料など、画期的な商品設計となっています。

トライオートETFの特徴・メリット
  • 取引手数料が無料。超低コスト
  • 信用取引に対応(レバレッジや信用売りもできる)
  • 投資元本の為替リスクがない
  • 小額からの自動売買が可能
  • 取引時間が多い
  • 厳選されたETF
  • 今ならキャンペーンで最大1万円

このように、メリットが豊富なトライオートETFですが、

  • 注意点・デメリットは?
  • 口コミ・評判は?
  • 今から始めるメリットは?

など、様々な疑問があると思います。

そこで、本記事では、トライオートETFがどんな商品なのか?特徴、通常のETFとの違い等をメリット・デメリットを交えながら徹底解説していきます。

利用している方の口コミや評判も気になるわ。

サイト管理人

口コミや評判、また私自身の経験なども交えて解説していきますので、ご参考ください!

目次

トライオートETFとは?

トライオートETFとは?特徴・概要
サイト管理人

はじめに、トライオートETFの仕組みや特徴を順を追って、解説していきます。

そもそもETFとは?

そもそもETFってなんでしたっけ?

サイト管理人

それでは、ETF(上場投資信託)について、簡単に復習していきますね。
すでに、ご存知の方は読み飛ばしていただいて構いません!

→ 読み飛ばして次へ

そもそもETFとは?

ETFとは、証券取引所に上場している投資信託で、別名「上場投資信託」とも呼ばれています。

投資信託は、多くの投資家から集めた資金を一つの資金としてまとめ、運用の専門家が株式・債券などに投資する投資商品です。

上場しているため、国内の株式同様、証券取引所が開いている時間(午前:9:00〜11:30、午後:12:30〜15:00)に、いつでも売買できます。一方、上場していない投資信託は、毎営業日決まった価格でしか売買できません。

トライオートETFはCFD取引(差金決済取引)

トライオートETFは差金決済取引(CFD)

トライオートETFは、通常のETFと感覚的には同じですが、CFD取引(差金決済取引)である点に違いがあります。

CFD取引とは差金決済取引のことで、FX(外国為替証拠金取引)同様、差金決済で行なう投資法の一つです。

例えば、ある価格2,000円のETFを1口購入した場合、そのETFの価格が3,000円になった時に売却すると、損益が+1,000円となります。

差金決済取引では、実際のETFを現物として買ったわけではなく、あくまでもETF価格に基づいてインヴァスト証券が提示したレートで取引をしたということになります。

トライオートETFでは、ETFを現物株として買うのではなく、ETFの価格に基づいて売買をする取引手法になります。

現物にしろ、ETFレートで差金決済取引するにしろ、ETFへの投資であることに変わりませんが、このような形態をとる事で「メリット・特徴」で解説するようなメリットが得られます。

自動売買が便利!2種類の注文方法

2種類の注文方法|トライオートETF

トライオートETFの最大の特徴は「注文方法」です。

一般的な手動の注文(マニュアル注文)の他に、自動売買に取引・注文が可能です。

自動売買選択・設定した条件で自動売買が可能
マニュアル自分の好きなタイミングで取引を行う方法
投資通常の株式・ETFと同じ注文方法で、指値注文、成行注文、
逆指値注文(他、IFDone注文、IfDoneOCO注文、一括決済機能)が可能
2種類の注文方法

自動売買では、条件などを設定すれば、仕事中や寝ている間でも、自動で取引・売買が行えます。

サイト管理人

以下、解説するレバレッジや手数料と合わせて、自動売買はトライオートETFの大きな特徴・魅力の一つと言えます。

トライオートETFの特徴・メリットは?

トライオートETFの特徴・メリット

トライオートETFでは、ここまで解説してきた取引形態をとることで、通常のETFでは実現できない、以下のようなメリットを受けることができます。

特徴・メリット
  • 取引手数料が無料。超低コスト
  • 信用取引に対応(レバレッジや信用売りもできる)
  • 投資元本の為替リスクがない
  • 小額からの自動売買が可能
  • 取引時間が多い
  • 厳選されたETF
サイト管理人

以下、各メリットについて詳しく解説していきます。

メリット1:手数料無料!0円!

###

個人的に、トライオートETFの一番のメリットと感じるのが、取引手数料が無料という点です。

トライオートETFの注文方法には、マニュアル・オートパイロット注文の2種類がありますが、いずれも取引手数料無料です。

為替手数料無料
入金手数料無料
出金手数料無料
売買手数料無料
口座開設・維持費無料
トライオートETFの手数料

通常、一般的な証券会社でのETFの現物取引は、株式取引と同様に、売買手数料がかかってしまいます。また、海外ETFを取引する場合は、日本円を米ドルなどへ両替する「為替手数料」も発生します。

しかし、トライオートETFでは、為替手数料・取引手数料などが全て「無料」なので、手数料によるパフォーマンスの悪化を気にせず取引が行えます。

サイト管理人

手数料は、投資家への確実なマイナスリターンとなり、投資パフォーマンスを悪化させるので、手数料無料は、かなり嬉しいですね!

メリット2:レバレッジを最大5倍までかけられる

###

トライオートETFでは、レバレッジをかけた取引が可能です。

レバレッジとは、投資資金である証拠金の数倍分を取引できる取引システムです。

例えば、レバレッジを2倍にした場合、5,000円の投資資金・証拠金で1万円分の商品を取引できます。

レバレッジは、最大5倍までかけることが可能です。

サイト管理人

レバレッジを2倍・3倍とした場合、リターンも2・3倍になりますが、その分下落時の損失も2倍・3倍と増える点に注意して利用しましょう。

メリット3:投資元本の為替リスクがない

###

外国の資産に投資する場合、最大の不安・ネックとなるのが、元本に対する為替リスクです。

通常のETF取引や自動売買の場合、まとまった資金が必要なことが多いですが、トライオートETFは50万円程度の投資資金から、自動売買を行うことができます。

レバレッジを最大5倍までかけられる」で解説したように、レバレッジをかけることもできるので、資金効率の良い投資が可能となります。

メリット4:取引時間が多い

###

国内取引所に上場している通常のETFは、東京証券取引所の立会時間(午前9:00~11:30、12:30~15:00)に売買できますが、トライオートETFは、以下2つの時間帯で取引が行えます。

トライオートETFの取引時間
  • 国内ETF:午前9:05~11:25、12:35~14:55
  • 米国ETF:夜23:35~翌朝5:55(サマータイム期間⇒22:35~翌朝4:55)
サイト管理人

夜間取引も行えるので、昼間働いているビジネスパーソンにとってもうれしいですね!

リアルタイムのレートで取引できる点も、トライオートETF特有のメリットと言えます。

厳選されたETF

トライオートETFでは、取引・売買できるETFが厳選されている点も、メリットの1つです。

今後、取り扱い銘柄数を増やす予定とのことですが、現時点では以下の26銘柄がトライオートETFとして取引できます。

上場市場銘柄名
東京証券取引所TOPIX連動型上場投信
日経225連動型上場投資信託
日経平均レバレッジ・インデックス連動型上場投信
日経ダブルインバースインデックス連動型上場投信
ナスダックiシェアーズMSCI ACWI ETF
パワーシェアーズQQQ信託シリーズ1
プロシェアーズ ウルトラプロQQQ
ニューヨークDirexionデイリー米国金融株ブル3倍ETF
iシェアーズ中国大型株ETF
SPDRゴールド・シェア
ウィズダムツリー・欧州・ヘッジド・エクイティ・ファンド
iシェアーズiBoxx米ドル建てハイイールド社債ETF
iシェアーズラッセル1000バリューETF
iシェアーズ ラッセル2000ETF
iシェアーズiBoxx米ドル建て投資適格社債ETF
SPDR S&P500 ETF
プロシェアーズ ウルトラS&P500
WTI原油連動ETF
バンガード・FTSE・エマージング・マーケッツ ETF
エネルギー・セレクト・セクターSPDRファンド
金融セレクト・セクターSPDRファンド
資本財セレクト・セクターSPDRファンド
テクノロジーセレクト・セクターSPDRファンド
生活必需品セレクト・セクターSPDRファンド
公益事業セレクト・セクターSPDRファンド
一般消費財セレクト・セクターSPDRファンド
銘柄一覧
サイト管理人

国内外の数えきれないETFから、自分で選別するのは大変なので、インヴァスト証券さんの方で厳選されているのは良いですね!

トライオートETFのデメリット・注意点は?

トライオートETFのデメリット・注意点

トライオートETFを始める上での注意点・デメリット等はありますか?

サイト管理人

初心者の方は、レバレッジはかけずに、資金管理に注意して始めた方が良いかもです。

ここまで解説してきたように、通常のETFにない画期的な取引が行える「トライオートETF」ですが、以下のような注意点・デメリットもあるので、頭に入れて取引を行いましょう。

注意点・デメリット
  • 金利の支払いがある
  • FXより取引時間が短い
  • レバレッジ・資金管理に注意!
  • NISA・特定口座が利用できない
  • 取扱銘柄が少ない
  • 信用売りができない→ 相場下落時に弱い
    *2019年より自動売買(売建)が追加されました。
サイト管理人

以下、各デメリットについて解説していきます。

デメリット1:金利の支払いがある

手数料無料のトライオートETFですが、ETFの保有期間は、日割りで金利の支払いがあります。

そのため、トライオートETFは、配当狙いの長期投資よりも、短期の売買・取引に向いた投資サービスと言えます。

デメリット2:FXより取引時間が短い

FX取引に慣れている場合、基本的に24時間の取引に慣れている方が多いかもしれません。

そのため、トライオートETFは、以下のように取引時間が限られてる点に注意しましょう。

国内ETF
(日本の銘柄)
月曜日〜金曜日
9:05〜11:25、12:35〜14:55
海外ETF
(海外の銘柄)
月曜日〜金曜日
23:35〜翌日5:55(サマータイム時:22:35〜翌日4:55)
トライオートETFの取引時間

海外ETFを利用する場合、アメリカのサマータイムにも注意が必要です。

デメリット3:レバレッジ・資金管理に注意!

トライオートETFでは、レバレッジを最大5倍までかけられますが、複数の注文をを出すこともあるので、余裕を持った資金管理を行いましょう。

サイト管理人

トライオートETFでは、必要証拠金とは別に「推奨証拠金」も設定されているので、裁定でも推奨証拠金以上の資金を持つようにしましょう!

デメリット4:NISA・特定口座が利用できない

次に税制面ですが、トライオートETFの取引は、NISA口座・特定口座を利用できません。

NISA口座金融商品の値上がり益や分配金など投資益が
非課税になる取引口座
特定口座株式・投資信託などの投資商品の売買の記録・損益の計算を、
証券会社が投資家に代わって行ってくれる口座
税制面で有利な口座

特に、特定口座が無い点は大きなデメリットと言えそうです。

特定口座(源泉徴収あり)の場合、全ての取引記録を証券会社が記録→納税してくれるため、投資家は確定申告の必要がなくなります。

しかし、トライオートETFでは、自分で申告をする必要があります。

特定口座、NISA口座はありません。
取引による利益は雑所得として申告分離課税の対象となり、確定申告する必要があります。

引用元:INVAST NAVI-【トライオートETF】特定口座、NISA口座はありますか?
サイト管理人

FXの取引などで、自分自身で確定申告を行う事に慣れている方は心配ないですが、これまで特定口座で株取引などをしていた方は注意が必要です。

デメリット5:相場下落時に弱い(売建できない)

トライオートETFでは、「買い」注文からしか取引をスタートできません。

そのため、相場の下落局面や保有銘柄の下落時に、売建注文を行いヘッジしたりする事はできません。

2019年11月よりETF自動売買に「売り注文」が追加されました。

売り注文が可能なETFは、以下の24銘柄になります。

売り注文が可能な銘柄
  • TOPIX連動ETF
  • 日経225ETF
  • 生活必需品株
  • MSCIワールド
  • 金融株トリプル
  • 中国代表株50
  • 資本財株
  • 大型バリュー株
  • 小型株
  • 投資適格社債
  • バンガード新興国株
  • S&P500ETF
  • S&P500ダブル
  • ナスダック100トリプル
  • ナスダック100
  • エネルギー株
  • 金融株
  • EU大型株ヘッジ
  • テクノロジー株
  • 高利回り社債
  • 公益事業株
  • 一般消費財株
  • SPDRゴールド
  • 原油ETF

デメリット6:取扱銘柄が少ない

厳選されたETF」で解説したように、トライオートETFは26銘柄の取扱が可能ですが、少ないと感じる方もいるかもしれません。

ただ、人気ETFは抑えてありますし、選択肢が絞れるという意味で、むしろメリットと感じる方もいるでしょう。

トライオートETFの評判・口コミは?

トライオートETFの口コミ・評判

次に、トライオートETFの口コミ・評判をTwitterからピックアップしていきます。

ここまで解説してきたメリット・デメリットと合わせて、トライオートETFを始めるか?迷った際に、ご参考ください。

サイト管理人

利用者はかなり多いため、多種多様な多くの評判が上がっていました!

悪い評判・口コミ1:金利が高い

取引や為替両替手数料は無料ですが、保有期間中に金利がかかる点に注意する必要があるようです。

サイト管理人

金利コストがあるため、基本的に短期の取引に向いた投資サービスと言えます。

中立な評判:失敗は今後の糧になる

損失や手数料などコストがかかったものの、今後の糧にするという前向きな口コミもありました。

良い評判・口コミ1:自動売買が便利

トライオートETFの売りである「自動売買が便利!」という口コミ・評判は多くなっています。

サイト管理人

口コミにあるように、初心者の時は、売買の判断が難しいので、自動売買の設定などをヒントに取引をするとトレードの勉強にも役立ちますね。

良い評判・口コミ2:スマホアプリも便利

トライオートETFのスマホアプリも利便性が高いと評判のようです。

https://twitter.com/kokoshi_ta/status/1201069512931414016
https://twitter.com/abe_yosh/status/1017796115117166592

良い評判・口コミ3:トライオートFXとの資金移動も便利

トライオートFXも利用している方は、ETFとFX間の資金移動も便利のようです。

https://twitter.com/omusubiz/status/1028068586676342785

【まとめ】トライオートETFは〇〇な人にオススメ!

ここまで解説してきたように、トライオートETFは、為替・取引手数料0円(無料)で自動売買ができる等、多くのメリットがありました。

トライオートETFの特徴・メリット
  • 取引手数料が無料。超低コスト
  • 信用取引に対応(レバレッジや信用売りもできる)
  • 投資元本の為替リスクがない
  • 小額からの自動売買が可能
  • 取引時間が多い
  • 厳選されたETF
  • 今ならキャンペーンで最大1万円

金利コストが発生するため「配当金目的の長期投資には向かない」などの注意点はあるものの、以下のような方に、特にオススメできる投資サービスです。

こんな人にオススメ!

  • 自動で取引・売買をしたい方
  • 為替でなく、ETFを売買したい方
トライオートETFの評判は?デメリットや注意点、メリットを合わせて解説

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

【サイト利用時の注意点・免責事項】

 

掲載の情報は、信頼するに足ると信じる情報に基づいて作成したものですが、当サイトのデータの正確性は保証されていませんので、ご注意下さい。

本サイトの情報等を用いて行う行為に関して、その責任は全て利用者自身に帰属します。万一、利用者が何らかの損害を被った場合、その損害に関して当サイト管理者および情報を提供している第三者は一切の責任を負うものではありません。

本サイトは投資家・金融サービス利用者への情報提供を目的としており、証券・FXに関する契約締結の代理、媒介、斡旋、売買推奨、投資勧誘等を行うものではありません。

また、当ブログに記載の仮想通貨は暗号資産のことを指します。

目次
閉じる