くらコーポレーション(2695)の株主優待は?配当金や優待利回り、到着時期など解説

くらコーポレーション(2695)の株主優待は?配当金や優待利回り、到着時期など解説
くらコーポレーション(2695)の株主優待は?配当金や優待利回り、到着時期など解説くらコーポレーション(2695)の株主優待は?配当金や優待利回り、到着時期など解説


くらコーポレーション(証券コード:2695)の株主優待は、2,500円〜相当の食事券です。回転寿司「くら寿司」をお得に利用できる他、食事券に代えて海産物などをもらうこともできます。優待獲得のための権利月は4月(年1回)です。

本ページでは、くらコーポレーションの株主優待について詳しく紹介していきます。優待の内容や配当金・利回り、ビジネスについても解説します。
(2018年4月1日のデータを基に作成)

参考 権利月毎に優待利回りなど、優待検索にはSBI証券の検索ツールが便利です。SBI証券の口座開設(無料)を行えば無料で利用できますので、ぜひお試しください。

くらコーポレーション(2695)の株主優待

くらコーポレーションのビジネスや株主優待内容、利回り等を解説します。

くらコーポレーションとは?企業紹介

くらコーポレーションは、回転寿司の「くら寿司」を展開する企業です。関西が地盤ですが、東北・関東などの地方でも多数出店しています。無添加を売りに食の安全を追求しており、また店舗のIT化も業界を先行しています。

優待内容:食事券

くらコーポレーションの株主優待は、2,500円〜相当の食事券です。1枚500円分の食事券を、保有株数に応じてもらうことができます(下表参照)。優待獲得のための権利日は4月末の年1回です。

保有株数優待内容・金額
100株以上500円×5枚(2,500円相当)
200株以上500円×10枚(5,000円相当)
500株以上500円×20枚(10,000円相当)

100株と200株保有時の優待利回りが同水準となっています。また、200株以上保有している場合、食事券の代わりに「まぐろ」や「うなぎの蒲焼き」、「さば寿司」、「ジュース」をもらうこともできます(詳細)。

株価・優待のデータ:

  • 優待時期:年1回(4月末)
  • 最低単位元:100株
  • 最低購入金額:729,000円
  • 購入手数料:証券会社による(詳細)
  • PER:29.88倍
  • PBR:4.16倍

参考 くらコーポレーションの他、4月権利の注目優待は、以下をご参照ください。

権利月と権利確定日、到着時期

くらコーポレーションの株主優待は、年1回(権利月:4月)もらえます。本優待が欲しい方は、4月の権利付き最終日までに株式を購入する必要があります。2017年4月の権利付き最終日は4月24日(火)です。また、食事券は8月中旬〜下旬頃に届きます。

参考 権利日の解説や各月の権利日は、以下からご確認ください。

ヤフオクなどの買取相場は?

ヤフオクや金券ショップなどで優待券を買い取ってもらう場合の相場ですが、ヤフオクの落札相場は、元値の95%程度となっています。かなり高めで落札されるようです。

優待・配当利回り

くらコーポレーションの配当金は、1株あたり30円(会社予想)です。配当利回りは0.41%です。株主優待と配当を合わせた利回りは、最大0.75%となっています。

利回りはそれほど高くありませんが、くら寿司を利用する方は食費の節約になります。また、海鮮品と交換する場合、まぐろづくしなどと交換できるので、魚好きの方は目が離せない優待かもしれません。

参考 4月の高利回り優待銘柄などは、以下をご参照ください。

食事券がもらえる人気の株主優待は?おすすめ優待銘柄、注目ランキングなど
食事券がもらえる人気の株主優待は?おすすめ優待銘柄、注目ランキングなど 食事券がもらえる株主優待は「食費の節約」や「普段行けないような高価なレストランでの飲食をお得に楽しめる」こと等から、ファ...

おすすめ証券会社は?くらコーポレーションを安く購入する方法

くらコーポレーションの優待獲得のための最低必要金額は729,000円です。20万円以上の株式を購入する場合、手数料最安はむさし証券(トレジャーネット)です(下表参照)。投資コストの節約は、パフォーマンス向上のため重要なので、安い証券会社で購入するようにしましょう。

むさし証券(トレジャーネット)の詳細確認・口座開設(無料)は、コチラ

株式売買手数料の比較(証券会社毎)

証券会社 \ 約定代金~10万円〜20万円〜50万円〜100万円
トレジャーネット75円95円175円320円
岡三オンライン証券無料無料350円600円
SBI証券無料185円272円487円
楽天証券無料185円341円609円
GMOクリック証券
株主優待で実質無料
88円98円241円436円
ライブスター証券80円97円180円340円
マネックス証券100円180円450円1500円
カブドットコム証券90円180円250円990円
SMBC日興証券125円180円400円800円

表中の手数料は全て税抜き表示

参考 証券会社の手数料の比較は、以下をご参照ください。

ただし、GMOインターネットGMOクリックHDの株主優待を使うと、GMOクリック証券での売買手数料が実質無料になるので、個人的には、GMOクリック証券がオススメです。ちなみに、私はメイン口座としてGMOクリック証券を利用しています。

株主優待でGMOクリック証券の売買手数料を実質無料(0円)にする方法

参考 GMOクリック証券・むさし証券の詳細確認・無料口座開設は、以下からの公式ページから行えます。ご興味をもたれた方は、ぜひご覧ください。

まとめ

くらコーポレーション(2695)の株主優待は、利回りはそこまで高くないものの、くら寿司がお得に楽しめたり、まぐろやうなぎなどの海鮮品をもらうことができるため、4月権利の優待としては、人気の高い優待の1つとなっています。

くらコーポレーションの株主優待

  • 2,500円〜相当の食事券
  • 200株保有の場合、食事券の代わりに海鮮品(まぐろ、うなぎ、さば等)がもらえる
  • 配当+優待利回りは、0.75%
  • 権利月は4月(年1回)
  • 手数料最安はむさし証券、ただし、優待を利用すればGMOクリック証券で手数料実質無料

参考 本記事で紹介した証券口座は、以下から無料で口座開設が行えます。投資コスト削減のため、ご興味をもたれた方は、ぜひご覧ください。