キャッシュレス

iDとは?クレジットカードとの違いや注意点、おすすめiD付きカードを比較・解説

iDとは?クレジットカードとの違いや注意点、おすすめiD付きカードを比較・解説

iD(アイディー)は、お店や自動販売機などクレジットカードよりも利用範囲の広い、便利な電子マネーです。

しかし、どんな機能があるのか?クレジットカードとの違いは何か?またお得なiD付きカードはどれか?等、疑問が多い電子マネーの一つです。

そこで、本記事では、iDの特徴や利用方法、またオススメのiD付きカード等を比較・解説していきます。

iDとは?

はじめに、iDの特徴や仕組み、クレジットカードとの違い等を解説していきます。

電子マネー「iD」の特徴

iDとは、NTTdocomoと三井住友カードが開発した非接触型電子マネーです。

iD加盟店で利用が可能で、docomoのおサイフケータイや各種カード(iD付きクレジットカード等)を読み取り機にかざす事で決済が行えます。

前払い(プリペイド方式)だけでなく、後払い方式・デビットカード(口座引き落とし)にも対応しており、近年では「Apple Pay」に連携可能になりました。

iDの特徴
  • 非接触型電子マネー
  • iD加盟店で利用可能
  • プリペイド・後払い・デビット等の支払いに対応
  • Apple Payにも対応

iDの決済方法

iDの決済方法は、iDが搭載された「クレジットカード(またはおサイフケータイ)」を、iD加盟店の端末にかざすだけで決済が行えます。

サイト管理人
サイト管理人
スマホ・QRコード決済と比較して「決済スピード」が早いため、個人的には非常に快適なキャッシュレス決済と感じています。

また、通常の電子マネーの場合、事前チャージ・入金などが必要ですが、iDは「後払い(ポストペイ)」にも対応しているため、残高不足などを気にせず決済できる点がメリットです。

さらに、クレジットカードと比較して、サインレスでスピーディーに決済できる点もメリットの一つです。

  • 端末にかざすだけキャッシュレス決済
  • 事前にチャージする手間が無い

利用可能な店舗

iDは、全国のレストランやスーパー、コンビニ、ドラッグストア等の店頭店舗、またネットショッピングで利用可能です。

加盟店が全国40万店以上と、普及率が非常に高く利用場所に困ることは無いと言って良いでしょう。

サイト管理人
サイト管理人
スマホ・QRコード決済よりも利用店舗が多く、クレジットカードが使えないお店でも、iDは対応しているという店舗もあります。

お店での入り口やレジ付近「iDのロゴマーク」が見えたら、iD決済できます!

【高還元】iD機能付きクレジットカードがお得!

通常、電子マネーの場合、独自または提携企業のポイント還元システム等がありますが、iD自身のポイントプログラムはありません。

その代わり、iDの支払いに応じて、連携するクレジットカードのポイントが貯まります

iD専用のクレジットカードやおサイフケータイのiDで利用可能なクレジットカード等があります。

iD付きクレジットカードの比較・ランキングは、以下をご参考ください。

iD付きクレジットのオススメは?厳選5選を比較・解説

Apple Payで利用可能

iDは、先に解説したiD専用・付帯のクレジットカードの他に、おサイフケータイやApple Payなどの携帯電話(スマホ含む)でも利用可能です。

しかも、スマホの紛失や盗難にあった場合でも、ICカードロック機能が付いており、セキュリティ面も安心して利用できます。

  • Apple Payなどスマホ端末で決済も可能
  • ICカードロック機能でセキュリティ面も安心

また、おサイフケータイ対応機種を利用されているドコモユーザーの方であれば「dカード mini(年会費無料)」で、クレジットカード無しで、毎月最大3万円までチャージ不要で利用可能です。

【まとめ】iDのメリット

ここまで解説してきたように、電子マネー「iD」は利便性が良く、クレジットカードと合わせて利用する事で、ポイント還元を受けながらキャッシュレス決済が行えます。

以下、クレジットカードとの違いを比較しつつ、お得なiD付きクレジットカードの選び方やオススメカードをランキング形式で解説していきます。

クレジットカードとの違い・比較

ここまで解説してきたiDの特徴を踏まえつつ、クレジットカードとの違いを解説していきます。

支払い方法の違い

クレジットカードの支払いは、各店舗の読取機によって、決済後の対応・スピードがマチマチです。

お店によっては、暗証番号の入力や「署名・サイン」が必要で、店舗のネット回線・通信速度によっては、決済終了までに数分程度かかる場合も少なくありません。

サイト管理人
サイト管理人
タクシーでクレカ決済する際は、時間がかかる事が多いですね!

一方、iDの場合、常にサインレスで決済が行える他、読取機の性能により「1秒以内」で決済が完了する事がほとんどで、快適なキャッシュレス決済が実現できます。

  • iD決済は常にサインレス
  • 決済スピードも早い

利用店舗の違い

クレジットカードの利用店舗は多い印象がありますが、実はクレカが利用できない飲食店・小売店は、未だに多く存在します。

サイト管理人
サイト管理人
近年普及した「スマホ・QRコード決済」と比較すると、クレカが利用できる店舗は格段に多い印象ですが、iDはさらに使える店舗が多く、キャッシュレス決済のある意味「決定版」と言えますね!

店側が支払うクレカの決済手数料が要因の一つとも言われていますが、iDの場合、クレカで利用できない飲食店や小売店でも使えるケースが多く、お財布にiD付きカードがあれば、キャッシュレス決済ができる範囲が広がります。

クレジットカードが利用できない飲食店・小売店の店舗でも、iDなら利用できる事が多い

【まとめ】iDの利便性が高い

ここまで解説してきたように、iDは「クレジットカード」よりも決済スピードが早く、利用店舗が多い等の多くのメリットがあります。

iDとクレジットカードの比較
項目 iD クレジット
カード
支払い方法 読取機にかざすだけ サイン、暗証番号の入力
が必要な場合も
決済スピード 高速 早め
*サインの場合、遅い
利用店舗 かなり多い 多め

クレジットカードと連携して、ポイント還元などを得る事もできるので、お財布に一枚「iD付きカード」を入れておく事で、便利にキャッシュレス決済が行えます。

以下、iD付きのクレジットカードの選び方・おすすめカードを比較・解説していきます。

iD付きカード【厳選3選】

最後に、iD付きカードの選び方とオススメカードについて解説していきます。

選び方|高還元クレジットカードがオススメ!

はじめに、iD付きクレジットカードの選び方について解説していきます。

iD付きカードの選び方
  • 使い方|カード利用か?スマホ利用か?
  • ポイントの還元率と使い勝手
  • ドコモユーザーは「dカード」一択
サイト管理人
サイト管理人
私自身は、キャンペーンで高額のiDキャッシュバックが貰える「dカード」をiD付きのメインカードにしています。

以上の点を踏まえて、iD付きカードのオススメ【厳選3選】をピックアップ解説していきます。

dカード

dカードは、NTT DOCOMOが発行するクレジットカードです。年会費が永久無料のクレカで、カード利用額に応じて、1%分がdポイントで還元されます。

サイト管理人
サイト管理人
平均的なクレカの場合、ポイント還元率は0.5%になるため、年会費無料で1%のポイント還元が受けられる「dカード」は、お得度が高く、人気のクレジットカードの1つです。

dカードの新規発行・入会キャンペーン等で、高額のiDキャッシュバックが贈呈され、お得にiDが利用できます。

現在、dカードでは、最大8,000円相当が貰えるキャンペーンを開催しているため、新規でdカードを発行される方は利用すると良いでしょう。

  • 新規入会で「もれなく」1,000円相当
  • 携帯料金をdカード払いで1,000円相当
  • 入会翌月末までに2万円以上の支払で4,000円相当
新規入会 1,000円分のiDキャッシュバック
携帯料金支払い 1,000円分のiDキャッシュバック
エントリー&利用 最大4,000円分のiDキャッシュバック
各種リボ設定 2,000円分のiDキャッシュバック

\キャンペーン参加はこちら/
年会費永久無料!
最短5分で審査完了!

ドコモユーザーなら「dカード GOLD」

dカードにはハイスペック版の「dカード GOLD」があります。税抜1万円の年会費がかかりますが、ドコモ料金の支払い時のポイント還元率が大幅アップしたり、付帯保険・補償が充実する等の特典・メリットがあります。

dカードとの違い・比較
項目 dカード dカード
GOLD
年会費 永久無料 1万円(税抜)
ポイント還元率 1% 1%
ドコモ料金の
支払いは10%
付帯保険 旅行保険無し 国内・海外の
旅行保険付き
ケータイ補償 最大1万円 最大10万円
キャンペーン
特典
最大8,000円相当 最大15,000円相当

サイト管理人
サイト管理人
基本的には、ドコモユーザー方は「dカード GOLD」、それ以外の方は「dカード」で良いと思います。

通常のdカードとdカードGOLDの比較・解説は、以下をご参考ください。

【dカード・dカード GOLD比較】どっちがオススメ?違いやキャンペーン等を比較・解説

現在、dカード GOLDでは、最大15,000円相当が貰えるキャンペーンを開催しているため、新規でdカード GOLDを発行される方は利用すると良いでしょう。

通常のキャンペーンと比較すると、新規入会時とカード利用時のiDキャッシュバック額が倍増します。

新規入会 2,000円分のiDキャッシュバック
携帯料金支払い 1,000円分のiDキャッシュバック
エントリー&利用 最大8,000円分のiDキャッシュバック
各種リボ設定 2,000円分のiDキャッシュバック
サイト管理人
サイト管理人
dカードのキャンペーンよりも豪華な特典となってます!

このように、dカード GOLDは、年会費無料版のdカードと比較して、ポイント還元などがグレードアップされています。

ドコモユーザー以外の方には、そこまでメリットがありませんが、ドコモユーザーの方は「dカードGOLD」のメリットが大きいので、dカードでは無く、dカード GOLDをd払いに登録するのもオススメです。

キャンペーンで最大15,000円のキャッシュバックが貰える点も熱いですね!

\キャンペーン参加はこちら/
還元率大幅アップ!
最短5分で審査完了!

三井住友カード

三井住友カードの場合「三井住友カードiD」で貯めたワールドプレゼントのポイントを「iDバリュー」に交換する事で、「1ポイント=5円」に換算して、iD「利用代金」にキャッシュバックされます。

そのため、iD利用時のポイントを、iDの清算に活用したい方は「三井住友カード」を選ぶのも一つの選択肢となります。

三井住友カードは、支払額の20%をキャッシュバックするキャンペーンも開催中なので、合わせて参加するとお得です。

https://money-laboratory-ryoma.net/smbc-card-campaign/

まとめ

ここまで解説してきたように、iDは利用店舗の多さや決済スピード、ポイント還元などメリットが豊富なキャッシュレス決済です。

スマホ端末やiD機能付きクレジットカードと合わせて、お得かつ便利に利用する事ができるため、何かしら一つiD付きカード等を保持していると、キャッシュレス決済の幅が拡がります。

関連記事

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です