ひふみプラス

ひふみプラスの評価は?口コミで評判の投資信託の手数料や分配金など解説

ひふみプラスとは?口コミ等で評判の投資信託の手数料や分配金など解説

ひふみプラスは、日本の株式市場への投資を目的とした投資信託です。設定以来、日本の代表的な株価指数である東証株価指数(TOPIX)を上回る優秀な投信です。また、アクティブファンドとしては、手数料が安い点が魅力の1つです。

本記事では、カンブリア宮殿などメディアで話題の「ひふみプラス」について解説していきます。投資方針や銘柄選定・構成比、手数料、またお得な購入先などを解説していきます。

ひふみプラスの購入は、保有額に応じて毎月ポイントがもらえるSBI証券がオススメです。

ひふみプラスの特徴・メリット

さっそく、ひふみプラスの特徴を解説していきます。投資信託の投資方針や組み入れ銘柄、手数料やパフォーマンス等々を順番に見ていきます。

投資方針・哲学

ひふみプラスは、カンブリア宮殿にも出演した敏腕ファンドマネジャー藤野氏率いる、レオスキャピタルワークスが運用する投資信託です。

日本の株式市場を投資対象としており、TOPIX(配当込み)を参考指標とするアクティブファンドで、基本的に、ひふみ投信と同等のファンドです。

ひふみプラスは「守りながら増やす」という投資理念のもと、日本の未来に貢献すべく主に日本企業(国内株式)に投資しています。財務諸表や株価などを基にした定量分析、また経営方針や戦略などを基にした定量分析の両面から組み入れ銘柄を選定しています。

ひふみ投信・プラスの運用方針など

定量分析もさることながら、藤野氏率いる運用チームの定性分析が本ファンドの魅力の1つです。地方企業であっても実際に足を運び、経営者の人柄やビジョン、働く方などを徹底分析しています。

組み入れ銘柄・業種は?

ひふみプラスの気になる「ひふみプラス」の組み入れ銘柄(上位10銘柄)は、下表のようになっています。2018年には、米国株の「VISA」が組み入れ上位銘柄に入ってきました。

銘柄名 比率 業種 特徴
アマゾン 1.8% 米国株 世界中で展開するネット通販。書籍・家電・食品なんでも揃う
VISA 1.8% 米国株 世界最大のクレジットカード会社。様々な電子決済を人、企業、政府へ提供
東京センチュリー 1.8% その他金融業 みずほFG、伊藤忠商事などが母体のリース会社
マイクロソフト 1.7% 米国株 Windowsなど有名。クラウド事業も。IoTのキー企業
協和エクシオ 1.7% 建設 光ファイバーケーブルなど電気通信設備工事を行う企業
光通信 1.6% 情報通信 インターネットや保険など複数の収益をもつ
コスモス薬品 1.5% 小売業 出店を拡大するドラッグストアチェーン。九州が地盤
ショーボンドHD 1.5% 建設 トンネルなどのインフラ建設を行う企業。日本の老朽化する交通インフラ整備で需要に期待
SGホールディングス 1.4% 陸運 佐川急便発の持株会社。2017年にIPOし、今後のEコマース需要・人手不足解消に向けて成長できるか
GMOペイメント・ゲートウェイ 1.4% 情報通信 ネットショッピングなど決済処理サービスを手がける企業。

参考:ひふみプラス月次データ

米国株に関しては、2017年6月より組み入れが開始されており、VISAの他にも、上位10銘柄にマイクロソフトアマゾンが組み入れられています。

アマゾンの競争優位性は言うまでもありませんが、Microsoftは、米国ハイテクの中でも出遅れている点やクラウド事業の巻き返しが期待できる点からも第一弾として組み入れたようです。

ひふみの人気で、購入者(純資産)が増えている際の対応として、時価総額の大きい企業を入れないと対応できない面がありますが、そこで、米国の成長が期待できる時価総額上位銘柄を入れる点は、なかなか良い選択と思われます。

また、構成銘柄数も上昇傾向となっています(2018年3月末時点で200銘柄以上)。そのため、組入上位10銘柄の割合は下がってきており、分散性効果が高まっています。

手数料:購入手数料・信託報酬など

ひふみプラスは、購入時・売却時の手数料は無料です。また、ファンド保有時にかかる手数料「信託報酬」は、年率0.98%(税抜)と、アクティブファンドとしては格安です。一般的に、アクティブファンドの信託報酬は2~3%程度ですが、ひふみプラスは1%を切る水準です。

ひふみプラスの手数料・コスト
  • 購入手数料(買付時):無料
  • 信託報酬(税抜):年率0.98%
  • 信託財産留保額(解約時):無料

追記 ひふみプラスの純資産が1,000億円を突破したため、1,000億円を超える純資産総額に対して、信託報酬が年率0.78%(税抜)が適用されます!

ちなみに、本ファンドは、投信マイレージと呼ばれるポイント還元のあるSBI証券で購入・保有することで、さらにお得にファンドを運用できます。最大0.2%(年率)のポイント還元がされるので、ファンドの実質的なコストを下げることができます。

SBI証券の詳細確認・口座開設(無料)は、以下の公式ページから行えます。今なら口座開設キャンペーンで最大10万円がもらえます。(6月30日まで)

SBI証券公式ページ

手数料など投信データ

次に手数料の他、ひふみプラスの決算日や設定日など各種データをまとめます。下表をご覧ください。ひふみプラスは1万円以上の金額であれば、1円単位で購入金額を指定できます(毎月自動積立も可能)。また分配金はファンド内で再投資されます。

項目 内容
ベンチマーク(参考指標) TOPIX(東証株価指数)
購入手数料 無料(ノーロード)
信託報酬(税抜) 年率0.98%
信託財産留保額 無料
購入単位 1万円以上1円単位
設定日 2012年5月28日
償還日 無期限
決算 年1回(9月30日)
*休日の場合、翌営業日
販売会社 SBI証券楽天証券など

また、ファンドの償還日も無期限となっているので、基本的には我々が保有し続けたい限りひふみプラスを保有し続けることができます。

パフォーマンスや利回りは?チャート

次に、ひふみプラスのパフォーマンスを見ていきます。下表は、ひふみプラスの設定来のパフォーマンスを日本の代表的な株価指数であるTOPIXと比較したグラフ(チャート)です。本ファンドが高いパフォーマンスを上げていることがわかります。

ひふみプラスのパフォーマンス(TOPIXと比較)

ひふみプラスとTOPIXのパフォーマンス比較(ファンド設定以来)ひふみプラスとTOPIXのパフォーマンス比較(ファンド設定以来)


また、下表は期間毎で区切ったTOPIXとひふみのパフォーマンス比較です。中長期はもちろん、短期的(1ヶ月間・3ヶ月間)でも、ひふみのパフォーマンスが上回っていますね。

期間 ひふみ TOPIX(配当込み)
1ヶ月 1.1% -1.7%
3ヶ月 1.3% -0.3%
6ヶ月 4.9% -1.4%
1年 25.0% 13.8%
3年 62.3% 11.3%
設定来 420.7% 95.8%

今後もひふみプラスのパフォーマンスがTOPIX(配当込み)を上回るという保証はありませんが、少なくとも過去の成績はひふみプラスがTOPIXを圧倒していたことがわかります。

つみたてNISAでも運用可能

本ファンドは、2018年1月からスタートする新たな小額非課税制度「つみたてNISA」でも運用可能です。非課税期間が現行NISAと比べて4倍の20年間となるので、本ファンドの積立を長期投資で行なう方には、嬉しい新制度です。

月次速報・レポート

過去3ヶ月の月次速報・レポート、またセミナー内容などについて解説します。

2018年5月発表分

2018年5月のアカデミーは、5/16に公表されました。

2018年4月は、北朝鮮の融和モードなど地政学リスクが後退し、ひふみプラス・TOPIX共に月後半にかけて、上昇しました。

ひふみとTOPIXのパフォーマンス比較(2018年4月)

上の4月のパフォーマンスを見ると、ひふみプラスもTOPIX同様に上昇しましたが、珍しくTOPIXを下回る成績となりました。実は、ひふみプラスは、4月は負けやすい傾向にあるらしく、以下のグラフにあるように、過去10年で4月の勝率は3割となっています。

ひふみとTOPIXの月次パフォーマンスの優劣(過去10年)

負ける原因は、アカデミーでしっかりと解説されており、「4月は先物(指数)主導で相場が上がりやすい点」「バリュー・リバーサル系の銘柄が上がりやすい」の2点が、TOPIXに負ける原因として大きいようです。

最新の月次レポート・セミナーの詳細は、以下のページで随時更新するので、ブックマークなどをしておくと便利です。

あわせて読みたい
ひふみプラス月次速報・レポート【2017年7月次】
ひふみプラス・ひふみ投信月次速報・レポート【2018年7月公開分】2018年7月6日にひふみプラスの月次レポートとアカデミーの動画資料が公表されましたので、今月もパフォーマンスや上位銘柄、またアカデミー...

2018年4月11日発表分

2018年3月の月次レポートは、4/11に発表されました。

3月のひふみのパフォーマンスは以下のようになっています。森友学園問題や米国の関税措置などによる貿易摩擦懸念などの影響を受けマイナスリターンとなったものの、TOPIX(配当込み)が大きく下落する中、下落幅を抑えられた点は評価できるポイントです。

ひふみとTOPIXのパフォーマンス比較(2018年3月)ひふみとTOPIXのパフォーマンス比較(2018年3月)


実際、どのようにして相場下落時に下落幅を縮小させたかという点ですが、セミナーを聞く限り、円安になりはじめた初期に外需の比率を落とせたことや、関税問題の初期に商社株の比率を落とし、内需にシフトしたことが、今の所の良い結果に繋がったとのことでした。

2018年3月発表分

2018年2月の月次速報は、3/5に発表されました。、8月もTOPIXを大きく上回りました。

下図の1ヶ月の推移をみるとわかるように、2018年2月は、VIXショックなど波乱相場の影響でマイナスリターンとなったものの、ベンチマークであるTOPIX(配当込み)を上回る結果となりました。

ひふみとTOPIXのパフォーマンス比較(2018年2月)ひふみとTOPIXのパフォーマンス比較(2018年2月)


2018年2月を振り返ってみると、アメリカの金利上昇懸念などから、ダウ指数が歴史的な値下がりをし、円高や日本株の暴落などかなり不安定な相場になりました。

この局面においても、ひふみはTOPIXほどの下落にはならずに踏みとどまりました。また、セミナーでも言及していたように、現金比率を大幅に引き下げ、新規銘柄や有望銘柄の買い増しを行ったようです。具体的な投資先については、次の「保有銘柄・資産配分」のところで解説します。

ひふみプラスのお得な購入先

ひふみプラスは、SBI証券楽天証券カブドットコム証券マネックス証券岡三オンライン証券など多くのネット証券や銀行から購入可能です。

SBI証券公式ページ

購入手数料は無料なので、どこで本ファンドを購入しても差がつきませんが、結論から言うと、SBI証券での購入保有がオススメです。

証券会社の違いは「ポイント還元プログラム」に現れます。

ポイント還元プログラムとは、投資信託(ファンド)の保有額に応じてポイント還元されるサービスです。ポイントは、現金などに交換できるため、ポイント還元率の高いネット証券でファンドを購入することで、お得にファンドを保有することができます。

以下の表は、ネット証券のポイントプログラムの比較を行ったものです。結論から言うと、SBI証券の投信マイレージが還元率が良く利便性が高いと言えます。

証券会社 還元率 特徴
SBI証券 年率0.1%
(最大:年率0.24%)
楽天証券 残高10万円毎に月4ポイント
(最大:年率0.048%)
  • ポイント除外ファンドが少ない
  • 還元率は少ない
マネックス証券 月平均保有額の年率0.08%
(最大:年率0.08%)
  • 低コストのインデックスファンドはポイント除外
カブドットコム証券 月平均保有額100万円につき1ポイント
(最大:年率0.24%)

SBI証券であれば、最大0.24%(年率)のポイント還元が受けられます。条件を満たさない場合でも年率0.1%は確保できます。最大還元率やそれを達成するためのハードルはSBI証券が最も高くなっており、本ファンドを購入する場合、SBI証券がお得になります。

SBI証券の詳細確認・口座開設(無料)は、以下の公式ページから行えます。今なら口座開設キャンペーンで最大10万円がもらえます。(6月30日まで)

SBI証券公式ページ

SBI証券は、お得な投資信託の他にも、米国株・海外ETFの品揃えが良くコストも業界最安水準です。また、IPOチャレンジポイントPTSなど、様々な独自のメリットがあります。口座開設費・維持費は無料ですので、口座を持っていない方は、この機会に口座を開設してみると良いかもしれません。

SBI証券の特徴

SBI証券
  • 2018年オリコン:ネット証券部門で第1位(3年連続)
  • 投資信託の保有中に高還元ポイントバック!
  • 海外ETF・株式が最安手数料
  • 個人向け国債の購入で現金がもらえる!
  • PTS(夜間取引)など国内株式も充実!
  • 独自のIPO当選システム!(IPOチャレンジポイント)

SBI証券の詳細確認・口座開設(無料)は、以下の公式ページから行えます。今なら口座開設キャンペーンで最大10万円がもらえます。(6月30日まで)

SBI証券公式ページ

SBI証券の評価・解説、キャンペーン情報は、以下の記事をご参照ください。