SBI証券のIPO抽選ルール。IPOチャレンジポイントなどメリット・デメリットを解説

SBI証券でIPOを取引するメリット・デメリット

SBI証券は、IPOの取り扱い量が多いだけなく、IPOチャレンジポイントと呼ばれる独自のルールによりIPOの当選確率が上がるため、IPO用口座としてオススメできる証券口座です。

そこで、本記事では、IPOチャレンジポイントを中心に、IPOのルールやSBI証券でIPO抽選・取引を行うメリット・デメリットを解説していきます。

SBI証券のIPO抽選のルール

はじめに、SBI証券のIPO抽選の特徴を解説していきます。SBI証券の抽選ルールの特徴は、以下の2種類の抽選方法があることです。

抽選方法配分システム
申込数による抽選70%一般的方式。IPOの申込み口数に応じて抽選される。
IPOチャレンジポイントによる抽選30%SBI証券の独自方式。IPOチャレンジポイント数が多い人から当選する。

申込み数による抽選は一般的なIPO抽選の方式ですが、IPOチャレンジポイントによる割当はSBI証券独自のシステムとなっています。以下、各抽選システムについて解説していきます。

申込み口数による抽選

SBI証券では、個人投資家に割り当てられるIPOのうちの70%が「申込み口数による抽選」に割り当てられます。一般的な証券会社と同じ抽選方式で、資金力のある方に有利です。

なぜ、資金力のある方に有利かと言う点を、1口100株のIPO抽選に参加する場合を例に考えてみたいと思います。

この例の場合、100株だけの申込みを行った場合、1口の抽選申込みとなります。一方、1000株を申し込む場合、抽選口は10口となります。10口申し込む場合、1口だけ申し込む場合と比べて10倍の当選確率となります。

つまり、申込み口数が多ければ多い程当選確率が上がる方式となっており、資金力のある方に有利な方式と言えます。

IPOチャレンジポイントによる抽選(割当)

SBI証券では、IPO抽選の落選者に救済的なシステムを容易しています。そのシステムが「IPOチャレンジポイント」です。これは、SBI証券独自の人気のあるシステムです。

IPOチャレンジポイントとは、SBI証券でIPO抽選に外れた時にもらえるポイントです。落選の度に1ポイントがもらえます。ポイントの有効期限はないので、IPOに落選すればするほどポイントが貯まっていきます。

このIPOチャレンジポイントを利用することで、SBI証券の個人投資家への割当のうちの30%を占める「IPOチャレンジポイントによる抽選」に当選する確率が上がります。

IPOチャレンジポイントによる抽選は、IPO申込み時に利用したIPOチャレンジポイントが多い人から当選するシステムです。例えば、IPOチャレンジポイントによる割当が10口の場合、ポイント使用者の上位10人がIPOに当選します。

他証券会社では、IPO抽選に落選した場合それっきりですが、SBI証券であれば落選すればするほど、次回の抽選に当たりやすくなります。画期的なシステムですね!IPOに挑戦する場合、SBI証券の口座はぜひ持っておきたいですね!

SBI証券の詳細確認・口座開設(無料)は、以下の公式ページから行えます。今なら口座開設キャンペーンで最大10万円がもらえます。(5月31日まで)

SBI証券でIPO抽選のメリット

ここまで解説してきたSBI証券のIPO抽選方式(特にIPOチャレンジポイントによる割当)は、他証券会社にはない画期的なシステムで、SBI証券でIPO抽選を行う大きなメリットです。

抽選方式だけでなもSBI証券のメリットは絶大であることがわかりますが、以下では抽選方式以外のSBI証券のIPO抽選におけるメリットも解説していきます。

IPO取り扱い実績

IPO抽選のための証券会社選びで重要となってくるのが「IPOの取扱実績」です。どんなに良い抽選方式を採用している証券会社でも、IPOの取扱数が少ないと、当選する枠が少ないということなので、あまり意味がありません。

SBI証券の過去4年間の取り扱い実績は、下表のようになっています。この取り扱い数は、業界トップクラスです。また、IPO株の割当数が多い主幹事の実績も多数あります。

2015201420132012
82654438

SBI証券公式ページ

主幹事を務めるとIPO株の分配数が他の証券会社と比べて10倍以上になることもあります。そのため、SBI証券は、抽選前の、IPOの取り扱い数(割当数)の時点でも、大きなメリットがあると言えます。

前受金が不要

SBI証券では、IPO申込み時に前受金が不要です。抽選日には入金が必要ですが、IPO申込み日から抽選日までは、入金額が0円でもIPOに参加できます。

そのため、IPO申込み時から抽選日までの期間に必要資金を拘束する必要がないので、資金を効率的に運用することができます。申込み〜抽選日までの間は、他の取引などに運用資金を使うことができます。

短期で他の取引をしたい方には、この前受金が不要という点はメリットですね。

NISA口座でもIPOを取り扱い可能

NISA口座でIPOを取り扱うことができる点もSBI証券でIPO抽選を行うメリットの1つです。

IPOは初値などで大きな利益をあげることがあります。一般口座や特定口座の取引した場合、利益の約20%分が税金として引かれてしまいますが、NISA口座ならこの値上がり益が非課税になるので、かなり大きなメリットですね。

また、SBI証券のNISA口座の詳細は、以下をご参照ください。

SBI証券NISA口座の特徴は?手数料・キャンペーン・口座開設(住民票代行サービス)など解説!
SBI証券NISA口座の特徴は?手数料・キャンペーン・口座開設(住民票代行サービス)など解説! SBI証券は、業界トップクラスの金融商品の品揃えや手数料の安さから、高い人気を誇る証券会社です。NISA口座においてもコ...

デメリット

SBI証券でIPO抽選を行うデメリットを敢えて挙げるとすれば、資金が少なめの投資家に若干フリという点です。「申込み口数による抽選」は、資金が多い方は何口も応募できますが、資金が少ない方は応募できる口数に限りがあります。

証券会社の中には、SMBC日興証券マネックス証券のように、1人1口の「完全公平抽選」を実施している証券会社もあります。これらの証券会社を利用すると資金力に関係なく平等な抽選となります。

ただし、SMBC日興証券は割当の10%のみが、この完全平等抽選となっています。また、マネックス証券は取扱量や主幹事実績に乏しいのが現状です。

そのため、個人的には、取り扱い数や主幹事実績が多く、落選してもIPOチャレンジポイントがもらえるSBI証券でIPOにチャレンジするのが良いかぁ〜。と思ったりします。

SBI証券の詳細確認・口座開設(無料)は、以下の公式ページから行えます。今なら口座開設キャンペーンで最大10万円がもらえます。(5月31日まで)

まとめ

ここまで紹介してきたように、SBI証券はIPO抽選・取引を行う証券としても有力な証券会社です。主なメリットをまとめると、以下のようなものがありました。

SBI証券IPOのメリット
  • 独自の抽選方式
    → IPOチャレンジポイントでIPOに落選しても当選に近づく
  • 取り扱い数と主幹事の実績はトップクラス
  • 前受金が不要で資金効率が良い
  • NISAでIPOが利用できる

IPOは取り扱い数の多い証券会社や主幹事実績が多くIPO配分の多い証券会社から申し込むのが当選確率を挙げる手段です。SBI証券は、取り扱い数や主幹事実績が申し分ありませんし、IPOチャレンジポイントもあるので、IPO用の証券会社として、かなり有力です。

>>> SBI証券の詳細確認・口座開設(無料)は、コチラから行えます。

IPO投資の証券会社でお迷いの方は、以下もご参照ください。

IPO証券口座を選ぶポイントは?当たりやすいオススメ証券口座を解説!
IPO証券口座を選ぶポイントは?当たりやすいオススメ証券口座を解説!IPO投資では、証券会社選びが勝敗(当選確率)に直結します。これは、証券会社によってIPOの取扱数が大きく違ったり、証券会社によって条件...

SBI証券は、IPO以外にも、各種投資信託や米国株・海外ETFの品揃えが良く、老舗の証券会社として、口座開設数や人気ともに業界トップクラスです。口座開設費・維持費は無料ですので、口座を持っていない方は、この機会に口座を開設してみると良いかもしれません。

SBI証券の特徴

SBI証券
  • 2018年オリコン:ネット証券部門で第1位(3年連続)
  • 投資信託の保有中に高還元ポイントバック!
  • 海外ETF・株式が最安手数料
  • 個人向け国債の購入で現金がもらえる!
  • PTS(夜間取引)など国内株式も充実!
  • 独自のIPO当選システム!(IPOチャレンジポイント)

SBI証券の詳細確認・口座開設(無料)は、以下の公式ページから行えます。今なら口座開設キャンペーンで最大10万円がもらえます。(5月31日まで)

SBI証券の評価・解説、キャンペーン情報は、以下の記事をご参照ください。