証券会社

野村證券の評判は?メリットやデメリット、手数料を他ネット証券と比較・解説

野村證券の評判は?メリットやデメリット、手数料を他ネット証券と比較・解説
サイト管理人
サイト管理人
本記事では「野村証券」の口コミ・評判、また利用して感じたメリット・デメリットを、他のネット証券と比較しながら、徹底解説していきます。

野村證券は、伝統と実績で、シニア層を中心に幅広い層から支持されている証券会社です。

近年では、若い世代の方やネット証券へ対抗するため、対面式だけなく、ネット取引のサービスを拡充しています。

このように、メリットの多い野村証券ですが、

  • ネット証券と比較した場合のメリットは?
  • 口コミ・評判は?
  • 注意点・デメリットは?

など、様々な疑問があると思います。

そこで、本記事では、野村証券の特徴やメリット・デメリットを他のネット証券と比較しながら徹底解説していきます。

サイト管理人
サイト管理人
口コミ・評判や最新のキャンペーン情報なども合わせて解説していきます!

野村証券とは?

野村證券(野村證券株式会社)は、東証1部に上場する「野村ホールディングス」傘下の証券会社です。

国内株式や投資信託だけでなく、米国株などの外国株、債券、個人型確定拠出年金など幅広い金融商品を扱っており、近年ではインターネットにも力を入れています。

企業データ
会社名 野村證券株式会社
登録番号 金融商品取引業者 関東財務局長(金商)第142号
設立年月日 2001年5月7日
所在地(住所) 〒103-8011
東京都中央区日本橋一丁目9番1号
役員
  • 代表取締役:奥田健太郎
  • 代表取締役社長:森田敏夫
  • 代表取締役副社長:新井聡
  • 代表取締役副社長:寺口智之
  • 代表取締役副社長:飯山俊康
資本金 100億
加入協会
  • 日本証券業協会
  • 一般社団法人 金融先物取引業協会
  • 一般社団法人 日本投資顧問業協会
  • 一般社団法人第二種金融商品取引業協会
会社HP https://www.nomura.co.jp/
野村證券株式会社の所在地

企業については分かったので、野村證券の特徴やメリットなどサービス面について教えて!
サイト管理人
サイト管理人
了解です!野村證券の特徴やメリット・デメリット等について、他の証券会社と比較しながら解説していきます!

野村證券の2種類の口座開設法

野村證券では、口座開設を行う場合、店頭店舗での対応になる「対面式(本・支店)」とインターネットで低コストで取引可能な「ネット(ネット&コール)」の2種類の口座開設法があります。

サイト管理人
サイト管理人
まず、2つのコースの違いについて解説していきます。

本・支店のオンラインサービス(旧ホームトレード)

店頭で担当者と対面をしたい方は「本・支店口座開設」がオススメです。コンサルティングサービスもあるので、ライフプランニングや資産運用、相続・贈与などに合わせてアドバイスが受けれます。

本・支店口座開設の場合でもインターネットでの取引「オンラインサービス(旧ホームトレード)」は可能ですが、完全ネット取引の「ネット&コール」とは、手数料面などに違いがあります。

ネット取引なら「ネット&コール」

サイト管理人
サイト管理人
ネット取引がメインの投資家の方は、手数料が安い「ネット&コール」がオススメです!

以下の表は、先に解説した「本・支店口座オンラインサービス」と「ネット&コール」の取引手数料(税込)を比較した表です。

2種類の口座の現物取引の手数料比較(税込)
取引額 本・支店(*) ネット&コール
(インターネット)
10万円 2,860円 152円
30万円 取引額の
1.4300%
330円
50万円 取引額の
1.4300%
524円
100万円 取引額の0.9460%
+2,728円
1,048円
200万円 取引額の0.8800%
+3,388円
2,095円
300万円 取引額の0.8800%
+3,388円
3,143円
500万円 取引額の0.0.8470%
+4,378円
5,238円

(*)インターネットでのお取引の場合、上記手数料から20%割引となります。また、野村のエコ割利用すると、最大50%割引になります。
手数料一覧|野村證券【公式】

サイト管理人
サイト管理人
ネット&コールの手数料が数倍安いことがわかります。

2つのコースの違いをまとめると、対人でのコンサル・取引を希望の方は「本・支店口座オンラインサービス」、ネットのみ取引で手数料を安くしたい方は「ネット&コール」を選ぶと良いでしょう。

まとめると、
  • 対人でのコンサル・取引を希望の方 ⇒ 本・支店口座開設
  • 手数料の安いネットで取引したい方 ⇒ ネット&コール

野村證券の口座開設や資料請求は、以下の公式ページから行えます。

野村證券公式ページ

野村證券の手数料は?高い?

###

次に、手数料の安いネット取引サービス「ネット&コール」の手数料は、他社と比べても安いのか?を見ていきます。

野村證券の手数料体系

サイト管理人
サイト管理人
はじめに、野村證券(ネット&コール)の手数料体系を確認していきます!

ネット&コールでは、インターネットと電話での2種類の取引方法があり、以下のような手数料となっています。

野村證券(ネット&コール)の手数料体系(税込)
取引額 インターネット 電話での取引
10万円 152円 1,991円
30万円 330円 2,619円
50万円 524円 4,505円
100万円 1,048円 7,648円
200万円 2,095円 13,095円
300万円 3,143円 18,333円
500万円 5,238円 25,143円

参考:手数料一覧|野村證券【公式】

インターネットの取引が圧倒的に安いので、ネットで取引できる方は、インターネットでの取引がオススメです。

サイト管理人
サイト管理人
以下、野村証券の手数料が、他ネット証券と比べて高いのか?安いのか?比較・解説していきます!

他ネット証券との比較

ネット&コールと他のネット証券の手数料を比較したものは、下表のようになります。

ネット証券の手数料比較
証券会社 \ 約定代金 ~10万円 〜20万円 〜50万円 〜100万円
野村證券 139円 300円 477円 953円
岡三オンライン証券 無料 無料 350円 600円
GMOクリック証券
株主優待で実質無料
無料 98円 241円 436円
SBI証券 無料 185円 272円 487円
楽天証券 無料 185円 341円 609円
トレジャーネット 75円 95円 175円 320円
ライブスター証券 80円 97円 180円 340円
マネックス証券 100円 180円 450円 1500円
カブドットコム証券 90円 180円 250円 990円

表中の手数料は全て税抜き表示

サイト管理人
サイト管理人
ネット&コールも十分やすいものの、他のネット証券会社と比べてしまうと、若干見劣りしてしまいます。

ネット証券の中では、シェアNo.1で、1日100万円分の取引まで手数料が無料(0円)になる「SBI証券」がオススメです。

また、本サイトでのSBI証券の手数料の詳細やメリット・デメリットなどの解説は、以下をご参照ください。

SBI証券の評判は?7年利用して分かったメリット・デメリットと合わせて解説

メリットは?つみたてNISAなど充実のサービス

野村證券のメリット

ここまで解説してきた野村證券の特徴や他のサービスをまとめると、以下のようなメリットがあります。

サイト管理人
サイト管理人
以下、各メリットについて詳しく解説していきます。

IPOに強い!取扱数・主幹事実績が豊富!

###

サイト管理人
サイト管理人
私が野村証券の最大のメリットと感じる点が、この「IPOで主幹事実績が多い」点です!

IPO抽選のための証券会社選びで重要となってくるのが「IPOの取扱実績」です。

主幹事とは、IPOを引き受ける証券会社の中で、特に中心となる証券会社です。

幹事よりも「10倍程度多く」IPOが配分されることがあるため、主幹事の証券会社からIPO抽選に参加する事が、当選確率を上げるための重要な要因になり得ます。

IPOを取り扱う証券会社(幹事)では、均等に株数を配分するのではなく、主幹事になった証券会社に大部分が配分されます。

一般的に、企業が上場する場合、幹事は5社程度ありますが、主幹事は、幹事よりも10倍程度多くIPOが配分されることもあります。

下表は、各証券会社の近年の主幹事実績(主幹事でIPOを行なった銘柄数)です。野村証券は、みずほ証券やSMBC日興証券と並び、豊富な主幹事実績を誇ります。

各証券会社の主幹事実績
証券会社 2019年 2018年 2017年 2016年 2015年
野村証券 17 23 27 18 28
SMBC日興証券 20 21 13 13 27
SBI証券 7 11 8 13 9
大和証券 22 13 18
みずほ証券 13 22 14 18 27
auカブコム証券 5 6 4 0 0
マネックス証券 0 0 1 0 0

主幹事実績の他に、事前入金不要(資金0円)でIPO抽選参加できるなど、IPOに多くのメリットがあります。

野村証券のほか、前受金不要でIPO抽選に参加できる証券会社は、以下の記事をご参考ください。

【IPOに必須】前受金不要(事前入金なし)で参加可能な8つの証券会社

IPOを前受金不要(事前入金・資金無し)で抽選できる証券会社の比較・一覧
【資金0円】IPO抽選に前受金不要(事前入金なし)で参加できる証券会社IPOの当選確率アップに必須のスキルが、前受金不要で抽選に参加できる証券会社の活用です。本記事では、事前入金無しでIPO抽選に参加できる8つの証券会社の比較、また資金0円で抽選に参加する際の注意点も解説していきます。...

長年の伝統と実績

「###」で解説したように、野村証券は、野村ホールディングスの証券会社として、多くの方に愛用されています。

ネット口座と合わせた口座開設者数は、SBI証券より少ないものの、500万口座の実績を誇ります。

サイト管理人
サイト管理人
店頭でアドバイスなどを受けたい方は、ネット証券よりも野村証券の方が良いでしょう。

ネット取引なら手数料も割安

「###」で解説したように、店頭でも相談・アドバイスが受けられる「」での取引はやや手数料が割高ですが、ネット専用「」の手数料はお手頃な水準となっています。

NISA・つみたてNISAに対応

野村證券では、少額非課税制度「NISA」や2018年にスタートした「つみたてNISA」の取引も行えます。

低コストのインデックスファンドアクティブファンドなど豊富なラインナップとなっています。

つみたてNISA向け金融機関の比較・詳細は、以下をご参照ください。

つみたてNISAのおすすめ証券会社【2020年】選び方やお得なポイント制度を比較・解説

積立NISA(つみたてニーサ)のオススメ金融機関・証券会社は?【2017年版】
つみたてNISAのおすすめ証券会社【2020年】選び方やお得なポイント制度を比較・解説2018年により新たな小額投資非課税制度として「積立NISA(つみたてニーサ)」がスタートします。非課税枠は現行のNISAより低いものの...

注意点・デメリットはある?

野村証券のデメリット・注意点
ここまでメリットをたくさん見てきたけど、野村証券の口座開設をする上での注意点やデメリットはありますか?
サイト管理人
サイト管理人
やはり、ネット証券と比較すると手数料が「やや割高」な点ですね。

ここまで解説してきたように、口座開設のメリットがある野村証券ですが、以下のようなデメリット・注意点を頭に入れた上で取引を行いましょう。

注意点・デメリット
  • ネット証券と比較すると手数料が割高
  • IPOは競争率が高い
サイト管理人
サイト管理人
以下、各デメリットについて解説していきます。

デメリット1:ネット証券と比較すると手数料が割高

「###」で解説したように、野村証券の株式取引手数料は、SBI証券などネット証券と比較すると割高です。

そのため、店頭でのコンサルティングやアドバイスを必要とせず、ネットのみで取引を行う方は「SBI証券」がオススメです。

SBI証券は、口座開設者数が業界1位(2020年3月31日現在)となっており、1日100万円分の取引まで取引手数料0円で株の売買が行えます。

また、本サイトでのSBI証券の手数料の詳細やメリット・デメリットなどの解説は、以下をご参照ください。

SBI証券の評判は?7年利用して分かったメリット・デメリットと合わせて解説

また、野村ホールディングスとLINEが協業している「LINE証券」も選択肢の一つとなります。

LINE証券は、LINEアプリから手軽に投資できると同時に、買付手数料が常に無料(0円)と格安の手数料体型となっています。

LINE証券の評判は?買付手数料0円などメリット・デメリットも比較・解説
LINE証券の評判は?買付手数料0円などメリット・デメリットも比較・解説 \ 今なら最大2,100円プレゼント / LINE証券 公式サイト まず確認 *口座開設費・...

デメリット2:IPOの競争率が高い!

「###」で解説したように、IPOに強い野村証券ですが、

大手証券会社ということで、口座開設者やIPOに参加する方が非常に多い証券会社です。そのため、競争率が高く、なかなか当選しにくい口コミ・評価となっています。

ライバル数の観点から考えると、岡三オンライン証券などの新興ネット証券が比較的ライバル(口座開設者数)が少ない傾向にあります。

初心者の方・小資金でIPO抽選に参加される方は、以下の記事をご参考ください。

IPOおすすめ証券会社は?選ぶ方・最新ラインキングを徹底解説

口コミ・評判

野村証券の口コミ・評判

野村証券の口コミ・評判をTwitterからピックアップしていきます。

サイト管理人
サイト管理人
ここまで解説してきたメリット・デメリットと合わせて口座開設を行う際に、ご参考ください。

イマイチな評判・口コミ:手数料が高い

やはり、手数料が高いという口コミが多めでした。

https://twitter.com/d23ch01NBwutKNv/status/1277595466092277760

サイト管理人
サイト管理人
確かに、インターネットで自分で取引ができる方は、SBI証券などのネット専業の証券会社を利用した方が、取引コストを抑えることができます。

ネット証券の選び方・おすすめランキング

イマイチな評判・口コミ:IPOのネット配分は10%程度

ネット配分は、全体の10%程度なので、資金力が豊富な投資家の方が店頭で配分されるケースも多いようです。

サイト管理人
サイト管理人
主幹事実績が豊富であっても、ネット配分は少ないので、他のネット証券と合わせて複数の証券口座からIPOに申し込むことで当選期待値をアップできます。

IPOのおすすめ証券会社は?選び方や最新ランキングなど解説

良い評判・口コミ:対面取引が安心

店頭店舗で実際にお話を聞いて投資が行える点を評価する方も多いようです。

良い評判・口コミ:実はIPOの穴場?

実は、IPO用に口座開設している人が少なく、穴場証券では?という声もあります。

【まとめ】口コミ・評判

ここまで紹介してきた野村証券の口コミ・評判をまとめると、以下のようになります。

野村証券の評判【まとめ】
イマイチな
口コミ・評判
  • 手数料が高い
  • IPOのネット配分は10%程度
良い口コミ
  • 実はIPOの穴場?
  • 対面取引で安心!

このように、様々な口コミ・評判がありますが、IPOの実績や対面取引の安心感など、ネット専業の証券会社には無い様々なメリットが評価されている印象です。

サイト管理人
サイト管理人
ネットのみで取引する方は手数料が割高になりますが、多くの証券口座からIPO抽選に参加したい方、また対面で相談をしたい方などは、おすすめの証券会社と言えます。

野村證券【公式】

自分にあったネット証券の選び方、また最新のおすすめランキング・比較などは、以下の記事をご参考ください。

ネット証券の選び方・おすすめランキング

野村證券【まとめ】どんな人にオススメ?

ここまで解説してきたように、野村證券は、実店舗でのきめ細やかな対応やインターネットの割安な手数料など、顧客のニーズにあった様々なサービスを提供しています。

2018年からスタートした「つみたてNISA」にも対応しており、充実の投資信託のラインナップは申し分ないのですが、国内株式の手数料は岡三オンライン証券など新興ネット証券と比べると割高な点は、デメリットです。

ただ、IPOの取扱数や主幹事の実績は、国内トップクラスなので、IPO用に、私自身も野村證券の口座を開設しています。

また、定期的にお得なキャンペーンも行っているので、それらも利用しています。

\ キャンペーン参加はコチラ /

*口座開設費・維持費0円(無料)

関連記事

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です