ワンタップバイキャンペーンコード >

【資金0円】IPO抽選に前受金不要(事前入金なし)で参加できる証券会社

IPOを前受金不要(事前入金・資金無し)で抽選できる証券会社の比較・一覧

サイト管理人のアイコン画像サイト管理人

この記事では、前受金不要(事前入金無し)でIPO抽選に参加可能な9つの証券会社を比較・解説していきます。

各社のIPO抽選ルールや取扱実績、口コミ・評判などの比較から、IPOに強いオススメ証券も厳選していきます。

IPOの当選確率を上げる最短の方法は、複数(できるだけ多く)の証券会社からIPO抽選に参加する事です。

そのため、証券口座への事前入金が不要で、IPO抽選に参加可能な証券会社は、IPO投資家に必須となります。

女性のアイコン画像女性

どの証券会社が「入金不要」でIPO抽選に参加できるの?

サイト管理人のアイコン画像サイト管理人

今から、前受金無しでIPOに参加できる証券会社を「特徴・注意点」を交えて解説していくね!

本記事では、前受金無しでIPO抽選に参加できる証券会社を比較し、おすすめの証券会社もピックアップしていきます。

また、IPO抽選に前受金不要な場合のメリット・デメリット等も解説していきます。

目次

前受金不要!IPO抽選に資金無しで参加できる証券会社

IPO抽選に応募する際に、前受金不要の(事前入金が必要無い)証券会社は、以下9つの企業があります。

店頭だけでなく、ネット証券でもIPO抽選時に前受金不要を採用しています。

証券会社抽選ルール取扱実績ライバル数手数料
岡三オンライン証券
おすすめ!
完全平等抽選+ステージ制安い
(100万円以下:無料)
野村証券対面+ネット◎(主幹事多い)×割高
松井証券平等抽選普通
SBIネオトレード証券完全平等抽選×割安
むさし証券完全平等抽選割安
DMM.com証券完全平等割安
エイチ・エス証券完全平等+優遇抽選ネット口座は割安
【IPO】前受金が不要な証券会社

表中のライバル数は、口座開設数の事。
○は、口座開設数が少なく、ライバルが少ないの意味。

サイト管理人のアイコン画像サイト管理人

以下、それぞれの証券会社の詳細やポイントについて解説して行きます。

岡三オンライン証券【おすすめ】

岡三オンライン証券IPO

前受金不要のIPOに強い証券会社の中で、最もオススメの証券会社が岡三オンライン証券です。

 岡三オンライン証券【公式】

ネット証券としての利便性、IPO銘柄の取扱実績や抽選方法などが優れており、初心者の方だけでなく中級者以上の方にも、IPOで必須の証券会社と言えます。

岡三オンライン証券がオススメな理由
  • 事前入金なしでIPO抽選に申し込みが可能
  • 完全平等抽選を採用している
  • IPO実績(取扱銘柄数)が豊富
  • ライバル(口座開設者数)が少ない
  • 中・上級者にも嬉しいステージ制

参考:岡三オンライン証券のIPOが初心者から上級者まで幅広くオススメな5つの理由

岡三オンライン証券は、事前入金無しでIPO抽選に参加できるだけなく、完全平等抽選を採用している数少ない企業であるため、初心者の方や小資金でIPO投資を行う方でも「当選のチャンス」があります。

完全平等抽選とは、IPOの申込み株数(口数)に関係なく1人1票の抽選申込みとなる抽選方法です。

例えば、1口(100株)10万円のIPOの場合、10万円(1口)分申し込もうが、1000万円(100口)分申し込もうが、1人1票の抽選となります。

参考:【岡三オンライン証券IPOルール】抽選方法のメリット・デメリットは?

通常の証券会社では、申込み口数が多ければ、その分抽選口数(票数)も多くなります(100株申し込みの場合「抽選1口」、1,000株の場合「抽選10口」)。

そのため、たくさんの口数を申込む人(資金力のある人)が当選しやすいルールとなっていますが、岡三オンライン証券では「完全平等抽選」を採用しているため、資金力に関係なく当選のチャンスがあります。

女性のアイコン画像女性

100万円の資金の人も、1億円の資金の人も、平等に抽選が受けられるってワケね!

サイト管理人のアイコン画像サイト管理人

そのとおり!
しかも、岡三オンライン証券の場合、入金無しで抽選に参加できるから、IPO抽選に参加するハードルが低くて、初心者の方にオススメです!

また、唯一のデメリットであった「取扱銘柄数の少なさ」も、岡三証券の協業により2017年以降の急増しています。

また、SMBC日興証券や野村證券、SBI証券などと比較すると「口座開設者数(ライバル)」が少ない等のメリットもあり、IPO投資に必須の証券会社として、サイト管理人も活用しています。

\ 無料口座開設はコチラ /

*口座開設費・維持費0円(無料)
*カンタン5分で申込み完了!

岡三オンライン証券「IPO」の特徴やメリット・デメリット等の詳細は、以下をご参考ください。

岡三オンライン証券のIPOが初心者から上級者まで幅広くオススメな5つの理由

松井証券

サイト管理人のアイコン画像サイト管理人

松井証券も、2018年より、事前入金無しでIPO抽選に申込みできるようになりました!

松井証券のIPO(新規公開株)は、前受金不要で抽選参加できる他、岡三オンライン証券と同様に、一人一票の完全平等抽選を採用しています。

松井証券IPOの特徴・メリット
  • 前受金不要でIPO抽選に参加可能
  • 完全平等抽選で初心者の方も当たりやすい!
  • 売却時:50万円以下は手数料無料
    (*IPOの購入手数料は無料)

参考:松井証券【公式ページ】

取扱銘柄数は、先述の岡三オンライン証券には劣りますが、毎年10銘柄以上は取扱があるため、口座開設しておいて損はない証券会社と言えます。

今なら、口座開設キャンペーンで投資に利用できる「200円相当のポイント」や「現金1,000円(先着)」が貰えるので、まだ口座をお持ちでない方は、お得な口座開設の時期となってます。

\ キャンペーン参加はコチラ /

口座開設費・維持費0円!無料!
カンタン1分で無料診断も可能!

本サイトでの松井証券IPOの評価・解説は、以下をご参考ください。

野村証券

野村証券も、前受金不要(0円)でIPO抽選に申込めます(公募も同じ)。また、公募価格が初値を下回ってしまう公募割れが少ない(利益が出やすい)アノマリーでも野村証券は有名です。

野村証券は抽選方法が良く、IPOの主幹事になることも多いのですが、ライバル(口座開設者)が多くIPOに申し込む人も多いので、体感的に当選確率が低いように感じています。

IPO主幹事・取扱ランキング|実績ある証券会社は?

また、個人的に、担当者との電話などが面倒なので、IPO投資では、岡三オンライン証券などネット証券を優先的に利用しています。

DMM.com証券(DMM株)

サイト管理人のアイコン画像サイト管理人

DMM.com証券も、事前入金無しでIPO抽選に申込みできます!

DMM.com証券「DMM株」のIPO(新規公開株)も、岡三オンライン証券や松井証券と同様に、前受金不要で抽選参加できる上、一人一票の完全平等抽選のIPOルールとなっています。

女性のアイコン画像女性

IPO初心者には嬉しい抽選ルールのやつですね!

サイト管理人のアイコン画像サイト管理人

その通り、しっかり理解できていますね。

DMM株IPOの特徴・メリット
  • 前受金不要でIPO抽選に参加可能
  • 完全平等抽選で初心者の方も当たりやすい!
  • ライバルが少ない

参考:DMM株 キャンペーン【公式】

取扱銘柄数は少ないですが、IPOを始めたばかりなので、今後の展開に期待したいところです。また、そもそもの口座開設者数が少ないため、IPO抽選のライバルが少ない点も魅力的です。

今なら、口座開設キャンペーンで「手数料無料(1ヶ月間)」や「現金2,000円(抽選)」が貰えるので、まだ口座をお持ちでない方は、お得な口座開設の時期となってます。

\ キャンペーン参加はコチラ /

口座開設費・維持費無料!
最短で即日から取引可能!

DMM株IPOの特徴やメリット・デメリット等の詳細は、以下をご参考ください。

→ DMM株IPOの評判は?メリット・デメリット、抽選ルールを解説

SBIネオトレード証券(旧:ライブスター証券)

ネット証券で、事前入金無しでIPO抽選に申し込みができる証券会社の一つに「SBIネオトレード証券」があります。

SBIホールディングスの子会社となり、ライブスター証券からSBIネオトレード証券に名称変更しました。

ライブスター証券は、抽選方法に「完全平等抽選」も採用しており(公募も同じ)、株式の売買手数料が安く、インターネット証券としての利便性も兼ね備えているのですが、如何せん、IPOの取扱数が少なく、主幹事になることが無い点がネックです。

SBIネオトレード証券IPOの特徴・メリット
  • 事前入金無しで抽選に参加可能
  • 完全平等抽選も採用
  • IPOの取扱数が少ない

しかしながら、ネット証券で、前受金不要はかなり貴重なので、IPOを取り扱う時は応募するようにしています。年間、数銘柄しか取り扱わないので、登録アドレスに送られてくるIPOのアナウンスを見逃さないようにしましょう。

ただし、SBIホールディングスの傘下に入った事により、今後取扱数が増える可能性もあります。

本サイトでのSBIネオトレード証券のIPOに関する解説は、以下をご参考ください。

むさし証券(トレジャーネット)

むさし証券(トレジャーネット)も、事前入金無しでIPO抽選に参加できるネット証券の一つです。

一つ前で解説したライブスター証券よりも、IPOの取扱数が多く(年間10銘柄以上の時も)、抽選方法に「完全平等抽選」を採用しているため、穴場証券として岡三オンライン証券の次にオススメしています。

むさし証券(トレジャーネット)IPOの特徴・メリット
  • 事前入金無しで抽選に参加可能
  • 完全平等抽選を採用
  • IPOの取扱数もそれなり

また、インターネット専用口座「トレジャーネット」なら、約定代金・価格毎の株式手数料が業界最安水準である点も見逃せません。10万円以上の価格帯では国内最安の手数料となっています。(10万円以下の価格帯はSBI証券の方が割安)

むさし証券トレジャーネット【公式】

本サイトでのむさし証券のIPOに関する解説は、以下をご参考ください。

エイチ・エス証券

【穴場?】エイチ・エス証券IPOのルールは?事前入金0円で抽選に参加可能で当選期待値が上がる?

エイチ・エス証券も、事前入金0円で、IPO抽選に申し込みができます。

また、エイチエス証券は、口座開設者数が少なく競争率が相対的に低い上、主幹事を引き受ける事もあるため「穴場」として注目されつつあります。

エイチエス証券IPOの特徴・メリット
  • 前受金不要でIPO抽選に参加可能
  • 完全平等抽選で初心者の方も当たりやすい!
  • ポイント抽選でユーザーを優遇!
  • 取扱実績・主幹事実績もある!
  • ライバル(口座開設者数)が少ない!

また、SBI証券のIPOチャレンジポイントのような、ポイント抽選も採用しており、普段からHS証券を利用する方は、当選期待値がアップします。

本サイトでのエイチ・エス証券のIPOに関する解説は、以下をご参考ください。

いちよし証券

いちよし証券も、IPOとPO(公募・売り出し)で前受金0円で抽選に申し込みが可能です。

しかし、インターネット・ウェブからのIPO申し込みができず、いちいちIPO専用ダイヤルに電話しないといけない点に注意が必要です。電話も繋がらないことが多いので(人気IPOだと特に)、個人的にはめんど臭く気が向いたら応募するという程度に利用しています。

また、前受金が必要だった時もあるので、その抽選ルールに戻ってしまうことも可能性としてあるため、本記事で紹介した他の証券会社と比べると、優先順位が低いかなという印象です。

【まとめ】前受金不要のオススメ証券会社は?

ここまで解説してきたように、事前入金無し(0円)で、IPO抽選に参加できる証券会社は、以下の7社がありました。

中でも岡三オンライン証券は、事前入金無しの他にも、完全平等抽選や取扱数が多い等、様々なメリットから、6社の中で最もオススメできる証券会社です。

岡三オンラン証券は、取引履歴や保有資産が多くなれば当選確率が10倍程度になる「ステージ制」もあるので、今から積極的に取引を行っていくことで、将来的にIPOの当選確率を飛躍的に高めることも可能です。

岡三オンライン証券の詳細確認・口座開設(無料)は、以下の公式ページから行えます。今なら口座開設キャンペーンで、最大3ヶ月間、手数料が実質無料になります。

⇒ 岡三オンライン証券 公式ページ

岡三オンライン証券のIPO抽選ルールやステージ制などの詳細は、以下をご参考ください。

事前入金0円であれば、事前入金が必要な証券会社と並行してIPO抽選に参加することもできるので、少なくとも一つは口座開設しておくと良いでしょう。

サイト管理人のアイコン画像サイト管理人

全ての口座開設を行っていますが、岡三オンライン証券をメインに利用しています。

IPO抽選時の前受金とは?

女性のアイコン画像女性

そもそも「前受金」ついてよく知らない。。

サイト管理人のアイコン画像サイト管理人

IPO抽選での前受金は、IPO抽選に応募する際に、事前に証券口座に入金しなくてはいけないお金(IPO株の購入金額)の事だよ!

女性のアイコン画像女性

落選の場合でも入金しないといけないの?

サイト管理人のアイコン画像サイト管理人

当選・落選は関係ないんだ。
IPO抽選に参加する場合は、「前もって」IPOに当選した場合に必要な資金を入れておく必要がある。

  • IPOの前受金とは、IPOの抽選に応募する段階で既に証券口座に入金しなくてはいけない、IPO株の購入金額
  • 一般的に、金融機関・証券会社でIPO抽選に参加するために前受金が必要
IPO抽選で事前入金(前受金)が必要な場合

例えば、仮条件が3,000円(当選した場合、購入に30万円必要)のIPO抽選に参加する場合、抽選に参加する証券会社に「前もって」30万円入金しておく必要があります。

3つの証券会社で同時に抽選に参加する場合は「90万円(=30万円×3社)」、5社なら「150万円」の投資資金が必要。

[chat face=”thinking-woman.jpg” name=”” align=”right” border=”yellow” bg=”none” style=”maru”]
えーーっ!
お金がいくらあっても足りないわ!
[/chat]

[chat face=”t_ryoma1985.jpg” name=”サイト管理人” align=”left” border=”blue” bg=”none” style=”maru”]
そうなんだ。
IPOで当選確率をアップするには、複数の証券会社で抽選に参加する事が大事なのだけど、投資資金が必要になってしまう。。
[/chat]

[chat face=”t_ryoma1985.jpg” name=”サイト管理人” align=”left” border=”blue” bg=”none” style=”maru”]
そこで登場する救世主が「前受金不要」の証券会社!
[/chat]

前受金不要(事前入金無し)のメリット

前受金が不要のメリットは、少ない投資資金で多くの証券会社からIPO抽選に参加できる点です。

事前入金(前受金)が不要の場合、少ない投資資金でIPO抽選に多数参加できる

先程の例を思い出してみると、公募価格が3,000円(100株:30万円)のIPO株の抽選に、3社から参加する場合、合計90万円必要でした。

しかし、前受金が不要の証券会社の場合、どの証券会社にも「入金なし(資金0円)」で抽選に参加できます!

[chat face=”t_ryoma1985.jpg” name=”サイト管理人” align=”left” border=”blue” bg=”none” style=”maru”]
当選した場合に、株を購入する「30万円」は銀行口座などに用意しておきましょう!
[/chat]

このように、前受金不要の証券会社であれば、少ない投資資金で、たくさんの証券会社からIPO抽選に参加できます。

本記事で紹介するように、前受金不要で抽選に参加できる証券会社は「9社」ほどあるので、これらを駆使する事で、相対的に抽選口数が増え、当選期待値が上がり、投資利益をあげられる可能性が高まります。

初値予想の変動に対応しやすい

[chat face=”t_ryoma1985.jpg” name=”サイト管理人” align=”left” border=”blue” bg=”none” style=”maru”]
前受金不要で抽選に参加できる、もう一つのメリットが「初値予想の変動に機敏に対応できる」という点です。
[/chat]

外部機関から出るIPOの初値予想は日々変化します。

初値予想が低い場合、投資利益が見込めないため、抽選申込みを複数の証券会社から行う準備をしないことが多いと思います。

しかし、直前で初値予想が高騰し利益が出そうな場合、入金が必要な証券口座では、送金など資金移動が間に合わず抽選に参加できず、泣く泣く初値が高騰しそうなIPOを見送ることになってしまいます。

しかし、入金無しで抽選申し込みが行える証券会社を持っていれば、初値予想が直前で高騰した場合でも、とりあえず申し込みを行い、当選後に入金すれば良いという流れになります。

注意点・デメリットは?

[chat face=”thinking-woman.jpg” name=”” align=”right” border=”yellow” bg=”none” style=”maru”]
前受金無しの仕組み、かなり美味しいですけど、デメリットや注意点は無いんですか?
[/chat]

[chat face=”t_ryoma1985.jpg” name=”サイト管理人” align=”left” border=”blue” bg=”none” style=”maru”]
当選後の「入金タイミング」など注意点もあるので解説していきますね。
[/chat]

[box05 title=”注意点・デメリット”]

  • 資金0円でIPO株が購入できる訳ではない
  • 当選した場合は「購入資金」が必要
  • IPOのスケジュールを把握しておくこと

[/box05]

資金無し(0円)でIPO株を購入できる訳ではない

前受金不要だからと言って、IPO株を無料(0円)で購入できるというわけではないので、注意しましょう。

次に解説するように、IPOに当選した場合、購入資金を入金する必要があります。

IPOの購入資金が必要!タイミングにも注意!

IPOに当選した場合は、期日までに(タイミング的に翌営業日など)、IPO株の買付価格(購入金額)を証券口座に入金しておく必要があります。

[chat face=”t_ryoma1985.jpg” name=”サイト管理人” align=”left” border=”blue” bg=”none” style=”maru”]
IPOの買付手数料は、どの証券会社でも無料なので、IPO株の購入金額だけ入金すればOKです。

[/chat]

IPOのスケジュールを頭にいれておく

注意点の2点目としては、IPOスケジュールを頭に入れ、資金移動の計画を立てておく必要があります。

IPOが集中する12月は、様々な証券会社に資金移動をしながら、IPO抽選に応募しなければいけない場合もあるため、資金移動が面倒な方、手間と感じる方は、銀行口座から資金を動かさず、前受金不要の証券会社で当選した場合のみ、銀行口座から証券口座に資金を入金すると良いでしょう。

[chat face=”t_ryoma1985.jpg” name=”サイト管理人” align=”left” border=”blue” bg=”none” style=”maru”]
全てのIPOに参加せずに、絞って抽選に参加するのもアリですね!
[/chat]

証券会社への資金移動や入金・出金は、クイック入金で手数料が無料になるネット銀行を利用すると良いでしょう。楽天銀行や住信SBIネット銀行は、様々な証券会社に対応しており、オススメです。

[chat face=”t_ryoma1985.jpg” name=”サイト管理人” align=“left” border=”blue” bg=”none” style=”maru”]
私は、ハッピープログラムで楽天ポイントがザクザク貯まる「楽天銀行」をメイン口座としているので、楽天銀行を登録しました。
[/chat]

楽天銀行の特徴やメリット・メリット、口コミ・評判などは、以下の記事をご参考ください。

楽天銀行の評判は?7年利用して分かったメリット・デメリット、口コミ・評判を徹底解説

また、各証券会社の手数料無料で入金が出来るネット銀行は、以下の記事をご参考ください。

https://money-laboratory-ryoma.net/ipo-fee/

ちなみに、当サイト管理人は、楽天証券との連携(マネーブリッジ)で楽天銀行の普通預金金利が0.1%になる「楽天銀行」を利用しています。

楽天証券と楽天銀行の連携・口座開設方法、またメリット・デメリットは、以下の記事をご参考ください。

楽天証券と楽天銀行の口座開設を同時にする方法|驚きのメリット・特典とは?

楽天証券と楽天銀行口座の同時開設・連携は、楽天証券の口座開設時に行えます。

楽天証券の詳細確認・口座開設は、以下の公式ページから行えます。今なら口座開設キャンペーンで現金1,500円、また最大25,000円相当のポイントが貰えます

楽天証券 公式ページ

ここまで解説してきたように、前受金不要の証券会社を利用することで、少ない資金で多くのIPO抽選に参加できます。入金のタイミングに注意が必要ですが、抽選の時点で入金が必要ない点は、かなり大きなメリットと言えます。

2019年現在、事前入金無し(0円)で、IPO抽選に参加できる証券会社は、以下の7社がありますので、なるべく多くの証券会社の口座を開設しておいて、抽選の参加機会を増やしましょう。

[box06 title=”前受金が不要な証券会社”]

[/box06]

この中だと、岡三オンライン証券が、事前入金無しの他にも、完全平等抽選や取扱数が多い等、様々なメリットから、8社の中で最もオススメできる証券会社です。

岡三オンラン証券は、取引履歴や保有資産が多くなれば当選確率が10倍程度になる「ステージ制」もあるので、今から積極的に取引を行っていくことで、将来的にIPOの当選確率を飛躍的に高めることも可能です。

岡三オンライン証券IPOの特徴やメリット、デメリット等の評価・解説は、以下の記事をご参考ください。

https://money-laboratory-ryoma.net/okasan-online-ipo/

事前入金0円であれば、事前入金が必要な証券会社と並行してIPO抽選に参加することもできるので、少なくとも一つは口座開設しておくと良いでしょう。

本サイトでのIPOに強い証券会社の比較やランキングは、以下をご参考ください。

[jin_icon_arrowtop] 目次に戻る

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる