最大「5万円分」プレゼント!

【OliveとSBI証券の連携】メリットは?クレカ積立のやり方や三井住友銀行は?

Olive SBI証券 連携

OliveとSBI証券を連携するメリットは、以下の3つがあります。

OliveとSBI証券を連携するメリット
  • 投資信託や米国株の購入で、ポイント還元率+1%
  • Oliveフレキシブルペイで、クレカ積立ができる!
  • SBI証券の取引残高・損益状況もOliveで一括管理できる

そのため、つみたてNISAや投資信託の積立、または米国株への投資を行う方は、OliveとSBI証券を連携して利用するのが、おすすめです!

今なら、SBI証券の投資デビューキャンペーンで、最大1,050,000円相当がもらえるので、この機会に口座開設をしておくとお得です。

\ キャンペーン参加はコチラ /

*最短5分で申し込み・入力完了!
*口座開設費・維持費は全て無料!

SBI証券の口座開設で最大135万円

sbi証券

今なら、SBI証券の投資デビューキャンペーンで、最大1,352,400円がもらえます!

口座開設後の株式・FXなどの取引で、最大135万円がもらえるので、かなりお得です。(2/29まで)

▶︎ SBI証券【公式サイト】を確認

(予算の関係上)予告なく終了する場合もあるので、お早めにどうぞ!

また、Oliveアカウントの登録・開設を行っていない方は、最大351,00円分のポイントがもらえるキャンペーン期間中に、Oliveの登録を行いましょう。

Olive お得な始め方
Oliveのキャンペーン詳細【公式サイト】

今なら、キャンペーンで最大35,100円分のVポイントがもらえるので(3月31日まで)、この機会にOliveアカウントの申込みを行うと、お得です!

\ キャンペーン参加はコチラ /

*Oliveアカウントの申込・維持費は全て無料!

  • 特典付与には条件があり、口座開設とクレジットカード・デビットカードの取引、また証券の取引も含む。
  • 最大35,100円相当は、最上位クレジットカードでの取引が対象。

SMBCグループの新サービス「Olive(オリーブ)」は、三井住友カードや銀行など、SMBCユーザーに向けに2023年からスタートした、お得なサービスです。

Oliveの主なメリット
  • コンビニや飲食店などの対象店舗で、最大20%還元(*)!
  • 選べる特典がお得!毎月Vポイントがもらえる!
  • SBI証券との連携で、さらにお得に!
  • 対象のサービスの利用状況によって、対象の飲食店やコンビニでの利用時に、通常のポイント分を含んだ最大20%ポイントが還元される。
  • 商業施設内の店舗など、一部ポイント加算の対象とならない店舗がある。
  • ポイント還元率の合算は、複数のVポイントアッププログラムの条件を達成した場合、20%を超える事があるが、景品表示法の定めに基づく、実際のポイントアップされる還元率の上限は20%。
サイト管理人

SBI証券とOliveの連携で、普段の買い物がお得になるので、私もOliveアカウントを開設して、SBI証券と連携しました。

このように、お得な「Olive」ですが、

  • 本当に、SBI証券に連携するメリットはある?
  • SBI証券に連携する方法は?
  • 連携する時のデメリット・注意点は?

など多くの疑問・質問があると思います。

そこで、この記事では、OliveとSBI証券を連携するメリットや注意点、また、実際の連携からクレカ積立の設定までの手順を動画・画像を交えて詳しく解説していきます。

サイト管理人

OliveとSBI証券を連携するか?迷っている方、また具体的な連携方法が知りたい方は、ぜひご覧ください!

目次

OliveとSBI証券を連携するメリットは?

Olive SBI証券 連携
SBI証券ユーザー向けのOliveのメリット
サイト管理人

次に、これから投資を始める方、また既に投資を行っている方向けに、SBI証券ユーザーのOliveのメリットを解説していきます。

つみたてNISA・投資信託の積立などで、SBI証券を利用している方、またこれから利用する方は、OliveとSBI証券の連携がお得になります。

SBI証券とOliveの連携・メリット
  • 投資信託や米国株の購入で、ポイント還元率+1%
  • Oliveフレキシブルペイで、クレカ積立ができる!
  • SBI証券の取引残高・損益状況もOliveで一括管理できる
サイト管理人

SBI証券とOliveの連携は、お得度・利便性の両面で、大きなメリットがあります。

それでは、ここから、各メリット(特にVポイントアッププログラムの還元率)について詳しく解説していきます!

OliveとSBI証券を連携するメリット①Vポイントアッププログラムの還元率が最大+2%!

まず、一つ目のメリット、SBI証券での投資信託の取引やNISA口座の利用状況で、Vポイントアッププログラムの還元率がアップする点について解説していきます。

そもそもVポイントアッププログラムとは?

Vポイントアッププログラムは、Oliveの登録や利用、SBI証券の利用状況によって、対象店舗でのポイント還元率が、最大で+6%になる仕組みです。

2023年7月から、SMBCモビットの項目が加わり、最大還元率が「+5%」から「+6%」に増えました!

ポイントアップの項目と、ポイント還元のアップ率は、下表のようになっています。

スクロールできます
対象サービス還元率条件
Oliveアカウントの
選べる特典
+1.0%Oliveアカウントの選べる特典で、
Vポイントアッププログラム+1%を選択
Oliveアカウントの
契約&アプリログイン
+1.0%Oliveアカウントを開設の上、三井住友銀行アプリ
もしくはVpassアプリへ月1回以上ログイン
SBI証券最大
+2.0%
・投資信託の買付(月1回以上):+0.5%
・日本・米国株の買付(月1回以上):+0.5%
・月末のNISA・つみたてNISA口座の保有資産評価額が30万円以上:+1.0%
Oliveアカウントの契約
&住宅ローンのご契約
+1.0%Oliveアカウントに契約の上、
住宅ローンのご契約があること
SMBCモビット+1.0%SMBCモビットを契約して、支払い方法に
Oliveアカウントの契約口座を登録。
Vポイントアッププログラムの還元率内訳

このポイントアップの項目に、SBI証券があり、連携や取引を行うことで、Oliveでの買い物がお得になります。

Vポイントアッププログラムの詳しい解説やOliveで最大20%還元を受ける方法は、以下の関連記事をご参考ください。

関連ページ:Oliveの良い評判・メリット1:対象店舗で最大20%還元

SBI証券との連携後の投資信託の買付でVポイントアッププログラム+0.5%

Vポイントアッププログラムでは、投資信託の買付で、Vポイントの還元率が+0.5%になります。

ポイントアップの条件は、月1回以上の投信買付となっているので、SBI証券でクレカ積立を行っている方であれば、自動で+0.5%のポイントアップ条件を満たすことができます。

項目内容
特典ポイント還元率が+0.5%
条件・OliveとSBI証券の連携
・月一回以上の投資信託の買付
補足・クレカ積立で条件を満たす
・クレカ積立を行なっていない場合、1回以上のスポット購入が必要
【OliveとSBI証券の連携】Vポイントアッププログラム(投資信託編)

積立を設定していない方でも、毎月1日〜月末の内に一度でも投資信託の購入を行えば、ポイントアップの条件を満たすことができます。

Oliveや三井住友カードを使って、SBI証券でクレカ積立を行うメリット・そのやり方は、本記事の後半部分(実践パート)で詳しく解説していきます。

SBI証券クレカ積立のやり方|OliveとSBI証券の連携

SBI証券との連携後の日本株・米国株の買付でVポイントアッププログラム+0.5%

また、日本株、または米国株を購入することで、さらに+0.5%の還元を受ける事もできます。

こちらの条件も、月1回以上の買付となっているので、SBI証券で米国株・ETFの定期買付を設定している方であれば、自動でポイントアップが受けられます。

項目内容
特典ポイント還元率が+0.5%
条件・OliveとSBI証券の連携
・月1回以上、日本株または米国株の買付
補足・米国株/ETFの定期買付で条件を満たす
・米国株/ETFの定期買付を行なっていない場合、
 1回以上の日本株/米国株の買付が必要
【OliveとSBI証券の連携】Vポイントアッププログラム(日本株・米国株編)
サイト管理人

私は、米国株の定期買付を設定していないので、タイミングが合えば、株式を購入してポイントアップを狙って行こうと思います!

つみたてNISA・一般NISAの保有残高30万円以上:+1.0%

さらに、Olive(三井住友カード)のサイト経由で、SBI証券の口座開設を行った方あれば、月末のつみたてNISA、または一般NISA口座での保有残高が、30万円以上で、還元率が+1%にアップします。

項目内容
特典ポイント還元率が+1.0%
条件1三井住友カード経由でSBI証券の口座開設
(三井住友銀行仲介口座)
*後日、三井住友銀行仲介口座に変更可能
条件2つみたてNISA、または一般NISA口座の
月末時点での保有残高が、30万円以上
【OliveとSBI証券の連携】Vポイントアッププログラム(NISA・つみたてNISA)

ちなみに、Olive(三井住友カード)経由で、SBI証券の口座開設を行なっていない方でも、後日、三井住友銀行仲介口座に変更することで、上の表の条件1を満たすことができます。

Vポイントアッププログラムの還元率が合計+2.0%!

OliveとSBI証券の連携後に、ここまで解説してきたVポイントアッププログラムの3つの項目・条件を全てクリアすれば、合計+2%の還元率がアップが行えます。

項目還元率
投資信託を
月1回以上購入
+0.5%
日本株・米国株
月1回以上購入
+0.5%
NISA口座の残高
月末30万円以上
+1.0%
合計(最大)+2.0%
OliveとSBI証券の連携・取引で得られるポイント還元率

ただし、つみたてNISA・一般NISA口座の+1%還元は、三井住友銀行仲介口座のみとなっている点に注意が必要。

ちなみに、まだ、SBI証券を口座開設していない方は、Oliveの登録時にSBI証券を「三井住友銀行仲介口座」として、同時に口座開設が可能です。

この記事の後半部分で同時開設の方法を解説していきますので、ご興味のある方は、ご覧ください。

OliveとSBI証券の連携の準備1:SBI証券の同時開設(三井住友銀行仲介口座)

OliveとSBI証券を連携するメリット②フレキシブルペイで「クレカ積立」ができる!

サイト管理人

次に、2つ目のメリット、Oliveフレキシブルペイの決済で、SBI証券のクレカ積立ができる点について解説していきます!

そもそもOliveフレキシブルペイとは?

Oliveフレキシブルペイは、Oliveアカウントの開設時に発行されるナンバーレスカードで、以下3つの機能(支払いモード)が1枚に集約された高機能カードです。

支払いモード内容
デビットモード三井住友銀行のキャッシュカード機能と
銀行口座からの即時引落しが可能。
クレジットモードクレジットカードの機能。
他の三井住友カードのように使える。
ポイント払いモードOliveや三井住友カード等で貯まる
Vポイントでの支払い
Oliveフレキシブルペイの3つの支払いモード

このOliveフレキシブルペイで、SBI証券のクレカ積立が行えます

サイト管理人

Oliveフレキシブルペイの各種支払いモードの変更は、アプリから簡単に行えます。

Oliveフレキシブルペイのメリットや支払いモードの特徴、設定・変更方法などの詳しい解説は、以下の記事をご参考ください。

関連ページ:Oliveの良い評判4:Oliveフレキシブルペイが便利!

SBI証券のクレカ積立とは?復習

Olive SBI証券 連携

SBI証券のクレカ積立とは、SBI証券で投資信託の毎月自動積立をする際に、積立決済を、三井住友カードで行える投信積立積立サービスです。

SBI証券にお金を入金する手間が省けるうえ、三井住友カードのVポイント還元が受けられる点が特徴です。

SBI証券クレカ積立のメリットや注意点、デメリット等の詳しい解説は、以下の記事をご覧ください。

関連ページ:【SBI証券×三井住友カード】クレカ積立のデメリットは?お得なやり方・経由も解説!

Oliveフレキシブルペイの場合の「SBI証券クレカ積立のVポイント還元率」

また、SBI証券クレカ積立のポイント還元率は、三井住友カードのステイタスと同様に、Oliveフレキシブルを申込時に選択する「アカウントランク」によって変わります

スクロールできます
Oliveフレキシブルペイ
のアカウントランク
還元率年会費
(税込)
一般0.5%無料
ゴールド1.0%5,500円
*条件達成で永年無料
プラチナプリファード 5.0%33,000円
SBI証券クレカ積立の還元率

年会費無料の通常カードであれば「0.5%還元」、年会費5,500円のゴールドカードであれば「1.0%還元」。

そして年会費33,000円のプラチナプリファードの場合、5.0%のVポイント還元を受けることができます。

ここで、毎月5万円を積立する場合を考えると、年間の獲得ポイント数は、

  • 通常カードであれば、年間3,000ポイント
  • ゴールドカードで年間6,000ポイント
  • プラチナプリファードで年間3万ポイント

がもらえます。

Olive SBI証券 連携

ただし、各カードのステイタス・ランクによって、継続特典ボーナスや年会費などに違いがあるので、その点を考慮して、SBI証券のクレカ積立に利用するカードを選びましょう。

Oliveフレキシブルペイのどのランク・ステイタスにすれば良いか?分からない方、また迷っている方は、以下の記事をご参考ください。

関連ページ:###

OliveとSBI証券を連携するメリット③SBI証券の取引状況をOliveで一括管理できる

Olive SBI証券 連携
サイト管理人

3つ目のメリット、OliveでSBI証券の資産管理ができる点について解説していきます。

Oliveでは、三井住友カードや三井住友銀行など、SMBCグループのサービスだけでなく、SBI証券の口座管理も行えます。

OliveでできるSBI証券のこと
  • SBI証券かんたん口座開設
  • 証券口座も一括管理
  • SBI証券で投資信託の購入ができる!

Oliveアカウントを開設すれば、まだ、SBI証券の口座開設を行っていない方であれば、SBI証券のかんたん口座開設が行えます。

かんたん口座開設を利用すれば、SBI証券の口座開設の際には、煩わしい個人情報の入力などはする必要がなく、スムーズに口座開設が行えます。

また、三井住友銀行アプリ内で、SMBCグループのサービスと一括して、SBI証券の口座管理も行えます。

さらに、投資信託の購入もアプリ内からできてしまうので、Oliveアカウントだけで、SBI証券にログインせずに、投資を完結させる事ができます。

SBI証券とOliveを連携するメリット【まとめ】

ここまで解説してきたように、OliveとSBI証券を連携することは、ポイント還元でのお得度アップや、資産管理の利便性のアップなど、大きなメリットがあります。

そのため、SBI証券をこれから利用する方だけでなく、すでにSBI証券ユーザーの方に、Oliveは、オススメの連携サービスと言えます。

サイト管理人

それでは、ここから、SBI証券とOliveを連携する際の注意点や具体的な連携方法、またクレカ積立の設定方法を解説していきます!

OliveとSBI証券を連携するデメリット・注意点は?

Olive SBI証券 連携
サイト管理人

次に、OliveとSBI証券を連携する際の注意点・デメリットについて解説していきます。

ここまで解説してきたように、OliveとSBI証券の連携には多くのメリットがありますが、以下のような注意点もあります。

OliveとSBI証券の連携に関する注意点
  • 引落口座は、三井住友銀行のみ
  • SBI証券が三井住友銀行仲介口座かどうかで特典が違う
  • OliveとSBI証券の連携にやや手間がかかる

どの注意点も大きなデメリットと言うほどのものではありませんが、頭に入れておくことで、OliveとSBI証券をお得に活用することができます。

サイト管理人

ここから、それぞれの注意点について詳しく解説していきます。

OliveとSBI証券の連携【注意点1】フレキシブルペイの引落口座は三井住友銀行のみ

Olive SBI証券 連携

まず、一つ目の注意点が、Oliveフレキシブルペイの引き落とし口座に、三井住友銀行しか選べない点です。

他の三井住友カードの場合、引落口座に、住信SBIネット銀行やSBI新生銀行が選択できますが、Oliveフレキシブルペイでは、三井住友銀行しか選べません。

カード引落口座に
登録可能な銀行
Oliveフレキシブルペイ三井住友銀行のみ
三井住友カード大手メガバンク、
ネット銀行など多数
三井住友カードの引き落としに利用できる金融機関

そのため、SBI証券クレカ積立でOliveフレキシブルペイを利用する場合、積立決済額などを含む引き落とし金額を三井住友銀行に振り込む必要があります。

毎月、振り込むが必要な場合、手間もかかりますが、Oliveの選べる特典の設定で「毎月200ポイント」をもらうこともできるので、お得度はアップします!

Olive「選べる特典」の特徴やメリット、設定方法は、以下の記事ページをご覧ください。

関連ページ:Oliveの良い評判・メリット3:選べる特典がお得!

サイト管理人

私自身も、SBI証券クレカ積立の決済額などを毎月、三井住友銀行に振り込んでいます!

OliveとSBI証券の連携【注意点2】三井住友銀行仲介口座かどうかでポイント還元が違う

OliveとSBI証券を連携するメリット①Vポイントアッププログラムの還元率が最大+2%!」で解説したように、OliveとSBI証券を連携すると、SBI証券の利用状況に応じて、最大+2%還元が受けられます。

ただし、最大+2%還元が受けられるのは、三井住友銀行仲介口座の方のみとなっている点に注意しましょう。

SBI証券を三井住友銀行の仲介口座にするには、以下の2つのパターンがあります。

SBI証券の口座開設方法
まだ口座を持っていないOliveのアカウント開設時にSBI証券を同時開設する
すでに口座開設済み三井住友銀行仲介口座への変更手続きを行う
SBI証券を三井住友銀行仲介口座にする二つのパターン

パターン1:OliveアカウントとSBI証券の同時開設

まだ、SBI証券の口座開設を行っていない方であれば、Oliveアカウントの開設の際に、SBI証券の同時開設を行うことで、SBI証券を三井住友銀行仲介口座にすることができます

OliveとSBI証券の同時開設の具体的なやり方は、本記事の以下のパートをご覧ください。

OliveアカウントとSBI証券を同時に口座開設する方法|OliveとSBI証券の連携

パターン2:SBI証券を三井住友銀行仲介口座へ変更する

すでに、SBI証券を口座開設してしまっている方でも、三井住友銀行仲介口座に変更することが可能です。

SBI証券を三井住友銀行の仲介口座に変更する方法は、本記事の以下のパートをご覧ください。

SBI証券を三井住友銀行仲介口座へ変更する方法|OliveとSBI証券の連携

SBI証券が三井住友銀行の仲介口座でない場合でも、投資信託や米国株・日本株の取引で、最大+1%還元が受けられますが、

どうしても、最大+2%の還元アップを狙いたい方は、三井住友銀行仲介口座すると良いでしょう。

OliveとSBI証券の連携【注意点3】設定・作業にやや手間がかかる

OliveとSBI証券の連携作業に、やや手間がかかる点もデメリットの一つです。

ただし、一回設定を済ませてしまえば良いので、早めに設定してしまいましょう。

OliveアカウントやSBI証券の口座開設、またOliveとSBI証券の連携方法・設定については、この後、画像・動画つきで詳しく解説していきます。

この他、Oliveアカウント自体のデメリットやお得に使うための注意点は、以下の記事をご参考ください。

関連ページ:【デメリット20選】Olive(オリーブ)アカウントの注意点は?三井住友の口座サービスを解説

OliveとSBI証券の連携・設定のやり方【完全ガイド】

それでは、OliveとSBI証券の具体的な連携・設定方法について、画像や動画を交えて詳しく解説していきます。

サイト管理人

口座開設や連携を行う方は、ぜひご覧ください。

OliveとSBI証券の連携の準備1:SBI証券の同時開設(三井住友銀行仲介口座)

始めに、OliveとSBI証券の連携の前段階(準備段階)として、OliveアカウントとSBI証券の口座開設が終わっていない方は、済ませてしまいましょう。

Oliveアカウントの登録や申込み方法は、以下の記事をご参考ください。

関連ページ:【Olive紹介コード付】三井住友オリーブのお得な始め方で1,000ポイント!

また、SBI証券の口座開設を行っていない方は、Oliveアカウントの以下のような方法で、同時開設が行えます。

OliveアカウントとSBI証券を同時開設する方法

STEP
SBI証券の同時口座開設画面

Oliveの設定⑪までで、申し込みが完了すると、以下のような画面が表示されます。

Olive SBI証券 連携
SBI証券の同時口座開設

プロモーションを確認しつつ、画面下部へスクロールします。

STEP
SBI証券の口座開設を申し込み、または「申し込まない」

STEP1の画面を下部へスクロールしていくと、こちらのような画面が現れます。

Olive SBI証券 連携
SBI証券の口座開設を申し込み画面

ここで、SBI証券の口座開設を行う方は、「上記に同意しました」のチェックボックスをタップして、「同意して次へ」をタップします。

また、SBI証券を、すでに口座開設している方、またはSBI証券の口座開設をしない方は、「SBI証券口座を申し込まない」をタップしましょう。

サイト管理人

私は、すでにSBI証券の口座を持っているので、「SBI証券口座を申し込まない」を選びました。

OliveとSBI証券の連携の準備2:SBI証券を三井住友銀行仲介コースへの変更方法

また、すでにSBI証券を口座開設済みの方で、三井住友銀行仲介コースへの変更した方は、以下の手順で変更可能です。

三井住友銀行仲介コースへの変更方法

STEP
三井住友銀行仲介口座への変更の申し込みをする

始めに、以下のリンクから「SBI証券お客さまサイト」へログインして、仲介口座への変更を申し込みます。

三井住友銀行仲介口座への変更のお申し込みへ進む

上記リンクをクリックすると、こちらのような画面が表示されますので、説明に沿って手続きを行います。

仲介口座の変更申込ページ|SBI証券
仲介口座の変更申込ページ|SBI証券

画面の下の方へスクロールすると、こちらのような画面が表示されますので、同意事項を確認します。

最後に、お持ちのSBI証券の取引パスワードを入力して、「同意して続ける」をクリックしましょう。

同意事項の確認と取引パスワードの入力|SBI証券仲介コースの変更
同意事項の確認と取引パスワードの入力|SBI証券仲介コースの変更
STEP
SBI証券にログインして仲介コースを確認

STEP1の手続きが完了すると、下図のように、SBI証券のログイン画面内に、左上に三井住友銀行ロゴの表示がされます。

SBI証券(三井住友銀行仲介口座)の場合のログイン後の画面
SBI証券(三井住友銀行仲介口座)の場合のログイン後の画面
サイト管理人

SBI証券のお客さまサイトログイン後の【重要なお知らせ】に、変更完了の通知が届きます!

OliveとSBI証券の連携・設定

OliveアカウントとSBI証券が揃ったら、いよいよOliveとSBI証券を連携します。

始めに、SBI証券の証券口座とOliveアカウントを連携する所から解説していきます。

STEP
三井住友銀行アプリを開く

SBI証券とOliveアカウントの連携は、三井住友銀行アプリから行います。

そのため、はじめに、三井住友銀行アプリを開き、ホーム画面を下に移動(スクロール)します。

三井住友銀行アプリのホーム画面
三井住友銀行アプリのホーム画面
STEP
「SBI証券と連携」をタップ

ステップ1で、ホーム画面を下へスクロールすると、上図のような画面が表示されますので、「SBI証券と連携」をタップしましょう。

「SBI証券と連携」をタップ|Oliveアカウントの連携
「SBI証券と連携」をタップ
STEP
利用についての事項を読んで「次へ」

ステップ2で、「SBI証券と連携をタップ」すると、以下のような画面に移りますので、「連携情報のご登録にあたって」という項目を確認して、「次へ」をタップします。

利用についての事項を読んで「次へ」|SBI証券とOliveアカウントの連携
利用についての事項を読んで「次へ」
STEP
SBI証券 IDコネクトサービス利用規約に同意する

ステップ3で「次へ」をタップすると、以下のような利用規約の確認画面が表示されます。

利用規約の確認・連携情報の認証|SBI証券とOliveアカウントの連携
利用規約の確認・連携情報の認証

内容を確認して、「SBI証券 IDコネクトサービス利用規約に同意する」のチェックボックスをタップしましょう。

STEP
ユーザーネーム・パスワードを入れて認証

STEP4で画面下部に移動すると、こちらのような画面が現れますので、ここで、SBI証券の

  • ユーザーネーム
  • パスワード

を入力して、「連携する」をタップします。

SBI証券のID・パスワードを入力して連携
SBI証券のID・パスワードを入力して連携
STEP
SBI証券口座との連携完了画面

ステップ5までで、無事に、SBI証券とOliveアカウントの連携が完了すると、以下のような画面が表示されます。

SBI証券とOliveアカウントの連携完了画面
SBI証券とOliveアカウントの連携完了画面

「はい」をタップすることで、三井住友銀行アプリのホーム画面に戻ります。

また、SBI証券とOliveアカウントの連携が無事完了すると、以下のような「【SBI証券 IDコネクトサービス認証】のお知らせ」という題名のメールが送付されてきます。

「SBI証券 IDコネクトサービス」認証のお知らせ
「SBI証券 IDコネクトサービス」認証のお知らせ
サイト管理人

ここまでで、OliveアカウントとSBI証券の連携が完了しました!
お疲れ様でした!

OliveとSBI証券の連携・クレカ積立のやり方

サイト管理人

次に、Oliveフレキシブルペイで、SBI証券のクレカ積立を始める方法を解説していきます。

OliveでSBI証券クレカ積立を始める手順・設定方法

次に、SBI証券の投資信託の積立で、Oliveフレキシブルペイ(クレジットモード)の決済を利用する方向けに、設定方法を解説していきます。

ゴールドであれば「1%還元」、プラチナプリファードであれば「5%還元」を受けられるので、SBI証券で投資信託の積立を行う方は、ぜひ設定しましょう!

すでに、SBI証券でクレカ積立の設定を行っており、Oliveフレキシブルペイで別のカードにクレジット決済を変更したい方は、以下をご参考ください。

【SBI証券クレカ積立】すでに設定済みの三井住友カードをOliveフレキシブルペイに変更する方法

STEP
積立したい銘柄を「積立買付」
SBI証券クレカ積立の設定1:積立したい銘柄から「積立買付」
積立したい銘柄から「積立買付」

まず、積立したい銘柄の「積立買付」をクリック・タップします。

積立する投資信託の選び方、またSBI証券のつみたてNISAで人気の投信は、以下をご参考ください。

STEP
クレジットカードを登録
SBI証券クレカ積立の設定2:クレジットカードの登録
SBI証券クレカ積立の設定2:クレジットカードの登録

始めてクレカ積立を行う場合、カード登録が必要になるので「クレジットカード登録はこちら」をクリック・タップしましょう。

STEP
利用規約に同意して、三井住友カードのページへ
利用規約に同意して、取引パスワードを入力
利用規約に同意して、取引パスワードを入力

確認事項に同意して、本人確認・クレジットカード登録に進みます。

STEP
SMBC ID、またはVpass IDでログイン

STEP3で、「カード会員認証へ」をタップすると、以下のようなが画面へ遷移します。

Vpass ID、またはSMBC IDでログイン
Vpass ID、またはSMBC IDでログイン

この画面が表示されたら、画面上部の「VpassIDログイン」または「SMBC IDログイン」を選んで、ID・パスワードを入力後に、ログインしましょう。

サイト管理人

私の場合、Oliveアカウントの作成時に新しく発行した「SMBC ID」でログインしました!

STEP
クレカ決済に利用する三井住友カードを選ぶ

STEP4で解説したようなやり方で、無事にログインが完了すると、以下のような画面へ移動します。

SBI証券の積立決済に利用するカードを選んで「次へ進む」
SBI証券の積立決済に利用するカードを選んで「次へ進む」

SMBC IDやVpassIDに複数枚の三井住友カードやOliveフレキシブルペイが登録・紐付けされている場合、どのカードをSBI証券の投信積立の決済に利用するか、選びましょう。

デフォルト・初期設定では、メインカードとしている登録中のカードが、表示されています。

サイト管理人

上の画像例は、複数枚カードを紐付けしていて、Oliveフレキシブルペイ(プラチナプリファード)をメインカードに登録している場合の例です。

SBI証券の積立で、クレジット決済に利用するカードを選んで、「次へ進む」をクリックしましょう。

STEP
積立決済に使うカードと同意事項の確認

STEP5で、「次へ進む」をクリックすると、以下のような画面へ移動します。

積立決済に使うカードと同意事項の確認
積立決済に使うカードと同意事項の確認

この場面では、画面上部のSBI証券の積立決済に利用する三井住友カード(Oliveフレキシブルペイ)と「サービスへの同意」事項を確認します。

クレジットカードと「お客様登録情報の教受について」等を確認して、次へ進みます。

STEP
三井住友カードつみたて投資の登録完了画面

STEP6が完了すると、以下のような画面が表示されます。

三井住友カードつみたて投資/クレカ積立の登録完了画面
三井住友カードつみたて投資/クレカ積立の登録完了画面
サイト管理人

ここまでで、カードの登録が完了したので、ここから、毎月の積立金額などを設定していきます。

STEP
SBI証券の積立画面で決済方法の選択と積立金額の入力

クレジットカードの登録が完了したら、決済方法を「クレジットカード」に選択、積立金額を入力します。

SBI証券クレカ積立の設定4:決済方法「クレジットカード」と積立金額を入力
決済方法「クレジットカード」と積立金額を入力
STEP
投資信託・ファンド情報の確認

STEP8で「次へ」をクリックすると、以下のような、ファンド情報の確認画面が表示されます。

ファンド情報の確認画面|SBI証券三井住友カード投信積立の設定
ファンド情報の確認画面

投資信託の手数料(買付手数料・信託報酬・信託財産留保額)や目論見などを確認して、先に進みましょう。

STEP
取引パスワードを入力して、積立設定

STEP9で、投資信託の情報を確認・同意したら、次のような画面が表示されます。

取引パスワードを入力して、積立設定|SBI証券三井住友カード投信積立の設定
取引パスワードを入力して、積立設定

以下の情報を確認して、画面下部にある「取引パスワード」を入力し、「設定する」をクリックして、投資信託の積立設定を完了させましょう。

積立設定の確認事項
  • ファンド名
  • 積立コース
  • 積立金額
  • 次回発注日

「設定する」をクリックすると、下図のような、積立設定画面が表示されます。

積立設定の完了画面|SBI証券三井住友カード投信積立の設定
積立設定の完了画面

再度、投信積立の設定状況を知りたい場合、画面上の「現在の積立設定を確認する場合はこちら」をクリックすることで、設定内容や積立スケジュールが確認できます。

STEP
積立設定・スケジュールの確認

STEP10で、「現在の積立設定を確認する場合はこちら」をクリックすると、以下のような画面に移動します。

SBI証券クレカ積立の設定5:積立注文の確認
積立注文の確認

積立設定が完了したら、「投信(積立買付)」から、申し込み内容を確認します。

画面下部へスクロールすると、積立銘柄と積立金額、そして次回発注日の確認が行えます。

SBI証券クレカ積立の設定6:積立銘柄と金額の確認
SBI証券クレカ積立の設定6:積立銘柄と金額の確認

「クレジットカード」のタブをクリック・タップすると、登録済みのクレジットカードや積立の発注日、引落日が確認できます。

SBI証券クレカ積立の設定7:積立スケジュール・金額の確認
積立スケジュール・金額の確認
サイト管理人

ここまでで、SBI証券のクレカ積立の設定は、完了です!
お疲れ様でした!

SBI証券クレカ積立を三井住友カードからOliveフレキシブルペイに変更する方法

すでに、SBI証券のクレカ積立で、三井住友カードを設定していて、Oliveフレキシブルペイを新たに発行した方向けに、積立決済に利用するカードを変更する方法を解説していきます。

今回は、三井住友カード ゴールド(NL)からOliveフレキシブルペイ(プラチナプリファード)へ変更した例となっていますが、基本的な手順・流れは、全ての変更で同様です。

STEP
SBI証券にログイン後、取引タブから「投資信託」へ

はじめに、SBI証券にログインして、画面上部の「取引」タブにカーソルを合わせます。

SBI証券にログインして、「投資信託>積立」をクリック|SBI証券クレカ積立に利用する三井住友カードの変更方法
SBI証券にログインして、「取引>投資信託」をクリック

取引タブにカーソルを合わせると、上の図のように「投資信託」というリンクが表示されますので、こちらをクリックしましょう。

STEP
投信(積立買付)へ進む
「投信(積立買付)」をクリック
「投信(積立買付)」をクリック
STEP
積立設定一覧から「解除」

STEP2が完了すると、以下のような積立設定一覧が表示されます。

「解除」リンクから、クレジットカード決済で積立している設定を一旦全て解除しましょう。

クレカ積立の設定を一旦全て解除
クレカ積立の設定を一旦全て解除

三井住友カードを変更するには、一旦、変更前のカードで行っている投信積立を全て「解除」する必要があります。

上の画面で、「解除」をクリックすると、以下のような解除の確認画面が表示されます。

取引パスワードを入力して、「解除する」をクリックしましょう。

取引パスワードを入力して、「解除する」をクリック
取引パスワードを入力して、「解除する」をクリック

無事、積立設定の解除が完了すると、以下のような画面が表示されます。

「積立設定の解除」完了画面
「積立設定の解除」完了画面
STEP
クレジットカードの管理画面へ

STEP3で、積立設定の解除が完了したら、クレジットカードの管理画面へ移動します。

クレジットカードの管理画面へ
クレジットカードの管理画面へ

STEP2の画面「投信(積立買付)」に戻り、「クレジットカード」というタブをクリックしましょう。

STEP3の「積立設定の解除」完了後に、投信(積立買付)へ移動すると、上の図のように、

  • 1ヶ月あたりの積立金額の概算
  • 1年あたりの積立金額の概算
  • 次回発注予定の発注金額

などが、0円に変更されていることが確認できます。

STEP
現在の三井住友カードを「解除」

STEP4で、クレジットカードをクリックすると、以下のようなクレジットカードの管理画面へ移動します。

クレジットカードを「解除する」
クレジットカードを「解除する」

三井住友カード発行カードの右横にある「解除する」をクリックして、解除手続きを行います。

「解除する」リンクを押すと、以下のような登録解除画面が表示されますので、ここで、

  • ご登録カード番号の確認
  • 取引パスワードを入力

して、先に進みます。

三井住友カードの登録解除画面
三井住友カードの登録解除画面

最後に、以下のような確認画面が表示されますので、

  • カード番号
  • 有効期限

を確認して、「次へ」をクリックします。

登録解除するカード番号と有効期限をチェックして「次へ」
登録解除するカード番号と有効期限をチェックして「次へ」

無事に、カード登録の解除が完了すると、以下のような画面が表示されます。

カード登録の解除完了画面
カード登録の解除完了画面
STEP
クレジットカード管理で確認

STEP5の画面で、「クレジットカード管理へ」をクリックすると、以下のような画面が表示されます。

カード登録解除後のクレジットカードの管理画面
カード登録解除後のクレジットカードの管理画面

解除前の画像(STEP5の最初の画像)と違い、登録カードなしと記載されていることが分かります。

サイト管理人

ここまでで、変更前のカードの解除は完了です!

この後は、この管理面上の「カードを登録する」から、Oliveフレキシブルペイの新たなカードを登録しても良いですし、「始め方2:SBI証券クレカ積立の設定・カード変更方法」で解説した手順で、クレジットカードの登録と積立設定を行ってもOKです。

【動画】OliveとSBI証券の連携方法・フレキシブルペイでクレカ積立する方法

OliveとSBI証券の連携方法やメリット、またOliveフレキシブルペイの決済で、SBI証券で投資信託の積立を行う方法・初期設定などの解説を動画で、ご覧になりたい方は、マネーの研究室のYoutubeチャンネルをご覧ください。

OliveとSBI証券の連携【まとめ】ポイント還元やクレカ積立はメリット大?

Olive(オリーブ)とSBI証券を連携するメリットや注意点、また、連携方法やSBI証券との連携後に、クレカ積立を設定する方法などを解説してきました。

OliveとSBI証券の連携【まとめ】
  • 投資信託や米国株の購入で、ポイント還元率+1%
  • Oliveフレキシブルペイで、クレカ積立ができる!
  • SBI証券の取引残高・損益状況もOliveで一括管理できる!
  • 引落口座は、三井住友銀行のみ
  • SBI証券が三井住友銀行仲介口座かどうかで特典が違う
  • OliveとSBI証券の連携にやや手間がかかる!

最初の設定にやや手間がかかりますが、一度連携してしまえば、Oliveの買い物がお得になります。

また、SBI証券でクレカ積立を行う場合も、最初に設定してしまえば、Vポイントアッププログラムの+0.5%を確保できます!

関連ページ:SBI新生銀行と住信SBIネット銀行の違いは?どっち?SBI証券NISA(つみたて)なら?

【OliveとSBI証券の連携】よくある質問

サイト管理人

SBI証券の連携先「Olive」のよくある質問に回答していきます。

Oliveの評判は良い?メリットは?

Oliveは、SBI証券との連携の他にも、以下のようなメリットがあります。

Oliveの主なメリット
  • コンビニや飲食店などの対象店舗で、最大20%還元!
  • 選べる特典がお得!毎月Vポイントがもらえる!
  • 三井住友カードや三井住友銀行などが一括管理できる利便性!

各メリットの詳細やOliveの口コミや評判などの詳しい解説は、以下の記事をご参考ください。

Oliveアカウントにデメリットや注意点はある?

お得で便利なOliveですがには、以下のような注意点もありますので、頭に入れて活用しましょう。

Oliveの注意点・理解しておくべきポイント
  • 三井住友銀行の口座開設が必要
  • Oliveフレキシブルペイが必須
  • Vポイントアッププログラムの対象店舗が少なめ
  • 選べる特典が初期設定のままだとポイントがもらえない!
  • 既に三井住友カードを発行済みの方は、年間利用額のステイタスなどを引き継げる

Oliveアカウントのデメリットや注意点の詳しい解説は、以下の関連記事をご参考ください。

Oliveをお得に始める方法は?紹介コードは?

Oliveは、アカウント開設時に、紹介コードの入力やその後の入金で1,000ポイントがもらえます。

Oliveの紹介コードでお得に始める方法や初期設定の詳しい解説は、以下の関連記事をご参考ください。

関連ページ:【Olive紹介コード付】三井住友オリーブのお得な始め方で1,000円分のVポイント!

Oliveで貯まるVポイントの一番お得な使い方は?

Oliveで貯まるVポイントは、以下のような様々な使い道があります。

Vポイントの主な使い道
  • 三井住友カードの支払い充当
    (新キャッシュバック)
  • SBI証券の投資信託の買付に使用
  • 三井住友銀行の振込手数料に充当
  • マイレージ・提携ポイントに交換

など多数!

私の場合、1P=1円で手軽に利用できる「三井住友カードの支払い充当」を利用していますが、個人の生活・消費スタイルに合わせて、皆様にぴったりの使い方を見つけてみてください!

Vポイントのお得な使い方や活用方法は、以下の記事をご覧ください。

関連ページ:Vポイントの一番お得な使い方は?おすすめ交換先や使えるお店、三井住友カードの使い道は?

Olive以外のVポイントの貯め方は?裏ワザ的な方法はある?

Olive以外にも、Vポイントを貯めるには、以下のような方法があります。

Vポイントの貯め方
  • 三井住友カードの継続特典で最大4万ポイント!
  • SBI証券の三井住友カード投信積立!
  • 三井住友カードのコンビニ利用で7%還元!
  • 家族ポイントの登録
  • SBI証券で投資信託の保有
  • 三井住友銀行の利用

本記事で解説したクレカ積立以外にも、SBI証券でVポイントを貯める方法がいくつかあります!

Vポイントの各貯め方の詳しい解説や裏ワザ的な方法は、以下の記事をご覧ください。

関連ページ:Vポイントの貯め方【裏ワザ9選】三井住友カードの効率的な使い方・貯まる店を解説!

Olive SBI証券 連携

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

橘 龍馬のアバター 橘 龍馬 サイト管理人

投資歴7年、30代3児の父。理学博士。
投資・節約の専門メディア「マネーの研究室」のサイト管理人。
インスタ・Twitterも更新!

【サイト利用時の注意点・免責事項】

 

掲載の情報は、信頼するに足ると信じる情報に基づいて作成したものですが、当サイトのデータの正確性は保証されていませんので、ご注意下さい。

本サイトの情報等を用いて行う行為に関して、その責任は全て利用者自身に帰属します。万一、利用者が何らかの損害を被った場合、その損害に関して当サイト管理者および情報を提供している第三者は一切の責任を負うものではありません。

本サイトは投資家・金融サービス利用者への情報提供を目的としており、証券・FXに関する契約締結の代理、媒介、斡旋、売買推奨、投資勧誘等を行うものではありません。

また、当ブログに記載の仮想通貨は暗号資産のことを指します。

目次