Amazonギフト券「3,000円」プレゼント!

【2021年版】アメリカ・米国ETFのオススメは?投資信託と比較・一覧

世界経済(世界の株式市場)を牽引する、米国経済(米国株式市場)への投資を目的とした投資商品には、たくさんのETFインデックスファンド等があります。

S&P500NYダウと連動した成績を目指す低コスト商品から、スマートベータ型まで幅広い商品があります。

そこで、本ページでは、米国株式市場への投資を目的としたETFやインデックスファンドを紹介していきます。投資方法の特徴や手数料(信託報酬・手数料)などを比較しつつ、注目のファンドなどを紹介していきます。

本記事では解説していない「米国株・ETFの少額への(1株未満株)投資」の方法は、以下をご参考ください。

【米国株】ミニ株(1株未満)で少額投資!1万円以下のポートフォリオを作る方法

目次

米国ETFが投資初心者にオススメな理由は?

米国ETFの特徴・メリット

##リスク分散

米国ETFの特徴・メリット
  • リスク分散
  • 投資信託よりも低コスト
  • 多様な投資対象
    *様々なセクター・国・地域に可能

米国株(個別銘柄)のリスクを分散できる

低コスト!手数料(経費率)が安い!

【選び方】米国ETFを選ぶ3つのポイント

投資スタイルからベンチマークを決める

手数料(経費率)は安い?

米国株インデックスファンドの比較・一覧

いよいよ、米国株式市場への投資を目的とした投資商品を解説していきます。はじめに、インデックスファンドについて、比較・一覧、おすすめ商品、またお得な購入先を解説します。

ファンド一覧

米国株式への投資を目的としたインデックスファンドには、以下のものがあります。米国の代表的な株価指数であるNYダウやS&P500だけでなく、25年以上増配を続けている企業だけをピックアップしたS&P500配当貴族指数をベンチマークとするファンド等があります。

ファンド名信託報酬(税抜)ベンチマーク
SBI・バンガード・S&P500インデックスファンド0.09264%S&P500
eMAXIS Slim米国株式(S&P500)0.16%S&P500
楽天・全米株式インデックス・
ファンド
0.17%CRSP USトータル・マーケット・インデックス
iFree S&P500インデックス0.225%S&P500
iFree NYダウインデックス0.225%NYダウ
たわらノーロードNYダウ0.225%NYダウ
米国株式インデックス・ファンド0.45%S&P500
SMTダウジョーンズ・インデックス・オープン0.50%NYダウ
SMT米国株配当貴族インデックス・オープン0.55%S&P500配当貴族指数
野村インデックスファンド・米国株式配当貴族0.50%S&P500配当貴族指数
i-mizuho米国株式インデックス0.57%S&P500
eMAXIS NYダウインデックス0.60%NYダウ

注目ファンドは?

注目ファンドは、なんといっても信託報酬が年率0.19%と飛び抜けて安い楽天・全米株式インデックス・ファンド(楽天VTI)です。投資コストは、我々投資家への確実なマイナスリターンとなり、投資パフォーマンスを悪化させます。そのため、本ファンドのように、コストの安いファンドを選ぶことが、パフォーマンス向上のために重要です。

また、楽天VTIのベンチマークとなっているCRSP USトータル・マーケット・インデックスは、構成銘柄数が3,000銘柄以上と、S&P500やNYダウなどの一般的な米国株指数よりも多く、分散性の観点からも優れいています。

ただし、S&P500やNYダウに連動するファンドが良い方は、iFree NYダウインデックスiFree S&P500インデックスなどもあります。また、増配を長年続けている優良企業群へ分散投資したい場合、野村インデックスファンド・米国株式配当貴族SMT米国株配当貴族インデックス・オープンを利用しても面白いかもしれません。

米国株ETFの比較・一覧

次に、米国株式ETFの比較・一覧や注目商品、またお得な購入先を解説していきます。

ETF一覧

米国株式市場への投資を目的としたETFには、以下のものがあります。米国の代表的な株価指数であるNYダウやS&P500や、大型株だけでなく中小型株まで含むCRSP USトータル・マーケット・インデックスをベンチマークとするETFがあります。

銘柄名(コード・ティッカー)信託報酬
(経費率)
ベンチマーク種類
バンガード・S&P500ETF(VOO)0.03%S&P500米国ETF
バンガード・トータル・ストック・
マーケットETF(VTI)
0.03%CRSP USトータル・
マーケット・インデックス
米国ETF
iシェアーズS&P500ETF(IVV)0.04%S&P500米国ETF
SPDR S&P500 ETF(1557)0.095%S&P500国内ETF
UBS ETF米国株(1393)0.14%MSCI米国インデックス国内ETF
Simple-X NYダウ・ジョーンズ・
インデックス上場投信(1679)
0.15%NYダウ国内ETF
上場インデックスファンド米国株式
(1547)
0.16%S&P500国内ETF

人気ランキング

個人投資家に、人気・注目を集めている米国ETFを見ていきます。下表は、保有人数の多い米国ETFランキングです。保有人数が多いETFということで、中長期投資向きの超低コストETFが上位を占めています。

順位銘柄名特徴
1位バンガード・トータル・ワールド・ストックETF(VT)FTSEグローバル・オールキャップ・インデックスをベンチマークとする全世界の株式市場への投資を目的としたETF
2位バンガード・FTSE・エマージング・マーケッツETF(VWO)FTSEエマージング・オールキャップ・インデックスをベンチマーク。新興国株式市場が投資対象
3位iシェアーズ米国優先株式ETF(PFF)優先株のパフォーマンスを測る指標がベンチマーク
4位バンガード・トータル・ストック・マーケットETF(VTI)米国株式市場が投資対象。ベンチマークはCRSP USトータル・マーケット・インデックス
5位バンガード・S&P500ETF(VOO)米国株式市場が投資対象。ベンチマークはS&P500
6位バンガード米国高配当株式ETF(VYM)米国の高配当株に特化したETF
7位iシェアーズS&P500ETF(IVV)米国株式市場が投資対象。ベンチマークはS&P500
8位iシェアーズMSCIエマージングETF(EEM)新興国株式市場が投資対象。ベンチマークはMSCIエマージング指数
9位iシェアーズMSCIコクサイETF(TOK)日本を除く先進国の株式市場が投資対象。MSCIコクサイがベンチマーク
10位iシェアーズMSCI EAFE ETF(EFA)ヨーロッパ、オーストラリアおよび東アジアの株式

SBI証券のデータを参考(2017/5/19現在)

インデックス投資家の中で人気のバンガード・トータル・ワールド・ストックETF(VT)が1位に輝いています。信託報酬0.1%台と超低コストで、全世界(先進国・新興国含む)の株式へ投資できるということで、低コスト分散投資の鉄板銘柄とも言えます。

VTの他には、新興国株式市場や米国株式市場へ投資するETFが上位となっています。ETFのブランドとしては、経費率が非常に安いバンガードETFが人気のようです。

注目ETFは?

注目は、経費率(信託報酬)0.04%のiシェアーズS&P500ETF(IVV)バンガード・S&P500ETF(VOO)バンガード・トータル・ストック・マーケットETF(VTI)の3本です。手数料が他ETFと比べて、圧倒的に安くなっています。

VOOとVTIの違いは、構成銘柄数とその比率です。VOOは、S&P500に含まれる米国主要500社だけが投資対象です。一方、VTIは、S&P500の採用銘柄に加えて、米国市場に上場する中小型株式も含まれています。そのため、VTIの方がカバー範囲が広くなっています。

ちなみ、両者の過去10年のパフォーマンスは、ほとんど変わりません(下表参照)。個人的には、構成銘柄数が多く分散性もあり、中小型株の成長も取り込めるVTIが好みです。

VTIとVOOのパフォーマンス比較

VTIとVOOのパフォーマンス比較
VTIとVOOのパフォーマンス比較
参照:yahoo finance

以下、米国ETFを紹介しましたが、国内のETFの方が良いという方は、SPDR S&P500 ETF(1557)が良いでしょう。国内株式同様に売買ができるうえ、auカブコム証券であれば、売買手数料無料(フリーETF)で取引できます。

S&P500に連動する米国ETF【おすすめ3選】

ナスダック100指数に連動する米国ETF【おすすめ3選】

米国ETFをお得に取引する方法|おすすめ証券会社は?

購入手数料0円!無料はDMM.com証券「DMM株」だけ!

投資情報は「マネックス証券」が充実

米国ETF投資の始め方

ここまで解説してきた、米国ETFの選び方・おすすめETF・お得に取引できる証券を踏まえて、米国ETFで投資を始める方法を解説していきます。

実際の購入方法

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

橘 龍馬のアバター 橘 龍馬 サイト管理人

投資歴7年、30代3児の父。理学博士。
投資・節約の専門メディア「マネーの研究室」のサイト管理人。

【サイト利用時の注意点・免責事項】

 

掲載の情報は、信頼するに足ると信じる情報に基づいて作成したものですが、当サイトのデータの正確性は保証されていませんので、ご注意下さい。

本サイトの情報等を用いて行う行為に関して、その責任は全て利用者自身に帰属します。万一、利用者が何らかの損害を被った場合、その損害に関して当サイト管理者および情報を提供している第三者は一切の責任を負うものではありません。

本サイトは投資家・金融サービス利用者への情報提供を目的としており、証券・FXに関する契約締結の代理、媒介、斡旋、売買推奨、投資勧誘等を行うものではありません。

また、当ブログに記載の仮想通貨は暗号資産のことを指します。

目次
閉じる