Amazonギフト券「3,000円」プレゼント!

PayPay証券は儲かる?銘柄や配当金、おすすめ運用法(米国株)など解説

PayPay証券は儲かる?銘柄や配当金、おすすめ運用法(米国株)など解説

本記事では、PayPay証券は儲かるか?米国株の実際の運用実績を元に検証していきます。
また、おすすめの運用法や銘柄、配当金なども解説していきます。

サイト管理人

PayPay証券を使ってみた感想・実績が知りたい方は、ぜひご参考ください。

PayPay証券は、最低1,000円から米国株に少額投資ができる「国内唯一」の証券会社です。

スマホで手軽に株式投資ができるだけでなく、IPOに参加できたり、お得なキャンペーンが豊富など多くのメリットがあります。

PayPay証券のメリット
  • 日本・米国株の少額取引(最低1,000円から)
  • IPOの取扱も!
  • スマホで手軽に株式投資ができる!
  • キャンペーンで最大5,000円

参考:キャンペーン内容を確認

このようにメリットが大きいPayPay証券ですが、

  • どのような運用で儲かるか?
  • おすすめの銘柄は?
  • 配当金投資には向いてる?
  • 実際の投資実績は?

など、多くの疑問があると思います。

そこで、本記事では、サイト管理人の実際の米国株の実績をもとに、PayPay証券は儲かるか?検証していきます。
また、PayPay証券で運用パフォーマンスを上げるコツや銘柄選定などについても解説していきます。

サイト管理人

銘柄の選定法や配当金のもらい方など、おすすめの運用手法について紹介・解説していきます。

現在、PayPay証券では、口座開設キャンペーンで最大5,000円分がプレゼントされるキャンペーン中なので、米国株に少額投資したい方は、この機会に口座開設を行いましょう。

【10月最新】PayPay証券キャンペーンコードで「5,000円分」を貰う方法(図解)

目次

PayPay証券は儲かるか?運用実績を公開!

PayPay証券は儲かるか?運用実績を公開!
サイト管理人

さっそく、PayPay証券の米国株の運用実績を解説・紹介していきます。

運用パフォーマンス・実績【2021年9月末時点】

リスクヘッジとして保有していた米国ETF「S&P500ベア3倍」を利益確定して、増配・高配当株を購入しました。

Direxion デイリーS&P500ベア3倍 ETFとは、米国の株価指数「S&P500」の反対(-3倍)の値動きをするように設計されたETFです。

サイト管理人

2020年の株価急落など、株式市場が下落すると思った際に、リスクヘッジとして利用しています。

ポートフォリオ・保有銘柄

2021年9月末現在のポートフォリオは、以下のようになっています。

銘柄名保有比率
ジョンソン・エンド・ジョンソン24.1%
マイクロソフト23.3%
AT&T9.9%
コカ・コーラ9.5%
エクソン・モービル6.1%
JPモルガンチェースC5.2%
ベライゾン・コミュニケーションズ4.9%
プロクター・アンド・ギャンブル4.8%
現金11.7%
保有銘柄の構成比率

構成上位銘柄①ジョンソン・エンド・ジョンソン

銘柄比率①ジョンソン・エンド・ジョンソン|PayPay証券は儲かる?

構成上位銘柄②マイクロソフト

銘柄比率②マイクロソフト|PayPay証券は儲かる?

構成上位銘柄③AT&T

銘柄比率③AT&T|PayPay証券は儲かる?

構成上位銘柄④コカ・コーラ

銘柄比率④コカ・コーラ|PayPay証券は儲かる?

構成上位銘柄⑤プロクター・アンド・ギャンブル

銘柄比率⑤プロクター・アンド・ギャンブル|PayPay証券は儲かる?

構成上位銘柄⑥エクソンモービル(XOM)

エクソンモービルは、世界各地で原油・天然ガスの探査と生産を行う大手総合石油・ガス会社です。

エクソンモービルの企業概要
  • 大手総合石油・ガス会社
  • 全世界で原油・天然ガスの探査と生産、石油製品の精製
  • 世界最大級のスペシャリティーケミカル製造大手
  • 配当利回り:5.7%
サイト管理人

エネルギー関連のグローバル企業といえば、エクソンモービルですね!

市況によって変動するものの、高い配当利回りが魅力的です。

2021年8月のジャクソンホール会合を控え、テーパリングが意識され、エクソンモービルが下落した際に購入。
(当時のRSI:30%以下と割安だったことも購入の一因)

エクソンモービルの購入(2021年8月25日)|PayPay証券
エクソンモービルの購入(2021年8月25日)

直近の原油高を背景に大きく上昇。

サイト管理人

原油高が落ち着き、米国の利上げが市場に織り込まれ、エネルギー株が値下がりした際に、追加購入する予定です。

おすすめの運用方法・株式銘柄は?

基本的に、米国株投資で人気の投資法は、「増配・高配当株」「ハイテク・グロース株」の二つです。

スクロールできます
項目増配・高配当株ハイテク・成長株
メリット・安定した配当収入
・弱気相場に強い
短期的に大幅な
値上がり期待
デメリット・強気相場に弱い
・減配リスクも
・弱気相場や金利上昇に弱い
・無配企業も多い
代表的な銘柄P&G、J&J、3M、
コカ・コーラ等
アマゾン、Google、
フェイスブック等
米国株のおすすめの運用方法
サイト管理人

以下、各投資法について個別に解説していきます。

増配・高配当株への投資

増配株・高配当株への投資は、株主還元の意識が高い、米国企業のメリットを享受できる投資法です!

特徴・メリット
  • 高配当(特に毎年配当金が増える増配)株に投資する方法。
  • ほったらかしで配当金収入!
  • 米国は、日本と比べて増配・高配当株が多い

代表的な銘柄として、P&G、ジョンソン&ジョンソン、3M、コカ・コーラ等が挙げられます。

メリット

増配・配当株のメリット
  • 弱気相場に強い!
  • 安定した配当収入
  • 株の下落時にも配当(現金)がもらえるので、メンタル面も○
  • 再投資すれば、割安な増配株を増やせる!
サイト管理人

年4回配当を出す銘柄が多いので、3銘柄購入すれば、毎月配当も可能です!

注意点・デメリット

注意点・デメリット
  • 強気相場に弱い
    →近年は、ハイテク・グロース株が優勢。
  • 配当が減る(減配)、配当が無くなる(無配)のリスクも
  • 配当金への課税

次に解説する「グロース・ハイテク株」と比べると地味ですが、安定的な配当収入を増やしたい方向けの投資法です。

ハイテク・グロース株への投資

GAFAなど、ここ数年で投資パフォーマンスが良かった投資法です。

代表的な銘柄として、アマゾン、facebook、アルファベット(Google)などの大型テック銘柄が挙げられます。

メリット

グロース・成長株のメリット
  • 大幅な株価上昇!
  • 短期で2倍以上値上がりすることも!
  • 近年は、GAFAなどハイテク・グロース株が米国市場を牽引。
サイト管理人

近年では、短期で2倍、中長期で3倍、10倍など、大きなキャピタルゲインが上がっている銘柄も多く存在します。

注意点・デメリット

注意点・デメリット
  • 弱く相場に弱い
  • 金利上昇局面も弱い
  • 業績次第で暴落も。。
  • 配当利回りが低い!
  • 配当0円(無配)も多い
    →配当は期待しない!

今後のテーパリングや利上げなど、金利上昇局面では、特に注意が必要です。

【米国株】PayPay証券で毎月配当金をもらう方法

サイト管理人

次に、PayPay証券の米国株投資で、毎月「配当金」をもらう方法を解説していきます。

そもそもなぜ米国株?日本の高配当株ではダメ?

米国株のメリット
  • 株主還元意識が強い
  • 年4回、配当を実施
  • 増配を継続する企業が多い

配当金が年4回!

日本株の場合、年1〜2回の配当を実施する企業がほとんどですが、米国株の場合、なんと「年4回」配当を実施する企業・銘柄がほとんどです。

そのため、配当月が異なる「最低3銘柄」を購入・保有するだけで、毎月配当が実現できます。

増配を継続する企業が多い

増配を長年継続している企業が多い点も、米国株の魅力の一つです。

以下の表は、主な配当株の増配継続年数と配当利回りをまとめた表です。

銘柄名
(ティッカー・コード)
増配継続
年数
配当利回り
プロクター&ギャンブル
(PG)
65年2.48%
スリーエム
(3M)
63年3.29%
コカ・コーラ
(KO)
59年3.19%
ジョンソン&ジョンソン
(JNJ)
59年2.60%
ロウズ
(LOW)
59年1.56%
米国の主な増配株
サイト管理人

半世紀に渡り、増配を継続する有名グローバル企業が多いですね。

毎月配当金をもらう3つのステップ

STEP
米国株取引用の証券口座を開設

米国株の少額投資は「PayPay証券」がおすすめ!

STEP
銘柄を選ぶ

配当時期に注意して、銘柄を選定します。

下図は、主要な増配・配当株と配当時期をまとめた表です。

#

各、配当時期の銘柄から、少なくとも1銘柄選ぶことで、毎月配当が実現できます。

STEP
銘柄の購入

ちなみに、私のPayPay証券の米国株運用でも、上記の方法を採用しており、各配当受け取り時期から、以下の銘柄を購入して、ポートフォリオに組み入れています。

組入れ銘柄配当金
支払い月
構成比率
JPモルガン・チェース1月、4月、7月、10月5.2%
P&G2月、5月、8月、11月4.8%
AT&T2月、5月、8月、11月9.9%
ベライゾン・コミュニケーションズ2月、5月、8月、11月4.9%
ジョンソン&ジョンソン3月、6月、9月、12月24.2%
エクソン・モービル3月、6月、9月、12月6.2%
コカ・コーラ変則的9.5%
PayPay証券での保有米国株(高配当・増配株)

#

【PayPay証券で儲けるコツ】手数料を抑える方法

#

コツ①手数料の高い時間帯の取引は避ける

手数料が高い時間を避けて注文|PayPay証券の手数料
手数料が高い時間を避けて注文する

PayPay証券は、取引・注文の時間帯によって、手数料(スプレッド)が異なります。

取引時間手数料・スプレッド
9:30〜16:30(米国時間)
23:30〜翌朝6時(日本時間)
*米国サーマタイム時は「22:30〜翌朝5時」
基準価格の0.5%
その他の時間帯基準価格の0.7%
PayPay証券の手数料

米国(ニューヨーク)株式市場の立会時間であれば、0.5%の手数料で米国株の取引ができますが、その他の時間帯は0.7%と少々高い手数料になります。

そのため、手数料の高い時間帯を避けて取引しましょう。

サイト管理人

私の場合、早朝に取引しています!

②入出金はネット銀行の無料枠を使う!

PayPay証券では、楽天証券やSBI証券など他のネット証券にあるような、入金無料サービスはありません

ご自身の銀行口座から、PayPay証券の指定口座(みずほ銀行)に投資資金を入金する必要があるので、銀行の振込手数料が発生します。

そのため、ネット銀行の手数料0円(無料枠)を利用して入金しましょう

サイト管理人

私の場合、楽天銀行の手数料無料枠を使って、PayPay証券に入金しています!

ちなみに、PayPay証券からの出金手数料は、以下のようになっています。
こちらも無料ではない点に注意しましょう。

スクロールできます
金額みずほ銀行宛他行宛
3万円未満110円(税込)275円(税込)
3万円以上220円(税込)385円(税込)
PayPay証券の出金手数料
サイト管理人

出金額が多くなればなるほど、手数料の負担率は減るので、長期運用で、資金が大きくなってから出金する方がお得です。

以下の手数料は、他のネット証券のサービスと同様に「無料」です。

  • 口座開設費用:無料
  • 口座管理費用:無料
  • おいたまま買付の送金手数料:無料(2万円以上)

PayPay証券のメリット・デメリット

PayPay証券のメリット
PayPay証券の魅力・メリット

PayPay証券の特徴・メリットを復習していきます。

サイト管理人

投資パフォーマンスの向上には、PayPay証券の特徴を理解することが重要ですので、しっかり理解しておきましょう。

PayPay証券の特徴は、少額(最低1,000円)から、誰でも手軽に株を買える(売れる)ことができる点です。

ネオモバ日興フロッギー等、他の少額投資とは違い、日本株・米国株の両方の株が買える点も大きな魅力です。
IPOにも参加可能です。

PayPay証券の特徴・メリット
  • 誰でも1,000円から株式投資ができる!
  • 米国株にも投資可能
  • IPOにも少額投資が可能
  • 誰でもスマホでカンタン操作!
    →数回のタップで有名企業に投資できる!
サイト管理人

米国株への少額投資は「PayPay証券一択」になります。

例えば、他のネット証券では、Amazonやアルファベット(グーグルの持株会社)を購入する場合、1株でも数十万円(30万〜40万円)の資金が必要になります。

しかし、PayPay証券であれば、最低1,000円から好きな金額で米国株・日本株が売買できます

サイト管理人

数万円(1万〜2万円)など少資金でも、多くの銘柄に分散投資することが可能になります。

日本株取引の際も、1単元(100株単位)の取引ではなく、1,000円から少額投資が可能。
→ 投資資金を潤沢に用意できない人にオススメ!

また、通常の証券会社・ネット証券では、購入株数を決定したら、それに応じた金額を自分で計算して、必要資金を用意・入金する必要があります。

米国株であれば、ドル円の為替レートも含め、自分で計算する必要があります。

PayPay証券であれば、このような投資金額の計算も省き、金額ベースで米国株を購入する事できます

デメリット・注意点

#

ここまで解説してきたように、数多くの利点があるPayPay証券ですが、デメリットもあるので注意して取引しましょう。

PayPay証券のデメリット・注意点
  • 手数料が割高になることも
  • 取扱銘柄数が多くはない
  • NISA口座の利用ができない

手数料は割高な注文時間帯があるので、「コツ①手数料の高い時間帯の取引は避ける」を参考に安い時間に注文・約定しましょう。

また、東京証券取引所やニューヨーク取引所に上場する全て株式・ETFを買付できるわけではない点に注意しましょう。

サイト管理人

とは言っても、世界的なグローバル企業・日米の有名株式会社の取扱いはあるので、中級者以上の方でなければ問題ないでしょう!

【FAQ】よくある質問

PayPay証券で米国ETFの売買は可能ですか?

できます。

実際に、以下のような海外ETFが取り扱われています。

PayPay証券の運用会社は?

PayPay証券は、2015年1月に「株式会社マイバンカー」から「株式会社One Tap BUY」へ社名変更し、第一種金融商品取引業の登録・日本証券業協会への加入を経て、証券取引アプリ「One Tap BUY」のサービスを開始。

その後、PayPay証券への商号変更しました。

会社名PayPay証券株式会社
金融商品取引業者
登録番号
関東財務局長(金商)第2883号
設立日2013年10月31日
所在地(住所)東京都港区六本木6-10-1 六本木ヒルズ森タワー
代表者代表取締役社長CEO  内山 昌秋
主要株主ソフトバンク株式会社
みずほ証券株式会社
Zホールディングス株式会社
資本金87億2,452万円
会社HPhttps://www.paypay-sec.co.jp
PayPay証券株式会社の概要・企業データ
PayPay証券「10倍CFD」とは?

用意したお金の10倍の金額で取引できる金融サービスです。

小資金で大きなリターンを狙うことも可能ですが、その分ハイリスクになるため注意が必要です。

サイト管理人

投資初心者の方には、オススメし兼ねます。

漫画があると聞きましたが?

あります!
企業や経営者の方の生い立ち・人柄が分かりやすく解説された漫画がアプリ内に用意されています。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

橘 龍馬のアバター 橘 龍馬 サイト管理人

投資歴7年、30代3児の父。理学博士。
投資・節約の専門メディア「マネーの研究室」のサイト管理人。

【サイト利用時の注意点・免責事項】

 

掲載の情報は、信頼するに足ると信じる情報に基づいて作成したものですが、当サイトのデータの正確性は保証されていませんので、ご注意下さい。

本サイトの情報等を用いて行う行為に関して、その責任は全て利用者自身に帰属します。万一、利用者が何らかの損害を被った場合、その損害に関して当サイト管理者および情報を提供している第三者は一切の責任を負うものではありません。

本サイトは投資家・金融サービス利用者への情報提供を目的としており、証券・FXに関する契約締結の代理、媒介、斡旋、売買推奨、投資勧誘等を行うものではありません。

また、当ブログに記載の仮想通貨は暗号資産のことを指します。

目次
閉じる