NYダウ(ダウ平均株価)とは?構成銘柄や指数の特徴、S&P500との比較、ファンドやETFを解説!

NYダウ(ダウ平均株価)とは?構成銘柄や指数の特徴、S&P500との比較、ファンドやETFを解説!

NYダウ(正式名称:ダウ工業株30種平均株価)は、アメリカの株式市場の動向を表す代表的な株価指数です。ダウ平均株価などともよばれており、iFree NYダウインデックス等、多くのインデックスファンドETFのベンチマークにも採用されています。

本ページでは、NYダウの特徴や構成銘柄・業種別構成比、また米国の株価指数としてNYダウ同様に有名なS&P500との比較を行います。また、NYダウと同等の投資パフォーマンスを上げることが期待されるインデックスやETF、そのお得な購入先などを解説していきます。

NYダウ(ダウ平均株価)とは?

NYダウ(ダウ工業株30種平均株価、またダウ平均株価)とは、米国のダウジョーンズ社が算出しているアメリカの主要株価指数の1つです。米国株式市場の代表的な30社から構成される株価平均型の株価指数です。

アメリカを代表する大型企業から構成されているため、アメリカの株式市場の動向を見る上で、ニュースなどでも取り上げられ、注目されている指数です。日本市場で言うところの日経平均株価のような立ち位置です。

組み入れ銘柄と構成比

NYダウの構成銘柄(全30銘柄)を見ていきます。ゴールドマン・サックスアップルディズニーマクドナルド等、世界を代表する企業から構成されていることがわかります。

NYダウの構成銘柄:

銘柄構成比率業種(セクター)
ゴルードマン・サックス7.83%金融
スリーエム5.87%資本財
ボーイング5.63%資本財
IBM5.63%テクノロジー
ユナイテッドヘルス5.19%ヘルスケア
ホームデポ4.56%消費財
アップル4.30%テクノロジー
マクドナルド3.99%消費者サービス
ジョンソン&ジョンソン3.84%ヘルスケア
トラベラーズ カンパニーズ3.83%金融
ユナイテッドテクノロジーズ3.54%資本財
シェブロン3.51%エネルギー
ディズニー3.46%消費者サービス
キャタピラー3.06%資本財
プロクターアンドギャンブル(P&G)2.85%消費財
JPモルガン・チェース2.84%金融
ビザ2.76%消費者サービス
エクソン・モービル2.56%エネルギー
アメリカン・エキスプレス2.52%金融
イー・アイ・デュポン・ドゥ・ヌムール2.49%素材
ウォルマートストアーズ2.25%消費財
メルク2.07%ヘルスケア
マイクロソフト2.02%テクノロジー
ナイキ1.81%消費財
ベライゾンコミュニケーションズ1.57%電気通信
コカ・コーラ1.31%消費財
インテル1.15%テクノロジー
ファイザー1.08%ヘルスケア
シスコシステムズ1.08%テクノロジー
ゼネラル・エレクトリック(GE)0.94%資本財

業種(セクター)別構成比

次に、業種別の構成比率を確認します。金融や資本財などの大型企業が構成銘柄内に多いため、これらの業種構成比が高くなっています。S&P500と比べると、テクノロジー関連の比率が低く、逆に金融関連の比率が高いことがわかります。

NYダウの業種別構成比:

業種(セクター)NYダウS&P500
金融20.7%17.7%
資本財19.9%10.2%
消費者サービス14.9%12.1%
テクノロジー14.9%21.7%
ヘルスケア12.8%14.1%
エネルギー6.4%6.5%
消費財6.3%9.4%
素材2.6%2.8%
電気通信1.6%2.4%
公益事業0.0%3.3%

S&P500との比較

米国株式市場の動向を表す指数には、NYダウの他にS&P500があります。二つの株価指数の違いには「構成銘柄数」と「指数の算出方法」の2点があります。

NYダウとS&P500指数の比較:

項目NYダウS&P500
構成銘柄数30銘柄500銘柄
算出方法株価平均型時価総額加重平均型

分散性の観点から考えると、構成銘柄数が多いS&P500の方が優れていると言えるかもしれません。日本市場に例えると、NYダウが日経平均株価、S&P500がTOPIXのような立ち位置と言えます。

S&P500の詳細は、以下をご参照ください。

S&P500とは?構成銘柄や指数の特徴、NYダウとの比較、インデックスファンドやETFを解説!
S&P500とは?構成銘柄や指数(インデックス)の特徴、NYダウとの比較など解説S&P500は、アメリカ株式市場の動向を表す代表的な株価指数です。米国株式時価総額の8割をカバーしており、iFree S&P500インデ...

NYダウをベンチマークとするファンド

NYダウやS&P500など米国株式市場の株価指数(インデックス)と同等の投資成果を上げることを目的とする投資信託(インデックスファンド)には、下表のようなものがあります。

米国株式市場への投資を目的とした低コストファンド一覧・比較

ファンド名信託報酬(税抜)ベンチマーク
eMAXIS Slim米国株式(S&P500)0.16%S&P500
楽天・全米株式インデックス・
ファンド
0.17%CRSP USトータル・マーケット・インデックス
iFree S&P500インデックス0.225%S&P500
iFree NYダウインデックス0.225%NYダウ
たわらノーロードNYダウ0.225%NYダウ
米国株式インデックス・ファンド0.45%S&P500
SMTダウジョーンズ・インデックス・オープン0.50%NYダウ
SMT米国株配当貴族インデックス・オープン0.55%S&P500配当貴族指数
野村インデックスファンド・米国株式配当貴族0.50%S&P500配当貴族指数
i-mizuho米国株式インデックス0.57%S&P500
eMAXIS NYダウインデックス0.60%NYダウ

手数料の安いiFree NYダウインデックスやたわらノーロードNYダウが注目を集めていますが、分散性を重視する場合、i-mizuho米国株式インデックス、また増配を長年続けている優良企業への投資は、SMT米国株配当貴族インデックス・オープン野村インデックスファンド・米国株式配当貴族を利用しても面白いかもしれません。

米国株ファンドの比較などは、以下をご参照ください。

米国(アメリカ)株が投資対象のETFやインデックスファンドの比較・一覧。おすすめ・注目商品を解説
米国・アメリカ株が投資対象のETFやインデックスファンドの比較・一覧。おすすめ・注目商品を解説世界経済(世界の株式市場)を牽引する、米国経済(米国株式市場)への投資を目的とした投資商品には、たくさんのETFやインデックスファンド等...

iFree NYダウインデックスが注目

iFree NYダウインデックスは、iFreeシリーズのインデックスファンドです。上の表を見てもわかるように、最大の特徴は手数料の安さです。購入・売却時の手数料が無料なうえ、ファンド保有時にかかる手数料「信託報酬」が年率0.225%と超低コストとなっています。

たわらノーロードNYダウも同水準の手数料となっていますが、運用期間が短い点ので、今後のパフォーマンスは要確認ですね。

信託報酬などの投資コストは、我々投資家への確実なマイナスリターンとなり、投資パフォーマンスを悪化させます。そのため、本ファンドのように、コストの安いファンドを選ぶことが、パフォーマンス向上のために重要です。

お得な購入先は?SBI証券?楽天証券?

iFree NYダウインデックス等のファンドは、以下の金融機関で購入可能です。

SBI証券楽天証券マネックス証券カブドットコム証券GMOクリック証券、静岡銀行

参照元:大和投資信託

購入手数料は無料なので、どこで本ファンドを購入しても差がつきません。しかし、各ネット証券で行われている「ポイント還元プログラム」の違いがあります。

ポイント還元プログラムとは、投資信託(ファンド)の保有額に応じてポイント還元されるサービスです。ポイントは、現金などに交換できるため、ポイント還元率の高いネット証券でファンドを購入することで、お得にファンドを保有することができます。

以下の表は、ネット証券のポイントプログラムの比較を行ったものです。結論から言うと、SBI証券の投信マイレージが還元率が良く利便性が高いと言えます。

証券会社還元率特徴
SBI証券年率0.1%
(最大:年率0.24%)
SMBC日興証券キャンペーンでANAマイルやdポイント
楽天証券残高10万円毎に月4ポイント
(最大:年率0.048%)
  • ポイント除外ファンドが少ない
  • 還元率は少ない
マネックス証券月平均保有額の年率0.08%
(最大:年率0.08%)
  • 低コストのインデックスファンドはポイント除外
カブドットコム証券月平均保有額100万円につき1ポイント
(最大:年率0.24%)

SBI証券であれば、最大0.24%(年率)のポイント還元が受けられます。ただし、本ファンドは、もともとの手数料(信託報酬)が極めて安いので、ポイントサービスが適用される証券会社がSBI証券と楽天証券のみとなっています。

SBI証券の還元率が0.05%、楽天証券の最大還元率が0.048%なので、SBI証券での購入保有がお得になります。(詳細:iFree NYダウインデックスはSBI証券での購入・保有がおトク!)ちなみに、SBI証券であれば個人型確定拠出年金(iDeCo)でも購入・保有することもできます。

SBI証券の詳細確認や口座開設(無料)は、以下の公式ページから行えます。今なら口座開設キャンペーンで最大10万円がもらえます。(6月30日まで)

SBI証券 公式ページ

また、iFree NYダウインデックスの購入先の比較・詳細は、以下をご参照ください。

iFree NYダウインデックスはSBI証券での購入・保有がおトク!低コストファンドがさらにお得に!
iFree NYダウインデックスはSBI証券での購入・保有がおトク!?iFree NYダウインデックスは、アメリカ(米国)の主要企業(株式)に投資することを目的とした低コストインデックスファンドです。米国株...

SBI証券は、お得な投資信託の他にも、米国株・海外ETFの品揃えが良くコストも業界最安水準です。また、IPOチャレンジポイントPTSなど、様々な独自のメリットがあります。口座開設費・維持費は無料ですので、口座を持っていない方は、この機会に口座を開設してみると良いかもしれません。

SBI証券の特徴

SBI証券
  • 2018年オリコン:ネット証券部門で第1位(3年連続)
  • 投資信託の保有中に高還元ポイントバック!
  • 海外ETF・株式が最安手数料
  • 個人向け国債の購入で現金がもらえる!
  • PTS(夜間取引)など国内株式も充実!
  • 独自のIPO当選システム!(IPOチャレンジポイント)

SBI証券の詳細確認や口座開設(無料)は、以下の公式ページから行えます。今なら口座開設キャンペーンで最大10万円がもらえます。(6月30日まで)

SBI証券 公式ページ

本サイトでのSBI証券の評価・解説は、以下をご参照ください。