最大「5万円分」プレゼント!

米国株– category –

米国株インデックスファンドの比較・一覧

米国株式への投資を目的としたインデックスファンドには、下表のようなものがあります。

米国の代表的な株価指数であるNYダウS&P500だけでなく、25年以上増配を続けている企業だけをピックアップしたS&P500配当貴族指数をベンチマークとするファンド等があります。

ファンド名信託報酬(税抜)ベンチマーク
SBI・バンガード・S&P500
インデックスファンド
0.0938%
程度
S&P500
eMAXIS Slim米国株式(S&P500)0.0968%S&P500
楽天・全米株式インデックス・
ファンド
0.162%
程度
CRSP USトータル・マーケット・インデックス
iFree S&P500インデックス0.2475%S&P500
iFree NYダウインデックス0.225%NYダウ
たわらノーロードNYダウ0.225%NYダウ
米国株式インデックス・ファンド0.45%S&P500
SMTダウジョーンズ・
インデックス・オープン
0.50%NYダウ
SMT米国株配当貴族
インデックス・オープン
0.55%S&P500配当貴族指数
野村インデックスファンド
・米国株式配当貴族
0.50%S&P500配当貴族指数
i-mizuho米国株式インデックス0.57%S&P500
eMAXIS NYダウインデックス0.60%NYダウ
米国株式クラスのインデックスファンド

注目は、信託報酬が年率0.968%と飛び抜けて安い「eMAXIS Slim米国株式(S&P500)」です。

サイト管理人

SBI・V・S&P500の手数料も安いですが、現状ベンチーマークとの乖離が大きいため、現状では、eMAXIS Slim米国株が最適です。

投資コストは、我々投資家への確実なマイナスリターンとなり、投資パフォーマンスを悪化させるため、コストの安いファンドを選ぶことが、パフォーマンス向上のために重要!

また、楽天VTIのベンチマークとなっているCRSP USトータル・マーケット・インデックスは、構成銘柄数が3,000銘柄以上と、S&P500やNYダウなどの一般的な米国株指数よりも多く、分散性の観点からも優れいています。

また、増配を長年続けている優良企業群へ分散投資したい場合、野村インデックスファンド・米国株式配当貴族SMT米国株配当貴族インデックス・オープンを利用しても面白いかもしれません。

米国株ETFの比較・一覧

米国株式市場への投資を目的としたETFには、以下のものがあります。

米国の代表的な株価指数であるNYダウやS&P500や、大型株だけでなく中小型株まで含むCRSP USトータル・マーケット・インデックスをベンチマークとするETFがあります。

スクロールできます
銘柄名(コード・ティッカー)信託報酬
(経費率)
ベンチマーク種類
バンガード・S&P500ETF(VOO)0.03%S&P500米国ETF
バンガード・トータル・ストック・
マーケットETF(VTI)
0.03%CRSP USトータル・
マーケット・インデックス
米国ETF
iシェアーズS&P500ETF(IVV)0.04%S&P500米国ETF
SPDR S&P500 ETF(1557)0.095%S&P500国内ETF
UBS ETF米国株(1393)0.14%MSCI米国インデックス国内ETF
Simple-X NYダウ・ジョーンズ・
インデックス上場投信(1679)
0.15%NYダウ国内ETF
上場インデックスファンド米国株式
(1547)
0.16%S&P500国内ETF
米国ETFの手数料・ベンチマーク比較

人気ランキング

個人投資家に、人気・注目を集めている米国ETFを見ていきます。

下表は、保有人数の多い米国ETFランキングです。
保有人数が多いETFということで、中長期投資向きの超低コストETFが上位を占めています。

スクロールできます
順位銘柄名特徴
1位バンガード・トータル・ワールド・ストックETF(VT)FTSEグローバル・オールキャップ・インデックスをベンチマークとする全世界の株式市場への投資を目的としたETF
2位バンガード・FTSE・エマージング・マーケッツETF(VWO)FTSEエマージング・オールキャップ・インデックスをベンチマーク。新興国株式市場が投資対象
3位iシェアーズ米国優先株式ETF(PFF)優先株のパフォーマンスを測る指標がベンチマーク
4位バンガード・トータル・ストック・マーケットETF(VTI)米国株式市場が投資対象。ベンチマークはCRSP USトータル・マーケット・インデックス
5位バンガード・S&P500ETF(VOO)米国株式市場が投資対象。ベンチマークはS&P500
6位バンガード米国高配当株式ETF(VYM)米国の高配当株に特化したETF
7位iシェアーズS&P500ETF(IVV)米国株式市場が投資対象。ベンチマークはS&P500
8位iシェアーズMSCIエマージングETF(EEM)新興国株式市場が投資対象。ベンチマークはMSCIエマージング指数
9位iシェアーズMSCIコクサイETF(TOK)日本を除く先進国の株式市場が投資対象。MSCIコクサイがベンチマーク
10位iシェアーズMSCI EAFE ETF(EFA)ヨーロッパ、オーストラリアおよび東アジアの株式
米国ETFの保有人数ランキング
*SBI証券のデータ引用

インデックス投資家の中で人気のバンガード・トータル・ワールド・ストックETF(VT)が1位に輝いています。信託報酬0.1%台と超低コストで、全世界(先進国・新興国含む)の株式へ投資できるということで、低コスト分散投資の鉄板銘柄とも言えます。

VTの他には、新興国株式市場や米国株式市場へ投資するETFが上位となっています。ETFのブランドとしては、経費率が非常に安いバンガードETFが人気のようです。

注目ETFは?

注目は、経費率(信託報酬)0.04%のiシェアーズS&P500ETF(IVV)バンガード・S&P500ETF(VOO)バンガード・トータル・ストック・マーケットETF(VTI)の3本です。手数料が他ETFと比べて、圧倒的に安くなっています。

VOOとVTIの違いは、構成銘柄数とその比率。

VOOは、S&P500に含まれる米国主要500社だけが投資対象です。一方、VTIは、S&P500の採用銘柄に加えて、米国市場に上場する中小型株式も含まれています。そのため、VTIの方がカバー範囲が広くなっています。

ちなみ、両者の過去10年のパフォーマンスは、ほとんど変わりません(下表参照)。

VTIとVOOのパフォーマンス比較
VTIとVOOのパフォーマンス比較
引用元:yahoo finance
サイト管理人

個人的には、構成銘柄数が多く分散性もあり、中小型株の成長も取り込めるVTIが好みです。

以上、米国ETFを解説してきましたが、国内のETFの方が良いという方は、SPDR S&P500 ETF(1557)が良いでしょう。
国内株式同様に売買ができるうえ、auカブコム証券であれば、売買手数料無料(フリーETF)で取引できます。

1