松井証券「MATSUI SECURITIES CARD」のメリットは?ポイント投資やAmazonギフト券が貰える!

松井証券「MATSUI SECURITIES CARD」のメリットは?ポイント投資やAmazonギフト券が貰える!

MATSUI SECURITIES CARD(松井証券カード)は、大手ネット証券の一角「松井証券」とジャックスが連携して発行しているクレジットカードです。

ポイント還元率は一般的な1%ですが、貯めた松井証券ポイントで、投資信託の自動積立ができたり、Amazonギフト券と交換できる等、様々なメリットがあります。

そこで、本記事では、松井証券カードの特徴やメリット、お得に使う方法、またカード利用の際の注意点やデメリットなどを詳しく解説して行きます。

MATSUI SECURITIES CARD 公式ページ

MATSUI SECURITIES CARD

MATSUI SECURITIES CARDとは?

さっそく、MATSUI SECURITIES CARD(通称:松井カード)の特徴や魅力、お得なポイントの貯め方や使い方、またカード発行や利用する際の注意点・デメリットなどを一つづつ解説して行きます。

松井証券カードの特徴・メリット

MATSUI SECURITIES CARD(松井証券カード)とは、松井証券とジャックスが連携して発行しているクレジットカードです。

一般的なクレジットカードと同様に、カードでの支払いで1%分の松井証券ポイントが貯まります。貯めた松井証券ポイントは、好きな商品や金券と交換できるほか、松井証券で投資信託の積立などに利用できます。

MATSUI SECURITIES CARD(松井証券カード)のメリットをまとめると、以下のようなものがあります。お得な松井証券ポイントの利用方法の他にも、JACCSモールで楽天市場やAmazonなどでお得にお買い物が行える等のメリットがあります。

以下、それぞれのメリットについて詳しく解説して行きます。

元手資金0円で投資が始められる

松井証券カードで貯めたポイントは、松井証券ポイントとして、投資信託の積立購入に利用できます。つまり、松井証券であれば、投資資金が無くても(0円でも)、カード利用で貯めたポイントだけで、元手0円で投資信託の積立・運用が行えます

ポイントは、次に解説するように、商品やAmazonギフト券などに交換可能ですが、投資信託の積立に利用することで、将来的な資産形成の手助けとなります。

貯めたポイントはAmazonギフト券などの商品と交換可能

松井証券カードで貯めたポイントは、投資信託の積立だけでなく、Amazonギフト券などの商品券・ギフトカードの他、家電製品やiPod/iPad、文具・オフィス用品、書籍、雑貨など3,000種類の商品との交換に利用できます。

交換のレートは、Amazonギフト券が1ポイント=1円相当で交換できますが、他は1ポイント=1円未満となってしまうので、基本的にはAmazonギフト券に交換するのがオススメです。

JACCSモールでポイントアップ

松井証券カードの会員サイトからJACCSモールに行き、そこからAmazonや楽天市場などのネット通販サイトへ行き買い物をすると、0.5%〜1.5%のJデポが付与されます。

Amazonや楽天市場の場合は付与率が0.5%なので、カードの還元率1%と合わせると、1.5%の還元率となります。楽天市場では、楽天スーパーポイントも付与されるので、ポイントの3重取りが行えます。

税込金額でポイント還元

松井証券カードで地味に嬉しいのが、税込の支払い金額に対してポイントが付与される点です。

例えば、1万円(税抜)の買い物の場合、税抜の支払い金額に対してポイント付与されるカードでは100ポイントしかもらえませんが、松井証券カードの場合は10,800円(税込)に対してポイント付与されるので、108ポイントがもらえます。

「塵も積もれば山となる」なので、この税込分のポイント付与が月間・年間で見れば大きな差となります。

国内旅行傷害保険も付帯

年会費無料のクレジットカードには、国内旅行傷害保険が付いていないカードもあります。しかし、松井証券カードは、国内旅行傷害保険が付いています。

1年に1回使えば年会費無料

松井証券カードの年会費は、初年度は無条件で無料です。

2年目以降は1,250円(税抜)の年会費が発生します。しかし1年のうち1度でも利用すれば、2年目以降も利用がある年は年会費無料になります。

注意点・デメリット

ここまで解説してきたように、お得な松井証券カードですが、利用者の使い方によっては、以下のようなデメリットもあるので注意しておきましょう。

注意点・デメリット
  • 楽天証券のポイント投資の方が自由度が高い
  • nanacoへのチャージ不可
  • 海外旅行傷害保険の付帯が無い
  • ウェブ明細以外(紙)は手数料がかかる

楽天証券のポイント投資の方が自由度が高い

松井証券と同様に、楽天証券も楽天カードを利用することで投資信託の積立が行えます。また、貯まったポイントで投資信託の購入ができます。

松井証券「MATSUI SECURITIES CARD」の場合、カード利用により貯まったポイントでの投資信託の積立のみ可能ですが、楽天証券であれば、貯めたポイントで積立だけでなく通常購入も行えます。

また、楽天カードのクレジット決済で投資信託の自動積立が行えるので、投資信託の購入や積立に関しては、楽天証券を利用するのがオススメです。実際、私も楽天証券を利用しています。

楽天ポイントでの投資信託の購入、楽天カードでの投資信託の自動積立の詳細や「やり方」は、以下の記事をご参考ください。

楽天証券は、投資信託の他にも、日経新聞(電子版)が無料で読めたり、楽天銀行との連携(マネーブリッジ)で普通預金金利が0.1%になるなど、投資以外の面でも、他の証券会社には無い多くのメリットがあります。

今なら口座開設キャンペーンで最大102,000円相当がもらえるので、この機会に口座開設すると良いでしょう。詳細確認や口座開設(無料)は、以下の公式ページから行えます。

楽天証券 公式ページ

楽天証券の口座開設キャンペーンの詳細は、以下をご参考ください。

楽天証券の口座開設キャンペーン
楽天証券口座開設キャンペーン【2019年2月】最大10万円の現金や2000ポイントがもらえる楽天証券口座開設キャンペーンは、証券口座や銀行、NISA口座の開設、また国内株式、FXの取引などで、最大10万円の現金や2,000ポイン...

nanacoへのチャージ不可

nanacoを利用してセブンイレブンなどで税金を払っている方(またはこれから払おうとしている方)の注意点としては、本カードはnanacoチャージができない点です。

nanacoへのチャージでポイントが貯まるクレジットカードは年々減ってきており、2019年現在、リクルートカードYahoo! JAPANカードファミマTカードとなっています。

Yahoo!Japanカード、ファミマカードはnanacoチャージによるポイント還元率は0.5%ですが、リクルートカードは月3万円までしかナナコチャージで利用できないため、私自身は「Yahoo! JAPANカード」を利用しています。

海外旅行傷害保険の付帯が無い

松井証券カードは国内旅行傷害保険は付いていますが、海外旅行傷害保険の付帯はありません。そのため、海外旅行傷害保険が必要な方は、エポスカードなど無料で海外旅行傷害保険付帯が付いているカードをサブとして利用すると良いかもしれません。

また、各種ゴールド以上のカードをお持ちの方は、そちらに付帯されていると思われます。

ウェブ明細以外(紙)は手数料がかかる

カードの利用明細は、ウェブ明細の場合は手数料無料ですが、紙の明細を利用する場合は80円(税抜)が発生します。そのため、ウェブ明細で十分な方は問題ありませんが、紙の明細が必要な方は頭に入れておきましょう。

まとめ

ここまで解説してきたように、松井証券カードは、貯まったポイントで投資信託の積立が行えたり、Amazonギフト券と交換できる等、様々なメリットがあります。

ポイントを将来の資産形成に役立てたい方は、松井証券と松井証券カードの合わせ技で、ポイントで投資信託の積立を行うと効率的に将来の資産形成が行えます。

松井証券カード 公式ページ

ただし、楽天証券でも、松井証券と同様に、楽天カードや楽天ポイントを利用することで投資信託の購入・積立が行えます。

松井証券「MATSUI SECURITIES CARD」の場合、カード利用により貯まったポイントでの投資信託の積立のみ可能ですが、楽天証券であれば、貯めたポイントで積立だけでなく通常購入も行えます。

楽天カードのクレジット決済で投資信託の自動積立が行えるので、投資信託の購入や積立に関しては、楽天証券を利用するのがオススメです。実際、私も楽天証券を利用しています。

楽天ポイントでの投資信託の購入、楽天カードでの投資信託の自動積立の詳細や「やり方」は、以下の記事をご参考ください。

楽天証券は、投資信託の他にも、日経新聞(電子版)が無料で読めたり、楽天銀行との連携(マネーブリッジ)で普通預金金利が0.1%になるなど、投資以外の面でも、他の証券会社には無い多くのメリットがあります。

今なら口座開設キャンペーンで最大102,000円相当がもらえるので、この機会に口座開設すると良いでしょう。詳細確認や口座開設(無料)は、以下の公式ページから行えます。

楽天証券 公式ページ

楽天証券の口座開設キャンペーンの詳細は、以下をご参考ください。

楽天証券の口座開設キャンペーン
楽天証券口座開設キャンペーン【2019年2月】最大10万円の現金や2000ポイントがもらえる楽天証券口座開設キャンペーンは、証券口座や銀行、NISA口座の開設、また国内株式、FXの取引などで、最大10万円の現金や2,000ポイン...