楽天ポイントで投資信託を買うメリットは?おすすめ銘柄や運用実績・やり方も解説

楽天ポイントで投資信託を買うメリットは?おすすめ銘柄や運用実績・やり方も解説

楽天証券では、楽天カードや楽天市場などの利用で貯まる楽天スーパーポイント(以下、楽天ポイント)で投資信託の購入が行えます。

高還元率の楽天ポイントは節約に欠かせない存在でしたが、投資信託のポイント購入が行えるようになり、投資・資産運用として利用できる画期的なサービスに生まれ変わりました。

そこで、本記事では、楽天ポイントで投資信託を購入するメリット、また注意点などを解説しつつ、私自身の実際の運用実績や感想・評価、また積立している投資信託を公開します。

楽天ポイントで投資を行うには楽天証券の口座開設が必須です。楽天証券の詳細確認・口座開設(無料)は以下の公式ページから行えます。今なら口座開設キャンペーンで最大2万円相当のポイントがもらえます。

楽天証券 公式ページ

楽天ポイント投資のメリット・デメリット

はじめに、楽天ポイントを利用した投資・資産運用の概要や特徴、サービスの魅力・メリットから注意点やデメリットまで解説していきます。

楽天ポイント投資とは?

楽天証券は、楽天市場や楽天カードで貯まったポイントで投資信託の購入ができる、他の証券会社には無い画期的なサービスを提供しています。

国内株式などは購入できませんが、様々な銘柄に100円(100 pt)から分散投資できる投資信託は、中長期の資産運用に最適な商品で、ポイント購入に相性の良い商品です。

楽天ポイント投資のメリット

楽天証券を利用したポイント投資の魅力・メリットを解説していきます。ポイントの運用や現金化ができる点は、かなり大きなメリットと言えます。

ポイント投資のメリット
  • ポイントの運用ができる
  • ポイントの現金化ができる
  • 他の投資と比べてストレスが少ない
  • 節約意識が高まる

ポイントの運用ができる

楽天ポイントで投資を行うメリットの一番手が「ポイントを運用できる」点です。普段の生活などで貯めたポイントを使ってしまうとそれっきりですが、投資商品に置き換えることで、複利効果により長期の資産形成が行えます。

ポイントの現金化

楽天ポイントが現金化できる点も大きなメリットの一つです。

楽天ポイントは楽天市場や提携店舗でしか利用できないため選択肢が限られてしまいますが、ポイントで投資信託を購入し、後々売却した場合、現金化することができます。

ストレスが少ない

ポイントで購入した投資信託なので、自分のお金で購入した株式や投資信託と比べると、一時的な下落の時のストレスがありません。

人によって感じ方は違うと思いますが、少なくとも私の場合、ポイント購入した投資信託が下落しても「ポイントで購入したから」と思えます。

節約意識がさらに高まる

楽天ポイントで投資を行いたいと考える時点で、かなりの節約家だと思いますが、実際にポイント投資を始めると、その節約思考はさらに高まります。

ポイントが貯まれば貯まるほど投資額が増えるので、不必要なポイント出費を減らしたり、お得にポイントがもらえるキャンペーンやセールをチェックする等、私自身も節約意識がさらに高まりました。

楽天ポイントで投資を行うには楽天証券の口座開設が必須です。楽天証券の詳細確認・口座開設(無料)は以下の公式ページから行えます。今なら口座開設キャンペーンで最大2万円相当のポイントがもらえます。

楽天証券 公式ページ

注意点:期間限定ポイントは使えない

ポイント投資の注意点は、期間限定ポイントが使えないという点です。そのため、スーパーポイントアッププログラム(SPU)で付与されるポイントでは、投資信託を購入できません。

楽天カード利用時のポイントなど通常ポイントのみ、投資信託の購入が行えます。

楽天カード 公式ページ

デメリット

このように、メリットの大きい楽天ポイントを利用した投資方法ですが、敢えてデメリットを上げるとすれば、人によっては楽天カードの出費が増えてしまう可能性がある点です。

投資信託の購入に利用できる楽天ポイントは、楽天カードを使えば使うほどポイントが貯まります。そのため、投資に当てたいポイントを増やすために楽天カードでの余計な出費をしないように気をつけましょう。

ただし、これまで色々なカードでバラバラに行っていた買い物を楽天カードに集約するのは良いことです。トータルの生活費を変えずに、楽天カードの利用額を増やすのが理想です。

楽天カード 公式ページ

投資信託のオススメ銘柄は?

投資信託のオススメ銘柄は、投資方針や運用暦によって異なるので、以下、初心者の方や手間をかけたくない方、また自分で資産配分などを決められる方のおすすめを分けて解説していきます。

楽ラップ

初心者・手間をかけたくない方へのオススメは「楽ラップ」です。投資を始める際、ますハードルとなるのが、投資資金やリスク許容度に合わせて、資産配分を考え、その配分通りに投資信託を購入することです。

この作業は、手っ取り早く投資を始めたいという方には、かなりハードです。しかし、楽ラップであれば、簡単なアンケートに答えるだけで、その人にあった資産配分を提示してくれて、さらにその配分通りに投資信託の運用を行ってくれます。

今なら楽天証券の口座開設キャンペーンで、楽ラップの購入で最大2万円相当のポイントがもらえます。

楽天証券 公式ページ

また、楽ラップの詳細は、以下の記事をご参考ください。

楽ラップとは?手数料や運用法など楽天証券のラップ口座を解説
楽ラップ評価|メリット・デメリットは?手数料やウェルスナビ・テオとの比較は?楽ラップは、楽天証券が提供するロボアドバイザー型の低コストラップ口座サービスです。 1%以内の手数料で、ロボアドバイザーによる、そ...

信託報酬も年率1%未満とリーズナブルな価格となっています。ただし、自分で資産配分を決めてその資産通りに投資信託の買い付けを行える方は、次に紹介するインデックスファンドへの個別投資の方が、手数料が安くすみます。

インデックスファンド

インデックスファンドは、低コスト分散投資の代名詞とも言える投資商品で、中長期の投資・資産運用にピッタリです。

先に紹介した楽ラップも、中身はインデックスファンドの詰め合わせです。そのため、資産配分の決定と運用をAIなどに代行してもらいたい方は「楽ラップ」自分で資産配分の決定・運用を行う方は「インデックスファンド」を自分で運用するのがベストです。

自分で全て行うため手数料は安く、ほとんどの場合、購入手数料は無料で信託報酬も0.2%台以下です。以下、各投資先(資産クラス)の代表的な低コストインデックスファンドです。

投資先ファンド名信託報酬
(年率:税抜)
日本株ニッセイTOPIXインデックスファンド0.159%
米国株eMAXIS Slim米国株式(S&P500)0.16%
先進国株eMAXIS Slim先進国株式0.1095%
新興国株EXE-iつみたて新興国株式ファンド0.1804%
国内債券ニッセイ国内債券インデックスファンド0.139%
先進国債券eMAXIS Slim先進国債券インデックス0.17%
新興国債券iFree新興国債券インデックス0.22%
国内REITニッセイJリートインデックスファンド0.25%
外国REITニッセイグローバルリートインデックスファンド0.27%

手間よりもコストの安さを重視したい方は、インデックスファンドを個別に購入していくのがオススメです。

インデックスファンドの詳細は、以下の記事をご参考ください。

インデックスファンドとは?メリット・デメリット、ETFとの違い、おすすめファンドなど解説
インデックスファンドとは?メリット・デメリット、ETFとの違い、おすすめファンドなど解説インデックスファンドとは、日経平均株価(日経225)やTOPIX、S&P500などの指数(インデックス)と同等の投資パフォーマンスを目指...

ひふみプラス

ひふみプラスは、私が楽天ポイント投資を行っている低コストアクティブファンドです。

アクティブファンドなので、初心者の方にはあまりオススメできませんが、これまでの実績やファンドマネージャー「藤野氏」の運用方針などに共感できる方は、購入を検討しても良いかもしれません。

ひふみプラスの特徴や評価、毎月のレポートなどは、以下の記事をご参考ください

ひふみプラスとは?口コミ等で評判の投資信託の手数料や分配金など解説
ひふみプラスの評価は?口コミで評判の投資信託の手数料や分配金など解説ひふみプラスは、日本の株式市場への投資を目的とした投資信託です。設定以来、日本の代表的な株価指数である東証株価指数(TOPIX)を上回る...

楽天ポイントでの投資信託の買い方・積立方法

次に、実際の楽天ポイントで投資信託を購入する手順や流れを解説していきます。初めて楽天ポイントで投資信託を購入する際などにご参考ください。

投資信託のポイント購入の流れ
  1. 楽天証券の口座開設を行う(口座を持ってない人)
  2. 楽天証券で投資信託の購入画面へ
  3. 楽天スーパーポイントの利用設定
  4. 投資信託のポイント購入

楽天証券 公式ページ

まず大前提として楽天ポイントでの投資信託の購入は楽天証券でのみ行えます。

そのため、楽天証券の口座を持ってない方は、楽天証券の口座開設を行いましょう。楽天証券の口座開設費・維持費は無料です。また、今なら口座開設キャンペーンで最大2万円相当のポイントがもらえます。

楽天証券 口座開設【公式】

楽天証券の口座開設後は、楽天証券で投資信託の購入画面へ移動し、楽天ポイントでの購入設定を行った後、実際に投資信託を購入する流れとなります。

実際の購入画面など、図解付きの解説は、以下の記事をご参考ください。

楽天ポイントで投資信託を買う方法は?買い方や積立の手順を画像付き解説
楽天ポイントでの投資信託の買い方は?積立や買い方の手順・流れを画像付き解説楽天証券では、楽天カードや楽天市場などの利用で貯まる楽天スーパーポイント(以下、楽天ポイント)で投資信託の購入が行えます。 楽天ポ...

運用実績|実際に運用してみての評価は?

最後に、私が行っているポイント投資の実績と運用をしてみた感想をまとめていきます。

運用実績

私自身、2018年5月より、楽天ポイントでの投資信託の購入・積立を行っています。楽天証券の自動積立は利用せず、自分のタイミングで月に数回に分けて購入を行っています。

また、投資信託は、ひふみプラス1本です。ひふみプラスは、アクティブファンドですが、数年間月次レポートをチェックし続けており、投資スタイルや資金管理方法、投資哲学全て納得した上で選んでいます。

ひふみプラスの評価額推移

以下のグラフは、楽天ポイントで購入しているひふみプラスのポイント積立額と評価額の推移を表したグラフです。ポイント投資は、まだ始めたばかりなので、絶対的な金額が少ないですが、今後地道に積み立てていきたいとおもいます。

楽天ポイント投資の積立額と評価額楽天ポイント投資の積立額と評価額

購入履歴

下表は、投資信託のポイント買付を行った日付と購入額、またその時の投資信託(ひふみプラス)の評価額です。100 pt(100円)以上であれば、1ptずつ購入できるので、109 ptと超少額で購入した日もあります。

購入日購入額
(ポイント数)
合計購入額評価額
2018年6月20日224pt584円592円
2018年5月31日109 pt360円368円
2018年5月30日251 pt251円251円

評価・まとめ

ここまで解説してきたようにに、楽天証券を利用することで、楽天カードや楽天市場などでお得に貯まる楽天スーパーポイントを投資・資産運用に回すことができます。

資産の形成には、収入を増やす・支出を減らす・運用利回りをあげるの三種類がありますが、楽天ポイントで投資信託を購入することで、この3つを全て実現することができます。

今なら口座開設キャンペーンで、楽天ポイントが最大2万pt貯まるので、この機会に楽天証券の口座開設を行い、ポイント運用をしてみると良いでしょう。

楽天証券 公式ページ

楽天証券は、お得なポイント還元で投資信託が保有できたり、マネーブリッジで普通預金金利が0.1%になったり、豊富な外国株・海外ETFの品揃え、ステージ制IPO、また日経新聞を無料で読めるなど数多くのメリットがあります。

楽天証券の特徴

楽天証券公式ページ
  • 楽天ポイントで投資信託が買える
  • 全6カ国の外国株・海外ETFが取引可能
  • 日経新聞が無料で読める
  • マネーブリッジで普通預金金利が0.1%へ

口座開設費・維持費は無料なので、口座をお持ちで無い方は、この機会に口座を開設してみると良いでしょう。

楽天証券の詳細確認・口座開設は、以下から行えます。今なら口座開設キャンペーンで最大20,000円相当のポイントがもらえます(10月31日まで)

楽天証券 公式ページ

また、楽天証券の詳細、キャンペーン情報は、以下をご参照ください。