ポイント投資

楽天ポイント投資の評判は?利用して分かったメリット・デメリット、運用実績などを徹底解説

楽天ポイント投資の評判は?利用して分かったメリット・デメリット、運用実績などを徹底解説
サイト管理人
サイト管理人
本記事では、楽天ポイント投資の特徴やメリット・デメリットを、2年間利用した経験をもとに、他の証券会社と比較しながら解説していきます。

また、口コミや評判、お得な始め方も解説していきますので、これから楽天ポイント投資を始めようと考えている方は、ご参考ください。

楽天ポイント投資は、楽天カードや楽天市場などで貯めた楽天ポイントで投資信託・日本株の購入ができる投資サービスです。

普段の生活で貯まるポイントを使って元手無し(投資資金0円)で投資が始められるため、投資未体験の方にも人気のサービスです。

このように、メリットが大きい「楽天ポイント投資」ですが、

  • これから始めるメリットは?
  • 他のポイント投資とどっちが良い?
  • デメリット・注意点は無いの?

など、様々な疑問点があると思います。

そこで、本記事では、楽天ポイント投資のメリット・デメリットや始め方やコツ(おすすめ運用)などの解説を他のポイント投資と比較しながら解説していきます。

利用している方の口コミ・評判なども気になるわ。
サイト管理人
サイト管理人
良い口コミ・悪い口コミの比較、また注意点も詳しく解説するので安心して下さいね!

楽天ポイント投資とは?

楽天ポイント投資とは?

楽天ポイント投資とは、楽天証券が提供するポイントで投資信託・国内株式が購入できる投資サービスです。

  • 楽天ポイントで「投資信託」「国内株式」が買える!
  • 楽天市場や楽天カードでポイントがザクザク貯まる
    「楽天ポイント」で投資ができる!

楽天市場でのネットショッピングや楽天カードを使った街でのお買い物で貯めた「楽天ポイント」で、投資・資産運用が行える画期的なサービスです。

サイト管理人
サイト管理人
楽天ポイントを貯めている方はもちろん、今後楽天サービスを利用してポイントを効率的に貯めて行きたい方々に必見のサービスです。

メリット・魅力は?

楽天ポイント投資のメリット・特徴

楽天証券の楽天ポイント投資は、投資資金0円で投資が気軽に始められる点など、様々なメリットがあります。

サイト管理人
サイト管理人
節約効果の高い楽天ポイントを投資に回す事で、効率的に楽天ポイントを貯めたり殖やしたりする事ができます!

以下、各ポイントについて詳しく解説していきます。

元手無し(投資資金0円)から始められる!

【楽天ポイント投資】現金不要!ポイントだけで投資が始められる!

楽天ポイント投資の最大のメリットは、銀行の預金口座などの現金を使わずに「資金0円」で投資が始められる点です。

将来の資産形成のために資産運用・投資を始めたい方でも、

  • 投資を始めたいけど、投資資金が無い!
  • 投資をやりたいけど、現金が減るのは嫌!

という方も多いと思いますが、楽天ポイント投資なら元手0円で、現金を使わずに投資が始められます

サイト管理人
サイト管理人
普段の生活で貯めたポイントを投資に回せるので、銀行口座の貯金などを使わずに投資・資産運用が始められます。

楽天ポイントは、1ポイントから投資に充当できるので、少ないポイントでも投資が始められます。

ただし、投資信託は最低100円からの購入になるため、ポイントのみで投資を始める場合「100ポイント以上」必要です。

  • 資金0円で投資が始めれる!
  • 楽天ポイントは最低100P以上必要!

参考:楽天証券 公式ページ

楽天ポイント投資の始め方・取引方法は、以下をご参考ください。

ポイント投資の始め方【図解】

ポイントを有効活用(運用)できる

楽天ポイントで投資を行うメリットの一つが「ポイントを運用できる」点です。

ポイント投資は、楽天ポイントの有効的な使い方なの?
サイト管理人
サイト管理人
ポイントは買い物などに利用すると無くなってしまいますが、投資商品に置き換えることで、複利効果により長期の資産形成が行えます!

以下の図は、毎月500ポイントを投資に充てる(投資資金を購入した)際の、資産の推移をグラフ化したものです。

毎月500ポイント投資した際の資産推移(グラフ)
楽天ポイント投資の資産推移(シミュレーション)
毎月500ポイント投資した際の資産推移(数字表)
※下表は横にスクロール(→)可能

運用期間 積立額 運用額 投資益
1年 6,000円 6,142円 142円
2年 12,000円 12,605円 605円
3年 18,000円 19,406円 1,406円
4年 24,000円 26,560円 2,560円
5年 30,000円 34,090円 4,090円
6年 36,000円 42,012円 6,012円
7年 42,000円 50,347円 8,347円
8年 48,000円 59,118円 11,118円
9年 54,000円 68,347円 14,347円
10年 60,000円 78,057円 18,057円

あくまでシミレーションですが、毎月500ポイント分の投資でも、5年間続ければ「約3万円」、10年続ければ「約8万円」の資産になる可能性がある事が分かります。

サイト管理人
サイト管理人
ポイントだけで、これだけの資産が築けるのは凄いですね!

ちなみに、シミュレーションに利用した複利(年利)は「年率5.0%」です。

楽天証券でポイント購入が可能な人気の低コスト投資信託「楽天VTI」や「eMAXIS Slim米国株式(S&P500)」は、年平均5%以上のパフォーマンスとなっているので、こちらの数字を使いました。

実際の投資では、上記グラフのように綺麗な曲線を描く訳では無い点に、ご注意ください。あくまでシミュレーションです。

以下の図は、米国株式市場の代表的な株価指数「S&P500」の過去10年の推移です。浮き沈みを繰り返し、中長期でみると上昇トレンドとなっています。

引用元:Yahoo!ファイナンス

また、毎月の投資ポイントを「500P」にしたのは、「楽天市場でのポイント還元率(楽天SPU)が+1%!」で解説するように、500ポイント分の投資で楽天市場でのポイント還元率が1%分アップする事、

また、楽天カード決済の積立投資で貰えるポイント数が、毎月500ポイント(最大)である事から選択しました。

楽天市場でのポイント還元率(楽天SPU)が+1%!

楽天市場でのポイント還元率(楽天SPU)が+1%!

楽天ポイント投資は、資産形成だけでなく「節約効果」もアップ可能です!

ポイントで500円分の投資信託を購入した場合、その月の楽天市場でのお買い物のポイント還元率が+1倍になります。

500ポイント以上は利用しないとダメって事?
サイト管理人
サイト管理人
いや、そんなことは無いよ!
一部ポイントを利用すればポイントアップ条件を満たす事ができます。

極端な話「1ポイント+現金499円=合計500円」でも条件を満たせます。

ちなみに、ポイントで購入する投資信託は「eMAXIS Slim国内債券インデックス」という国内債券ファンドを利用すれば、ほぼ価格変動なしで、ポイントの現金化が行えます。

以下の図は、国内株式市場の代表的な株価指数「TOPIX」と「eMAXIS Slim国内債券インデックス」の価格変動(リスク)を比較したグラフです。

引用元:Yahoo finance(一部マネーの研究室が編集)
サイト管理人
サイト管理人
eMAXIS Slim国内債券インデックスの価格変動が遥かに小さいですね!

国内債券とは言え、中長期で見ると値動きがあるように見えますが、一日単位で見れば、ほぼ値動きは無いので、500ポイント購入し翌日に売却すれば、大きくても±数円程度しか変わりません。

サイト管理人
サイト管理人
万が一、楽天ポイントが数円減ってしまっても、楽天SPUのプラス分を考えれば十分お得な制度と言えます。

ポイントの現金化

ポイントの現金化も可能|楽天ポイント投資

楽天ポイントが現金化できる点も、ポイント投資のメリットの一つです。

楽天ポイントは楽天市場や提携店舗でしか利用できないため選択肢が限られてしまいますが、ポイントで投資信託を購入し、後々売却した場合、現金化することができます。

ポイント現金化の流れ
  • ステップ1
    楽天証券の口座開設
    楽天証券の口座開設やポイント投資の設定を行っていない方は、はじめに口座開設&設定を済ませましょう。

    口座開設からポイント投資の設定までの方法・流れ【図解】

  • ステップ2
    ポイントで投資信託を購入
    価格変動リスクを減らしたいのであれば、eMAXIS Slim国内債券インデックス等の低コスト国内債券ファンドが最適です。
  • ステップ3
    購入の翌日に売却
    価格変動リスクを軽減したい場合、購入日の翌営業日に売却するのが無難です。
  • ステップ4
    口座に現金余力が反映
    売却後、3〜4営業日後に現金として出金可能になります。

楽天カード決済の投信積立と合わせて効率的な運用が可能に!

楽天カードで投資信託の積立のメリット

楽天証券では、ポイント投資の他にも、他の証券会社には無いサービスとして、クレジットカード決済での投資信託「積立」サービスがあります。

このサービスは、投資信託の自動積立の決済を「楽天カード」にする事で、決済額の1%分を楽天ポイントで貰う事が可能です。

例えば、毎月1万円分を楽天カード決済で積立投資した場合、毎月もれなく100ポイントが進呈されます。

サイト管理人
サイト管理人
投資で利益を出すのは簡単な事では無いですが、確定で1%分の利益が出るのはお得過ぎますね!

貰ったポイントは、ポイント投資に回し、さらに効率的な運用(楽天市場のお買い物も還元率+1%)が行えます!

楽天カードを利用した投資信託の積立のメリット・デメリット、また実際の「やり方」や注意点などの詳細は、以下の記事をご参考ください。

楽天カードの投資信託積立でポイント還元
【楽天証券】楽天カード投信積立で確実に1%儲かる?やり方、メリット・デメリットを比較・解説 楽天証券では、楽天カード決済で積立額の1%の楽天ポイントを貰いながら「投資信託の積立」が行えます。 ...

ストレスが少ない

投資のストレスから解放される|楽天ポイント投資

ポイント投資なので、ポイント購入した投資商品が値下がりしても、銀行預金などの現金で購入した株式や投信と比べて、一時的な下落の時のストレスが無い点もメリットの一つです。

サイト管理人
サイト管理人
人によって感じ方は違うと思いますが、少なくとも私の場合、ポイント購入した投資信託が下落しても「ポイントで購入したからイイか!」と思えます。

節約意識がさらに高まる

節約意識が高まる|楽天ポイント投資
ポイント投資の資金を捻出するために、どのような方法があるかしら?
サイト管理人
サイト管理人
良い心掛けですね!

楽天ポイントで投資を行いたいと考える時点で、かなりの節約家だと思いますが、実際にポイント投資を始めると、その節約思考はさらに高まります。

楽天スーパーポイントアッププログラム(楽天SPU)や楽天ハッピープログラム、その他キャンペーンなど有効活用して今まで以上に、ポイントを効率的に貯める意欲が湧いてきます。

サイト管理人
サイト管理人
ポイントが貯まれば貯まるほど投資額が増えるので、不必要なポイント出費を減らしたり、お得にポイントがもらえるキャンペーンやセールをチェックする等、私自身も節約意識がさらに高まりました!

楽天ポイント投資が可能な「楽天証券」では、現在、口座開設や各種取引で高額の現金・ポイントが貰えるので、楽天証券を口座開設する際にチェックしておきましょう。

【楽天証券キャンペーン】口座開設で高額ポイントを貰う方法

注意点・デメリットは?

楽天ポイント投資の注意点・デメリット
楽天ポイント投資、さっそく始めたいんですけど、注意点やデメリットはありますか?
サイト管理人
サイト管理人
楽天市場のキャンペーンなどで貰える「期間限定ポイント」は使えない点を頭に入れておきましょう!

メリットが豊富な楽天ポイント投資ですが、期間限定ポイントが使えないなどの注意点・デメリットも理解した上で投資を行いましょう。

注意点・デメリット
  • 期間限定ポイントは使えない
  • ポイント購入した資産は元本割れすることも
  • 投資信託は運用コスト(信託報酬)がかかる
  • 株式は100株単位の取引
  • 楽天カードの無駄遣いに注意!
サイト管理人
サイト管理人
以下、各デメリットについて詳しく解説していきます。

デメリット5:楽天カードの無駄遣いに注意!

このように、メリットの大きい楽天ポイントを利用した投資方法ですが、敢えてデメリットを上げるとすれば、人によっては楽天カードの出費が増えてしまう可能性がある点です。

投資信託の購入に利用できる楽天ポイントは、楽天カードを使えば使うほどポイントが貯まります。そのため、投資に当てたいポイントを増やすために楽天カードでの余計な出費をしないように気をつけましょう。

ただし、これまで色々なカードでバラバラに行っていた買い物を楽天カードに集約するのは良いことです。トータルの生活費を変えずに、楽天カードの利用額を増やすのが理想です。

【運用実績】楽天ポイント投資は儲かる?

【運用実績】楽天ポイント投資は儲かる?
楽天ポイント投資の特徴は理解できたのだけど、結局「儲かるのか?」気になる。。。
サイト管理人
サイト管理人
確かに大事なポイントですね!
私の運用実績を元に楽天ポイント投資のパフォーマンスを見て行きますね!
楽天ポイント投資の運用実績
楽天ポイント投資の運用実績【2020年5月】

上の図は、楽天ポイント投資の「ポイント積立額・評価額・損益額」の3つを、月間ベースでグラフ化したものです。

基本的に、毎月500ポイントで投資信託(eMAXIS Slim米国株式(S&P500))の購入を行なっています。

3月は相場が大きく下落したため、多めにポイント投資を行っています。
毎月の資産額・評価額の推移
※下表は横にスクロール(→)可能

運用期間 積立合計額 資産評価額 投資損益額 損益率
1ヶ月目 500円 499円 -1円 -0.20%
2ヶ月目 1,000円 927円 -73円 -7.30%
3ヶ月目 3,993円 3,853円 -80円 -2.03%
4ヶ月目 4,433円 4,819円 386円 +8.71%
5ヶ月目 4,933円 5,393円 460円 +9.31%

一時的に元本割れしたけど、現在は大きなプラスになっているのね!
サイト管理人
サイト管理人
そんなんです。投資なので、価格変動リスクはあるけど、現在では「+9.3%」の利益になっています。
どんな銘柄(ファンド)を保有しているんですか?
サイト管理人
サイト管理人
楽天ポイント投資では、米国の代表的な株価指数「S&P500」をベンチマークとする「eMAXIS Slim米国株(S&P500)」を購入・保有しています。

eMAXIS Slim米国株(S&P500)は、アマゾンやアップル、フェイスブックなどアメリカを代表する大型株「500銘柄」に分散投資ができるインデックスファンドです。

分散投資は、資産運用の基本であるため、インデックスファンドのような分散の効いたファンドを利用するのが無難です。

ただし、米国株式市場のみに投資した銘柄なので、全世界の株式・債券へ分散投資した場合と比較すると「ハイリスク・ハイリターン」の傾向があります。

参考:投資信託の選び方

投資信託のオススメ銘柄は?

投資信託のオススメ銘柄は、投資方針や運用暦によって異なるので、以下、初心者の方や手間をかけたくない方、また自分で資産配分などを決められる方のおすすめを分けて解説していきます。

楽ラップ

2020年現在、楽ラップはポイント投資の対象外となっています。今後のポイント投資対象化がまたれます。

初心者・手間をかけたくない方へのオススメは「楽ラップ」です。投資を始める際、ますハードルとなるのが、投資資金やリスク許容度に合わせて、資産配分を考え、その配分通りに投資信託を購入することです。

この作業は、手っ取り早く投資を始めたいという方には、かなりハードです。しかし、楽ラップであれば、簡単なアンケートに答えるだけで、その人にあった資産配分を提示してくれて、さらにその配分通りに投資信託の運用を行ってくれます。

また、本サイトでの楽ラップの評価・解説は、以下をご参考ください。

【驚愕】楽ラップの評判は?実は手数料が安い?メリット・デメリットと合わせて解説
【驚愕】楽ラップの評判は?実は手数料が安い?メリット・デメリットと合わせて解説 楽ラップは、楽天証券が運営するロボアドバイザーです。 いくつの質問に答えるだけで、全自動で国際分散...

信託報酬も年率1%未満とリーズナブルな価格となっています。ただし、自分で資産配分を決めてその資産通りに投資信託の買い付けを行える方は、次に紹介するインデックスファンドへの個別投資の方が、手数料が安くすみます。

インデックスファンド

インデックスファンドは、低コスト分散投資の代名詞とも言える投資商品で、中長期の投資・資産運用にピッタリです。

先に紹介した楽ラップも、中身はインデックスファンドの詰め合わせです。そのため、資産配分の決定と運用をAIなどに代行してもらいたい方は「楽ラップ」自分で資産配分の決定・運用を行う方は「インデックスファンド」を自分で運用するのがベストです。

自分で全て行うため手数料は安く、ほとんどの場合、購入手数料は無料で信託報酬も0.2%台以下です。以下、各投資先(資産クラス)の代表的な低コストインデックスファンドです。

投資先 ファンド名 信託報酬
(年率:税抜)
日本株 ニッセイTOPIXインデックスファンド 0.159%
米国株 eMAXIS Slim米国株式(S&P500) 0.16%
先進国株 eMAXIS Slim先進国株式 0.1095%
新興国株 SBI新興国株式インデックスファンド 0.1804%
国内債券 ニッセイ国内債券インデックスファンド 0.139%
先進国債券 eMAXIS Slim先進国債券インデックス 0.17%
新興国債券 iFree新興国債券インデックス 0.22%
国内REIT ニッセイJリートインデックスファンド 0.25%
外国REIT ニッセイグローバルリートインデックスファンド 0.27%

手間よりもコストの安さを重視したい方は、インデックスファンドを個別に購入していくのがオススメです。

インデックスファンドの詳細は、以下の記事をご参考ください。

インデックスファンドとは?メリット・デメリット、ETFとの違い、おすすめファンドなど解説
インデックスファンドとは?メリット・デメリット、ETFとの違い、おすすめファンドなど解説インデックスファンドとは、日経平均株価(日経225)やTOPIX、S&P500などの指数(インデックス)と同等の投資パフォーマンスを目指...

ひふみプラス

ひふみプラスは、私が楽天ポイント投資を行っている低コストアクティブファンドです。

アクティブファンドなので、初心者の方にはあまりオススメできませんが、これまでの実績やファンドマネージャー「藤野氏」の運用方針などに共感できる方は、購入を検討しても良いかもしれません。

ひふみプラスの特徴や評価、毎月のレポートなどは、以下の記事をご参考ください

ひふみプラスとは?口コミ等で評判の投資信託の手数料や分配金など解説
ひふみプラスの評判は?口コミやひふみ投信の違い、メリット・デメリットなどを比較・解説 ひふみプラスは、日本の株式市場への投資を目的とした投資信託です。設定以来、日本の代表的な株価指数である東証株価指数(TO...

評価・まとめ

ここまで解説してきたようにに、楽天証券を利用することで、楽天カードや楽天市場などでお得に貯まる楽天スーパーポイントを投資・資産運用に回すことができます。

資産の形成には、収入を増やす・支出を減らす・運用利回りをあげるの三種類がありますが、楽天ポイントで投資信託を購入することで、この3つを全て実現することができます。

楽天証券は、お得なポイント還元で投資信託が保有できたり、マネーブリッジで普通預金金利が0.1%になったり、豊富な外国株・海外ETFの品揃え、ステージ制IPO、また日経新聞を無料で読めるなど数多くのメリットがあります。

楽天証券の特徴

楽天証券公式ページ
  • 楽天ポイントで投資信託が買える
  • 全6カ国の外国株・海外ETFが取引可能
  • 日経新聞が無料で読める
  • マネーブリッジで普通預金金利が0.1%へ

口座開設費・維持費は無料なので、口座をお持ちで無い方は、この機会に口座を開設してみると良いでしょう。

楽天証券の詳細確認・口座開設は、以下から行えます。今なら口座開設キャンペーンで最大12万円相当のポイントがもらえます(2月28日まで)

楽天証券 公式ページ

また、本サイトでの楽天証券の解説やキャンペーン情報は、以下をご参照ください。

よくある質問|Q&A

楽天ポイントや楽天カードを利用した投資について、よく質問される内容について答えて行きます。

楽天ポイントのお得な獲得方法はありますか?

楽天ポイントは、楽天市場やネットスーパー、楽天カードでのお買い物で獲得できます。

お得なポイント獲得方法としては、SPUを利用やキャンペーンのエントリー、また月1回程度開催されるお買い物マラソンなどで集中的に買い物することで、効率的にポイントを貯めることができます。

また、2018年からは、楽天証券での投信積立の決済方法で「楽天カード」が選べるため、インデックスファンドなどの積立でもポイントが獲得できるようになります。

楽天カードの投資信託積立でポイント還元
【楽天証券】楽天カード投信積立で確実に1%儲かる?やり方、メリット・デメリットを比較・解説 楽天証券では、楽天カード決済で積立額の1%の楽天ポイントを貰いながら「投資信託の積立」が行えます。 ...

楽天ポイントや楽天証券のアプリはありますか?

楽天ポイントや楽天証券のアプリ

楽天ポイント・楽天証券のいずれも専用のアプリがあります。その他にも、楽天銀行や楽天カード、楽天市場・楽天トラベルなど、様々な楽天サービスはアプリに対応しており、楽天サービスの利用や利用状況の確認ができます。

ポイントアプリは、ポイント数の確認だけでなく、お買い物時にバーコードを見せるだけでポイントでの売買ができます。また、ポイントの獲得・利用履歴なども確認でき、お得なキャンペーン情報やエントリーもできるため、ポイントを有効活用するために欠かせないアプリとなっています。

楽天証券のアプリ(マーケットスピード)では、株式のリアルタイムの情報や日経新聞の記事などが読めるため、投資や経済ニュースなどの情報収集にも便利です。

楽天ポイントは投資信託以外にどのようなものが購入できますか?

楽天ポイントの利用先としては、楽天証券での投資商品の購入以外に、楽天市場での買い物支払いが有名です。

また、昨今では、ポイント決済できるリアル店舗が増えており、先に紹介したアプリを利用すれば、マクドナルドやミスタードーナッツなどの飲食店や様々な書店・ドラッグストアなど利用できます。

楽天ポイント数の確認・投信購入に利用できるポイント数の確認はできますか?

楽天ポイント数の確認は、公式アプリ「楽天PointClub」で行えます。楽天PointClubは、ポイント数の確認だけでなく、リアル店舗でのお買い物やお得なキャンペーンエントリーにも活用できます。

投資信託に利用できるポイント数の確認や実際のポイントでの投信購入方法は、以下の記事に画像付きで詳しく解説してありますので、ぜひ参考ください。

楽天ポイント投資の評判は?利用して分かったメリット・デメリット、運用実績などを徹底解説
楽天ポイント投資の評判は?利用して分かったメリット・デメリット、運用実績などを徹底解説 楽天ポイント投資は、楽天カードや楽天市場などで貯めた楽天ポイントで投資信託・日本株の購入ができる投資サー...

楽天ポイントが使える書店はどこですか?

楽天ポイントは、大阪屋の取引先書店、約1600店舗で利用できます。楽天ブックすなどのネット書店でもこれまで通り利用できます。

ネット書店だけでなくリアル書店で、使えるのはありがたいですね。

楽天ポイントで投資信託以外の金融商品は購入できますか?

楽天ポイントで購入できる金融商品は「投資信託」のみです。

金融商品以外のポイントの使い道には、楽天証券ポイントコースでANAマイルに交換したり、楽天市場など各種楽天サービスでの利用になります。

楽天ポイントでの投信購入は法人口座も可能ですか?

法人口座は、楽天証券のポイントプログラムは利用できません。

法人口座の場合、投資信託のポイント購入の他、SPUとの連携や投信積立の買付手数料(税込み)全額キャッシュバックも対象外となります。

楽天証券の加入協会はどこですか?

楽天証券の公式ページによれば、日本証券業協会、一般社団法人金融先物取引業協会など、以下の協会に加盟しているようです。

商号等:楽天証券株式会社/金融商品取引業者 関東財務局長(金商)第195号、商品先物取引業者
加入協会:日本証券業協会、一般社団法人金融先物取引業協会、日本商品先物取引協会、一般社団法人第二種金融商品取引業協会、一般社団法人日本投資顧問業協会

引用:楽天証券

楽天証券で先物・オプション取引はできますか?

楽天証券では、先物・オプション取引は行えます。

日経225先物や国内商品先物など、投資を行っている方であれば一度は耳にしたことがあるかもしれない金融商品がありますが、先物取引きは、中・上級者向けの金融商品であるため、初心者の方にはあまりお勧めできません。

評判・口コミは?

次に、楽天ポイント投資の口コミ・評判を見ていきます。

サイト管理人
サイト管理人
宣言のようなものは除いたつもりなので、楽天証券でポイント投資を行うか迷った際の一つの指標として、ご参考ください。

悪い・イマイチな評判・口コミ

「期間限定ポイントも投資に利用できると良い!」という口コミは比較的多くなっています。

https://twitter.com/anmayu3ta/status/1207475056093216768

サイト管理人
サイト管理人
日興フロッギーの場合、期間限定・固定の「dポイント」も株式投資に利用できるので、この点はフロッギーでのdポイント投資に劣る面ではあります。

日興フロッギーの評判は?デメリットや手数料などdポイントでの株式投資を解説

期間限定ポイントが利用できない点以外は、特にネガティブな口コミは見つかりませんでした。

中立(ニュートラル)な口コミ

他の少額投資サービス「ネオモバ」「フロッギー」「LINE証券」と平行して始める方も多いようです。

サイト管理人
サイト管理人
私自身も、LINE証券・ネオモバ・フロッギー全て口座開設してますが、

のように使い分けています。

良い評判・口コミ

次に、良い口コミをピックアップしていきます。

ポイントの貯め易さ、他の楽天サービスとの「節約&資産運用」の相乗効果などが好評のようです。

https://twitter.com/7_nyan7/status/1264345929282277377

https://twitter.com/se2yaku/status/1263480891151507456

https://twitter.com/kedamafire/status/1245343802228764673

暴落が起きてもコツコツ「ドルコスト平均法」で投資する事で、長期的に資産が形成できますね!

口コミ・評判【まとめ】

ここまで紹介してきた楽天証券ポイント投資の口コミ・評判をまとめると、以下のようになります。

楽天ポイント投資の評判【まとめ】
イマイチな
口コミ・評判
期間限定ポイントが利用できない
中立な
口コミ・評判
ネオモバ・フロッギー等と使い分け
良い口コミ
  • 他の楽天サービスとの相乗効果
  • そもそも楽天ポイントが貯めやすい!

楽天サービスのキャンペーン等で貰える「期間限定ポイント」が利用できない点は、不評なものの、普段の生活で貯めたポイントで投資・資産運用が始められるため、多くの方から支持されています。

楽天ポイントは、楽天市場や楽天カードでのお買い物などで、比較的貯めやすい共通ポイントです。

そのため、普段の生活で楽天ポイントを貯めている方は、一部を投資に回す事で、将来へ向けた資産形成が可能になります。

ちなみに、現在、楽天証券の口座開設で高額の現金・ポイントが貰えるキャンペーンを開催中なので、楽天ポイント投資を始めようと考えている方は、この機会に口座開設を行うとお得です。

\ キャンペーン参加はこちら /
口座開設費【無料】
最短5分で口座開設

楽天証券とは?人気・世間の評価は?

楽天証券は、投資信託や国内・外国の株式・ETF、また債券、新規公開株(IPO)、FX、先物・オプション、確定拠出年金(iDeCo)など、数多くの金融商品の取引ができる総合ネット証券です。

楽天ユーザーなどを中心にシェアを拡大しており、ネット証券としては、SBI証券に次ぐ2位の口座開設数(シェア)となっています。

総合ネット証券は、楽天証券の他にSBI証券やマネックス証券がありますが、楽天証券は他社と比べて、以下のような点に、特徴・メリットがあります。

楽天ポイントや楽天カードでお得に投資信託の購入・積立ができる点は、既に詳しく解説しましたが、その他にも、楽天証券と楽天銀行の連携で預金金利が常時0.1%になるなど、たくさんのメリットがあります。

本記事での楽天証券の解説は、以下の記事をご参考ください。

楽天証券の評判は?7年利用して分かった口座開設のメリット・デメリットを比較・解説
楽天証券の評判は?7年利用して分かった口座開設のメリット・デメリットを比較・解説 楽天証券 は、国内外の株式・ETF、投資信託、債券、IPO(新規公開株)、FX、確定拠出年金(iDeCo...

楽天ポイントでの投資信託の買い方・積立方法

以下の流れに沿って、楽天ポイントでの投資信託の買い方を図解付きで、なるべくわかりやすく解説していきます。

投資信託のポイント購入の流れ
  1. 楽天証券の口座開設を行う(口座を持ってない人)
  2. 楽天証券で投資信託の購入画面へ
  3. 楽天スーパーポイントの利用設定
  4. 投資信託のポイント購入

楽天証券の口座開設(持ってない人)

はじめに、楽天証券の口座開設を行います。すでに、楽天証券の口座をお持ちの方は、読み飛ばしていただいて構いません(⇒ 読み飛ばして次へ)。

楽天証券の口座開設の手順は、以下のような流れになっています。

口座開設の流れ・日数
  1. 口座開設申し込みページへ進む
  2. 基本情報(住所・氏名など)を入力
  3. 本人確認書類(免許証・マイナンバー等)提出
  4. 口座開設完了
    → 数日後パスワードが届く

はじめに、口座開設の申し込みページで、住所や氏名などの基本情報を登録します。その後、免許証などの本人確認書類の提出を行います。本人確認書類はウェブアップロードも可能なので、その場合、数分程度で、基本情報の登録と本人確認が完了します。

数日後、登録した住所にログインIDやパスワードなどが送られてくるので、そこから楽天証券でログイン・取引が行えます。

本人確認書類を郵送で送る場合、郵送の日数分、口座開設までに時間がかかりますが、スマホやPCで本人確認書類をアップロードすれば、数営業日で口座開設が完了します。

楽天証券で投資信託の購入画面へ

楽天証券の口座開設ができたら(または既にお持ちの方は)、楽天証券の公式ページからログインします。ログインは、下図のように、楽天証券の公式ページから行えます。

IDとパスワードを入力する|楽天証券のログイン画面

楽天証券にログインすると、以下のようなマイページへ移動しますので、ここから投資信託の購入画面へ移動します。投資信託の購入画面へは、ページ上部の「投信」タブから移動できます。

楽天証券の投資信託ページへ楽天証券の投資信託ページへ

楽天スーパーポイントの利用設定

以下の図は、楽天証券の「投信」タブをクリックしたい後に移動する、投資信託の購入ページです。楽天ポイントで投資信託を購入するには、まず「楽天ポイントの利用設定」を行います。

楽天証券の投資信託専用ページ楽天証券の投資信託専用ページ:楽天ポイントの利用設定を行う

上の図にあるように、楽天証券の投資信託専用ページの右側の方にある「ポイント利用設定」をクリックし設定することで、楽天ポイントで投資信託が買えるようになります。

「ポイント利用設定」をクリックすると、下図のように、楽天会員のログイン画面へ移動します。ここで、楽天市場や楽天ポイントの利用の際に使っている「ユーザーID」と「パスワード」を入力し、ログインしましょう。

楽天会員ページへログイン楽天会員ページへログイン

上の画面でIDとパスワードを利用しログインすると、下図のように、楽天会員のユーザーIDで楽天証券へログインすることへの同意画面出てきます。ここで「同意する」をクリック・タップすることで、ポイント利用設定が完了します。

楽天会員のユーザーIDで楽天証券へログインすることへの同意画面楽天会員のユーザーIDで楽天証券へログインすることへの同意画面

同意をクリック・タップすると、下図のように、楽天証券で楽天スーパーポイントが利用できることになった旨を伝える確認画面ができています。

楽天証券で楽天スーパーポイントが利用できることになった旨を伝える確認画面楽天証券で楽天スーパーポイントが利用できることの確認画面

ここまでで楽天証券で楽天ポイントを利用する準備が整いましたので、いよいよ楽天ポイントで投資信託を買う方法を解説していきます。

楽天ポイントでの投資信託の買い方

次に、楽天ポイントで投資信託を購入する方法を解説していきます。楽天ポイントの利用設定が完了したら、楽天証券の投資信託専用ページに戻ります。

ここまで解説してきたようにポイントの利用設定を行った後、投資信託のページに戻ると、先ほど「ポイント利用設定」となっていた箇所が、下図のように「最新残高取得」となっています。

投資信託の購入に使えるポイント数がチェックできる投資信託の購入に使えるポイント数がチェックできる

この最新残高取得をクリックすると、下図のように投資信託の購入に利用できる楽天ポイント残高がわかります。ちなみに、期間限定ポイントは投資信託の購入に利用できないため、残高に反映されていない点にご注意ください。

投資信託の購入に利用できる楽天ポイント残高を確認投資信託の購入に利用できる楽天ポイント残高を確認

確認したポイント残高が100ポイント以上であれば、投資信託の購入が可能なので、投資信託の注文画面へ移動します。以下のように「通常注文」をクリックすることで、投資信託の注文・購入画面へ移動できます。

投資信託の注文画面へ投資信託の注文画面へ

ちなみに、毎月の自動積立設定を行いたい方は、通常注文ではなく「積立注文」をクリックしてください。私自身は、毎月もらえる楽天ポイントが一定というわけではないので、通常注文を利用しています。

投資信託(ファンド名)を検索する投資信託(ファンド名)を検索する

通常注文または積立注文をクリックすると、上のような画面へ移動しますので、この画面で購入したい投資信託を選びます。すでに、購入する投資信託が決まっている方は、検索することで直接、検索した投資信託(ファンド)の注文画面へ移動できます。

今回は、私が楽天ポイントで購入しているひふみプラスを例に投資信託を楽天ポイントで買うやり方を解説していきます。

投資信託を検索すると、以下の図のように、検索した投資信託の注文画面が現れます。初めて購入する場合や久しぶりに購入する場合は、目論見書の確認が必須となりますので、下図のように「閲覧」をクリックして、確認・同意をしてください。

最新の目論見書の閲覧・確認最新の目論見書の閲覧・確認

「閲覧」をクリックすると、以下のような画面になりますので、同意にチェックを入れて「完了」をクリックすると注文に進めます。同意にチェックを入れないと「完了」ボタンがクリックできないので、ご注意ください。

目論見書の同意・確認目論見書の同意・確認

目論見書の確認が終わると、以下のように、投資信託の注文画面になります。ここで、投資信託の購入額や買付に利用するポイント数などを入力します。

投資信託の注文:金額・ポイント・分配金・口座などを選択投資信託の注文:金額・ポイント・分配金・口座などを選択

購入に利用する楽天ポイントは、購入額に対して、一部使う・すべて使う・使わないの3種類の中から選べます。楽天ポイントでの購入が目的の場合「すべて使う」がオススメです。

また、分配金に関しては効率的な運用が見込める再投資型、口座区分に関しては確定申告時に便利な特定口座(特定口座の源泉徴収ありを選ベば原則確定深刻の必要がない)を選んでいます。

これらの金額指定やポイントの利用、口座区分など入力し終わったら、ページの下部までスクロールし「確認」ボタンをクリックし先に進みます(下図参照)。

入力が終わったら「確認」ボタンをクリック入力が終わったら「確認」ボタンをクリック

確認ボタンをクリックすると、下図のように、入力事項の確認画面へ移動します。購入金額やポイント利用分、口座区分などを確認したら、パスワードを入力し「注文」をクリックすることで、楽天ポイントの投資信託の注文が完了します。

投資信託の注文事項の確認と注文注文事項の確認が終わったらパスワードを入れて「注文」完了

これで、楽天ポイントで投資信託を購入・注文まで完了しました。投資信託の注文は、営業日の15:00より前であれば、その日の投資信託の価格で約定が行われ、翌営業日に保有資産として反映されます。また、休業日や営業日の15:00以降に注文した場合は、翌々営業日に保有資産に反映されます。

楽天ポイントで買付した投資信託の確認

保有資産は、以下のように、ログイン後の「保有商品一覧」から確認できます。

注目・約定した投資信託の確認注目・約定した投資信託の確認

保有商品の一覧から、下図のように、ポイント購入した投資信託の銘柄が確認できます。ここで、現在の評価額や損益なども確認できます。

ポイント購入した投資信託の評価額の確認ポイント購入した投資信託の評価額が確認できる

このように、楽天証券を利用することで、楽天カードや楽天市場などでお得に貯まる楽天スーパーポイントを投資・資産運用に回すことができます。

資産の形成には、収入を増やす・支出を減らす・運用利回りをあげるの三種類がありますが、楽天ポイントで投資信託を購入することで、この3つを全て実現することができます。

関連記事

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です