Amazonギフト券「3,000円」プレゼント!

【高還元!】LINE Pay(ラインペイ)の評判は?メリット・デメリットを比較・解説

【高還元!】LINE Pay(ラインペイ)の評判は?メリット・デメリットを比較・解説
サイト管理人

本記事では、LINE Payの特徴やメリット・デメリット、また他のスマホ決済との比較など、LINE Payに関することを徹底解説していきます。

また、初心者の方向けに、LINE Payの始め方・チャージ・決済方法についても図解付きで解説していきます。

LINE Payは、還元率の高さ(最大3%還元)や使い安さ、利用店舗の多さなどで、人気のスマホ・QRコード決済です。

多くの方が利用している「LINEアプリ」から利用できる利便性、LINEポイントクラブのお得度など、利便性・お得度の両面で魅力があります。

LINE Payの特徴・メリット
  • LINE Pay Visaカードのチャージ&ペイで最大3%還元!
  • 公共料金・税金など請求書払いもお得に!
    → 最大3%還元
  • 毎月もらえるクーポンがお得!
  • プリカ発行でJCB加盟店でも利用可能に!
  • LINEポイントをLINE証券で利用可能!
サイト管理人

私も、LINE Pay VisaカードとLINE Payの合わせ技で、ショッピングや公共料金・税金の支払いが「お得」になり助かっています!

このように、メリットが豊富なLINE Payですが、

  • 3%還元は、カンタンに受けれる?
  • 口コミ・評判は?
  • 注意点・デメリットは?
  • LINE Payの始め方は?

など、様々な疑問があると思います。

そこで、本記事では、LINE Payの特徴やメリット・デメリットを他のキャッシュレス決済と比較しながら徹底解説していきます。

また、LINE Payの具体的な支払い方法や始め方、使える店舗についても解説していきます。

実際の口コミ・評判、最近の改悪事情なども気になるわ。。

サイト管理人

利用者の口コミや評判、変更点・改悪ポイントなども合わせて解説していきますね!

目次

LINE Payとは?【ラインペイの基礎】

LINE Payの特徴

LINE Pay(ラインペイ)とは、LINE株式会社が管理・運営を行う、コード決済サービス(スマホアプリ)です。

LINEユーザーの方はLINEのアプリから、またLINE Payのアプリをスマホにアプリをインストールすれば、Visa LINE Payカードや銀行・コンビニからのチャージで、加盟店でスマホ決済(コード決済)が行えます。

スクロールできます
還元率0.0%〜3.0%
*業界トップ水準
還元ポイントLINEポイント
使える店舗コンビニ・飲食店・ネットなど多数
→ LINE Payの使えるお店
決済方法残高払いチャージ&ペイポイント払い
チャージ方法Visa LINE Payカード(クレジット)
銀行口座からチャージ
コンビニチャージなど
ユーザー登録者数:3,880万人
*2020年時点
LINE Payの概要
サイト管理人

LINEアプリを利用している方であれば、誰でもすぐに利用できます!

以下、支払い方法や還元率の違いについて解説していきます。

支払い・決済方法

LINE Payの様々な支払い方法
LINE Payの様々な支払い・決済方法がある
引用元:LINE Pay

LINE Payは、使い方の幅が広い(決済方法が多彩)点が特徴です。

スマホ決済で定番の「コード決済」の他にも、ネットで利用可能なオンライン決済、税金や公共料金支払いで利用可能な「請求書払い」など、多様な支払い方法があります。

スクロールできます
支払方法決済方法使えるお店
コード払いQRコード・バーコードLINE Pay加盟店
請求書払い請求書読み取りLINE Pay対応の請求書
LINE Payカードカード提示JCB加盟店
LINE Payカード
(GooglePay)
QUICPay端末へタッチQUICPay加盟店
LINE Payの決済手段一覧

他にも、LINE Payカード(JCBプリペイドカード)を発行すれば、JCB加盟店でLINE Pay決済が可能になり、さらに、Google Pay「QUICPay決済」も可能です。

サイト管理人

たくさんの支払い方法があって迷いますが、
店頭なら「コード支払い」、公共料金や税金なら「請求書払い」が基本になります。

  • 店頭店舗での支払い:コード支払い
  • 公共料金・税金の支払い:請求書払い

さっそく、コード支払いや請求書払いの方法を知りたい方は、以下をご参考ください。

【初心者向けガイド】LINE Payの始め方からチャージ、支払い・送金方法まで徹底解説

LINE Payへのチャージの種類・方法

LINE Payのチャージ方法

LINE Payは、基本的にチャージして使うスマホ決済です。

チャージは、銀行口座を紐付けでチャージする方法から、ATMでの入金、専用クレカ(Visa LINE Payカード)でのオートチャージなど様々な選択肢があります。

LINE Payのチャージ方法
  • 銀行口座
  • コンビニ・ATMから入金
  • Visa LINE Payカード(オートチャージ)
サイト管理人

チャージ方法に多くの選択肢があるので、使いやすいスマホ決済と言えます。

チャージ方法で、最もお得なものは「Visa LINE Pay(チャージ&ペイ)」です。

LINE Payの還元率が「1.0%〜3.0%」になる他、オートチャージも可能で、お得度・利便性ともに群を抜いています。

サイト管理人

私は、Visa LINE Payカードの「チャージ&ペイ」で還元率を高めて、LINE Payをしています。

この方法の場合、お店での買い物のほか、税金・公共料金の支払いでも「3%還元」が受けられて、多くのポイントが獲得できます。

公共料金・税金の支払いで3%ポイント還元

チャージ&ペイの詳細

LINE Payの手数料は?

LINE Payでの支払いは、一切手数料がかかりません。無料です。

ただし、銀行口座などからLINE Payにチャージした金額を出金する場合、1回あたり「216円」の手数料が発生します。

LINE Payは、出金を除いて、手数料無料。

サイト管理人

先に解説したVisa LINE Payカードのオートチャージ(チャージ&ペイ)の場合、LINE Payに残高が残ることがないので、出金手数料の観点からもオススメです。

LINE Payの還元率・支払い方法【まとめ】

ここまで解説してきた、LINE Payのチャージ・支払い方法、また各決済方法の還元率をまとめると、下表のようになります。

###表

このように、LINE Payは様々な支払い方法がありますが、LINEポイントの高還元を受けたい場合「Visa LINE Payカード」の利用が不可欠になります。

ちなみに、Visa LINE Payカードは、LINE Payを経由せずに、通常のクレジットカード決済の利用で3%分のポイント還元が受けられます(2021年4月まで)。

一方、銀行口座やATMから現金をチャージした「LINE Pay残高」決済、またLINEポイントで決済したい場合は、ポイント還元されませない点に注意しましょう。

また、Visa LINE Payカード所有者でも、LINEポイントの獲得状況(LINEポイントクラブ)によって「還元率1.0%〜3.0%」に変動します。

LINEポイントクラブの概要・還元率を上げる方法は、以下をご参考ください。

→ 【衝撃の還元率】LINEポイントクラブとは?貯め方・改悪ポイント等メリット・デメリットを解説

LINE Pay(ラインペイ)の特徴・メリット

サイト管理人

ここまで解説してきた特徴を踏まえて、LINE Payの特徴やメリットを詳しく解説していきます。

メリットが豊富な「LINE Pay」ですが、主なものをあげると以下の7点があります。

LINE Payの特徴・メリット
  • LINE Pay Visaカードのチャージ&ペイで最大3%還元!
  • 毎月もらえるクーポンがお得!
  • 公共料金も請求書払いが可能!
  • プリカ発行でJCB加盟店でも利用可能に!
  • LINEの友だちと送金や割り勘機能が使える!
  • LINEポイントをLINE証券で利用可能!
  • ワンコイン投資の積み立てにも利用可能!

以下、各メリットについて、詳しく解説していきます。

メリット1:Visa LINE Payカード「チャージ&ペイ」で最大3%還元!

LINE Payの最大の魅力は、Visa LINE Payカードとの連携(チャージ&ペイ)で、LINE Payでの支払いが「最大3%還元」になる点です。

チャージ&ペイの還元率は、LINEポイントクラブのマイランクにより変動しますが、最低でも1%の還元が受けられます。

また、3%還元を受けるハードルもそこまで高くない(6ヶ月間の累積ポイント獲得数が5,000P以上)点も魅力です。

LINEポイントクラブのランクアップ条件

参考:LINEポイントクラブとは?ランクアップ方法・条件など解説

サイト管理人

PayPayや楽天ペイなど、他のスマホ決済の還元率が「0.5%〜1.5%」の中、圧倒的な還元率を誇っています!

スクロールできます
決済サービス通常還元率
LINE Pay1.0-3.0%
PayPay0.5-1.5%
au PAY0.5%
d払い0.5%
各スマホ決済の還元率【比較】

上記の表のように、スマホ決済の多くでは、200円につき1ポイントという「0.5%還元」となっている場合が多いです。

PayPayも最大1.5%の還元率ですが、条件が厳しく1.5%還元をゲットするのは至難の業です。

PayPayの評判は?メリット・デメリットを比較・解説

そのため、Visa LINE Payの所有で無条件で1%以上の還元率が確保できるLINE Payは、かなりお得です。

また、LINEポイントクラブにより変動する還元率ですが、ランクアップは比較的カンタンなので、LINE Pay Visaカードを持てば、誰でも2%還元・3%還元が目指せます!

ただし、先ほど紹介したようにLINE Pay Visaカードで決済する「チャージ&ペイ」が、還元を受ける条件となっている点に注意が必要です。

LINE Pay VisaカードをLINE Payに登録して、チャージ&ペイという支払方法に設定しておけば、いつでもどこでも基本は3%還元になります(下図参照)。

Visa LINE Pay チャージ&ペイのイメージ

Visa LINE Payカードは、初年度年会費無料(2年目以降も年1回以上の利用で無料)のため、年会費の負担がなく気軽に所有できるクレジットカードなので、おすすめです!

Visa LINE Payカードの評判やメリット・デメリットは、以下をご参考ください。

【驚愕3%還元!】Visa LINE Payクレジットカードの評判は?メリットやデメリットも比較・解説

メリット2:毎月もらえるクーポンがお得!

LINEポイントクラブの特典(クーポン)
サイト管理人

LINE Payでは、500円OFF・10%OFFという割引クーポンが多く配布されていますが、これもかなりお得です!

貰えるクーポンの枚数は、LINEポイントクラブのマイランクに応じて変わり、最大10枚が貰えます。

スクロールできます
マイランククーポンの枚数
レギュラー1枚
シルバー3枚
ゴールド6枚
プラチナ10枚
クーポンの貰える枚数

クーポンは選択形式になっており、毎月1日10時以降に選択可能になります。

代表的なクーポンは、コンビニでは10%OFF(最大500円)、家電量販店では5%OFFなどです。

サイト管理人

このクーポンは還元ではなく、割引(OFF)なので、目に見えてお得になる点が特徴です!

どれだけお得か、ビックカメラのクーポンを例に紹介してみます。

LINE Payの特典クーポン(ビックカメラ)

ビックカメラでは5%OFFクーポンがついています。LINE Payで支払いができる商品であれば全商品が対象で、支払いの際に5%分が値引きとなり決済が進みます。

https://twitter.com/0622ame/status/1271602610449989638

例えば、上記のように、なかなか根が下がらないアップル製品に対しても利用することができますので、アップル製品を5%OFFで購入することができちゃうんです。めちゃくちゃお得ですね。

割引上限が5000円となっていますが、お得すぎますね。

サイト管理人

クーポンを利用すれば、その場での割引になるので、無駄な出費がなくうれしいですね。

メリット3:公共料金・税金の支払いが請求書払いでおトク!

LINE Pay請求書払い

LINE Payには「請求書払い」という公共料金や税金、通販などの支払が可能な機能があります。

請求書払いの特徴・メリット
  • 公共料金・税金でも最大3%還元が受けられる!
  • 自宅からスマホ決済ができる!
  • 決済手数料0円(無料)

請求書払いの大きなメリットは、各種公共料金や、税金などの支払いも「チャージ&ペイ」を利用することで、通常の支払いと同様、最大3%還元が受けられる点です。

基本的に手数料が無料で、自宅から決済できるので、お得度・利便性の両面で公共料金・税金の支払いに最強の支払い方法と言えます。

サイト管理人

税金・公共料金をクレジットカードやコンビニで支払いをする場合、手数料がかかることが多いですが、LINE Payではその手数料が不要。

これだけでもかなりお得ですが、さらに最大3%のポイント還元もあり!と圧倒的にお得なことがわかります。

LINE Payの他に「PayPay」でも請求書払いは可能ですが、PayPayの場合、還元率が0.5%〜1.5%なので、LINE Payの方がお得です。

税金・公共料金のお得な支払い方法・比較などの詳細は、以下をご参考ください。

→ 【保存版】公共料金・税金のお得な支払いは?LINE Pay、PayPay、クレカ、nanacoどれが一番お得?

メリット4:プリペイドカード発行でJCB加盟店でも利用可能に!

LINE Payカード

LINE Payには、LINE Pay カードと呼ばれるJCB加盟店で利用できるリアルカード(プリペイド)を発行することができます。

このLINE Payカード(JCBプリペイド)を発行すれば、LINE Pay残高や、LINEポイントをJCB加盟店や、QUICPay加盟店で利用することも可能になります。海外でも利用できます!

サイト管理人

スマホ・QRコード決済が利用できない店舗でも、JCBカードが利用できるお店であれば、LINE Pay残高から支払える点が、他のスマホ決済にない大きなメリットです。

ただし、Visa LINE Payカードがクレジットカードなのに対し、LINE Payカード(JCB)はプリペイドカードである点に注意が必要です。

JCBプリペイドの場合、LINE Pay残高にある金額内での支払いしか利用できません。

また、チャージ&ペイにも利用できない点は注意しておきましょう。

LINE Payプリペイドカードの注意点・デメリット
  • プリペイドカード
  • チャージ&ペイに使えない
    → Visa LINE Payカードは使える

参考:Visa LINE PayカードとLINE Payカード(JCB)の比較

サイト管理人

クレジットカードの新規発行に抵抗の無い人であれば、Visa LINE Payカードの方がオススメです。

利便性・お得度の両面でLINE Payカードを上回っています。

Visa LINE Payカードとの違いに注意が必要ですが、LINEポイントを利用するためのツールとして持っておけば、LINEポイントをJCBやQUICPay加盟店で、LINE Payカード経由で利用することができます!

メリット5:LINEの友だちと送金や割り勘機能が使える!

LINEの友だちと送金や割り勘機能が使える!

LINE Payには、割り勘や送金機能があります。

割り勘機能は、居酒屋やカフェなどで食事会をした際に、割り勘の機能を使って金額を算出し、LINE Pay残高の中から友人に送金することができるという機能です。

サイト管理人

現金を持ち合わせてないときや、小銭がない時などにも対応できるのでかなり重宝します!

送金機能は、LINEの友だち以外にも、LINE Pay残高やLINE Payに紐づけた銀行口座から送金することも可能なので非常に便利です。

もちろん、自分の口座から自分の別の口座への送金も可能なので、資金移動にも便利です。

ただし、LINE PayからLINE Payへの送金の場合は手数料無料ですが、口座への送金となると税込176円がかかります。

銀行間の振込手数料よりも安い場合は、利用価値がある。

サイト管理人

LINE PayはLINEユーザーならだれでも利用できるスマホ決済のため、割り勘や送金機能が多くの人と利用することができるのがメリットだと思っています!

メリット6:LINEポイントをLINE証券で利用可能!

LINEポイントは、LINE Payを経由して、LINE証券の証券口座に現金として入金することが可能なのも、大きな特徴です。

LINE Pay経由でLINE証券へ(ポイント利用可)
サイト管理人

LINEポイントの現金化、さらにLINE証券で株式や投資信託の購入が行えます!

もちろん、LINE Payに紐づいた銀行口座からデビット方式でLINE証券に入金することも可能なので、ポイントがなくてもLINE証券を気軽に利用できます。

LINE証券は、LINEポイントで投資ができたり、1株から(少額から)日本株が買えるなど、少ない投資資金で、投資・資産運用が始められるので、投資初心者の方に「ピッタリ」の証券口座と言えます。

LINE証券の解説記事が以下にありますので、気になる方は是非ご覧ください。

→ LINE証券の評判は?買付手数料0円などメリット・デメリットも比較・解説

メリット7:ワンコイン投資の積み立てにも利用可能!

LINE証券だけではなくLINEスマート投資(ワンコイン投資)へもLINE Payから入金が可能です。

こちらは、LINEポイントの利用はできませんが、LINE Payに紐づけた銀行口座から毎週積み立てていくことができます。

LINEスマート投資(ワンコイン投資)の詳細は、以下をご参考ください。

【儲かる?】LINEスマート投資の口コミ・評判は?メリット・デメリットと合わせて解説

ラインペイの注意点・デメリットは?

LINE Payの注意点・デメリット

PayPayや楽天ペイと比較して、LINE Payの方が良さそうなのだけど、何か注意点・デメリットはありますか?

サイト管理人

敢えてあげるとすれば、Visa LINE Payカードを持っていないと、還元率(お得度)が低くなってしまう点ですね。

ここまで解説してきたように、メリットが豊富なLINE Payですが、以下のような注意点・デメリットもあるので、頭に入れて利用しましょう。

注意点・デメリット
  • チャージ&ペイ以外は還元対象外
  • 本人確認をしないと使える幅が狭い
  • 送金や出金には手数料がかかる

以下、各デメリットについて解説していきます。

デメリット1:本人確認をしないと使える幅が狭い

LINE PayはLINEユーザーであれば、だれでも利用開始ができる気軽なスマホ決済ですが、本人確認をしないと使える幅が狭くなります。

本人確認が必要なLINE Payの機能
  • 送金機能の利用
  • 割り勘機能の利用
  • LINE Pay残高を銀行口座へ出金
  • LINE Pay残高上限UP(※)

(※)本人確認なしでは10万円、本人確認済みでは100万円まで利用可能に

送金機能や割り勘機能、口座への出金、LINE Pay残高の高額利用など、お金を出したいときに本人確認ができてない方には制限がかかる仕組みです。

サイト管理人

本人確認は口座登録や、顔写真登録などの方法からLINE上で簡単にできますので、LINE Payの機能をたくさん使いたい方はぜひやっておきましょう!

デメリット2:チャージ&ペイ以外は還元対象外

LINE Payは、チャージ&ペイ以外の支払い方法は「ポイント還元の対象外」です。

チャージ&ペイ以外の還元率0%の支払い方法
  • LINE Pay残高支払い
  • LINEポイント支払い

チャージ&ペイを利用するには、LINE Pay Visaカードが必要なので、LINE Payで高還元を受けたいなら、LINE Pay Visaカードの入会をセットに考えてください。

サイト管理人

私も、チャージ&ペイで還元が受けられるように、Visa LINE Payカードは発行しました!

Visa LINE Payカードが手元に届く

デメリット3:送金や出金には手数料がかかる

送金・割り勘ができる」で触れましたが、銀行口座への送金や出金は、手数料がかかります。

スクロールできます
口座へ送金176円(税込)
ATMや口座へ出金220円(税込)
送金・出金手数料

銀行間の振込手数料と比べると安いですが、ATM利用手数料と比べると少し高い印象です。

ただし、ネット銀行の場合、手数料無料(楽天銀行ハッピープログラムなど)で振込できることも多いので、送金・出金の際は注意しましょう。

LINE Pay(ラインペイ)の評判・口コミ

次に、LINE Payの口コミ・評判をTwitterからピックアップしていきます。

サイト管理人

ここまで解説してきたメリット・デメリットと合わせて、LINE Payを利用するか迷った際に、ご参考ください。

良い評判・口コミ1:キャンペーンなどポイントが貯まりやすい

評価が良い口コミとして多かったのが、ポイントが貯まりやすいという点です。

LINE Payの最大の特徴である最大3%還元というのが、ウケているようです。

サイト管理人

いきなり7,000ポイント越えの獲得はすごいですね!

良い評判・口コミ:公共料金・税金支払いがお得すぎる!

https://twitter.com/ugoraba/status/1267747428813299713
サイト管理人

請求書払いを使って税金の支払いをしている方もかなりお得に感じているようです。

固定資産税や住民税などは定期的に支払いをしなければいけないものなので、3%還元でもらえるととてもお得ですね。

チャージ&ペイでの利用であれば手数料も還元上限もないので、完全に3%お得です。

https://twitter.com/torichan_save/status/1266561741418160128

LINE Payに必須のLINE Pay Visaカードを持っている方で、家賃などの固定費の支払いをまとめたら、相当なポイントが貯まりそうですね。

サイト管理人

3,000ポイント以上も貯まっているので、ネット代ぐらい(格安SIMの人は通信費ぐらい)賄えてしまいますね。

良い評判・口コミ3:LINE Payのクーポンがお得

ポイントが貯まりやすい!という評判以外にも、毎月配られているクーポンが使いやすい!お得!といった評判も多く見受けられました。

https://twitter.com/setuyakuzizi08/status/1278933468387266560

マツキヨで10%OFFクーポンを使えば、10%OFFになるだけではなく、dポイントとマツキヨポイントがWで1%ずつ貯まり、さらにチャージ&ペイならさらにここから最大3%還元ですから、相当お得ですね。

マツキヨアプリでルーレットに当たればさらに20%OFFも…!

https://twitter.com/yuchi_0019/status/1278887050683412485

7月から登場したファミマで10%OFFクーポンも人気が出てきています。ファミポートで旅行券やチケットなどを購入しても10%OFFになるので、お得に旅行に出かけることもできそうですね。

コロナ対策としての割引などもあるので、さらにお得に買えそうですね!

良い評判・口コミ4:割り勘機能が便利

割り勘機能が便利だった!という評判も出ていました!

https://twitter.com/resonantblue_/status/1277045357843603457

現金を使うよりLINE Payでの送金の方が便利で楽なことは間違いないですね。

現金だと小銭を計算して渡すのも面倒ですし、渡された側も小銭ばかりになってしまうケースもあるので、LINE Payの送金には多くのメリットがありますよ。

https://twitter.com/misskeio2020_02/status/1274506737878315008

家族間でのお金のやり取りも便利ですね。遠くにいても家同士で送金できるのは素敵です。

悪い評判1:LINE PayとLINE Pay Visaカード還元の差があるのが不思議

まず、目立った悪評としては、チャージ&ペイでの還元(LINEポイントクラブのランク特典1〜3%還元)と、LINE Pay Visaカードの還元(2021年4月まではどこでも3%還元)の差に対してのものでした。

確かにLINE Payとカード払いで条件が違いすぎるので、全部LINE Pay Visaカードで支払ったほうがよく見えてしまいますよね。

悪い評判2:LINE Payの還元の仕組みが分かりづらい

またLINE Payの仕組みが分かりづらいという評判もありました。

https://twitter.com/yama__chan_mu_n/status/1271396374601334784
サイト管理人

実際、キャッシュレスに詳しい私でも分かりづらいと思うほどの仕組みかと思います。

【イマイチな評判】LINEポイントの使い道がない

また、LINEポイントの使い道にメリットがないというネガティブな評判もありました。

https://twitter.com/you1129/status/1279000231640616960
https://twitter.com/d5ZwRn2baLFOCg3/status/1266914588487872514

使い道としては、実際他のポイントに比べて少ないですが、LINE証券や、LINEデリマ、LINE Payで支払い(還元なし)などのLINEのサービスで利用すれば、節約になるので、上手く使っていけるといいですね。

評判・口コミ【まとめ】

ここまで紹介してきたLINE Payの口コミ・評判をまとめると、以下のようになります。

スクロールできます
良い
口コミ・評判
キャンペーンなどポイントが貯まりやすい
LINE Payのクーポンがお得
割り勘機能が便利
イマイチな
口コミ・評判
LINE PayとVisaカードの還元の差が不思議
LINE Payの還元の仕組みが分かりづらい
LINEポイントの使い道がない
LINE Payの評判【まとめ】

LINE Payはとにかく高還元で、LINE Pay Visaカードを持てば誰でもお得に利用できるスマホ決済という認識でOKかなと思います!

LINEユーザーなら、誰でも利用できることや、クーポンや割り勘機能など機能性にも優れているので、万能な決済方法です。

ただ、仕組みを理解するのが難しいという意見や、LINEポイントの使い道が分からないといった人も多そうです。

仕組みとしては、「専用クレカを経由することを必須とする代わりに、超高還元を実現できる」ということだけ覚えておけば間違ないですよ!

サイト管理人

LINE Payは、2020年大注目のスマホ決済で、高還元が受けられるので、ぜひ利用してみてください!

【最新キャンペーン情報】LINE Payをさらにお得にする方法!

2019年10月現在、LINE Payでは、以下2キャンペーンを開催中(または予定)です。

消費増税後の『生活応援祭』で最大12%の還元が受けられる他、Coke ONペイとのキャンペーンで「毎週100円還元(4週で最大400円還元)」が受けられます。

過去のキャンペーン

過去のキャンペーン情報も見ていきます。定期的に開催されるキャンペーンもあるのでチェックしておきましょう。

【CokeON】4週連続開催!毎週100円還元!

【初心者向け】LINE Payの使い方|はじめ方〜チャージ、送金まで解説

LINE Payを利用するためには、LINEアプリに内臓されている「LINE Pay」に、お金をチャージする必要があります。

LINE Payで支払うまでの手順・流れ
  1. LINE Payの利用登録
  2. 初期設定などの準備
  3. チャージ
  4. 支払い
サイト管理人

まずチャージ・支払いの手順をみれば、LINE Payのイメージをつかむことができます!

初期設定・利用登録の手順の解説から読みたい方は、以下をご覧ください。

→ 初期設定・利用登録|LINE Payの始め方

また、本記事では各チャージ方法などの詳細も説明しています。

今後、より多くの機能を使っていきたいという方にもご活用頂けるでしょう。

チャージ方法の一覧

まずはザックリとチャージ方法の一覧をみてみましょう。

LINE Payへのチャージ方法
  • 銀行口座
  • セブン銀行ATM
  • QRコード/バーコードチャージ
  • LINE Payカード(JCB)
  • ファミマ(Famiポート)
  • LINE Pocket Money
  • VISA LINE Payカード(4月下旬頃から開始)

アプリ内のチャージ画面を開くとチャージの一覧が表示されます。

スマホ決済を既に使われている方の場合、この画面だけでも直感的にどういった方法が使えるか把握することもできるでしょう。

チャージ方法毎のポイント還元率の解説は、以下をご参考ください。

ポイント還元率とチャージ・支払い方法|LINE Payの特徴・メリット

サイト管理人

LINE Payが初めてのスマホ決済という方もご安心ください!

以下、各チャージ方法の手順や流れも具体的に紹介していきます。

銀行口座からのチャージ方法

LINE Payの主なチャージ方法の1つが銀行口座からのチャージです。

銀行口座からのチャージ手順
  1. 登録可能な銀行口座を用意
  2. 銀行口座をLINE Payに登録
  3. 登録した口座からチャージを行う

まずは新規口座を登録。

LINE Payに登録できる銀行口座はメガバンクからネットバンク、地方銀行まで多くが対応しているので安心です!

口座が登録できれば銀行を選択しチャージ額を入力。

これでチャージは完了。

どこでも即座にチャージできることが強みです。レジ前で残高がない事に気づいても焦る必要がありません。

オートチャージの設定も可能

銀行口座を登録しておけばオートチャージの設定も可能。

画像のようにワンタッチで設定できます。

「LINE Payがメインでよく使う」という方は設定しておくと非常に便利です。

銀行口座を削除する方法

登録したい銀行口座の削除も非常に簡単です。

LINE Payを立ち上げ、削除したい銀行を表示するだけ。

使わなくなった銀行口座は削除しておけばセキュリティ上でも安心できますね。

セブン銀行からのチャージ方法

銀行口座からのチャージと並んで使い勝手の良い方法がセブン銀行ATMからのチャージです。

チャージする際はまずセブン銀行ATMでQRコードを表示させます。

チャージ方法としてセブン銀行ATMを選択し、QRコード読み取り画面を表示。

読み取りが完了すればあとは画面の手続きに従い進めていくことでチャージ完了です。

  • 口座登録に抵抗がない→銀行口座からチャージ
  • 口座登録は怖い…→セブン銀行ATMからチャージ

初心者の内はこの2つの方法を使い分けることがオススメです!

その他のコンビニでのチャージ方法

セブンイレブン以外のコンビニでもチャージをすることができます。

  • ローソン:LINE Payカード(JCB)でチャージ
  • ファミマ:Famiポートでチャージ

やや手間な面はありますが、最寄りにローソンやファミマしかない方はこちらの方法を試してみても良いでしょう。

ローソンでのチャージ方法

ローソンでのチャージにはLINE Payカード(JCBブランド付帯のプリペイドカード)を用います。

チャージ手順
  1. レジにLINE Payカードを持参
  2. チャージしたい旨を伝える
  3. チャージする金額を渡す
  4. LINEから通知が届けばチャージ完了

事前にカードさえ発行しておけば手軽に行えます。

ローソン以外にも以下の店舗でLINE Payカードを使ったチャージが可能です。

  • ローソンストア100
  • ナチュラルローソン
  • AINZ&TULPE
  • LIPS & HIPS
  • アインズ

ファミマでのチャージ方法

ファミマではFamiポートを使ってチャージします。

事前準備としてアプリにチャージ金額を入力し、受付番号と予約番号を発行しておきます。

次に店頭でFamiポートを操作。

画像の手順に沿って受付番号・予約番号の入力画面に進みます。

レシートを発券後、レジで現金を支払い。支払いが完了すればチャージされます。

アプリで事前に操作を行うなど他のコンビニに比べると若干手間はかかりますが、近くにファミマしかないときは活用できます。

バーコード読み取りによるチャージ方法

アプリからチャージ用のバーコードを表示し、チャージすることも可能です。

ただし、この方法に対応している店舗は以下の3つのみ。

  • AINZ&TULPE
  • LIPS & HIPS
  • アインズ

最寄りに対象店舗がない方にとっては余り利用頻度の多い方法ではありません。

システムとしては便利なので今後対応店舗が広がってくれると良いのですが…。

ポイントを使ったチャージは不可

以前は、LINEポイント→LINE Pay残高へ交換してチャージすることができしたが、この方法は現在不可に。

《2019年12月31日 23:59に終了する交換先》
■LINE Pay残高への交換
※LINE Payでのお支払い時のポイント利用は2020年1月以降も引き続きご利用いただけます。(コード支払い・一部を除くオンライン支払い・請求書支払い等)

引用元:LINEポイント|お知らせ

支払いに使いたい場合は決済画面でLINEポイント横のマークにチェック。

これで支払い時にポイントが優先的に使われます。

ポイントで支払った分は0.5~2.0%の還元が行われません。 

LINE Payの支払い方法

チャージした残高は以下の5つの方法で決済に使えます。

LINE Payの支払方法
  • バーコード決済(QRコード)
  • LINE Payカードでの決済
  • QUICPay(Google Pay)での決済
  • 請求書払い
  • オンライン決済

初心者の方はとりあえずコンビニなどでバーコード決済から利用してみましょう。

慣れてくればLINE PayカードやQUICPayなども混ぜていくと便利度がアップしますよ。

バーコード決済(QRコード)での支払い方法

バーコード決済の支払い方法は店頭で提示するだけと非常にシンプル。

提示したQRコードを読み取ってもらえば決済が完了します。

スマホの操作のみで手軽に決済できる点はバーコード決済の魅力です。

店頭のQRコードを読み取り決済するお店もあります。

上の手順で読み取り、支払金額を入力すれば決済ができます。

個人営業などの小さなお店はこちらのタイプが導入されている場面が多いです。

LINE Payカード(JCBカード)での支払い方法

バーコード決済は使えないがクレジットカードなら使えるというお店ではLINE Payカードが活躍します。

支払い時に通常のクレジットカードと同様に「JCBで」と伝えることで決済ができます。

以下のところはJCBに対応していてもLINE Payカードは使えません。

  • 高速道路
  • ガソリンスタンド
  • 各種公共料金
  • 保険料 など

QUICPay(Google Pay)での支払い方法

Androidのおサイフケータイを使われている方はQUICPayを使って支払うことも可能。

以下の手順で事前にGoogle PayにLINE Payカードを登録しておきましょう。

あとは「QUICPayで」と伝えて端末にかざせば決済が完了します。バーコード決済に対応していないお店ではQUICPayやLINE Payカードがあると非常に便利ですよ。

Apple PayはQUICPayでの決済に対応していません。(LINE Payカードの登録ができないため)

iPhone(Apple Watch)ユーザーはバーコード決済非対応店ではLINE Payカードを活用していきましょう。

請求書払いの方法

LINE Payでは、通販の代金や税金、公共料金の支払いが可能な「請求書払い」機能もあります。

方法も非常にシンプルで届いた請求書のバーコードをアプリから読み取ることで決済が完了。

収納代行伝票を持ってコンビニに行く手間もなく、また支払いに使うことでポイント還元を受けることもできます。(税金に関しては還元対象外)

非常に便利でお得な機能なので慣れてくればこちらも是非活用していきましょう!

【始め方】本人確認・アプリの初期設定

LINE Payは、スマホに「LINEアプリ」が入っていれば、審査等の必要もなくすぐに使うことができます。

ウォレットタブを開き、LINE Payをはじめるをタップするだけ。

画面に従って規約に同意、パスワードを設定すればすぐに利用開始できます。

サイト管理人

他のスマホ決済と違ってLINEさえ利用していればすぐに始められる点は大きなメリットです。

手軽に始められるスマホ決済は間違いなくLINE Payがナンバー1と言えるでしょう。

本人確認をすれば送金・出金が可能

より多くの機能を使いたい場合は本人確認を行う必要があります。

スクロールできます
項目本人確認未実施本人確認済
送金×
割り勘×
出金×
残高上限10万円100万円
セブン銀行ATMからの
チャージ上限
10万円50万円
決済上限10万円100万円

試しに少しだけ使ってみたいという方は最初は本人確認無しでもOK。

「LINE Payが気に入ったので送金などの機能もガッツリ使いたい」となってから行うのもありです。

本人確認は年齢に関係なく行うことが可能。

高校生などの未成年でも完了すれば利用できる機能が拡張されます。

本人確認の方法

本人確認は以下の2つの方法で行うことができます。

本人確認の方法
  • 銀行口座登録
  • スマホでかんたん本人確認(身分証が必要)

銀行口座を持っていない方や登録に抵抗がある方は身分証を用いた本人確認がオススメ!

以下のいずれかの身分証で行えます。

本人確認に使える身分証
  • 運転免許証
  • 運転経歴証明書
  • パスポート
  • 在留カード
  • 特別永住者証明書
  • マイナンバーカード

本人確認画面へは以下の流れで進みます。

銀行口座を登録しない方はスマホでかんたん本人確認を選択。

(郵送での本人確認は現在終了しているため、口座登録をしない場合は身分証明書を使った本人確認となります。)

画面の手順に従って撮影を進めていくことで完了します。

ラインペイの使い方

ここからはLINE Payの便利な機能を個別に紹介していきます。

チャージや決済に慣れてきて、ある程度使いこなせている方はこれらの機能も導入していきましょう。

クーポンの使い方

LINE Payでは時折お得なクーポンが配信されます。

https://twitter.com/linepay_jp/status/1239355702264492033

指定された条件をクリアでもらえることもあれば、コンビニなどで使えるクーポンがゲリラ的に配布されることもあります。

使うためにはまず事前にクーポンを入手。

LINEアプリの場合はウォレットタブのクーポンから確認・取得が可能。

LINE Pay専用アプリの場合はコード支払い画面を左へ2回スワイプすると現在配布中のクーポン一覧が表示されます。

クーポン取得2

あとは支払い時に使いたいクーポンをセット。

クーポンのセット

そのまま決済すれば自動でクーポンが適用されます。

お得生活の上でLINE Payを使う一番の魅力はクーポンともいえます。

出金方法(LINE Pay残高の引き出し)

本人確認を行っていれば以下の2つの方法で残高を出金することが可能です。

2種類の出金方法
  • 銀行口座へ出金
  • セブン銀行ATMから出金

銀行口座を登録していない方はセブン銀行ATMを活用しましょう。

銀行口座からの出金方法

銀行口座から出金するためにはウォレットタブ→画面を下へスクロール→設定ボタンをタップ。

その後、画像の手順で進めることで指定の口座に出金可能。

出金上限や手数料は以下のように定められています。

項目金額
出金上限10万円/日
出金手数料220円/回

セブン銀行ATMからの出金方法

銀行口座を登録していない場合はセブン銀行ATMから出金することが可能です。

まず、LINEアプリで設定→出金→セブン銀行ATMの順に進めQRコード読取画面を立ち上げます。

セブン銀行ATMからの出金2

QRコード読取画面が立ち上げられれば、ATMでスマートフォンで取引をタップ。

セブン銀行ATMからの出金3

表示されたQRコードを読み取り、手順に沿って進めていくことで出金が完了します。

セブン銀行ATMからの出金4

セブン銀行ATMからの出金上限や手数料は以下のとおりです。

スクロールできます
項目金額
出金上限1万円/日
最低出金額1,000円/回
出金手数料220円/回

銀行口座に比べると出金上限がやや低めに設定されているため注意が必要です。

送金方法(友達へ送るとき)

送金は本人確認済の方が行うことができます。

送り方も非常に簡単。LINEのトーク画面から「送金する」をタップ。

送金金額を入力し、「送金」ボタンをタップすることで完了します。

送金方法2

必要に応じてメッセージを添えることもできますよ。

「送金を依頼する」をタップすれば送金してもらうこともできます。

普段は余り使うことはありませんが緊急でお金が必要になったときなどには役立つ機能です。

手数料などは一切かかりません。

スクロールできます
項目内容
送金手数料0円
送金上限10万円/日

個人間送金が必要な場面(建て替え時など)や急遽お金が必要な場面に非常に使い勝手が良くオススメです。

ちなみに海外在住の友人などへも送金できますが、受け取りは日本円になります。

相手国の通貨で渡すことは現時点ではできないため、この点は注意が必要です。

送金できないときの主な原因

もし、送金できない場合は以下の項目をチェックしましょう。

送金ができないときの原因
  • 本人確認が済んでいるか?
  • 送金するための残高が残っているか?
  • 1日辺りの送金限度額(10万円)を超えていないか?

これらの項目に該当している場合はエラーが起こることがあります。

銀行振込

残高を銀行口座に振り込むことも可能です。

銀行振り込みの方法
  • 銀行口座を指定して振込む方法
  • SMS・Eメールに送金リンクを送って振込む→振込先は相手が入力する

振込先を知らない相手にも振込みができることがLINE Payの特徴です。

銀行口座を指定して振込む方法

銀行口座を指定して振込む場合はウォレットタブの送金ボタンをタップ。

銀行振込

振込先の口座番号などを入力していきます。

銀行振込2

画面に従って金額などを入力する事で振込が完了します。

SMS・Eメールを使って振込む方法

振り込みたい相手の銀行口座が分からない場合はこちらの方法を使います。

SMS・Eメールでの振込

口座に振込画面の上にある「SMS・Eメールタブ」をタップ。振込相手の電話番号や名前を入力します。

SMS・Eメールでの振込2

振込金額等を入力すれば相手にSMS・Eメールで振込があった旨の通知が届きます。

受けた側が口座情報等を入力することで完了します。

口座振り込みに関しては1回につき176円の手数料が必要です。

また、1日辺りの振込上限は10万円に定められています。 

スタンプを買う方法

LINE Pay残高を使ってスタンプを購入する場合は「LINEストア」から購入する必要があります。

スタンプ購入の流れ
  1. LINEストアにアクセス
  2. 購入したいスタンプを選ぶ
  3. 支払い方法を「LINE Pay(クレジットカード)」に設定
  4. 支払いページに飛ぶため、LINE Pay残高での支払いを選ぶ

LINEアプリでスタンプを購入する方法もありますが、この方法はLINEコインでの清算になるため、注意が必要です。

サイト管理人

LINEコインとLINE Pay残高は全くの別物です。
似たような用語が多いので注意が必要ですね。

LINE Payの使える店舗・お店

LINE Payは、コンビニやスーパー、ドラッグストア、飲食チェーンなど様々な店頭店舗で利用できます。また、Amazon(アマゾン)などのオンラインショッピングでも利用可能です。

LINE Payの使えるお店・店舗の最新情報は、以下の記事をご参考ください。

ラインペイのよくある質問(FAQ)

LINE Payに関するよくある質問を紹介していきます。

不正利用があったときの対応は?

万が一不正利用の被害にあった際は被害額をLINE Payが補償してくれます。

LINE Payでは、第三者による不正行為によって発生した損害を補償する制度を導入しています。
送金・支払い・出金など全てのLINE Payサービス*が補償の対象となり、損害額はLINE Payがカバーします。

*被害者の責任が認められる場合を除きます。
*損害発生時から、30日以内の申し立てが必要となります。
*LINE Cashアカウントの1事故あたりの補償限度額は、原則10万円です。
*LINE Moneyアカウントの1事故あたりの損害額が10万円を超過する場合は、補償限度額の引き上げを個別検討します。

引用元:安全のしくみ|LINE Pay公式ブログ

本人確認を行っていない場合は10万円まで。本人確認済みの場合は補償限度額の引き上げも検討してくれます。

また、登録情報は暗号化して保管、24時間365日体制のモニタリング体制を取るなどセキュリティ面も充実するよう工夫してくれています。

LINE Payで確定申告はできるの?

LINE Payには確定申告をサポートしてくれるサービスも用意されています。

LINEで確定申告

具体的には以下のようなサポートが受けられます。

  • LINEで税理士相談:税理士へ確定申告の依頼・相談ができる
  • LINE店舗経理:記帳チェックや申告代行が依頼できる

料金は記帳が必要な所得や控除の項目により変動。

とはいえ、かなり格安でサービスを提供してくれているため、確定申告が必要な方は利用してみるのもありでしょう。

電子マネーのチャージに使うことはできるの?

LINE PayはSuicaのチャージに用いることが可能です。

Suicaへのチャージ手順
  1. LINE Payカードを発行
  2. モバイルSuicaにLINE Payを登録
  3. LINE Payカードを使ってチャージ

WAONなどの他の電子マネーへのチャージはできません。

機種変更後の引き継ぎやアカウントの解約・退会方法は?

機種変更後の引継ぎはLINEを引継ぐことで自動的に完了します。

LINE Payを解約したい場合は以下の手順で行えます。

LINE Payの解約

最終確認画面で「はい」を行うことで解約が完了します。残高等は払い戻しされないため、注意が必要です。

VISA LINE Payカードとは?特徴・スペック

Visa LINE Payは、LINE・三井住友カードが発行するクレジットカードで、以下のような特徴があります。

スクロールできます
年会費初年度無料(2年目以降、1,350円)
*2年目以降、1度でもカード利用があれば「無料」
還元率1.0%(2021年4月まで3.0%
→(2021年5月以降:2.0%)
貯まるポイントLINEポイント
追加カードETCカード・家族カード
付帯保険ショッピング
電子マネー機能なし
交換マイル不可
スマホ決済LINE Pay、楽天ペイ、Apple Pay、google Pay
Visa LINE Payカードのスペック

Visa LINE Payカードの特徴をまとめると、以下の6点が挙げられます。

Visa LINE Payカードの特徴
  • 年会費は「実質無料」
  • 2022年4月末までの還元率は「2%」
  • LINEポイントで還元
  • LINE Payアカウントを持つ18歳以上のみ発行可能
  • 国際ブランドは「VISAのみ」
  • タッチVISA搭載
サイト管理人

未成年の方は発行できませんが、年会費が実質無料で「2%還元」という点が、大きな魅力ですね!

2021年4月まで3%還元でしたが、2021年5月以降「2%還元」になっています。

ちなみにですが、Visa LINE Payはオリンピック限定デザインも発行されます。

Visa LINE Payカード(オリンピック)の実物
Visa LINE Payカード(オリンピック)の実物

通常版とはカラーが異なり券面右上にオリンピック専用デザインが施されています。

数量限定のため、希望の方は申込開始と同時に申請するのがおすすめです。

開催が延期になっているけど、ある意味レア度が上がるかも。。

サイト管理人

子供の頃、祖父の家で「東京オリンピック(1964年)」の記念品を見て感動した記憶があるから、後世に語り継がれるクレジットカードになるかも。。。

VISA LINE Payカードの魅力・メリットは?

VISA LINE Payカードの魅力・メリット

VISA LINE Payカードの概要が分かった所で、カードの特徴・メリットを詳しく解説していきます。

Visa LINE Payカードの特徴・メリット
  • ポイント還元率が2%
  • 年会費は実質無料
  • LINE Payと連携して使える
  • タッチ決済が搭載
  • 支払い通知が届くため安心
  • 税金・公共料金の支払いもお得!

ポイントの貯まりやすさに目を奪われがちですが、LINE Payとの連携やタッチ決済も搭載。

使いやすさも考えて作られていることがわかります。

以下、各メリット・特徴について詳しく解説していきます。

メリット1:ポイント還元率が2.0%

VISA LINE Payカードの最大の魅力は、最大で「年間3%のポイント還元」が受けられることです!

2021年4月30日までのカード支払いが「3%還元」です。

2021年5月以降は、ポイント還元率「2%」になりますが、キャンペーン等で「3%還元」並のお得さになるとの事です。

Visa LINE Payのポイント還元率

他のカードと比較してみてもその違いは歴然です!

カード還元率還元ポイント
Visa LINE Pay3.0%
(2021/4/30まで)
LINEポイント
楽天カード1.0%楽天ポイント
ヤフーカード1.0%Tポイント
dカード1.0%dポイント
リクルートカード1.2%リクルートポイント
(Pontaポイント)
主要クレジットカードの還元率

これは凄いお得!
Kyashと紐付ければ+1%(合計4%還元)で、さらにお得になるのかしら?

サイト管理人

残念ながら、Kyashへのチャージは、ポイント付与の対象にならないんだ。。

ちなみに、LINEポイントは他にも以下のような方法で貯めることが可能。

  • 動画視聴
  • アンケートに回答
  • 無料の会員登録
  • クレジットカードの発行
  • LINEポケオやデリマなどのキャンペーン利用
  • Amazonなどでの買い物(LINE SHOPPINGを経由)
サイト管理人

Visa LINE Payカードと合わせて活用すれば、より効率よく集められます!

メリット2:年会費は実質無料

VISA LINE Payカードは、高還元カードにも関わらず年会費が初年度無料、2年目以降も1度でも利用があれば「無料」です。

項目年会費
初年度無料
2年目以降1,250円+税
(年1回以上の利用で無料)
Visa LINE Payカードの年会費

2年目以降は年1回以上利用という条件がつきますが、LINE Payを使われる方であればかんたんに達成できるハードルです。

ETCカードの手数料

ETCカードは、基本500円(税抜)の年会費用が発生しますが、初年度は無料、2年目以降も一度でも利用があれば無料になります。

利用があれば、毎年「無料」になるって事ね!?

サイト管理人

そうですね!
ちなみに、再発行は「1,000円(税別)」が掛かる点に注意しましょう!

家族カードの手数料

家族カードに関しては、1枚目は無料ですが、2枚以上発行される方は400円+税がかかります。

項目年会費
ETCカード500円+税
(初年度無料、2年目以降、利用があれば無料)
家族カード1枚目は無料
2枚目以降は400円+税
家族カード・ETFカードの手数料【まとめ】

手数料がかかるケースに注意が必要ですが、還元率やカードのスペックを考えると決して割高では無いので、本カードと合わせて発行することのもありですね!

手数料が発生するケース
  • ETCカード:年間を通して一度も利用していない場合+再発行
  • 家族カード:2枚以上発行する場合+再発行

メリット3:LINE Payと連携して使える

Visa LINE Payカードは「チャージ&ペイ」を使うことでスマホ決済と連携が可能です。

チャージ&ペイは、下図のような流れで決済が完了が行え、支払額はVisa LINE Payでまとめて請求されます。

Visa LINE Pay チャージ&ペイのイメージ

これまで、LINE Payの最大の弱点と言われていた「クレジットカードでチャージできない」点が、今回のVisa LINE Payカードの発行で完全にカバーされる事になります。

サイト管理人

Visa LINE Payは、お得なだけではなく利便性も一気に改善してくれましたね!

Visa LINE Payカードの登場で、クレカと連携して「LINE Pay」が利用できる事になった!

LINE Payの利便性向上は「ありがたい」のだけど、どこのお店で利用できましたっけ?

サイト管理人

スマホ決済の普及で、以下のように、かなり多くのお店で利用できますよ!

LINE Payの使えるお店
  • セブンイレブン
  • ファミリーマート
  • ローソン(ローソン100などの系列店も可能)
  • ガスト
  • くら寿司
  • すき家
  • 和民
  • 白木屋
  • サンマルクカフェ
  • ライフ
  • サミット
  • OKストア
  • ウエルシア(グループ店舗も可能)
  • ツルハ
  • マツモトキヨシ

LINE Payの使える店舗の詳細は、以下の記事をご参考ください。

LINE Payの使えるお店・加盟店【2021年】コンビニやAmazonは使える?

メリット4:タッチ決済が搭載

タッチ決済の流れ
サイト管理人

利便性という面では、タッチ決済が搭載された点も大きな魅力です!

タッチ決済とは、現在Visaが普及を進めている非接触型の決済。
専用の端末にクレジットカードをかざすだけで決済が完了します。

残念な点は、まだまだ対応店舗が少ないところ。

タッチ決済対応の主な店舗
  • ローソン
  • マクドナルド
  • ゼンショーグループ(すき家、はま寿司など)
  • TSUTAYA
  • Japan Taxi
  • アズナス

とはいえ、海外ではタッチ決済(コンタクトレス決済)の普及が進んできています。

日本でも今後この流れが加速し使える店舗は増えると予想されています。

サイト管理人

タッチ決済は、ヨーロッパやアメリカで主に使われています。
決済の手軽さに加えてセキュリティ面の向上も期待できると言われているため、今後ぜひ広まっていってほしいですね。

メリット5:支払い通知が届くため安心

Visa LINE Payは、支払いに使うとLINEのアカウントから通知が届きます。

Visa LINE Payの通知について

メリット6:税金・公共料金の支払いがお得!

Visa LINE Payカードは、対象の支払いであれば、公共料金や税金などの支払いでもポイント還元を受ける事ができます。

ただし、国民健康保険料などの支払い、また5万円を超える分の支払いは、ポイント還元対象外になるため、注意が必要です。

ポイント付与対象外の主なサービス
  • 税金・保険等で1回あたりの支払につき5万円を超える分
  • 国民年金保険料
  • クレジットカード年会費、ETC年会費等の年会費
  • リボ払い・分割払い手数料等の手数料
  • キャッシング
  • 寄付

お得な公共料金・税金の支払い方法は、以下の記事をご参考ください。

【保存版】公共料金・税金の支払いでポイントが貯まるお得なキャッシュレス・スマホ決済は?

デメリット・注意点はある?

VISA LINE Payカードの注意点・デメリット

Visa LINE Payカード、かなり良さそうだけど、注意点や他のクレカと比較した場合の「デメリット」は無いのかなぁ?

サイト管理人

利用上の注意点・デメリットもあるので詳しく解説していくね。

メリットの大きい「Visa LINE Payカード」ですが、注意点・デメリットもあるので、カード発行前に理解しておきましょう。

Visa LINE Payの注意点・デメリット
  1. 審査基準・利用限度額などが不明
  2. 海外旅行好きな方には不向き
  3. マイルを貯めることができない
  4. 送金には使えない
  5. 貯まるLINEポイントの使い道が少なめ
  6. 公共料金・税金の支払いは上限に注意

以下、各項目について詳しく解説していきます。

デメリット1:審査基準・利用限度額が不明

Visa LINE Payは、カード発行が始まってまも無いため、審査基準や利用限度額などの詳細が不明な面があります。

【お申込み対象】

満18歳以上の方(高校生は除く)

未成年の方は親権者の同意が必要です

引用元:Visa LINE Pay

大学生でも申し込みできるため、そこまで厳しい基準ではなさそうな印象。

同基準の三井住友カードを例にみてみると無職でも審査に通ったという声もあります。

Visa LINE Payを発行希望の方は若い人が多いので審査が優しめだとありがたいですが…。

デメリット2:海外旅行好きな方には不向き

Visa LINE Payカードには、他のクレジットカードで付帯される事がある、以下2つがありません。

  • 海外旅行保険
  • ラウンジ利用特典
サイト管理人

海外旅行によく行かれる方や飛行機への搭乗が多い方には不向き。
特に海外旅行保険が付帯しない点は要注意ですね!

国によっては、ケガや病気で病院にかかった際に莫大な請求がくるケースもあります。

そのため、Visa LINE Payカードで心許ない場合、海外旅行保険が充実しているカードも発行しておくと良いかもしれません。

どのクレジットカードなら海外旅行の付帯保険が充実しているのかしら?

サイト管理人

年会費無料だと楽天カード・エポスカードの付帯保険が比較的充実しています!

エポスカードの海外旅行保険

補償額も比較的高く、自動付帯(旅行代金等の支払いに使う必要がない)で保険が適用されます。

項目金額など
死亡・後遺障害500万円
傷害治療200万円
疾病治療270万円
携行品損害20万円
賠償責任2,000万円
救援者費用100万円
適用条件自動付帯
エポスカードの付帯内容

国によってはこれ1枚では不十分というケースもありますが、年会費無料のため1枚持っておいて損することはないカードと言えます。

デメリット3:マイルや他のポイントへ交換することが難しい

LINEポイントは、現在マイルへの交換ルートが用意されていません。

以前まではメトロポイントを経由することでANAマイルに交換できていましたが、このルート(LINE-ソラチカルート)は2019年末で終了。

ソラチカルート

また、同時期に他のポイントへの交換も一斉に終了となりました。

終了したポイント交換先
  • dポイント
  • nanacoポイント
  • メトロポイント
  • ベルメゾン・ポイント
  • JALマイレージバンク
  • Amazonギフト券
  • Pontaポイント
  • 選べるe-GIFT

現在では、LINE Pay(コード決済)の支払い時に1P=1円として充当する使い方の他、LINE証券でのポイント投資などが主なポイント活用方法となっています。

サイト管理人

還元率3%は魅力ですがポイントの消化方法が限定的な点は、注意が必要です。
私自身は、LINE Pay・LINE証券で、LINEポイントを活用しています。

LINE証券では、口座開設キャンペーンで3,000円程度が貰えるので、まだ口座開設していない方は、この機会に口座開設するとお得です。

証券口座の口座開設費・維持費は全て無料です。

LINE証券の詳細やキャンペーン情報は、以下をご参考ください。

【キャンペーンあり】LINE証券の評判は?メリット・デメリットと合わせて解説

デメリット4:送金には使えない

LINE Payには送金機能が搭載されていますが、Visa LINE Payを使ってチャージ→送金することはできません。

友達などへ送金したい場合はこれまで通り、銀行口座などからチャージする必要があります。

ここまでデメリット・注意点を見ていきましたが、年会費やポイント還元率などのメリットを考慮すると、そこまで気にならない点が多い印象です。

海外旅行保険をカード付帯保険で済ませたい方は他のカードで補う必要がありますが、基本的には「Visa LINE Payカード」はメリットが大きいクレジットカードと言えそうです。

デメリット5:LINEポイントの使い道が多くない

Visa LINE Payカードの利用で貯まる「LINEポイント」の使い道が限定的な点は、楽天カードやdカードと比較した場合、デメリットになり得ます。

具体的には、どんな利用方法があるの?

サイト管理人

LINE Payの支払いに充当したり、LINE系サービスで利用する方法があります!

LINEポイントの主な使い道は、以下のような方法があります。

LINEポイントの使い道【5選】
  • LINE Payの支払いに利用
  • LINEポケオやデリマのキャンペーンで利用
  • LINEスタバカードにチャージ
  • LINEモバイルの支払いに充当
  • LINE証券で投資

一般的な使い道としては、LINE Payの支払い時に「ポイント払い」する方法があります。

また、LINE証券やLINEモバイルなどLINE系のサービスを利用されている方は、多くの使い道があります。

ただし、dポイントや楽天ポイント、マイルなどのように、他の共通ポイント・電子マネーとの交換ができない点に注意が必要です。

デメリット6:公共料金・税金の支払いは、ポイント還元の上限額に注意

税金や公共料金の支払いも、お得にポイント還元されるVisa LINE Payカードですが、以下のようにポイント還元対象外となる支払いがある点に注意しましょう。

・電子マネー/プリペイドカード/Walletサービス等へのチャージ

(WAON,Edy,Suica,PASMO,Kyash等)

・金融商品の購入(投資信託、証券等)

・税金/保険において、1回あたりの支払につき5万円を超える分

・国民年金保険料

・寄付

・年会費(クレジットカード年会費、ETC年会費等)

・手数料(リボ払い・分割払い手数料等)

・キャッシング

・その他、当カードの利用において指定するポイント対象外の商品/サービス

引用元:LINE Pay公式ブログ-【LINEポイントクラブ】LINE Payのお得な特典をご紹介

特に注意が必要なのが「国民年金保険料」「税金/保険において、1回あたりの支払につき5万円を超える分」の二項目です。

税金・公共料金をVisa LINE Payカードで決済する際に注意しましょう。

JCBとの違いは?LINE Payカードとの比較

ところで、少し前に「LINE Payカード」が流行ったけど、Visa LINE Payカードと何が違うの?

サイト管理人

気になる点ですよね!
以下、Visa LINE Payカードと「LINE Payカード」について違いを比較・解説していきます。

これまで発行されていた「LINE Payカード」は、JCBブランドのプリペイドカードで、今回のVisa LINE Payカードとは全くの別物です。

結論から言うと、新規発行するならVisa LINE Payカードがおすすめです!

VISAとJCBについて
  • Visa LINE Payカード:クレジットカード、今後力を入れる可能性が高い
  • LINE Payカード(JCB):プリペイドカード、今後改悪の可能性が高い

以下、詳しく比較・解説していきます。

【JCB】LINE Payカード(プリペイド)の特徴

LINE Payカード(JCB)の特徴をザックリとみてみましょう。

LINE Payカード(JCB)の特徴
  • 誰でも発行が可能(年齢制限なし)
  • 年会費・発行手数料も不要
  • 使うためには事前にチャージが必要
  • 還元率は0.5~2.0%(2020/4/30まで)

LINE Pay残高があれば、JCBが利用可能な店舗での支払いができる点が特徴で、マイランクに応じて「0.5~2.0%」が還元され、クレジットカードを発行できない方にとっては非常に人気でした。

参考までに他のプリペイドカードの還元率と比べてみましょう。

カード・券種還元率
LINE Payカード0.5%~2.0%
Kyash0.5~1.0%
dカードプリペイド0.5%
au WALLETプリペイドカード0.5%
バンドルカード0%
プリペイドカードの還元率

条件こそありますが、他のカードに比べて高還元な様子がわかります。

VISA版・JCB版の違いは?

VISA版とJCB版の違いも一覧でみてみましょう。

項目Visa LINE PayLINE Payカード
カードの種類クレジットカードプリペイドカード
支払い方式後払い式前払い式
(LINE Payにチャージして利用)
還元率3.0%
(2021/4/30まで)
0.5~2.0%
(5/1以降改定)
18歳未満の保持不可可能
国際ブランドVISAJCB
将来性
VISA版・JCB版の違い

還元率や今後の方向性からもやはりVisa LINE Payの発行がオススメだと思います。

LINE Payカードはクレジットカードだと管理ができないという方や18歳未満の方のみ検討する形で良いでしょう。

VISA・JCBの二枚同時発行はあり?なし?

VISA・JCBの2枚を同時に発行する事は可能ですか?

サイト管理人

VISAとJCBの二枚同時発行も可能で、以下のようなメリットがあります。

同時発行するメリット
  • 毎月の利用額などに応じて使い分けができる
  • VISA、JCBいずれかのみ対応のお店でも支払いが可能

クレジットカードの利用額が多くなり過ぎた場合などは、カードを切り替えればお金の管理が行いやすくなります。

ただし、LINE Payカードは、今後改悪も予想されているためお得を重視するのであれば、Visa LINE Payカードをメインにする方が良いと思います。

【結論・まとめ】Visa LINE Payカードは〇〇な人にオススメ!

ここまで解説してきたメリット・デメリットをまとめると、Visa LINE Payカードをオススメできるのは、以下のような方々です。

こんな人にオススメ!
  • 高還元なクレジットカードがほしい方
  • お得を追い求めている方
  • LINE経済圏で生活されている方

普段の買い物などで3%のLINEポイントが還元される点は、やはり魅力です。

反対にLINEポイントを集めていないという方、また海外旅行によく行くという方には、あまりオススメできません。こういった方は他のカードの発行を検討するのもありでしょう。

評判・口コミは?

VISA LINE Payカードの評判・口コミ

ここまでが本記事執筆にあたって調べた内容ですが、世間の評判や口コミに関してもTwitterを元にみていってみましょう。

悪い評判・口コミ1:LINE Payカード(JCBプリペイド)で十分では?

これまでLINE Payカード(JCBプリペイド)を活用されてきた方からは、特に期待しない声があります。

プリペイドカードには使いすぎないメリットがあるので、この点が決め手になる方は「Visa LINE Pay」を発行しないくても良さそうです。

悪い評判・口コミ2:デザインに選択肢を!

また、今回東京オリンピックデザインが発行されますが、スタンダードデザインが欲しいという方もいらっしゃいました。

https://twitter.com/ThisIsSuree/status/1246841698480611328
サイト管理人

確かに、デザインは選択制にして欲しいですね!

悪い評判・口コミ3:利用通知が来ない!

Visa LINE Payカードでは通知機能が搭載される予定ですが、現時点で搭載されていません。

サイト管理人

現時点で通知機能はありませんが、2020年9月10日以降に搭載予定となっています。

良い評判・口コミ1:初年度3%還元が絶大な人気!

https://twitter.com/point_shacho/status/1243050171040067585

カード情報のリリース時から、期待の口コミ・ツイートが寄せられており、特に「1年間無条件で3%還元を受けられる」というのは、かなりの魅力です…!

良い評判・口コミ2:チャージ&ペイが便利

チャージ&ペイでサクッと支払いができる点は便利ですね!

収納代行などにも重宝しそうです。

良い評判・口コミ3:自動車税なども3%還元

自動車税のクレカ支払いで「3%還元」が受けれる事に対する歓喜の声が上がっています。

サイト管理人

自動車税のクレジットカード決済は手数料が発生しますが、3%の還元であれば、お得になるケースが多いですね!

評判・口コミ【まとめ】

ここまで紹介してたき「Visa LINE Payカード」の口コミ・評判をまとめると、以下のようになります。

イマイチな
口コミ・評判
LINE Payカード(JCB)で十分
デザインの選択制を
通知が来ない
良い口コミ驚異の高還元!
チャージ&ペイが便利!
自動車税もお得に決済可能!
Visa LINE Payの評判【まとめ】

楽天カードやdカード、Yahoo!Japanカード等の一般的なカードの場合、1%の還元率ですが、初年度だけでも3%の高還元になる「Visa LINE Payカード」は、やはり魅力的ですね!

サイト管理人

1年目の3%還元はもちろん、2年目以降の高還元キャンペーンを期待して、私自身もカードを申込みました!

Visa LINE Payカードの申し込み完了画面

Visa LINE Payカードの申し込み・利用方法

VISA LINE Payカードの始め方・申し込み方法

Visa LINE Payカードを申し込んでみようと思っているのだけど、どうすれば良いのかしら?

サイト管理人

実際に発行を検討されている方は以下の手順で進めていきます。

Visa LINE Payカード発行の流れ
  1. 申請・申し込み(予約)
  2. 審査
  3. カード到着
  4. 登録・利用

各ステップ・項目の詳細をみてみましょう。

申請・申し込み方法

Visa LINE Payの申し込みは、公式ページから行えます。

先行申込(予約)した方は、一般申し込みの前に、事前に通知が送られてきています。

Visa LINE Payカード

注意点|ネット完結の銀行口座が早い!

Visa LINE Payカードは、三井住友カードの他のクレジットカードと同様に、ネットで申し込みが完結する銀行口座とそうでない口座があります。

ネット完結の銀行口座
  • 三井住友銀行
  • 三菱UFJ銀行
  • みずほ銀行
  • りそな銀行
  • 埼玉りそな銀行
  • ゆうちょ銀行
  • ソニー銀行
  • 住信SBIネット銀行
  • イオン銀行

楽天銀行は対象外

上記のネット完結口座以外の銀行口座を引き落とし口座に設定する場合、申し込みからカード発行まで「1ヶ月程度」かかる場合もあります。

そのため、カード発行を急ぐ方は「ネット完結の銀行口座」を引き落とし口座に設定しましょう。

サイト管理人

ちなみに、私はメイン口座は「楽天銀行」なので、楽天銀行を引き落とし口座に設定しましたが、以下のような返送書類を送付して、現在はカード発行待ち状態です。

楽天銀行を引き落とし口座にした場合|Visa LINE Payカード
楽天銀行を引き落とし口座にした場合|Visa LINE Payカード
サイト管理人

その後、3週間くらいで、無事カード発行が完了しました!

ゆうちょ銀行やイオン銀行などネット完結の銀行口座を選んだ場合は、どのくらいで届くの?

サイト管理人

営業日によるけど、1週間程度で届くことが多いようですね!

チャージ&ペイの方法

審査に無事通り、手元にカードが到着すれば早速使うことができます。

普通にクレジットカードとして使うこともできますが、LINE Payに登録して支払方法として設定すればチャージ&ペイが利用可能に。

チャージ&ペイの方法

毎回チャージする必要がなくなり、クレジットカードの請求とまとめて支払うことができるようになります。

Visa LINE Payのよくある質問

Visa LINE Payに関するよくある質問をみてみましょう。

Apple Payに登録して使うことはできるの?

Apple Payに登録して使えるかどうかは現時点では明確な回答は出ていません。

ただし、三井住友カードがこれまでに発行したクレジットカードは基本的にApple Pay対応のものが多数。

三井住友カードをApple Payに登録した場合もiDとしての決済が可能でした。

このため、Visa LINE Payも同様にApple Payに対応。

iDなどで決済に使えるようになる可能性は高いでしょう。

バーチャルカードの発行は可能なの?

バーチャルカードの発行に関してもどうなるかは不明ですが、実現する可能性はあります。

その理由は三井住友カードが現在、審査時間の短縮とバーチャルカードの発行に力を入れているため。

最短5分でカード番号を表示、すぐにネットや、身近なお店でお買物が可能!

カードは翌営業日に発行いたします。

引用元:三井住友カード

対象のカードは三井住友カード(デビュープラス)、三井住友カード、三井住友カード(学生)の三種類。

最短5分で審査を行い、とおればバーチャルカードを発行。

これがあればネットなどで即使うことが可能になります。

審査→バーチャルカード発行の流れ

もし実現すればカード到着までの間もネットでの買い物などを3%還元で楽しむことができるため、非常にありがたいですね。

LINEポイントクラブ(旧:マイカラー)ってなに?

Visa LINE Payの発行と同時期に始まるのがLINEポイントクラブです。

これまでのマイカラー制度を刷新したシステムで、ランクに応じて毎月のクーポン配布数とチャージ&ペイの還元率が決まります。

マイランク制度

ランクは6か月間で取得したポイントの合計で反映。

また、最高ランクのプラチナになるためには、Visa LINE Payを保持する必要があります。

サイト管理人

自社ユーザーやVisa発行済の方をより優遇しようという姿勢が今回の改定からは伺えます。
経済圏に入っていない方はマイカラー制度よりも恩恵が受けにくい面がありますね。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

橘 龍馬のアバター 橘 龍馬 サイト管理人

投資歴7年、30代3児の父。理学博士。
投資・節約の専門メディア「マネーの研究室」のサイト管理人。

【サイト利用時の注意点・免責事項】

 

掲載の情報は、信頼するに足ると信じる情報に基づいて作成したものですが、当サイトのデータの正確性は保証されていませんので、ご注意下さい。

本サイトの情報等を用いて行う行為に関して、その責任は全て利用者自身に帰属します。万一、利用者が何らかの損害を被った場合、その損害に関して当サイト管理者および情報を提供している第三者は一切の責任を負うものではありません。

本サイトは投資家・金融サービス利用者への情報提供を目的としており、証券・FXに関する契約締結の代理、媒介、斡旋、売買推奨、投資勧誘等を行うものではありません。

また、当ブログに記載の仮想通貨は暗号資産のことを指します。

目次
閉じる