最大「5万円分」プレゼント!

eMAXIS Slimおすすめしない?口コミや理由、全世界株式(オールカントリー)は?

emaxis slim おすすめしない

eMAXIS Slimの全世界株式や米国株式のインデックスファンドは、

  • 全世界の株式に分散しても下落する!
  • 全ての投資信託が最安とは限らない!
  • 為替レートの影響を受ける!

などの理由から「おすすめしない!」という意見もあります。

しかし、ほぼ全てのインデックスファンドで信託報酬が最安水準であるなど、新NISAなどで積立投資を行う方にとって、eMAXIS Slimは、無くてはならない存在です。

eMAXIS Slimシリーズのメリット
  • 他のファンドと比較して、信託報酬が安い!
  • 全世界株式なら投信1本で40カ国以上に分散投資ができる!
  • 新NISAで少額から積立投資ができる!
サイト管理人

eMAXIS Slim全世界株式を利用すれば、超低コストで全世界の株式市場に分散投資が行えます!

オルカンなどのeMAXIS Slim等のインデックスファンドの積立・購入は、SBI証券が「お得で便利」です。

SBI証券の購入・保有がお得な理由!
  • 三井住友カード決済の積立で最大5%付与!
  • 投信マイレージで毎月ポイント付与!
  • 業界最高水準のポイント付与率!

手数料は、投資家への確実なマイナスリターンとなり、投資パフォーマンスを悪化させるので、SBI証券のポイント還元で、コストの影響を軽減しましょう!

今なら、口座開設キャンペーンで、最大115万円がもらえるので、まだSBI証券の口座をお持ちでない方は、この機会に口座開設を行うと、お得です!

\ キャンペーン参加はコチラ /

*カンタン5分(最短)で口座開設

SBI証券の口座開設で最大135万円

sbi証券

今なら、SBI証券の投資デビューキャンペーンで、最大1,352,400円がもらえます!

口座開設後の株式・FXなどの取引で、最大135万円がもらえるので、かなりお得です。(2/29まで)

▶︎ SBI証券【公式サイト】を確認

(予算の関係上)予告なく終了する場合もあるので、お早めにどうぞ!

目次

eMAXIS Slim全世界株式(オールカントリー)おすすめしないと言う意見・口コミは?

emaxis slim おすすめしない

投資家の中には、eMAXIS Slim全世界株式(オールカントリー)をおすすめしないと表明する人もいる。

ここでは、そうした否定的な意見や口コミを詳しく掘り下げてみる。

多様な視点でこの投資商品を見ることで、よりバランスの取れた投資判断が可能となるだろう。

eMAXIS Slim(オルカン)おすすめしない意見①:全世界の株式に分散してもリスクの軽減効果が限定的

全世界に投資を分散することでリスクを軽減させることができると一般には言われている。

しかし、eMAXIS Slim全世界株式に懐疑的な意見の中には、グローバルな市場の相関が高まっている現代において、全世界に分散投資してもリスク軽減の効果は限定的であるというものがある。

具体的には、2008年の金融危機の際に見られたように、世界的な経済危機時には多くの国の株式市場が同時に下落する傾向があり、分散投資によるリスク分散の効果が期待できない状況も発生する。

投資対象が多様であるため、本質的なリスク低減には繋がらず、結局は市場全体の動向に左右されるという指摘である。

eMAXIS Slim(オルカン)おすすめしない意見②:米国株式(S&P500)のリターンの方が高い期間が多い

eMAXIS Slim全世界株式の批判的な意見の中では、特にアメリカの株式市場、特にS&P500の成績が過去においてeMAXIS Slim全世界株式を上回る期間が多かったことを指摘するものが見られる。

実際の過去のデータを検証すると、アメリカの株式市場が世界の他の地域よりも優れたパフォーマンスを見せている時期が多く、それに投資しているファンドの方が良い成績を収める可能性があった。

オールカントリー投資を行うeMAXIS Slim全世界株式を選ぶことで、アメリカ市場への投資比率が適正でない場合には、リターンの機会を逃してしまうという危惧があるのである。

eMAXIS Slim(オルカン)おすすめしない意見③:信託報酬などの手数料が最安とは限らない!

eMAXIS Slim全世界株式に対する別の批判的見方は、信託報酬を始めとする手数料が他の投資商品と比較して必ずしも最安値であるわけではないということである。

投資成績を手数料が食いつぶすことはしばしばあり、特に長期運用を行う際には手数料の影響は無視できない。

投資家は低コストな商品を好む傾向にあるが、eMAXIS Slim全世界株式が市場に提供する最も効率的なコスト構造かどうか、他の全世界株式ファンドとの比較を怠らずに行う必要がある。

長期間に渡る運用であればあるほど、わずかな信託報酬の違いも大きな差となって表れる。

eMAXIS Slim(オルカン)おすすめしない意見④:成長率が低い国の株式も含まれてしまう

全世界株式に投資するeMAXIS Slimでは、経済成長率が高く将来性が期待される国だけでなく、低成長または成長が停滞している国々の株式もポートフォリオの一部となる。

このことは、高いリターンを生み出す機会損失となりうる。投資先の経済状況が多様であることから、高い成長を遂げている市場に集中投資することで、より高いリターンが望める可能性がある。

eMAXIS Slim全世界株式は多様性を武器としているが、それは同時にリターンの最大化における障壁となることも。

よって、特定地域または国に特化した投資戦略の方が適していると考える投資家もいる。

eMAXIS Slim(オルカン)おすすめしない意見⑤:為替レートの影響を受ける!

eMAXIS Slim全世界株式に投資することによって、投資家は自動的に多くの異なる通貨に露出することになる。

これは、為替レートの変動リスクが投資成績に直接影響を与えることを意味する。

為替レートが投資家に有利に働く場合もあれば、不利に働くこともある。

特に、日本から海外の株式に投資する場合、円高が進むと投資リターンは目減りする。

為替ヘッジをしていないこのファンドは、その影響を受けやすい。

したがって、為替変動のリスクを避けたい投資家は、eMAXIS Slim全世界株式に投資することに二の足を踏むかもしれない。

為替の影響を考慮に入れずには、グローバル投資の真のリスクを評価することはできないのである。

eMAXIS Slimシリーズはおすすめしないと言う理由は?

emaxis slim おすすめしない

eMAXIS Slimシリーズは投資信託の中でも特に低コストで知られており、その点が評価されることも多いです。

しかし、全ての投資家にとって最適な選択肢とは限らない点がいくつか存在します。

投資の目的や運用スタイルによって、eMAXIS Slimシリーズが適していない場合もあるのです。

eMAXIS Slimをおすすめしないと言う理由①:信託報酬が安いだけで選ぶのは危険!実質コストや管理の持続性なども重要!

投資信託を選ぶ際、多くの投資家は信託報酬の低さに注目しがちです。

確かに低コストは長期的に見るとリターンに大きな影響を与えますが、それだけが全てではありません。

eMAXIS Slimは信託報酬が極めて低いことで有名ですが、実質コストについては考慮されるべき追加の要素があります。

ファンドの運用効率や税金の影響、またスプレッドのコストなど、表面的に見える信託報酬以外の実際のコストが投資成果に影響することも考えられます。

さらに、安さの追求がファンドの運用管理を薄くする可能性があり、長期的なパフォーマンスや運用の持続性に懸念を抱かせることもあります。

eMAXIS Slimをおすすめしないと言う理由②:インデックスファンドしかないのでアクティブ運用をする人には不向き!

eMAXIS Slimシリーズにはインデックスファンドが多く含まれており、これらは市場平均のパフォーマンスに追従することを目的としています。

対照的にアクティブ運用は、市場平均を上回るリターンを目指し、運用者の独自分析と予測に基づいて運用されます。

アクティブな投資手法を好む投資家にとって、インデックスファンドのみのラインナップは魅力に欠けるかもしれません。

そうした投資家は運用戦略により深い関与を求めたり、特定の時期により積極的な運用に切り替える選択を希望するでしょう。

eMAXIS Slimのようなインデックスファンドは、これらのニーズに応えにくいのが実情です。

eMAXIS Slimをおすすめしないと言う理由③:日本株や米国株のインデックスファンドが多い!

eMAXIS Slimシリーズは特に日本株や米国株への投資を簡潔に行えるファンドが多くあります。

これらの市場は非常に大きく、多くのインデックスファンドのベンチマークとなっているため、リスク分散の面でメリットがあるとされています。

しかし投資先の多様性に制限があるため、世界各国の株式市場や異なる資産クラスに分散投資をしたい投資家にとっては適さない可能性があります。

特定の地域やセクターに特化した投資を行いたい場合や、新興市場に目を向けたい希望がある場合は、eMAXIS Slimシリーズだけでは十分な選択肢を提供できないことも考えられるのです。

eMAXIS Slimはおすすめしない?それともオススメ?

emaxis slim おすすめしない

eMAXIS Slimの投資信託は、運用成果が注目され、投資初心者から上級者まで幅広い支持を受けています。

これは取り扱っている商品のシンプルさ、手軽さ、低コストによるものです。

しかし、投資はリスクを伴いますので、一概にオススメとは言えません。

投資目的、リスク許容度、投資期間により最適な選択は変わるため、自身の状況に合った運用を選択することが重要です。

eMAXIS Slimのメリット/オススメ①:全ての投信がインデックス運用なので初心者にも分かりやすい!

投資信託選びにおいて初心者にとって障壁となるのが、運用方法の複雑さです。

eMAXIS Slimの投資信託はインデックス運用を取り入れており、株価指数に連動するように設計されています。

この方式では、専門的な知識が少ない方でも市場全体の動きを反映するため、運用成績が分かりやすくなります。

例えば、日経225やMSCIワールドインデックスなど、よく知られた指数に沿って運用することで、経済の大局を捉えやすくなるのです。

株式選びやタイミングの悩みから解放されたい個人投資家にとって、インデックス運用は魅力的な選択肢と言えるでしょう。

eMAXIS Slimのメリット/オススメ②:誰でもカンタンに最低100円から全世界に分散投資ができる!

分散投資はリスクを軽減する有効な戦略の一つですが、個別に多くの資産に投資することは資金的にも精神的にも負担が大きいもの。

eMAXIS Slimでは、わずか100円の少額から分散投資が可能です。

ワンコインで全世界の株式に投資可能なファンドがあり、リスクを抑えつつグローバルな経済成長に投資することができます。

また、複数のファンドへの積立投資も簡単に行えるため、時間をかけてバランス良くポートフォリオを構築できる点も大きなメリットといえるでしょう。

少額投資から始めて徐々に経験を積み重ねることが可能なため、投資初心者にも最適です。

eMAXIS Slimのメリット/オススメ③:投資信託の保有中にかかるコスト「信託報酬」が最安水準!

投資する際には、高い運用成果を得ることも大切ですが、かかるコストを最小限に抑えることも重要です。

eMAXIS Slimの大きな特徴の一つは、信託報酬が業界最安水準であることです。

信託報酬が低いほど負担が軽くなり、長期的な投資ではその差はより顕著になります。

低コストであれば、その分、運用成果が手元に残るため、効率よく資産を増やすことが期待できます。

費用対効果を重視する賢明な投資家にとって、eMAXIS Slimは他の選択肢と比較しても、非常に魅力的な投資先と言えるでしょう。

eMAXIS Slim以外の「Neo」や「eMAXIS」はおすすめしない?

emaxis slim おすすめしない

投資の際には運用コストへの注視が不可欠です。

特に指数投資を行う際、低コストで運用できるファンドを選ぶことが長期的な資産形成にとって重要とされています。

三菱UFJアセットマネジメントが提供するeMAXIS Slimは、その低コストが魅力とされているほか、多くの投資家から高い評価を受けています。

それに対し、従来のeMAXISシリーズやeMAXIS Neoシリーズは手数料が比較的高く設定されている場合があり、コスト意識の高い投資家の間で選好される傾向にはないのが現状です。

eMAXISシリーズはeMAXIS Slimよりも手数料が割高なのでオススメしない!

eMAXISシリーズの投資信託は、幅広い資産クラスにアクセスすることができる利便性を持っています。

しかしながら、eMAXIS Slimと比較すると運用管理費用(信託報酬)が高く設定されている商品も散見されます。

例えば、従来のeMAXISシリーズのアクティブファンドでは、年間1%を超える信託報酬がかかる場合もあります。

これに対してeMAXIS Slimでは、同じ資産クラスに投資を行う際の信託報酬が大幅に低く抑えられており、0.1%台である商品も多数あります。

長期投資を行う上で、コストはリターンに直接的な影響を与えるため、過剰なコスト負担は避けたいところです。

eMAXIS Neoシリーズはテーマ特化型の投信なので長期積立投資にはおすすめしない!

eMAXIS Neoシリーズは、一部テーマ特化型の投資信託をラインナップしており、その特定セクターへのアプローチが投資戦略の柔軟性を高めるメリットを有しています。

テーマ投資はマーケットのトレンドを捉えやすく、短期的な資産増加を目指す場合には有効な戦略と言えるでしょう。

しかし、長期の積立投資においては、セクターの特性に依存するリスクが高まること、またテーマ特化型ファンドは運用コストが高めに設定されていることなどから、一般的なインデックスファンドと比較すると推奨し難い面があります。

特に長期にわたって安定したリターンを目指す投資家にとっては、分散投資とコストの低さを優先した方が、リスク管理や資産形成において望ましいと言えます。

三菱UFJアセットマネジメントが運用する投信シリーズは「eMAXIS Slim」がおすすめ!

投資信託の選択肢は数多くありますが、三菱UFJアセットマネジメントが運営する中で注目すべきはeMAXIS Slimシリーズです。

このシリーズは、低コストで幅広い市場へのアクセスを可能にするインデックスファンド群で構成されております。

信託報酬が大幅に抑えられているため、投資家は運用にかかるコストを最小限に抑えることができます。

また、eMAXIS Slimは豊富な商品ラインナップがあり、世界の代表的な株式指数へ投資が可能であるため、資産の分散投資を図りやすい点も魅力です。

投資初心者から経験豊富な投資家まで、手軽にかつ効率的な資産運用をしたい方にとって、eMAXIS Slimシリーズは適切な選択と言えるため推奨されています。

eMAXIS Slimおすすめしない?【まとめ】全世界株式(オールカントリー)は?

まとめとして、eMAXIS Slim全世界株式(オールカントリー)についてのおすすめしない意見・口コミや理由についてご紹介しました。

eMAXIS Slim全世界株式(オールカントリー)をおすすめしない理由として、パフォーマンスが高くない、つみたてNISAの恩恵を最大化できない、管理手数料が高い、分散が中途半端といった点が挙げられます。

しかし、eMAXIS Slim全世界株式(オールカントリー)以外にも、eMAXIS Slim米国株式(S&P500)や他の投資信託の選択肢があります。

これらの選択肢を検討することで、より良いパフォーマンスや効率的なつみたてNISAの活用が可能となるでしょう。

最終的な判断は個々人の投資目的やリスク許容度によって異なるものです。

eMAXIS Slim全世界株式(オールカントリー)についての詳細な情報やパフォーマンスデータを確認し、自身の投資目標に合致するかどうかを判断することが重要です。

投資はリスクを伴うものであり、慎重な判断が求められます。

投資商品の選択は自己責任のもとで行い、専門家のアドバイスを受けることもおすすめします。

eMAXIS Slim全世界株式(オールカントリー)に限らず、投資に関する決定は慎重に行うべきです。

自身のリスク許容度や投資目標を考慮し、適切な選択を行うことが大切です。

関連ページ:SBI新生銀行と住信SBIネット銀行の違いは?どっち?SBI証券NISA(つみたて)なら?

eMAXIS Slimおすすめしない?よくある質問

全世界株式おすすめしない?

最近、投資信託の一つである全世界株式が大きな注目を浴びています。

全世界の企業にまるっと投資できる手軽さや、リスクの分散効果が大きな魅力とされています。

しかし、一方で全世界株式にはおすすめできない点も存在します。

そこで、以下の関連ページでは、全世界株式をおすすめしない理由やメリット・デメリット、さらには代わりにおすすめしたいインデックスファンドなどについて詳しく紹介していきます。

投資家としての視点から、全世界株式投資の注意点を押さえながら、リスクヘッジを意識した投資戦略を考えていきましょう。

関連ページ:全世界株式おすすめしない?理由やメリット・デメリット、インデックスファンドは?

投資信託おすすめしない?

投資信託は、投資を始める際に注目される金融商品の一つですが、その中にはやめたほうがいいという声もあります。

下の関連ページでは、投資信託をおすすめしない理由やそのデメリット、向いていない人について詳しく解説します。

投資信託を購入する際には注意点もありますので、初めて投資信託を考えている方は特に参考にしていただきたいです。

一方で、適切に選んだ投資信託を上手に活用すれば効率的にお金を増やすことも可能です。

投資信託について理解を深め、自身に合った投資手法を見つけましょう。

関連ページ:投資信託おすすめしない?やめたほうがいい理由や銘柄、メリット・デメリット、向いていないは?

オールカントリーとS&P500どっち?

投資先を考える際に重要なポイントとなるのが、オールカントリーとS&P500の選択です。

eMAXIS Slim全世界株式とeMAXIS Slim米国株式(S&P500)はどちらを選んだら良いのか、その違いや特徴について知る必要があります。

また、ポートフォリオのバランスを考える上で、各ファンドの割合についても検討することが重要です。

下記の関連ページでは、オールカントリーとS&P500の選択に関する基本的な情報や、eMAXIS Slim全世界株式とeMAXIS Slim米国株式の適切な割合について考えていきます。さらに、iDeCoにおける投資に対するアドバイスも提供します。

関連ページ:オールカントリーとS&P500どっち?eMAXIS Slim全世界株式・全米の割合は半々?iDeCoなら?

インデックス投資おすすめしない?

「インデックス投資」という言葉を聞いたことはありますか?

インデックス投資は、多くの人が安定的な収益を得るための手法として注目していますが、なぜ一部の人々からはおすすめされないのでしょうか?

以下の関連記事では、インデックス投資がおすすめされない理由や注意点、デメリットについて詳しく解説していきます。

また、初心者にとってのインデックス投資の適正性についても考察します。

投資を始める際に迷っている方やインデックス投資に興味を持つ方にとって、有益な情報を提供します。

正しい知識を得て、安全かつ効果的な投資を行いましょう。

関連ページ:インデックス投資おすすめしない理由は?注意点やデメリット、初心者にはおすすめ?

オールカントリーだけでいい?

新NISA(少額投資非課税制度)において、積立投資を行うならばオールカントリー(全世界株式)が最適と考えられています。

オールカントリーは、40カ国以上の株式に分散投資ができるため、投資リスクの分散が図れます。

また、米国株式もオールカントリーの中に6割程度含まれており、米国市場の成長を捉えることができる魅力もあります。

さらにオールカントリーを取り扱っているSBI証券では、積立・保有がお得になるポイント付与サービスも実施しています。

新NISAの積立投資においては、オールカントリーが一本で十分な選択肢と言えるでしょう。

関連ページ:オールカントリーだけでいい?新NISAの積立はオルカン一本だけでいい?理由や積立おすすめ日は?

オールカントリーとS&P500を両方買う?

新たな投資戦略として注目されているオールカントリーとS&P500。

しかし、どちらが自分にとってより適した選択肢なのか迷うこともあるかもしれません。

オールカントリーは世界中の多様な市場に投資することができ、グローバルな分散投資を実現します。

一方、S&P500はアメリカの株式市場を代表する指数であり、アメリカ経済の成長を追いかける魅力があります。

この関連ページでは、オールカントリーとS&P500を両方買うことのメリットやデメリットについて解説します。

さらに、半々の割合で投資することが有効なのかを考えてみましょう。

オールカントリーとS&P500の投資戦略について詳しくご紹介します。

関連ページ:オールカントリーとS&P500を両方買うのは?新NISAの積立であり?半々の割合は?

新興国株式おすすめしない?

新興国株式投資について、おすすめしないという意見がありますが、それは本当でしょうか?

また、新興国株式のインデックスファンドは本当に不要なのでしょうか?

以下の関連ページでは、新興国株式投資のメリットやデメリット、おすすめの銘柄について詳しく解説していきます。

新興国株式投資の魅力やリスクを正確に把握し、自身の投資戦略に合わせて慎重に選択することが重要です。

投資家としての意思決定をサポートするために、関連記事で新興国株式について徹底的に分析していきましょう。

関連ページ:新興国株式はおすすめしない?インデックスファンドは不要?メリットやおすすめ銘柄は?

eMAXIS Slim全世界株式の利回りは?

投資信託の中でも注目を浴びている「オルカン」について、詳しく解説します。

オルカンは、eMAXIS Slim全世界株式(オールカントリー)というファンドに含まれる一部であり、株式、国債、商品といった3つの資産クラスを均等に配分して運用されるタイプのファンドです。

その利回りや評判についても注目されています。

また、オルカンは「投信ブロガーが選ぶ! Fund of the Year」でも1位を獲得するなど、多くの投資家から高い評価を得ています。

下の関連ページでは、オルカンの特徴や運用方法、そして投資家からの評判について詳しくご紹介します。

関連ページ:オルカンとは?eMAXIS Slim全世界株式(オールカントリー)の利回り・評判は?ブログ評価

eMAXIS Slim全世界株式と雪だるまはどっち?

「eMAXIS Slim全世界株式 vs 雪だるま」どちらが自分にとってベストな選択肢なのか悩んでいる方に向けて、関連ページでは両商品を比較・検討します。

eMAXIS Slim全世界株式は、優れたインデックスファンドとして知られており、投資家にとって魅力的なポイントが多数存在します。

一方、SBI雪だるまは、除く日本を対象にすることで相対的に高パフォーマンスな米国株の比率を高めています。

この関連ページでは、両商品の特長や運用成績、投資先の分散度などを詳細に解説し、どちらを選ぶべきかの判断材料を提供します。

自分に合った投資戦略を考えるために、是非参考にしてみてください。

関連ページ:【eMAXIS Slim全世界株式 vs 雪だるま】どっち?SBI雪だるとeMAXIS Slimシリーズを比較!

eMAXISとeMAXIS Slimの違いは?

eMAXIS SlimシリーズとeMAXISは、どちらも投資信託の中でも非常に人気の高いシリーズです。

eMAXIS Slimシリーズは超低コストの新ファンドシリーズとして登場し、三菱UFJ国際投信が運用しています。

一方、eMAXISは幅広い投資先を提供しており、多様性に富んだポートフォリオ構築が可能です。

この関連ページでは、eMAXIS SlimシリーズとeMAXISの特徴や違いを詳しく比較し、どちらが個々の投資目標やリスク許容度にとってより適しているのかを考えていきます。

eMAXIS SlimとeMAXISの比較によって、自身の資産形成戦略を見直す一助となれば幸いです。

関連ページ:【eMAXIS Slimシリーズ比較】eMAXISとの違い/おすすめは?どっちが得?

バランス型ファンドおすすめしない?

バランス型ファンドは、株式だけや債券だけといった特定の資産に偏らず、複数の資産にバランスよく投資する投資信託の一種です。

初心者の方に特におすすめされることもありますが、一方で注意すべきポイントも存在します。

この関連ページでは、バランス型ファンドを選ぶ際の理由や注意点、またメリットと選び方について詳しく解説していきます。

投資を検討されている方にとって、バランス型ファンドが適切な選択肢なのかどうかを判断する際の参考にしていただければと思います。

関連ページ:バランス型ファンドおすすめしない?理由や注意点やメリット・注意点、選び方は?

MSCIコクサイとS&P500どっち?

新興国株や先進国株、米国株など、どの投資信託にすれば良いのか悩んでいる方々に、MSCIコクサイとS&P500について解説します。

MSCIコクサイは、アメリカを含む20カ国以上の先進国株式に分散投資をする際にオススメですが、米国への集中投資を希望する場合や米国株式の比率を高めたい方には、S&P500型のファンドやMSCIコクサイとの組み合わせも選択肢となります。

この関連ページでは、MSCIコクサイ、S&P500、そして全世界株式の特徴やデメリットについて詳しく解説し、投資戦略の一助となる情報を提供します。

関連ページ:MSCIコクサイとS&P500どっち?デメリットや全世界株式(オールカントリー)との違いは?

eMAXIS Slimどこで買う?

投資信託「eMAXIS Slim」は人気のある商品であり、数多くの証券会社で取り扱われています。

しかし、eMAXIS Slimを購入する際にはどの証券会社を選んでいいのか迷ってしまう方も多いのではないでしょうか。

楽天証券やSBI証券など、大手証券会社を始めとするさまざまな選択肢がありますが、一体どのようなメリットや特徴があるのでしょうか?

そこで、下記の関連ページでは、eMAXIS Slimを取り扱う代表的な証券会社に焦点を当て、各社の特徴や購入方法について詳しく解説していきます。

選択肢の中から自分に最適な証券会社を見つけるための参考にしていただければ幸いです。

関連ページ:eMAXIS Slimどこで買う?おすすめ証券会社は?楽天証券・SBI証券での買い方は?

国内株式の投資信託はいらない?

資産形成において、国内株式の投資信託の存在が問われています。

一部の投資家からは、日本株に対する不要論が唱えられており、その理由や背景について深く考える必要があります。

さらに、日本株インデックスファンドや米国株式・外国株への積立、個別株投資など、幅広い選択肢が存在します。

以下に掲載した関連ページでは、国内株式の投資信託のメリットやデメリットを検証し、異なる視点から資産形成における最適な戦略を考えていきます。

国内株式の投資信託の本当の価値とは何か、議論を深めていきましょう。

関連ページ:国内株式の投資信託はいらない?日本株インデックスファンドが不要な理由や米国株式・外国株の積立、個別株は?

emaxis slim おすすめしない

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

橘 龍馬のアバター 橘 龍馬 サイト管理人

投資歴7年、30代3児の父。理学博士。
投資・節約の専門メディア「マネーの研究室」のサイト管理人。
インスタ・Twitterも更新!

【サイト利用時の注意点・免責事項】

 

掲載の情報は、信頼するに足ると信じる情報に基づいて作成したものですが、当サイトのデータの正確性は保証されていませんので、ご注意下さい。

本サイトの情報等を用いて行う行為に関して、その責任は全て利用者自身に帰属します。万一、利用者が何らかの損害を被った場合、その損害に関して当サイト管理者および情報を提供している第三者は一切の責任を負うものではありません。

本サイトは投資家・金融サービス利用者への情報提供を目的としており、証券・FXに関する契約締結の代理、媒介、斡旋、売買推奨、投資勧誘等を行うものではありません。

また、当ブログに記載の仮想通貨は暗号資産のことを指します。

目次