最大「5万円分」プレゼント!

【ブログ解説】eMAXIS Slim全世界株式の評判は?実質コストなど評価

eMAXIS Slim全世界株式(3地域均等型)の評価は?他ファンドとの比較やポートフォリオ解説

eMAXIS Slim 全世界株式は、全世界の株式市場への分散投資を目的としたインデックスファンドです。

信託報酬が、年率0.1144%(税込)と超低コストで、各投資家の好み・リスク許容度に合わせて、投資対象地域や国の配分・比率を決定する事が可能です。

各種データは、三菱UFJ国際投信から引用。

本記事では、eMAXIS Slim 全世界株式の利回りや手数料(実質コスト)、資産配分、構成銘柄の解説、また他の債券ファンドとの違いを比較・評価していきます。

目次

eMAXIS Slim全世界株式の特徴・ファンド一覧

まずはじめに理解しておきたいことは、「eMAXIS Slim全世界株式には、3種類のファンドがある」という点です。

ファンド名投資対象信託報酬
eMAXIS Slim 全世界株式
(オールカントリー)
日本を含む全世界
(先進国・新興国)の株式
0.1144%
eMAXIS Slim 全世界株式
(日本を除く)
全世界の株式
*ただし、日本は除く
0.1144%
eMAXIS Slim 全世界株式
(3地域均等型)
全世界の株式
ただし、日本・先進国・新興国の
3資産を均等に配分
0.1144%
3種類の全世界株式ファンド

日本を含む全世界への投資を目的とした「オールカントリー型」、また日本を除いた「除く日本型」、さらに日本・先進国・新興国の株式市場に均等配分した「3地域均等型」の3つのファンドがあります。

  • ファンドの信託報酬は、全て年率0.1144%(税込)。
  • 全てのファンドが、つみたてNISA対応
サイト管理人

以下、各ファンドについて詳しく解説していきます。

eMAXIS Slim全世界株式(オールカントリー)をブログで評価

eMAXIS Slim全世界株式(オールカントリー)は、日本を除く全世界の株式市場への投資を目的としたインデックスファンドです。

MSCIオール・カントリー・ワールド・インデックスがベンチマークで、約45カ国の約2,500銘柄から構成されています。

購入手数料・信託報酬(実質コスト)

本ファンドの購入手数料は、無料(ノーロード)。

また、ファンド保有時にかかる手数料「信託報酬」は、年率0.1144%(税抜)と全世界株式市場への投資を目的としたインデックスファンドの中では、楽天・全世界株式インデックス・ファンド等を凌ぐ水準です。

項目手数料が発生する
タイミング
手数料
(税込み)
購入手数料ファンド購入時無料
信託財産留保額ファンド売却時無料
信託報酬ファンド保有時年率0.1144%
eMAXIS Slim全世界株式(オールカントリー)の手数料

実質コスト

売買委託手数料や有価証券取引税、保管費用などを含めた実質コストは「0.1716%」となっています。

信託報酬以外の売買委託手数料・有価証券取引税などの余分なコストが低く、外国資産への投資で高くなりがちな「その他費用」も安く抑えられています。

実質コストは、「運用報告書(全体版)」を基に算出

以下の図は、運用報告書に記載されている「一万口当たりの費用明細」です。

eMAXIS Slim 全世界株式(オールカントリー)の実質コスト
eMAXIS Slim 全世界株式(オールカントリー)の実質コスト

対象期間中の信託報酬が、14円(比率:0.117%)。
信託報酬とその他の費用を含む手数料の合計が「21円(比率:0.178%)」なので、
実質コストを「信託報酬÷14×21」として計算すると、実質コストは0.1716%(四捨五入)となります。

資産構成比は?

次に、最新の資産配分(ポートフォリオ)状況を見ていきます。

資産クラス比率
国内株式5.6%
先進国株式83.3%
新興国株式11.1%
eMAXIS Slim 全世界株式(オールカントリー)の資産配分

全資産の8割以上が、先進国株式となっており、次に新興国の比率が10%超と高くなっています。

構成国の比率は?

次に、実際にどのような国の株式が入っているのか?国別の配分比を見ていきます。

以下のグラフ・表は、本ファンドの国別の構成比率を表したものです。

国名比率
米国(アメリカ)59.0%
日本5.6%
イギリス3.4%
カナダ2.8%
フランス2.7%
スイス2.5%
ドイツ2.1%
ケイマン諸島2.0%
台湾1.7%
オーストラリア1.6%
eMAXIS Slim 全世界株式(オールカントリー)の国別構成比率(トップ10)

ケイマン諸島とは、グローバル企業が租税回避地として、登記登録を行っている場所。
テンセントやバイドゥ、アリババ集団など、中国のハイテク企業などが利用。

サイト管理人

なんと、米国(アメリカ)株式だけで半分以上の比率を占めています。

銘柄・業種(セクター別)の構成比率

次に、どのような銘柄や業種(セクター)が、本ファンドに多く含まれているかチェックしていきます。

スクロールできます
銘柄名対象国構成比率業種・セクター
アップルアメリカ4.0%情報技術
マイクロソフトアメリカ3.3%情報技術
アマゾンアメリカ2.1%一般消費財・サービス
テスラアメリカ1.2%一般消費財・サービス
アルファベットAアメリカ1.2%コミュニケーション・サービス
アルファベットCアメリカ1.1%コミュニケーション・サービス
メタアメリカ1.1%コミュニケーション・サービス
エネビディアアメリカ1.0%情報技術
TSMC台湾0.8%情報技術
ユナイテッド・ヘルスアメリカ0.6%ヘルスケア
構成比率(上位10銘柄)

台湾の半導体大手「TSMC」以外は、米国企業が上位を独占しています。

また、本ファンドの業種別の構成比率は、以下のグラフ・表のようになっており、高い成長を遂げるハイテク(情報技術)企業の比率が高い点が特徴です。

業種・セクター比率
情報技術22.8%
金融13.3%
一般消費財・サービス11.9%
ヘルスケア11.2%
資本財・サービス9.3%
コミュニケーション・サービス8.3%
生活必需品6.5%
素材4.5%
エネルギー3.3%
不動産2.6%
業種・セクター別の構成比率

【実績・利回り】分配金・パフォーマンス

本ファンドの決算は年1回(4月)行われます。これまで分配金の発生はありません。

サイト管理人

分配金が出てしまうと、分配金への課税分(約20%)投資パフォーマンスが悪化するので、ファンド内への再投資が、我々ファンド購入者には嬉しいですね。

長期投資を行う場合、効率的な資産運用のため、分配金が出た場合でもファンドへ再投資することが重要です。
SBI証券など証券会社の注文時に「分配金再投資コース」を選ぶことで、自動再投資ができます。

また、これまでの本ファンドのパフォーマンスは、以下のようになっています。

期間(直近)ファンドベンチマーク
1ヶ月3.7%3.7%
3ヶ月9.2%9.2%
6ヶ月9.8%9.8%
過去1年32.7%32.7%
過去3年33.4%33.3%
設定来69.7%69.7%
eMAXIS Slim全世界株式(オールカントリー)の実績・ベンチマークとの乖離

ちなみに、本ファンドのパフォーマンスがベンチマークよりも悪い時がありますが、
これは、ファンドの成績が、手数料を差し引いた後の結果となっているためです。

ベンチマークとのパフォーマンスがほぼ一致しているため、コスト・運用ともに優秀なファンドと言えます。

つみたてNISA・iDeCoで運用は可能?

本ファンドを含む「eMAXIS Slim 全世界株式」の3種類、全てのファンドが「つみたてNISA」で運用可能です!

つみたてNISAの特徴やメリット、デメリットや始め方などの詳しい解説は、以下のブログ記事をご覧ください。

→ 【ブログ解説】つみたてNISAの始め方|おすすめ商品や手数料、証券口座など徹底解説

また、SBI証券iDeCoのセレクトプランを活用することで、個人型確定拠出年金(iDeCo)での運用も行えます。

iDeCoの特徴・メリット
  • 運用益が非課税
  • 掛金が全額所得控除
  • 年金受給時の税制優遇

一般NISA・つみたてNISAと同様、運用益が非課税になるのはもちろんのこと、掛け金分が全額所得税になるメリットがあります。

年金給付まで資金を回収できないデメリットはありますが、税制面でNISAよりも絶大な優遇を受けることができます。

項目つみたてNISAiDeCo
対象者20歳以上の日本人20〜60歳の日本人
利用限度額
(年間)
積立:40万円
現行:120万円
サラリーマン、自営業など
立場によって異なる
(年14.4万〜81.6万円)
非課税期間積立:5年
現行:20年
60歳まで
税制優遇譲渡益非課税
受取時非課税
譲渡益非課税
掛け金非課税
⇒ 所得・住民税軽減
受取時課税
⇒ 退職所得控除等が適用され軽減
つみたてNISAとiDeCoの比較

つみたてNISAとiDeCoの違いの詳しい解説は、以下の記事をご覧ください。

つみたてNISAとiDeCoの違いを徹底比較

【ブログまとめ】eMAXIS Slim 全世界株式(オールカントリー)の評価は?

本ファンドのデータをまとめると、以下のようになっています。

なんと言っても、最大の特徴は手数料の安さ!
年率0.1144%と超低コストで、全世界の株式市場に分散投資することができます。

オールカントリーのデータ・まとめ
  • ベンチマーク:MSCIオールカントリー・ワールドインデックス
  • 購入手数料:無料
  • 信託報酬(税込み):年率0.1144%
    *実質コスト:0.1716%
  • 売買単位:100円から1円単位
  • 決算:年1回(4月25日、休日の場合、翌営業日)
  • 償還日:無期限(設定日:2018年10月31日)
  • 信託財産留保額:無し
サイト管理人

日本も含めて、ファンド一本で、世界株に分散投資したい方向けのインデックスファンドです!

また、三菱UFJ国際投信から出ている純資産の推移をみると、下図のように右肩あがりで推移しているため、順調にファンドへ資産が入ってきていることがわかります。

eMAXIS Slim全世界株式(オールカントリー)の純資産推移
eMAXIS Slim全世界株式(オールカントリー)の純資産推移
サイト管理人

ファンドの純資産が減る(資金が流出する)場合、不安定な運用となってしまうので、現在の純資産は極めて健全な推移と言えます。

心配であれば、将来の純資産総額の推移も見ておきましょう。

eMAXIS Slim全世界株式(除く日本)の評価は?

eMAXIS Slim全世界株式(除く日本)は、日本を除く全世界の株式市場への投資を目的としたインデックスファンドです。

MSCIオール・カントリー・ワールド・インデックス(除く日本)がベンチマークで、約45カ国の約2,500銘柄から構成されています。

サイト管理人

他のeMAXIS Slimシリーズと同様に、手数料の安さが魅力です。

購入手数料・信託報酬(実質コスト)

本ファンドの購入手数料は、無料(ノーロード)。

また、ファンド保有時にかかる手数料「信託報酬」は、オールカントリーと同様、年率0.1144%です。

項目手数料が発生する
タイミング
手数料
(税込み)
購入手数料ファンド購入時無料
信託財産留保額ファンド売却時無料
信託報酬ファンド保有時年率0.1144%
eMAXIS Slim全世界株式(除く日本)の手数料

実質コスト

売買委託手数料や有価証券取引税、保管費用などを含めた実質コストは「0.1716%」となっています。

信託報酬以外の売買委託手数料・有価証券取引税などの余分なコストが低く、外国資産への投資で高くなりがちな「その他費用」も安く抑えられています。

実質コストは、「運用報告書(全体版)」を基に算出

以下の図は、運用報告書に記載されている「一万口当たりの費用明細」です。

eMAXIS Slim 全世界株式(除く日本)の実質コスト
eMAXIS Slim 全世界株式(除く日本)の実質コスト

対象期間中の信託報酬が、14円(比率:0.117%)。
信託報酬とその他の費用を含む手数料の合計が「21円(比率:0.178%)」なので、
実質コストを「信託報酬÷14×21」として計算すると、実質コストは0.1716%(四捨五入)となります。

資産構成比は?

次に、最新の資産配分(ポートフォリオ)状況を見ていきます。

資産クラス比率
先進国株式88.3%
新興国株式11.8%
eMAXIS Slim 全世界株式(除く日本)の資産配分

オールカントリーと異なり、国内株式クラスがない分、先進国株式の比率が高くなっています。

構成国の比率は?

次に、実際にどのような国の株式が入っているのか?国別の配分比を見ていきます。

以下のグラフ・表は、本ファンドの国別の構成比率を表したものです。

国名比率
米国(アメリカ)62.5%
イギリス3.6%
カナダ2.9%
フランス2.9%
スイス2.6%
その他の先進国10.0%
ケイマン諸島2.1%
台湾1.8%
韓国1.6%
インド1.4%
中国1.3%
その他の新興国3.2%
eMAXIS Slim 全世界株式(オールカントリー)の国別構成比率(トップ10)

合計して「100%」にならない分は、先物などが含まれます。

ケイマン諸島とは、グローバル企業が租税回避地として、登記登録を行っている場所。
テンセントやバイドゥ、アリババ集団など、中国のハイテク企業などが利用。

サイト管理人

なんと、米国(アメリカ)株式だけで60%以上の比率を占めています。

銘柄・業種(セクター別)の構成比率

次に、どのような銘柄や業種(セクター)が、本ファンドに多く含まれているかチェックしていきます。

スクロールできます
銘柄名対象国構成比率業種・セクター
アップルアメリカ4.3%テクノロジ・
ハードウェア・機器
マイクロソフトアメリカ3.5%ソフトウェア・サービス
アマゾンアメリカ2.2%効率
テスラアメリカ1.3%自動車・自動車部品
アルファベットAアメリカ1.3%メディア・娯楽
先進国株式クラスの構成比率(上位5銘柄)
スクロールできます
銘柄名対象国構成比率業種・セクター
TSMC台湾0.8%半導体・
半導体製造装置
テンセントケイマン諸島0.5%メディア・娯楽
サムソン電子韓国0.5%テクノロジ・
ハードウェア・機器
アリババケイマン諸島0.3%小売
新興国の構成比率(上位5銘柄)

先進国・新興国株式ともに、テクノロジーやソフトウェア関連の企業が組み入れ上位となっています。

また、本ファンドの業種別の構成比率は、以下のグラフ・表のようになっており、高い成長を遂げるハイテク企業の比率が高い点が特徴です。

業種・セクター比率
ソフトウェア・サービス10.7%
医薬品・バイオテクノ・ライフ7.1%
メディア・娯楽6.7%
テクノロジ・ハードウェア・機器6.7%
銀行6.6%
半導体・半導体製造装置5.8%
資本財5.5%
小売5.4%
素材4.4%
各種金融4.3%
業種・セクター別の構成比率

【実績・利回り】分配金・パフォーマンス

本ファンドの決算は年1回(4月)行われます。これまで分配金の発生はありません。

サイト管理人

分配金が出てしまうと、分配金への課税分(約20%)投資パフォーマンスが悪化するので、ファンド内への再投資が、我々ファンド購入者には嬉しいですね。

長期投資を行う場合、効率的な資産運用のため、分配金が出た場合でもファンドへ再投資することが重要です。
SBI証券など証券会社の注文時に「分配金再投資コース」を選ぶことで、自動再投資ができます。

また、これまでの本ファンドのパフォーマンスは、以下のようになっています。

期間(直近)ファンドベンチマーク
1ヶ月3.7%3.8%
3ヶ月9.9%9.8%
6ヶ月10.1%10.1%
過去1年34.1%34.1%
過去3年86.4%86.3%
設定来71.2%70.9%
eMAXIS Slim全世界株式(オールカントリー)の実績・ベンチマークとの乖離

ちなみに、本ファンドのパフォーマンスがベンチマークよりも悪い時がありますが、
これは、ファンドの成績が、手数料を差し引いた後の結果となっているためです。

ベンチマークとのパフォーマンスがほぼ一致しているため、コスト・運用ともに優秀なファンドと言えます。

つみたてNISA・iDeCoで運用は可能?

本ファンドを含む「eMAXIS Slim 全世界株式」の3種類、全てのファンドが「つみたてNISA」で運用可能です!

つみたてNISAやiDeCoの詳細は、以下をご参考ください。

eMAXIS Slim 全世界株式は「つみたてNISA・iDeCo」で運用可能?

【ブログまとめ】eMAXIS Slim 全世界株式(除く日本)の評価は?

本ファンドのデータをまとめると、以下のようになっています。

なんと言っても、最大の特徴は手数料の安さ!
年率0.1144%と超低コストで、全世界の株式市場に分散投資することができます。

オールカントリーのデータ・まとめ
  • ベンチマーク:MSCIオール・カントリー・ワールド・インデックス(除く日本)
  • 購入手数料:無料
  • 信託報酬(税込み):年率0.1144%
    *実質コスト:0.1716%
  • 売買単位:100円から1円単位
  • 決算:年1回(4月25日、休日の場合、翌営業日)
  • 償還日:無期限(設定日:2018年3月19日)
  • 信託財産留保額:無し
サイト管理人

日本株を除いて、ファンド一本で、世界株に分散投資したい方向けのインデックスファンドです!

また、三菱UFJ国際投信から出ている純資産の推移をみると、eMAXIS Slim 全世界株式(オールカントリー)と同様、右肩あがりで推移しているため、順調にファンドへ資産が入ってきていることがわかります(下図参照)。

eMAXIS Slim全世界株式(除く日本)の純資産推移
eMAXIS Slim全世界株式(除く日本)の純資産推移
サイト管理人

ファンドの純資産が減る(資金が流出する)場合、不安定な運用となってしまうので、現在の純資産は極めて健全な推移と言えます。

eMAXIS Slim 全世界株式(3資産均等型)をブログで評価

eMAXIS Slim全世界株式(3地域均等型)は、日本・先進国・新興国の株式市場へ均等に分散投資することを目的としたバランスファンドです。

各資産の配分やベンチマーク(連動する株価指数)は、以下の表のようになっています。

投資クラス配分比ベンチマーク
国内株式33.3%TOPIX(東証株価指数)
先進国株式33.3%MSCIコクサイ
新興国株式33.3%FTSE RAFIエマージングインデックス
eMAXIS Slim全世界株式(3地域均等型)の資産配分・ポートフォリオ
eMAXIS Slim全世界株式(3地域均等型)の基本資産配分
サイト管理人

他の「eMAXIS Slim 全世界株式」のファンドと違い、日本株や新興国株の比率が高い点が特徴です。

購入手数料・信託報酬(実質コスト)

本ファンドの購入手数料は、無料(ノーロード)。

また、ファンド保有時にかかる手数料「信託報酬」は、オールカントリーと同様、年率0.1144%です。

項目手数料が発生する
タイミング
手数料
(税込み)
購入手数料ファンド購入時無料
信託財産留保額ファンド売却時無料
信託報酬ファンド保有時年率0.1144%
eMAXIS Slim全世界株式(3資産均等型)の手数料

実質コスト

売買委託手数料や有価証券取引税、保管費用などを含めた実質コストは「0.1936%」となっています。

信託報酬以外の売買委託手数料・有価証券取引税などの余分なコストが低く、外国資産への投資で高くなりがちな「その他費用」も安く抑えられています。

ただし、オールカントリー・除く日本と比べて、
コスト高になりがちな「新興国株」の割合が高いため、実質コストが高い。

実質コストは、「運用報告書(全体版)」を基に算出

以下の図は、運用報告書に記載されている「一万口当たりの費用明細」です。

eMAXIS Slim 全世界株式(3資産均等型)の実質コスト
eMAXIS Slim 全世界株式(3資産均等型)の実質コスト

対象期間中の信託報酬が、13円(比率:0.115%)。
信託報酬とその他の費用を含む手数料の合計が「22円(比率:0.190%)」なので、
実質コストを「信託報酬÷13×22」として計算すると、実質コストは0.1936%(四捨五入)となります。

資産構成比は?

次に、最新の資産配分(ポートフォリオ)状況を見ていきます。

資産クラス比率
国内株式32.6%
先進国株式33.6%
新興国株式32.8%
コール・ローン他1.0%
eMAXIS Slim 全世界株式(3資産均等型)の資産配分

国内・先進国・新興国株の均等配分(33.3%)が理想ですが、実際は、相場の変動やファンドの運用状況などによって、微妙に配分が変化します。

構成国の比率は?

次に、実際にどのような国の株式が入っているのか?国別の配分比を見ていきます。

以下のグラフ・表は、本ファンドの国別の構成比率を表したものです。

国名比率
日本32.2%
米国(アメリカ)23.9%
ケイマン諸島5.9%
台湾5.0%
韓国4.2%
インド4.0%
中国3.7%
イギリス1.4%
ブラジル1.2%
カナダ1.1%
eMAXIS Slim 全世界株式(3資産均等型)の国別構成比率(トップ10)

ケイマン諸島とは、グローバル企業が租税回避地として、登記登録を行っている場所。
テンセントやバイドゥ、アリババ集団など、中国のハイテク企業などが利用。

通常の全世界株ファンドと異なり、米国(アメリカ)株式ではなく、日本株の比率が最も高くなっています。

また、新興国の国々(中国、台湾、韓国、ブラジル)などの比率が高い点も特徴です。

銘柄・業種(セクター別)の構成比率

次に、どのような銘柄や業種(セクター)が、本ファンドに多く含まれているかチェックしていきます。

銘柄名対象国構成比率業種・セクター
TSMC台湾2.2%情報技術
アップルアメリカ1.6%情報技術
テンセントケイマン諸島1.3%コミュニケーション・サービス
マイクロソフトアメリカ1.3%情報技術
サムソン電子韓国1.3%情報技術
トヨタ自動車日本1.3%一般消費財・サービス
ソニー日本1.1%一般消費財・サービスコ
アリババ集団ケイマン諸島0.9%一般消費財・サービス
アマゾンアメリカ0.8%一般消費財・サービス
キーエンス日本0.8%情報技術
構成比率(上位10銘柄)

一般的な全世界株式ファンドでは、アップル・マイクロソフトなどを筆頭に、時価総額が高い米国株が上位10社を独占します。

一方、本ファンドは、各地域の有力企業がトップ10に均等に入っている点が特徴です。

サイト管理人

トヨタ自動車やソニーなど、日本企業もトップ10入りしています。

また、本ファンドの業種別の構成比率は、以下のグラフ・表のようになっており、高い成長を遂げるハイテク(情報技術)企業が多い点が2割程度となっています。

eMAXIS Slim全世界株式(3地域均等型)の業種別構成比
eMAXIS Slim全世界株式(3地域均等型)の業種別構成比
業種(セクター)構成比率
情報技術19.89%
金融17.33%
一般消費財サービス13.73%
資本財・サービス12.88%
生活必需品8.00%
ヘルスケア7.50%
素材6.49%
エネルギー5.12%
電気通信3.77%
不動産2.91%
その他2.37%
eMAXIS Slim全世界株式(3地域均等型)の業種・セクター別構成比率

【実績・利回り】分配金・パフォーマンス

本ファンドの決算は年1回(4月)行われます。これまで分配金の発生はありません。

サイト管理人

分配金が出てしまうと、分配金への課税分(約20%)投資パフォーマンスが悪化するので、ファンド内への再投資が、我々ファンド購入者には嬉しいですね。

長期投資を行う場合、効率的な資産運用のため、分配金が出た場合でもファンドへ再投資することが重要です。
SBI証券など証券会社の注文時に「分配金再投資コース」を選ぶことで、自動再投資ができます。

また、これまでの本ファンドのパフォーマンスは、以下のようになっています。

期間(直近)ファンドベンチマーク
1ヶ月2.8%3.0%
3ヶ月3.2%3.3%
6ヶ月3.0%3.1%
過去1年19.3%20.0%
過去3年57.6%61.1%
設定来42.4%46.1%
eMAXIS Slim全世界株式(オールカントリー)の実績・ベンチマークとの乖離

ちなみに、本ファンドのパフォーマンスがベンチマークよりも悪い時がありますが、
これは、ファンドの成績が、手数料を差し引いた後の結果となっているためです。

他の「eMAXIS Slim 全世界株式」のファンドと比較すると、ベンチマークとパフォーマンスの差が大きくなっている点が気になります。

つみたてNISA・iDeCoで運用は可能?

本ファンドを含む「eMAXIS Slim 全世界株式」の3種類、全てのファンドが「つみたてNISA」で運用可能です!

つみたてNISAやiDeCoの詳細は、以下をご参考ください。

eMAXIS Slim 全世界株式は「つみたてNISA・iDeCo」で運用可能?

【ブログまとめ】eMAXIS Slim 全世界株式(3資産均等型)の評価は?

本ファンドのデータをまとめると、以下のようになっています。

なんと言っても、最大の特徴は手数料の安さ!
年率0.1144%と超低コストで、全世界の株式市場に分散投資することができます。

3資産均等型のデータ・まとめ
  • ベンチマーク:TOPIX・MSCIコクサイ・MSCIエマージングの均等合成
  • 購入手数料:無料
  • 信託報酬(税抜):年率0.1144%
    *その他諸経費を含む実質コスト:0.1936
  • 売買単位:100円から1円単位(SBI証券なら最低100円から積立可能。)
  • 決算:年1回(4月25日、休日の場合、翌営業日)
  • 償還日:無期限(設定日:2018年4月3日)
  • 信託財産留保額:無し
サイト管理人

他のeMAXIS Slim 全世界株式と比較すると、実質コストが高く、ベンチマークとの乖離が高い点を頭に入れて、投資しましょう。

ちなみに、三菱UFJ国際投信から出ている純資産の推移をみると、他のeMAXIS Slim 全世界株式と同様、右肩あがりで推移しているため、順調にファンドへ資産が入ってきていることがわかります(下図参照)。

eMAXIS Slim全世界株式(3資産均等型)の純資産推移
eMAXIS Slim全世界株式(3資産均等型)の純資産推移
サイト管理人

ファンドの純資産が減る(資金が流出する)場合、不安定な運用となってしまうので、現在の純資産は極めて健全な推移と言えます。

##

全世界株式クラスETF・インデックスファンドの比較

下表は、全世界株式市場への投資を目的とするETF・インデックスファンドの手数料とベンチマークを比較した表です。本ファンドは、野村つみたて外国株投信楽天・全世界株式インデックス・ファンド等を凌ぐ安さとなり、SBI全世界株式インデックスファンド(雪だるま全世界株式)に肉薄する安さです。

ファンド名信託報酬
(税抜)
ベンチマーク
SBI全世界株式インデックスファンド0.1389%FTSEグローバル・オールキャップ・インデックス
eMAXIS Slim全世界株式(3地域均等型)0.142%TOPIXMSCIコクサイMSCIエマージングの均等合成
eMAXIS Slim全世界株式(オールカントリー)0.142%MSCIオール・カントリー・ワールド・インデックス
eMAXIS Slim全世界株式(除く日本)0.142%MSCIオール・カントリー・ワールド・インデックス(除く日本)
野村つみたて外国株投信0.19%MSCIオール・カントリー・ワールド・インデックス(除く日本)
楽天・全世界株式インデックス・ファンド0.22%FTSEグローバル・オールキャップ・インデックス
三井住友・DC全海外株式インデックスファンド0.25%MSCIオール・カントリー・ワールド・インデックス(除く日本)

信託報酬などの投資コストは、我々投資家への確実なマイナスリターンとなり、投資パフォーマンスを悪化させます。そのため、本ファンドのように、コストの安いファンドを選ぶことが、パフォーマンス向上のために重要です。

他ファンドとの比較

次に、本ファンドと既存の全世界株式型ファンド、またバランスファンドを比較していきます。

全世界株式型インデックスファンドとの比較

下表は、全世界株式市場への投資を目的とするインデックスファンドの手数料とベンチマークを比較した表です。SBI全世界株式インデックスファンド(雪だるま全世界株式)に及ばないものの、低水準の手数料です。

ファンド名信託報酬
(税抜)
ベンチマーク
SBI全世界株式インデックスファンド0.1389%FTSEグローバル・オールキャップ・インデックス
eMAXIS Slim全世界株式(3地域均等型)0.142%TOPIXMSCIコクサイMSCIエマージングの均等合成
eMAXIS Slim全世界株式(オールカントリー)0.142%MSCIオール・カントリー・ワールド・インデックス
eMAXIS Slim全世界株式(除く日本)0.142%MSCIオール・カントリー・ワールド・インデックス(除く日本)
野村つみたて外国株投信0.19%MSCIオール・カントリー・ワールド・インデックス(除く日本)
楽天・全世界株式インデックス・ファンド0.22%FTSEグローバル・オールキャップ・インデックス
三井住友・DC全海外株式インデックスファンド0.25%MSCIオール・カントリー・ワールド・インデックス(除く日本)

本ファンドの最大の特徴は「資産配分」です。他のファンドは、時価総額ベースで国や地域の比率が決まっているため、先進国株の比率が8割以上あり、新興国株式市場は1割弱の比率となっています。そのため、日本や新興国の比率を高めたい方に、本ファンドは最適です。

各ファンドの典型的な資産配分

ファンド名日本株先進国株新興国株
eMAXIS Slim全世界株式(3資産均等)33.3%33.3%33.3%
eMAXIS Slim全世界株式(除く日本)0.0%86.6%12.4%
楽天VTI8.4%81.9%9.7%
SBI全世界株式インデックスファンド9.4%80.8%9.8%

バランスファンドとの比較

次に、本ファンドとその他のバランスファンドの資産配分や手数料を比較していきます。以下の表からわかるように、本ファンドは、バランスファンドの中では最も安い手数料となっています。

ファンド名信託報酬(税抜)資産配分
eMAXIS Slim全世界株式(3地域均等型)0.142%日本株・先進国株・新興国株の計3資産を均等配分(各33.3%)
eMAXIS Slimバランス(8資産均等型)0.16%国内の株式・債券・REIT、先進国の株式・債券・REIT、新興国の株式、債券の計8資産を均等(12.5%づつ)配分
つみたてバランスファンド0.195%国内の株式・債券・REIT、先進国の株式・債券・REIT、新興国の株式、債券の計8資産(均等配分では無い)
ニッセイ・インデックスバランスファンド(8資産均等型)0.209%国内の株式・債券・REIT、先進国の株式・債券・REIT、新興国の株式、債券の計8資産を均等(12.5%づつ)配分
三井住友・DCつみたてNISA・世界分散ファンド0.21%国内の株式・債券・REIT、先進国の株式・債券・REIT、新興国株式の計7資産
ニッセイ・インデックスバランスファンド(4資産均等型)0.219%国内の株式・債券、先進国の株式・債券の計4資産を均等(25%づつ)配分
ニッセイ・インデックスバランスファンド(6資産均等型)0.219%国内の株式・債券・REIT、先進国の株式・債券・REITの計6資産を均等(16.6%づつ)配分
野村6資産均等バランス0.22%国内の株式・債券・REIT、先進国の株式・債券・REITの計6資産を均等(16.6%づつ)配分
つみたて8資産均等バランス0.22%国内の株式・債券・REIT、先進国の株式・債券・REIT、新興国の株式、債券の計8資産を均等(12.5%づつ)配分
つみたて4資産均等バランス0.22%国内の株式・債券、先進国の株式・債券の計4資産を均等(25%づつ)配分
たわらノーロードバランス(8資産均等型)0.22%国内の株式・債券・REIT、先進国の株式・債券・REIT、新興国の株式、債券の計8資産を均等(12.5%づつ)配分
iFree 8資産バランス0.23%国内の株式・債券・REIT、先進国の株式・債券・REIT、新興国の株式、債券の計8資産を均等(12.5%づつ)配分
世界経済インデックスファンド0.50%国内の株式・債券、先進国の株式・債券、新興国の株式、債券の計6資産をGDPベースで配分(株式・債券は50%ずつ)
セゾン・バンガード・グローバルバランスファンド0.69%国内の株式・債券、先進国の株式・債券、新興国株式の計5資産を時価総額ベースで配分(株式・債券は50%ずつ)
eMAXISバランス(8資産均等型)0.50%国内の株式・債券・REIT、先進国の株式・債券・REIT、新興国の株式、債券の計8資産を均等(12.5%づつ)配分

ただし、本ファンドは株式だけの資産構成となっているので、各地域の債券やREIT(不動産投資信託)にも投資を行いたい方は、8資産均等型として低コストの「eMAXIS Slimバランス(8資産均等型)」などがオススメです。

まとめ・評価

本ファンドのデータをまとめると、以下のようになっています。特徴は、手数料の安さと資産配分です。年率0.142%と超低コストで、日本・先進国・新興国の株式に均等投資を行うことができます。

[box05 title=”データ・まとめ”]

  • ベンチマーク:TOPIX・MSCIコクサイ・MSCIエマージングの均等合成
  • 購入手数料:無料
  • 信託報酬(税抜):年率0.142%(その他諸経費を含む実質コスト:初回決算待ち)
  • 売買単位:100円から1円単位(SBI証券なら最低100円から積立可能。)
  • 決算:年1回(4月25日、休日の場合、翌営業日)
  • 償還日:無期限(設定日:2018年4月3日)
  • 信託財産留保額:無し

[/box05]

日本・先進国・新興国の株式に均等投資できるバランスファンドは他にはなく、投資方針がマッチする方には良い選択肢となります。

また、信託報酬もeMAXIS Slimシリーズの日本・先進国・新興国の株式ファンドを個別に購入するよりも、本ファンドの方が安い点も評価できます。

eMAXIS Slimシリーズの株式ファンドと信託報酬

ファンド名信託報酬
eMAXIS Slim国内株式(TOPIX)0.159%
eMAXIS Slim先進国株式0.1095%
eMAXIS Slim新興国株式0.19%

eMAXIS Slim全世界株式(オールカントリー)とは?

eMAXIS Slim全世界株式(オールカントリー)は、日本を除く全世界の株式市場への投資を目的としたインデックスファンドです。MSCIオール・カントリー・ワールド・インデックスがベンチマークで、約45カ国の約2,500銘柄から構成されています。

購入手数料・信託報酬(実質コスト)

本ファンドの購入手数料は無料(ノーロード)です。また、ファンド保有時にかかる手数料「信託報酬」は、年率0.142%(税抜)と全世界株式市場への投資を目的としたインデックスファンドの中では、楽天・全世界株式インデックス・ファンド等を凌ぎ、SBI全世界株式インデックスファンド(雪だるま全世界株式)と同水準の低コストです。

eMAXIS Slim全世界株式(除く日本)の手数料

項目手数料が発生する
タイミング
手数料(税抜)
購入手数料ファンド購入時無料
信託財産留保額ファンド売却時無料
信託報酬ファンド保有時年率0.142%

実質コスト(信託報酬+保管費用など)は初回決算が発表された後、更新いたします。

資産構成比は?

初回レポート発表時に更新致します。

構成国の比率は?

初回レポート発表時に更新致します。

分配金・利回り

本ファンドの決算は年1回(4月)行われます。これまで分配金の発生はありません。分配金が出てしまうと、分配金への課税分(約20%)投資パフォーマンスが悪化するので、ファンド内への再投資が、我々ファンド購入者には嬉しいですね。

パフォーマンスに関しては、初回レポート発表後、更新させていただきます。

全世界株式クラスETF・インデックスファンドの比較

下表は、全世界株式市場への投資を目的とするETF・インデックスファンドの手数料とベンチマークを比較した表です。本ファンドは、野村つみたて外国株投信楽天・全世界株式インデックス・ファンド等を凌ぐ安さとなり、SBI全世界株式インデックスファンド(雪だるま全世界株式)に肉薄する安さです。

ファンド名信託報酬
(税抜)
ベンチマーク
SBI全世界株式インデックスファンド0.1389%FTSEグローバル・オールキャップ・インデックス
eMAXIS Slim全世界株式(3地域均等型)0.142%TOPIXMSCIコクサイMSCIエマージングの均等合成
eMAXIS Slim全世界株式(オールカントリー)0.142%MSCIオール・カントリー・ワールド・インデックス
eMAXIS Slim全世界株式(除く日本)0.142%MSCIオール・カントリー・ワールド・インデックス(除く日本)
野村つみたて外国株投信0.19%MSCIオール・カントリー・ワールド・インデックス(除く日本)
楽天・全世界株式インデックス・ファンド0.22%FTSEグローバル・オールキャップ・インデックス
三井住友・DC全海外株式インデックスファンド0.25%MSCIオール・カントリー・ワールド・インデックス(除く日本)

信託報酬などの投資コストは、我々投資家への確実なマイナスリターンとなり、投資パフォーマンスを悪化させます。そのため、本ファンドのように、コストの安いファンドを選ぶことが、パフォーマンス向上のために重要です。

まとめ・評価

本ファンドのデータをまとめると、以下のようになっています。年率0.142%で全世界の株式(約45カ国、2,500銘柄)に分散投資を行うことができます。

これまで最安手数料だったSBI全世界株式インデックスファンド(雪だるま全世界株式)と同水準の低コストで全世界の株式市場に分散投資が行えます。

[box05 title=”データ・まとめ”]

  • ベンチマーク:MSCIオール・カントリー・ワールド・インデックス
  • 購入手数料:無料
  • 信託報酬(税抜):年率0.142%(その他諸経費を含む実質コスト:初回決算待ち)
  • 売買単位:100円から1円単位
  • 決算:年1回(4月25日、休日の場合、翌営業日)
  • 償還日:無期限(設定日:2018年10月31日)
  • 信託財産留保額:なし

[/box05]

つみたてNISAでも運用可能

たわらノーロードバランスシリーズのファンドは、小額非課税制度「つみたてNISA」でも運用可能です。

非課税期間が現行NISAと比べて4倍の20年間となるので、積立を長期投資で行なう方には、嬉しい新制度です。

つみたてNISAの特徴や詳しい始め方【図解】は、以下の記事をご参考ください。

https://money-laboratory-ryoma.net/tsumitate-nisa/

以下、各ファンドについて詳しく解説していきます。

eMAXIS Slim全世界株式(除く日本)とは?

eMAXIS Slim全世界株式(除く日本)は、日本を除く全世界の株式市場への投資を目的としたインデックスファンドです。MSCIオール・カントリー・ワールド・インデックス(除く)がベンチマークで、約45カ国の約2,500銘柄から構成されています。

他のeMAXIS Slimシリーズと同様に、手数料の安さが魅力です。

購入手数料・信託報酬(実質コスト)

本ファンドの購入手数料は無料(ノーロード)です。また、ファンド保有時にかかる手数料「信託報酬」は、年率0.142%(税抜)と全世界株式市場への投資を目的としたインデックスファンドの中では、楽天・全世界株式インデックス・ファンド等を凌ぎ、SBI全世界株式インデックスファンド(雪だるま全世界株式)と同水準の低コストです。

eMAXIS Slim全世界株式(除く日本)の手数料

項目手数料が発生する
タイミング
手数料(税抜)
購入手数料ファンド購入時無料
信託財産留保額ファンド売却時無料
信託報酬ファンド保有時年率0.142%

実質コスト(信託報酬+保管費用など)は初回決算が発表された後、更新いたします。

資産構成比は?

初回レポート発表時に更新致します。

構成国の比率は?

初回レポート発表時に更新致します。

分配金・利回り

本ファンドの決算は年1回(4月)行われます。これまで分配金の発生はありません。分配金が出てしまうと、分配金への課税分(約20%)投資パフォーマンスが悪化するので、ファンド内への再投資が、我々ファンド購入者には嬉しいですね。

長期投資を行う場合、効率的な資産運用のため、分配金が出た場合でもファンドへ再投資することが重要です。SBI証券など証券会社の注文時に「分配金再投資コース」を選ぶことで、自動再投資ができます。

パフォーマンスに関しては、初回レポート発表後、更新させていただきます。

全世界株式クラスETF・インデックスファンドの比較

下表は、全世界株式市場への投資を目的とするETF・インデックスファンドの手数料とベンチマークを比較した表です。本ファンドは、野村つみたて外国株投信楽天・全世界株式インデックス・ファンド等を凌ぐ安さとなり、SBI全世界株式インデックスファンド(雪だるま全世界株式)に肉薄する安さです。

ファンド名信託報酬
(税抜)
ベンチマーク
SBI全世界株式インデックスファンド0.1389%FTSEグローバル・オールキャップ・インデックス
eMAXIS Slim全世界株式(3地域均等型)0.142%TOPIXMSCIコクサイMSCIエマージングの均等合成
eMAXIS Slim全世界株式(オールカントリー)0.142%MSCIオール・カントリー・ワールド・インデックス
eMAXIS Slim全世界株式(除く日本)0.142%MSCIオール・カントリー・ワールド・インデックス(除く日本)
野村つみたて外国株投信0.19%MSCIオール・カントリー・ワールド・インデックス(除く日本)
楽天・全世界株式インデックス・ファンド0.22%FTSEグローバル・オールキャップ・インデックス
三井住友・DC全海外株式インデックスファンド0.25%MSCIオール・カントリー・ワールド・インデックス(除く日本)

信託報酬などの投資コストは、我々投資家への確実なマイナスリターンとなり、投資パフォーマンスを悪化させます。そのため、本ファンドのように、コストの安いファンドを選ぶことが、パフォーマンス向上のために重要です。

まとめ・評価

本ファンドのデータをまとめると、以下のようになっています。年率0.142%で全世界の株式(約45カ国、2,500銘柄)に分散投資を行うことができます。これまで最安手数料だったSBI全世界株式インデックスファンド(雪だるま全世界株式)と同水準の低コストで全世界の株式市場に分散投資が行えます。

[box05 title=”データ・まとめ”]

  • ベンチマーク:MSCIオール・カントリー・ワールド・インデックス(除く日本)
  • 購入手数料:無料
  • 信託報酬(税抜):年率0.142%(その他諸経費を含む実質コスト:初回決算待ち)
  • 売買単位:100円から1円単位
  • 決算:年1回(4月25日、休日の場合、翌営業日)
  • 償還日:無期限(設定日:2018年3月19日)
  • 信託財産留保額:なし

[/box05]

eMAXIS Slim全世界株式(3地域均等型)とは?

eMAXIS Slim全世界株式(3地域均等型)は、日本・先進国・新興国の株式市場へ均等に分散投資することを目的としたバランスファンドです。各資産の配分やベンチマーク(連動する株価指数など)は、以下のようになっています。

eMAXIS Slim全世界株式(3地域均等型)の資産配分(ポートフォリオ)

投資クラス配分比ベンチマーク
国内株式33.3%TOPIX(東証株価指数)
先進国株式33.3%MSCIコクサイ
新興国株式33.3%FTSE RAFIエマージングインデックス

eMAXIS Slim全世界株式(3地域均等型)の基本資産配分

eMAXIS Slim全世界株式(3地域均等型)の基本資産配分
引用:三菱UFJ国際投信

購入手数料・信託報酬(実質コスト)

本ファンドの購入手数料および売却時の手数料は、いずれも無料です。また、ファンド保有時にかかる手数料「信託報酬」は、年率0.142%(税抜)とバランス型ファンドとしては、最安の手数料(信託報酬)となっています。

eMAXIS Slimバランス(8資産均等型)の手数料

項目手数料が発生する
タイミング
手数料(税抜)
購入手数料ファンド購入時無料
信託財産留保額ファンド売却時無料
信託報酬ファンド保有時年率0.142%

実質コスト(信託報酬+保管費用など)は、現時点では発表されていないので、初回決算発表後に更新します。

実際の資産配分(ポートフォリオ)は?

次に最新の資産配分(ポートフォリオ)状況を見ていきます。基本構成は3資産への均等配分ですが、各株式市場の動向やファンドの新規購入・解約などにより、微妙に基本構成からはズレています。

eMAXIS Slim全世界株式(3資産均等型)の資産配分

eMAXIS Slim全世界株式(3資産均等型)の資産配分
引用:三菱UFJ国際投信

資産配分比
日本株33.10%
先進国株33.18%
新興国株32.57%
現金など1.15%

構成国の比率は?

次に、実際にどのような国の株式が入っているのか?国別の配分比を見ていきます。

以下のグラフ・表は、本ファンドの国別の構成比率を表したものです。日本・先進国・新興国に均等配分している特徴がよく現れています。

eMAXIS Slim全世界株式(3地域均等型)の国別構成比

eMAXIS Slim全世界株式(3地域均等型)の国別構成比
引用:三菱UFJ国際投信

国名比率
日本34.16%
アメリカ22.35%
ケイマン諸島5.55%
韓国4.98%
台湾3.75%
中国3.26%
インド2.76%
イギリス2.39%
南アフリカ2.09%
ブラジル2.01%
その他16.71%

通常の全世界株式ファンドは、アメリカの比率が6割程度を占めており、日本株の比率は1割に満たない程度ですが、本ファンドは日本株が多く、米国株比率が2割程度である点が特徴です。

また、中国・インド・南アフリカなどの新興国の国々も高い比率となっています。ちなみに、ケイマン諸島は、グローバル企業が租税回避地として、登記登録している企業があるため構成比が高くなっています。

組入株式(銘柄)・業種別の構成比率

次に、どのような銘柄や業種が、本ファンドに多く含まれているかチェックしていきます。はじめに、本ファンドの組み入れ上位10銘柄を見てみます。

eMAXIS Slim全世界株式(3資産均等型)のトップ10

銘柄名比率業種
テンセント1.70%ケイマン諸島情報技術
アリババ1.35%ケイマン諸島情報技術
サムソン電子1.32%韓国情報技術
トヨタ1.10%日本一般消費財・サービス
TSMC1.07%台湾情報技術
アップル0.84%アメリカ情報技術
マイクロソフト0.63%アメリカ情報技術
ナスパーズ0.63%南アフリカ一般消費財・サービス
三菱UFJフィナンシャル・グループ0.59%日本金融
アマゾン・ドットコム0.58%アメリカ一般消費財・サービス

通常の全世界株式ファンドの場合、アップルやマイクロソフトなどを筆頭に、時価総額が高い米国株が上位10社を独占しますが、本ファンドは各地域の有力企業がトップ10に均等に入っている点が特徴です。

また、本ファンドの業種別の構成比率は、以下のグラフ・表のようになっており、高い成長を遂げるハイテク(情報技術)企業が多い点が2割程度となっています。

eMAXIS Slim全世界株式(3地域均等型)の業種別構成比

eMAXIS Slim全世界株式(3地域均等型)の業種別構成比
引用:三菱UFJ国際投信

業種(セクター)構成比率
情報技術19.89%
金融17.33%
一般消費財サービス13.73%
資本財・サービス12.88%
生活必需品8.00%
ヘルスケア7.50%
素材6.49%
エネルギー5.12%
電気通信3.77%
不動産2.91%
その他2.37%

分配金・利回り

本ファンドの決算は年1回(4月)行われます。これまで分配金の発生はありません。分配金が出てしまうと、分配金への課税分(約20%)投資パフォーマンスが悪化するので、ファンド内への再投資が、我々ファンド購入者には嬉しいですね。

また、本ファンドの投資パフォーマンスは、以下の表にまとめたようになっています。ベンチマークは、TOPIX・MSCIコクサイ・MSCIエマージング指数を均等に合成した指数です。

期間(直近)ファンドベンチマーク
1ヶ月-1.47%-1.65%
3ヶ月--
6ヶ月--
1年--
3年--
設定来1.36%1.23%

ベンチマークと比べて、本ファンドのパフォーマンスが良い理由は、ベンチマークに配当金の再投資分が含まれないためです。ファンドは、組み入れ銘柄から配当がでた場合、ファンド内に再投資しているため、その分パフォーマンスが良くなります。

他ファンドとの比較

次に、本ファンドと既存の全世界株式型ファンド、またバランスファンドを比較していきます。

全世界株式型インデックスファンドとの比較

下表は、全世界株式市場への投資を目的とするインデックスファンドの手数料とベンチマークを比較した表です。SBI全世界株式インデックスファンド(雪だるま全世界株式)に及ばないものの、低水準の手数料です。

ファンド名信託報酬
(税抜)
ベンチマーク
SBI全世界株式インデックスファンド0.1389%FTSEグローバル・オールキャップ・インデックス
eMAXIS Slim全世界株式(3地域均等型)0.142%TOPIXMSCIコクサイMSCIエマージングの均等合成
eMAXIS Slim全世界株式(オールカントリー)0.142%MSCIオール・カントリー・ワールド・インデックス
eMAXIS Slim全世界株式(除く日本)0.142%MSCIオール・カントリー・ワールド・インデックス(除く日本)
野村つみたて外国株投信0.19%MSCIオール・カントリー・ワールド・インデックス(除く日本)
楽天・全世界株式インデックス・ファンド0.22%FTSEグローバル・オールキャップ・インデックス
三井住友・DC全海外株式インデックスファンド0.25%MSCIオール・カントリー・ワールド・インデックス(除く日本)

本ファンドの最大の特徴は「資産配分」です。他のファンドは、時価総額ベースで国や地域の比率が決まっているため、先進国株の比率が8割以上あり、新興国株式市場は1割弱の比率となっています。そのため、日本や新興国の比率を高めたい方に、本ファンドは最適です。

各ファンドの典型的な資産配分

ファンド名日本株先進国株新興国株
eMAXIS Slim全世界株式(3資産均等)33.3%33.3%33.3%
eMAXIS Slim全世界株式(除く日本)0.0%86.6%12.4%
楽天VTI8.4%81.9%9.7%
SBI全世界株式インデックスファンド9.4%80.8%9.8%

バランスファンドとの比較

次に、本ファンドとその他のバランスファンドの資産配分や手数料を比較していきます。以下の表からわかるように、本ファンドは、バランスファンドの中では最も安い手数料となっています。

ファンド名信託報酬(税抜)資産配分
eMAXIS Slim全世界株式(3地域均等型)0.142%日本株・先進国株・新興国株の計3資産を均等配分(各33.3%)
eMAXIS Slimバランス(8資産均等型)0.16%国内の株式・債券・REIT、先進国の株式・債券・REIT、新興国の株式、債券の計8資産を均等(12.5%づつ)配分
つみたてバランスファンド0.195%国内の株式・債券・REIT、先進国の株式・債券・REIT、新興国の株式、債券の計8資産(均等配分では無い)
ニッセイ・インデックスバランスファンド(8資産均等型)0.209%国内の株式・債券・REIT、先進国の株式・債券・REIT、新興国の株式、債券の計8資産を均等(12.5%づつ)配分
三井住友・DCつみたてNISA・世界分散ファンド0.21%国内の株式・債券・REIT、先進国の株式・債券・REIT、新興国株式の計7資産
ニッセイ・インデックスバランスファンド(4資産均等型)0.219%国内の株式・債券、先進国の株式・債券の計4資産を均等(25%づつ)配分
ニッセイ・インデックスバランスファンド(6資産均等型)0.219%国内の株式・債券・REIT、先進国の株式・債券・REITの計6資産を均等(16.6%づつ)配分
野村6資産均等バランス0.22%国内の株式・債券・REIT、先進国の株式・債券・REITの計6資産を均等(16.6%づつ)配分
つみたて8資産均等バランス0.22%国内の株式・債券・REIT、先進国の株式・債券・REIT、新興国の株式、債券の計8資産を均等(12.5%づつ)配分
つみたて4資産均等バランス0.22%国内の株式・債券、先進国の株式・債券の計4資産を均等(25%づつ)配分
たわらノーロードバランス(8資産均等型)0.22%国内の株式・債券・REIT、先進国の株式・債券・REIT、新興国の株式、債券の計8資産を均等(12.5%づつ)配分
iFree 8資産バランス0.23%国内の株式・債券・REIT、先進国の株式・債券・REIT、新興国の株式、債券の計8資産を均等(12.5%づつ)配分
世界経済インデックスファンド0.50%国内の株式・債券、先進国の株式・債券、新興国の株式、債券の計6資産をGDPベースで配分(株式・債券は50%ずつ)
セゾン・バンガード・グローバルバランスファンド0.69%国内の株式・債券、先進国の株式・債券、新興国株式の計5資産を時価総額ベースで配分(株式・債券は50%ずつ)
eMAXISバランス(8資産均等型)0.50%国内の株式・債券・REIT、先進国の株式・債券・REIT、新興国の株式、債券の計8資産を均等(12.5%づつ)配分

ただし、本ファンドは株式だけの資産構成となっているので、各地域の債券やREIT(不動産投資信託)にも投資を行いたい方は、8資産均等型として低コストの「eMAXIS Slimバランス(8資産均等型)」などがオススメです。

まとめ・評価

本ファンドのデータをまとめると、以下のようになっています。特徴は、手数料の安さと資産配分です。年率0.142%と超低コストで、日本・先進国・新興国の株式に均等投資を行うことができます。

[box05 title=”データ・まとめ”]

  • ベンチマーク:TOPIX・MSCIコクサイ・MSCIエマージングの均等合成
  • 購入手数料:無料
  • 信託報酬(税抜):年率0.142%(その他諸経費を含む実質コスト:初回決算待ち)
  • 売買単位:100円から1円単位(SBI証券なら最低100円から積立可能。)
  • 決算:年1回(4月25日、休日の場合、翌営業日)
  • 償還日:無期限(設定日:2018年4月3日)
  • 信託財産留保額:無し

[/box05]

日本・先進国・新興国の株式に均等投資できるバランスファンドは他にはなく、投資方針がマッチする方には良い選択肢となります。

また、信託報酬もeMAXIS Slimシリーズの日本・先進国・新興国の株式ファンドを個別に購入するよりも、本ファンドの方が安い点も評価できます。

eMAXIS Slimシリーズの株式ファンドと信託報酬

ファンド名信託報酬
eMAXIS Slim国内株式(TOPIX)0.159%
eMAXIS Slim先進国株式0.1095%
eMAXIS Slim新興国株式0.19%

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

橘 龍馬のアバター 橘 龍馬 サイト管理人

投資歴7年、30代3児の父。理学博士。
投資・節約の専門メディア「マネーの研究室」のサイト管理人。
インスタ・Twitterも更新!

【サイト利用時の注意点・免責事項】

 

掲載の情報は、信頼するに足ると信じる情報に基づいて作成したものですが、当サイトのデータの正確性は保証されていませんので、ご注意下さい。

本サイトの情報等を用いて行う行為に関して、その責任は全て利用者自身に帰属します。万一、利用者が何らかの損害を被った場合、その損害に関して当サイト管理者および情報を提供している第三者は一切の責任を負うものではありません。

本サイトは投資家・金融サービス利用者への情報提供を目的としており、証券・FXに関する契約締結の代理、媒介、斡旋、売買推奨、投資勧誘等を行うものではありません。

また、当ブログに記載の仮想通貨は暗号資産のことを指します。

目次
閉じる