ひふみ投信とひふみプラス比較・違いとは?

ひふみ投信とひふみプラス比較・違いとは?

ひふみ投信とひふみプラス比較・違いとは?

ひふみ投信とひふみプラス比較・違いとは?



ひふみ投信またひふみプラスは、日本の株式市場への投資を目的とした投資信託です。アクティブファンドとしては手数料が安いうえ、設定以来TOPIXを大きく上回る優秀なパフォーマンスを上げています。カンブリア宮殿でも紹介され、さらに人気に火がついた印象です。

そこで、本記事では、ひふみ投信とひふみプラスの違いを比較していきます。運用母体は同じですが、手数料体系が違うので、それらのポイントを中心に解説していきます。

参考 ひふみ投信・ひふみプラス、それぞれの解説に関しては、以下をご参照ください。

スポンサーリンク

ひふみ投信・ひふみプラスの違いとは?

それでは、ひふみ投信とひふみプラスの違いを比較していきます。両ファンドの主な比較ポイントは、以下の3点になります。基本的に、どちらのファンドもパフォーマンスに違いはありませんが、販売先や料金体系が違うため、手数料を考慮したパフォーマンスに、微妙な違いが出てきます。

ひふみ投信とひふみプラスの違い:

  • 投資信託の中身は同じ(マザーファンドが同じ)
  • 販売先が違う
  • 料金体系(コスト)が違う

以下、それぞれのポイントについて解説していきます。

投資信託の中身は同じ

実は、ひふみ投信とひふみプラスのファンドの中身に違いはありません。つまり、どちらのファンドを選んでも(購入しても)、基本的に同じ投資パフォーマンスになります。

もう少し詳しく説明すると、ひふみ投信を選んで投資しようが、ひふみプラスを選んで投資しようが、最終的には同じマザーファンドに投資されます。運用する母体が同じなので、成績自体も全く同じになります。

ちなみに、ひふみ投信やひふみプラスなどのように、各ファンド(ベビーファンド)で集めたお金を、さらに大きな受け皿(マザーファンド)で運用する方式をファミリーファンド方式と言います。大きな受け皿で一括管理することで、効率的な運用が行えます。

購入できる場所(販売先)が違う!

ひふみ投信とひふみプラスは、販売先が違います。ひふみ投信は、運用会社であるレオスキャピタルワークスでのみ購入できます。一方、ひふみプラスは、SBI証券楽天証券マネックス証券などのネット証券で購入できます。

この販売先の違いにより、運用コストにちょっとした違いが発生します。以下、販売会社の違いから各ファンドのコストを比較していきます。

手数料・コストの違い・比較

各ファンドの手数料・コストを比較していきます。まず、下表は両ファンドの購入手数料および運用期間中にかかるコスト「信託報酬」を比べたものです。

ひふみ投信・ひふみプラスの手数料(コスト)比較

銘柄購入手数料
(初期コスト)
信託報酬
(継続コスト)
ひふみ投信無料年率0.98%
保有期間による割引あり
ひふみプラス最大3%
SBI証券などでは無料
年率0.98%
純資産総額による割引、
販売先のポイント還元あり

購入手数料に関しては、ひふみ投信は無料、ひふみプラスは購入額の最大3%です。ただし、ひふみプラスもSBI証券などネット証券で購入すれば無料となるので、購入手数料に大きな違いはありません。

一方、ファンド保有中の手数料「信託報酬」には、大きな違いがあります。以下、各ファンドの信託報酬(継続コスト)を詳しく見ていきます。

ひふみ投信の信託報酬

ひふみ投信の場合、「資産形成応援団システム」という制度によって、ファンドの保有期間に応じて信託報酬が割引されます。保有期間5年以上で年率0.2%分が還元され信託報酬が0.78%に、また10年以上で0.4%が還元され、信託報酬0.58%になります。

つまり、長期投資を前提とする場合、ひふみ投信の信託報酬は、5年目以降・10年目以降で、かなり安くなります。

ひふみ投信の信託報酬(保有期間別):

保有期間信託報酬還元
5年未満0.98%0.0ポイント
5年以上0.78%-0.2ポイント
10年以上0.58%-0.4ポイント

ひふみプラスの場合

一方、ひふみプラスの場合は、資産形成応援団による還元はありません。しかし、ファンドの純資産総額が増えれば、信託報酬が割り引かれます。つまり、たくさんのお金がファンドに集まり成長すれば、コストが安くなります。割引は以下のような条件となっています。

ひふみプラスの信託報酬(税抜):

  • 純資産総額500億円まで:年率0.98% ← 今ここ
  • 純資産総額500億円を超える部分:年率0.88%
  • 純資産総額1,000億円を超える部分:年率0.78%

ひふみプラスは、この純資産総額の割引以外に、販売先(主にネット証券)での、ポイント還元サービスが受けられます。例えば、SBI証券の投信マイレージというサービスを利用すれば、年率0.1%~0.24%のポイント還元を受けられます。

下表は、ポイント還元プログラムのある証券会社のポイント還元率を比較した表です。還元率やプログラムの利便性ともにSBI証券が他社を上回っています。貯まったポイントは、商品や現金に交換できます。

証券会社還元率特徴
SBI証券年率0.1%
(最大:年率0.24%)
楽天証券残高10万円毎に月4ポイント
(最大:年率0.048%)
  • ポイント除外ファンドが少ない
  • 還元率は少ない
マネックス証券月平均保有額の年率0.08%
(最大:年率0.08%)
  • 低コストのインデックスファンドはポイント除外
カブドットコム証券月平均保有額100万円につき1ポイント
(最大:年率0.24%)

投資信託購入のオススメ証券会社は?選ぶポイントや比較ランキングを解説

例えば、SBI証券で1,000万円を投資信託として保有している場合、最大で24,000円の現金が毎年もらえることになります。毎年これだけのポイント(キャッシュ)バックがあるので、投資信託をSBI証券以外で保有するのが、もったいなく感じてしまいます。

参考 SBI証券の詳細確認・無料口座開設は、以下の公式ページから行えます。今なら口座開設キャンペーンで最大10万円がもらえます(3月31日まで)

SBI証券の詳細確認・口座開設(無料)

また、口座開設キャンペーンの詳細は、以下をご参照ください。

SBI証券の口座開設キャンペーンで現金10万円ゲットするお得な方法とは?
SBI証券では、これから口座開設する方に、おトクなキャンペーンを行っています。新規口座開設やNISA口座開設、また各種取引で...

比較・まとめ

ここまで解説してきたように、ひふみ投信とひふみプラスの違いは、各ファンドの料金体系・コストでした。コストは、投資家への確実なマイナスリターンとなり、投資パフォーマンスを悪化させるので、この点に注意してファンドを選ぶことが重要です。

料金体系を考えると、基本的には数十年に渡る長期投資を行う方は資産形成応援団システムがあるひふみ投信が良いかもしれません。ただし、数年〜10年程度の短中期投資を行う予定の方は、SBI証券などでポイント還元があるひふみプラスが、お得になりそうです。

参考 SBI証券の詳細確認・無料口座開設は、以下の公式ページから行えます。今なら口座開設キャンペーンで最大10万円がもらえます(1月31日まで)

SBI証券の詳細確認・無料口座開設

SBI証券は、投資信託、米国株・海外ETFの品揃えが良く、コストも業界最安水準です。また、IPOチャレンジポイントPTSなど、様々な独自のメリットがあります。口座開設費・維持費は無料ですので、口座を持っていない方は、この機会に口座を開設してみると良いかもしれません。

SBI証券の特徴

SBI証券
  • 2016年オリコン:ネット証券部門で第1位!
  • 投資信託の保有中に高還元ポイントバック!
  • 海外ETF・株式が最安手数料
  • 個人向け国債の購入で現金がもらえる!
  • PTS(夜間取引)など国内株式も充実!
  • 独自のIPO当選システム!(IPOチャレンジポイント)

参考 SBI証券の詳細確認・無料口座開設は、以下の公式ページから行えます。今なら口座開設キャンペーンで、最大10万円がもらえます(3月31日まで)

SBI証券の詳細確認・口座開設(無料)

また、本ブログでのSBI証券の評価・解説は、以下をご参照ください。

スポンサーリンク

最後まで読んでいただきありがとうございます。お友達にシェアや拡散していただけると嬉しいです。

フォローする。ブログ更新情報が受け取れます。

ひふみ投信とひふみプラス比較・違いとは?
マネーの研究室をいいねすると、最新記事や株式取引情報、節約・投資の最新ニュースなどが確認できます!