IPO

岡三オンライン証券はIPOにオススメ?抽選ルール・ステージ等を解説

岡三オンライン証券がIPO投資にオススメ(必須)な5つの理由

岡三オンライン証券のIPOは、取扱銘柄数の増加や事前入金無しの抽選、またステージ制度など独自の抽選ルールで、近年IPO向けとして必須の証券会社となっています。

そこで、本記事では、岡三オンライン証券のIPOの人気の理由を、抽選ルールやIPOの実績(取扱銘柄数)など、様々な観点から解説していきます。

岡三オンライン証券IPOがオススメな5つの理由

岡三オンライン証券でIPO抽選に参加するメリットは、以下の5点があります。

岡三オンライン証券がオススメな理由
  • 事前入金なしでIPO抽選に参加できる
  • 完全平等抽選を採用している
  • IPO実績(取扱数)が豊富
  • ライバル(口座開設者数)が少ない
  • 中・上級者にも嬉しいステージ制

以下、それぞれのポイントを詳しく解説していきます。

事前入金なしで抽選に参加できる

岡三オンライン証券IPOの最大の特徴(メリット)が、入金無し(資金0円)でIPO抽選に参加できる点です。

SBI証券楽天証券など主要ネット証券やSMBC日興証券など、通常の証券会社の場合、IPO抽選(ブックビルディング)に参加するため、申込み株数に応じた必要資金を口座に入金しておく必要があります。

そのため、IPO抽選に参加する段階で資金(お金)が必要になってしまいます。それに対して、岡三オンライン証券は、抽選に参加する際は入金の必要がありません(当選した場合のみ入金すれば良い)。

他の証券会社では、口座にお金が入ってない場合、IPO抽選に参加すらさせてもらえないので、岡三オンライン証券の入金無しでIPO抽選に参加できるルールは、かなり美味しく、使わない手はない証券会社となっています。

岡三オンライン証券以外の事前入金なしでIPO抽選に参加できる証券会社は、以下の記事をご参考ください。前受金不要の複数の証券会社からIPO抽選に参加する事で、小資金でもIPOの当選確率を上げることができます。

IPOを前受金不要(事前入金・資金無し)で抽選できる証券会社の比較・一覧
【資金0円】IPO抽選に前受金不要(事前入金なし)で参加できる証券会社IPOの当選確率アップに必須のスキルが、前受金不要で抽選に参加できる証券会社の活用です。本記事では、事前入金無しでIPO抽選に参加できる8つの証券会社の比較、また資金0円で抽選に参加する際の注意点も解説していきます。...

完全平等抽選

岡三オンライン証券でIPO抽選を申し込む2つ目のメリットは、初心者の方や小資金の方に嬉しい「完全平等抽選」を実施している点です。

完全平等抽選とは、IPOの申込み株数・口数に関係なく、1人1口の抽選申込みとなる抽選方式です。

例えば、1口(100株)あたり10万円のIPOの場合、10万円(1口)分申し込む人も、1,000万円(100口)分申し込む人も、どちらも平等に1人1口の抽選口数となります。

一般的な証券会社では、申込み口数が多ければ、その分、抽選口数も多くなります。上の例の場合、1,000万円分申し込んだ人は、100口分抽選できるので、10万円(1口)分申し込んだ人よりも、100倍当選しやすくなるので、投資資金が豊富にあり、たくさんの口数を申込む人が有利な仕組みと言えます。

それに対して、岡三オンライン証券の採用する完全平等抽選では、資金力に関係なく、平等に当選のチャンスがあるので、はじめての方や投資資金が多くない方でも、十分当選のチャンスがあります。

このように、岡三オンライン証券のIPO抽選は、完全平等抽選がある上に、入金無しで抽選に参加できるため、IPO投資をはじめたばかりの方、まさに始めようと考えている方などに、オススメの証券会社です。

小資金の方でも、投資資金を他の証券会社に入金し、そちらでIPO抽選を受けつつ、入金無しで岡三オンライン証券でも、同時並行的にIPO抽選に参加することができます。

IPOは、多くの証券口座で抽選に参加することで当選チャンスが広がるので、入金無しでIPO抽選に参加できる岡三オンライン証券は、大変貴重な存在で、IPO向け用に、口座開設(無料)をしておいて損はない証券会社と言えます。

【実績】取扱数が豊富

岡三オンライン証券は、岡三証券との協業により、IPO実績・取扱数は大幅に増やして、2018年は業界最高水準の取扱実績となっています。

下表は、岡三オンライン証券と他の証券会社のIPO取扱数の過去5年の推移です。岡三オンライン証券は、2017年以降、大幅に取扱数を増やし、2018年には業界最大手の野村証券を抜き、SBI証券・SMBC日興証券に迫る水準の取扱量となりました。

証券会社 2018年 2017年 2016年 2015年 2014年
SBI証券 86 86 76 82 65
SMBC日興証券 71 74 72 80 60
岡三オンライン証券 49 23 6 10 10
マネックス証券 50 49 46 52 39
野村證券 37 38 30 44 49
auカブコム証券 24 27 20 18 19
松井証券 9 14 11 16 5
楽天証券 11 7 8 10 2
GMOクリック証券 1 0 1 1 2
ライブスター証券 3 7 0 0 0


参考:IPO主幹事・取扱ランキング!実績ある証券会社を比較・解説

これまで、岡三オンライン証券のIPOは、入金なしで抽選に参加できるなどメリットが豊富でしたが、取扱数の少なさが、唯一のデメリットとなっていました。しかし、このIPO実績の増加で、このデメリットは無くなり、今後はIPO投資の必須証券会社として、盤石の地位を固めつつあります。

岡三オンライン証券のIPO取扱銘柄数は、2017年以降、大幅に上昇しています。下表は、過去5年間の取扱銘柄の推移です。

年数 2018年
(5月末現在)
2017年 2016年 2015年
取扱数 18 23 6 10

2016年までは、10件弱で推移していましたが、2017年を皮切り大幅に増えており、2018年現在では、最大手の野村証券を抜き、SBI証券・SMBC日興証券と並び、国内最高水準の取扱数となりました。

では、なぜ急激にIPO取扱数が増えたのでしょうか?その秘密は、グループ会社の岡三証券との協業にあります。

岡三証券との協業

なぜ、岡三オンライン証券のIPO取扱数が増えたかと言うと、グループ会社の岡三証券との協業に関係があります。

岡三証券は、伝統ある老舗の証券会社として、数多くのIPO銘柄を取り扱っていますが、協業により、岡三証券が主幹事など引き受けたIPOが、全て岡三オンライン証券でも取り扱われるようになりました。

岡三証券としても、岡三オンライン証券により、ネットを通じてIPOを捌ける点が、IPOの引受手としてのアピールポイントになり、相互にメリットがあるようです。

岡三証券との違いは?

ちなみに、2018年現在、岡三オンライン証券と岡三証券の取扱銘柄数が数銘柄違いますが、それは岡三証券が委託販売したIPOによるものです。

ただし、岡三証券が引き受けたIPO銘柄は、全て岡三オンライン証券でも取り扱うので、今後も岡三オンライン証券の取扱銘柄数が業界トップ水準であることが期待されます。

ライバル(口座開設者)が少ない

岡三オンライン証券は、新興のネット証券であるため認知度が低く、口座開設をしてる方も、SBI証券や楽天証券などの大手ネット証券に比べ、10分の1程度(10倍少ない)です。

そのため、ライバル(岡三オンライン証券の口座開設者)が少なく、相対的に当選確率が高いことがあります。そのため、銘柄によっては、大穴や逆に本命になりえる証券会社と言えそうです。

今後、取扱数の増加やお得なIPO抽選ルールの認知度の高まりにより、口座開設者が急増した場合、このメリットは薄れる恐れもありますが、現時点で、大手ネット証券などと比べて口座開設者数が少なく、狙い時と言えそうです。

中・上級者の方にオススメなステージ制

岡三オンライン証券では、デイトレーダーの方や資産がそれなりにある、中級者や上級者向けのサービスもあります。それが、ステージ制という抽選方式です。

ステージ制とは、岡三オンライン証券での投資信託の保有額が多い方や取引実績がある方が、多くの抽選に参加できる仕組みです。

下表のように、ステージ3つのランクに別れており、投資信託の保有額や国内株式(現物・信用取引)の取引の状況によって、ステージが変わります。

ステージ 抽選回数 条件
ステージS 3回 以下のいずれかの条件を満たした場合

  • 期間中の手数料合計が100万円以上
  • 日本株累計売買金額が5億円以上 または 投資信託の平均残高が1,000万円以上
ステージA 2回 期間中の手数料(合計)が10万円以上〜100万円未満
ステージB
(通常時)
1回 期間中の手数料(合計)が10万円未満

基本的には、3ヶ月間の手数料によって、ステージが決まりますが。ステージSに関しては、手数料の条件を満たさなくても、売買代金の条件や投資信託の保有額の条件を満たすことで、ステージSとしてIPO抽選に参加できます。

本サイトでのステージ制の解説や攻略方法は、以下の記事をご参照ください。

ここまでの【まとめ】当たらないを無くすには?

ここまで解説してきたように、岡三オンライン証券では、必要資金0円でIPO抽選に参加できる等、初心者の方や小資金の方などに、IPO投資のハードルを下げていると言う意味で、本サイト管理人も評価しています。

また、ステージ制も導入しており、中・上級者の方にも配慮された素晴らしいIPO抽選ルールなので、これまで他の証券会社で当たらないと思っていた人も当選のチャンスが増えるかもしれません。

管理人自身も、IPO抽選に入金の必要が無いため、岡三オンライン証券でIPOがある度に、申し込みを行なっています。また、投資信託を積み立てつつ、ステージSを目指しています。

このように、岡三オンライン証券は、他証券会社には無い独自のIPOルールで、初心者の方から上級者の方まで、幅広くオススメできる証券会社と言えます。

IPO抽選は、様々な口座で抽選に参加することで、当選確率をあげられる側面もあるため、岡三オンライン証券は、持っていて損はない証券会社です。口座開設費・維持費ともに無料で、お得な口座開設キャンペーンも行なっているので、まだ、口座をお持ちでない方は、この機会に口座開設を行うと良いでしょう。

ちなみに、サイト管理人は、IPO投資では、本文中でも解説したように、IPO投資としてメリットの大きいSBI証券と岡三オンライン証券を中心に、SMBC日興証券などを使い分けています。もちろん、どうしも欲しいIPOがある場合は、松井証券・auカブコム証券・楽天証券なども総動員してIPOに臨んでいます。

https://money-laboratory-ryoma.net/ipo/

岡三オンライン証券IPOの抽選ルールの特徴

岡三オンライン証券のIPOルール・抽選方法の特徴、メリット・デメリットを解説岡三オンライン証券のIPOルール・抽選方法の特徴、メリット・デメリットを解説

さっそく、岡三オンライン証券のIPO抽選ルールについて解説していきます。

冒頭でも述べたように、岡三オンライン証券のIPO抽選ルールの特徴は、以下の3点です。特に、IPO抽選時に口座への入金が必要ではないため、小資金の方や初心者の方が、口座開設をしておきたい証券会社の筆頭と言えます。

IPOルールの特徴
  • 完全平等抽選
  • 入金無しで抽選に参加できる
  • ステージ制で当選確率が最大10倍

以下、それぞれの特徴について、詳しく見ていきます。

完全平等抽選なので初心者・小資金の方にもチャンス

特徴の1点目は、完全平等抽選を実施している点です。

完全平等抽選とは、IPOの申込み株数・口数に関係なく、1人1口の抽選申込みとなる抽選方式です。

例えば、1口(100株)あたり10万円のIPOの場合、10万円(1口)分申し込む人も、1,000万円(100口)分申し込む人も、どちらも平等に1人1口の抽選となります。

野村証券やSBI証券など、一般的な証券会社では、申込み口数が多ければ、その分、抽選口数も多くなります。上の例の場合、1,000万円分申し込んだ人は、100口分抽選できるので、10万円(1口)分申し込んだ人よりも、100倍当選しやすくなります。

そのため、投資資金が豊富にあり、たくさんの口数を申込む人が当選しやすいルールとなっていますが、岡三オンライン証券の採用する完全平等抽選では、資金力に関係なく、平等に当選のチャンスがあります。

岡三オンライン証券公式ページ

入金なしで抽選に参加できる

岡三オンライン証券IPOの最大の特徴・魅力が、入金無しでIPO抽選に参加できる(前受金が不要)点です。

通常の証券会社の場合、IPOの抽選に参加するため、その証券口座に申込み株数(口数)に応じた金額を入れておく必要があります。つまり、IPOに当選しようが落選しようが、抽選に参加するために、事前にまとまった資金が必要になります。

それに比べて、岡三オンライン証券は、当選が決まってからIPO株を購入するための資金を入金すれば良いので、口座にお金が入っていない場合でも、とりあえずIPOの抽選申し込みが行えます。

他の証券会社では、口座にお金が入ってない方は、IPOの申し込みすらできないので(門前払いなので)、岡三オンライン証券の入気無しで抽選に参加できる制度は、かなり美味しく、初心者の方や資金力がない方に優しい制度と言えます。

岡三オンライン証券公式ページ

ここまで解説してきたように、岡三オンライン証券のIPO抽選では、完全平等抽選がある上に、入金無しで抽選に参加できるため、IPO投資をはじめたばかりの方、まさに始めようと考えている方などに、オススメできる証券会社です。

小資金の方でも、投資資金を他の証券会社に入金し、そちらでIPO抽選を受けつつ、入金無しで岡三オンライン証券でも、同時並行的にIPO抽選に参加できます。

IPOは、多くの証券口座で抽選に参加することで、当選チャンスが広がるので、入金無しでIPO抽選に参加できる岡三オンライン証券は、大変貴重な存在です。

岡三オンライン証券の詳細確認・口座開設(無料)は、以下の公式ページから行えます。今なら、口座開設キャンペーンで最大3ヶ月手数料が実質無料になります。

>>> 岡三オンライン証券公式ページ

ステージ制を利用して当選確率を上げる方法

岡三オンライン証券IPOのステージ制とは?当選確率が劇的に上がる3つの方法岡三オンライン証券IPOのステージ制とは?当選確率が劇的に上がる3つの方法

次に、ステージ制の特徴や各ステージの達成条件を確認しつつ、ステージ制を利用しIPOに当たりやすくする方法を解説して行きます。

ステージ制とは?

ステージ制とは、岡三オンライン証券での投資信託の保有額が多い方、また取引実績がある方(手数料を多く払っている方)が、優遇される抽選制度です。

具体的には、ステージB・ステージA・ステージSの3ステージに分けられており、通常時「ステージB」がIPO抽選が1回きりであるのに対し、ステージAの方は2回、ステージSの方は3回抽選に参加できます。

つまり、ステージが上位ランクの人程、相対的に当選確率がアップすることになります。

各ステージの達成条件・判定期間は?

各ステージの達成条件は、下表にまとめたように、投資信託の保有額や国内株式(現物・信用取引)の取引の状況によって変わります。

ステージ 抽選回数 条件
ステージS 3回 以下のいずれかの条件を満たした場合

  • 期間中の手数料合計が100万円以上
  • 日本株累計売買金額が5億円以上 または 投資信託の平均残高が1,000万円以上
ステージA 2回 期間中の手数料(合計)が10万円以上〜100万円未満
ステージB
(通常時)
1回 期間中の手数料(合計)が10万円未満

3ヶ月間の手数料でステージが決まる場合

ステージの判定期間は、1月1日から3ヶ月区切りとなっています。具体的には、下表のようになっており、ステージ判定期間と、そのステージの適用期間に数ヶ月のタイムラグがある点にご注意ください。

判定期間 適用期間
1月1日~3月末日 5月1日~7月末日
4月1日~6月末日 8月1日~10月末日
7月1日~9月末日 11月1日~1月末日
10月1日~12月末日 2月1日~4月末日

例えば、抽選申込受付開始日(ブックビルディング受付開始日)が、5月の場合、1月から3月まで3ヶ月間の手数料の合計でステージランク決定されます。ちなみに、自分のステージを確認したい場合、コールセンターで確認することもできます。

岡三オンライン証券 公式ページ

投資信託の保有額でステージが決まる場合

ただし、ステージランク最高の「ステージS」に関しては、手数料の条件を満たさなくても、「前月の投資信託の保有額が1,000万円以上、または国内株の売買代金の累計額あれば5億円以上」を満たせば、ステージSになります。

手数料条件の達成メド・目安は?

3ヶ月間の手数料合計で、ステージ制の上位ランクを達成しようとする場合、ステージAで10万円以上、ステージSで100万円以上の手数料を、3ヶ月間で支払う必要があります。

3ヶ月は、だいたい60〜70営業日あります。60営業日として計算すると、1日あたり、ステージAで約1,670円以上、ステージSで約16,700円以上分の手数料を支払う計算となります。

1日の必要手数料
  • ステージA:約1,670円以上の手数料
  • ステージS:約16,700円以上の手数料

この手数料は、どの程度の取引で達成できるか?国内株式の取引でシミュレーションしてみます。下表は、岡三オンライン証券の国内株式(現物取引)の手数料表です。

売買代金 ワンショット 定額プラン
〜10万円 99円 0円(無料)
〜20万円 200円 0円(無料)
〜30万円 350円 350円
〜50万円 500円
〜100万円 600円 800円
〜150万円 1,000円 1,300円
〜300万円 1,500円 1,800円
以降 100万円増加毎に
+300円ずつ増加
*上限3,000円
100万円増加毎に
+500円ずつ増加

ステージA達成のための目安が、1日あたり1,670円の手数料なので、定額プランであれば1日の取引額の合計いが150万円以上であれば、条件を達成できる公算です。

ただし、ステージSに関しては、かなり達成が厳しく、一日に何千万円も信用取引などで売買するデイトレーダーの方しか、達成できない水準と言えそうです。

岡三オンライン証券 公式ページ

岡三オンライン証券の国内株式(現物・信用)の手数料の詳細は、以下をご参照ください。

https://money-laboratory-ryoma.net/okasan-online-securities-fee/

売買代金の達成目安・メドは?

次に、ステージSの達成条件である、売買代金5億円以上の達成目安をみていきます。

こちらも、手数料のシミュレーション時と同様に、1日あたりの取引額に換算し直すと、5億円を1ヶ月(20営業日)で割って計算すると、1日あたり約2,500万円以上の取引が必要になることがわかります。

そのため、基本的には、現物取引のみの達成はキツイため、信用取引での売り買いで条件を達成する方法が、基本戦略となります。

信用取引の手数料は、1日の取引額が800万円以上の場合、1万円弱と高めです。ただし、岡三オンライン証券の信用取引は、プラチナ・プレミア特典があり、条件を満たすと、4,800円または無料になります。

そのため、デイトレーダーの方に関しては、ステージSの達成は、この「売買代金」条件が比較的達成しやすい条件となりそうです。

岡三オンライン証券 公式ページ

初心者・兼業の方は投資信託の積立がステージ達成の近道

ここまで解説してきたステージ達成の条件は、投資初心者の方やビジネスパーソン・子育て世代の方など毎日忙しい兼業投資家には、難しい条件でした。

ただし、初心者の方や兼業投資家の方でも、岡三オンライン証券のIPOステージ制を攻略する道は残されています。

それは、投資信託を1,000万円以上保有するというものです。資金がそこまで多くない方もいると思いますが、手数料や売買代金の条件と比べると、達成しやすい方が多いと思われます。

今すぐ達成できなくても、地道に投資信託を積み立てていくことで、数年後、数十年後に条件を達成できる日が来ると思います。

また、この条件の美味しい点が、一度1,000万円以上投資信託を積み立ててしまえば、売却したり、市場の大暴落がこない限り、ステージSの条件を達成し続けられるという点です。

前述の手数料・売買代金の条件は、1度条件をクリアしても、また次の期間に条件達成を狙っていかなくてはいけないけませんが、投信の場合、中長期目的で一度積立してしまえば、条件を達成し続けられる可能性があります。

このように、保有額1,000万円の道のりは険しいかもしれませんが、投資初心者の方や兼業の方には、狙いやすい条件であることには、間違いありません。

岡三オンライン証券 公式ページ

ステージ制度の攻略法・まとめ

ここまで解説してきたように、岡三オンライン証券のIPO抽選ルールの特徴である「ステージ制」を利用することで、IPOの当選確率を劇的に上げることが可能です。

各ステージの達成条件の難易度は、投資方針などにより変わってきますが、デイトレーダーの方以外は、投資信託の積立を行い、保有額を増やすことが、ステージS攻略の近道になります。

抽選ルール注意点・デメリットは?

次に、岡三オンライン証券IPO抽選ルールについて、注意点などを補足していきます。

キャンセル(辞退)した場合のペナルティは?

証券会社によっては、当選したIPOを辞退(キャンセル)した場合、ペナルティを食らうことがありますが、岡三オンライン証券では、IPOをキャンセルしても、ペナルティはありません。

そのため、「当選してもIPOを購入する資金があるかわからない」という場合でも、とりあえず抽選に参加することができます。入金無しでIPO抽選にも参加できますし、IPO投資への手軽さが、岡三オンライン証券の強みと言えます。

岡三オンライン証券公式ページ

補欠当選は?

岡三オンライン証券のIPOでは補欠当選もあります。補欠当選の場合も、当選の時と同じように、締め切りまでに入金を済ませておく必要がありますので、この点は注意が必要です。

入金締切日に注意

一つ、岡三オンライン証券でIPO抽選に臨む際の注意点を上げるとすれば、当選結果が発表され、当選または補欠当選した際の、入金締切日です。

銘柄毎に、入金締切日が決まっていますが、大抵、抽選結果発表の「翌営業日15:00まで」となっています。そのため、抽選日には結果を確認し、IPO銘柄を購入する資金を、なるべく早く入金しましょう。

岡三オンライン証券は、即時金額が反映される「クイック入金」も利用できます。

IPO抽選ルール【まとめ・評価】

ここまで解説してきたように、岡三オンライン証券のIPOルールは、初めての方や小資金の方に、優しい抽選方式となっており、IPO投資用にオススメの証券会社です。

初めての方・小資金の方にオススメの理由
  • 入金無しで抽選に参加可能
  • 完全平等抽選を採用
  • IPOを辞退した場合もペナルティ無し

IPOの買い方・流れは?

はじめに、IPO抽選に参加する(ブックビルディング)流れを解説し、その後、各ポイントを、画像付きで詳しく解説していきます。

岡三オンライン証券のIPO抽選からの流れは、以下のようなになっています。抽選受付から抽選、購入と一般的な流れとなっています。

岡三オンライン証券IPOの流れ
  1. 抽選申し込み受付(ブックビルディング)
  2. 受付終了
  3. 抽選
  4. 購入申し込み受付(IPO当選の場合)

唯一、他のネット証券と違う所は、抽選に参加する際に事前入金の必要がない点です。IPOに当選した場合のみ、購入申し込み(入金締切日)までに、IPO購入のための入金する流れとなっています。

また、IPOの抽選に参加するには、岡三オンライン証券の口座開設が必要です。以下の公式ページから口座開設が行えますので、まだ口座をお持ちでない方は、IPO申し込みの前に口座開設を済ませましょう。

また、口座開設の具体的手順は、以下をご参考ください。

岡三オンライン証券の口座開設キャンペーン
【キャンペーンコードで現金2,000円】岡三オンライン証券のキャンペーンで高額現金を貰う方法 岡三オンライン証券では、毎月お得キャンペーンを実施しています。 2020年7月は、口座開設で最大3...

IPOの申し込み方法

次に、IPO抽選の申し込み方法について、画像付きで詳しく解説していきます。

IPO申し込み画面へ

IPOに申し込むため、まず岡三オンライン証券のマイページから、IPO取引画面へ移動します。下図は、岡三オンライン証券のログイン画面です。IPO申し込み画面に行くために、画面の上の方にある「取引」タブをクリック・タップしてください。

岡三オンライン証券のログイン画面:画面上部の「取引タブ」をクリック・タップ" width="1024" height="572" class="size-large wp-image-158" /> 岡三オンライン証券のログイン画面:画面上部の「取引タブ」をクリック・タップ岡三オンライン証券のログイン画面:画面上部の「取引タブ」をクリック・タップ”


ちなみに、岡三オンライン証券でIPOの申し込みが可能になるタイミングで、会員ニュース欄にアナウンスがあります。

「取引タブ」をクリック(またはタップ)すると、以下のような画面になりますので、画面左下の「IPO/IPO注文」をクリックすると、IPO申し込み画面へ移動できます。

IPO/IPO注文をクリック・タップするIPO/IPO注文をクリック・タップする


ブックビルディング・申込み

「IPO/IPO注文」をクリックすると、以下のようなIPO申し込み画面へ移動できます。下図は「SIG(4386)」の例となっています。

IPOリスト。この画面から抽選に申し込みできるIPOリスト。この画面から抽選に申し込みできる


全IPO銘柄に共通ですが、上の画面のように、ブックビルディング期間や抽選日、購入申込日などが記載されており、右端には、IPO申し込みから購入までの流れ、現在どの段階にあるか?がわかりやすく記されています。

ここで「抽選申込みへ」をクリック・タップすると、以下のようなIPO(新規公開株)注意事項の確認画面へ移動します。画面下部にある「はい(申込画面へ)」をクリックすることで、株数や価格の設定が行えます。

IPO(新規公開株)の注意事項の確認IPO(新規公開株)の注意事項の確認


「抽選申込みへ」をクリックると、以下のように、申込み銘柄の株数や価格の設定が行えます。株数・申し込み価格・インサイダーに関する事項に記入・チェックを行い、「抽選申込確認画面へ」をクリックして先に進みましょう

IPOの株数・申し込み価格の記入画面IPOの株数・申し込み価格の記入画面


「抽選申込確認画面へ」をクリックをすると、以下のような確認画面が現れます。株数や申し込み価格に誤りがないか?確認し、取引パスワード入力後、「抽選申込」をクリックしましょう。

IPO注文事項(株数・価格)の確認IPO注文事項(株数・価格)の確認


抽選申込を行うと、以下のような画面へ移動し、抽選申し込み内容が再度現れます。

IPO抽選申込終了画面IPO抽選申込終了画面


また、抽選申し込み完了後、始めのIPO/IPO注文画面へ戻ると、下図のように、申し込みが完了した銘柄の表記が変わっており、必要であれば、申し込みのキャンセルが行えます。

抽選申込後のIPO/IPO注文画面抽選申込後のIPO/IPO注文画面


岡三オンライン証券の抽選ルールでは、当選後にキャンセルを行なっても、特にペナルティはありません。

抽選時間・当選確認

抽選結果は、当選・補欠当選の場合、岡三オンライン証券のログイン後画面に掲載されます。落選の場合は、メールで、その旨が伝えられます。

岡三オンライン証券でIPOに落選した場合はメールが来る岡三オンライン証券でIPOに落選した場合はメールが来る

当選したら入金締切日に注意

岡三オンライン証券のIPOは、事前入金なしで抽選に参加できるため、IPOに当選した場合は、入金を忘れずに行いましょう。

岡三オンライン証券でIPOに当選した場合、購入申込期間(入金締切日)までに、IPO銘柄の購入資金を入金する必要があります。基本的に、入金締切日は抽選日の翌営業日に設定されています。

補欠当選の場合は?

岡三オンライン証券では、IPOの補欠当選もあります。補欠当選の場合も、当選時同様、入金締切日までに、購入資金を忘れずに入金しましょう

IPOスケジュール

2020年7月〜8月は、6件のIPOの取り扱いが決定しています。

2020年7月のIPO予定銘柄
銘柄名 証券コード ブックビルディング期間 購入期間 上場日 初値騰落率
サン・アスタリスク 4053 7月14日〜7月21日 7月22日〜7月29日 7月30日
日本情報クリエイト 4053 7月13日〜7月17日 7月21日〜7月28日 7月31日
アイキューブドシステムズ 4495 6月29日〜7月3日 7月7日〜7月10日 7月15日
ブランディングエンジニア 7352 6月22日〜6月26日 6月30日〜7月3日 7月7日

Sun Asterisk(サン アスタリスク)

サン アスタリスク(証券コード:4053)は、企業・産業のDX(Digital Transformation:デジタルトランスフォーメーション)を推進する事業を手掛ける企業です。

既存事業や業務のデジタル化による業務の効率化の他、人材育成ソリューション事業なども手がけています。

東証マザーズへの上場が予定されており、申し込み・抽選・購入スケジュールは、以下のようになっています。

株式会社Sun Asterisk(本社:東京都千代田区、代表取締役:小林 泰平)は、本日、株式会社東京証券取引所(以下、東京証券取引所)より、当社株式の東京証券取引所マザーズ市場への新規上場を承認されましたことをお知らせいたします。

なお、東京証券取引所への上場日は2020年7月31日(金)を予定しており、同日以降は同取引所において、当社株式の売買が可能となります。

引用元:Sun Asterisk-東京証券取引所マザーズ市場への上場承認に関するお知らせ

日本情報クリエイト(4053)

日本情報クリエイト(証券コード:4053)は、不動産業者向けにソフトウェアサービスなどを行う企業です。業務効率化から営業力強化まで、様々な課題解決に取り組んでいます。

東証マザーズへの上場が予定されており、申し込み・抽選・購入スケジュールは、以下のようになっています。

当社は、本日、株式会社東京証券取引所(以下、「東京証券取引所」)より、当社株式の東京証券取引所マザーズ市場への新規上場が承認されましたことをお知らせいたします。
東京証券取引所への上場日は、2020年7月31日(金)を予定しております。

引用元:日本情報クリエイト株式会社-東京証券取引所マザーズ市場への上場承認に関するお知らせ

アイキューブドシステムズ(4495)

アイキューブドシステムズ (証券コード:4495)は、法人向け(B to B)にモバイルデバイス管理サービスを提供する企業です。

東証マザーズへの上場が予定されており、申し込み・抽選・購入スケジュールは、以下のようになっています。

株式会社アイキューブドシステムズ(本社:福岡県福岡市、代表取締役社長:佐々木 勉、以下アイキューブドシステムズ)は、本日、株式会社東京証券取引所(以下、東京証券取引所)より、東京証券取引所マザーズ市場への新規上場を承認されましたことをお知らせいたします。

東京証券取引所への上場日は2020年7月15日(水)を予定しております。同日以降は同取引所において、当社株式の売買が可能となります。
ここに謹んで報告させていただくとともに、皆さまのご支援ご高配、心より感謝申し上げます。

引用元:株式会社アイキューブドシステムズ-東京証券取引所マザーズ市場への上場承認に関するお知らせ

Branding Engineer(7352)

Branding Engineer(証券コード:7352)は、Midwork事業・メディア事業・FCS事業などを行う企業です。

事業内容
Midwork事業 ITエンジニアとITサービスの事業社をマッチングなどの人材派遣事業
メディア事業 ITエンジニアやビジネスパーソンへの情報発信を行う
FCS事業 ITエンジニアを必要とする企業へ受託開発サービス及びコンサルティングを提供
その他事業 ITエンジニアに特化した転職支援サービスのTechStars及びプログラミング教育サービスのtech boost を運営
サイト管理人
サイト管理人
IT人材の確保は、各企業の大きな課題の一つなので、時流にあったビジネスと言えますね。

また、株価形成で重要な需給面は、東証マザーズで小型株と良い材料が揃っています。

SBI証券主幹事という事もあって「ネオモバ」でも取扱があるので、全力で参加してみようと思います!

サイト管理人
サイト管理人
個人的には、業績・需給面ともに問題無い水準と判断して「ネオモバ」で申し込みを行います!

ネオモバで1株からIPO「ひとかぶIPO」のメリット・デメリットを解説・評判

以下の図は、過去5年間の業績の推移ですが、順調に売上高が上昇していることがわかります。

第7期は「売上高」が減少しているように見えますが、半年分(2四半期分)の売り上げである点にご注意ください。

価格・スケジュール
  • 公募価格:ー
  • ブックビル期間:6月22日(月)~6月26日(金)
    *ネオモバは無し
  • 発行価格決定日:6月29日
  • 申込み期間:6月30日~7月2日12:00〜
  • 抽選結果発表日:2020年7月2日 13:00~
  • 上場日:2020年7月7日
  • 上場市場:東証マザーズ

岡三オンライン証券での取扱いがある銘柄以外のIPOスケジュールについては、以下の記事をご参考ください。

IPOスケジュールと取扱証券会社の比較・一覧【2020年】
IPOスケジュール【2020年】上場銘柄・取扱証券会社を比較・解説最新(2020年)のIPO株の上場スケジュールと主幹事などの取扱証券会社をまとめます。また、取扱証券会社の特徴や当たりやすさ等も解説していきます。...

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です