イオン銀行口座開設のメリットは?手数料や普通預金金利(0.12%)など解説!

イオン銀行口座開設のメリットは?手数料や普通預金金利(0.12%)など解説!
イオン銀行口座開設のメリットは?手数料や普通預金金利(0.12%)など解説!イオン銀行口座開設のメリットは?手数料や普通預金金利(0.12%)など解説!


イオン銀行は、マイナス金利導入後も高い普通預金金利を継続しているおトクな銀行です。ゆうちょ銀行やメガバンク、ネット銀行が、普通預金金利を大幅に引き下げる中、イオン銀行は国内最高の金利水準(最大0.12%)となっています。

本ページでは、イオン銀行の特徴やメリットを解説します。また、口座開設を行う上での注意点(デメリット)についても解説していきます。マイナス金利の中、イオン銀行の普通預金金利を利用して、効率的にお金の運用を行いましょう。

イオン銀行とは?特徴・メリット

イオン銀行は、イオングループのインターネット銀行です。ネット銀行として、基本的にオンラインで取引する形となります。実際のお金の出し入れは、イオンやミニストップ(コンビニ)等にあるイオン銀行ATMで行うことができます。

イオン銀行の特徴、またメリットには、以下のような点があります。個人的に最も注目している点は、普通預金金利が0.12%と超高水準になる点です。

イオン銀行のメリット:

  • 普通預金金利が国内最高水準の0.12%になる!
  • インターネット「イオン銀行ダイレクト」で24時間365日取引ができる!
  • イオンやミニストップのイオン銀行ATMで、24時間いつでも無料で入出金できる!

以下、それぞれの項目について詳しく見て行きます。

普通預金金利が0.12%

イオン銀行の最大のメリットは、普通預金金利が国内円預金で最高水準になるという点です。イオン銀行の普通預金金利は通常0.02%ですが、イオンのクレジットカードである「イオンカードセレクト」を発行することで、その金利が0.12%に跳ね上がります。

イオン銀行の普通預金金利を0.12%にする方法!驚きのイオンカードセレクトとは?

下表は、各銀行の普通預金金利を比較したものですが、イオン銀行の預金金利は、ゆうちょ銀行やメガバンク、他ネット銀行と比べて高金利であることがわかります。

銀行名普通預金金利
楽天銀行
マネーブリッジ
0.02%
(0.10%)
イオン銀行
イオンカードセレクト
0.02%
(0.10%)
SBJ銀行0.02%
東京スター銀行0.02%
オリックス銀行0.02%
住信SBIネット銀行
(SBIハイブリッド預金)
0.001%
(0.01%)
じぶん銀行0.001%
ソニー銀行0.001%
セブン銀行0.001%
ゆうちょ銀行0.001%
三菱東京UFJ銀行0.001%
三井住友銀行0.001%
みずほ銀行0.001%

楽天銀行や住信SBIネット銀行も、それぞれ楽天証券マネーブリッジ)やSBI証券(SBIハイブリッド預金)と連動させることで、普通預金金利を高くできますが、イオン銀行の金利には及びません。

イオンカードセレクトの申込み・発行費・維持費は、全て無料です!イオン銀行の口座を持っていない方でも、イオンカードセレクトを申し込めば、同時にクレジットカードの発行と銀行口座の開設ができるので、煩わしい申込みもなく、簡単で便利です。

すでにイオン銀行口座を持っている方も、イオンカードセレクトの発行で金利は0.12%にUPします。口座開設やカード発行にお金はかかりませんし、お店でお得にお買いものができ、銀行預金金利を0.12%にできるので、もっておいて損はないカードだと思います。

参考 イオンカードセレクトの詳細確認・無料お申し込みは、以下の公式ページから行えます。今ならキャンペーンで、最大8,000円相当のポイントがもらえます(3月31日まで)。

イオンカードセレクトの詳細確認・申込み(無料)

また、キャンペーンの詳細は、以下をご参照ください。

イオン銀行ダイレクト

イオンカードセレクトを発行することで、イオン銀行ダイレクトを利用して、インターネットで銀行取引を行うことができます。パソコンやスマートフォン、携帯電話などがあれば、いつでも24時間取引が行えます。

イオン銀行ATMで24時間365日無料で入出金

イオンカードセレクト、イオンバンクカードならイオン銀行ATMの、入出金手数料が、365日24時間いつでも無料になります!イオンやミニストップ・ダイエーなど、全国に5,000台以上設置されており、夜間・休日、いつでも使うことができるので、安心です。

参考 イオンカードセレクトの詳細確認・無料お申し込みは、以下の公式ページから行えます。今ならキャンペーンで、最大8,000円相当のポイントがもらえます(3月31日まで)。

イオンカードセレクトの詳細確認・申込み(無料)

デメリット

メリットの多いイオン銀行ですが、デメリットをあげるとすれば、他行への振込時に手数料がかかる点があります。イオン銀行同士の振込手数料は無料ですが、他銀行の振込には、200円(税抜)がかかります。

ただし、この振込手数料は、1回分実質無料になります。イオンカードセレクトを保有し、イオン銀行を給料受取口座に指定していれば、毎月WAONが216円分ポイントバックされます。

また、お金を他行に振り込みたい場合、イオン銀行ATMでお金をおろし(24時間いつでも無料)、他行へATMなどを利用して、お金を振り込むことで無料にすることもできます。私もこの方法を使っています。

まとめ

ここまで解説してきたように、イオン銀行は、イオンカードセレクトを申し込むことで普通預金金利を0.12%にすることができます。マイナス金利によって、他の銀行が金利水準を引き下げる中、超高水準の金利となっています(ゆうちょ銀行やメガバンクの120倍)。

イオン銀行の特徴

  • インターネット(イオン銀行ダイレクト)で、いつでもどこでも取引可能。
  • イオン銀行の通常金利は、0.02%
  • イオンカードセレクトの発行で、普通預金金利を0.12%へUP
  • イオンやミニストップなどのイオン銀行ATMで、24時間いつもで無料入出金ができる!

参考 イオンカードセレクトの詳細確認・無料お申し込みは、以下の公式ページから行えます。今ならキャンペーンで、最大8,000円相当のポイントがもらえます(3月31日まで)。

イオンカードセレクトの詳細確認・申込み(無料)

また、イオンカードセレクトとイオン銀行を同時に申込む方法は、以下をご参照ください。